Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#272】
「アヤックス優勝へ」 エールディヴィジで黒猫のタンゴ

銀山茶屋みのもんたの朝ズバッ!」で久しぶりにエールディビジの映像が流れてきて「おやっ」と思ったら、何やら「珍入者」というニュースで・・・4/13(土)に開催されたオランダリーグ第30節「ヘラクレス0-2フローニンヘン」の最中に起きた黒ネコ乱入のハプニング映像でした。日本代表・長友佑都選手をしのぐ「突破力」とゴール前での鋭い「切り返し」!一目散に猫まっしぐらでゴールネットに吸い込まれるか?と思いきや、ゴールポスト直前で急失速し・・・ゴール横の花道を優雅に闊歩。トボトボとゴール裏に向かい、ヒョイと壁を越え帰ってく”珍入者”に沸くスタジアム。約1分間のハーフタイムショー?にみのさんも感心。それにしても・・・TBSは「サンデーモーニング」といい、よく見つけるよね!



↑のハイライト動画2:00頃(前半32分頃)ぐらいに問題の黒ネコが現れるんですが・・・日本のメディアに「長友をしのぐ速さ、香川を超える鋭い動き」と報じられるとは、まさか本人も・・・いや”本猫”も思わなかったでしょうね。果たしてこの黒猫は誰かサポーターの飼い猫だったのか?首輪は無いようだけど、野良猫か?仮に野良猫だったら、こんな”珍入者”の侵入を許すスタジアムの警備問題は?そしてこの・・・ベイル並みのインパクトを残した黒ネコ選手は「登録外」という事で次節「出場停止」なのか?まあ、このハプニング映像はもう1回・・・(無類のエールディヴィジ「バックパス映像好き」な)TBSサンモニ」でも今週末にコスるんでしょ。「おやおや、の方がサッカー上手い」とか関口宏さんがいぢり張本勲さんが「あっぱれ!」の展開か?(笑)



「3連覇目前!」:アウェイでも勝ち、アヤックスがPSV相手に久々のシーズンダブルを達成!

龍源寺間歩さて、黒猫乱入というほのぼのニュースがある一方で・・・先週オランダリーグ30節と言えば何といってもトッパー!「PSV×AJAX」直接対決の話題一色!12-13シーズン欧州主要リーグの中で唯一?混戦となっているオランダエールディヴィジ優勝を占う一戦とあって、舞台となるフィリップ・スタディオンもただならぬ””を発してました!ただ、この試合・・・その””でフィーバーして感情任せに動いたPSVと、殊のほか局面局面で冷静に対応していたアヤックスというか・・・両者に戦力差はそこまで無いのでかつての「クレバー」で勝負強いPSVなら、この大一番も難なく制したと思うんだけどね。今回はアヤックスの方が精神的に大人だったっつーか、それが意外な結果で(爆)


さざれ石国歌「君が代」の歌詞に出てくる「さざれ石」って、こんな形してたんですね・・・初めて見た。それはそうと、先週末はJ-SPORTSエールディヴィジ中継カードも、いつもの日本人選手絡み(フィテッセVVVフェンロが主)の試合を放送するんじゃなくて、ましてや黒猫乱入の試合でも無くさすがに(上述の)”トッパー”を生中継してくれたので・・・久しぶりにアヤックスイレブンを生観戦出来ました。するとここ5シーズンは優勝から遠ざかっているPSVと、目下2連覇中でCLにもコンスタントに出場してるアヤックスとの「経験の差」というか・・・数年前、アヤックスが7シーズン優勝から遠ざかってた時は、立場が逆だったんだけどね。

「トイヴォネン封じ」:エールディヴィジの盟主に返り咲くアヤックスが・・・鮮やかにPSVを攻略

出雲大社・裏口ヒディンク監督が指揮を執ってた頃のPSVは国内無双で憎らしいほど強くて・・・そんなチームに経験も技術も到底敵わないのに未熟なアヤックスは自分たちの「スタイル」にこだわり玉砕を繰り返す・・・それが一昔前の”トッパー”でアヤックスはよく泣かされました。一昔前は「エイトマン」のファン・ニステルローイの顔を見るのも嫌だった・・・そんな歴史も今や昔。オランダリーグの盟主の座はアヤックスに戻り・・・PSVは長らくの過渡期状態。今回は病み上がりのトイヴォネンがスタメンに名を連ねましたけど、その金髪のキーマンに前半から激しく当たるポウルセンがいい仕事をしてましたね。彼を自由にさせない事でPSVは思うようにボールを繋げぬ状態・・・ホームなのに居心地は悪そう?

出雲大社・御仮殿トイヴォネンをゲームから消す事で、オランダ代表で新旧キャプテンマークを巻くストロートマンファンボメル達も右往左往。アヤックスはイメージと真逆な「組織的守備」で今シーズン驚異の爆発力を誇るPSVの攻撃を分断するフランク・デ・ブール采配。たまらずにサイドへと散らそうとしても・・・現オランダ代表SBに名を連ている、経験豊富なブリントファンラインの網に引っ掛かる悪循環。ボールを奪ってからの攻守の切り替えの速さも、”オランダ水準”のPSVと欧州基準のアヤックスでは差は歴然。敵地ながら悠然とプレーする蛍光緑色のアヤックスに・・・毎度ながらシーズン後半のアヤックスは熟成されて強いなと再認識。CL出場権取れればと思ってたのに・・・さっぱり分らない

「スタイルへのこだわり」:代表のポジションも失ったピーテルスの憂鬱・・・フェイエの伸びしろ

2度追いつかれるもブリフテルが決勝ゴール・・・リーグ制覇を決定的にして歓喜の輪が出来たアヤックスの選手達。その裏に元オランダ代表DFピーテルスの姿が。ジオが代表引退した後、オランダ代表左SBの座に定着しながら怪我でEURO2012出場を棒に振り・・・その空席にヴィレムスブリントといった若手の台頭。もともと「攻撃参加に乏しい」との指摘もあり、オランダ代表とはすっかりご無沙汰に・・・その課題の攻撃性を「ピーテルス、退場後にガラス窓を殴り負傷」という間抜けなニュースで今シーズン、世間を騒がせてしまった守備の職人でしたが・・・今試合も途中出場で試合勘に疑問符が付く中ブリフテルに振り切られ、味方GKとの連携ミスで僅か出場時間3、4分で致命的なゴールを許してしまう最悪の結果に。ピーテルスにしてみれば、今度はガラス窓じゃなくビルでも爆破したい位の深いトラウマになりそうな日になりましたね。批判も集中するだろうな・・・代表に呼ばれない事で焦りも生じてたのかな。本当はこんなミスが多い選手じゃないけどねぇ・・・



根拠の無い自信と、闇雲に自分たちの型を貫き通すプライド・・・バルサの成功でより上ばかりを見る一方のアヤックスは悲しいかな、これまではより現実的志向なPSVに持ち味を消されてフラストレーションも溜まる一方の”トッパー”でした。しかし、今は違う・・・アヤックスが逆に相手の持ち味を消してパスコースを見出す一歩進んだ形になってる・・・毎年のように主力を引き抜かれながら覇権を守れたのは、”大人になった”って事なのかな?アヤックス・・・この調子で、かつ、ひと夏を越しても戦力を維持出来ればね・・・CLでも「殻」を破れるんだろうけど。それもステアウアに屈するような、ELで満足に上位に顔を出せていない様では絵空事に過ぎない・・・ただ、”トッパー”のような大きな試合でこういったパフォーマンスが出来れば先は見えますね。奇しくも、今季CLクォーターファイナルでバイエルンユヴェントスを退けたのと同じ方向性かな?ピルロを試合から消し、混乱した敵の選手に素早く体を寄せてパスコースを限定し・・・そこからワイドに広げて攻撃の起点を作る!と、”教科書”は既に存在してるから。そこが(後述しますけど)フェイエノールトにも共通すると思うんですよ。紆余曲折を経て・・・今後一皮むけると「全方位攻撃」なチームで怖い存在に成り得ますよね。



ただやっぱり守備もパーフェクトな訳じゃなくて・・・ゴール前に詰めたレンスに2ゴール返された訳だけどね!それ以上にアヤックスが誇るエースエリクセンの動きがキレてましたね。昨シーズン最終節のトゥウェンテ戦(H)もだったけど、勝負所をモノにするここ近年のアヤックスの原動力はやはりエリクセンだったのではないかと・・・去年はシーム・デ・ヨングの2ゴールもあったけど、今年はエリクセンが直接決めましたな。プレミアへと行っちゃうんだろうなぁ・・・これを置き土産に。ヴェルトンゲンを追ってスパーズなのか、噂通りリヴァプールか知りませんが。後輩のフィッシャーにもバルサが調査に乗り出してるって言うし、なんだかなぁ。でもあそこはバルセロナへ旅行に行っただけのGKフォルムにも「ヴィクトール・バルデスの後釜か!?」と噂が立つぐらい信憑性が無いからね。もっとも今のOranjeにはフォルムの上にクルルフェルメールステケレンブルフと優れたキーパーが居るわけだし。さらにアンダー世代にはズートも伸びてますからね・・・すっかりオランダはGK王国になったなぁ。バルセロナと言えばアフェライは来季無事に戦列復帰出来るんだろうか・・・って話で。

稲佐の浜の夕暮れ何はともあれ、今季もアヤックスの覇権は揺るがなかった結果となりそうですが・・・と、まだ優勝は決まってないか。いい加減来季はCLグループリーグの壁を越えないと・・・でも、来季の覇権はいよいよフェイエノールトへ移りそうでこればかりは止むを得ないかな。現在のOranje若手の台頭、そしてファン・ハールも目を細める若手の伸び率を見ても判る通り・・・PSVアヤックスとくれば、順番的にも次はフェイエだもんなぁ。悔しいかな、オランダ代表強化をスムーズに行うにもフェイエ黄金時代到来が手っ取り早い手段だしね。今季は良くも悪くもペッレに依存してたけども来季、さらに一歩進めばとんでもないチームに化けそうな予感。もうアヤックスも太刀打ちできないレベルの域まで達するかもしれない・・・いや、達してもいいよ。オランダリーグ発展の為にも。「朝ズバッ!」とか「サンモニ」で「黒ネコが出ました!」じゃ無く、ちゃんとしたチャンピオンズリーグのニュースでオランダのクラブを見たいし。ただ、アヤックスも決して”歩み”を止めるんじゃ無く共存共栄って話でね。どっかのユヴェントスに「かつての強かったアヤックスはもういない。育成のクラブに成り下がった。わがユーベは同じ轍を踏んではならない」と皮肉を言われたままじゃね。腐っても名門だから。でも、来年はフェイエ完全復活の年だと断言しますよ(爆)
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013.04.17(水) 12:40|
  2. アヤックス
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


【#255】
「へーレンフェーン0-5アヤックス」 3代目相棒に成宮

AQUOS PHONE SH-12Cこの春ようやくスマホデビューしました。docomoの旧型AQUOS PHONE「SH-12C」でございまして・・・今の、NOTTV対応の最新機種じゃない、2011年夏モデルのやつですけど。型落ち品だったので(既に15000pほど貯まってた)ドコモポイントだけで機種変更も足りちゃって。払った金は0円携帯!これまで持ってたのが905世代のガラケーだったので携帯電話の進化っぷりに驚いてます。iモードとは何だったのか・・・?3G回線は劇的ですな(爆)

ほんと、スマホでネットもサクサクとまあ・・・パソコンでしか見られなかったサイトもほぼ見られるワケでしょ?動画もwi-fiで行けば何処でも見られる様で・・・素晴らしい事で。これだと外出先でもブログ書けちゃいますねえ・・・いや、めんどくさいんで書かないですけど。つか、このブログスマホでも無理。だったら、これを機にtwitterでも初めてみようかな・・・せっかく機能も付いてますし。でも嫌だな。EURO2012の大会期間中とかだったら色々熱くなってつぶやけるけど、年中あるわけじゃないしねえ。多分・・・定期的に物事についてつぶやくなんてネタもありませんし続かないから。宿題に追われる子供に戻るのはヤだ(爆)



「アヤックス 2連覇へ!」:どん底から奇跡の8連勝・・・へーレンフェーン戦(A)5ゴール圧勝

というコトで、懲りもせず我が”愛スマホ”にオレンジ色のシリコンカバーを被せてOranje仕様にしてしまった自分ですが・・・いや~、アヤックスですよ。2月のアムステルダム・アレナでのユトレヒト戦(H)を落として・・・フェイエノールト戦(A)に続き連敗してしまってねぇ。あそこで今シーズンは「絶対ダメだ」と思ったんですけどそれ以降・・・ELマンチェスター・U戦(H)を除いて全勝!エールディヴィジでも負け知らず。8連勝ですよ。ELでも敵地オールド・トラフォードルーニーがいるマンUに勝ちましたしね~。あの勝利が若いチームには自信になったのかな?自分は(結局トータルスコアでELは勝ち進めず、ベスト32で敗退してしまいましたが)ファーガソン監督に土を付けたあの試合が今季アヤックスの(3、4月攻勢への)ターニングポイントだったと思ってます。とは言え、一度リーグ優勝をも諦めてしまったファンが言う様な図々しさも無いですけどね(爆)

ここしばらく、サッカーの話はとんとご無沙汰しておりましたが・・・フェイエノールト戦(A)、ユトレヒト戦(H)と連敗を喫したアヤックスは、早くもこの2月上旬でエールディヴィジ優勝(2連覇)を諦める状況に立たされてもはや「白旗」というボロボロ状態。テオ・ヤンセントゥウェンテから、シグソールソンをAZから、ブリキンをデンハーグから批判覚悟で引き抜いておいてこの体たらくですしね。フロントはクライフ翁が内紛を起こすし、CLではリヨンに抜かれ衝撃的なグループリーグ敗退の憂き目に遭って、もう立ち直れぬ程ドツボにハマったアヤックス。おそらくフランク・デ・ブール監督の首も危ないでしょう。昨シーズン大逆転でリーグ優勝を決めた歓喜の瞬間では、しばらくデ・ブール政権が続くだろうと薔薇色の未来を予想してたんですが・・・クラブ崩壊。
【#251】「及川光博卒業」 相棒ten15話・櫻井脚本「アンテナ」 本ブログの記事 2ヶ月程前の投稿より)

流氷を見る前のあの頃はほんとネガティブでヘタレだったな・・・代表も暗黒期で身も心も荒んでましたわ(笑)それはそれとて・・・4/11(水)のオランダリーグ・エールディヴィジ第29節”難敵”へーレンフェーン戦(A)!自分は(上位対決でアウェイ戦となる)この試合がかな?と踏んでただけに、今回の大勝は予想外でした。何とか引き分けに終わればAZトゥウェンテを振り切れるんじゃないか・・・と試合前は弱気になってたんで。目下エールディヴィジ得点王のドストに、先ごろオランダ代表にも選ばれていたナルシン、そしてアサイディと好調へーレンフェーンを引っ張る攻撃陣を相手に何点取られるかが不安だったんですよね。それがまさかのアウェイで「0-5」!5ゴールも誇らしいですがクリーンシート(0失点)で終わったのも良かった。途中で諦めてへーレンフェーンのファンが続々と客席を立ち帰ってましたしね。来季からはファンバステン監督体制になるムービング・フットボールのへーレンフェーンですけど・・・その”パンケーキ野郎”さんがかつて指揮していたアヤックスに痛いしっぺ返し。これでアヤックスは5試合連続でクリーンシート継続と、攻守ともに充実の春!

「フルメンバーの春」:かつての輝きを取り戻しつつあるアイサティ、怪我人も戻り戦力充実!

混戦のエールディヴィジ上位陣をごぼう抜きし、頭一つ出た状態で・・・このところ5試合で16得点、0失点と無双状態のアヤックス。このへーレンフェーン戦(A)も相手GKヴァンデンブッシェの一発レッド退場で一気に大荒れに。(ロッベンとは違い(爆))テオ・ヤンセンが確実にPKを決めアヤックスが開始6分で先制。すると、19分には(この所”自信”を取り戻したプレーが目立つ)アイサティのゴールで追加点!かつてアヤックスの「10番」を背負った早熟の天才アイサティ・・・彼が復活すればね、エリクセンと共にチームにニつの”核”が出来ますから、アヤックスの攻撃の幅も広がります。なおも1人少ないガタガタなへーレンフェーン守備陣をバルセロナのようなパス回しで粉砕するアヤックス・・・現「10番」シーム・デ・ヨンクが波に乗りハットトリックを達成!後半もゴールバーを叩く惜しいシュートもあって、決まってればあわや「1試合4ゴール」だったんで、敵地で想定外のゴールラッシュにアヤックスサポ裸になってお祭り騒ぎ!対照的にドストは失意の途中交代。

アイサティシーム・デ・ヨングルコキ
(→46' ブリフテル)
エリクセンテオ・ヤンセン
(→70' シグソールソン)
アニータ
ブリントヴェルトンゲンアルデルワイレルト
(→64' ファン・デル・ヴィール)
ファン・ライン
フェルメール

「昨年九月のCLミラン戦以来・・・バルセロナのアフェライ、長期離脱から約6カ月ぶりに復帰」
スポーツナビ 欧州サッカーニュース/スペイン 2012年4月12日(木) (C)MARCA.COM


沈黙するへーレンフェーン攻撃陣を尻目に、磐石のフランク・デブール采配。後半は怪我明けのブリフテルシグソールソン、(レアル・マドリーに狙われてる?)ファン・デル・ヴィールを次々とリハビリ投入!交代枠を余裕ある使い方にすれば、後のリーグ戦の戦い方も上手く調整出来るってもんですよ。しかも、この3人ともチャンスに絡んでましたし・・・本来はレギュラークラスの3人ですからね。待望の戦列復帰も近いでしょうし、ベストメンバーを組める日もそう遠くない・・・ますます戦力が充実し、明るい材料を揃えてリーグ優勝争いに臨めるアヤックス。惜しむらくは、今の状態だったらCL決勝トーナメントにも余裕で進出したのでは・・・と!まあ・・・リヨンに抜かれたあの悔しさは来シーズンのCLで晴らせばいいってトコですかね。とりあえず、5月は「リーグ連覇」プラス3シーズン連続の「CL出場権獲得」というダブル吉報が聞けそうで、すんごく楽しみです♪デ・ブール監督も前々節、「親友対決」となった”トッパーPSV戦(H)で・・・コクー新米監督に采配面で完勝しその後の前節(第28節)ヘラクレス戦(H)は6-0で圧勝、そして今節も5-0と・・・より自信を深めてますね!オランダでは”小バルサ”状態のアヤックス、そして本家バルサで半年ぶりアフェライが復帰!これも嬉しい!



関サバ関アジ定食相棒」シーズン11からの”新相棒”が、成宮寛貴さんに決まったそうで・・・(2代目相棒の)及川光博さんより更に若い相棒になりましたね。ますますもって杉下右京警部(水谷豊さん)との世代間ギャップが広がりそうだ・・・もう、どんどん相棒が若くなって行って、最後には鈴木福くんになるんじゃないか!?と。その頃には、とっくに右京さんは刑事定年でしょうけど。寺脇さん以上に年の近い相棒にはならないのかな・・・。年の近い相棒といえば、もうそろそろ太川陽介さん&蛭子能収さんの名コンビが送る・・・あの「ローカル路線バス乗り継ぎふれあい旅春の新作SPが放送されるはず。今回のマドンナはいとうまい子さん?でスタートは(前回たどり着けなかった)高松から、ゴールは三重伊勢神宮のようですね。四国を抜けるのは淡路島から明石海峡大橋経由でしょうか?瀬戸大橋だとまた岡山~姫路間をジグザグ乗り継いで1日ムダに費やすからなぁ。でも、鳴門から後は(高速バスじゃなく)普通の路線バスとかあるのかなぁ?鳴門と言えば・・・春のセンバツ甲子園作新学院鳴門に負けるとは思わなかったな。九州学院も2回戦で(選抜優勝した)大阪桐蔭と当たったのがもったいなかったなぁ。残念!

テーマ:相棒 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012.04.12(木) 21:05|
  2. アヤックス
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


【#236】
「JUDAS」 J SPORTSがエールディビジ放映権獲得

LADY GAGA「♪JUDAS」着うたにLADY GAGAの「♪JUDAS」を入れました。ついでにガガが7/11(月)の「徹子の部屋」に出演するというので、そっちも見ました。スマスマにも出てましたね。GUEST LIVEで「♪JUDAS」をやらなくて残念。大相撲では大関・魁皇がついに・・・単独通算最多勝記録となる1046勝を達成。夏の高校野球千葉大会では拓大紅陵木更津を延長10回、4-2で撃破!ああ、木更津総合ではなくて木更津高校の方でしたね。この後も(昨夏敗れた)習志野や専大松戸など強豪校がごっそり残ってるけど・・・今年も甲子園まで辿り着くのは難しそうかな。それにしても、「相棒season9」が終わって見るドラマが全く無い・・・そのうえ、テレ朝は「全英ゴルフ」中継で「タモリ倶楽部」まで潰すとは悲しいなあ。最近はもっぱら、BSジャパンで週末やってる「モテキ」と「鈴木先生」の再放送を見るくらいですかねぇ。この「鈴木先生」は・・・春ドラマの中でも実に秀逸な出来でしたしね。さすがは(「相棒」も手がける)古沢良太先生や岩下悠子先生脚本の作品ですわ。最終回の”鈴木裁判”は圧巻でした。8月に出るDVDの長谷川博己さん特典映像とか、興味津々です。ああ、早く秋になってサッカーも始まり「相棒season10」放送開始も待ち遠しいですな(爆)



実はアッキーナさんとたけし軍団松尾伴内さんは遠い親戚だそうで・・・・って、そんな事はどうでもいいけどオランダ代表南米遠征も終わって、そのあとウダウダしてる内に・・・ファン・ニステルローイマタイセンがマラガに移籍したり、スハールスファン・ウォルフスウィンケルがスポルティング・リスボンに移籍したりと・・・Oranjeのイベリア半島”大移動”が目立つオフシーズンでございましたが、アヤックスではテオ・ヤンセンの加入によりデ・ゼーウスパルタク・モスクワに玉突き移籍。オランダ国内外で移籍市場が活況ですね・・・と、そんな中、最近何もいいことが無かったエールディヴィジファンの私めに朗報が!いや~、全国数万人?のエールディヴィジファンの皆様・・・スカパーオランダリーグ中継が悲願の復活でございますよ!やっと・・・

「J SPORTS『オランダ エールディビジ』『ロシア プレミアリーグ』11/12シーズン放送決定」
J SPORTS オフォシャルサイト 欧州サッカー放送 プレスリリース 2011年7月14日(木)


フジテレビじゃなくて良かった・・・ありがとうJスポーツ。今や安田理大選手(フィテッセ)が居て吉田麻也選手・カレン・ロバート選手(VVVフェンロ)も所属するオランダエールディヴィジ。昨シーズンまでは宮市亮選手もフェイエノールトに居ましたしね。現在、女子W杯で決勝進出のなでしこジャパンもNHK-BS1で見ましたよ。澤穂希さんはエールディヴィジに行けば得点王争い出来るんじゃないかな!?来シーズンは、Jスポーツエールディヴィジ中継が復活するし、アヤックス欧州CL本選に出場するし、こちらも待ち遠しいですね~。日本人選手が出場するカードが優先ですので、デ・クラシケルとかトッパーが完全生中継されるかどうかは分かりませんが・・・Jスポオランダならば、(「foot!」のMC)倉敷アナのアヤックスネタも増えるかな?(笑)



スナイデルの身辺も色々と騒がれてますが・・・マラガやマンCは無いでしょう。移籍するならばマンUでしょ。で、こちらも色々と波紋を呼んでいる(上述)LADY GAGA「♪JUDAS」の歌詞・・・自分はキリスト教も聖書も詳しくは分からないのでアレですが、歌詞カードを読むと気になるフレーズがあって。このブログを開設して、5年弱。そしてホームページ「Orange Garden」を立ち上げ11年半・・・その間、いまだに「ノンタイトル」なオランダ代表EURO20082010年ワールドカップでは「ついに優勝か?」と匂わせましたが、なかなかタイトルに手が届かない・・・思えば10年以上、この辺ず~っと”やきもき”してる時期が続いてるんだなって。

I'll bring him down, bring him down, down (彼をオトしてみせる)
A king with no crown... king with no crown (冠の無い王様を・・・)


和訳サイトによって様々な解釈があるんですが、「冠の無い王様」というのをオランダ代表と結びつけると・・・この歌の中でガガがいかにユダを愛しているのか、それが理解できる様な気がしまして。切ないもんですね。今は(KE$HAの「♪TiK ToK」をダウンロードして以来)この「♪JUDAS」をよく聴いております。ガガの来日は現在の(震災や原発問題で)元気無い日本に活力を与えてくれたのではないでしょうか?Thanx, GAGA!

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽

  1. 2011.07.14(木) 22:14|
  2. アヤックス
  3. | TB:0
  4. | コメント:0



<<PREV(過去の3記事へ)   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。