Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#111】
「エリヤン麗鬼」 NEO&エリートヤンキー三郎(終)

おっ、今週6/26(火)ですね。(【#109】「時効警察ゾフィー」の記事で書いた)「内村@NEO」内村光良さん「サラリーマンNEO」出演。となると気になるのは裏の「ぷっすま」ね。こっちは「”い”かげ”そ””や”き”ま”す磯山さやかさんゲストの「物件拝見トレジャーバトル」ね。うーむ・・・内村さんが登場の時間がもし「ぷっすま」OAとカブろうとも・・・今週ばかりは”内村ウォッチャー”に徹するしかないね。どうやらウッチャン、「ハゲヅラ」(バーコードヅラ)系のコントで行っちゃうのかね?年輩キャラ系で攻めるっぽいね。しかも中田有紀さん(@「Neo Express」)との”共演”まで有るんだってね!こりゃあ「火花」散っちゃう関係なのか、楽しみだね♪

それはそうと、”あるコト”に気付いちゃったね・・・「サラリーマンNEO」レギュラーに”エロ男爵沢村一樹先生が名を連ねるというコトはね、すなわち「NEO」放送中は(裏番組の)「ぷっすま」に出演出来ないってコトなのね。う~ん、見たい番組の時間帯が重なると、こういう「弊害」が出てくるのね。セクスィー部長・・・「サラリーマンNEO Season 2」放送後は、また「ぷっすま」に”出張”して欲しいのね。とどのつまりはその・・・・(確かに”余所の番組”なんだけど)内村光良”一夜限り”のボーナススペシャル」というのは名残惜しいのね(爆)

「俺達もう、三浦まで通う必要無いんだね!正直大変じゃなかった?」、石井武ついに「43歳カミングアウト、「三郎お兄ちゃんに向かってなんだそその口のきき方は!?」”ラスボス小沢兄弟と激突!またも「ハリウッド顔負け」壮絶アクションシーンの「エリートヤンキー三郎怒涛の最終回については・・・ブログ後半で!



「エリヤン麗鬼」: この春を代表する2大「オッパッピー」ドラマ、ともに6/29(金)で最終回!

このドラマも続々と最終回を迎えて、「どうしてこんなドラマがまだ生き残ってるんだ?」という疑問もお有りでしょうが・・・東海テレビの昼ドラ麗わしき鬼」とテレビ東京・ドラマ24「エリートヤンキー三郎」という(このを代表する?)2大「オッパッピードラマが(何の因果か)同日6/29(金)に”フィナーレ”を迎えます。まぁ「アグレッシブ」なのがテレ東!なんと「エリートヤンキー三郎」最終回は90分拡大SP!確かに(最終回直前の)第10話で「お漏らし」が”繰り越し”になって、最終回で「お漏らし」2本立てとなるんですが・・・それに伴い?放送時間もほぼ「2倍増」の81分!リキ入ってますね~、ムダに。でも、それだけ小沢仁志アニキ&小沢和義兄貴の「小沢兄弟」が心行くまで”多め亭”、しかも「ラスボス」扱いで見られるから、「多謝」ね♪(笑)

「感動ラスト!三郎vs一郎二郎」ご心配なく。感動よりも笑い”多め亭”の最終回だよ~♪脚本は「小池竹見」さん・・・では無い、6/29(金)「エリートヤンキー三郎怒涛の最終回 超拡大SP」についてはブログ後半で。

私がお小遣いが無くて困ってんのが分からないの?
とっとと「2万円」出せよおォッ!


エリヤン」と同日に最終回を迎えるのも何かの”運命”か、もう一方の「オッパッピードラマ麗わしき鬼」も6/29(金)でおしまいです。(前の【【#110】「権之助坂を測る」の記事でも書きましたけど)このドラマも(”昼ドラ色”に冒されてるというか)まともな登場人物が1人も居ない・・・ゆえにこのドラマから生まれた「迷言・珍言」も数知れず。つかこのドラマ、きっちりストーリーを追って見てる視聴者の人って・・・居るんですかね?かく言う自分は、この「麗鬼」の”ハイライト”(ダイジェスト版)を見せてもらって、「ブラボー!」や「携帯ケーキ」、「らめぇぇ」、「おしべ野郎」、「女たらし(虫干し)」、「の総合商社」等の”名シーン”を知った次第の「若輩者」ですけど・・・どういう結末か興味アリ。むろん、「コント」的な「オチ」をどう付けるのか?と言う意味でね(笑)

【「麗わしき鬼」第65話 「永遠の愛の証」 ”オッパッピー”な眉川家らしからぬ?麗しき最期!】
このドラマらしく、クライマックスは「魑魅魍魎」、”血で血を洗う”ような結末だと思ったんですが・・・なんとも「さわやか」な最終回だったなぁ。こってり背脂濃厚とんこつラーメンの後に強力ミントアイスを食べた気分?でも、(余命4ヶ月の容体ながら)”ブチ切れ”ポイントを探す悠子(遠野凪子さん)の”女優魂”よ。正直、あの女子レスラー顔負けの体格が故か、最後まで病人に見えない”バイタリティ”だしょ。しかし、犀一(松田賢二さん)には「天罰」が下らなかったのかね?同じ”戦隊ヒーロー出身”のおしべ野郎(唐橋充さん)はあんな”悲惨な末路”を辿ったのにね。あと、ズンコ(金子さやかさん)の父親は(やはり)板尾さんにしか見えなかった・・・留美(嘉門洋子さん)のキャラ設定も(今を思うと)おぞましかったし。これぞまさしく「昼ドラクオリティ」(苦笑)

まぁ、ゲイの男なんてのは意外に生殖能力が高いのかもしれないねぇ・・・

しみじみとすいかを食べながら(兄弟同士で)語るような会話じゃないと思われますが・・・「おすぎとピーコ」でもこんな会話しないでしょ(笑) ”オッパッピー”な「眉川家の人々」がことごとく”さわやかキャラ”に昇華していく中で・・・それでも(このドラマの電波っぷりを)「浄化」しきれなかったのが”回想シーン”でしたか。ココだけは”背脂”ギットリ残ってたよ。例の(どんなに騒いでも”出入り禁止”にならない)レストランでワインボトルを振りかざす悠子!ズンコの部屋で包丁を振り回し、奇声を上げわめき散らす悠子!豪快に「W階段落ち」で眉川家に迷惑かけまくり・・・すさまじい姉妹でしたね。あと、最後の最後にみちるちゃん(内浦純一さん)は「パパ」って呼ばれてたけど・・・「男」に戻ったの?口調は(以前のままの)”オカマナレーション調”だったけど。しっかしまぁ、親子3人のほのぼのラストシーンは(繰り返すけど)「その発想は無かったわ」!”詐欺OP”ならぬ”詐欺最終回”、いつものオープニングの女子高生の画以上にキラキラしてたけど・・・そんな中にもスリルは拭えず。(ラストシーンでさえも)いつヒステリック悠子さんが「降霊」しないか、ハラハラしちゃいました(笑)


麗鬼」登場人物vs「エリヤン」登場人物の”バトルロイヤル”が見てみたくなった・・・詳細はブログ後半で!

「空耳オールスターズ登場」: 「空耳アワード」なじみの面々、「タモリ倶楽部」に揃い踏み♪

(上記)「オッパッピードラマを見ると、今のバラエティ番組がいかに行儀の良いものか、しみじみ”逆転現象”を感じます。PTA様も”目の光らせ所”を間違えてると思う・・・それはそれとて、「エリートヤンキー三郎最終回にさえも立ちはだかる”深夜番組の王者”「タモリ倶楽部」!今回は「今日からあなたもカリビアン!?スチールドラムを作って叩こう!!」と、いかにも”のほほん”な感じの”楽器”企画?ジミ~に「カリビアン」は大作「パイレーツ・オブ・カリビアン」と引っ掛けてるのかな?そう匂わして、ジョニー・デップも”ジョニー”柳葉も「豆腐屋ジョニー」も出ないのが(我らが)「タモリ倶楽部」ってハナシ。まぁでも、それに負けじと今回はゲストが豪華ですね!まず”新婚”DJクリス・ペプラー氏!続いてやまとなでしこよりも日本男児なスーパーギタリスト、マーティ・フリードマンさん!さらに「Hip-Hop」から「トランス」へ華麗なる転身、近田春夫さんと・・・こりゃ「空耳アワード」メンバーの”三役そろい踏み”じゃないですか!!これってみんな”本編”の「スチールドラム」ロケへの参加?これだけ揃うんなら、どうせなら「空耳アワー」のコーナーにも”残業”で加わって欲しいなぁ。でも、そうすると安斎肇さんがまた「ボク、もうこのコーナーに必要無いんですかね?」とスネるかもね(笑)

あと、せっかくの”楽器”企画なのに「ふかわりょう」さんの登場も「ナシ」なのかな?さすがにアリキリ・石塚さんは「権之助坂・徹底調査」の回で出たばかりだから仕方無いけど・・・(2004年4月9日OA)「民族音楽シリーズ第二弾!反復の迷宮“ガムラン”に挑戦」で”結成”された「男子+二楽坊(ダンシ プラス ニガクボウ)」ふかわ石塚コンビが共に出ないというのは惜しいな。石塚さんの活躍を最近見ただけに、切に想いますね。でも、そこはペプラー&マーティが「立て板に水」の番組進行でその””を感じさせずやってくれるよね(笑)

【「タモリ倶楽部」楽器企画 「今日からあなたもカリビアン?スチールドラムを作って叩こう!」】
スチールドラムでおもむろに「♪荒城の月」を奏ではじめるマーティ・・・和のテイスト過ぎるでしょ。どんだけ「日本好き」なんすか(笑) 2時間で出来る「ミニスチールドラム」作りに挑むも、「今日中には終わらない」という結論で撤退!既製品のスチールドラムで(いまいち盛り上がりに欠けつつ)テーマ曲「♪ショーツショーツ」(お尻の歌)を演奏しながら「グダグダ」なエンディングを余儀なくされる今回の「タモリ倶楽部空耳オールスターズ。「何とも言えない魅力」のスチールドラムを自作しようにも音階の調整が難しくて・・・でも「出来ない時は正直に映した方が・・・オレは好きだなぁ!」と主張する近田春夫さんの”潔さ”に「漢」を見ました。「これがレンジでチンした物です」って、料理番組みたいに進行される「タモリ倶楽部」はねぇ、それこそ”信憑性”に疑問ですよね。(スチールドラム発祥国)「トリニタード・トバゴ」クイズでなぜか正解を”連発”してたタモさん、賞品の「フィグ・パンチ」を飲んで「バナナジュースですね。」とそのまま伝える・・・それこそ真摯な番組です(爆)

蹴りを出せ!蹴りを!!

今回も「空耳Tシャツ」ゲット作品が出ましたね!2週連続・・・これは”堀部さん”効果?でも、当の(採用された)”ナターシャ堀部圭亮さんの作品「行きますか?あっ、いい脛(すね)」は・・・(タモさん曰く)「身内といえども厳しい判定!」と手ぬぐい止まり。選曲がジャズまでは良かったのに。でも、この前の「醤油走っちょる」で空耳ジャンパーが出たとき・・・その週も”身内”からの投稿作品があったよね?確か。すなわち、「身内からの投稿」がある週は、(身内作品が)他の作品のアシストする”あげまん”効果があるってコト?これは今後の「空耳アワー」でも気になるポイントだな。ともかく今後、休日に軒先で「ガンガンガンガン」とドラム缶を叩いて”日曜大工”している人は・・・この回の「タモリ倶楽部」を見て”影響された人”だと思って間違いないでしょう(笑)


バスマニア”泉麻人と~、”鉱物マニア山田五郎が~、「タモリ倶楽部」で~、出会ったぁ・・・「アド街ック天国」でおなじみの「街に詳しい」お二人が共演の7/6(金)「タモリ倶楽部バス停企画「なぜかバス停に残る昔の名前、地図と推測で謎を究明!珍バス停名」については、次の【#112】「バス街ック天国」の記事にて。



「オランダ、層の厚さでつかんだ欧州王者=U-21欧州選手権」
   スポーツナビ -Toru Nakata from Holland- 2007年6月24日


この大会って6/23(土)がファイナル(決勝戦)だったんですね。地元オランダの優勝で、オランダ国内もそら盛り上がったワケですよ。そこにきてアムステルダム・アレナですよ。オランダの首都アムステルダムでボブ・サップがピーター・アーツのヒザ蹴りにより”秒殺”された、K-1オランダ大会の開催も同日6/23(土)。まぁ、オランダ国民が「フォッペフォッペ!」の大合唱で盛り上がって”高揚”してたのと同じ日なんで、日取りが悪かったというか・・・敗者として観客にオレンジを投げつけられた”K-1復帰”ボブ・サップも”気の毒”な気がします。何せオランダって国は”悪ノリ”すると何をしでかすか分からない国なもんで。かつてはアーネスト・ホーストをも退けた男・ボブ・サップも今回は「出会い頭」というコトで、気を切り替えて欲しいですね。一方でドレンテ、リフテルスを筆頭に今回のオランダU-21代表は(アイサティの早期故障もろもろ”誤算続き”だったし、「4-3-3じゃない」とか”いちゃもん”を付けられつつも)ようやりましたわ。「2連覇」おめでとう!やったね♪

「フォッペ!」「フォッペ!」「フォッペ!」「フォッペ!」

当初の目論見とハズれる「誤算」があれば、逆に予期せぬ「うれしい誤算」もあるのが世の常で・・・こので言えば(上記の)ドラマエリートヤンキー三郎」なんて、まさに”ソレ”です。また「小島よしお」さんもしかり。期待し過ぎると「ハードルが上がる」なんてよく言いますが、期待してなかった”未知の存在”なだけによけいに「ハネちゃう」ことこそ「うれしい誤算」。そう考えるとウッチャンが登場する「サラリーマンNEO」とか(次クール)ドラマホタルノヒカリ」(えっ、「手嶋マコト」役・加藤和樹さん(新人)って・・・ミュージカル「テニスの王子様」(テニミュ)に出てた人!?「テニミュ」経由「癒やしの王子」、「♪俺様の美技にブギウギ」”跡部”の中の人なの?”越前”の方かと思ってた(爆))なんてのは、知らず知らず「ハードル」を上げてしまってる・・・今回のオランダU-21代表もしかり、”痛し痒し”ですね。こういう時って「タモリ倶楽部」が余計に面白かったりするのね。もっともこの次の週(7/6(金))の「タモリ倶楽部」は企画ゲストも超強力な”バス停”企画が控えてるのね。何せラ・テ欄を見ただけで(こうなったのは「国道企画」以来かも?)失神しそうになっちゃったからね!次週は(「エリヤン」も終わって)「タモリ倶楽部」の”バス停”企画「一本」に”専念”出来るしね、ホント待ち遠しいね♪

フタを開けなきゃ解らないドラマホタルノヒカリ」については、次の【#112】「バス街ック天国」の記事にて。

【6/26(火)「サラリーマンNEO」Season2-11 [Bonus Special] SPゲスト:内村光良】
俺のいとこがチーフ作家でもええねん」・・・見ましたよ。”チョイ役”で顔を出すのか?と思いきや、ガッツリ「4本」”入魂”のゲスト出演だったんですね、内村さん!「内村@NEO」、ところどころに”内村節”炸裂ね。まず「Neo-Express」での「江戸川橋三郎」(略して”エドサブ”)ね。中田有紀さん特有の(突き刺すような)ドS目線も◎。あれはイイね、(「内P」の前身?かつ「リン魂」の後番組)「USO」での「浜家優子さんいぢり」を彷彿とさせるね。でもワンセグ持ってちゃイカンね。「江戸川橋」て・・・”江戸川橋ジャンクション”(@首都高6号線)か!はたまた「地下鉄有楽町線」か!コントにおける”ネーミングセンス”、竹中直人氏(「恋のバカンス」etc)に通ずる「感性」を見たり。ウンナンコント漫才?)ネタ「日比谷線vs銀座線」を思い出す始末でね。

”旬のネタ”やってるのにさぁ・・・誰も何にも笑わないもんなぁ!

2本目の「そのままでいいから」、内村さんの「”どじょうすくい”出来ません!」のあのセリフ回し・・・「レインボーブリッジ、封鎖出来ません!」の織田裕二さん(or 「一人踊る大捜査線」の大嵐浩太郎先生)入ってましたね!哀愁を漂わせながら「安来節」が流れてきた時のあの”腰つき”!「豹変」というか「憑依」というか・・・健在ですね。あのキレのある動きは、映画「木更津キャッツアイ・日本シリーズ」での「やっさいもっさい」を踊ってた”微笑みのジョニー”役の内村少年が脳裏に浮かぶ・・・ウッチャンは「伝統芸能」が好きねぇ。それはそうと(「IWGP」”スーさん”役)山西惇さん、「何で全然ウケねえんだよ!?」って・・・そりゃ”伝わりづらい”と思いますよ。あの「スケバン姿」は「エリートヤンキー三郎第10話の「ヤンキー化」浅井春菜さんでしょ?(爆)

「That's right」だ!母さん!

3本目は「去り際」。生瀬勝久さんはウッチャンコントで共演するのが嬉しかったんだろうなぁと思えた一幕でした。かの「ワールドレコーズ」でウッチャン生瀬さんとお二人で司会を務められていた頃の話。ゲストでレイザーラモンHGさんが出て腰を振ってた時、スタジオの脇で「は、ボクの”大学の後輩”なんですよ・・・」と生瀬勝久さんが内村さんに申し訳無さそうに謝っていた・・・というエピソードを思い出しました。しかし(加藤茶さんのような「レジェンド」の域には達せずとも)内村さんも「ハゲヅラ&チョビヒゲ」フェチなんですね(笑)

オゥ、オマタセを、シマシタネ!

4本目の「南米のホテルにて」は”内村ツッコミ”の連射砲が・・・今にもホリケンさんが出てきそうな雰囲気のシチュエーションコントでした。まぁ、(上述の)生瀬さんと同様、ウッチャンとの「再会」を心待ちにしてたのは”この方”も一緒でしたでしょう・・・入江雅人さん!「オマタセシマシタネ」と部屋に入ってくる第一声で、内村さんは思わず「日本語!?」と”吹き出して”ましたし(しゃがんでた生瀬さんも笑ってましたし)、あのセリフは入江さんの「アドリブ」(仕掛け?)だったのでしょうか?その後も「千葉にスンデル・・・」とか、あのやりとりも「アドリブ」の応酬だったのかな?ガチガチの台本が「スタンダード」なんでしょ?NHKって・・・なのに、結構”遊び”も入れたコントだったんですかね?今回の「ボーナススペシャル」は正直、いつもの「NEO」っぽく無くて”異物混入”感は否めなかったんですけど・・・そこは「ボーナスの季節」浮かれた感じの”賜物”ってコトで。惜しむらくは今回の「ボーナススペシャル」、作家のクレジットにオークラさんの名前も無し。あと”演者”で沢村一樹さんの「欠席」も残念だな・・・「セクスィー部長」との”対決”も見たかった!ともかく内村さん、お疲れさまでした!


【“【#111】
「エリヤン麗鬼」 NEO&エリートヤンキー三郎(終)”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:サラリーマンNEO - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.06.30(土) 07:25|
  2. ドラマ、映画
  3. | TB:0
  4. | コメント:10


【#110】
「権之助坂を測る」 ナカメグラーとパンダTシャツ

蔵之介」じゃなくて「権之助」ですよ、今回の「タモリ倶楽部」は「いつもお世話になっている権之助坂を徹底調査する」と、これまた”香しい”坂道企画です。これはタモさん、「毎度おなじみ流浪の番組・・・」始まりから「ニヤニヤ」必至?”坂道愛好家垂涎の企画でしょう!「権之助坂」ねぇ。以前OAされた「アド街ック天国」の「目黒」の回でも第10位にランクインした「バイパスの元祖」(?)な東京の坂。さぞ、この坂の”生みの親”「菅沼権之助」さんの魂も浮かばれますでしょう。でもこの坂は(「時代はいま、ひそかな”坂”ブーム」でおなじみ)「全力坂」(テレ朝のミニ番組)で紹介するには「盛り過ぎ」ていうか、「目黒」エリアの「オッサレ」な”メインストリート”なんですよね~。”賑やかさ”で言えば渋谷「スペイン坂」に匹敵するかも?なので「タモリ倶楽部」で扱うには若干の”メジャー感”もつきまとうんですけど・・・そこは「タモリ倶楽部らでは!」のゲストを揃えて「反セレブ体制」維持でしょ。今週は「地理ネタ」に欠かせないアノ人がゲストなんですよ。アリtoキリギリス、「仕切れる側」の石井正則さん?ノンノン、”受精が雑”でおなじみ「地図=マスカラス石塚義之さんデスよっ!(笑)

アリキリ・石塚さん、2年ぶりの”晴れ舞台”でテンパリ過ぎて「中目グラー」発言!これが意外に”流行”してた「タモリ倶楽部坂道企画「いつもお世話になっている権之助坂を徹底調査する」についてはブログ後半で。

また、(陸海空の乗り物”見放題”!の)ホシザキ東京ビルの上に住みたがるタモさんが見れた・・・6/22(金)「タモリ倶楽部」の「冷蔵庫のロールスロイス・HOSHIZAKIを買う!」についてもブログ終盤に書きました。




「大河内三郎は金24」: 「時効警察」無しの金曜、ドラマは「エリヤン」と・・・小島義雄!?

このブログも「110記事目」を迎えまして・・・(前身)「Oranje徒然草」を【第110段】まで書いていたので「ブログ化したからには、なんとか110記事までは持ち堪えよう」と意識してて・・・まぁ、どうにか持ちました。それはともかく今週の「金曜日」、う~。まだ「世界陸上の織田裕二」さんや夏の甲子園が”始まって”もいないのに・・・「帰ってきた時効警察」が終わって、すでに「夏の終わり」感が(爆) う~、前を向かんと!「特急田中3号」、すっかり「夏服」モードで「AJAXジャージ」は・・・”ポイント”を変えんと。ドラマの”本筋”はどんな感じなんでしょ?田中一郎くんって大学生みたいだけど、ちゃんと”サンリュー大”に行ってるのかな?あっ、そうだ!「22歳」大学生役が出来る”鉄道マニア”、うってつけの俳優さんが居るじゃないですか。「半田健人」さん!タモリさんや原田芳雄さんの”乱入”も依然”注目どころ”なんですけど、「半田健人ライン」もアリだなぁ。でも「タモリ倶楽部」と「特急田中3号」の接点を担う”鉄道フィクサー”ホリプロ・南田裕介マネージャー(鉄道監修)と半田さんは「タモリ電車クラブ」関連企画で共演してたっけ?どうだろう、(半田さんを知る)浅草キッドを介して「半田健人×南田裕介」ご両人を結びつけ「特急田中3号」に送り込む”裏工作”も必要だとか?(笑)

【「特急田中3号」第十話 リアル「鉄道マニア」も「鉄ドル」も・・・”テツ”ドラマに進出?】
予告どおり、SUPER BELL"Z・野月さんと「鉄道フィクサー南田マネージャーが出てました。そして「鉄オタ3人組」にもう1人・・・これは(リアルに「鉄道の神」)横見さんが登場。「特急田中3号第1話と同日にOAされた「タモリ倶楽部」の「三ツ星ステーション」に出ていた・・・あの「鉄子の旅」な方がドラマに進出。そして、その「横見さん」の人脈からか?「鉄ドル」木村裕子さんが、(その名も)「テツ子」の役名で登場。ここまで来ると「タモリ倶楽部」的”カオス”な世界・・・まるで「タモリ倶楽部」の「タモリ電車クラブ」企画みたいな冒頭シーン。

飯田線、最高ですよね~♪ 特にあの「小和田駅」とか!

あと、まんざら”親子役”に配役されてるのはダテじゃなく・・・目黒照美(栗山千明さん)と”メーテル父”(バナナマン・設楽さん)って、何気に目の辺りとか似てるのね。「親子」なだけあるわ。それと「特急田中3号」衣装の小木田浩次さんって、TBS「池袋ウエストゲートパーク」(IWGP)の衣装も担当されてたんですね~。「アヤックスジャージ」を第一話から採用する辺り、ただならぬセンスとお見受けしましたが、さすが!それはそうと・・・最終回も「タモリ電車クラブ」から誰が進出してくるのかな?ついに、「友情出演:タモリ」とか!?(爆)


【「特急田中3号」最終回(第11話) タモさん出演ジャージも無く、特急「北斗星」で最終回】
6/22(金)同日の「Mステ」にもKAT-TUNが登場。さすがに今回、「タモリ×田中」”テツトーク”は(ジャニーズ事務所からの「お達し」でもあったのか)”完全封印”。ひな壇トークでは「1日最高11公演」のコンサート話に終始して鉄道話はシャットアウト、せっかくの田中くんとの再会ながら・・・口惜しそうなタモさんでした(笑)

田中くん、(他局だけど)鉄道ドラマ・・・もう終わっちゃうんだね。

それはそうと「特急田中3号」の最終回、「回想シーンで”白赤”AJAXジャージが登場するのでは?」と一縷の望みを託したのですが・・・実際、ドラマ中に回想シーンが出て「アヤックスジャージフラグ」も立ったけど、結局(最終回には)出ませんでした。でも(日本のドラマ史上)ここまで「アヤックスジャージ」をフューチャーしてくれるドラマも無かったですよ。こんなに衣装に注目したドラマも無い、その点で「特急田中3号」には大いに感謝!ありがとう、「特急田中3号」!目黒照美さんは「延岡~仙台」新幹線乗り継ぎ経由「北斗星」仙台乗車リレーで「鉄子」全開!という流れも「テツドラマっぽかったし。でも、このドラマは(「ハケンの品格」同様)冬に放送された方がいいな、だって衣装が長袖になるから「アヤックスジャージ」が拝める率も高くなるし♪(爆)


対して、(「帰ってきた時効警察」が終わっても)相変わらず能天気で「オッパッピー」なドラマであろう「エリートヤンキー三郎」。徳丸学園の文化祭に春菜ちゃん倉科カナさん)が遊びに行くみたいですけど・・・大河内三郎石黒英雄さん)ではなく石井武橋本じゅんさん)さんに会いに行くため?らしい「その九」(第9話)。次回予告に「白ふんどし姿」がむやみやたらと・・・また”腐女子層狙い”か?こっちは「一話完結」ですし、ドラマの本筋どうこうなんて言うと笑われちゃうほどの「お気楽ドラマ」です(笑) こういうドラマが「全11回」で、(先週最終回を迎えた)「帰ってきた時効警察」が「全9回」ってんだから・・・世の中「わからん」ですね。ちなみに(【#107】「シンガーソングネイチャー」の記事で書いた)小島義雄さん(6/22(金)再び「ぐるナイ」に登場!)も今週「ドラマ出演」!?だそうで。CX「スリルな夜」って番組もドラマなんでしょ?いきなり「俳優デビュー」してどうするんだろ・・・でも「そんなの関係ねぇ!」?これも「オーシャンパシフィックピース」の一環でしょうか?でも、「海パン一丁」でかなぐり捨てた”スタイル”なのに、ドラマのオファーなんて、よく”舞い込んだ”なぁ(笑)

なんだよ・・・「俳優」での出演じゃないのか、小島よしおさん。つか、凍りつかんばかりの「アウェイ感」漂う「スルリな夜」で。後ろ(の列)が引いている、「ぐるナイ」出演日も7/6(金)に変更だ、でもそんなの関係ねぇ・・・

おもしろ荘」再登場にも賛否両論?7/6(金)「ぐるナイ」については【#112】「バス街ック天国」の記事にて。


【「エリートヤンキー三郎」その九 「三郎 祭りの後」徳丸学園文化祭 限界まであと”2もらし”】
えりーとやんきーさぶろう」って・・・タイトルコールがなぜか子供の声。いたいけのない子供に、この教育上よろしくないドラマのタイトルコールをさせるとは・・・「オッパッピー小島よしおさんまで「ドラマデビュー」するような昨今ですから、何が起きても不思議じゃない世の中かも。今週はヒロイン・春菜ちゃん倉科カナさん)を殴っちゃったり、河井星矢インパルス・板倉さん)に利用されて「監禁」されたり、かわいそうな三郎くん。でもア○ル関根先生(池田鉄洋さん)も・・・コーヒー一杯「300ドル」(=3万3千円)の”ボッタクリカフェ”に引っ掛かっちゃって、ほとほと徳丸学園は悪いヤツばっかりだな。「オウヨ福士君は今回”被害者”だったけど(笑)

祭りの後は「接吻」じゃい!

先週の「事故チュー」の影響で、総長・大河内三郎への忠誠心をよそに”女”に現を抜かす”バカゴリラ「男・石井武」(15歳)。今回の「徳丸祭」で春菜ちゃんが遊びに来るものだから・・・「男・石井武」は浮き足立ってました。浅井春菜という女の子もこれまた・・・「目出し帽」(マスク)を被る男子に目が無いという妙な性癖の女の子。「目出し帽」と言えば「内P・お正月SP」での「黒田節」有吉弘行さんですよね!それに「白ふんどし」も不自然に多いし・・・屋上で「切腹だ~!」ってドスを振り回す石井武もいかがなものか?今回のキーワード「決め手は(間食完食→)感触」と2段階「時間差」攻撃でしたね。お漏らし方法も毎度毎度ひねってますけど、今回は「この失禁は思春期特有の”感情の高ぶり”によるものだが、ともかく三郎の股間が濡れるとき・・・」、毎度毎度ながらお漏らしの説明ナレーションを吹き込まれる杉本るみさんのお気持ち、お察し致します(笑)

[「大河内三郎ミュージアム」 展示物一覧]
・熊殺し伝説の鉛筆
・悪魔誕生伝説の園児服
・赤い運動会事件の体操服


総長の”偉大さ”を伝える!」って、もう頭悪いよなぁ・・・「虚勢」を張る”典型”のような展示物の数々。これが「ネイチャージモン・ミュージアム」ともなれば”シャレ”にならない部分も出てくるんでしょうけど。でも春菜ちゃんがココを目撃しちゃって・・・大河内三郎の「本性」を目の当たりにしちゃったからねぇ。次回(その拾)はどうなるんでしょうね?次回予告を見たら、春菜ちゃんまで「ヤンキー化」してたしなぁ。あと小沢兄弟も三たび登場!みたいだし♪あと”2もらし”、このまま「振り切っちゃって」もらいたい「オッパッピードラマです。ところで最終回(三郎の限界?)に向けて・・・謎の占い師さんはホントに「顔出し」(モザイク外し)するのかな?(笑)


【「エリートヤンキー三郎」その10 「Kissして三郎」 限界まであと”2もらし”(繰り越し)】
今回は「小沢仁志小沢和義」兄貴が(チラリと)登場するため、タイトルコールが「エリートヤンキー、さぶろう!」と小沢兄弟ver.になってました。次回(最終回)の「放送時間拡大SP」予告ではガッツリ登場して、”三郎葬式”でこれでもかと「大暴れ」されてたので・・・おそらく最終回(お漏らし2本立て!?つか、全編を通して「お漏らし乱闘」な予感も(笑))では小沢兄弟(ラスボス?)の御姿を存分に拝めるでしょう!今回の話は、浅井春菜ちゃん(15歳)の「スケバン」っぷりと大河内三郎(15歳)の「ヘタレ」っぷり、さらに河井星矢(15歳)の「銭ゲバ」っぷり、そして石井武(15歳)の「バカゴリラ」っぷりが(余すトコなく)「満載」でしたね。ホント、この「オッパッピードラマはまともなキャラが1人も居ないなぁ・・・その点では「麗鬼」化しているドラマかも?(笑)

総長につり合う女になるということは、”女の中の女”になるということ!
春菜殿! 貴殿には・・・そのご覚悟がお有りか!?


「同じ”総長”を愛する者同士」・・・とても15歳の台詞とは思えない石井武橋本じゅんさん)の台詞。このセリフに感化されて”森羅万象”「修羅の道」を歩む石井武師匠と「スケバン」浅井春菜(倉科カナさん)の”カン違い”2大キャラ。このドラマが始まった頃は石井くんの暴走が甚だしかったけど、終盤になるにつれ」春菜ちゃんの壊れっぷりが”お見事”ですね~!何せ「三郎くんに認めてもらえるように・・・いっぱい研究したんだ♪」って、”劣化”桜塚やっくんみたいな姿になるトコロが・・・倉科カナさんの”女優魂”すら「壮絶」で良いです(笑)

大河内一郎:「三郎、よく聞け! 大河内家は破産だーっ!!」
大河内二郎:「三郎、この金は餞別だ! お前は1人で生きろーっ!!」


何とか春菜ちゃんとのデートにこぎ付けた大河内三郎(石黒英雄さん)ですが・・・その途中で”極悪兄貴大河内一郎小沢仁志さん)&大河内二郎小沢正義さん)が乱入し、突然「大河内家の破産」宣告される哀れな三郎くん。今回の「謎の占い師」(仲間由紀恵さん・・・じゃなくてそっくりさんじゃね?(爆))のキーワードは「無意味な暴行膀胱がさらなる不幸を呼ぶ」・・・意味は(フン!)おのずと(フン!)分かろうもの!だったんですが、なぜにシャドーボクシング?(話を戻して)「スケバン化」でいきがった春菜ちゃんがデート中にチンピラに絡んじゃって、その光景に「無意味な暴行」の”お告げ”がが頭をよぎる三郎くん。このピンチは(弟子・春菜殿が心配で尾行てきた)石井武の「↓大河内家最強の三男・大河内三郎」プラカード攻撃により、(それを見た)チンピラが一転「しーましェーン!!」と逃げ出してなんとか切り抜けたワケですが・・・大河内家の突然の「破産」、実家の大河内城まで「売り家・29億円」(@悪徳不動産)と売りに出されたのを目の当たりにして”途方に暮れる三郎くん・・・しかも「餞別」の約350万円まで”妄想中”に(隣のベンチの男に)スラれちゃうし。

春菜の好きな三郎くんは、普段はドジで情けなくて・・・
いざとなったらとても強くて、悪者を許さない正義のヒーローなの!


転がり込んだ家がマズかった!よりによって「金に汚い」河井星矢インパルス・板倉さん)の家にお世話になる三郎くん。でも家は”あばら家”だし、中も「のだめ」(or 「ホタル雨宮蛍)の部屋レベルに達する程の”片付けられない部屋”だし、食事も「水菜+豆腐+お湯」で調味料(しょう油)すら無い「スタミナ鍋」”10日連続”だし・・・さらには「総長、お仕事の時間ですよ」と”家主”河井に(昼ドラで言う”意地悪”継母的に)馬車馬のように働かされる三郎・・・この時点で洵子や悠子よりもはるかにかわいそうだよ、三郎くん(謎) そんな極貧生活のため、「三郎軍団」”レディース部”春菜ちゃんを桃姫愚連隊(このドラマの”無理やり「お色気」部隊”。今回は珍しく「演技」してたけど(笑))から救出しようにも・・・空腹に次ぐ空腹のため「膀胱」が”空っぽ”、すなわち「無意味な膀胱」状態で「本性」が出せず!得意の「お漏らし」も繰り越して・・・「ヘタレ」状態で惨めな三郎くん。そんな”ヘタレ三郎を見かねて、石井武師匠との「修羅の道」特訓の成果か・・・春菜ちゃんは自力で桃姫愚連隊を退治!しかし”ヘタレ三郎には幻滅!「つかの間の恋」が冷めてしまって・・・果たして大河内三郎は最終回で覚醒出来るのでしょうか?「お漏らし×お漏らし」だと、そうとうパワーアップしそうだけど(笑)


最終回は「お漏らし2連発」ですよ。「タモリ倶楽部」終わりでも(放送時間がテレ東[金曜]24:12~25:33なので)残り50分弱・・・「途中乗車」も十分に間に合いますよ。ハナからストーリー”度外視”「上等」だし(笑) 6/29(金)「エリートヤンキー三郎最終回については、次の【#111】「エリヤン麗鬼」の記事に書いてます。

「権之助坂・徹底調査」: アリキリ・石塚義之さんの登場に、「大親友」タモさんも大興奮?

大河内三郎くんてば、時にドラマ覆面を被って”大暴れ”しちゃうんですわ。そこいくと「タモリ倶楽部」で「覆面」キャラと言えば”1000の地図を持つ男”「チズ・マスカラス」石塚義之さんじゃないですか。いまや「タモリ倶楽部」ぐらいでしょう、「石塚」と言えば真っ先に(「まいうー」ホンジャマカ・石塚英彦さんじゃなくて)石塚義之さんを指すという”カオス”な世界も(笑) ホントにアリキリ・石塚さんは「伊豆に2人きりでうどんを食べに行く」など、タモリさんに「タモリの異常な愛情」的に?好かれてますしね。そんなアリキリ・石塚さんが「タモリ倶楽部」で残した功績も少なくないデスよ。まず(「受精が雑」の由来ともなった?)コムロ美容外科に行ってほんこんさんと共に頭蓋骨から骨格その他を調べてもらったあの企画。”タイトル”を見たら親も泣くでしょうに・・・

「雑な受精の悲劇! ブサイク顔は頭蓋骨までブサイクか!?」

ひ、ひどくな~い!?マジでほんこんさんとアリキリ・石塚さん、今でも「タモリ倶楽部」を訴えていいと思いますよ。「タモリ倶楽部」史上に残る”酷い”サブタイトル(笑) 実際に2003年5月17日(金)にOAされた「タモリ倶楽部」の企画なんですが・・・この時のほんこんさん&アリキリ・石塚さんの扱いがまたヒド過ぎる!オープニングからタモさんに「日本を代表する”受精が雑”な奴ら」と吐き捨てられ、さらに番組が進むにつれ「お前らは骨からブサイクなんだ!」、「芸風までブサイク」、「汚な二重」など”毒舌タモリ”の「罵詈雑言」を浴びせられるお二人。しかも結論が「目くそ鼻くそを笑う」で、「お前ら、お笑いがあって良かったな!」と・・・とてもお昼のお茶の間に君臨しているとは思えない「罵声」の嵐!打たれづよいほんこんさんは罵倒する”黒タモリ”をきっちりあしらってましたが、アリキリ・石塚さんはだいぶ「涙目」っぽかったですしね。そんな”黒歴史”もありつつ・・・その後ほんこんさんさんは「ジャンクションマニア」の回や「タモリ電車クラブ」企画に欠かせない「タモリ倶楽部」”ご愛用”な方になりましたし、またもう一方の「ブサイクの雄」アリキリ・石塚さんも" target="_blank">「地理」企画で「チズ・マスカラス」という(顔を隠した(笑))”覆面キャラ”を確立!(ある意味)タモさんおぎやはぎ・小木さん以前に「マッパー」な才能を開花させた芸人さんとも言えるでしょう。でも「チズ・マスカラス」はその後(都合よく)「パシリ」に使われたり、タモさんって・・・ふかわりょうさんとかアリキリ・石塚さん辺り(SMAPで言うところの「吾郎ちゃん」タイプ?)の芸人さんを「息子」レベルで”溺愛”しますねぇ。本当に”かわいい”のですね(笑)

「かわいい」と言えば、「にゃらん」のブログパーツを貼り付けました。飼い猫のくせに日本全国を旅する「ツワモノ猫」。別に”ネコ派”でも”イヌ派”でも無く(妖怪ベヘモトが好きなくらい)自分は「ゾウ派」なんですが(爆)




かといって、アリキリ・石塚さんが「チズ・マスカラス」に開眼した「キルビルならぬ地図ビルに潜入! プロユース地図の世界を探る!!」の回(2003年12月OA)で、実際に「石塚」さんさんが出演した”総登場時間”はたしか5分にも満たなかったような気が・・・(笑) 今週の「権之助坂解剖」の回でも出オチ「エンディングゲスト」扱い?他のゲストメンバー、伊集院光さんは先日の「国道ランキング」の回に出たばかりですし、相方のアリキリ・石井さんは「三ツ星ステーション」、「みこすり犯」とここ最近「タモリ倶楽部」出ずっぱりですし・・・やくみつるさんはどうだったかな?以前に半田健人さんと共に出た「超高層ビル“ニョキニョキ”鑑賞会」の回で受けた(半田さんの横でほぼ”ビルうんちく”を話せずに終わった)”トラウマ”がいまだ癒えない?状態なのかも。ともかく、久々?の「大親友アリキリ・石塚さんとの”再会”に・・・今週の「タモリ倶楽部坂道企画、タモさんもオープニングから「今日は(俺の”大親友”)石塚に会えるのかァ」と、より「ニヤニヤ」しちゃってそうですね♪

今回の「タモリ倶楽部」はホリプロ勢のゲストがやたらと”多め亭”。「権之助坂」と言えば、「ホリプロ」(縄張り圏内)と名曲?「♪雨の権之助坂」(©ビートきよしさん)はハズせないんだろうなぁ、「タモリ倶楽部」的にも。

また会ったな、タモリさん!

覆面キャラ”なのに「敬語」な「チズ・マスカラス」(笑) そういや「電車企画」になぜかよく呼ばれる”ヤマシゲ山崎樹範さん・・・事の発端はドラマ「電車男」出演→「電車」の事なら何でも知っている?というのが「タモリ電車クラブ」企画出演への経緯だとか。そこに「”リアル電車男”はオレだ!」と言い張る南田氏が何とも”ユーモラス”に映るのが「タモリ倶楽部クオリティ」なんですけど・・・この番組の”毒牙”にかかるのも怖いみたいですね。ラルクのkenさんなんて「タモリ倶楽部」出演は”数少ない”ながらも、「ダム」&「鉄道麻雀」として立派に「タモリ倶楽部」で確固たる地位(?)を確立されて。つか自分、そんなに「タモリ倶楽部」な””でいいのかなぁ・・・まぁ、いいでしょ。この際(「ルイス・ハミルトン(22歳)F1カナダGPで初優勝(しかもデビュー以降全レース表彰台継続中)おめでとう」「オランダ五輪出場おめでとう」(@U-21欧州選手権)の祝辞と共に)「全ての事象はタモリ倶楽部に通ず」、コレを今後の当ブログの”テーマ”にしていく所存でござりまする(爆)

【“【#110】
「権之助坂を測る」 ナカメグラーとパンダTシャツ”の続きを読む】

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

  1. 2007.06.23(土) 07:10|
  2. タモリ倶楽部
  3. | TB:0
  4. | コメント:14


【#109】
「時効警察ゾフィー」 帰ってきた時効警察と内村光良

時効警察タロウ」?「時効警察セブン」?「時効警察ゾフィー」?「時効警察メビウス」?って、3rdシリーズの番組タイトルを予想してるんですけど、「帰ってきた時効警察」も残すところあと1回。今回の続編については賛否両論?ドラマ期待度&満足度ともに”高値”だった一方で、(前シリーズに比べて)「やりすぎ?」との声もいろいろと。確かに「小ネタ」濃度で言えば「お腹いっぱい」レベルでしたね。個人的な感想ですが、今クールの「帰ってきた時効警察」はかなり楽しめました♪こう言っては”語弊”もありますが、「コント番組」として・・・

アメリカ行きのはずがなぜか”乗馬”をたしなむ三日月しずかさん?「誰にも言いません」と書いてあるのに「誰にも言いませんよカード」の謎?兎にも角にも、さよならは別れの言葉じゃなくて、再び逢うまでの遠い約束・・・「帰ってきた時効警察第九話(最終回)についてはブログ後半で「霧修!」でよろしくお願いしやっす



「6月8日(金)ガイド」: 「Mステ」から「特急田中3号」、「エリヤン」、「タモリ倶楽部」まで。

今週6/8(金)は「タモリ倶楽部」で”古墳企画”とな。タモさん、今回は「MASTERキートン」ですか?(個人的には)来週6/15(金)の”坂道企画”「権之助坂(目黒)解剖」の回がめちゃ楽しみなんですけど。あと「エリートヤンキー三郎」その八(第8話)は「バスケ対決」、先週から登場した聖アーバン学園・さわやか山下くんと「三郎軍団」がバスケットボールをするみたいです。それと「ミュージックステーション」ではようやく「タモリ×田中聖」実現のKAT-TUNゲストの回、「オレを『特急田中3号』に出して!」タモさん田中くんに”直談判”するのか「注目どころ」。その(もはや”ジャージ報告”に尽きている)「特急田中3号」第九話・・・KAT-TUN・亀梨さん登場が”見どころ”なんでしょうけども・・・すっかり衣装が「Tシャツ」に様変わり。もう田中君の「アヤックスジャージ」姿は見られないのかぁ。「チェルシージャージ」も「AEKアテネジャージ」も・・・(泣) いっそのコト田中くん、(かつて”キング窪塚洋介っちが着てたらしいけど)「空耳Tシャツ」TVで着てくれないかなぁ(笑)

しかも、今週のKAT-TUN「Mステ」の裏に(【#104】「AZ you like」の記事で書いていた)TBS「ドリーム・プレス社高田純次・デビ夫人宅訪問の回がOAされるのか。こりゃ下手こいた!困るなぁ、こういう編成(爆)

【6/8(金)「ミュージックステーション」 タモリ×田中聖×岸田繁「テツトーク!」(@Mステ)】
つかタモさんKAT-TUN・田中聖さんが出るからって”先走り”過ぎ!でも同じ日にくるり・岸田さんまで出るんなら・・・無理もないですよね!スゴいなぁ、この日に岸田繁さんまでブッキングした「Mステ」プロデューサーさまは・・・そこまで”トッピング”して「サプライズ」演出しちゃいますか!?オープニングで”申し訳”程度に「赤西仁さん復活」に触れるタモさん。そしてKAT-TUN「♪喜びの歌」(「特急田中3号」主題歌)今週ランキング1位!明けに・・・ガッツリ「テツトーク」に持ち込む「タモリ電車クラブ」”全開”モードのタモさん田中くん田中くんだよね・・・オープニングからしっかり「タモさん隣」にポジショニング。事あるごとにタモさんと遠近感”2ショット”画に映り込む「V6」状態。そしてタモさんが「テツトーク」に入るや否や・・・タモさん好みの「京急VVVFインバータ話はいかがでしょう」な田中君。もちろん、スタジオおよび他の出演者は「引き潮」状態(笑)

愛してる♪ 愛してる♪ 岸田君がいる~♪ 素晴らしすぎる♪

「セワッ!」この引き潮状態の中・・・1人だけ「京急インバータ話」に肩を震わせ「反応」する”猛者”が!そう、それが誰あろう・・・ボニーピンクさんに肩を押される「京急の権威」くるり・岸田繁さん!「♪赤い電車に乗って」な岸田さんが・・・この「テツトーク」を後ろの席で”静観”出来るワケが無い!「ウィーンにレコーディングに行きましてね、ドイツで”元祖”京急インバータの”音”を録音しました!」と激白!後に「くるり」自身のトークの時にはその”音”を実際にスタジオで流して・・・タモさん思わずニヤニヤ。この日”主役”になってるはずの?KAT-TUN・赤西さんはほぼ”放置”・・・スゴかったね、「タモリ電車クラブ」in ミュージックステーション(笑)


【「特急田中3号」第九話 事のほか「京急」”赤い電車”登場で・・・サービスシーン「多め亭」?】
衣装(アヤックスジャージ)については、もう「」ですし”見切り”をつけました。同日の(上述)「Mステ」の影響か?ドラマ中に「京急」の”赤い電車”が出てくる割合が「多め亭」だったのかなぁ・・・?と。タモさんくるり・岸田繁さんからの(直接?)”リクエスト”にお応えして・・・だったのかなぁ?「タモリ×岸田繁」コンビは「Mステ」終わりで一緒に「特急田中3号」見てたのかな?(笑) あと次回予告に一瞬ですがSUPER BELL"Z・野月さんが映ってなかったです?ならば、次回は”あの人”も出る!?そう、「鉄道フィクサー南田マネージャー

テツ人」に「テツ子」も総出演した「特急田中3号第十話と、特急「北斗星」でフィナーレを迎えた最終回(第11話)については・・・【#110】「権之助坂を測る」の記事にて。田中聖さん、「」伸ばし始めてるのね(笑)

【「エリートヤンキー三郎」その八 「スラム三郎ダンク」バスケ対決 限界まであと”3もらし”】
オープニングから他マンガのタイトルを思いっきりパクってるんですが・・・もはやこのドラマに何を言っても「手遅れ」でしょう(爆) ねー、もはや(昼ドラ)「麗わしき鬼」と「オッパッピー」ドラマ・東西の”横綱格”としてこのまま突き抜けて欲しいよ、「エリートヤンキー三郎」には。で、今回は本筋の「バスケ対決」も(今週”メイン”の「帰ってきた時効警察」最終回に気を取られて)”うわの空”で見ちゃってました。春菜ちゃんはまた、あの悪夢の「イチゴ弁当」作ってたねぇ。「三郎杯」というのは、三郎くんさわやか山下君との「バスケ対決」かと思いきや、(またも三郎軍団が”割り込んで”の)練習試合だったの?「自己中はダメ」が今週のキーワード(お告げ)だったのかな?意味がいま一つ掴めずに・・・田所ディフェンスも動きがキモい。何より今回の”目玉”は「キス事故」だよねぇ・・・次回の「徳丸学園・文化祭」に引きずりそうな(”一日チアキ”な)「男・石井武」と浅井春菜、男のシュミが悪いのは「三日月しずか」レベルですな。「鯉のぼり」とか「覆面」とか、「好奇心」強すぎ!(笑)

大河内三郎ミュージアム」怖れおののく”展示物”の数々・・・”無法地帯”と化した徳丸学園文化祭「徳丸祭」開催の「エリートヤンキー三郎その九(第9話)については、次の【#110】「権之助坂を測る」の記事にて。
また、三郎春菜のデートに小沢兄弟乱入第10話についても【#110】「権之助坂を測る」の記事にて。


【6/8(金)「タモリ倶楽部」古墳企画 「歴史ミステリー!?東京一の古墳群を行く!!」】
下記書き込みの)中沢新一先生は出なかったものの・・・異常に「田園調布」に憧れる”エキスパート”が現れた今週の「タモリ倶楽部」。ポンポンと「八つ墓村」、「盗掘」など”古墳ギャグ”が連発の江戸川大学教授・文化人類学者「斗鬼正一」先生。「なんたって田園調布ですもんね!」と番組中とにかく「田園調布」の素晴らしさを強調!エンディングで探検隊に「(今週分かった事は)”田園調布はいいトコだ”って結論で」と言わしめたお方。あと、タモさんがふと話し出した「お墓大賞」の「マイルドヘブン」も・・・何でそんなコト知ってるの?(笑)

犬はいいっすねぇ、タモリさんに威嚇出来るんですもんね~!

単なる”公園散策”(もしくは”お宅訪問”を)「古墳探検」と言い張る出演者一同に”呆れてた”のはカンニング・竹山さん。しかし竹山さん自身、福岡は(古墳の名所?)七隈「油山」の出。そこでタモさんと「油山観音!」と共通の話題で盛り上がってましたが・・・豪邸漫画家江川達也氏は(豪邸立ち並ぶ)「田園調布」をしきりに”ライバル視”してたり?心の中では(「田園調布」信奉者の)斗鬼先生の言動に「カチンときてた」のかもしれませんが、さすがに落合友一さん(田園調布在住・一般の人)のように「マイ古墳」は持ってないだろうし。

タモリ: 「おー、ブイヨン!」
マギー: 「タモさん?いきなり”ブイヨン”とは『ご挨拶』じゃないですか!」


でも、オープニングでマギーさんに「おー、ブイヨン!」と呼びかけていた「ご機嫌タモさんが良かったなぁ。今週はしょっぱなから「名言」炸裂でした。それに「空耳アワー」では「お婆ちゃん、釣り10円盗む」と「小っさい じいちゃん」の”爺&婆”2作品で「ソラミミカキ1-2フィニッシュ!本編の「古墳」企画でも「多摩川台古墳群は全部で8つ」のくだりで、BGMが「ムッシュかまやつ」(「8つ」→「かま”やつ”」)でしたし・・・世代を超えて「ジジババ」モノは強いね!安斎さんタモさんの(知られざる)「Jazzレーベル」で早くCDを出さんとね(笑)


タモさん「大のお気に入り」?アリtoキリギリス・石塚義之さん登場の「タモリ倶楽部」”坂道企画”「いつもお世話になっている権之助坂を徹底調査する」の回については、次の【#110】「権之助坂を測る」の記事にて。

また、エンディングで一番「興奮」するタモさんを見た・・・その次の”冷蔵庫企画”6/22(金)「冷蔵庫のロールスロイス!HOSHIZAKIを買う!!」の回についても【#110】「権之助坂を測る」の記事に書きました。


「時効警察でございます」: コント番組?「帰ってきた時効警察」これまでの”8回”を振り返る

中でも今週のメインは「帰ってきた時効警察」第九話(最終回)デスね。あのね、1stシリーズの「時効警察」はあんまりハマらなかったというか、”軽め”に見ていたんですよ。俗に言う”ライト”な層としてね。今回の「2」を見るに辺り、(【#104】「劇団・時効警察」の記事で書いた)雑誌「QJ」の「総力特集・帰ってきた時効警察」を読んでいて・・・演者の方が”前シリーズ越え”をとかく意識してない(むしろ、前作の雰囲気を変えていた?)事を知れたのも良かったのかも?第八話での三日月しずかさん・・・あれが「帰ってきた時効警察」でオダギリジョー座長”が一番やりたかったコトだったんだろうなぁとも思いましたし。「小ネタ」があまりに”多め亭”だろ?という声も・・・(自分としては)その後に「エリートヤンキー三郎」という今世紀随一の”オッパッピードラマを続けざまに視聴していた分、「時効警察」なんて全然ドラマの”テイ”を成してるジャン!と思ってましたし。そりゃ「エリートヤンキー三郎」基準で考えればね、「みこすり半劇場」ですら刑事ドラマに見えますから(笑)

エリヤン」もだが、(現在OA中)東海テレビ(CX系)の昼ドラ「麗わしき鬼」もかなり「オッパッピー」です!との情報を教えて頂きやした。なんだこれ・・・ミスチル「♪Cross Road」が主題歌だった、古典的”BLモノ”「同窓会」みたいにトチ狂った感じのTVドラマ?”昼ドラ大好き”タモリさんなら観てるんでしょうけど・・・この時間帯は(愛の劇場「天までとどけ」(丸山家シリーズ)は別格として)全く未知の時間帯で「知らん」です。しかし「麗鬼」、深夜のみならずお昼にまで「オッパッピー」菌が蔓延しているとは・・・昼ドラも「ブラボー」ですな(笑)

これ、コント?

そんなワケで、このはよく「帰ってきた時効警察」から「エリートヤンキー三郎」へと”ハシゴ”していたためか?若干、脳内が「マヒ」ってた所もありましたが・・・なんか”コント番組”を「2本立て」で見ているような感覚で楽しめたんですよね。このクールの「金曜日」は特に。だからこそ、(↑上記の)第八話での”入院中”霧山君の「これ、コント?」のセリフには「そうだよ、コントだよ」と(画面に向かって)返したくなるほど(余計に)感慨深いモノがありました。とりあえず「帰ってきた時効警察」”総括”を・・・最終回はまだだけど「早めに」ね(笑)

最終回は「振り返らずに別れるか?最後にもう一度振り返って別れるか?それが問題だと言っても過言では無いのだ!」ですか。ほう、三日月クンの”元カレ”九門竜(神保悟志さん)登場とな。気になるなぁ・・・(”元カレ”云々じゃなくて)「九門竜」って役名ね。九門竜→九頭竜→「九頭竜ダム」・・・こんな名前聞くと、「タモリ倶楽部」の「ダム放水大賞」を連想しちゃうっしょ。あと升毅さんも出るんですか?いいキャスティングだなぁ♪この人は関西の役者さんでしょ?(うろ覚えですが)今田東野カモン!ファンキーリップス」(QR)で(ドラマ「沙粧妙子 ・最後の事件」放送中の頃ぐらいに?)「なぜなら、名前が(漢字2文字で)『升毅』やからね!」って”リフレイン”してませんでしたっけ?(別にからかってるワケじゃなく)”関西の誇り”的に「オレたちのヒーロー升毅!」を連呼して祀り立ててたあのトーク・・・妙に印象に残ってるんですよね。気のせいかな?(笑)

「帰ってきた内村光良」: ついに”コント畑”に・・・内村光良「サラリーマンNEO」ゲスト出演!

そうそう「コント番組」という言葉は軽々しく使えるモノでは無い、むろん本職のお笑い芸人さんが心血を注いで、プライドを賭けて作り上げる「コント番組」と上述したドラマは一線を画するものである前提を掲げまして。かなり「遅まきながら」ですけど(爆)今週の気になるトピック。(【#29】「内村プロデュース」の記事で書いた)内村さんが(本格始動では無いにせよ)ついに「立ち上がる」ようですね。”あんちゃん”いとこの放送作家・内村宏幸氏の要請を受け入れて、「コント求道者」が”表舞台”に立つようです。何気にウンナンさんのラジオ「ウンナンタイム」では「(”いとこ”は)番組忙しいんでしょ?『サラリーマンNEO』とかさァ(笑)」「何だ!その言い方は?」って・・・(ウッチャンナンチャン2人がかりで)”あんちゃん”を小馬鹿にしてた風潮もあったのにねぇ。

「内村光良が『サラリーマンNEO』のスペシャルゲスト」
スポーツ報知 2007年6月4日


”あんちゃん”内村宏幸氏のブログ「せつないプリン」6/5(火)記事「囲まれる」によると「名前も伏せて写真もわかりにくいのにしたはずだったのに、いきなり今日の新聞で発表されてたとは知らなかった。」とのこと。これは「くりぃむナントカ」の「第2回・長渕剛ファン王決定戦」で「長渕剛本人登場」が事前に”スッパ抜かれた”のと似たケースでしょうか。「サプライズ」をより大々的に演出したかったスタッフ側としては悔しい部分もありましょうけど、内村さんがコント畑に戻ってくるという・・・ただならぬ”ニュース”である事もまた然り。「NEO」には(「ワールドレコーズ」繋がりの)生瀬勝久さんも居ますし、「最初は緊張しましたね」という”内村コメント”も「真意」は・・・ようやく”ホーム”に帰った気持ちだったでしょうか?ウッチャン出演分の回は6/26(火)からOAされる予定だそうですが・・・どうだろう?ウッチャンコント番組で見るのって・・・(【#27】「Skit」の記事で書いた)「竹中直人の恋のバカンス・11年ぶり復活SP」でのコント「どこでも体操兄弟」以来じゃないかなぁ・・・?(笑)

一緒に頑張ってきた「出川」が、オールナイトニッポンやるって聞いて・・・

佐々木蔵之介さんはこの番組に出ないのかな・・・「鬼みたいな顔」になって(笑) まあ、それでも「NEO」は沢村一樹選手や池田鉄洋さんといった”クセ者”出演者も多いようですが・・・その中でも「サラリーマンNEO」スペシャルゲスト:内村光良で”見どころ”となるのは、(「劇団SHALALA」的に)「入江雅人」さんとの共演でしょう!このままウッチャンが映画監督の道に進んで、入江さんとなら「映画」で共演する可能性が高いのかな?と思ってたんですけど、まさかコント番組で「内村×入江」という”顔合わせ”が見られるなんて・・・意外に”不思議”ですね。入江雅人さん、実は過去に「笑っていいとも!」のレギュラーだった時期もありました。(話は長いけど(笑))”勝手な印象”で入江さんは(DTファミリーで言うところの)「板尾創路」的ポジションのような気もしますし。「サラリーマンNEO」は役者が織り成すコント番組というコンセプトとも聞きますが、そう考えるとこの入江雅人さんの”立ち位置”って?と疑問だったんですよね。関連して”ファットマン・ブラザーズ”田口浩正さん(テンションというコンビで)元・芸人さんですし。その辺りが上述の「時効警察」とも通ずるところで・・・芸人さんがコント番組を持たせてもらえないこんな世の中じゃ、ポイズン♪昨年末の”謎の番組”「伊武さん、ルート外れてます」然り、「ジュークボックス英会話」然り、必ずしも万物の”笑い”が「芸人さん発信」じゃなくて、その辺りも”ボーダレス”になっているのでは?ブログを書いていた初期を思ふと、(お笑いには”食傷気味”というか)芸人さんの事を書く機会も少なくなり、代表メンバーもすっかり・・・と言ってるそばからここ2週は「小島義雄」さんについて「それそれそれそれ♪」と書いてましたけど(笑) 見る番組が「たまたま」かもしれませんが・・・芸人さんは”座って”、役者さんは”立って”いる姿をよく見る気がするなぁ。と思ふ今日この頃です。

内村@NEO」、内村光良サラリーマンNEO」ゲスト登場については【#111】「エリヤン麗鬼」の記事にて。




先週は「YMO、14年ぶりの復活!」のニュースも流れてましたが、「RYDEEN」を再発して・・・しきりに「めんどくさいなぁ」を繰り返すお三方。いわゆる「オリジナル」との比較に晒されるの”想定”しての事・・・って話ですね。それを覚悟の上でようやく”重い腰”を上げる・・・おそらく、「帰ってきた時効警察」決行に踏み切った”劇団・時効警察”の演者・スタッフのみなさんも似た”覚悟”の上でこその「続編」だったと思います。フランス・リーガアン「オセール一筋」だった”生き証人”ギ・ルー翁が”血金”ランスの新監督に就任するってのも「サプライズ」だし、そして「サラリーマンNEO Season 2」に登場する内村光良さん・・・”挑戦”に対する「プレッシャー」も大きいんでしょうね。そう考えると「ウルトラマン」ってあんだけ「続編」を作って・・・大したモンだわ。どうりで「カラータイマー」で3分間しか持たないワケだわ。「帰ってきた時効警察」次シリーズが「時効警察ゾフィー」になっちゃうのかどうかは定かじゃないですけど・・・「時効を迎えた事件を趣味で捜査する男」霧山修一朗!(普段はぽつねんでも)”謎解き”部分だけ霧山くんが「カッコいい」のは”そのせい”かもしれないですね(笑)

【“【#109】
「時効警察ゾフィー」 帰ってきた時効警察と内村光良”の続きを読む】

テーマ:帰ってきた時効警察 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.06.10(日) 18:09|
  2. ドラマ、映画
  3. | TB:0
  4. | コメント:14


【#108】
「オランダ代表・アジア遠征」 小島よしお×ネイチャー

いや~、先週末はかなり「オッパッピー」でしたね。つか(「ポスト江頭2:50」?)あんな人見てるとそのうちバカになりますよ・・・自分は見ますけど(爆)って、「エリートヤンキー三郎」(テレ東)の時にも言ってましたが、(いまを思えば)このドラマを形容する言葉、それはまさしく「おっぱっぴー」だったってワケね。今週6/1(金)「セントアーバン学園に転入?」話のその七(第7話)も(1週”お預け”だっただけに)楽しみです。「セントアーバン学園」って名前も、(「マイボス☆マイヒーロー」の)「聖アグネス学園」を彷彿とさせますしね。今週は「タモリ倶楽部」も井筒監督(&浅草キッド)で”飲み企画”のようなので・・・「エリートヤンキー三郎」の方がより「オッパッピー」な内容なのかも?いくらTV界から排除しようとしても・・・(いい意味で(爆))「バカ」は”生命力”が強いです。もっとも「魔法の言葉」なんて使ってるのは済美高校愛媛)以来?久々に聞きました(笑)

でもそんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!
魔法の言葉、「オッパッピー」!


小島義雄」でググって来られた方々、ご機嫌麗しゅうございます。てか、「小島義雄」で当ブログ開設以来最高のアクセス数・・・だけどもだけど、若干引いている?でもそんなの関係ねー!世の中そんなに小島よしおさんに”首ったけ”なんスか?大丈夫かなぁ、こんな「オッパッピー」状態で金曜夜のドラマ・・・また「下手こいた~!」先週に続き、ドラマの記憶を掻き消される”症状”になるかも?でも今週は(後述しますが)”ビッグイベント”も控えておりますので・・・しっかりせにゃならん。今週の「帰ってきた時効警察」第八話の脚本・監督は「トム・ジョンイル」なる人物??三日月クンが大活躍するというのは・・・「女優・麻生久美子本人の変わった部分を引き出す」という続編「帰ってきた時効警察」ならではの”集大成”的作品というコトかな?しかしトム・ジョンイル、自分は「トム」と言えば”せきねつトム関根勤師匠しか思い浮かびません。もっとも、「”トム”とオレとはロングタイムでフレンドリーなんだ」ルー大柴氏ぐらいしか(トム呼ばわりしてるのは)聞いたコトないよ(笑)

【Attention!! 「小島義雄」さん、次回TV”出没警報”・・・今度はスカパーに”上陸”!?】
あ、それそれそれそれ♪ 今週末に「小島義雄」さんをチェック出来る番組があるようです。6/3(日)18:00~22:30にCSフジテレビ721(ch.721)でOAされる「第5回お笑いホープ大賞」(#1~#3/準決勝&決勝)・・・「ぐるナイ」、「笑金」に続く”ネクストチャンス”到来。「721は入ってないんだけど」・・・でもそんなの関係ねぇ!今週末6/3(日)は第1日曜日=「スカパー無料開放Day」で、普段は契約していないチャンネルも見る事が出来るのです。どうしても小島さんが見てぇ、張り裂けんばかりに「オッパッピー」な方に幸あれ(笑)


(事務所の先輩)カンニング・竹山さんのラジオ情報によると、ここ数日で(事務所:サンミュージックにある)所属芸人の全スケジュール一覧表が書かれているホワイトボードでの「小島義雄」さんの欄が・・・フジ、NTV、TBSなど在京キー局の仕事の項目で(ここ数日で)一気に埋め尽くされているんだそうです。つまり「小島ブレイク」、小島さんは今後TVの露出が”爆発的”に増加?と・・・つか、6/3(日)ABC「笑金」爆笑披露宴に(しかも「新郎の大親友」で)”2週連続”で登場してたのかよ~!(「お笑いホープ大賞」の裏とは)下手こいた

欧州の青白い獅子」がアジアの赤い「虎」に挑む・・・”スピードスター”FWスロリー初見参!親善試合なのにガッツリ「大観衆」のソウルW杯スタジアム、6/2(土)「韓国代表vsオランダ代表」についてはブログ後半で。続いて「タイ・バンコクぶらり旅」、親善試合・6/6(水)「タイ代表vsオランダ代表」についてもブログ後半で。



「オランダ代表監督も見てる♪」: 田中君は「特急田中3号」で「AJAX」を啓蒙した功績大!

ここ数週は「フニャ~ッ」と、しかも先週末は「オッパッピー」に暮らしていたら・・・今週”大イベント”(披露宴?「結婚できない男」復活SPだったら”ガン見”だけど(爆))があるのをすっかり忘れておりました。(「笑金」で小島義雄さんが”スピーチ終了”する時に「地球温暖化・・・」と言い掛けたのはこの事!?むろん「YMO、14年ぶりの復活!」も大ニュースですが・・・)6/2(土)に「韓国代表vsオランダ代表」、そして6/6(水)に「タイ代表vsオランダ代表」と・・・オランダ代表の”アジア遠征”ですわ。もう韓国に来てるのかな?ヒディング監督指揮下時代のの韓国代表が確か以前にも(「オランダ人指揮官コネクション」を駆使して)ホームにオランダ代表を招いてフレンドリーマッチを開催してましたけど。や、やってたよね?韓国とオランダが国際試合をするのは、98年W杯「オランダ代表 5-0 韓国代表」以来9年ぶりじゃなくて、その間に1回親善試合をやってるような気が・・・その時も「エ~ッ?オランダ代表ってアジアに来るの?」ってビックリしてたんだけど、うろ憶え(汗)

アヤックスのジャージを着てドラマに出ている若者を見て
こんな熱心な少年が居る「日本」と親善試合を組もう!と決めたんだ。


まぁ、それはそれとして・・・ココからは「身もフタも無い」妄想話。せっかくファン・バステン監督韓国に来るんなら・・・見せなければならない映像があるでしょ。そう、TBS金10ドラマの「特急田中3号デスよ。「OH!日本ではアヤックスジャケットを着た少年が主人公のドラマが放送されているのか!?おい、広報担当を呼べ!あの少年をぜひアムステルダム・アレナへ招待しろ!」と・・・ファン・バステン監督が「田中一郎」役のKAT-TUN田中聖くんを”イタ~く”気に入って、ひいてはアヤックスオランダ)と日本との関係も急接近?(トヨタカップでバルサの敗戦に泣きじゃくってた子供が後にカンプ・ノウに招待されたように(笑))アレナに招待された田中くんに(付け焼き刃的に(爆))「子供の頃からアヤックスを応援してました。だからTV出演する時はドラマでもバラエティでもアヤックスジャージを着てるんです」なんて言わせて、”アヤックス好き”を「アピール」させるワケですよ。するとオランダ側も「日本にはこんな少年が居たのか!」と感動して、「よし!次にアジアに来る時は日本代表と親善試合を組もう」って・・・なぁに、”いずれ世界を動かす男”田中一郎君だったら、オランダと日本の「架け橋」になる事くらい”楽勝”っしょ。劇中ではオレンジ色のジャージも着てたし(笑)

なのでちょっと、(試合日6/2(土)の前夜ですが)日本の協会(?)が誰か”使者”を韓国に送って・・・秘密裏にファン・バステン監督を金曜夜に日本に招き入れるんですわ。そんで今週の「特急田中3号」第8話を(ムリヤリ?)ファン・バステン監督に見せるんですわ。だからさ、今週はチェルシージャージAEKアテネジャージ)じゃなくてアヤックスジャージを着てよ。またとない”天覧”チャンスで「勝負時」なのよ、田中一郎くん。この際(NIKEが衣装協力してるかは知らないけど・・・adidasNIKEに”征服”された、現在のオランダサッカー界を「どげんかせんといかん」部分もありますが(爆))「オランダ代表」ジャージでも可。今週も金曜の夜が(ドラマに「タモリ倶楽部」に)アツくなりそうジャン!「日本代表vsオランダ代表マッチメイク実現のためにさ(笑)

【「特急田中3号」第八話 6月になって”衣替え”? ジャージが全く出なかった・・・第8話】
アヤックスジャージどころかチェルシージャージAEKアテネジャージも皆無。もう6月だしね・・・やっぱ「ジャージ」の季節もおしまい?ファン・バステン監督も「???」な回だったろうなぁ。まぁ、気を切り替えて・・・来週は「ミュージックステーション」にいよいよKAT-TUNが出ますね。なんか「田中亀梨」の第九話に合わせたようなタイミング?そうなると”見どころ”は(【#104】「AZ you like」の記事にも書いた通り)「田中聖×タモリ」の・・・「田中くんドラマ見てるよ。鉄道の・・・」”テツ”クロストークでしょ。”6人になったKAT-TUN”そっちのけで、「礼二設楽南田までも出てるんだから・・・(次回の第9話に出てくる)亀梨くんの次は”オレ”を出してよ」って「特急田中3号カメオ出演(最終回?)を交渉するのかな?しかも「オレと(原田)芳雄ちゃんも出して」ならば・・・なお可!今週のMステでも”山手線アレンジ”の曲に「ニヤニヤ」してたもんね、タモさん(笑)

Mステ」効果で「京急」多め?「特急田中3号第九話については【#109】「時効警察ゾフィー」の記事にて。

【「エリートヤンキー三郎」その七 三郎、涙の「通潤橋おもらし」・・・。限界まであと”4もらし”】
待ってました!先週が1週休み」だっただけに・・・この「オッパッピードラマが余計に待ち遠しくて。内容は1週休んでも相変わらず”おバカ”で懲りてない(笑) 一つも”良い思い出”が無い徳丸学園を去り、春菜ちゃんの通う”千葉県一の金持ち学校”「聖アーバン学園」へ転入を決意する三郎(石黒英雄さん)、それに便乗して金儲けを企む河井インパルス・板倉さん)、とにかく三郎への忠誠心で転入について行く?「眉間にホクロの筋肉ゴリラ石井武橋本じゅんさん)、三郎が抜けた後「チーム前田」で”徳丸制覇”をもくろむウルフ前田(虎牙光揮さん)と(彼と結託する)虫ケラ田所伊藤明賢さん)と・・・平均(実)年齢30歳をとうに越える「三郎軍団」内にも陰謀が渦巻くって話。今回は「三郎の青春○○」って、あの妄想青春部分なオープニングは無かったんですか?5分ほど過ぎた辺りから見てたので分かんないけど・・・今回の「2時虹ですべてが決まる」な”その七”で分かった事・・・それは、三郎ガチで(河井石井を越える)「バカ」だってコトなんだね(笑)

「雨?」 「なんか、あったか~い!」 「虹!」

今回の話の終盤には生温かい””が降ります。しかし”出どころ”が教室の窓・・・「通潤橋(熊本県山都町)かよ!?」という位に(虹がかかるほど)水が大放出!しかし、その水の正体は・・・(”ミミタコ”だろうが説明しよう(笑))いつも以上の(スタンガンを自らの股間に当てた「高圧電流ショック」による)”三郎のおもらし”がもたらした大放水だったのだ!なんだ、この「通潤橋おもらし」、お下劣だなぁ・・・こんなドラマでも「DVD化決定」なんだもんなぁ。そりゃ世の中「オッパッピー」になるワケだわ(爆) 次回(その八)は「バスケ対決」です。


春菜ちゃんの好みはますますカオス・・・最終回に向けて(腐女子引き止め策?)ジワジワ「白フン」成分も”濃く”なってきた「エリートヤンキー三郎その八(第8話)については【#109】「時効警察ゾフィー」の記事にて。

「帰ってきた時効警察」第八話
【「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ!」@甲府町・東吉田の豪邸】

先週は「小島義雄砲」の”後遺症”に悩み・・・今週はもう”免疫”も出来ました。「すごくね?これ、すごくね?」的に感想をまとめますので、よろしくお願いします。(←今回はナレーションに専念、”由紀さおり調”で(爆))

こんちくしょう精神:「抱負を書いてみました♪」

オープニングから時効管理課みんなで「タカラヅカ?」なラインダンス。この冒頭のシーンで我が脳内は「ほほ頬ずりしたくなるでしょ♪ほら、レビューが始まる♪ほら、遅れないでね♪」とピチカート・ファイヴの名曲「♪スウィート・ソウル・レビュー」に変換されたのは言うまでもないですが・・・(爆) 社食では(いつもは素うどんばかり食べてる)田口?市山?えっと、「霧山」くんがシェフ付きで(サーロイン?)ステーキまで食ってるしさ、今回初監督の”トム・ジョンイル”さんはゴージャスな作風なのね?と思いきや・・・いつもの”のほほん”とした時効管理課BGMに戻り、みんなで「紙切り」に勤しむおなじみの面々。それにしても「こんちくしょう精神」という”抱負”って・・・しかも「抱負」から「甲府」、「甲府町の豪邸強盗殺人事件」へ流れつつの”コウフネーゼ”(甲府町付近の在住発覚で)「すごくね?それ、すごくね?」とサネイエさん「セレブ婦人警官」疑惑も?ともかく、「勝手にエサやるんじゃねぇよ!」とゾウの「花子」飼育員役に・・・(麻生久美子さんとの共演は映画「アイデン&ティティ」でもおなじみ)大森南朋さんが「カメオ出演」してるって事で「ゴージャス」な回”認定”?(笑)

これ、コント?

つか、その質問は(そっくりそのまま)「帰ってきた時効警察」視聴者からアナタへの質問でしょ。霧山君・・・って、イイ意味でね(笑) 今回の”真犯人”八重のおばあちゃん(加藤治子)さんの”キャラ設定”が絶妙!「ずっと爪を伸ばしていた」って、昔にやってたNTV「世界ビックリ大賞」じゃね?ついこの前、「『世界一の爪』で出ていたインド人のおじいちゃんは、まだ生きてるのかなぁ?」とか話してたばかりだったので”タイムリー”でした。あと「潜在的に”左右対称”を好む」ね。こういう癖のある人、(【#100】「EPISODE Ⅹ ~第6位、拓殖大学~」の記事に書いた)吉田戦車先生の”県まんが”「ぷりぷり県」に登場する・・・(自分と同じ)「ム」の付く名前を異常に偏愛する「イサム本部長」みたいで良かった!「つとむ君、ウチに来なさい」的な”優遇”ぶりね(笑)

三日月さん・・・あなた、ホントに娘に似てる。

もう次の回(第9話)の「フラメンコ殺人事件」で最終回なのね。そういや「古畑任三郎」で”フラメンコ”と言えば山口智子さん、「ハケンの品格」で”フラメンコ”と言えば(「大前春子」役の)篠原涼子さん・・・「帰ってきた時効警察」のラストを締めくくるのも”フラメンコ”ですか。でも何が凄いかって、(ドラマ中の芝居とは言え)「パイ投げ」の餌食になり、なつかない飼い犬「黒」に手を噛まれて(犬に向かって)「中指」をおっ立てたり・・・麻生久美子さんの”女優魂”にはほとほと恐れ入りました。なるほど!オダギリジョー監督が「帰ってきた時効警察」で一番撮りたかった、麻生久美子ファンに最も見せたかった「三日月しずか」像とは・・・今回ではっきり伝わりました。そう、それはまさにオッパッピーな「コメディエンヌ」。カラスに激突されて気絶する三日月クンだね(笑)


帰ってきた時効警察最終回については【#109】「時効警察ゾフィー」の記事に書きました・・・早めに(笑)

「木は見てる♪」: 「シンガーソングネイチャー」後編、歌も「オッパッピー」なネイチャー(笑)

のちに世界を動かすビッグな男になる・・・のは、田中一郎君だけじゃなくネイチャージモンもそうかもしれませんが、前の【#107】「シンガーソングネイチャー」の記事に書いた「曲作り」の後編、CSテレ朝ダチョ・リブレ」#19”へらクレス”(5/20(日)放送分)について書きます。怒とうの”ムダ話”も終わり、椅子に正座してレコーディングに臨むネイチャー。歌詞を書いた(写経を書いたかのような)教本を開き、鼻歌によってネイチャー自らの”構想”をメンバーに伝えると・・・本職のミュージシャン・TAMAさんも「(レコーディング前から)全部出来てるじゃないですか!」と唖然、ノーボトム!・古坂さんも「(その鼻歌を)録音してくださいよ。じゃ、(レコーディングは)終わりましょうか・・・」と撤収準備。それだけ”立ち上げ段階”からすでに完成度が高い?ネイチャーソング。さっそくサビの「バッドネイチャ~♪」部分を録ろう!というトコまで話も発展。しかし、ジモンさんが「声が枯れてるから、今日は・・・」と、これに”難色”を示します。「曲作り」企画なのにこの”体たらく”なバッド・コンディション。そんな”主役”に「(こんだけ腹筋あるんだから)腹筋使いなさいよ!」と古坂さん一喝。それにか弱く反論する(そういや雨にずぶ濡れて風邪ひいたり花粉症だったり)「虚弱体質」な?ジモンさん(笑)

「ガラスの喉」って言われてるんだ、俺・・・
昨日パチンコ屋のバイトでさ。4軒周ったんだ、4軒!


ネイチャーの言い分では、この「曲作り」の前日にダチョウ倶楽部でパチンコ屋の”営業”があったらしく。それには「ミュージックステーションに出る前の週は、パチンコ(の営業)止めた方がいいですよ」と”側近”第2マネージャースマイリーキクチさんもご忠告。そんな中で「一生懸命歌えば歌うほど、みんな大笑いするってのが良い」(カッコ良すぎて笑う)という”コンセプト”のもと「曲作り」は進むんですが・・・なんと、スマイリーさんにも”コーラス担当”という仕事が(降って沸いたように?)出てきます。これには「他人事」という位置だったスマイリーさんも「バックヴォーカル」任命に困惑。しかもコーラスのフレーズ(下記)を知って・・・さらに困惑(笑)

(誰か見てる~♪)/(いい目してた~♪)/(木は見てる~♪)

「”天の声”っぽくな!」というジモン王のムチャ注文にも困惑・・・しかも「『いい目してた~♪』の時は”こう”ね」と、スマイリーさんの”振り付け”(ポーズ)まで「着想済み」だったジモンさん。あまりの「滑稽さ」に笑うに笑えず、「(イメージは)ビジーフォーだね!」と評するしかない古坂さん。でも、そこは「カッコ良くいこうよ!」と即行で「ビジーフォー否定」のジモンさん。この後もネイチャーソングはどんどん”右往左往”していきます(笑)

”コブクロっぽさ”はサイアク、俺がグラサンかければ問題無くないっスか?

古坂グラサンコブクロ・黒田」な(?)古坂さんがそう「見た目でカバー」な”エセ”黒田さん変身案を申し出たのも、今回の曲イメージ「コブクロゆずMr.Children長渕剛」というジモン王の主張を聞いてのモノ。何ら一貫性の無い音楽性?と思いきや、「全部含めてミュージックステーション!」というスマイリーさんのフォローで納得。ジモンさんは一人”何役”でもこなせるワケね(笑) これに気を良くして「パパパパ~ン、パラララララ♪」と(B'zのあの「Mステ」オープニング・テーマ曲)を口ずさみ始めるジモンさん。その調子に乗った姿を見て「イントロ、それ(B'z)で行こうよ。パラララ~ン、パラララララ~ン・・・、ある朝♪」と(音楽家にあるまじき)投げやり「まるパクリ」宣言。これにはさすがに「馬鹿野郎っ!パクるなパクるな!オリジナル!」とジモンさんも釘をさしていました。その割には「『♪スタンド・バイ・ミー』の”コブクロversion”って出来ない?」と”ムチャ注文”が目に余るシンガージモン。この段階でもかなり「オッパッピー」な”曲作り風景”ですけど・・・(笑)

「自然に学べ♪」: ネイチャー「魂の詩」披露!常人には考え付かないネイチャーソング(笑)

(本歌に採用されるか分かりませんけど)ありえない歌詞連発なんですのよ・・・「ある和菓子屋(?)に団子を買いに行った~、『売り切れです』というオヤジのくちびるが6ヶ所切れていた~♪」どうやら「3番」の歌詞で、しかも(字余りっぽいのが)「長渕」風。ワザと早口を要する部分(ジモンさん曰く「ココは”嘉門達夫”入りたいワケ」なパート)を(1番、2番は普通に作って)”遊び”を入れた「3番」に加えたいんだそうな。そこに古坂さんの「(「Mステ」は)3番は歌わないから・・・1番のAメロが終わる途中で”サイレン”(ネイチャーの「暴走」を止めるのに”おなじみ”の必須アイテム)が鳴って途中で帰っていく・・・」という「お前、演出家になれるな!」とジモン王のお褒めも受けた「妙案」を披露。途中まではイイ事も書いてるんです。「大切なモノは目に見えない、大切な事は教えてくれない、失わないと人は気付けない~♪」って結構なフレーズでしょ?でもこの後に・・・

(自然に学べ~♪)

と”スマイリーコーラス”が入るのがネイチャークオリティ(笑) この冒険心溢れるフレーズについては、古坂さんも「いいっスね、そのフレーズ・・・普通はやめますもん!」と絶賛(笑) ただここで”難点”が2つ。1つは(この金言連発の)「歌詞が曲に収まるのかどうか?」、もう1つは「楽器出来ますか?」といふコト。「ジモンさん、ハーモニカどうですか?」とこれまた”名演出家”古坂さんがプランを出しますが、ココはネイチャー「名参謀」スマイリーキクチさんが黙っちゃいません!「アレじゃないですか?”笛”でいいんじゃないですか?ネイチャーホイッスル!」・・・そうです。ネイチャーフエを持ち歩いている・・・古坂さんは「サンバになってる」と顔をしかめますが、確かにも捨て難い!でも、さすがは元芸人!古坂さんは”さらに”カブせるのです。「ネイチャー、あれですよ。葉っぱ(草笛)ですよ!もしくはビヨ~ン、ビヨ~ンって・・・」と(己の肉体を奏でる)”人間打楽器”案まで捻出!これにはさすがのジモンさんも「お前、バカにしてんのか!?」とキレかかる始末(笑)

スマイリー:「本気っぽいですね、”ネイチャー合唱コンクール”」
ネイチャー:「学芸会っぽい!”シンガーソングネイチャー”だ!」


音合わせ(歌入れ)してみるも、(さすがは俳優養成所出身?)意外に「歌がうまいジモンさん。「鼻大きいから歌うまい!」と古坂さんが(冗談交じりに)新説を唱えると、「俺、ミュージシャンだから!」と”ボケ”では無く「ウソ」で返すネイチャー。その後、音階の上下が微妙に気になるパートで「下がった方がいい?上がった方がいい?」とメンバーに(本心は「下がった方がいい」という答えを導きたい?ながら)助言を求めつつ、”聴くプロ”でもある丁半コロコロ西尾さんに「上がった方が(ミスチル櫻井さんっぽいですよ。イコール『モテる』って事です!」と”アドバイス”を受けると、「そっち(上がった方)にする!?」と豹変。今回のラストでも暴露されるんですが・・・「モテたいんだよ!」というネイチャーの”第1目標”はいかなる場合も崩れないようです(笑)

オシッコしてきていい? 最近、お茶飲むと「利尿」が早いんだよ!

「お茶は利尿作用が入ってますから・・・」と”正論”で返すスマイリーさん、ネイチャーの「締まり無き下半身」をよそに、どうやら曲作りも煮詰まってきたやうで・・・今回「曲作り」の”助っ人”として呼んだ「楽曲製作チーム」に一旦曲を預けるネイチャー。預かってはみたものの、膨大なネイチャー歌詞を手に”途方に暮れる”3人!

西尾:「この歌詞を全部歌おうと思ったら、8分かかる!」
TAMA:「虎舞竜ですよ、トラブリュー!」
西尾:「THE 虎舞竜になっちゃう、(もしくは)長渕の『ヨーソロー♪』みたいになっちゃう!」
古坂:「イイ事書いてあるんだよな・・・ジモンさん、あと2,3日で死んじゃうんじゃないかな?」
西尾:「分かってるのかも知らん!『大地震が来る』とか『戦争が起きる』とか・・・」


う~ん、まさに「オーシャンパシフィックピース」(Ocean Pacific Peace:「太平洋に平和を」)=「オッパッピー」(OPAPI)に通じるモノを感じずにいられない?このやりとり。ジモンさんは生き急ぎ、世界の終わりを予知しているのではないか・・・と危ぶみ、「とりあえず、(ネイチャー希望の)メジャー路線で曲を作ろう」と無難に進める「楽曲制作チーム」の面々。そんなメンバーの”苦悩”を知ってか知らずか、この後ジモンさんはお得意の「乱入」形式で登場!しかし、西尾さんが(「楽曲制作チーム」を離れて)ネイチャー軍団と雑談しているのを「3人とも”ガタイ”が良すぎるんですよ!」と言ってのけた(かつてジモンさんに「お前はTVに出る顔じゃない、作家やれ!おちまさとに顔が似ているから」と言われた)古坂さんも「ナイスネイチャー」だったなぁ(笑)

いい汗かいてるよ君・・・ナイスネイチャー! 「汗と筋肉は嘘をつかない!」

苦心して作り上げた「楽曲制作チーム」のおかげもあって、ネイチャーソングはようやく形に♪その出来栄えにジモンさんもご満悦、特に”人一倍”汗をかいて「曲作り」に取り組んだ「APESTAMAさんを上記の”ネイチャー名言”で大絶賛・・・でも、(ネイチャーの意向により)「まだ公表は出来ません」とのこと。しかし、この期に及んで「あくまでコブクロ!」コブクロテイストにこだわるネイチャー。「コブクロ・・・そんなに重要?」とメンバーが首をかしげる中、「どんなに◎◎◎よりも~♪・・・風に~、吹かれて~♪」と無意識に後輩「猿岩石」をパクるネイチャー、「どんなに~♪・・・(これは)安全地帯だ」、いまだネイチャージモンの体にはいろんなミュージシャンが”降りて”くるようです。そんな”先輩”ジモンさんを見ながら「ボクは(テクノ畑で)あんまりJ-POP作らないんですけど・・・ふだん。コレはイイですよ。モテそう!」と古坂さんがしみじみ(今回の「曲作り」を)振り返ると「ネイチャーの”第1目標”が出ましたね」とスマイリーさんが”合いの手”。ここで「モテたいんだよ!」と心の叫びを表に出す44歳・独身の寺門ジモンさん。この”自我の開放”に「素晴らしい!」とメンバー一同拍手!「言葉と音楽が”ミッション”したね!」と、(前の記事で書いた)「ネイチャートーク」(ムダ話)を含めて・・・今回の「シンガーソングネイチャー」は、「ダチョ・リブレへらクレス史上においても”会心の企画”だったのでしょう!

「スナックでも青汁なんです!」:青汁で熱く語る44歳・寺門ジモン

「あと、誰が歌うかですよね?」と古坂さんがボケると「オイ!」とリアルに怒るジモンさん。「これ、ジモンさんでいいのかな・・・?」と古坂さんがさらに押すと・・・「か、返し方わかんない!」と(芸人的な”見せ場”なのに)なぜか”いっぱいいっぱい”の「寺門ジモン」化して”答え”に詰まってしまうネイチャー。その「あたふた」する様を見て「そう言って、ウチの相方が辞めていきました・・・」と(元U-turn・土田晃之さんに通ずるような?)「遠い目」で感傷にふける古坂さん。しかし「オレは”深い”からね!」と”踏ん張り”が利くのが・・・真のネイチャージモンの姿なり!「ありがとう・・・(この曲は)あとで帰って練習するよ!聞いてみたい、どんな感じにしていけばいい?また連絡していけばいい?」と感謝の意を述べるネイチャーですが、(この明らかな”業務連絡”に対して)冷静な古坂さんは「それ、カメラ回ってる時に言うんですか?」と失笑。「カメラは関係ない!」と(この「ダチョ・リブレ」という番組は、ネイチャー自身の)「思い出作り」であるコトを強調するジモンさんですが・・・この一連の収録で精魂尽き果て状態だったのでしょうか、「また連絡下さい」・・・そこには古坂さんの(事務的な)処理コメントが残されるのみ。そして(ネイチャー界に波紋を呼んだ?)今回の企画「シンガーソングネイチャー」はなぜか「浅草スナック映像」でフィナーレを迎えるのでした。(今週”登板”の)井筒監督は「タモリ倶楽部」飲み企画の”常連”だと言うのに・・・ラストカットが「昭和」。本当にこれでいいのか、ネイチャー!?(笑)

【6/1(金)「タモリ倶楽部」ただ呑むシリーズ黒帯編・新橋呑み屋横丁ハシゴ酒(美人ママ付き)】
今週は(別名)”「パッチギ2」打ち上げ”、「飲み企画」の常連・井筒監督に、”酒呑みの聖地”「新橋」案内役・浅草キッドとともにタモさんも「飲んだくれ」の30分。「新橋」と言えば思い出すよね・・・「新橋ミュージックホール」、ああなるほど、「ぢ・大黒堂」繋がりで浅草キッドのお二人なのね。そんな中、”途中合流”しようとしてタモさんに(遅刻、遅刻、これまた遅刻と)積年の恨み(?)で説教される「叱られ安斎肇」さんキター!(笑)

安斎: 「めちゃめちゃ待ってるんですよ、オレ。今日に限って・・・」
タモリ: 「(めちゃめちゃ待ってるって)俺たち何年間アンタを待ったの!?」


これに起因してか?(先週は「空耳ジャンパー」フィーバーに沸いたのに)今週は一転”厳格”ジャッジで下ネタ”多め亭”に回帰してしまった感のあった(タモさん曰く、本音は)”残業”(?)の「空耳アワー」。また手ぬぐい連発になってきましたね・・・この辺りに「大奥田民生」さんが(また”飛び入りゲスト”で)来てくれればなぁ。上記「エリートヤンキー三郎」では恒例ですが、「ズボン脱いで放尿ね」って、「タモリ倶楽部」も「放尿ネタ」好きねぇ・・・しまいにゃ「タモリさん、マーティさん、こんばんは」って、嗚呼安斎さん・・・ひそかに崖っぷち(笑)

仕事!? 知らねぇよ、そんなもの!
「タモリ倶楽部」なんか仕事じゃねぇもん・・・趣味だよ!


同じ昭和20年生まれでも1月は「戦中派」、8/21生まれのタモさんは「戦後派」。それにしても(上記の)”魂の叫び”よ!お~、井筒監督の中でも小島義雄さんの(今だけが(?)”旬”の)「おっぱっぴー」ネタがキテるんですか?だって、コレってば「今日は『タモリ倶楽部』の仕事、でもそんなの関係ねぇ!」な”流れ”でしょ?その後に「趣味ならギャラ無しで・・・」とカブせていた”反セレブ体制タモさん”GJ”!あと、2軒目「南」でEminem「♪Lose Yourself」(南→みなみ→エミネム)のBGMなハウフルス佳夢音)も”GJ”!(笑)


古墳ギャグ”なぜか連発の江戸川大学教授・斗鬼先生は「田園調布」がお好き?6/8(金)「タモリ倶楽部歴史ミステリー!?東京一の古墳群を行く!!については【#109】「時効警察ゾフィー」の記事に書きました。




え~、前の記事から2回に渡って書いて参りました「シンガーソングネイチャー」コレが”全貌”です。どうでしょう?「小島義雄って調子に乗ってるヤツは・・・何処のどいつだ!?」と(「筋肉は変形してこそ本物」的に)今にも食ってかからんぐらいの「おっぱっぴー」ぶりでしょ?「筋肉」、「自然」、「音楽」・・・”若い芽”自らを脅かす存在は早めに摘まねば!という闘争本能で、さっそくネイチャーの危機管理センサーも作動?つぶさに(すでに)「小島義雄」に反応済みなのかも?「でもそんなの関係ねぇ!」小島さんは小島さんで、我が道を行く感じもしますが・・・「筋肉好き芸人」なこのお二方、うまいコト”共存”してもらいたいモノです。でも小島さんは(こういうトコも”惹かれる”ポイントですが(爆))「竹山さん一派」(サンミュージック所属)だからね・・・カンニング・竹山さん経由で「竜兵会」、同じ「ダチョ・リブレ」でも(竜兵会ver.の)「ばっかス」側に出るかも?ですね。そうなったらなったで「オレより”笑い”を取るなよ!」と・・・小島義雄さんに対する竜ちゃんの「涙目」姿も(容易に)目に浮かびますが。「竜兵参り」一番手っ取り早いのは、なんとか「出川軍団」にまぎれ込むコトかな?(笑)

チントンシャンテントン、チントンシャンテントン・・・

あ~、(いずれ「オランダ代表vs日本代表」も見たいけど)「上島竜兵vs小島義雄」、もしくは「ネイチャージモンvs小島義雄」のマッチメイク。かなり「オッパッピー」な顔合わせだよ・・・見たいんだけど、今のうちに(爆)

【“【#108】
「オランダ代表・アジア遠征」 小島よしお×ネイチャー”の続きを読む】

テーマ:特急田中3号 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.06.04(月) 19:37|
  2. ネイチャージモン
  3. | TB:1
  4. | コメント:12



   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。