Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#298】
「ダメな大人」 山口市~室戸岬 路線バス乗り継ぎ旅

山口県を通り抜けるのが早すぎィ!!わずか2本で山口市から岩国市まで行けるとはね。それで、あれだけしまなみ海道を歩いても・・・最終日「最速記録」で室戸岬に辿り着けたんだね。2日目は因島辺りのホテルに泊まれば、最終日着くか?着かないか?のギリギリになったんじゃないかな?そうすりゃ蛭子神もホテル内のコインランドリー使えて、下着がビシャビシャにならず済んだだろうしね。ギャラとかお金とかブラックエビスはどこにでも現れるね。それにしても、1日目(竹原)のホテルより3日目(池川)の民宿の方が豪華で笑ったな。今回の山口県山口~高知県室戸岬「ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」は行く先々でほぼ番組を認知されてて、もはや国民的番組ですね!山口・広島・愛媛・高知はどこもテレビ東京系が映らないのにね。

「3連敗したら、もう我々(太川&蛭子コンビ)はこの番組から辞退しましょう」 「辞退したらダメだよ。ギャラが無くなっちゃうから・・・辞退はやめよう、一応」

オープニングからまさかの”引退宣言”にテレビ東京が揺れる!?今回のマドンナ・宮地真緒さんも・・・まあ、この番組に似つかわしく無い派手な衣装で登場ですね。蛭子神もオシャレだけど袖にシミが・・・まあズボンもハンカチも同じ「きれ(布)」だから!宇宙旅行士!?ああ、宇宙飛行士の話ね。宮地さんは目が大きいから、バスの小屋を見つけるのが上手・・・蛭子神は目が細いから下手?銀座のクラブみたいな所でモーニング・・・宮島と「みやじまお」は一文字違いでドキッとする?「あっち向いてホイ」のルールも知らない蛭子神・・・グーでやるとか。バスから見える錦帯橋・・・でも、歩いて渡るのは広島山口県境にかかる大和橋の方。和木駅より宮の下で降りるべきだった・・・案内所の言う事も素直に信じない蛭子神、結果はそっちの方が正しかったね。タクシー運転手に「宮の下なら大竹側のバス停はすぐ」と教えて貰う3人。つまり、俺のタクシーに乗れと(笑)



「あじな考え」: 順調過ぎる1日目。宮地真緒さんも蛭子さんも、イチゴ大福で唇が真っ白に!

2日分の下着しか持ってきてないから、小さなリュックか蛭子神・・・想定外の1.3kmの歩きも明るく振る舞う宮地マドンナ。さらに大竹駅まで歩くも、文句を言わない蛭子さん。よっぽど3連敗は避けたいのね。駅前の鯉のぼりストーンアートに”人面”な部分を発見!?「これ、蛭子さんじゃん」と太川リーダー。玖波駅前にあるキャンディハウスは手作り小物だけど、雑炊・ぜんざいも作る店。2人は雑炊なのに1人だけ「俺ぜんざい」とまたスタンドプレイを・・・1人だけ違うメニューを頼むのが蛭子流。実際に見る蛭子さんは男前でインテリ!?テレビ画面ではダサく見えるんよ。「蛭子さん、ここ住めば?」「宮島ボートあるし」と、やはり競艇が中心(笑)

「公民館前まで乗り継げばもう阿品(あじな)まで行ける」 「あじな考えだね」

オヤジギャグを言ってる内に、もう宮島を通過!阿品台北についてのバス情報を聞く地元の女子高生ならば携帯を使ってもOKなんだ?ちゃんと16時5分に”巨大ターミナル”広島バスセンター行きがあったのね。この廿日市で無く「阿品台北」を選んだチョイスは大きかったな。竹原行きは高速に乗るのか・・・それじゃ西条だ!夕暮れで周りが暗くなっても”秘密兵器”のヘッドランプで万全。なんと、西条発で竹原行きの最終バスがまだあったのか!「あぁ~あ」と大きな溜め息の蛭子神。ここ西条泊ならコインランドリーが併設された東横インに泊まれたのに。「何だそのあ~ぁは!」「3連敗したら、もう東横インに泊まれないんですよ?」「しゃ~ない?今、しゃ~ないって言った!?」と2人から非難轟々の蛭子神。泣く泣く・・・さっきの「あぁ~あ」は撤回に(笑)

「なんかもう・・・これを絶対言っちゃいけない、スッゴい失礼なんですけど・・・ダメな大人って感じですよね!本当に」 「太川さんに似てる。挑発してくる」

「自分でしょ。挑発してるのは」とルイルイに跳ね返される蛭子神。「もう聞きたくない・・・」と、”ダメな大人”を乗せたバスは竹原へ。明日の始発・三原行きは6時35分とスゴい早いよ。恒例、宿の交渉は蛭子さん担当。和室嫌いの蛭子神に和室が当たっちゃう1日目の夜。竹原の商店街で開いていたのは1軒だけ。ルイルイのビールの飲みっぷりの良さもこの番組の恒例だね。飲むの早っ!魚のお店だとみんな瀬戸内海のお刺身を食うっしょ。でも、ここで魚には目もくれず「とんかつ」を注文するのが・・・もちろん蛭子流。本当ブレないね!とんかつソースにリンゴが入ってるのを見破る蛭子神!さすが!認める!とんかつを食べ続ける男だねぇ。

「いや~、過酷だぁ」: 橋を歩いて渡る2日目!必殺”後ろ向き歩き”・・・ルイルイもエビス化?

朝陽が浮かぶ瀬戸内海の絶景の中・・・バス車内では蛭子さんのお金の話。6万円で絵を売るんならテレビ出てギャラ貰った方がマシだと。ホント建前がまったく無いホンネ剥き出しの人だな、蛭子神は。この路線バス乗り継ぎの旅もまずノーギャラでは出ないもんね。三原からは第4弾とは逆のルートで、登山口から尾道へ!「よう捕まえとかな、ボート行くし競艇が好きやけんね」と見知らぬ婆ちゃんにまで注意されてしまう蛭子神の行動よ。と余裕かましてたのは尾道までで、この先の瀬戸内海越えは地獄の歩きが待っている。6つの島が容赦なく3人に襲い掛かる!因島行きバスしまなみ海道の高速道路に乗るとアウトなんだね。アキレス腱を伸ばして・・・太り気味の蛭子神はもう溜め息。デコポンでビタミン補給、でも因島大橋越えでもう7km歩き!

「階段は後ろ向き歩きはどうなの?」 「階段はやめた方がいいと思います!コケると結構”大事故”なので・・・坂道になったらまたあとでやりましょうね」

「頑張ってね~」と沿道の応援も。バスに乗ってる間が休憩時間。村上水軍ゆかりの因島も、観光とかしてる余裕など無い!「ちびまる子ちゃん」で、後ろ向きに坂道歩くと楽なんだって。とマドンナ情報。「あぁ、やってたやってた」とキートン山田さん。そういや「ちびまる子ちゃん」のナレーターも同氏でしたね。「亀みたいだよ」と一笑に付される蛭子神!3つ目の島はレモン栽培の生口島。橋よりも下りてからが長い・・・瀬戸田港まではまた5km歩き!?3連敗は避けたいのでね・・・島の南側は自由乗降かあ。五目焼きそば食べて「ふぁい」と蛭子神。「どの橋渡っても同じ景色だね」と蛭子さんたら・・・あっ、これ言ったのはまさかの太川陽介さん!?あまりに歩き過ぎて蛭子化したんだそうで、即訂正。手を叩かずに「もう・・・遅くなるから行こうよ」と素に戻る蛭子さん。やっと四国に入つもまだ海の上。心臓が・・・大三島のバス時刻表は思いっきり破れて見えないし。

「出走って書いてある!何これ?出走表みたい」 「ではしりって読むけどね」

蛭子神、なんという競艇脳・・・降りたバス停も「出口」と変わった名前。次は「伯方の塩」の伯方島ですけどもついには雨にもたたられる始末。がかかる大三島橋で希望を繋ぐ3人。もう歩いて距離は延べ16km・・・それでもバスが来たので走る!?まさに踏んだり蹴ったり。雨の中、無言の5km歩きに自分を見失ってか?蛭子さんには別の物体が入ってる!?もはや修行だな・・・それでも「3連敗はしたくない」と早歩きの頼れる太川リーダー。大島のバスは全然止まろうとしない?だけど四国本土の今治までは上陸できず。無念だ・・・「もう限界」と涙を流す宮地マドンナ。民宿の「かぶらぎ荘」も真っ暗なんだけど空いてたんだ。和室だけども。蛭子さんの部屋に倒れ込むルイルイ。あまりに疲れるとビールも飲めなくなるんだねえ。「路線バスの旅ってウソじゃんって思いました」と番組名”偽装”疑惑?大島の喜多寿司は豪勢なお店ですね。魚を食べられない蛭子さんにエビを与えるやさしいマドンナ。蛭子さん、海老寿司食べるの下手だな。醤油でベシャベシャ(笑)

「わかったわかった」: 神経質な太川リーダーとスボラな蛭子神、壮絶口喧嘩に宮地さん苦笑

「コインランドリーが無いんだもん」と朝からブーたれる蛭子神。まだ昨日のパンツのまま3日目。最後の橋は5km歩きの長い来島海峡大橋!瀬戸内海の島の多さ、大きさに感動?の蛭子神・・・瀬戸内の魅力を肌で思い知ったんだよね。なんたって、徒歩で合計27.8kmだもんね!念願だった「愛媛のオレンジジュース」にご満悦の宮地マドンナ。散歩の後のモーニングプレートは格別・・・散歩に5kmは長いけど。西条のルートはダメで松山ルートしか無いのか!ジタバタしてもしょうがないので、みやげもの屋で今治タオルでも買うか・・・手厳しい蛭子神も「肌触りいいよ」と絶賛!「こんなの350円で売れるんだもんなぁ」と・・・また金の話かよ!

「日本の技術は発展・・・はっ、はっ、発達したなぁ~。クックック」 「発達する前から知ってるみたいな言い方しないでよ!タオルの作り方、知ってるの?」

第17弾ともなると、どんなに疲れたコンディションでも太川蛭子漫才は冴え渡るんだね。ルイルイはいつも寝られないんだよ。心配で心配で・・・違うよ!先を勉強しとかなきゃいけないでしょ!「わかった、わかった」?なんだ?その言い方は。謝れよ!「あっ、ごめんなさい」、素直じゃない蛭子神。「素直だよ。面倒くさいから」その一言が余計なんだよ・・・「こんな所で争ってもしょうがないから」火種の蛭子さん、さっきの態度を反省し「四国の軽井沢」久万高原へ行くのにやる気になってる?次はトイレに行ってるマドンナのせいで落出行きのバスに乗り遅れる!?ここは間一髪、足が痛いけどもバスには乗れた!落出は久万高原より先の仁淀川のほとりで、高知県境近く。ここで3時間待ち・・・待合所が畳みで「もうくつろいじゃったよ」と蛭子さん、これ以上歩けないよね。バス停を4つ戻って、食堂がある古床に。15時過ぎに鍋焼きうどん・太そばで昼食。もちろん蛭子神はここでブレずにオムライスきたー!「蛭子さんはやっぱりこうじゃなきゃ!大サービスの大盛です」とキートンさんのナレーションも降参の蛭子流。お店の看板娘にも癒されて落出にトンボ帰り。佐川はダメ!?

「どうしよう・・・大崎で乗り換え・・・大崎・・・ここから、いの町に行けます?」

手前の大崎からじゃないといの町には行けないらしいね。でもバスで愛媛・高知県境越え。悩むルイルイ・・・狩山口が池川なんだね。バス時刻表は宮地マドンナが見てくれ。今日はもうバスが無くても、ここ池川町から高知市中心部まで行けるバスがあればもう楽勝も同然だよね。で、宿探しですけど・・・池川の中心街!?はどっちだ?こんな山の中にホテルがあるわけ無い。コインランドリーは諦めて民宿にしようぜ、蛭子さん。あと電柱の構造を知らない宮地マドンナ・・・スタート地点でも「山口の先は北九州」と言い放ってたしね。こういう山の中の民宿でも「路線バス乗り継ぎの旅」の知名度は抜群なのか・・・蛭子さんが「3部屋」と言っただけで交渉成立!?あの菅元首相も泊まったという豪勢な民宿で、宿特製のローストビーフだって!蛭子神。魚がダメで肉しか食べられない困った宿泊客にも迅速な「お・も・て・な・し」だな。うなぎの白焼きとか、ここの宿のお店はお米も美味しそうで・・・「路線バス乗り継ぎの旅」史上でも上位に入る豪華料理だったんじゃない!?



今回は魔の3日目ならぬ”魔の2日目”が山で、島嶼部以外はスイスイだったね。最終日の4日目も仁淀川の清流を見学する余裕まで出来ちゃって。雨上がりでこの透明度・・・桜を掴みそこなった乙女な蛭子能収さんどうしたの!?女子高生みたいになっちゃって。番組ファンの子供からもお守りが送られて・・・3連敗は絶対避けてくれよ!と。さすがに高知には「NHKつけっ放し」で「路線バス乗り継ぎの旅」を知らないお婆ちゃんが居ましたな。ずいぶんと細~い山道を通り、休憩も入れてバスに揺られる事2時間。高知市内ではりまや橋を観光。日本三大がっかり観光地の1つだっけ・・・小っさいなぁ。ここから安芸行きは9時50分発!おっと、あと9分で来ちゃうよ。室戸まであと61km、もっと向こうなんだけどほぼ目と鼻の先。雄大な土佐浜街道を通り阪神のキャンプ地でも有名な安芸へ。ここからディープシーワールド(室戸岬)行きのバスが11時36分発!

「ここに来られれば何か乗り越えられるって思って・・・逆境をスゴい楽しんでたんです!昨日の夜は」 「今回が一番歩いてるよね!?もうホントねぇ・・・キツかった!2日目泣きたかったもん、俺。ジイさんをイジメてくれるなよ!」「下着、全然足りてないもんね?じゃあ洗濯しに東京に帰ろう!洗濯洗濯♪」

連敗街道脱出!3連敗阻止!ゴールの室戸岬行き確定だ!蛭子さんがトイレに行き今治ハンドタオルを使う間も無く、乗り継ぎ時間は約9分。2日目は自分を見失いかけるほど疲れ果てたけどね。最後のベル押しは宮地真緒マドンナが担当。「気持ちいい!人生で一番気持ちいいピンポンです!」と感無量。高知のバス山口同様、一気に距離を稼ぐ長距離バスが多かったですね。「ヤッター!」と3人ハイタッチ!12時58分と最速記録達成のおまけ付きで、乗車バス:33本、走行距離:約690km、合計運賃:19680円でゴール!今回は何気にチームワークが良かったのと、歩きでも文句言わず従ったのが功を奏しましたね。青森新潟でサンダル履きの中山エミリさんとか、あの辺だったらもっと時間かかったかも?ともあれ見事あっぱれです!地球が丸く感じる「むろとみさき」で・・・スタート時はドレッシーな宮地マドンナも、ゴールはラフなパーカーにジーンズとカジュアルな姿に変わってるし。室戸岬で夕日を見るも「俺もう下着ベトベトだし」と早く帰京したい蛭子ジイさん。下着問題がまだ残ってたね。感動のエンディングで「汚れたのでビッシリなんだよ」と蛭子神。5/5(祝)には太川陽介蛭子能収はじめてのトークショー」までやるんだ?このコンビ、売れ過ぎだな(笑)
スポンサーサイト

テーマ:蛭子・太川 ローカル路線バスの旅 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2014.04.27(日) 10:58|
  2. 路線バスの旅 (蛭子能収×太川陽介)
  3. | TB:0
  4. | コメント:2


【#291】
「八街やっちまった」 館山~会津若松 路線バスの旅

2014年元旦 ダイヤモンド富士あけましておめでとうございます。今年の1月4日でウチの本家HPも開設十四周年を迎えます・・・これからもよろしくお願いします。さて、今年の元旦は”ダイヤモンド富士”で初日の出を迎えました!写真では、ちょっと山頂と日光の位置がズレちゃってますけどね・・・本栖湖は、湖面に氷が張っちゃってて逆さ富士は映らずでしたが、やっぱ正月の人気スポットなんだね~。はとバスの添乗員さんによればここ数年の「ダイヤモンド富士初日の出ツアー」で一番の快晴だったそうな。はとバスという名前でユル~いツアー日程かと思ってたんだけど・・・夜中の3時過ぎまで初詣に練り歩いたり、寝不足になったりと結構”ハード”でしたね。まあでも、たまには人任せのはとバスの旅もイイっすね!

”ザ・チャレンジ”なんて言いながらさ、結局 前に通った道は通ってるしさ・・・

市立船橋 1-0 中津東ふかわさんはここ8年、事あるごとに「たこ焼きは8個以上焼くな!」と・・・たこ焼きパーティに付いて怒ってたのね!高校サッカー2回戦は市船と中津東との試合後にあったエール交換が素晴らしかったよね。最後まで市立船橋を苦しめた中津東にフクアリは健闘を称え拍手!決勝点のフリーキックも凄かったけど試合後の光景にも・・・目頭が熱くなりましたよ。だけども・・・今回の「路線バス旅」では「スゴく難しいコースを出してきている様な気がするね」と蛭子神が言えば「あの~、もう少し簡単にして下さい!」と太川リーダーもお手上げ?雪の中、鶴ヶ城も泣いている。そりゃ16回もやればコースは年々難しくなるよね。次回、3連続失敗は許されないな。待望のDVD発売は朗報だ。

セーターの蛭子能収オレンジセーターの太川陽介、冒頭から「もうこれ以上蛭子さんと会いたくない」・・・揚げ物好きだから?”ブラックエビス”は油で保湿し肌ツルツル!?さすがの蛭子神でも、朝9時にカツ丼は史上初?千葉に泊まる位なら、一旦家に帰る?JKからの情報は新鮮?「ノープレブレム」「ノープロブラム」「ノープロブレム」蛭子神”無問題”3段活用!秘密兵器シュワッチ!2人の活躍はブログ後半で書いてます。



「Jボマー」:弱者を救済する事で国益は生まれない・・・エリートの受け皿を増やす事こそ益!

日の出前の富士山日の出前の富士山は地味だ・・・っつーか、本栖湖自体が富士五湖の中でも超マイナーだし。河口湖とか山中湖に比べるとなかなか来ない場所だよね。初めて来たけど・・・秘境感が凄かった。次はやっぱ周辺に聳える竜ヶ岳からダイヤモンド富士を狙いたいよね~。「狙われた」と言えば今年の「相棒12」元日SPはまさか!の内村刑事部長が狙撃されてましたね。英国旅行が一転、テロ指名手配で追われる身となったカイト君・・・エンディングで「まるで自分がごちそうしてるかのような」内村刑事部長?しっかり会費を払わされてるラムネさん達。スマホを充電しないと爆発する・・・車の中でシガーソケット充電すれば良くね?「大丈夫、俺達には最強の味方がついてる」は粋な台詞。

本栖湖の人混み本栖湖では御覧の通り人出がありまして・・・三脚を立てる場所取りが上手くいかなかったのよ。ダイヤモンド富士も、なかなか一筋縄では行きませんなぁ。撮影角度も重要・・・大晦日の「ガキ使」SPも蝶野さんが2度もビンタで登場?確かに蛭子さんから絞った塩で作る塩大福にはドン引き。遠藤一家の「章造愛してる~」の歌詞もあまりに酷過ぎて笑った。でも、元日夜から映画「モテキ」をぶっ放してくるテレ東は2014年も攻めてるね。「ゴッドタン」の第11回マジ歌選手権も・・・拙者、絶対リーダー21歳日村勇紀角田バンドは”渋谷系×サムライ”のコラボで、出だしが「俺達は、大和の民じゃなかったのか~」の「♪しょんべんキスミー」!後藤さんは捜査本部を立ち上げておるよ!

「ダブリタン」:初参戦”アンダー・ザ・チェーン・ドッグ”、パン・パン・パンクで鼓膜を破りてぇ!

富士山本宮浅間大社富士山本宮浅間大社も世界遺産効果か?今年は初詣の客が多く、めちゃめちゃ混んでるッ!なぜか「ガリタ食堂」コラボ露店があったのには笑いましたが・・・ヒム子ーズはおもくそ「鬼瓦」をパクってる?途中でいきなりさだまさし?ヒゲを剃ってツルツルの渋谷系風間カメラマン!赤メガネかけてた?「♪ダブルリターン」=倍返し?「プラスチックのホットドッグ かじり続ける」の出だしからダサいダブリタン!オリジナリティー、俺ジナリティー!by Guy She?俺は無し、不無っしー、お・も・て・な・し~!hunt the world(半沢?)は笑った。マジ歌スポットライトの”ダークネス”はもうレギュラー級でしょうよ。キーボードは(人前に出ない)コールセンターでバイト中。宙に浮く”天使”の破壊力(笑)

「辛い or DIE!」 「Water!」 「最後の禿が・・・」 「いや、ブライトネス!」

ガリタ食堂の屋台(非公認?)ドラム(&キーボード)がまさかの「美声」だとサプライズ。「リンゴとハチミツぅ~♪」は古ッ!大オチはブライトネス!パンクス小峠君もハゲだらけ。破りてぇ・・・何かは歌詞で歌ってますから。「なんて日だ」も最後は呼吸困難に陥る小峠さんよ・・・劇団ひとりさんの”阿藤快フランケン”もよく出来てましたね。「なんだかな♪」まさかのミュージカル調。次のマジ歌ライブは中野サンプラザホールなんですね!「ゴッドタン」も次回から放送時間が早くなるみたいですし天野ひろゆき審査委員長もマジ歌独特の”お約束”をよく知ってたね。「俺のやり方が間違ってる」・・・角田バンド大竹マネージャーがタレントの東京03にクーデター!?「Oh~ ラブリー しょんべん~♪」は方向性違いすぎ(笑)

「俺達は大和の民じゃなかったのか~、セイ!」 「Oh ラブリー しょんべん♪」

富士宮のドネルサンド(ケバブ)富士宮と言えばB級グルメの”王様”「富士宮やきそば」が有名ですが・・・露店の中で思わぬ発見だったのが写真のドネルサンド!いわゆる”ケバブ”!本場と同じ羊の肉で作ってたし、マヨネーズじゃ無くドレッシングで頂けたし・・・午前3時の”朝食”にコレはウマかった!また食いたいし。「こっち向いて喋れへんやろ!ダブルスちゃうねんから」の後藤ツッコミは巧いな~。「♪ジェッタシー」の瞬殺っぷりも相変わらず健在ですし・・・「誰がオバサンやねん!!魚煮込んだろか!アホ!」には同じツッコミ業の天野さんも立ち上がってのスタンディングオベーション!ヒャダインがプロデュースのヒム子ーズは出だしがアニマル濱口調?脇の2人がやけにフジ女子アナのカトパン顔だったなぁ・・・

ヒム子ーズの「地獄・ごく・ごく・・・極悪の限り♪」で”鬼瓦”をパクっちゃうフレーズ。あそこのメロディ、どっかで聴いた事あるなぁと思ったら・・・50TA狩野英孝さん)の「♪ノコギリガール」ですわ!「あたため・ため・ため・ためになるアドバイス♪」のメロディに酷似?あの曲を聴いて以来、ずっと気になってリフレインしてたので・・・ようやく脳内検索Hit!喉のつかえが取れた。ヒャダイン大先生も、知らぬ間に50TAの影響を受けてた!?

「僕・白樺派」:外国人と付き合ってる女は、サングラスを頭の上にかけがち。キョドっても恋?

中華街・海員閣の豚ばら飯1/3(金)の「怒り新党SP」であの石鎚神社が出てまして、冬の石鎚山だと一の鎖二の鎖越えはどうすんだろ?と気になったんですが・・・さすがに雪山だし回避路を使って登ってたね。あとタモリさんがウイスキーより断層の本に食い付いてて笑った。さて、今回は横浜の中華街に行って王府井の焼き小籠包と海員閣の豚バラご飯を食べ歩いてきました。どっちも結構並んだな。豚バラ飯はトロトロして柔らかかった・・・日本の店ではなかなかメニューに無くて食べられないんだよね。オランダの中華料理店で食べた豚バラ飯と近い味だ・・・やっと出会えたな~。1/4(土)の新春「ROCKETMAN SHOW」はあばれる君曰く「一言リシックス」?植松君、「カフェでパソコン男子」にフニオチ

「フードをかぶってると強くなった気がする」 「Eminemの影響でしょうね!」

中華街・王府井の焼き小籠包前回、大活躍だったマービンJr.さんは今回不参加なのが残念でしたね!「アメトーーク」のハーフ芸人にも進出して存在感を示してたし多忙だったのかなぁ?ブレーキランプ7回の時は「盗塁・バント」のサイン?イメージ萎え萎えで「カラオケでスキャットマン・ジョンを完璧に歌う野際陽子」「バカでかいビルの、窓ふきのアルバイトをする・・・ポルノグラフィティのギターの人」「紫吹淳さんの・・・歯ブラシの毛先がすごく開いている」3連発は良かったね。さらに・・・川島なお美さんは歯ブラシの毛先が赤くて開いてるんだ。「病院の時計の秒針はスムーズに動く」とこのジャパスタ良く拾ったなぁ。ファミレスのカフェラテの音もやたら怖いしコンビニのウイイレも1つ前のシリーズが置いてあるしね。

「ワールドカップの時だけ応援する、にわかサポーター・・・”コスプレーヤー”」

海員閣の行列海員閣って店構えを見ても小規模だし・・・香港路だっけ?メインストリートから脇の小路に入って、さらにその奥地にこじんまりとある中華屋なんですけど、開店前から物凄い行列が出来るのよ。豚バラ目的?杉過ぎる杉良太郎・・・ずいぶん流し目してくるなぁ?「暮れの元気なご開脚」の鉄板ネタで松丸ホルモンさん、2回連続の芸人さん祭りMVP?「ロケショー」次回は400回祭り、今年で丸8年!これも凄いね。土曜の深夜ってみうらじゅん&安斎肇の「TR2」時代が強烈だったけど、そっかあ・・・あの番組が終わってもう8年になるんだ。「TR2」が終わってしまう時「ふかわりょうなんて誰が聴くのかよ」なんて思ってた・・・ごめんロケ兄。こんな面白いラジオだとは知らなかった!

「我々はカナダ代表になるんですか?」「よく分かったな」 「小芝居何やねん」

新宿ねぎしと赤ワインいつもの「新宿ねぎし」にて・・・今回は赤ワインとシーザーサラダで組み合わせ。定食のテールスープと麦とろ御飯セットを捨てるってのも勇気が要るんだけども、たまにはサンマリノ産の赤ワインもいいね・・・そんで、1/5(日)の「世界の果てまでイッテQ!」新春2時間SPははじめての「スタン系」カザフスタン。カスピ海は海なのか湖なのか?石油次第なんだね。イランだけ湖(=共同管理)を主張?世界一かっこいい首都を目指すアスタナ・・・冬はマイナス40℃!?確かに緯度は稚内位だしね。マジシャン出川の新春風船おじさんには笑った。男七人衆の雪合戦は実にTV向きだ。手越君の身体能力と中附の落ち着きっぷり!「お前 殺し屋か!」ツッコミもTV史上初?天国じじい(笑)

「自分が小さく見えるでしょ?」: 180度、海・・・蛭子さんをも殊勝な気持ちにさせる海岸線!

KITTE屋上庭園から見た東京駅丸の内口KITTEは初めて行ったけど、屋上庭園から見た東京駅の駅舎と丸の内ビル群の眺めが良かったよね。1/3(金)に日本の大動脈を揺るがす”有楽町火災”がありましたが、ちょうどその時皇居ジョギングしていて・・・「まさか、こんな都心でたき火なんてしてるワケ無いよな」と黒い煙を見て思ったけど・・・あんな東海道新幹線や山手線が麻痺する東京駅大パニックになるとはね。前日には思わなんだ・・・しかし「館山~会津若松路線バスの旅」今回のマドンナはバスで寝たり話を聞いてない?頭がお花畑のちはるさん。バカっぽいけど43歳?ホテルで髪染め&肌ツルツルの蛭子神。落ち込む女を扱う術を知らない・・・ルイルイにも喧嘩をふっかける好戦的な蛭子さん!茂原=こりん星?

「顔でかくてビックリした」 「マドンナの気持ちを逆撫でするのが得意だよね」

動画:2014年元日 本栖湖よりダイヤモンド富士で初日の出(クリックすると動画にジャンプ)太川リーダーの実家は呉服屋かよ。長福寺のお母さんは100歳?320段・・・若いお嫁さんに興味がある蛭子神!今回は茨城にこだわらず千葉駅を経由し4号線ルートで行けば楽勝だった様に思えるのだが・・・ザ・チャレンジの真意は謎。「あなた、怒らないのね。偉いね!」とファンに褒められる太川陽介さん。八街でやっちまった?トイレでファインプレイの蛭子神。全16回、トイレに通いつづけて良かったね。ちはるさんはゴールに着くより1日が終わる事の方が嬉しい?急に厳しくなるルイルイは怖い?蛭子・マドンナ2人で連れション!?リュックのよじれが気になるバス旅ファン・・・久米宏氏も番組見てる?八街に落花生オブジェ、「オムライスなら食える」と食欲ガッツリ蛭子神

「あれ?もう食べてる人がいる」 「食べる事に対して異常にせっかちだ~!」 「食べ物に関して太川さん、ちょっと子供になる時があるね。目先の事だけで後の事を考えないで頼むじゃん。それは直さないと」 「土地土地のおいしい物を食べてる僕に、そうやって言うんだ・・・後先どころか、”その場の状況”を考えてない人が。番組の意図もわからない人が、よくそんな事言えますね!」

1日目は無理せず佐原に泊まる3人・・・江戸崎町コースで茨城に入る事に決定。まさかのカラオケボックスで夕食!インナーとアウターを入れ替える蛭子神・・・女房のアドバイスを逆に取った?ギャンブル以外で、1番ドキドキした事・・・漫画入選。蛭子さんだって、それなりに苦労してるんです!二日目は280円の朝うどん!個人主義な蛭子神は他の2人を待たずに食事。石炭バス時代を知ってる化石クラスの66歳蛭子神。後先を考えないのはルイルイよりアンタでしょ。石岡駅の時報のリズムに太川蛭子壊れるの巻。「えっ、猪苗代湖も知らないの?」・・・霞ヶ浦を霞が関と間違える蛭子神、石岡カフェでガッツリビーフシチュー。歌唱印税狙いで「路線バス音頭」リリース?feat.キートン山田?大きな分かれ道の前に”本寝”の蛭子神。ベテランの人すら茨城・栃木県境の越え方が分からない・・・昼飯も偕楽園観光も吹っ飛ぶ、これが最難関ルートだ。さすがに、(黄門様にあやかって)ラーメンを食べない、食べ過ぎの蛭子神。常陸大宮ルートにかける・・・「埼玉の大宮に行ったらどうする?」の蛭子神ジョークにも笑う余裕が無いルイルイ!相談したくても他の二人は爆睡って・・・2回連続で失敗は許されない!頑張れ太川リーダー!街灯すらない高部・・・2日目は泣く泣く常陸大宮泊!

「これ、一個ずつあげようか?」 「16回目にして、蛭子さんが初めて自分のオカズを人にあげようかと言った・・・記念すべき、この第16回!」 「アハハ」

相変わらずビールの飲みっぷりは爽やかだけど、明日が見えず微妙な表情の太川リーダー。16回目にして初めて蛭子神も心変わり?アンコウ鍋も美味いもんね、茨城は・・・4時半に起きて朝食ガッツリ。蛭子神には「心配」の二文字が無いのか!?魔の3日目スタート・・・5つ先のバス停にある道の駅へと歩く3人。人気の番組だねえ・・・歩いてる途中にコーヒーの差し入れは給水所代わり?まさかのバスで県境越え。ヤッター!烏丸駅からは東野バス?宇都宮清原球場に行く時使ったバスだ。観光はシャワーランド・・・洗車場を観光?ただの滝?いいや、龍門の滝ですよね。レストランがあるのに予約しちゃった。リーダーらしくない行動?え?いつもだって!?食べる所はいっぱいあるのに・・・傷口に塩を塗りたくる蛭子神。よどみない説明の山あげ祭案内員。いつのまにか太川さんもカレーライスが大好物になってる。蛭子神の影響か?スプーンに福神漬が乗ってるのを見てカレー論を語る蛭子神。だよね・・・郡山を回るのはリスクでかいよね。水曜日は休店!?「必らずの”ら”は要らないのに」と・・・一言多い蛭子神。でも今回はやけに差し入れとか近くに店とか多いね。

宿探しになると急に早足になる蛭子神・・・「先生、いい男だね」、ホテルがウォシュレットじゃ無くて「エ~!」と残念がる蛭子神ちはるさんは酒癖悪い?なぜCMオファーが来ない!?太川さんの”ビール飲み”を生で見て感動!看板を描かせてもらうまでは修業が凄い大変なんですよ。知られざる蛭子さんの下積み時代・・・合言葉の「ザ・チャレンジ」とは・・・1回行ったルートを行かず、未知なるルートに”チャレンジ”する事なのね。コンビで「バスがない バスがない 繋がってない♪」って”路線バス音頭”を作って、また歌唱印税貰おうよ~!「どういう事だよ?それは!」・・・だってルイルイが「米炊いて待っといて」とか、調子こいて言っちゃうからさぁ。東口と西口とか、バス停が分かれてる時のバスを逃さない攻略法は・・・「二手に分かれて探す」って事だね。

【西那須野~会津若松 塩原・会津西街道越えルート考察: 塩原泊は×。会津高原泊も厳しい?】
白河からこの観光路線バスで一発だったんだろうけど期間限定(4~11月の土・日・祝に運行)なんだよね!自分はてっきり日光・鬼怒川方面から・・・東武鉄道が走っている辺り(尾瀬夜行が走るコース)を北上して行くルートを取るかと思ったけど、あそこはバス繋がってないんですかね?確かに判断を誤ると雪で遭難しそうなコースだけど・・・まず西那須野から塩原温泉BT行きのJRバスに乗り、そこから上三依・塩原温泉口駅に行く「ゆ~バス」に乗り・・・栃木・福島県境を10kmほど歩くのはハードだけど、我慢して歩いて行けば会津高原・尾瀬口駅からは会津バスが繋がってますから会津若松まで一直線だったと思うんだけどな。ああ、違うわ・・・湯野上温泉駅から芦ノ牧温泉までも5km程歩くのか。それでも、最終日に会津高原尾瀬口駅10:25発の会津バスに乗らないと厳しそうだね。上三依塩原温泉口駅行きゆ~バスの塩原温泉BT始発が朝 8:40発(上三依塩原温泉口駅9:27着)だから・・・魔の3日目に塩原温泉に泊まるとすれば、1時間で徒歩10km峠越えする事になるからムリか。3日目のうちに塩原温泉BT15:05発(上三依塩原温泉口駅15:52着)の最終バスに乗ってけば・・・でも会津高原尾瀬口駅16:05発が会津バスの最終バスだからこっちもダメだわ。だったら、3日目で会津高原尾瀬口駅に泊まれば・・・駅の近くには宿が無いみたい。(駅から車で30分程の)会津高原にある宿まで送迎って形にすればOKか?まあでも、計15km歩きは蛭子さん嫌がるだろうね(笑)



「のんびりし過ぎじゃない?」「石橋を叩いて壊しちゃった!って話ですよ?」とキートン山田さんも煽る煽る!夕陽がキレイだけど・・・黒磯行きのバスは2分前に行っちゃった!ガチで悔やむ蛭子さん。3日で着くなんてとんでもない!強敵だな。3日目は”那須牛”を食べたい!乗り遅れが響いて、白河に行けなかった。大子に行けば北に行くバスはあったかもね。太川リーダーらしからぬミスの連発・・・後悔先に立たず。この前通った(第5弾「日光~松島」の回と同じ)ルートに結局戻った!?カミさんに怒られるから証拠写真?魔の3日目も泣く泣く黒磯泊。宿はどこも満席?いや満室!気温2度の中、ホテルまで歩くのを見るに見かねて・・・救いの東野交通送迎。蛭子神はもうベッドじゃなく地べたに寝ろ!牛兵衛カルベ?ちはるさん、実はマラソン得意?蛭子神はウェルダン派・・・さあ、歩きが決定の4日目だ。「するぞ!」・・・11時発なのでまずはお風呂から!前に行ったルートなのに、太川・蛭子コンビ揃ってド忘れしてたのは恥ずかしいよね。開店前のそば屋さんで椅子下ろしから手伝いランチそば。夕方に郡山まで着けばミラクルが?いや、福島は全国3位の広さなのよ。

「また寝てる」 「もう悲しくなってくるよ。このお婆ちゃんには」 「ウトウトしてしまったよ。でもね、ただ黙って昼寝してた訳じゃないよ・・・ずっと考えながら昼寝してた」 「ヲイヲイ・・・」 「ほんとほんと!」 「言い訳もユニークだよね」

最終日も朝からガン寝の蛭子神。さて、追分から福島県境へは3.1kmの歩きだ!ちはるさんは宣言通りに走るも・・・あれ、100mで断念?徒歩30分のハイペース!1回ここは来ているからね・・・次のバスはすぐに見つかる。でも、バスは乗り遅れた!万事休すか・・・しょうがない、4時間待ちならダラダラ歩くか。いつもなら歩くのにブーたれる蛭子神も「もっと歩けるよ」と頼もしい。さらに7km歩き・・・ちはるさんは走馬灯?半分で干し柿メダル・・・洗わなくていいよ、蛭子神。棚倉・白河行きには間に合ったようだ!さあ、どっち・・・どっちも同時に来るという「ローカル路線バスの旅ミラクル!確率が高いのは白河かぁ・・・須賀川はやめて石川へ。蛭子神がコーヒーをおごる程、追い詰められてるのね・・・身体も心も寒い福島県。あっ、一旦諦めた須賀川行きが!ギリギリ、ギャンブル、これもミラクル!浮かれ過ぎて「新国道」郡山行きのバスを逃しかける3人!いくら巨大ターミナル駅を擁する郡山でも・・・そりゃあ会津若松行きは高速バスしか無いでしょうよ。嗚呼・・・これで2回連続の「失敗」が確定!裏磐梯や本宮に行っても無理・・・今にも泣きそうなちはるさん。立ちつくす太川・蛭子コンビ・・・「もうルートなし!」とザッツオール。案内所の人も「ごめんなさい、蛭子さん」と謝ってたエンディング。2回連続ギブアップは初?乗車バス:26本、走行距離:約460km、合計金額:15450円も水の泡・・・無念のリタイヤに「キツかった」と虚脱感に襲われるちはるさん。いい思い出になる日が来る!?

目を離したらすぐボートに行く”ブラックエビス”は健在?4/26(土)「土曜スペシャル山口市~高知・室戸岬 ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅については・・・【#298】「ダメな大人」の記事で書いております!

テーマ:蛭子・太川 ローカル路線バスの旅 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2014.01.06(月) 12:27|
  2. 路線バスの旅 (蛭子能収×太川陽介)
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


【#282】
「エビス&エビ子」 米沢~大間崎 路線バスの旅(15)

鍋平高原駅やっとレアルと縁が切れたと思ったら、今度はバルサ・・・今季CLの組み合わせが決まりまして、我がアヤックスはグループHでFCバルセロナやACミランやセルティックと同組になりました。マドリーと一緒だった時もキツいけど、バルセロナと一緒っていうのも”防戦一方”になるだろうし厳しいなぁ。ただ、「バルサvsアヤックス」は近年なかなか実現しそうで実現しなかった?夢のカードでもあるので・・・フランク・デ・ブール監督をはじめ、現場は楽しみにしてるみたいですね。現状はエリクセン君がついにスパーズへと移籍してしまうので・・・覚悟はしてましたが戦力ダウンは否めないですね。「バルサと対決」となると、ひょっとして考え直して残留してくれたりして・・・んなわきゃ無いか(爆)

「アヤックスはなぜスペイン2強といつも当たるんですか?マドリーと離れたと思ったら今度はバルサ・・・」 「プラティニが色々とやってんじゃないっすか?」

第2ロープウェイ 乗り口お盆休みは新穂高ロープウェイも激混みでしたね・・・さて上のやりとりは「foot」Friday SPでの、MC倉敷さんと粕谷秀樹さんとの”ウィット”に富んだトークなんですが・・・よくぞ代弁してくれた!って感じ。粕谷さんはまだファン・ペルシーに対し「しこり」があるようで、1年目からあんなにマンチェスター・Uに貢献してるのにねぇ。アーセナル色が強い!ってのが気に食わない理由?かつては悪童だった昔の面影も赤い悪魔サポのヒデキングは受け付けない?それでも、グループHの勝ち抜けは「バルサアヤックスミランはゴタゴタが多すぎ」と一刀両断してくれた粕谷氏に「ありがとうございます」と倉敷さん。なぜかヒデキングは前々からアヤックスの事を”買って”くれているからね(笑)

”目的地”ブラジルに向け、1歩「足踏み」・・・W杯予選エストニア戦(A)についてはブログ後半で書いてます。



「エビスとエビ子」: おかしな2人の感性と、初っ端からふくらはぎが攣ってしまう太川リーダー

ロープウェイからの眺めロープウェイに乗っての眺めは雄大かつ壮麗そのもの・・・8/30(土)の「ROCKETMAN SHOW」もふかわさんと山本太郎議員が大激論を繰り広げてましたが、その日は「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 15弾」米沢~大間崎の放送もあって・・・「お待ちどうさま~!」とオープニングからテンションが高い太川さん。そんなに四六時中蛭子さんと一緒じゃ無いの!前回は「こんなの持ってくんな」って位の楽勝でしたが、今回は・・・マドンナが(そこいらの旅番組と勘違いして)やる気満々のさとう珠緒さん。よく、この番組出るのをエネルギーの森さんはOKしましたね。普段殆ど「一万歩は歩かない」という珠緒さん・・・スタート地点には大体バス停はあるんですよ。「病院が得意」な2人?(笑)

「病院得意ですか?って、『最近は病院通いでございます!』みたいな(笑)」 「路線バスって大体ね、お年寄りの為に病院を経由することが多いんですよ」

森林に浮くゴンドラゴンドラが三本ほど鉄塔を通過するんですが、その時の揺れ方が凄く悲鳴が上がる程・・・第1発目からマドンナが道を聞きに行くって初めての展開?ほとんど何も知らない珠緒さんなのに。いきなりバスが無い?いや、無い無いと言われバスがあった事は何度もあった・・・いきなり5kmを歩く覚悟?似た者同士のブラックエビスとエビ子?診療が始まる川西診療所を後に「歩いても先が分からない」って不安な展開。「初歩的なミスをした!」と悔やむ太川さん。総合病院という”希望”があって、歩く活力は生まれたけど珠緒ちゃん、酒蔵なんて見てる余裕は無いよ。パチンコをするのと同じ?キートン山田さんも味の感想言えないし!蓮みたいに咲くダリヤ?それはダリヤ!あんたダリヤ!?

「なんか結構『不憫に思われる』のが得意なんで・・・可哀想って思わせたら、いい所あるのかなぁ?可哀想に思わせて『じゃぁ泊まらせてあげるよぉ』とか」「ちょっと俺と考え方が似てるよ(笑)」 「似てる?」 「うん、ちょっとだけ・・・」

混み合うゴンドラ新穂高の山の中なのに満員電車の中に居るみたいで・・・一方、路線バス旅の3人はショートカットしようと田んぼのあぜ道へ。蛭子さんと珠緒ちゃんは言う事も似てますし、リュックの紐のシワの寄り方も似てる?川をジャンプする羽目になり、もし珠緒ちゃんがぽっちゃんとなっちゃったら蛭子神が一生面倒見るってさ。あっ、女房と相談する・・・あたしも嫌です。西瓜ののぼりだけ見て「美味しそう」って思うの?エビ子・・・エビスⅡ!「俺も思うもん」って、本家蛭子さんもシンパシー感じてたのね。確かに、この2人は似たモノ同士でちょっと変!日本酒なんか舐めてたら絶対間に合わなかったね・・・「そういう命取りがあるんだ」と1つ学んだ珠緒さん。1分も無駄に出来ぬ。パチンコも禁物!

「ねんりょう不詳」: 花笠の踊りはガタガタの蛭子神・・・珠緒ちゃんを”ガソリン車”呼ばわり?

西穂高口駅(標高2156m)ロープウェイ最高地点・・・西穂高口駅は標高2,156m!病院の前で自らの足の治療を施す太川リーダー。そして座ったまま寝る蛭子地蔵に驚く珠緒ちゃん。寝てるの!?「いや、目を休ませているだけ」・・・まだ初日の午前中よ。おばあちゃんがバスに乗るのを待ってあげる・・・これこそ地域の足。山形まではそばを食べる時間的余裕もあるし30分で小滝そばを食べよう。山形行きのバスはゆったり豪華な席なので爆睡する似た者同士。村山までは順調?花笠まつりを見たいけどバスが優先だ。蛭子神の踊りは自由型?いや「ガタガタですよ」と珠緒さん。特急バスは高速を走らないので路線バスと見なして・・・ツルンとした白玉ぜんさいと水大福で一服し新庄まで。バラ園は遠い。

「”ねんりょう不詳”だよね?」 「ねんりょう不詳?」 「何リッター入り?ヘヘヘ」

日本で一番標高が高い 山びこポスト展望台には、(通年収配型として)日本一高い場所にある「山びこポスト」があり・・・ここから手紙が出せるのです!珠緒ちゃんは疲れてない?作り笑顔じゃない?ねんりょう不詳?女性に思いっきり年齢を聞く太川&蛭子コンビ・・・キートンさんも「そうか、もう40なんだ。それはさておき」とナレーション入れるのは”バス優先”?「及位って、国境の一歩手前の・・・」「県境だって!」、恒例のやり取りだねぇ。日が高いうちに1日目は新庄泊にしたけど、どこも満室!ここで金山まで行ったほうが・・・ホテルのフロントに「他のホテルの空室状況を聞いてもらう」って凄いね。土砂降り新庄市内でもビールを美味しそうに飲む太川リーダー!珠緒ちゃんは、飲み屋の座敷で31歩歩いて2万歩達成。

「バス停がこんなに離れてるとは・・・いや、”青いバス”が出て行ったからさ」

展望台から焼岳を望む前の記事で書いた焼岳(標高2,455 m)も、展望台からその姿を眺める事が出来ます。「2万歩に乾杯」って事で太川さんは早くもビール2杯目。うなぎをこぼすエビ子と、この日はなぜか天重(魚系はエビだけOK?)な蛭子神!2日目の目標は田沢湖・・・蛭子神、朝一番の大くしゃみ。乗り継ぎ時間は5分なのに、バスは2分遅れで到着し・・・もし乗り遅れたら5時間のロスで今回はアウト!?だから前日に金山まで行っておけば。「行けるところまで行く」が路線バスの旅の鉄則でしょ?と、キートン氏も怒り気味?運転手さんを急かしちゃいけません。先にお金入れといてバス停は別で病院にダッシュ!水色のバスが!行った?真室川行は別のバスだった・・・命拾い。スイカ食べたい!

「遥かなる夏の横堀」: 14kmの歩きに顔が引きつる珠緒ちゃん、蛭子神は生きてるかー?

”小さい夢”を抱えつつ・・・(コーヒーも飲めない)真室川駅であっさり「スイカ」の夢達成?蛭子神はやっぱり歴史民俗資料館のノコギリよりスイカの冷え具合が気になる?「おい”ひ”いですよ」と、珠緒ちゃんも念願のスイカに「瑞々しい」「ジューシー」「元気でる」と大絶賛!さあ、駅でスイカを食って真夏の14km峠越えだ!及位から(秋田県側の最初の駅)院内までは雄勝峠トンネル越えで約10km。珍しく先頭に立つ蛭子神に、珠緒さんに合わせて歩く優しい太川さん。2日目でようやく最初の県境越え。頭にタオル乗せアップアップの蛭子神。秋田県側の第一村人だったお婆ちゃんの優しさにも触れ、太川リーダーの足はボロボロ。芸能生活20年でこのハードさは初めてだと言う珠緒ちゃん。蛭子神はもはや気を失って即身仏状態・・・「朝ですよ?」「トイレ休憩やったっけ?」必死で取り繕うも、この真夏ロケは相当過酷だったんでしょうね。横堀駅へと向かう途中に稲庭うどんと地獄ラーメン・・・何?蛭子神は冷やし中華!?素直に地元メシを頼まない精神は健在!「ハッハッハッ」と鳥に笑われ、沿道の花を愛でる余裕も無く、頭から水をかぶり・・・4時間歩いてやっと到着。蛭子神曰く「1年分の運動」だったこの16km歩き、珠緒ちゃんもすでに24000歩!今日、3万歩は確実?

「どうなのよ?今日も日がある内に終わっちゃうって・・・こんなもったいない事してていいの?」 「でも今日は歩いたから」 「もう歩けな~い・・・もうぷんぷんです。ぷんぷん・・・手がもう上がらない・・・ぷんぷんも低くなる」 「アハハ!」

湯沢へ行くバスの中、2人は疲労困憊。地図とにらめっこの太川リーダー。六郷経由、乗り継ぎ6分で角館!さらに上手くいけば田沢湖へ・・・は行けないか。2日目も日がある内に終了?くたびれて、もう「ぷんぷん」も頭まで手が上がらない珠緒ちゃん。名前は良さそうな角館プラザホテルへ。「あ~、疲れたぁ~」と蛭子神の部屋でゴロゴロ~、ゴロゴロ~・・・「動けな~い!ぷんぷん」。蛭子さん以外はシャワーも浴びずに夕食へ。27807歩と・・・惜しくも3万歩までは届かなかった珠緒ちゃん。2日目もビールをおいしそうに一気飲みするルイルイ。せっかくのおにぎりもぐちゃぐちゃにして食べるのが蛭子スタイル!”魔の3日目”は・・・とりあえず十和田湖越えが目標。距離を稼ごう!歩くのだけはやめよう!のれんはまだ中にかかっているお食事処で、開店前でも麺類ならOKだと言う事で・・・こちらで朝食。ドライブインには付き物の「ルーレット式おみくじ器」が懐かしい。「O型・・・わがままは禁物」「(ラッキーナンバー)23番・・・周囲とバランスを考えて行同」と蛭子神このおみくじは「大当たりだ」と一同大笑い。朝から稲庭うどんというのも、お腹にやさしそうですね。田沢湖はたつこ像やスワンボートがあって・・・湖の透明度も抜群!ハンドル操作があやふやな珠緒ちゃん?今回は、このように観光するシーンが多かったんだけど、つまりはそれが響いて”後の祭り”ってコトで。みそたんぽで大当たり!リーダーは”持ってる”ね。「秋田名物食べられた!いっぱい」「次は比内鶏を食べよう」と満足げ。

「バスは無い」: ブラックエビスの肩を揉む太川君、揉めば揉むほど痛くなる?肩揉みタイム

一転して険しい表情の太川リーダー・・・「違う、十和田湖に行ったら無い」と意味深なつぶやき。玉川温泉は、地熱を利用して屋外でも岩盤浴が楽しめるんですね。でも、岩盤浴よりもバスが優先だ・・・鹿角花輪行きのバスで突然始まるトランプ大会。さすが、ギャンブラー蛭子神はトランプも強いんだね。敗者ルイルイは勝者蛭子さんの肩を揉む罰ゲーム。「賞なのか、罰なのかわかんないぞ。これ罰ゲームじゃないの?」と思わずルイルイの手に力が入ってしまう事態に。蛭子4連勝!太川4連敗って・・・負けず嫌いの太川陽介リーダーにとっては屈辱的な結果に。地図そっちのけでトランプばかりやってたら・・・鹿角より先の十和田湖行きバスが「季節運行」だという”落とし穴”が!真剣な表情になる3人・・・大館・弘前ルートも「バスは無い」と一刀両断。大湯からはとても歩ける距離じゃないし・・・「明日の朝9時に乗れば?」と案外?冷静な蛭子神。でも、ここで大湯温泉泊というのも大誤算ですよね。だって、まだ3日目の昼だぜ?今年があまりに猛暑なので長歩きは避けたいのもあるでしょうけど・・・焼山からりて七戸までは行けそうだけど「魔の3日目」炸裂だね。「ババ抜きなんかしてる場合じゃなかったね」と苦笑いする太川さん。楽しみ過ぎるとバチが当たる?路線バスの旅・・・

「9時38分発なんだ」 「1本だけ、1日」 「本当これだけか?恐ろしいね・・・」

「バスはまだ、トントンってあるかもしれない」と希望を捨てない蛭子さん。不安に満ちた3人を乗せたバスは大湯温泉へ。十和田湖行きはマジで1日1本だけしかないって事を再確認し、PM3時35分に3日目終了!今までの最短記録?夕食は比内鶏にしますが「鳥は?」「でんでん大丈夫」と呂律が回らない蛭子神。何の問題もない・・・早めに終わったので、宿も豪勢なホテル鹿角にて。「ハ~ッ!ほっ!?」と仲居のおばちゃんも謎のリアクション。「立派過ぎて俺はちょっと・・・」と高そうな部屋にドン引きの蛭子神。「路線バス旅もちゃんと進んでないお前らが何でこんな部屋に泊まれるんだ?」とか、またあらぬ被害妄想か?広い部屋だと怖い?真っ昼間から温泉で「うるうる」という、この番組始まって以来の贅沢を楽しんで・・・何だか普通の旅番組に?

「私は場所に合わせてテンションを変える女なんだ。やっぱり、品よくいなきゃいけないみたいな感じが無意識レベルで働くんですね。湖畔の女!っていう」

強制的にやめさせられた感じがある「魔の3日目」は・・・地図で見ると、思いのほか進んでる!?フワフワの比内鶏に舌鼓を打つ2人を横目に、蛭子神の最終奥義「カツ丼」がきたー!!どこまでも我が道を突き進む蛭子さん・・・。最終日となる4日目はまたしても土砂降り。8/10近辺と言えば、日本海側各所で豪雨被害が頻発してましたもんね。尋常じゃない雨の中でも、十和田湖行きのバスは僅か2分遅れで優秀・・・海みたいな十和田湖に着いて、ようやくここで青森県に。青森県は「松島~竜飛岬」(第6弾)、「青森~新潟」(第7弾)とこの路線バスの旅ではよくスタート or ゴールの地となる御用達の県。懸念された県境はすんなりと通過・・・しかし、次の焼山行きバスが1時間待ち。乙女の像はじめ十和田湖観光まで出来てしまう余裕がある皮肉!こんなに広くても、日本の湖沼では12番目の面積だそうで・・・”幻想的”だからか?海外の湖っぽいからより広く見えるのか?”湖畔の女”珠緒ちゃんもウットリ。「湖畔の女?ハァ?何言ってるの?」と、キートンさんも蛭子神さんも理解不能な発言が。「精神状態がおかしくなってる」と言われ「なんてこと言うの!もう~」と・・・一世一代の「ぷんぷん」タイムが到来!このまま、思い通りスコーンとは進めない・・・下北半島は手強いぞ!

「松浦食堂の奇跡」: 野辺地からむつ行きはあると見た!お世話になった食堂で感動の再会

焼山のバス停を確認する蛭子さんに、ルイルイが「地図を見る秘密兵器」を・・・人前ではちょっと恥ずかしいヘッドライトを贈呈。前の席に座る珠緒ちゃんに「顔がデカく見える」とまた挑発。「なんてこと言うの!もう」と間髪いれず「ぷんぷん」タイム2連発!「あ、バスわざわざ止まってくれてるの?」「今頃気付いたの?」と・・・蛭子神は奥入瀬渓流を通るバスからの粋な配慮に気付くのが遅い?七戸には1時間。昼食のバイキングで欲張り過ぎな蛭子神。十和田のB級グルメ「バラ焼ランチ」の方が美味しそうですね。で、実際のお味の方は「まあまあ美味しい」そうで・・・「もう腹いっぱいだからね」と蛭子神、メインが来る前にバイキング食べ過ぎ!本当に「反省している」のか?そんなに食べたければ(ゴールの)大間で食べなさい。七戸行もサロン仕様で豪華設備ですな・・・蛭子神、リクライニングすると寝ちゃうよ。七戸から野辺地行バスは”なう”もあるのか?

「(ゴールに)行けるかなぁ?って思って。急に・・・」 「いくよ!」 「くるよ!」

「あんたら、いいコンビだねぇ!」とルイルイも言い放つ、エビス&エビ子の息の合いよう!「松阪~松本城」(第12弾)の加藤紀子さんもかなり機能してましたが・・・珠緒ちゃんとはお笑い面でかなり共鳴してる感じ。野辺地行は今もあったんだけど・・・定刻15時を過ぎてもまだ来ない?やっと来た・・・「松島~竜飛岬」の時も利用したまかど温泉行きのバス。いよいよ下北半島の付け根・野辺地に来た。ここから、むつに行って大間で「乗って 乗って 乗って」マグロ獲りだ。待ち時間は5分以上、第6弾の野辺地で大変お世話になった、駅前の松浦食堂へお礼のあいさつ。その前にバス停でむつ行バスの時間確認・・・17:30発だと厳しい!それでも現地に行ってみるしかないか。その前に(以前、4時間も待たせてもらった)松浦食堂に行こう。「久しぶり」と食堂のおばちゃんも路線バスの旅御一行を熱烈歓迎!「みんな見ろー!」と・・・蛭子さんが寝てる写真まで撮ってある?「何?この写真」と呆れる珠緒ちゃん。「流れ着いた死体だね」とここぞとばかりのルイルイ(笑)

「寝ていいよ、蛭子さん!」 「いやいや・・・」 「ここ、パチンコ店ないから!」 「もう十分蛭子さんの事を分かってる」 お世話になった人との再会、嬉しいね

蛭子神の行動パターンはもう、日本全国に見透かされてるね。むつ行が5時半発だという悩みの種もあり・・・太川リーダーが食堂のおばちゃんに相談。すると「青森から来るバスは4時何分(発)だった?」と新情報が。駅前じゃ無く、別のバス停があったんだ?店外に出て確認しに行くおばちゃん・・・混乱する3人組。なんと!16時19分にむつ方面へ行くバスがあったのか!思わぬサプライズにルイルイ歓喜!これだと、むつ市内に着くのが18時前・・・大間へ行ける可能性も広がって、よかった。よかった!もし松浦食堂にお礼参りをしに来なければ、この奇跡は無かったんですからね。またこの食堂には大きな恩が出来ましたね。そして、別れ・・・ここぞとばかり「9回裏2アウト満塁!逆転サヨナラホームランが狙えるかも?」とキートンさんも煽る、煽る!



奇跡を起こしても、なおルイルイの表情は険しい・・・青森県の地図とにらめっこし、大畑へ行くルートを選択。「”おおばたけ”は大間の手前だから・・・」と2人に説明する太川リーダー。意外とバス停が少ないむつ市内、ここからラストスパート!最終勝負は大畑から大間崎へと行くバスがあるかどうか!?大畑行が「最終バス」じゃ無いのが救い・・・18時15分、運命の大畑行きのバスが走り出しました。蛭子さんも眼鏡をかけて真剣な表情?尻屋からくるバスに望みを託す・・・ギャンブラー蛭子の勘もバカには出来ないし。さて大畑に到着・・・フェリーの埠頭も見える。フェリー客を運ぶバスもあるかも?「やっぱり、あたし時刻表見られません!怖い」と怖気付く珠緒さん。よし、最後は(紙で隠して)3人一斉に見よう・・・心臓バクバク、天国地獄の分かれ道!

「あのバス停?」 「まだ見ないで!一緒に見よう!」 「ないよ。終わってる」

ゴールか!?断念か!?はっ!?あれ、無い・・・!?17時50分、佐井行き車庫で最終バスがもう出てる。運転手さんも「バス無いです」とダメ押し。あと1本なのに。フェリー乗り場から運行する便も無し。「ごめん!ダメだった」と太川リーダー終戦宣言。力無く、小さい「ぷんぷん」の蛭子さん。「ぷんぷんも出ない!」と・・・悲劇のヒロイン・珠緒ちゃん。乗車バス:24本、走行距離:約510km、合計運賃:16890円も”水の泡”!ゴール寸前の大畑でギブアップ!海の向こうに大間崎が見えてる?目と鼻の先なのに・・・遥かなるマグロ。40年の人生で生涯初の14km歩き、生涯初の2万歩も・・・下北半島に散った珠緒ちゃん。でも地図を眺め「行き当たりばったりの旅」の魅力は体感出来たそうで。その言葉が2人にとって、せめてもの救い。で、早くもリベンジに燃える2人・・・「すいません、(次は)成功します」と控えめな蛭子さん。本州最北端のマグロ像にも会えず、すっかり夜のとばりが下がりまくった大畑の海沿いをトボトボ帰る3人。次回(第16弾)のスタートは怨念溢れる大間崎から!となるのかな?オープニングで「前回は楽勝だったね」と若干バス旅をナメていた?フラグが立ってしまっちゃったんでしょうね。かと言って、いまだ震災の爪跡が残る太平洋岸も行き辛かった?コース選びも難しかったかな。最後まで笑い声が絶えなかった珠緒ちゃんはまた来るのか?来ないだろうな。

史上初?カラオケボックスで3人夕食!?2014/1/4(土)「土曜スペシャル千葉・館山~福島・会津若松 ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅については、【#291】「八街やっちまった」の記事で書いてます。

【“【#282】
「エビス&エビ子」 米沢~大間崎 路線バスの旅(15)”の続きを読む】

テーマ:蛭子・太川 ローカル路線バスの旅 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2013.09.08(日) 06:46|
  2. 路線バスの旅 (蛭子能収×太川陽介)
  3. | TB:0
  4. | コメント:0



<<PREV(過去の3記事へ)   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

プロフィール

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。