Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#107】 「シンガーソングネイチャー」
ネイチャージモン「Mステ」タモリへの道と、小島義雄

ミュージックステーションに出演したい!」朝6時の電話でスマイリーキクチさんを叩き起こしたこの一言が全ての始まりでした。ことテレ朝では何かと「威勢の良い」ネイチャージモンタモリさんともバラエティ番組で(「ダチョウ倶楽部」としての活動でも)共演が多いし、堂アナとも「草野★キッド」で最近一緒だし。「オレは(このMC2人と)近いところにいる!」のを根拠にジモンさんはネイチャーキャップ(「松阪牛」キャップじゃ無い、公式HPで売ってる帽子)をかぶってMステに初出演した時の事をすでに”シミュレーション”済みなんだとか。ひな壇で「続いてはネ、Ne?根?ね?・・・ネイチャージモンさん?でぇ~す・・・」と紹介された時の場合(笑)

MCタモリ: 「(寺門)ジモンでしょ?」
ネイチャー: 「いや、ネイチャージモンです!」

堂真理子アナ: 「オマエ(←なぜか”お前”)、ダチョウのジモンだろ?」
ネイチャー: 「いや、ネイチャージモンです。」


この”やりとり”がしたいが為に音楽へのを志す”不届き千万”なネイチャー。曲を歌う前の”妄想”トーク部分・・・ちなみにジモンさんはその際、堂ちゃんに手をかざして「否定」し・・・同時に堂ちゃんの人差し指をポキッと折るところまで頭に浮かべたとか(笑) ジモンさんは子供の頃からの夢「タレントになりたい」という目標を、目の前の”小さい目標”を1つ1つクリアする事で実現してきたそうで、今度は「ミュージシャン」への夢が沸々と・・・それが今回のミッション、CDデビューを目指し曲を作る「シンガーソングネイチャー」です!(笑)

ママ醤油…ママ醤油、走っちょる♪」、場末のスナック「広島」に奇跡が舞い降りた・・・5/25(金)の「タモリ倶楽部」電柱企画・「電柱みこすり半劇場」”世田谷連続みこすり犯事件・特別捜査”についてはブログ後半で。




「エリートヤンキー三郎・1週休み」: 今週も「帰ってきた時効警察」~「タモリ倶楽部」ライン

毎週楽しみにしていた金曜ドラマ24エリートヤンキー三郎」、ここまでのあまりの”やりたい放題”が過ぎたのか・・・今週は「謹慎」!いや、テレ東の”なんちゃら卓球”中継のため一週「お休み」です。三郎くんも”極悪大河内の兄貴達のせいで逮捕されちゃったしね・・・釈放されるまで2週間はかかっちゃうってコトか?なので今週も(先週に引き続き)「帰ってきた時効警察」第七話「ママさんバレー殺人事件」からそのままテレ朝タモリ倶楽部」ラインへと居座ります。「電柱みこすり半劇場」となんとも卑猥なタイトルですが・・・番組内容から察するに世田谷の道路を彷徨い歩く企画のやうで・・・何気に「アド街」テイストも入るのかな?先週の「国道検定」では首都圏の道路がほとんど紹介されないな?と思ってたら、なるほど。タモさんには身近な世田谷区の小道も楽しんで頂くというタモリミチ(道)”化計画・・・2週連続で道路企画”二本立て”だったんですね♪

今週5/25(金)「タモリ倶楽部」の”電柱企画”「勝手に捜査隊”電柱のこすり傷”謎だらけ世田谷の珍道」のゲストは山崎樹範さんとおぎやはぎさん(アリキリ・石井さんも?)のようです。ヤマシゲさんは「vs南田マネ」、「から揚げ」、「”テツ”との決別」と度重なる屈辱に暮れた?「三ツ星ステーション」の回を払拭せんと・・・アノ回以来の「リヴェンジ」出演?おぎやはぎのお二人は・・・やはり「日本地図センター」の回で”マッパー”の才能に目覚めた?おぎやはぎ・小木さんの活躍に期待。にしても「空耳アワー」(ソラミミスト・安斎肇さん担当側)の「空耳ついに・・・」って番組内容も気になる。ついに(”Tシャツの壁”を打ち破る)「名作空耳」誕生か!?

【衝撃のTVデビュー! 沖縄生まれ・市立稲毛→早大出身の「高学歴海パン芸人」小島義雄!】
それと今週5/25(金)のNTV「ぐるナイ」ね。この中の「おもしろ荘へいらっしゃい!」というワンコーナーに・・・3/29(木)「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権Ⅹ」ファイナリスト・花香芳秋さんが登場するんだとか。”ネタ見せ”をするらしいんですが・・・(MCがナイナイなだけにケンコバさんとかほっしゃん。さんネタをお願いされてそうだけど(爆))「俺ァ、”こだま”じゃないと行かねェぞ!」ってこっちでも「原田芳雄さん」モノマネで攻めるのかな?あと(岡村さんとリア友?)的場浩司さん「牛、コワイっスよ!モノマネもしてたら嬉しいけど(笑)


この「ぐるナイ」で初めて見る「笑撃」に、「そんなの関係ねぇ」に撃ち抜かれてた・・・その名は「小島義雄」!
なお、「アタック音がちょっと古い♪」なあの”小島BGM”は・・・岡村靖幸さんと電気GROOVE石野卓球さんのコラボユニット「岡村と卓球」がリリースしたmaxiシングル「♪come baby」のイントロ部分?(or 岡村靖幸氏「単独」でのリリース「♪s○x」(モロ”直球”)なのでは?)説も浮上(※)と、かなり「オッパッピー」です。それそれそれそれ♪「ビリーズブートキャンプ」の速いリズムもお笑いに取り入れた男・小島よしお見参?

(※)さらにTwin Pitch「♪Ghetto Blaster」では?って話も。こっちで「おっぱっぴーBGM確定?(汗)
・・・と思ったら、DJ Tasaka氏のMixCD「Dj Tasaka Presents Mix Of Colors」の4曲目に収録されてるwoody「♪hype 'o' tek」ですね。この曲のイントロで「確定」です。紆余曲折して下手こいた(爆)


オッパッピー」に冒された(?)そんな貴方は【#108】「オランダ代表・アジア遠征」の記事もご覧下さい(爆)
また、小島よしおぐるナイ」に再来!「おもしろ荘」再登場については【#112】「バス街ック天国」の記事で。


上述の通り今週は「エリートヤンキー三郎」が無いのでドラマは2本。テレ朝・金曜ナイトドラマ「帰ってきた時効警察」第七話「ごく普通の主婦がイノシシと間違えられるには、それなりの理由があったのだ」って・・・いくら今年が「猪年」だからって、物凄いサブタイトルだなぁ。思えば前シリーズの第七話も「主婦が裸足になる理由をみんなで考えよう!」って・・・「主婦」と「理由」がキーワードになってましたね。今回のゲストは名ナレーションからドラマ本編に「よろしくお願いします。」な由紀さおりさん・・・ドラマスタート前から話題になっていた「由紀さおり出演」の回です。第一話の”お礼”で、今度は途中で麻木久仁子さんにすり替わるのかな?あと(次回予告で見た)加勢大周さんの黒い”つけ鼻”が気になる・・・”新見先生”もあんなに鼻が黒く無かったし(笑)

「帰ってきた時効警察」第七話
【「ごく普通の主婦がイノシシと間違えられるには、それなりの理由があったのだ!」@大間下村】

週末の「小島義雄砲」の”後遺症”が・・・第七話の記憶が無い。でもそんなの関係ねぇ!Say!「オッパッピー!」的に感想をまとめるので、よろしくお願いします。(←今回はゲストで出演!”由紀さおり調”で(爆))

由紀さおりさん居ましたね、スナックに。そのスナックの店名が「広島」だったら(後番組「タモリ倶楽部空耳ジャンパー放出と相まって)こっちも”奇跡”だったのにな。そうそう、「のぞき」の役で”イケテツ”池田鉄洋さんも・・・今週は(「エリートヤンキー三郎」ア○ル関根役じゃなくて)「時効警察」側に(チョイ役で)出てましたね。あ~、(今週”お休み”だったから)早く見たいな、「エリートヤンキー三郎」その七(第7話)・・・でもそんなの関係ねぇ小島義雄さんのせいで、ドラマ感想もグダっちゃうというか・・・。全部”巻き込んで”やろうと思ったんですけど、結局俺も一緒に巻き込まれちゃって・・・グチャーってなっちゃいました。いやぁ、ホント「ガッカリ」っす・・・で、胸のピンマイクがペロリと「笑いの神」。この週はドラマも「オッパッピー」でしたよ、まったく・・・(笑)


謎の新人監督”トム・ジョンイル”作品は麻生久美子の「1人2役」ゴージャス豪邸「ドタバタ劇」での大活躍・・・カメラも揺れる「帰ってきた時効警察第八話については【#108】「オランダ代表・アジア遠征」の記事にて。

あと「特急田中3号」第七話の”ジャージ予告”、今週は黄色「AEKアテネジャージ」が出る模様。白赤「AJAXジャージ」は微妙・・・奇数回(第7話)なので出るコトを信じたいですが(爆) でも、「アヤックスジャージ」は5/22(火)の「学校へ行こう!MAX」T4企画で出てきたから、いいかな。SL大井川鉄道を貸しきっちゃってましたね~、V6田中聖、ジャニーズパワーは強大なり。でも「SL」と「大井川鉄道」ならば・・・自分がまっさきに思い浮かぶのが「シベ超」!トンネルにさしかかる度に閣下水野晴郎ちゃん)の「チアーズ・・・うっ!」と佐伯大尉(ぼんちゃん)のロープアクションを思い出しちゃって爆笑!そんなMJ浅草キッド受けしそうな話はおいときまして・・・「学校へ行こう」&「特急田中3号」ご一行がトンネルで(SLの煙が入らないように)窓を閉めたり、機関車の炭入れを体験したりされてたんですけど、田中くん!服が黒くすすけちゃいそうな所に白いAJAXジャージ衣装で行ったらダメ!あのジャケットが黒煙で汚れるんじゃないかとハラハラしましたよ。まさに「♪MOTTAINAI」(©ルー大柴)ですよ。南田マネージャーがついてながら・・・ゴールデンタイムは「タモリ電車クラブ」のように「テツ」全開フルパワー出来ずに、南田さんに”アウェイ”な雰囲気漂ってましたけどね。でも”裏方”のマネージャーさんにバラエティを仕切らせるTV番組ってのも珍しい・・・「前代未聞」でしょ(爆)

【「特急田中3号」第七話 「AEKアテネジャージ」じゃなくて「チェルシージャージ」が登場!】
奇数話”白赤”「AJAXジャージ」出現の法則は途絶えました・・・しかも「黄」AEKアテネジャージも”お休み”。あの黄×黒のタイガースカラーというか、あの斜めに入ったストライプのジャージはどっかで見たような?サッカージャージなのかなぁ?でも次回予告で出てこなかったチェルシージャージが思いのほか登場しました。

先週が「国道」、今週が「裏道」ということで・・・
(今週の企画は)「ロード・第二章」ということになります!


それにしても、このドラマ中で初めて見た・・・タモさんトヨタCMですよ。なるほど、先週と今週と2週に渡って「タモリ倶楽部」が”ミチ”企画だったのは・・・「TOYOTA×タモリ」のこのCMオンエアのため?”テツ”のイメージが強いタモさんを、”ミチ”に塗り替える?2007年・・・どうする?どうなる?「タモリ倶楽部」!?(笑)


ジャージ着てねぇ・・・「特急田中3号第八話については【#108】「オランダ代表・アジア遠征」の記事にて。

「小2レベル」: 「シンガーソングネイチャー」前編、青山を”バク進”するネイチャー(笑)

まあ「前代未聞」と言えば・・・「前代未聞」が服を着て歩いている様な男こそが「カミカミ王子ネイチャージモンなのだ。そんな彼が突然CDデビューを目指す「シンガーソングネイチャー」企画が5/6(日)、5/20(日)のCSテレ朝ダチョ・リブレ」で(前編・後編と2週に分けて)OAされました。まず5/6(日)放送分の「前編」ですね。オープニングから飛ばしすぎ。青山一丁目の交差点道フェチ視点から推測するに、あの交通量、車の飛び交い具合は・・・まさしく246沿い(爆))を待ち合わせ場所に今回の”楽曲制作メンバー”を召集したジモンさん。例の如くキョロキョロしながら「またネイチャーに呼び出されたんですけど・・・」と(車の飛び交う交差点脇で)困惑気味のスマイリーキクチさん。同じくネイチャーに呼び出されたメンバー一同。そこに「ブッシュ(植込み)が小さいよ!都会のブッシュは小さいな!」と背後から(日中なのに”攻撃光”を照らしながら)襲い掛かるように登場してくるネイチャージモン。「この番組(「ダチョ・リブレ」)は予算が無いからピン(マイク)も無い!声を”張りめ”に!」と・・・出てくるなり早速(今回)”初出演”となるメンバーの皆さんに「ダチョ・リブレ」出演の”心得”を説くジモンさん。以下、今回「楽曲制作チーム」として”助っ人”として呼ばれたメンバーです。

「ノーボトム!」古坂大魔王さん
元(お笑いユニット)「底抜けAIR-LINE」で現ミュージシャン。(ネイチャージモン公式HPで音が流れる)あのテーマソングも古坂さんが手掛けた”作品”。なおCSテレ朝関連でくりぃむしちゅー・上田さんの”こそピン”番組「上田ちゃんネル」にもレギュラー出演中。お笑いを辞めながらもかつての芸人仲間との人間関係を大切にし、いまなお芸人さんからの信望も厚い”楽器を弾かない”テクノ畑のミュージシャン。ボキャブラ世代というのは知ってたけど、トーク巧いなぁ。グラサンをかければ”エセ”コブクロ・黒田さんで「問題無い」らしい(笑)

「APES」TAMAさん(Vo. & G.)
栃木・宇都宮在住のバンド「APES」のヴォーカル&ギター担当。芸人臭の漂う風貌で(ネイチャーキャップ配給にも”大喜び”な)ネイチャージモンの大ファン。今回の楽曲制作も人一倍”親身”になって取り組み、その奮闘ぶりを称えるジモンさんに「いい汗かいてるよ君!」と「ナイスネイチャー」をもらい、さらには”ネイチャー名言”「汗と筋肉は嘘をつかない!」と言わしめた本職のミュージシャン。西尾さんとは親友で、体格も酷似?

「丁半コロコロ」西尾季隆さん
元「X-GUN」で現在「丁半コロコロ」の「現役」の芸人さん。今回「お前は誰だ!?」とブッキングされてないのに”勝手に来た”らしく、上記TAMAさんの”帽子が取れない者同士”(デブ同士)親友として友情出演(?) 自身も他番組の楽屋でネイチャー話をさんざん聞かされて・・・すっかりネイチャーに心酔。「じゃ、入る?」と(ジモンさん自ら)まさかの「ネイチャー軍」スカウトに「そんな簡単に入れるんですか?」と唖然!なんでもスマイリーさんが「もうしんどい」、ネイチャーの”第二マネージャー”であるのを「誰か替わってくれよ」と周囲に吐露しているらしく。「ポストスマイリー」の座を虎視眈々と・・・狙って無いよね?ちなみに西尾さんは音楽を聴くのが好きな「聴くプロ」で、そのふくよかなお腹の中には音楽が詰まっている(?)「音楽腹」の持ち主(笑)

まず(上述)青山交差点での”立ち話”オープニング。古坂さんが天下の「エイベックス」所属だと聞くや否や路面にひざまずく、”大きな組織”に対しては徹底して「低姿勢」なネイチャー。それでも「(ひざまずく)”動き”早いだろ?こう跪いた瞬間、地面(のアスファルト)を割っている!」ってワケの分からない”ヒザ自慢”をするジモン少年に「言うコトが”小2”!」としょっぱなから呆れる古坂さん。なんでも「ダチョ・リブレ」(竜兵会ver.「ばっかス」の方は分かりませんが)ネイチャージモンver.の「へらクレス」は”芸人力”が通用しない番組で、ネイチャー曰く「”天然”以外通用しない!」だとか。せっかく”現役”の西尾さんが「ネイチャーが(エイベックスのスタジオを)使うて言うたら、浜崎あゆみがどいたっちゅうから・・・」と芸人らしい仕事したのに「そういう芸人トークは要らない!」って・・・「この番組はトークを”小学レベル”に戻せ!」って、”その場”で言われてもねぇ(笑)

40kmくらいが、オレ、普通の「近い」なんだけど!

だもんで、今回もザクザク出てきますよ~、”キテレツ発言”が(笑) 「スタジオはこの近くにある、歩いてすぐですよ。」という古坂さんに「(「近い」って)10kmくらい?」と聞き返すジモン隊員。この「近さ」基準の破壊っぷりに西尾さんも「面倒くせ~!」噂の”カラみづらさ”に苦笑。しかも古坂さんが「いま『ネイチャージモン』(勢いが)スゴいですよね?」とおだてると「『あのネイチャーに会えてる!』コト自体がね、”喜び”と感じなきゃダメだよ!」と王様発言。なんでもネイチャーの出没スポットは①もつ鍋屋、②高架下に限られているらしく・・・普段は(公共の場に)あまり出没しないんだとか。スタジオに行く途中の青山界隈の(石で出来た)オブジェを見て「あのオブジェ、いいねぇ!」と・・・珍しく「アート」に見耽るジモン紳士?と思いきや「あれを『ケリ』で割れるくらいでなきゃダメだ!」とまたまたキチガイ発言。古坂さんに「器物破損ですから・・・」と注意されても「お前ら、都会にあるものは全て”武器”だと思え!」とな・・・青山を爆笑に誘うネイチャー名言、また出ました!(笑)

遅いっ!マラソンしてる人に抜かれてどうするの!?

しかもネイチャーは一般人のマラソンランナーを見かけるとそそくさと一緒に走り出して「競う」習性があるようです。ウエイト(荷物)を付けている状態で勝たなきゃ!って・・・ある種のストーカーだし、今日も「キテレツ」なネイチャー。やっと「aスタジオ」(エイベックスのスタジオ)に着いたのに「入口が危険だな!」と地下に通じる「入口」を”警戒”するネイチャー!そのうち「”ジモンズ”ブートキャンプ」とかおっ始めるだろ、ぶんぶん(笑)

「ネイチャーソング制作会議」: スタジオ到着。ココでも”脱線”祭りのネイチャージモン(笑)

ようやく「会議」の席へ。”ネイチャーソング”を作る理由は(上述の通り)「Mステに出たい」から。”熱”のあるスタッフを集めて、”熱”の無い人間にどう伝えるか・・・売り上げなり「数字」で示すのが一番!と(やはり出口に近い席で)主張するネイチャー。また以前にはDJ OZMA系のファンから「(自分が)作りたい」とネイチャー側に”申し入れ”もあったらしく・・・そんな魅力的のオファーを「1曲目は自分で作りたい!」と突っ撥ねてまで取り組むのが今回の企画!それを聞いた古坂さんが「”シンガーソングネイチャー”だから」と返したのを「そう、シンガーソングネイチャー!」と(この名キャッチフレーズを)自分発信にしようとするのも「ネイチャー流」(笑)

シンガーソング”ネイチャー”!

スマイリーさん曰く「古坂の部分(「”シンガーソングネイチャー”だから」発言」)をカットして、(放送上”無かったコト”にして)自分のモノにするから」と”警鐘”を鳴らすと、古坂さんも「ネイチャーは(番組の)編集に立ち会うんですか!?」とビックリ。それに「”ほぼ”ね!」と激白する”キングジモン王。でもその後「(この番組)編集は無いから、テレビじゃ無いから!」って”元も子もない”発言!これには一同「(このカメラは)テレビじゃ無いんですか?」と騒然。あまりの「傍若無人」ぶりにテロップにも「ちゃんと放送してます!」と出てました(笑) その後(上述)西尾さんに対する「(ブッキングされてないのに)何で来てるんだ?」話、また古坂さんは「楽器が出来ないけど柔術は出来る」話、ジモン師匠は態度のデカい&スカした人間に対してすかさず説教を始める(昭和を通り越して)「大正の芸人」だという話・・・古坂さんもかつての「芸人」の血が騒ぐのでしょう(笑)

「硫黄島」だったら・・・俺、もうちょっと守ったね!

それに付随して「”戦前の芸人”だよ」って話で・・・またまたキテますよ、ネイチャー。西尾さん曰く「(ジモンさんと)一緒に映画見られない!『あの時代にあの時計は無い!』とか」って、戦争映画を見ても”時代考証”の細かな部分が気になるとか。しかも「皮膚が違う!」だって・・・どこまで”リアル目線”なんだ、このヒトは(笑)

ネイチャー: 「こいつはスナイパーか、スナイパーじゃないか?」
古坂: 「だいたい、スナイパーじゃないですけどね・・・」

音楽の世界に足を踏み入れるに辺り、「これから起こることは全て”アウェイ”だ!」と認識し、それを踏まえて「その中で生き残る術」を模索するネイチャージモン。「こいつはスナイパーか、スナイパーじゃないか?」を見極めるコトが大事らしいんですけど・・・(ほとんどの場合は)「大体、スナイパーじゃないですけどね。」と「ごもっとも」な”正論”を挟んだ古坂さん、その通り!なんでも10年以上前から、こういう話ばかりしているらしいネイチャーですが・・・「俺が一番”危険”って事、あるでしょ?」ってメンバーに聞いてるのがアホ過ぎる。オープニングの交差点でダラダラとトークしているのを後ろで見ていたネイチャーは、(スマイリーさん以下)メンバーの余りの無防備さに「お前らは今日”10回”殺されてるぞ!」と忠告!交差点の周りにもしスナイパーが居たら・・・3、4回は確実に「撃たれている」んだそうです。でも最近の凶悪事件を考えると・・・ネイチャーの言う事も一理あるのかも。なのでネイチャーが指定する待ち合わせポイントは自然と「全体が見える」「少しへこんでいる所」になるんだとか。ネイチャー曰く「オオクワガタは(木の穴の)奥に入るだろ?『ネイチャージモンオオクワガタ』だと思ってくれよ!」との教えに、ジモン話を止める術を知らないメンバーは頷くばかりの会議室。

サビは「ナァイス、ネイチャ~♪」って決まってるから!

こうして(何の進展も無いまま)会議開始から45分経過・・・「今日、”曲を作る”って事なんですけど・・・」(ネイチャートーク三昧で)「まだ音楽の『お』の字も出て来ない」と古坂さん達が”本題”について切り出しますが、「ミスチル系希望!」とか、テクノ系の古坂さん達にムチャな要望を出すわがままジモン王。でも、”ミスチル系”なのにサビはなぜか「ナイスネイチャ~♪」って?(TAMAさんが「そこはCメロですか?」と音楽的な方向に移しつつも)あまりの”ツッコミどころ満載”な状況にたまらず「みんな悪いけど、(ネイチャーの)細かいトコは流してくれ」と極意を伝授するスマイリーさん。嗚呼、ネイチャー第2マネージャーの悲しき「宿命」よ(苦笑)

「谷村新司」と同じコト言ってる!

古坂さんがこう驚いたのも、ジモンさんの曲に対する取り組み姿勢あってのこと。京都・嵐山の奥にある「小倉山二尊院」、観光客の寄り付かない武闘家が篭るような、お経を書くような寺を訪れて「歌詞とはこういう場所で書くもの!」としたためてきた「魂の詩」・・・その詩を書いた「無地教本」(ネイチャー曰く”俺のメモ帳”)を見て、西尾さんも「写経が書いてあるのかと思った!」とその詩の長さに驚愕!なんでもジモンさんはそこで(自身の持ち芸)「般若の面」と自身との”ルーツ”についても悟ったそうで。会議室で(あの黒柳徹子さんに)「(哲こ)徹子の部屋」で絶賛された「般若の面」を遺憾なく披露されてました!曲作りの場で何やってるんだ、ネイチャー・・・。でも「あれ営業でウケんだよな。最後は”般若”で締まったもんね!」と古坂さんは感心(笑)




そんなワケで会議終了。ようやく「本題に行こう!」とようやく曲作りが始まったか?と思ったトコロで・・・トークが長すぎたためこの日の「シンガーソングネイチャー」(前編)はココで終了!新宿ロフトプラスワンの”ネイチャー集会”「寺門ジモンのネイチャートーク」に行かれた方なら「ああ、いつもの!」とおなじみの「トークが熱すぎて」って、例の「ネイチャージモン・クオリティ」ですよ♪そうそう、早送り編集とかしなくて”2週連続”またいでもイインダヨ!これぞ地上波超え”オレは最後まで生き残るバラエティダチョ・リブレ」の真骨頂よ♪(爆)

アラスカ名物・ラッコまんじゅう「般若」とは:
悟りを得る智慧、心理を把握する智慧


一般的な物を”ジャッジメント”する役割、
それはネイチャーの「志」と一緒!
大きな意味で、(「般若」こそ)まさしくオレだ!

うちのジモンが(行き着く先は)「般若」についてアツくなっちゃったもんでして・・・「本題」の”曲作り編”となる(5/20(日)「ダチョ・リブレ」OA分)「シンガーソングネイチャー」(後編)についてはまた次に書きます。最近は「金曜日」の濃い番組のコトばかり書いてたんで、時にはネイチャージモンの記事を挟んで「あっさり味」で”お口直し”的にサラリと書こうと思ったんですが・・・これ以上書くとまた「濃い口」になっちゃいそうなので。でも、こんなジモンさんとタモリさんは「タモリ倶楽部」で共演するのは(混ざり合いにくそうで)難しそうだなぁ。やっぱ「ミュージックステーション出演」でタモさんと絡むって方がまだ”現実的”で「正規ルート」なのかも?(笑)

今回の「ダチョ・リブレ」#17の「シンガーソングネイチャー」(前編)については、出演者のコメントも(ウチは不正確ですが(爆))正確にレポートされているブログ「スカパー!な日々」さまの5/17(木)ブログ記事「ダチョ・リブレ へらクレス (07.05.06)」の方をご参照下さい。画像もありますので、より楽しめるコトと思います!

常人にはもう理解不能の「曲作り」後編については、次の【#108】「オランダ代表・アジア遠征」の記事にて。


【“【#107】 「シンガーソングネイチャー」
ネイチャージモン「Mステ」タモリへの道と、小島義雄”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.05.24(木) 12:56|
  2. ネイチャージモン
  3. | TB:1
  4. | コメント:14


【#106】
「第一回国道検定」 タモリ倶楽部 vs 小沢兄弟復活

黄色い「AEKアテネジャージ」には驚かされたよ、先週の「特急田中3号第5話での田中一郎くん。これまで「アヤックス」(白赤)、「チェルシー」(青)、そして「AEKアテネ」(黄色)と華麗なジャージ”ファッションショー”を(「特急田中3号」ドラマ中で)披露してきた田中くん。こうなると”興味”は「あと、どこぞのクラブのジャージを持ってるの?」といふコト。adidasジャージ系ならば・・・(レアル・マドリーとかミランとか”メジャーどころ”はいいとして)「ロコモティフ・モスクワ」、「ディナモ・キエフ」、「シャフタール・ドネツク」辺りのジャージが出たら(私的に)さらなる「祭」です。ぜひ”ご一考”を(爆)>「特急田中」衣装:小木田さま・・・じゃなくて、助監督さま

土佐犬&江頭フィギュア国道11号線(R11)、55号(R55)、56号(R56)で
ぐるっとまるっと「四国一周」しましたワン!


「止まらねぇ~!」このドラマの”本ネタ”は「ジャージ」ではなく「鉄道」なのですが(爆)・・・そこは”鉄道フィクサー南田裕介さんが「布教」へとしっかり”暗躍”されておられるやうで。TBS「学校へ行こう!MAX」へ”持ち込み企画”されたのか?「今、鉄道が大ブームを迎える中、F4ならぬT4(Train4)という鉄道マニア4人組がいるとのこと!」と・・・(世が世なら”捏造”云々に話が発展しかねない)「ギリギリでいつも生きていたいから♪」な鉄道PR企画を(自ら「学校へ行こう」に番宣出演して)”主導”されてました。V6の人たちが”ドレミファインバータ”「VVVF」を既知なワケが無い・・・それで、来週5/22(火)の「学校へ行こう!MAX」でこの企画の続編(part2)がOAされるそうで・・・そこに上述「特急田中3号」キャスト陣もゲストで登場されるとのこと。なんと、そこでも田中くん白赤「AJAXジャージ」姿が見られるらしい!すなわち・・・バラエティ出演(ドラマ以外)であってもKAT-TUN田中聖さんは「アヤックスジャージ」に”愛着”を持っている!といふコトか!?そういや今週号の雑誌「ザ・テレビジョン」(レモンの方)のインタビューでも「アヤックスジャージ」を着た写真が載ってたもんなぁ、田中くんアヤックスファンとしては、ここまで「AJAX」を”プッシュ”してくれる田中くんに感謝。よって「止まらねぇ~!」のは・・・「特急」じゃなくて「アヤックスジャージ」着用といふコトなのですね(爆)

【Attention!!】
「パン食だから・・・」、お~っ!?「エリートヤンキー三郎」祝・小沢兄弟復活の前夜祭?今週5/17(木)の日テレ「ダウンタウンDX」にも小沢仁志兄貴がゲストで出演するようです♪やっぱり・・・あの「顔面凶器」なグラサンは小沢の兄貴!兄貴がゲストで出ると・・・何よりダウンタウン・浜田さんのテンションが”MAX”に達するんですよね。今週は日テレテレ東で「小沢兄弟復活祭メディアコラボだったんだぁ・・・こっちも楽しみだ♪


なんと!タモリさんは「百井別れ」”通行経験”があった!5/18(金)の「タモリ倶楽部」”歴代最強企画”「第一回国道検定」”ずっと前から決定!全国一般国道ランキング”の(私的)完全レポートは・・・ブログ後半で!

国道」の次は・・・(「電柱」と思いきや)実は「バス停」!?異常な「バスマニア泉麻人さん、(ここぞとばかりに)大いに語る!7/6(金)「タモリ倶楽部バス停企画については、【#112】「バス街ック天国」の記事にて。




「福山雅はルー」: ルー大柴が芸能界の”ルーマニア”福山雅治と「サドンリー」再会、カッ!

ルー大柴さんのファンを「ルーマニア」と称するのはすでにおなじみだと思いますが、この度”意外"な方が「ルーマニア」だったという事で話題騒然になっているようです。それは福山雅治さん。でも、福山さん出演の(TVは違うけど)ラジオ等を聴かれているリスナーならば「ああ、マシャらしいな」と思われる「フクヤマ嗜好」なのかも(笑) 「バスタオルって1回使ったら”取り替える”よねぇ?オレって『潔癖症』なのかなァ?えっ、コレって『神経質』なの!?」とFMでトークされていた”So COOL”な福山さんが・・・(自ら汗をかきに行くかの如く?)”暑苦しい”ルー大柴さんに挨拶に行くという「矛盾」めいたご対面。その一部始終がルー大柴さんの”大人気”オフィシャルブログ「TOGETHER」に書かれていました。ホント、調子に乗ってるなぁ・・・ルーさん(笑)

「ワォ!あの福山雅治がサドンリー 私にナイスミートゥユーとカムアロング!カッ!」
  ルー大柴オフィシャルブログ「TOGETHER」 2007年5月13日(日)


文章中に(中学生レベルの)英語が入り混じる、俗に言う「ルー語」が巷にウケている!というウワサのブログです。一見すると非常に読みにくそうなんですけどね・・・その辺りがルーさんの”芸風”ともマッチしているやうで。だいいち、福山まさじさんが「今度ルーさんのハウス(家)でディナーをイートしたい」と発言したのかも疑わしい・・・でも、このチャンスに「福山雅はルー」との出会いを語りだす、”ルー節”の強引な突破力にも笑えます。5/14(月)「SMAP×SMAP」の(芸能人の”晴れ舞台”)ビストロSMAPですら”適当三昧”だった高田純次御大もそうですけど、この”イタ人ルー大柴さんも・・・(芸能界の余生を)コサキンの”おもちゃ”では終わらなさそうで、昨年1月の抱負だった「もう1度バラエティで”大暴れ”する」というのも”本気”みたいですね~!これでLF魂のラジオ」がTBSラジオ「コサキン」の裏番組じゃなければ・・・「ルー大柴×福山雅治」ラジオで共演!と”すんなり”行きそうですけど。あっ、TFMSUZUKI・トーキングFM」の方なら”無問題”なのかな?でも、うららかな日曜の昼下がりに「オッケ~!カッ!」って”ルー声”がFM波で流れてくるというのも・・・(笑)

「金ドラ・プレビュー」: 年齢詐称コンボ?「帰ってきた時効警察」に「エリートヤンキー三郎」

特急田中3号」第6話については(上述のように)”ジャージ”と見どころが固定してますが、「帰ってきた時効警察」第6話は”ソノショ~ン”園子温監督の「お家芸」温泉ロケですか!「撮影が終わったら、そのまま飲める」温泉を舞台に、ドラマ班でおそらく”中打ち”(中打ち上げ)もされたのでしょう。しかし「飲み会」の為に番組(ドラマ)を撮るって・・・(この「本末転倒」ぶりは)ジャンルは違えど「内P」に通ずる”精神”がありますね(笑)

【「特急田中3号」第六話 前回に引き続き・・・「AEKアテネジャージ」”押し”な田中くん】
今回は偶数話だったためか(?)”白赤”AJAXジャージは”お休み”。その代わり「黄」AEKアテネジャージが出ずっぱりの「特急田中3号」第6話でした。おいおい、「AEKアテネジャージ」で開始12分ずっと登場してたぞ、田中一郎君・・・今週放送分の1/5(約20%)はあの黄色ジャージの服装だった!って計算ですよ・・・。来週は奇数話(第7話)なので「アヤックスジャージ」の出番か?と思ったら「次回予告」では出る気配無し?その代わり、首の”黒襟”!前回、今回に続き(3話連続で)「AEKアテネジャージ」が登場するみたいですよ。

すいません。次の回に「AEKアテネジャージ」は登場しませんでした・・・でも替わりに「チェルシージャージ」が”結構”登場してた「特急田中3号第7話については【#107】「シンガーソングネイチャー」に書いてます。

帰ってきた時効警察」第6話はゲスト女優の西田尚美さんを「54歳」という”ムチャ”な年齢設定にするみたいですが・・・そういう”ムチャ”なら負けていないのが「エリートヤンキー三郎」です、「オウヨ!」。こちらはあの極悪非道な「大河内兄弟」、第1話以来に大河内一郎(小沢仁志さん)&二郎(小沢和義さん)がカムバック!公式HP次回予告を見ただけでテンションが上がりますね!待望の”ご帰還”「お帰りなさい、小沢兄弟!」デス三日月しずかさんなら「ふっか~つ!」と自分の部屋で「阿波踊り」を踊っちゃうぐらいの朗報デスよ♪あと関根先生(池田鉄洋さん)も帰ってくるみたいだし、そろそろ「謎の占い師」のモザイク部分(仲間由紀恵さん?)が見えてきてもいい頃ですし・・・いい具合に「佳境」に入ってきてるのかな?この”おバカドラマ”も(笑)

【「帰ってきた時効警察」第六話 「青春に時効があるか否かは熊本さん次第!」(@青春温泉)】
「温泉」に「青春」に「ツボ師匠」・・・第六話、その名前は「ドリアングレイ」。神泉君まで群がる奇跡の化粧水!「私、今、54歳!」的に感想をまとめましたので、よろしくお願いします。(←鳩時計”由紀さおり調”で(爆))

青春それはピチピチ♪ ピチピチそれは青春♪

つか、由紀さおりさんは「次回の第七話(ママさんバレー)では”本ゲスト”なのでヨロシク」ですよね。次回予告の”黒付け鼻”の加勢大周さんも気になりましたが。第六話、サブタイトルから「メインは熊本課長か?」と期待したんですけど・・・「に~るヤング」って。しかも”殺傷能力”があるコンニャクって(笑) 舞台が(ソノショ~ン監督お得意の)温泉だったコトもあってか、話全体が普段以上にフニャフニャしてました。それにしても”ツボ師匠”(今回の裏主役?)の「ツボ押し」は・・・足裏マッサージ以上に痛そうだったなぁ。あと(三日月クンの学生時代は第四話(”セキトリ”)で出てきましたが)同級生に会って発覚した?霧山君の老け具合は異常・・・というか、(「ドリアングレイ」愛用してる?)同級生の若々しさの方が異常。でも「そびえ立つ”大木”がいい!」って真面目に霧山くんが力説してるのに、”バイアグラ”的発想しか出来ない蜂須賀さん。プラス熊本十文字(+諸沢)の”オヤジ連合軍”・・・冒頭の「ヤブカラボウ」でも三日月さんへのダメ上司「セクハラ」連携プレイ(笑)

「アンタ男でしょ?」 「この事秘密にして下さいよネッ♪」 「気持ち悪い!」

テーマが「青春」ならば、アルファ&スチャダラパーの「♪惚れたぜHarajuku」も劇中のBGMで使って欲しかったなぁ・・・似合うと思うけど、なんとなく。また今週もテレ朝で胡散臭いスナックが出てきたから・・・マスター役は(2週連続(爆))柳沢慎吾さんか?と思っちゃいましたよ。しかし被害者とはいえ「初老フケミ」(クドカンでも付けないっしょ)って・・・改めて考えるとモノ凄いネーミングですね。こんな名前付けられたら、自ら命を絶っちゃう可能性もあるよなぁ。つまりは神泉君ってば・・・いつの間にか「山咲トオル」化しちゃったのね(笑)


次回は”イケテツ池田鉄洋さんが「のぞき役」で登場。でも「おっぱっぴー」旋風で記憶もおぼろげ・・・そんなの関係ねぇ!な「帰ってきた時効警察第7話については【#107】「シンガーソングネイチャー」の記事にて。

さらに”イケテツ池田鉄洋さんが何と「タモリ倶楽部」デビュー!9/28(金)「タモリ倶楽部勝どき橋企画「祝!国重要文化財指定 勝鬨橋に潜入!」については【#119】「電車クラブ・オフ会」の記事に書きました


「第一回国道検定」: 道路マニアにはたまらない、「タモリ倶楽部」プレゼンツの最強企画!

しかし、そんな”小沢兄弟復活”に沸くドラマ24「エリートヤンキー三郎」に大きく立ちはだかるのが・・・同日5/18(金)の「タモリ倶楽部」!!ウェイト!ちょっと待ってくれよ。「第1回・国道検定」だって?「WHAT?ユーアーライニング(嘘でしょう?)」とルーさん風に驚いてみましたが・・・「道路フェチ」な自分のモロ”琴線”に触れる企画ですね。(【#100】「EPISODE Ⅹ - 第6位・・・拓殖大学! -」の記事で紹介した)wikiサイト「chakuwiki」でも、その地域に国道が走っているか否かで街の”ステータス”が上がり下がりするようで・・・わが街に「国道」が走っているだけで周りの地域に優越感を感じる人すら(少なからず)いらっしゃるやうで?

かくいう私めも(以前に「Oranje徒然草」【第47段】「ROUTE1」でも書きましたが)一ケタ、二ケタの”旧一級国道”、三ケタ国道、さらに”酷道”(通行困難な”『酷』い『国』道”)に至るまで・・・”オニギリ”「国道」が大好きなのです。ついでに県道(”険道”含む)も。特に好きなのは「○○市」などの「市町村境界標識」ですが(爆)

今回のゲストは伊集院光さんの出演が”確定”なようですが、あとはどういった面々がゲストに名を連ねるものか・・・「道と言えば?」でピンと来る有名人って居るのかなぁ?レーサー系で言うと片山右京さんとか”ドリフト”土屋圭市さんとか?かの”S氏”は「佐藤琢磨8位入賞」フィーバーで日本に帰国出来そうに無いだろうし・・・。でも右京さんは”山登り”の話に脱線しそうだし、土屋さんも(トークが巧すぎて)出しゃばり過ぎると(「やる気のある者は去れ」が”モットー”の)タモさんの反感を買ってしまうかも?(アルピニストの野口健さんもそうですが)土屋さんも「レーシングコメディアン」の異名をとる”玄人はだし”なトーク術なんだけどなぁ・・・出来れば土屋圭市さんが”クルマ友”である「J-WAVE・夕方のセクハラDJ」ピストン西沢さん辺りを連れて登場してくれると今回の「道企画」の”深夜感”も増しそうなんだけど(爆) まさか、前回の「団地探訪」の回に登板してなかった半田健人さんがこちらの分野に顔を突っ込む!という展開も無いだろうしなぁ・・・「国道」、「道」、「みち」、「ミチ」・・・「もこみち」?「ミッチー」?企画もゲストも楽しみ過ぎて想像がつきませんよ(爆)

タモリ倶楽部」”夢の企画”「第一回国道検定」について、(伊集院光さんに続き)俳優・松澤一之さんがゲスト出演との情報を「SIS company inc.」ウェブサイトより確認しました。たしか松澤さんは「竹とんぼ」の回に出てた?しかも紹介BGMが「♪待つわ」(→マツザワ)?そしてもう1人は「タモリ電車クラブ」のシルバー会員(No.6)でもある・・・「鉄道」と”掛け持ち”の?テレ朝・勝田アナウンサー。おぉ、伊集院さんに松澤さんに勝田アナ、プラス(われらが)タモリさんの4人で「国道検定」!イイ「配牌」じゃないですか、ディープそうで(笑)




タモリ倶楽部」を録画に回して「エリートヤンキー三郎」を視聴するという、「タモリ倶楽部」への忠誠を怠った生活が・・・「第一回国道検定vs小沢兄弟復活」という(チャンネルに困る)由々しき事態を招いてしまったのでしょうか。だとすれば、「タモリ倶楽部」恐るべし!つか、この春の「タモリ倶楽部」って異様に”気合い”が入ってません?南田マネージャー(@「鉄道」)に、浅草キッド(@「ホルモン」)に、山田五郎教授&乾貴美子さん(@「アルミニウム」)+奥田民生さん(@「空耳」)に、みうらじゅん師匠&渡辺祐さん(@「大仏」)に松尾貴史さん(@「団地」)と・・・4~5月のラインナップだけですでに「タモリ倶楽部ドリームチームじゃないですか!

【「エリートヤンキー三郎」その六 「三郎 愛と死のエチュード♪」 限界まであと”5もらし”】
「標準学ラン」多め、「青春ドラマ要素」多め、なのに「暴力」も多め、「ウラ金」多め、「エロ」多め、「ピー音」多め、「モザイク」多め、なぜか「吉本ギャグ」も多めと・・・色んなトコが「多め亭」な今回の「その六」(第6話)。「タモリ倶楽部国道企画の”余韻”冷めやらぬ部分も否めませんけど。なんといってもこの回の”目玉”は(ロシアでの取引を中断して)弟の危篤に駆けつけた「大河内兄弟大河内一郎&二郎、すなわち「小沢兄弟小沢仁志和義両氏の復活です!この2人が画面に出てくるだけで・・・すげぇ、画が殺気立ちますね。前半はハチャメチャでテレ東「不祥事」映像にも発展しなねない展開でしたが、話が進むにつれて「伝説のその壱(第1話)」を彷彿とさせる感じになりました。(逮捕されたけど)三郎”おもらし乱闘アクション”も復活しましたし!

エリートヤンキー、さぶろう!

「バーン」大河内一郎(17歳)!「バーン!」大河内二郎(16歳)!キタ~♪オープニングのタイトルコールが「小沢兄弟」ヴァージョンになってる!!今回のキーワードは「ホシ(犯人)になる」、ヤンキー三郎軍団」がボランティア団体「三郎軍団」に豹変し、病に伏した総長に”思い出”を作ってあげようと石井武(橋本じゅんさん)以下「三郎軍団」の面々が一時的に更生!念願の「学園生活」に気をよくした三郎だが、ふと石井たちの会話を聞き・・・三郎自身が「余命短い」事を知ってしまう!ショックを受けた三郎(石黒英雄さん)は愕然、廊下にへたり込み、これまでの荒んだ学園生活が走馬灯の様に駆け巡る回想シーン・・・「男の中のお・と・こ~♪三郎音頭でヨヨイのヨイ♪」、確かにロクなコトが無かったんですね、三郎くんの徳丸学園ライフは(笑)

命尽きるまでがんばれ、大河内三郎!負けるな!大河内三郎!

何なんだ、この杉本るみさんの(来宮良子さん的)ナレーションは?(笑) あと今週のゲスト(エロ女医役)だった西本はるかさん(元パイレーツ)・・・先々週(その四)の春菜ちゃん「だっちゅーの」発言はココに繋がるんですか~?しかし「保険金詐欺」、「窃盗罪」、「銃刀法違反」、「建造物侵入」、「わいせつ物陳列罪」、「犯人隠匿」、「恐喝罪」、「器物破損」、「国家転覆罪」、「未成年者略取」と・・・”犯罪のフルコース”複数の容疑により逮捕された「普通の高校生」三郎くんは「災難」ばかり。これって(特に後半の方は)裏でエグいコトばっかりやってますね、大河内の兄貴たちは・・・。三郎くん、早く「冤罪」を晴らして(一刻も早く)シャバに帰ってきて下さい。そのための・・・来週5/27(金)は放送「1週休み」なんでしょうか?まさか「拘留」じゃないよね?(笑)


三郎、哀愁の果てに・・・滝のように放つ「通潤橋おもらし」!今作品最大級のスケールに全米も泣いた!(笑) 「エリートヤンキー三郎その八(第8話)については【#108】「オランダ代表・アジア遠征」の記事でどうぞ。

そこに来て今週が「第一回国道検定」・・・「第一回」と冠しているところで既に”続編”の期待も膨らむ超魅力的企画!まいった、”陥落”しましたよ・・・今週は「タモリ倶楽部」をリアルタイムで(しぶしぶ)「エリートヤンキー三郎」第6話・”小沢兄弟復活祭”を録画に回します。ここまで(「ぷっすま」に「東コンビ」草&(ユースケ&)東幹久の仲良しゲストが登場する回のように)”深夜番組の王者”「タモリ倶楽部」を”本気”にさせたなら、他のどんな深夜番組も敵うまいて・・・ここ数週の「タモリ倶楽部」の”オニ”っぷりは異常、神がかり過ぎ(爆)

【“【#106】
「第一回国道検定」 タモリ倶楽部 vs 小沢兄弟復活”の続きを読む】

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.05.19(土) 20:14|
  2. タモリ倶楽部
  3. | TB:0
  4. | コメント:14


【#105】
「団地マニア来襲」 長渕剛話にチャットモンチー話

うわ~!また今週5/11(金)の「タモリ倶楽部」も「昭和の時代にタイムスリップ!団地探訪」と”団地モノ”みたいで。また「エリートヤンキー三郎」のウラに強力企画をぶつけてくるなぁ。「住宅都市整備公団」総裁の大山さんをゲストに招くらしいです。聞けばこの「住宅都市整備公団」ってお固そうな団体っぽいですが、調べてみると「日本坂道学会」的に構成しているのは2名だけ。この大山さんと、(おそらく)以前「コンビナートに恋して」の回で「タモリ倶楽部」に登場した”萌え萌え工ちゃん's”の石井さんの2名でしょう。そういえば石井哲さんはこのGW中、5/1(火)のNHK「視点・論点」に出てましたよね?「工場探訪」について淡々と”解説員”として語る石井さん、「タモリ倶楽部」以後もマニア系番組(山田五郎アワー「マニア解体新書」など)に進出、そして行き着く先はNHK教育・・・もはや文化人?GWにリアルに「工場探訪」された視聴者も・・・居たのかな?

奈良2区「奈良の大仏」と神奈川4区「鎌倉の大仏」に当選確実が出ました。

思えば「ジュークボックス英会話」に登場してた”日本通”マーティ・フリードマンさんや「土曜かきこみTV」(旧金曜かきこみTV・kktv)のみうらじゅん師匠も教育テレビに進出されてますし。「タモリ倶楽部」→「教育テレビ」(あるいはベクトル逆向きでも可(爆))というのはマニア系から「文化人」へ”脱皮”する上でのTVメディア的”出世コース”過程とも言えるのでしょうか。思えば「テレビ朝日」もその昔は「日本教育テレビ」という局名でしたし、「タモリ倶楽部」と「教育テレビ」が結びつくのも不思議じゃないのかも。最近はことにNHKが「タモリ倶楽部」化してると思ってたんですけど、一概にそうとも言えないんですね。「タモリ倶楽部」が「日本教育テレビ」に”回帰”してる可能性も示唆出来ます。先週5/4(金)の「大仏総選挙」(@みうらじゅん解説員)しかり。ところで・・・この回の「大仏総選挙」タイトルバックBGMが「♪ありがとう」(©井上陽水奥田民生)の”意”は、「清き一票を”ありがとう”」という解釈で合ってますかね~?今回も”ご推理”伺いたく(笑)>ぬこCEOさん

来週は「第1回・国道検定」だよ・・・「早めに」。「タモリ倶楽部」今週の「団地探訪」についてはブログ後半で。




「金曜TVレビュー」: 旅先でも「特急」、「時効」、「エリヤン」、「タモリ倶楽部」は総チェック

このGWは「四ッ国!四ッ国!」ダイナマイト四国さんゆかりの地(&高校野球王国の)「四国」に旅に出ておりまして・・・気になるスポットを写真に撮りましたので、今回の記事ではそれらも織り交ぜながら書いていこうと思います。そんな中でGWも”激戦区”だった金曜の夜をダラダラ~っと振り返ります。まず「特急田中3号」第4話・・・AJAXジャージは一週ごとに登場するのがこのドラマの”デフォルト”?第4話でアヤックスジャージは登場しませんでしたが(「ザ・テレビジョン」今週号の「特急田中3号」メインキャスト6人インタビューの記事ではAJAXジャージを着てた田中聖さんの写真が載ってましたけど。プライベートでも白赤アヤックスジャージがお気に入り?(爆))、第5話の次回予告を見るとまた登場してました♪もう出ないな・・・と思ったらまた出てるしね、このドラマ制作陣の”術中”にハマってるなぁ、自分。もはやどの電車が出てるとか、路線とかほとんど頭に入ってません。しかも来週は「チェルシージャージ」を着た田中くんも登場するみたいで・・・離れられないなぁ、自分。オレンジに(他人のコトは言えないけど)節操無いと言うか、”カラフル”な主人公だなぁ。

【「特急田中3号」第五話 なんと「AEKアテネジャージ」(黄色)まで持っていた田中くん!】
おいおい、”青”チェルシージャージ、”赤”AJAXジャージはともかく、「黄」AEKアテネジャージにはぶったまげ!の「特急田中3号」第5話!”サッカーマニア”の域を軽く飛び越えちゃってんぞ。AEKアテネギリシャ「第三」(?)のサッカークラブ)のファンって”意識”して?すげぇ。いったい何者なんだよ、田中一郎君・・・

そして次回も”adidas系”「AEKアテネジャージ」が出まくってる・・・ギリシャ好き?夏に向けて「黄色」モードで突っ走る田中くん?「特急田中3号第六話については【#106】「第一回国道検定」の記事に書いてます。

しゃくなげの花を下さい~、 5本の束で下さい~♪

次に「帰ってきた時効警察」第4話・・・(前シリーズの第8話で登場した)「多め亭」の”続編”で「早め亭」が出てくるなんて、これだけでケラさん(ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏)作品の醍醐味を十二分に味わえました。「早め亭」女主人の犬山イヌコさんが、実は真加出(小出早織さん)の”ワケアリ”な母親という「サプライズ」まで。でも今回の”トリック”は虫メガネで”焦光”したり氷を”刃物”にしたり、なんだか小学校の理科の実験を思い出させるような回でしたね。個人的には霧山くんと真加出さんの”偽デート”になんとか割って入ろうとして、又来(ふせえりさん)にことごとく注意を受ける熊本課長(岩松了さん)が、いかにも(GWの帰省先に居そうな)”親戚のおっさん”っぽくてツボでした。催眠術って、”オールマイティ”で何でも出来ちゃうんですね(笑)

【「帰ってきた時効警察」第五話 「幽霊を見ても決して目をそらしてはいけないのだ」】
帰ってきた~」では唐突にトイレを借りるのも無くなった?「早○ソ」熊本課長(岩松了さん)・・・と思ったら、「丹波ゴローのものまね教室」に通われてたんですね。「熊本さん、ものまね教室に通ってるんですか!?」霧山君(冒頭の”ホラー霧山”は・・・確かに(後述)同日OAの「エリートヤンキー三郎」第5話に登場した田所(伊藤明賢さん)とダブる(笑))と三日月しずか麻生久美子さん)に見つかってしまい、「この事は誰にも言わないでくれ!特に又来くんには」と狼狽する熊本のとっつぁん。しかし「モノマネ教室」に通う”ナイスミドル”って・・・「木更津キャッツアイ」シリーズの”ぶっさん父”田渕公助小日向文世さん)以来?「丹波ゴローのものまね教室」の窓ガラスには「RENTAL ものまね DANCE Meeting etc...」って貼って合ったし・・・あの教室って何でも屋的”多目的事業”だったのね。”年齢詐称”は罪にならない?って、「純川夏」さんの話?(笑)

「いつまでも あると思うな 親と金」・・・そうですよね!ハチさん?

「そうだね!」と蜂須賀(元ビシバ・緋田康人さん)に同意されるも、(「母の日」weekのOAゆえの”くだり”かと思わせつつ)実は「オレオレ詐欺」に引っ掛かってた「ミスター勘違い」一直線な十文字警部。さすがに”気の毒”が服を着ている「詐欺に引っ掛かる刑事ってなかなか居ないですよね?」(by サネイエさん)な”素敵な刑事”です。麻生学監督「時効警察」初メガホンとなったこの第五話・・・又来さんの「~だよオ~イ!」口調を復活させてくれたのが嬉しかった。今回の「小森のオバチャマ」に”浪花のアマデウス”キダタロー先生(@前シリーズ最終話)に・・・孤高の”ヅラ女優”ふせえりさんの”本領発揮”!?実はモノマネが一番上手なのは又来さんでしょう。だから熊本課長もこっそり「ものまね教室」に通っているのをバラされたくないワケか(笑)


熊本氏は回想でも50歳、「帰ってきた時効警察」第六話については【#106】「第一回国道検定」の記事にて

「エリートヤンキー三郎 vs みうらじゅん」: さすがは「タモリ倶楽部」と感服するのみ!

猫娘さんにも指摘されましたけど)”私的”この春最も気になるドラマ「エリートヤンキー三郎」でしたが・・・先週の第4話はウツラウツラしててほとんど頭に入ってません。関くんと結託した合コン話で、河井星矢(インパルス・板倉さん)や石井武(橋本じゅんさん)が介入しようとする”バカバカしい”ストーリーだったのはうっすら憶えてるんですけど、旅の疲れに屈してしまひました。占い師(ほぼ仲間由紀恵さん)の登場シーンも、なんかハチャメチャになってなかったです?占い料も一気に「2万円」とか”高騰”してたような?たぶん今回も小沢兄弟は・・・登場して無かったのでしょうね、ぐすん。「特急田中3号」の「AJAXジャージ」は1週ごとに登場してるっていうのに・・・「なあ、二郎!」、今週の第5話は(初心に帰り)”ガッツキ野郎”で観ます。「オウヨ!」(爆)

【「エリートヤンキー三郎」その四 「三郎青春ド真ん中」 (限界まであと”7もらし”)】
後ほど第4話”録画分”を見ました。「三郎青春ド真ん中」と「大映ドラマみたい!」な(さわやかな)冒頭部分。「だっちゅーの!」、「楽しみんみん♪」(+プチプチ)とホントに女子高生なのか疑わしい(?)ヒロインの春菜(倉科カナさん)でしたが、バトミントンでは一変、総長・三郎に「言い訳なんて、自分が弱い証拠だろーがよ!コラ!」と啖呵を切る”極妻”な一面も!あと今回「その四」第4話での”キーワード”は「鯉にからめとられんかし」・・・雫したたる「鯉のぼりの人」”恋”のライバル出現に悩む三郎。いや~、ジュノンボーイ・石黒さん・・・表情が豊かですわ。しかし、何気に「さくら~ゆれる~♪日々の~なかでぇ~♪」と主題歌「♪さくら」(©熊猫xiongmao)を口ずさむまでになってちゃってた・・・「エリートヤンキー三郎」の”感染力”か、恐るべし(爆)

【「エリートヤンキー三郎」その伍 「踊れ、三郎!愛の為に」 (限界まであと”6もらし”)】
ミュージカル部部長・田所(伊藤明賢さん)が登場。”イケテツ池田鉄洋さんが出てこないと思ったら、また新たな「爬虫類系」キャラが。第4話でプチ”スパーク”した春菜ちゃんがミュージカル部の活動に忙しくて会えなくなるため・・・自身も徳丸学園・ミュージカル部入部を決意する三郎。(学園を支配する)「大河内」の名前を利用してミュージカル部費をせしめようと企てる田所。総長・三郎の写真集「血盟」(ちめいケツメイ)を勝手に売り出して”金儲け”に明け暮れる河井。単に”おバカ”な石井武はともかく・・・高校生とはとても思えない「腹黒い」登場人物たち。ミュージカル部を「三郎軍団本部」に”征服”され、「三郎軍団直属・三郎舞踏団」と化してしまったのを恨んだ田所が、三郎、河井、石井を学園地下に「幽閉」する・・・という今回もワケのわかんないストーリー。このピンチを「幸せの訪れ音ズレ」という占い師の”お告げ”で切り抜ける・・・三郎の歌声はジャイアン剛田武)並みの破壊力?「ミュージカルが好きでもないのに入部するなよぉ・・・」と三郎に避けられながら、(演劇出身の俳優さんも多いのか?)やたらと「発声が良い」三郎軍団の面々がツボでした。なんだよ、あの”ギブミーチョコレート”な「恐怖のお仕置き部屋」って・・・さんまさんの「説教部屋」かと思いました(笑)

つか、伊藤明賢さんって・・・モノホンの「舞台」役者さんだったのね。
「池袋ウエストゲートパーク」第8話にも出演だとは・・・しつれいしました(爆)


どうもこのドラマ、「学園ドラマ」といいながら出演キャストの平均年齢ってば、「特急田中3号」をはるかに上回っているのではなかろうか・・・高校生にはとても見えない「高校生役」が多すぎます。よ、ヨダレがっ・・・(笑)


次回の「その六」では「小沢兄弟復活」です!それゆえ大河内三郎くんが複数の容疑をかけられ「逮捕」!?「エリートヤンキー三郎その六(第六話)については【#106】「第一回国道検定」の記事に書いたんだワイ。

大仏はいいけど、アンタ・・・”しましま”ですね?

オープニングから「全然関係ない」(全身”縞縞ルック”の渡辺祐さんファッションに対する)タモさんツッコミで周りを騒然とさせたのが今回の「タモリ倶楽部」。前の記事のコメントレスでも書きましたが「大仏総選挙」、実にユルくて素晴らしい企画でした。そうそう、「Grillz」ってご存知です?昨年Nellyがリリースしたシングルなのは周知のコトですが、この意味が(NY、ブルックリン方面で流行ってる)「前歯に金歯や宝石をつけること」だという”歯科用語”(?)なのは最近になって知りました。道理であのPVはギラギラのダイヤモンドを歯に付けたPaul Wallとか出てきてたワケだ。曲だけ聴いてると”お気に入り”だったんですけど、タイトルや歌詞の意味を知っちゃうと・・・「成金」っぽくて「なんだかな~」ビミョ~な感じです。それにひきかえ「タモリ倶楽部」、なんでしょう!あの”チープ”さ。いいですね~、あの「反セレブ体制」な番組作り。過去も現在も20年余、その精神が何ら変わらないのが「深夜番組の王者」たる所以でしょう。投票する人もエキストラとか雇えばいいのに、(Tシャツを替えないのは風呂嫌いなのに「あの人は仕事熱心だ」とMJに感心された?)ビギン(ディレクター)が繰り返し登場してましたし・・・「あのヒゲ面は!」って、目立ち過ぎですもん。しまいにゃ「空耳アワー」でも高橋力作品の評価を忘れちゃってるし。今回は全編に渡ってユルすぎたぞ、GWの「タモリ倶楽部」(笑)

「長渕剛のPR活動」: アルバムリリースで「さんまのまんま」にも”かちこんだ”長渕さん!

実はGWの金曜深夜TV話、まだ続くんです。KTV「さんまのまんま」ですよ。トーク番組に長渕剛さん登場で話題騒然(?)な、あの「さんまのまんま」”例の回”がこちらでもOAされましたよ。最初はこの情報、知らなかったんです。でも、ウチのブログの記事別ページビュー(右下)で【#72】「つよしカンタービレ」の記事が妙に上がっているのを見て「あれ?」と思ったら、どうやら関西方面ではいち早く「さんまのまんま」ゲスト:長渕剛さんの回がOAされたらしいと。確かにトークも「このがっつき野郎!」と”一触即発”の空気を醸し出しつつ、実はさんまさんも長渕さんもお互いを認め合っているという構図で。「ちょっと待て!ラーメンは噛む物じゃないだろ!」論争のくだりや、「じゃあ要りません」とさんまさんが(プレゼントされた)ハーモニカを突き返すシーンには笑いました。だってあの「長渕ハーモニカ」って、(直渡しされた)ペナルティのワッキーさんが感激の余り涙したハーモニカでしょ?”初代長渕ファン王”大八木淳史さんも、もらえて絶句してたあのハーモニカでしょ?くりぃむしちゅー・上田さんも含めて、あの3人がこの回の「ハーモニカに無関心なさんまさん」のOAを見たら・・・烈火の如く怒り狂われるのでは?同じ芸能人気質でもこんなに「温度差」があるんだなぁ。と思うと、余計に可笑しかったです(笑) でもまぁ、最後に(「長渕剛ファン王決定戦2」でも歌わなかった)「♪とんぼ」で番組を締める辺り、さすがは桜島を「7万”5千人”」で埋め尽くしたエンターティナー・長渕剛さんでしたね。

たまにはオレも、黄色い声援の中でやりたいワケよ。

そんな”謙虚”な男・長渕剛さんはTOKYO FMの「ディア・フレンズ」にも5/3(木)、5/4(金)と2日連続で出演されておりました。上述「さんまのまんま」ですら(?)客席から「つよしー!」と野太い声も聞かれた長渕さんでしたが、この度「女性限定ライブ」を開催されるとか。開催理由は「野郎のファンがアツ過ぎて、女の子のファンが遠慮しちゃうからさ」らしいんですが、本音は↑の意味もあるらしく。このFM出演では愛犬「レオ」の話もされてて、それが印象深かったんですね。この「レオ」はホワイトシェパードなんですけど、「シェパード」という犬種は「色が黒じゃないから」という理由で本国ドイツでは”処分”された歴史もあるそうで、それを知った長渕さんは(”淘汰”されてしまう)ホワイトシェパードを引き取って育てているそうです。今回のニューアルバム「Come on Stand up!」の7曲目に収録されている「♪レオ」は、そんな経緯を経て生まれた曲なんだとか。あと6曲目の「♪Run & Dash」という曲も個性的で、DJの”DJアカサカタイム”赤坂泰彦さんが「DJやってて20年ですけど、歌詞に”ベンチプレス”とか出てくる曲は聴いた事がない!」と舌を巻かれてました。最後に12曲目の「♪鶴になった父ちゃん」という曲が流れたんですけど、「出水」、「高尾野」とか・・・ローカルな人が聴いたらズシリと響きそうな曲でした。鹿児島方面(そういや、5/8(火)の「ぴったんこカン・カン」は”黙っていれば二枚目沢村一樹選手と”鹿児島グルメ探訪”ですね。いくらゴールデンタイムで「規制が厳しい」とはいえ、あの人が”黙っちゃいない”と思うけど・・・(笑))の方がいらっしゃれば、ぜひともご拝聴をば。

「Let's プロレッスン」: チャントモンチー:”プロレス好き”と”天然ちゃん”メンバーの会話

話題が5/4(金)に集中するんですけど、現地(徳島辺り?)で夜7時ごろでしたか。「チャットモンチーのロッキン丼」というFM番組が流れていました。これが初めて聴いたんですけどユル~くて良かったですね。聞けばこの「チャットモンチー」は20代前半ですか?四国娘な女の子の3ピースバンド。3rdシングル「♪シャングリラ」がアニメ「働きマン」やtvk「sakusaku」のエンディングテーマに起用されて、この曲はさすがに聴いた事はあります。それでこの「ロッキン丼」の中の「プロレッスン」というコーナーでしたか。この時のベース・福岡晃子(あっこ)さんとボーカル&ギター・橋本絵莉子(えりこ)さんとの”会話”が、無性に可笑しかったんです。

うどんローソン”うどんローソン”(@徳島県三好市)


オレンジローソン”オレンジローソン”(@愛媛県丹原町)


四国には変わったローソンがあるんですね。「うどんローソン」に「オレンジローソン」、どちらも生まれて初めて見ました。四国では常識なんですかね?と思って調べてみると・・・「オレンジローソン」の方はシニア向けの「ローソンプラス」という店舗形態で、2007年(今年)から看板を濃い緑色から(新社長が好きな)オレンジ色に”新調”。これからの高齢化社会に向けて、”純次”全国展開していくそうです。あなたの街にも「オレンジローソン」が。オレンジ愛好家には”たまらん”ですね。あと、「オレンジローソン」の前で”記念撮影”していたのは自分だけでは無い事も付け加えておきます(爆) 一方「うどんローソン」の方は・・・徳島以外にも島根(浜田)方面で”目撃情報”があるらしいです。このテの「1号店」はやはり”うどんの国”の都・高松だそうで。

こわいなぁ、こわいなぁ。

そんな四国、阿波っ娘の「チャットモンチー」あっこさんとえりこさんの「Let's プロレッスン!!」会話ですよ。今回の講義テーマ(?)「ブレーンバスター」について「プロレスマニア」のあっこさんが「プロレスは技をかける方もプロだけど、かけられる方もプロなんです!」と熱弁すれば、(”コリン系”や”頭に王冠系”っぽい?)「天然ちゃん」なえりこさんが「(受け身とか出来ない)ワタシが技を受けたら、ボロボロになるやんな?」と質問。どうあっても、強靭な肉体のプロレスラーがロックバンドのヴォーカルに「ブレーンバスター」を仕掛けるケースは考えられないんですけど(笑)、なぜか「ブレーンバスター」をかけられる身を案じたえりこさんは「こわいなぁ、こわいなぁ」を連発。一方のあっこさんは、プロレス熱のボルテージが振り切っちゃって「言っちゃいけないけど、プロレス八百長な部分も正直あります。でも・・・八百長であってもプロレスは、観客に夢を与えてくれるんです!」と止まりません。これがうら若き乙女の会話だと思うと、余計に可笑しくなっちゃって。しまいには「次はプロレスの試合会場でやりましょう、実況しましょう」と”白熱”のアッコさん。それに「見に行くんや、ふぁ~」とフワフワしたリアクションのえりこさん。マンガ「キン肉マン」とかの話ならまだ分かるけど、リアルに「プロレス話」をやっちゃうんだから・・・こういう感じだと、プロレスに疎い人間にも聴きやすいですね(爆)

(広辞苑によると)立って4.8m(お釈迦様の身長)以上ないと大仏じゃない。
みうらじゅん: 「じゃ、”ジャイアント白田”とかは『大仏』では無いと・・・?」


この「温度差」、聞き覚えがあるな?と思ったら・・・「タモリ電車クラブ」での「タモリ・原田芳雄×松尾貴史山崎樹範」や「ネイチャージモン」系の「寺門ジモン×スマイリーキクチ」(そういやネイチャージモンは、5/8(火)「草野★キッド」の「動物園で妄想対決」モノに出るみたいですね)で見受けられる(「長渕ファン王」でも見られる?)例の「マニアvs非マニア」の構図ですよ。知識を「大放出」してるってワケでも無くて、少量だけど一言一言の”勢い”はオニ強くて。弱冠20代前半ながら、バンド内でこういう「温度差」を醸し出せる「チャットモンチー」は・・・けっこう「こわいなぁ」と感じました。特にえりこさん、余裕で「コリン星」辺り”征服”出来ますよ(笑)

スタッフブログ「チャットモンチー Staff Diary」の4/29(日)記事「またもや・・・」を見ると・・・メンバー内でも(覆面レスラー)「ダイナマイト四国」が人気のようですね。(「ルチャ・リブレ」の話もしてた?)5/4(金)OA分(@徳島)で話してた”マスク”って、「ダイナマイト四国」(©ココリコ・遠藤さん)のマスクの事だったのかなぁ?でも3/29(木)記事「タイガーマスク」では「虎」マスク被っちゃってるし、そっちの”マスク”だったかなぁ(笑)




最後まで「金曜日」話なんですが、この「チャットモンチーのロッキン丼」終わりで聴いていた(番組名は忘れましたが)FM番組で、「エボニー&アイボリー」についての話をしてました。エボニー(黒)とアイボリー(白)はピアノの鍵盤「白鍵」と「黒鍵」を表し、相反する2つの物も奏で合う事で見事な和音を作り出す。時にそれは男女の「一見すると相性が良く無さそうで、実はお似合いなカップル」という関係を示す事もある。ふむふむ・・・というコトは、「帰ってきた時効警察第1話序盤の食堂での小ネタ「エボニー&アイボリー」も意味深なシーンと捉えられと言っても過言では無いのだ。と・・・霧山君オダギリジョーさん)が三日月クン麻生久美子さん)「ねえ、聞いて聞いて・・・エボニー&アイボリー」と言ったのは、いわゆる”ラブコール”[求愛]の意だったのではないか?と。しかし三日月さんは「わかりにくいですわ」と素っ気無く、反応が無かった霧山くんも「全くだよ」とあっさり”撤退”。これ、前シリーズを通して霧山側から”アプローチ”するなんて珍しい場面なんですよね。もしこの”アプローチ”を直感で感じ取って、婚姻届(2枚目)にハンコを押させちゃったら・・・「帰ってきた時効警察」はわずか1話で、しかも30分足らずであっさり「ハッピーエンド」を迎えていたかもしれないのに・・・そう思うと「エボニー&アイボリー」の”難解さ”に感謝です・・・この推論、合ってるかどうかも分からないけど(爆)

帰ってきた時効警察」今週の第5話は(【#103】「劇団・時効警察」の記事で書いた)QJ総力特集・帰ってきた時効警察」に載っていた麻生学監督の「ホラー」の回のようで。”初登板”の麻生監督、「時効警察」でどこまで”悪ノリ”しちゃうのか・・・今回も”興味津々”です。あと「団地」で一本撮っちゃった「タモリ倶楽部」にも(笑)

【“【#105】
「団地マニア来襲」 長渕剛話にチャットモンチー話”の続きを読む】

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.05.11(金) 00:34|
  2. タモリ倶楽部
  3. | TB:0
  4. | コメント:18


【#104】
「AZ you like」 エリートヤンキー三郎 vs 奥田民生

帰ってきた時効警察」に思いのほかハマってしまいました。前シリーズはそんなにハマってなくて、割かしライトに「ふ~ん」と思って見てたくらいなんですけど、今回の続編シリーズは”ヘビー”な視聴者になってますよ。ぎっしり詰まった「肉まん」を頬張った感覚?そういや、「ネギダク」って注文したことありますか?今週の「ダチョ・リブレ」(へらクレス)で、寺門ジモンさんが吉野家(築地市場店)で頼んでました。「ダクダク」と注文するとそれは「つゆダク&ネギダク」という意だとか。(しかし、後程ネットで調べたら「ダクダク」→「つゆダクダク」と「つゆ沢山」の意のようで・・・そうなんかな?)面白いでしょ?牛丼にネギをたっぷり盛る事を「ネギダク」と言う話じゃなく、あの「肉」にうるさいネイチャージモンあっさり「吉野家の牛丼」を買ってた。って事実がね(笑)

適当伝説 with 江頭2:50高田さんの辞書には・・・
「躊躇」って言葉が無いですよね?


探していた「適当伝説」DVDをヴィレッジバンガードでようやく見つけました。あまりに内容がくだらないので、”江頭フィギュアと2ショット写真の刑”に処してやりました。”もこみち風”純次の「純次ドッキリぶらり旅」の適当ぶりもいいなぁ・・・衝撃のラストシーンに「何度見てもこのパターンにやられるなぁ!」と(副音声の)関根勤師匠も撃沈!このDVD、どこが作ったの?ビクターさん、こんなおバカなモノを世に広めたらイカンですよ・・・買っちゃったですよ(笑)

そんなネイチャージモンの、5/1(火)の「寺門ジモンのネイチャートーク4・春の花粉対策編 ~熊は鼻が詰まるのか?~」(@新宿ロフトプラスワン)開催も迫っておりますね。”第4弾”となる今回も(恒例の如く)前売りチケットが「即日SOLD OUT」と”完売御礼”の大盛況だとか。相変わらず勢いに乗ってますねぇ、某お笑い超大手事務所の鼻息が荒い?幕張メッセのイベント(幕張メッセと言えば、いまだにEMINEMの来日LIVEを思い出す・・・あのギュウギュウ「スシ詰め」状態を(爆))ですら”閑古鳥”か?と言われている昨今、このネイチャージモン高田純次御大ときたら・・・景気の良いことで。あの純次DVD「適当伝説~序章・勝手にやっちゃいました~」もシャレにならないくらい売れているそうで。ジモンライブプラチナチケット化に、純次DVDのバカ売れ・・・地球の終わりは「寿司屋」以外でも察知出来る気がします。ここまで来れば・・・オカしいよねぇ(笑)

「全然聞いてねぇ」高田純次・還暦記念DVD「適当伝説」についてはReiさんのブログ記事もご参照下さい。

テレ東・ドラマ24の異色作石井君の暴走が止まらぬ「エリートヤンキー三郎」#3についてはブログ後半




さて今週も金曜日。しかもマークすべき番組が夜19時から存在しちゃってるので”てんやわんや”です。そのうえ24時台の「攻防」は最大の”見もの”でもあり(オレンジジュース好きにとって「ハリケーン被害でオレンジジュース値上げ」のニュースに頭を痛める程の)”悩みの種”。何せ、(現時点で)今世紀最強のアホドラマ「エリートヤンキー三郎」と、あの空耳”名優奥田民生氏出演の「タモリ倶楽部」が真裏で”激突”なんですから。

[19時] 「ぐるぐるナインティナイン」 (19:00-20:00/日本テレビ)
昨年暮れの辺りから、TV欄の「陣内」の文字に何度と無く裏切られてきました。あの人、結婚するんなら、苗字を「藤原」に変えてもらった方が紛らわしくないんだけど(ゴニョゴニョ)・・・今週の「ぐるナイ」の「日本語しかしゃべっちゃいけない料亭」に陣内孝則さんが来店されるとの事なのでチェックです。このコーナーは(【#81】「台湾チーム」の記事で書いた)東幹久選手が来店した時に「あっ、中田有紀さんだ」と思いつつ見てました。食事中に英語とかしゃべったらダメなルールですよね。まぁ、陣さんなら”博多弁”多めで大丈夫でしょ(笑)

[20時] 「ドリーム・プレス社」 (20:00-20:54/TBS)
あれ?この前TV欄でチェックした時には「高田純次デビ夫人お宅訪問」となってたんですけど・・・「旭山動物園へ行こう!」に変わってる?え~、”差し替え”なのかなぁ?純次が出ないんなら躊躇無く”スルー”なんですけども、ラ・テ欄に載っていないだけで「純次お宅訪問」がOAされるかもしれないので、一応チェックです。ちなみにお宅訪問の同行者は(「純次といっしょ」と言えばおなじみ)石原良純さんと丸山弁護士ですが、丸山弁護士はおそらく「ぴったんこカン・カン」の”ちょい不良オヤジぶらり旅”との「差別化」で加わっているのでしょう。あと、「お宅訪問」先での(お金持ち様の)目に余る”セレブ自慢”に耐えかねて・・・純次が「ふざけんじゃねぇ!」と暴走しちゃった時、「何なの?この方は」と相手方が逆上した時の「仲裁役」とも考えられますか(笑)

田中くん、鉄道のドラマ見てるよ。南田ってのが居るでしょ?ごめんね~。

この「ドリーム・プレス社」のウラはタモリさんの「ミュージックステーション」です。今週はKAT-TUNがゲストでは無いようです。それだとタモリさんとKAT-TUN・田中聖さんが生放送で顔を合わせる機会も無いし、(もっとも、この時期にKAT-TUNがゲストならば「6人に復活した」話を真っ先にすべきでしょうけど)タモさんがそれに構わず「田中くん、(他局だけど)鉄道のドラマやってるよね~?」と客席そっちのけで(田中くんと)勝手に盛り上がっちゃう姿を想定してるんですよ。なのでこの春、4~6月の「Mステ」にKAT-TUNが出る時は”要チェック”なんです。常にニュートラルなあの番組で、タモリさんが(少しでも)喜ぶ姿を見たいから(笑)


実はこの「KAT-TUN vs 高田純次」の”金曜8時対決”は、6週間後の6/8(金)に実現する模様。”続き”は【#109】「時効警察ゾフィー」の記事にて。首を長くして待ってたって。どうせなら、OA週ズレてたらなぁ(爆)

[22時] 「特急田中3号」#3 (22:00-22:54/TBS)
ドラマを見るというより、もはや田中くんの「ジャージチェック」に見てる「特急田中3号」・・・というコトで今週もチェックします。先週の第3話次回予告で、あの白赤の「AJAXジャージ」を着た田中くんが第3話に登場するのは間違いないのよ。第1話ではあのジャージで約20分間も”露出”してくれたけど・・・今回は何分間、あの白赤ジャージを披露してくれるのでしょうか?(「ネギダク」ならぬ)「AJAXジャージ”ダク”」な展開を希望(爆)

【「特急田中3号」第三話・あの白赤”アヤックスジャージ”が再登場の巻】
お~っ田中くん、ようやくサマになる展開になってたんじゃ?今回の「特急田中3号」第3話、”メーテル”目黒照美(栗山千明さん)の実家訪問に”彼氏”三島(高橋一生さん)との「元サヤ」工作に東西奔走と・・・相変わらず”常識外れ”な「勘違い」行動っぷり。注目の白赤「AJAXジャージ」も”約3分間”着てくれました!パッション屋良さんは次回予告で出演するのは知ってましたが、元「西武鉄道職員」のバナナマン・設楽さんまで(元国鉄職員のメーテル父役で)出演するとは!「池袋ウエストゲートパーク」(IWGP)の”元・引きこもり”ロン毛の情報屋・和範役から・・・土浦在住で筑波大生の好青年役ですか!「出世」しましたね~。話の流れ的に「出世」かな?つくばエキスプレスを舞台に・・・第4話では一気に”悪役”になりそうだなぁ、三島(高橋一生)君。あ・・・「TX」つくば”エクスプレス”で「特急」田中3号?信越本線は横川~軽井沢間が廃線で「JRバス」なのに、第4話の舞台なの。「しなの鉄道」には「田中駅」があるし・・・そういや「タモリ電車クラブ」会員No.9のダーリンハニー・吉川さん、テツだけど「実はバスも好き」ってカミングアウトしてましたね・・・「ぷっすま」で(笑)


GWは鉄道旅行”信越本線(廃線跡含む)編”だったけど、「AJAXジャージ」は出ず(でも第5話には再々登場してました♪)「特急田中3号」第4話&第5話については【#105】「団地マニア来襲」の記事で書いてます。

「AJAXジャージ」に、”優勝”感じちまってんじゃんかよ!

それで、今週末はその「本家」アヤックス・アムステルダムも”大詰め”の日曜日を迎えます。サッカーオランダリーグ・エールディヴィジは最終節1試合を残して、3クラブが勝ち点72で並ぶという史上空前の異常事態。得失点差で首位に立ったAZアルクマールはアウェイでエクセルシオール戦(この試合がGAORAの放送カード[LIVE中継])、同じく2位のアヤックスもアウェイでヴィレムⅡ戦、土壇場でまさかの3位転落となったPSVアイントホーフェンはホームでフィテッセ戦と・・・もちろん4/29(日)の同時刻にキックオフで目が離せません!なので田中くんの「AJAXジャージ」効果が、今週末の「本家」アヤックスに届くよう・・・ジャージにすがる思いです。でも、AZが悲願のエールディヴィジ優勝で、アヤックスがプレーオフを制して・・・AZアヤックスが揃って来季のCL出場権獲得!ってシナリオでも嬉しいんですけどね。むしろその方が、(おそらく今季終了後に引き抜かれる?)スネイデルフンテラールアヤックスでの雄姿を”もう2試合”多く見られるのかも?って欲が出ちゃって・・・運命の「4・29」、優勝の行方は「”AZ” you like」(アズユーライク)ってコトで(爆)


【2006-2007エールディヴィジ第34節(最終節) PSVがオランダリーグ「3連覇」達成!】
オランダリーグ・エールディヴィジ最終節、得失点差、総得点「あと1点」、最後の最後まで熾烈な、物凄い、スリリングな優勝争いになりました。結果的には得失点差でわずか+1上回ったPSVがリーグ優勝!5点目を決めたコクーのゴールが優勝を呼び戻しました。AZアヤックスもよくPSVを追い詰めたよ、(チームの平均年齢は上がったけど)”就任1年目”テン・カーテ「元年」でアヤックスがここまで成長するとは・・・「田中AJAXジャージ」効果は、CL出場権を賭けた「プレーオフ」に”持ち越し”です。う~ん、今度もアヤックスAZアルクマールCLアベック出場は「無し」かぁ・・・またプレーオフCLへの”キップ”を巡る「骨肉の争い」かぁ(泣)

そんな「歓喜の瞬間」から間もなく、フィリップ・コクー選手が「PSVを退団する」と発表。さすらいの”優勝請負人”コクーの次の所属先は何処へ?”スーパーハケン大前春子さんみたいな、様になる”去り方”だなぁ・・・

[23時] 「帰ってきた時効警察」#3 (23:15-24:10/テレビ朝日)
第1話については【#102】「鉄曜日」の記事に、また第2話については【#103】「劇団・時効警察」の記事に感想を書きましたが・・・とにかく1回見たっきりでは感想を書けない、他の曜日に”リピート”しまくって今回(第3話)も感想を書くことになるでしょう。いや、なります。つか、書かないと気が済まない・・・ヤバいですね(笑)

第3話「えっ!?真犯人は霧山くん!?」は監督・脚本が園子温さんと、ここまで1、2話の監督・脚本を担当された三木聡監督からバトンタッチされます。前シリーズでの園子温監督が手がけた作品は寂水先生・アヤメ旅子(永作博美さん)が登場した#4と、茗荷谷かよ子(森口瑤子さん)が登場した#6です。園監督作品はどこか(「はぐれ刑事」っぽい?)「叙情的」な印象がありますし・・・今回もロケ先は”遠出”されたのやら?にしてはゲストが杉本彩さんで、次回予告を見た限りでは”ゴージャス”な感じもしましたけども。あと第1話で笠松ひろみ(東ちづるさん)、第2話ミュウミュウちゃん村松利史さん)と・・・それぞれ前シリーズの#1(第1話)、#2(第2話)で出てきた登場人物がゲスト出演してきてるんですよね。ここから察するに・・・今回の第3話は(前シリーズの#3に出てた)緒川たまきさんが「サプライズ」で登場とか!?だったら、より楽しみだ(笑)


【「帰ってきた時効警察」第三話 「えっ!?真犯人は霧山くん!?」 プクーちゃん登場の巻】
終始”デレデレ”な霧山くん、ゴージャスな名古屋人御殿を”舞台”としたソノショ~ン監督の「身もフタもない」第3話、下に「プクー」と感想をまとめましたので、よろしくお願いします。(←鳩時計”由紀さおり調”で(爆))

前の記事で書いたQJの「総力特集・時効警察」によると、この第3話「えっ!?真犯人は霧山くん!?」の脚本・監督を担当された園子温さん、前シリーズではプロデューサーに「今回のテーマは”中打ち”(中打ち上げ)をやることです」と堂々と宣言。寂水先生の第4話、レイコママの第6話の舞台をなぜ温泉、スナックにしたのかというと「撮影が終わったら、そのまま飲めるから」というのが理由だったそうで。となると、この第3話の撮影後も「プクー御殿」で”中打ち”パーティー開催だったのかな?そーぶくんも「プクー化」してるし、霧山くんの着メロも「プクー、プクー、プクーちゃん♪」でしたし・・・ホントに千葉に「プクーランド」を作りそうなほど、「プクーちゃんでキャラクター商売をしたいの?」というのが、(第3話の)初見での率直な感想でしょ~かと。上述QJの「オダギリジョー ロングインタビュー」で「時効警察」を”新たな実験場”と書かれていたのも理解出来ました。「帰ってきた時効警察」前の(三木監督担当の)1、2話よりも「実験色」が強かったんでしょ~かと。

「フタ開いてるんで、”閉め”に行って下さい!」

何度もリピートして観ると、「ミツコ」さんの(私服総額○億円の某DHC”ラメ”姉妹さんのような)ゴージャスさに”胸焼け”しそうになるので・・・1回だけビデオを見返しました。謎の「トップシークレット本部」は、「身もフタも無い」事件の”フタ”を閉めるためには(話の流れ的に)”要る”組織だったのね。あの事件を十文字蜂須賀コンビが解決しちゃったら、(あまりの物証の多さに初動捜査で振り回された)”警察の無能さ”要素が話の中で消えちゃいますし。「沈みがち人形」事件の方は”事故”、「バタンキュー人形」事件は時効になりそうな”事件”の「フタ」を閉めて、「プクーちゃん」事件を”未然に防いだ”・・・第3話はデレデレ「名探偵」霧山くんの”活躍劇”でしょ~かと。それにしても「ザ・ウルトラトップ本部長」って・・・あの黒部進さんが初代「ウルトラマン」だから?内偵員「6」と「9」が霧山くんに盗聴器をしかけるシーンでロッカーの上にあったダンボールネタ「警察時間」は「休足時間」のパロディ?前シリーズでは「THEアネゴ探偵 寂水先生が行く」のビデオコレクションを薦める「伝道者」となった”趣味に生きる男”熊本(岩松了さん)、この回でも「プクー人形」の優秀な「伝道者」として、霧山&三日月コンビに「見といた方がいいよっ・・・ふ・た・り・で!」と”大プッシュ”されてましたね(笑)


「多め亭」改め「早め亭」登場!「時効警察」シリーズきっての”小ネタ集中砲火”職人・ケラリーノ・サンドロビッチ先生「ご執筆」「帰ってきた時効警察」第4話については【#105】「団地マニア来襲」の記事で書いてます。
また、麻生学監督「帰ってきた時効警察」第5話についても【#105】「団地マニア来襲」の記事に書きました。


[24時] 「タモリ倶楽部」(テレビ朝日) vs 「エリートヤンキー三郎」#3(テレビ東京)
先週も迷ったあげくに「タモリ倶楽部」を録画して「エリートヤンキー三郎」#2を見届けました。今週はさらに迷うのよ・・・なぜなら、奥田民生さんが出ちゃうから。ただ、情報を調べてみると・・・今回の「タモリ倶楽部」の本企画は「アルミニウム男参上!」というサブタイトルに表される内容で・・・まさか「アルミニウム男=奥田民生」の等式は成り立たないっすよね?こうなると民生さんが登場するのはやっぱり・・・タモさん安斎肇さんコンビのアノ”ご長寿コーナー”?だと「名優・奥田民生」は空耳VTRでの”チョイ役”出演が予想されるワケで・・・
(でも今回は山田五郎氏&乾貴美子女史とガッチリ「タモリ倶楽部」ファミリーで固めてますね・・・タモさん!)

【「タモリ倶楽部」 空耳アワー”ゲスト審査員”で奥田民生さん登場の巻】
祝!「アルミニウム発見200周年」・・・「モーツアルト生誕250周年」に比べると”地味”なアニバーサリーだけど、そこに食い付くのが(我らが)「タモリ倶楽部」。今回の企画が「アルミニウム」なのに引っ掛けた”ダジャレ”で「Aluminium」→BGMが「Eminem」、「4000系合金」紹介VTRでBGMが「Beyonce」と・・・相変わらず細かい”職人技”なハウフルスさま。でも、(5~6万円相当のアルミ製「坂本龍馬像」をタダで譲ってもらった)”アルミニスト”中山さんの紹介VTRで・・・何故にBGMが「TRICK」だったのか?が気になって(爆)

「赤飯、美味そ~」 「今回の企画”台無し”じゃん!」

今回のエンディングはテレ朝内を巡ってアルミニウムを探す「グレート・アルミ・ハンティング」、でもアルミじゃなくて「赤飯」を見つけて興味を示す”食いしん坊”なタモさん。しかもテレ朝の建造物的”成分”でアルミより鉄の方が多くて「今回の企画は台無し」と吐き捨てつつも・・・「テツ」が多いコトが分かってニヤニヤなタモさん、分かりやすいです(笑) 「タモリ倶楽部」の中での山田五郎教授はてっきり”お尻博士”なポジションかと思いきや・・・最近は「金属関係」の回でしか呼ばれなくたっていたんですね。しかし、オープニングから「削り出し」「高級アンプ」と、”マニア”タモさんと”アルミ談義”で盛り上がれる話術は・・・さすがは(本名が「武田」の)”鉱物マニア”山田五郎さん!それにひきかえ、(「タモリ倶楽部」6年ぶりの登場)ビビる大木さんは「三ツ星ステーション」で言う”やましげ”山崎樹範さんに近い「疎外感」漂うポジションに?からかうタモさんに「タモさん!僕はチンパンジーじゃありません!」って、タモさんは「ゴメス・チェンバリン」のマニアなの?(笑)

え~っ!? ”耳かき”3つだよ?

後にも先にも今回みたく「ソラミミカキ」3連発の回は無いでしょう。この日の見どころであった奥田民生さん登場、今回は「名優」じゃなくて「ゲスト」として(他番組の休憩中に)登場だったそうで。おかげで”ソラミミスト”安斎肇さんは(珍しく(大)遅刻もしなかったのに)スタッフに「来たんですか?」と言われる始末(笑) しかも奥田”審査員”の”審査基準”がユルいのか甘いのか?「俺の方が天パー」も耳かき(これには納得)、「ほっぺを精一杯見せる」も耳かき(「え~っ!?」)、「犬になる、犬になれる~」も(「これ、マドンナ?」と怪しみつつも)耳かき(「耳かき3つだよ!」)と・・・史上空前の「ソラミミカキ」大放出祭でした。これにはマーティ・フリードマン氏や近田春夫氏も驚愕?いちおう”空耳ネタ”を見る前に「Tシャツが季節ごとに出るくらい」と安斎さんが念を押してたんですが・・・でも、「尻見ねば~」の頃とかと比べれば、だいぶ「目線」も上がってますしね(笑)


この翌週が、なんと”MJ”みうらじゅん復活で「日本全国大仏総選挙」と、ますます”アグレッシブ”な「タモリ倶楽部」!そのユルユル具合については下のコメントレス【#105】「団地マニア来襲」の記事に書きました。
その次「昭和の時代にタイプスリップ!団地探訪」の回も【#105】「団地マニア来襲」の記事に書きました。


そうなると今週も「エリートヤンキー三郎」がリアルタイム視聴になるでしょう。ここまで針の振り切れた”おバカドラマ”もそうそう無いし。第1話で金庫破りが学校にバレて退学となってしまった大河内兄弟は(原作によると)バイクで日本一周に”傷心旅行”するみたいで・・・早く徳丸学園に戻って来ないかなぁ。カムバック、小沢兄弟小沢仁志&和義兄弟のあの「17歳!」「16歳!」の”学ラン姿”が待ち遠しいですよ。もっとも、彼らが居なくても「15歳」石井武橋本じゅんさん)や生活指導・関根池田鉄洋さん)辺りが暴走しまくっちゃってて、主人公の大河内三郎(ジュノンボーイ・石黒くん)もイケメンらしからぬ「ヘン顔」芝居炸裂の巻。これには準主役の河井星矢(インパルス・板倉さん)が地味に見えてしまうほど。ホントに頭の悪いアホ丸出しのドラマなんですけど・・・その「猪突猛進」一直線な”おバカっぷり”が、むしろ清清しいんですよね~!今週も見よ♪(笑)


今回も小沢兄弟の御姿が拝めなかった・・・「エリートヤンキー三郎その参(第3話)の感想はブログ後半




ここまで来るとヘトヘトになっちゃうけど・・・[25時]にはそんな金曜”バテバテ”状態にうってつけの番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(テレビ東京/深夜1:00~1:30)まで用意されてますし、これで”クールダウン”出来るでしょ。まさに「いたせりつくせり」な金曜日になりそうです。ここまで見尽くすと「ぐるナイ」や「ドリーム・プレス社」の記憶が薄まってしまいそうですけど・・・それもまた金曜日の夜。どうせ後の曜日は「フニャ~」っとしてるんだから・・・まぁ、忙しい時間帯があってもいいでしょう。あっ、でも今週末ばかりは「ふにゃ」っとばかりもしてられないな。日曜日がこれまたオランダリーグで息詰まっちゃうから。よく考えると、エールディヴィジのリーグ優勝云々が決まらないことにはネイチャージモンのライブ関連にも手が回らないかも。ライブはこの前「ダチョ・リブレ」で「ネイチャートーク3・冬の熊対策」の密着映像がOAされてたから・・・まぁ、ロフトワン参りせずともいいんだけど。いまから考えても仕方がないや。ともかく「帰ってきた時効警察」を見るにも、「タモリ倶楽部」を見るにも「エリートヤンキー三郎」を見るにも・・・金曜日も「AZ you like」、”お好きなように”といふコトで(爆)

【“【#104】
「AZ you like」 エリートヤンキー三郎 vs 奥田民生”の続きを読む】

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.05.01(火) 12:06|
  2. 関根勤と高田純次(時々、柳沢慎吾)
  3. | TB:1
  4. | コメント:14



   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。