Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#114】
「僕らはサルだ!」 半田健人”王子”は左利き?

世界陸上前夜祭ですか?織田裕二さんのこのの「高揚」ぶりは異常!人間と同じルーツをもつ類人猿に注目し、“人類代表”の織田が秘密に迫っていく・・・って、この”触れ込み”なら食い付いちゃいますね。マダガスカルやルワンダのロケ映像も貴重だな。決して「ひとり踊る大捜査線」を思い出すワケでも無く、(妻夫木聡さんじゃ無い方の(爆))サルを抱く”世界陸上”モードの織田裕二さんを見てみたい。TBS系で8/20(月)の21時からですか。これはなんという月9♪ おもいっきり世界陸上直前」の番宣だよね・・・絶対見よ(笑)

サルの生態に織田裕二感慨 「僕らはサルだ!織田裕二の類人猿とふれ合う感動紀行」
スポーツ報知  2007年7月19日


まぁ先週はどうにも「サラリーマンNEO」も「タモリ倶楽部」もお休みだし、F1ヨーロッパGPも(ビリヤードの球が如くF1各マシンがコースアウトしまくり)ルイス・ハミルトンも(決勝レース前に)事故るわ(レース中の激雨で)クレーンに吊られ「リタイア寸前」だわの大混乱だったし、とどめは「鎌ヶ谷 11-3 拓大紅陵」の千葉県予選4回戦・8回コールド負け、(関西(岡山)ミラクルがかったサヨナラもあり逆転勝ち続き、今春センバツの覇者・常葉菊川(静岡)大垣日大(岐阜)宇部商(山口)福井商(福井)辺りもまだ各地方予選で勝ち残ってますが)千葉県大会での大前勇人くんの早すぎる「終戦」と・・・何かと凹む週でございました。が来るたびに・・・あの日幼かった私の手のひらに居た小さなを思い出す。小さな小さな、今にも消えてしまいそうな儚い小さな光。なんとか切り替えんと・・・と思って探した”小さな光”が↑の「僕らはサルだ!」なワケで(爆)

象にキレる織田裕二: 「おい、類人猿なめんなよ!」

OA前から「僕らの””は本当に要るのか?」など失礼なウワサもあったこの「僕らはサルだ!」、しかし本放送での深田恭子さん「おやおや織田さん、それじゃどっちがサルか分かりませんよ」の自虐ナレに脱帽(笑) でもアフリカで生水を飲んだり草を食べたりしてたけど織田さん、あの後お腹”大丈夫”だったんでしょうか?

「”Char”っつうトコが面白いスね」タモさん絶賛”の「ありがとチャー」、7/27(金)「タモリ倶楽部ロープ縛り企画「縛った古新聞はなぜ解けるのか?身近な疑問からはじめるロープワーク」についてはブログ後半で。



「左利きに聞く左利きの世界」: 右利きの人が日常生活で知らない、左利き目線の世界・・・

先週号だったかな?AERAを読んでたら、「左手を持つな」というエントリでとあるブログが”炎上”という記事が載ってました。ヤバいな、ウチも「神の右手、悪魔の左手」なんてエントリがあるぞ・・・なんて冷や汗をかいたってのは些細な話かもしれませんが、にしてもあの”川柳”は弁解出来ないねぇ。TV番組左手で箸を持つ人をそこまで気にしなかった(7/17(火)「ぴったんこカン・カン」での「高田純次石原良純舘ひろしちょい不良オヤジぶらり旅4」とかでも気にならなかった)自分には「へぇ」と思える話でした。というのも、左利きの人は日常生活でより「ストレスを感じる機会が多い」というのを知ったから。つい先日、右利きの知人が階段から落ちて右手を痛めて不自由してたのを見てたし・・・これまたタイムリーと言えばタイムリーな話で。

銀行ATMもそうだし、右ハンドルで左利きで(高速・ICの入口)発券ゲートも(つい左手がピクリと動いて)イライラするとか。仲間うちでファミレスに行って席に座る時なども「隣の人とひじが当たらないように」と配慮して(なるべく)端の席に座るとか・・・右利きの自分が気付かない部分で左利きの人は気を遣う、右利きがどれだけ社会の恩恵にあやかってるかってね。「ステキ女子」と呼ばれる人種なら、こんなシチュエーションでも速やかかつ最善の対処策を(嫌味なく)とるのかな。こう思うとスポーツ界で(現在話題のオランダU-21代表ロイストン・ドレンテもそうですが)「サウスポーレフティーはカッコいいな」なんて憧れる自分のなんと滑稽な事か。左利きの苦労も理解せず「ふざくんな!」なんて言われても仕方無し。「あえて話すことじゃないけど」と前置きされた上で左利きの友人に聞いた話で・・・浅はかさに気付かされます。一概には言えませんが左利きの人はより「のし上がっちゃるけん」精神も(右利きの人と比べて)強くて、俗に言う「左利きに天才が多い」というのも(”うさうさ脳”的効果もありましょうけど)「努力型」という傾向もあるのでは?以前に高橋幸宏さんが(同じYMOのメンバーである)坂本龍一教授を「努力型の奇才」と評してたのも・・・そういう意味なのかも?

「半田健人さん登場」: 7/27(金)「タモリ倶楽部」ロープの回、半田健人”王子”は左利き?

それで現在気になっているのは、(「ホタルノヒカリ」の”都会の妖精”「癒しの王子様」が手嶋マコトくんならば)こちとら「タモリ倶楽部王子様」じゃい!と言うのがこの男、”たっくん”半田健人さん!で、彼が”左利き”なのか?といふ事。過去の「タモリ倶楽部」出演回を振り返ると、「プチプチ」の回では主に右手でつぶしていたような?右利きっぽい感じもしますけどね・・・ちょうど今週7/27(金)の「タモリ倶楽部ロープ企画「縛った古新聞はなぜ解けるのか?身近な疑問からはじめるロープワーク」がOAされますし、自分の”身近な疑問”もそれで解明してみようと思います。あの半田さんの”気遣い具合”は左利きのような気もするんだけどな・・・。

たっくん: 「(1979年と言えば)新宿センタービルが建った頃ですね!」
タモさん: 「ビルはもういいから!」


(前回出演の「スイッチ」の回での名言ですが)今回も半田健人王子は「ロープ」(古新聞)の回ながら、スキあらば「高層ビル」ネタに結び付けるのかな?(笑) あと「チーズ転がし祭り」の”Daisuki Miyazawa”さんも出ますね。この人は左利き?そういやタモリさんって左利きだっけ?いつもハンドマイクを右で持ってるから右利きだろうなぁ。六角精児さんやマギーさんは?そして水野晴郎ちゃん・・・あ、水野さんは今回出ませんね。ちなみにぼんちゃんも。ロープを持つ手に、思わず”利き腕”に注目しそうな2週ぶりの「タモリ倶楽部」です。

素振りは「右利き」ぽかったけど、得意の「高層ビル」ネタの”型”に持ち込めなかった今回の半田健人王子?本編「縛った古新聞はなぜ解けるのか?身近な疑問からはじめるロープワーク」についてはブログ後半で。

ロープ」の回の”屈辱”は(得意分野である)「歌謡曲」で晴らす!10/26(金)「タモリ倶楽部歌謡曲企画「半田健人の歌謡曲インストナイト・プレ視聴会」については、【#123】「DJ半田健人」の記事に書いてます。



ホタルノヒカリ」に出てくる男性キャラは、手嶋マコト王子高野部長神宮司要殿”もみんな「天才肌」系、なにしろ(ドラマでは安田顕さん演じる「二ツ木昭司」ポジションの)虎田六郎ちゃんまで”ヤリ手”のデザイナーだったんだし・・・原作キャラの顔ぶれで行くと左利き多そうな感もするけど・・・細かいトコどうだったかな?藤木直人さんや”ドレイク加藤和樹さん、武田真治さんはどうなんだろう?藤木さんは「ギャルサー」で(「シベリア超特急」シリーズばりの)投げ縄”ロープアクション”もやってたんだっけ・・・やっぱ右手で投げてたのかな?”アホ宮”蛍役の綾瀬はるかさんでも「どじょうすくい干物女だけでは判別しづらいか。「おじいさん先生」のピエール瀧さんはどっちかな?松村雄基番長は・・・なんかドラマでも「利き腕」に目が行っちゃいそう(爆)

【「おじいさん先生」第3話 「夜回りおじいさん先生」 銀天街で”東関東最強”丸山敬と対決!】
ソーダより 心にしみる ヤクザの涙」・・・思いっきり字余りだし。毎回「三途の川」で死の淵をさまようおじいさん先生・山之内(ピエール瀧さん)は杖を右手でついてたし、ボーロ右手であげてたし・・・右利きですね。「どうだ!?おじいさんの余裕は!」と(「やっぱりに弱いんだ・・・」と西寺(荒川良々くん)は冷静だけども)今回もおじいさん先生心酔してた老沼松村雄基さん)は”蹴り”やパンチが右だし・・・右利きでしょ。でも「東関東最強」のヤクザ・丸山役で今回出てきた中村有志さんはガチ戦闘能力がスゴい(by ネイチャージモン談)らしく。コレを知っててこのキャスティングってコトなら・・・シャレになんないよね。「確珍犯」でしょ(笑)

しかも「おじいさん先生」第4話、教頭先生の中の人・柳沢慎吾さんが「ひとり甲子園ネタやってるし!(笑)

【「ホタルノヒカリ」第三夜  「干物女の失恋ドジョウ掬い」 干物女、飲み会でドジョウ掬いを踊る】
このドラマの出演者の方々は総じて右利きっぽいなぁ。ケータイコップを持つ手などから察するに。え~、見終わった感想を分かりにくく例えます。「とんこつモードでお店に入ったら、そこはしょう油ラーメンのお店だった」感じ。ドラマでは「ステキ女子vs干物女」の”対決”が今後もメインテーマになるのかな?う~ん、「だし対決」!”殿神宮司要武田真治さん)はガッツリ「黒子裏方さんに回るのか・・・既に「」って呼んでたね。最初は「ちょんまげ」呼ばわりと思いきや。ドジョウ掬い、のちのちこれが”伏線”の味付けかな?すなわち・・・「コメディ」と思ったら「ハートウォーミング」で、どっちも「ラーメン」。それぞれ「良さ」”美味しさ”が有るしね。

しかし、織田裕二さんの特別番組「僕らはサルだ!」なんて見てしまった日にゃ・・・「右利き or 左利き」なんて次元を超越した話?(いかりや長介さん亡き今)アフリカ紀行モノも織田裕二選手の手中に!?昨今の腐女子ドラマ”花ざかり”なご時勢だけに(山口智子さん「女帝エカテリーナ」の”男版”で)ラストに”ぱん一”(orふんどし?)になり泳ぐ織田裕二・・・とカオスな展開(「桃姫愚連隊」的サービスシーン?)もあるかも。そこまで(石井武的に)ハイテンションじゃ無くとも見ますけど。超ハイテンションぶりはおそらく、その後の「メイン」世界陸上で「目撃」出来るでしょうし、あと1ヶ月?キャスター席で飛び跳ねる(らしい)織田裕二さんまで(笑)

今年も織田裕二MCが騒ぐ!吠える!飛び跳ねる・・・”冗談じゃない”熱い!「世界陸上2007・大阪大会」の”間違った見方”につきましては・・・【#117】「My Sweet O'Darlin」の記事で書いちゃってます(爆)

【“【#114】
「僕らはサルだ!」 半田健人”王子”は左利き?”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:ホタルノヒカリ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.07.29(日) 12:08|
  2. 半田健人
  3. | TB:0
  4. | コメント:16


【#113】
「干物女におじいさん先生」 まったり”脱力”夏ドラマ

何やら花香芳秋さんが怒られてるようで・・・TBS「リンカーン」で問題の亀田さんモノマネを見ましたけど、22時台であの”アグレッシブ”に「ディスる」ネタなら怒られるなぁ。なぜ花香さん、あの番組であんなに攻撃的だったんだろう?そんなに芸能生活をアセるべき方でも無い、将来有望な方だと思ってたんだけど・・・ぶっちゃけて言うと「下ネタ」の極致ですけど、こういうの(「タモリ倶楽部」の「空耳アワー」の例を出すまでも無く、表立って言えないけど)面白いんだよね。こういうネタはもっと深い時間にこっそりやれば「伝説」になれるのに。せっかく「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権Ⅹ」でもファイナリストに残り、「オランダU-21代表DFドレンテレアル・マドリードに移籍か!?」って程までじゃないけど”シンデレラストーリー”を歩む矢先になぁ・・・。

これは紹介する天野先輩が悪い?(笑) そんでもって、スタジオで(この方がこの系のネタで「ガハハ笑い」するのはもう止められない?)ダウンタウン・浜田さん達と一緒になって笑っていた関根師匠にも・・・あそこは事務所の後輩の花香さんの”楯”になって「ウチの後輩が行き過ぎちゃってごめんなさい」と(ジョーク交じりにでも)OA上でコメントを乗せておけばなぁ。一緒になって笑ってると”悪ノリ”に見えかねない・・・関根師匠尊敬してるからこそ、今回の件についてはあえて苦言を。そう思うと浅井企画の先輩芸人さんの立ち振る舞いにも残念なところがあったと思います。とは言っても(最後に言い訳がましいですが)あのモノマネ、「後世に残そう」と一部で”好評”だったとか?だってさぁ、昼間っから「精子」やら「卵子」やらセリフが飛び交うドラマがついこの前までやってたんですよ?花香さんが「矢面」に立つんなら、そういう「オッパッピードラマの存在はどうなの?なんて問い詰めてもバチは当たらんですよ。こうしてる間にも、昼ドラ深夜ドラマは刻一刻と”アブない世界”に近づいていくワケですわ。そりゃそうだ。小島よしおさんのBGMで一躍有名(らしい?)のwoody「♪hype 'o' tek」ケータイ着メロDLランキングの「第1位」になっちゃう”世の中”なんですから・・・(笑)

「オレはおととい来たんだ!ココに!」、タモさん計測器ランドの常連?「空耳アワー」では安斎肇さんの「おじいさん安斎民尾さん&「ひいおじいさん」”(野良仕事吉田さん”も油絵で登場しましたよ♪7/13(金)「タモリ倶楽部計測器企画「秋葉原の穴場テーマパーク 計測器ランドで遊ぼう!」についてはブログ後半で。



「ホタルノヒカリ、第一夜放送後」: ”干物女”番組PRに大奮闘&「二ツ木」役の安田顕さん

ホタルノヒカリ第一夜を見ました。1話の感想については前の【#112】「バス街ック天国」の記事にも書いてますが・・・まあ、南青山界隈にあんな”ネイチャー”な一軒家物件があるコトに驚き。あんな家に(しかも余裕で)住んでる時点ですでに「勝ち組」だよね。このドラマは性質上・・・「結婚できない男」(そういやこのドラマには高島礼子さん&「金田」高知東生さんと「夫婦」揃っての出演だったんですね。いまさらながら(爆))、「のだめカンタービレ」(原作に忠実)、「ハケンの品格」(ファンタジー)といったここ最近の”強力”な先輩ドラマの存在から、さぞ期待値の「ハードル」も高~いドラマ(勝手な自分の”ものさし定規”かもしれませんけど(爆))だと思っておりましたが・・・逆にこういった”先輩ドラマ”ファンの「ニーズ」をうまく突ける存在になれば面白いですよね。その辺りは「ドラマ界の味の素オフィスクレッシェンドの事、すでに意識(=マーケティング)されて制作したドラマだと思いますが。すでに(設定やらセリフやらファッションやら)多くの視聴者に色々ツッコませる辺りは・・・いまや何事にも”一億総評論家”のご時世(制作陣の”術中”?)「つかみはOK」な感触でせうか。

udo「ただいま・・・ただいま戻った!」
「はいはい。あっ・・・よかったら、お弁当どうぞ♪」

「どっかで見たような弁当だが?」
「気のせい、気のせい」

「本日社内の会議室で食した弁当にくりそつだが?」

anego」(「♪We Will Rock You」)や「ハケン」(田口トモロヲさん起用)でオープニングに凝ってた実績があるし、「ホタル」でも(唐突に綾瀬はるかさんがしゃべり出すとか)妙なオープニングも作っちゃうのかな?それより、スピンオフの「メンズホタルノヒカリ」により力を入れるのも”手”かも。あのミニドラマ、ボリュームはテレ東「去年ルノアールで」(演出:大根仁監督(オフィスクレッシェンド))の放送時間(10分間)よりも多いくらい?こっちも「ホタル」本編を”食う”くらいの存在になって欲しいねぇ。 綾瀬はるかさんはNTV「おもいッきりテレビ」にまで出演して7/11(水)”ドラマPR”TVジャックをされたそうで、その(「干物女」らしからぬ)孤軍奮闘ぶりも報われたのでは?あれって(熊田曜子さんを抜いて)「歴代最年少パネラー」記録更新?「おもいッきり」な”お嬢さん方”もドラマを見たんだ、きっと。「ハケン」同様、今回も”繰り返し見”しちゃったよ。そう、むろん「小ネタ」を”復習”するためにデスよ。「くすぐり方」がうまいね、オフィスクレッシェンドは。まったく・・・(爆)

去年ルノアールで」今しか見れない限定動画中!の文字に惹かれて、動画を見たいがため(mixiの軍門に下り)miklyへ。「妄想喫茶・ルノアール」店内のメンツもありえない位に超豪華!こりゃ見たくなりますねぇ♪

二ツ木」役の安田顕さん、「ハケンの品格」でも「一ツ木」役で貢献された「TEAM NACS」の役者さん。今回も(「駒大苫小牧」か「NACS」か?)「日本ハム効果」をもたらし「ホタル」の”北海道民人気”もブレイクですかね?今回は”くるくるパーマ大泉洋さんが居ないだけに、余計にヤスケンさんにかかる比重も大きそう。あっ、でも「神宮司要」役の武田真治殿”も”道産子”でしたね、たしか・・・。しかし「ハケン」時は(ペコペコと頭を下げる)”人の良い”「一ツ木」マネージャー役なのに、今回の「ホタル」では(同性の高野部長藤木直人さん)に想いを寄せる)”ふらちな”「二ツ木」経理部・部次長役?って”BL要員”を買って出られるとは・・・(上川隆也さん風に)「役の幅」が広いよね。いずれにせよ「ホタルノヒカリドラマ化成功」のを握る方だと思うし。この日テレ「水10」枠”ヤスケン”安田顕さんが「五十三ツ木」役を務めるまで、末永く見守りますよ(笑)

【「ホタルノヒカリ」第二夜  「干物女とラブメール」 雨ガッパを笑う者は「河童の報い」に泣く】
ラッシャー板前!」を真剣に考えてみた。手嶋マコト”ドレイク”加藤和樹さん)への返信メールが「了解」だけの”自衛隊”メール→「ラジャー!」→「ラッシャー!」→「ラッシャー板前!」、ラッシャー板前さん(本物)って、ウガンダ・トラさんの「義理の弟」なんですってね。それはともかく、高野部長藤木直人さん)の雨がっぱ姿にビールを吹く”アホ宮”蛍綾瀬はるかさん)、しかも”高級チーズ泥棒”と高野家で「悪行三昧」だね(笑)

アホ宮蛍: 「いきなり標高5000mのエベレストが私の目の前に・・・」
高野部長: 「エベレストは8848mだ!」


その通り。しかし桑野信介さんに言わせれば「公式には標高8848mだが、正確には8844.43mだという測定結果もある」と”屁理屈論争”になっちゃうかも・・・高野部長(笑) 一応”殿神宮司要武田真治さん)も”広島弁しゃべり”が出ましたね・・・第一夜よりは。やっぱ”綾瀬仕込み”(方言指導)の広島弁なのかなぁ?まぁドラマの方言しゃべりは「ふざくんな!」「のしあがっちゃるけん」級の”破壊力”で無ければ大丈夫っしょ。さて今回の「干物女」ハイライト。縁側で(手の届く範囲にお茶(伊右衛門)のペットボトルを配置して)「Kiss」(「ホタルノヒカリ」原作が連載されてる雑誌)読んでるし、「河童の報い」の一件ですりむいてたのか?ひじにバンソーコー貼ってるし。優しいなぁ、暴風雨舞う最中”ヘビ女”ホタルのために(雨ガッパを着て)マコト王子にファイルを渡しに行く「きっちり」高野部長、なんという新聞配達・・・じゃ無くて、なんというキューピッド役!

手嶋じゃないか! 偶然だな、どうした!?

でも(ポリバケツを避けてーの)このセリフには茶吹いた!玄関で”信じられない格好”でアタフタする(にわか)「ステキ女子」”アホ宮”・・・「ムラムラしますか?」って千秋先輩に迫ってたのだめのノリかよ!家の表札の「高野」が見られた時点でヤバいんじゃ?(玄関じゃなくて)家の前で食い止めなきゃ?とも思ったけど。次回予告のアフロヅラどじょうすくいもビビった・・・第三夜の「どじょうすくい指導」は内村光良氏ですか?(笑)


ホタル”失恋ドジョウ掬い”「ホタルノヒカリ第三夜については、次の【#114】「僕らはサルだ!」の記事にて

「おじいさん先生」: 日テレ土曜深夜、「エリヤン」終了を惜しむ視聴者層のためのドラマ?

だからね、”表向き”は「ドラマホタルノヒカリを見てる」って”体”になりすますワケですよ。しかし心の奥底では「エリートヤンキー三郎」(&「麗わしき鬼」)のような「オッパッピー」部門のドラマを観たい”渇望”も否定できぬ有り様。そんな時に知ったドラマが日テレ「おじいさん先生」熱闘篇です。1話放送後に知って、後で録画分をもらって観たんですが・・・何なのこれ?なんという「シュール」?「カオス」? なんという「癒し系」?(笑)

マドンナ先生: 「校長先生、教頭先生、何やってるんですか!?」
校長先生: 「餅を焼いてるんだ・・・」


これが「学校崩壊」に悩む”教育現場”の実態?松村雄基さんが学ラン着てるって!「エリートヤンキー三郎」で言う「大河内一郎・二郎」(小沢兄弟)の”ポジション”ですよ。やっぱキテるね、「おっさん高校生役」ブーム。なぜか柳沢慎吾さんも教頭役(教頭なのにパシリ役。ちなみに(同じく”パシリ”の)校長役がきたろうさんって(笑))で出てるし、しかもこのドラマ、評判次第で今後この枠が「大人計画枠」になる可能性もあるし、なんと荒川良々くんまで出てるし!主役の「おじいさん先生」がピエール瀧殿って、このワンダーな顔ぶれよ。「エリヤン」が終わり、「良々くん」をドラマで見たい、ここまで自分の「ニーズ」に合ったドラマは無いな、うん。

不良の巣窟、エンペラー学園! この物語は・・・
エンペラー学園に咲いた”一輪の菊の花”のような「おじいさん先生」が
”獰猛なマングース”のような「不良生徒達」に立ち向かっていく姿を
余すところなく描いた物語である!


肝心の「おじいさん先生」の内容なんですけど、これがまた(「エリートヤンキー三郎」などの)”暴力”が支配するヤンキー学園ドラマセオリーを打ち破ってるというか、むしろ「ホタルノヒカリ」に通ずる”まったり”、”ほっこり”感に近いのでは!?とさえ思わせる程の出来。まぁ、なんというか・・・番長(松村雄基さん)が(「まんが日本昔ばなし」常田富士男さん口調の)おじいさん先生ピエール瀧さん)に”おじいちゃん特有の力”によって、「関東髑髏党」総帥がヨボヨボのじいさんに屈しちゃうんですよ。コレだけでも想像がつかないでしょ?そのうえマドンナ先生(松本莉緒さん)が次第におじいさん先生に惹かれていく・・・って、どんな設定だよ!?1話を見た限り、そんな「惚れフラグ」は立ってなかったような・・・そういう異質なドラマです。ちなみにロケ地は「エリートヤンキー三郎」と同じ(神奈川県三浦の)廃校なんだとか。ってコトは、「おじいさん先生」最終回でも「俺達もう、三浦まで通う必要無いんだね」(©ウルフ前田兄)的な(ねぎらいの)セリフもあったりして?(笑)

【「おじいさん先生」第2話 「おじいさん先生 vs ワル四十人」 老沼&おじいさん先生への反逆】
あの「不良の巣窟、エンペラー学園!」ってナレーションしてるのって、松尾スズキ主宰だったのね。かなり大人計画”全面バックアップ”じゃないスか。それにしてはタイトルバックの(縦書き文字)「おじいさん先生」の”貧相”なコト!瀕死な字体だよ。それにエンペラー学園の制服、(サワー沢口さんの衣装みたいな)青くてテロンテロンに光る生地・・・みんな「リアルに吐く人」のモノマネが出来るんじゃないか?っつーくらいの制服。古典の授業中に「おやつを食べよう」とか、そのおやつが「玉子ボーロ」とか・・・ヤンキー学園ドラマなのに、「何なんだ”玉子ボーロ”って!?赤ん坊か?俺たちは・・・」ってくらい「ほのぼの」してる。しかもおじいさん先生ピエール瀧さん)は「お城マニア」で、特に「姫路城」がお気に入りとは。はぁ・・・今や「三途の川」も「Sanzu」(Suica方式)で渡る時代なのね。最後の老沼番長(松村雄基さん)の(ウルウルなセリフ)「ちょっと、目にカナブンが入った!あばよ!」も良かったなぁ、さすがは柳沢慎吾さん出演ドラマだ。「罠にはまり、クラスまとまる、サプライズ」となぜか最後に一句、そして次回(第3話)が「夜回りおじいさん先生」って、それが一番の”サプライズ”じゃぁよ・・・「女帝」とこの「おじいさん先生」を見てて(バランス的に)”大丈夫”かなぁ?この(笑)

知る人ぞ知る芸能界最強とのウワサが”ガチ”であるらしい?中村有志さんが・・・「東関東最強」丸山敬役で登場、「おじいさん先生第3話夜回りおじいさん先生」については【#114】「僕らはサルだ!」の記事にて。



この学園ドラマ深夜ドラマなんだけど放送日が「土曜」なので、「タモリ倶楽部」(7/13(金)は「計測器」の回、翌週7/20(金)は放送休止(泣)、そして7/27(金)は「古新聞」の回で半田健人さん登場!)と放送時間帯がカブらないのも大きい!そういやテレ東やりすぎコージー」とカブるんだけど・・・最近見てなかったのですっかり忘れてた。もし「ネイチャージモン企画」とカブったら困るなぁ。しかしこの日テレドラマプライム深夜に活況ですね・・・2番組しか見てないけど。カッ!先入観だけで物を見るのは早計なり。ヤンキー学園ドラマとは言っても、内容は「麗わしき鬼」辺りほど”悪ノリ”してないし、やもすると「水戸黄門視聴層まで取り込めるんじゃない?もしや「お茶の間」にすら通用する!?はるかに「良心的」な作品ですから・・・(笑)

(※)「おじいさん先生」は毎週土曜24:50~25:20の30分番組で、うまいことテレ東やりすぎコージー」の放送時間帯とカブってませんでしたね。失礼しました。って事はもしや今後・・・土曜日に「おじいさん先生×ネイチャージモン」コンボに酔える週もあるかもって話?なんという「誘惑」!このヤバいな、これ・・・(笑)

【“【#113】
「干物女におじいさん先生」 まったり”脱力”夏ドラマ”の続きを読む】

テーマ:おじいさん先生 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.07.19(木) 00:16|
  2. ドラマ、映画
  3. | TB:1
  4. | コメント:20


【#112】
「バス街ック天国」 ホタルノヒカリ、ルノアール

「蛍の光」って、デパートとかスーパーの閉店前に流れる物寂しい曲ってイメージあるじゃないですか。でも、欧州辺りでは必ずしも「ネガティブ」な感じでも無いんですよね。現にサッカーのスタジアムで試合途中に「♪蛍の光」が聞ける事があります。(金子達仁さんのサイトの旅行記でも書かれてますけど)自分もこのフィリップ・スタディオンアイントホーフェン)で「♪蛍の光」の大合唱を聞いた事がありまして。それが疑問だったのでのちのち調べたんですけど、選手交代の時に「ご愁傷様、残念だったね」という意味で合唱しているワケじゃなくて、むしろその逆で「素晴らしかったよ、ありがとう」という意味で合唱しているんだとか。要は「スタンディング・オベーション」代わりに「ホタルノヒカリ」を合唱して”称賛”の意を示す文化もあるのだ・・・という事です。

「小林さん、7連覇逃す=米恒例のホットドッグ早食い競争」
   時事通信  2007年7月5日


小林尊さん「7連覇」ならず。しかし「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」の映像って初めて見ましたけど・・・最後の方ってグロい画ね。思いっきり”リバース”してる・・・朝のニュースで流していいのか?「サワー沢口」さん以上に「リアルに吐く人」を見たような。12分間(でしたっけ?>制限時間)で自己記録の63本・・・上には上がいて、小林尊さんを上回ったアメリカ人のジョーイ・チェスナットさん(23)は66本!このチェスナットさんは”サンドイッチ部門”でも新記録を叩き出してたんですね。今風に言えば日米「ホットドッグ王子」争い、おそらく次回は小林さんが(顎関節症を治して)リヴェンジを期するコトでしょう。もしくはギャル曽根さんが”仇討ち”に参戦するのかな?「あ、よいしょ」、「あ、それそれ」・・・食 べ な い か。でも、こういう「ホットドッグ早食い」でも、わんこそばの”つぎ手”(モノマネ大地真央さん(笑))みたいな役割の人が居たりするのかなぁ?

「ウテナ前」は「ウテナゼン」と読むべからず。7/6(金)「タモリ倶楽部バス停企画についてはブログ後半で。



「ホタルノヒカリ」: オフィスクレッシェンドとの”絡み”、その点では「ルノアール」にも興味

夏ドラマが続々とスタートを切っておりますが・・・金曜を迎えるとより「時効警察」、「エリートヤンキー三郎」の抜けた””の大きさを痛感しております。前クールは”ドラマ花盛り”の金曜日だったなぁ。新しい”楽しみ”を見つけんとね。期待しているのは日テレ水10の「ホタルノヒカリ」なんですけど、これがまたフタを開けてみないと分からない!(よく言われてますが)”干物女”雨宮蛍(綾瀬はるかさん)の年齢設定が「24歳」(原作では「27歳」)で若すぎないか?という懸念や「手嶋マコト」役を演じる新人・”ドレイク”加藤和樹さん(テニミュ2期出身なら(「ハケン」にも出てた)「ペスカ」手塚役・城田優さんがイメージに近いかなぁ>「癒やしの王子マコト役(爆))の起用、原作に無い「二ツ木安田顕さんをドラマ版で追加など・・・”冒険”している要素が結構あるそうで。「もうひとつのホタルノヒカリ」みたいな角度で、「もしが24歳だったら」と”ドリフ的”な見方をすれば違った楽しみ方も出来る?ドラマスタート前の「スリル」も味わえるし、ハズしたら「ダメだこりゃ」で済むし(爆)

「去年ルノアールで ”打倒!24時間テレビ(欽ちゃんの100キロマラソンのみ)!!”」
   大根仁のページ  2007年6月23日


(今年の冬クールで「ハケンの品格」を観てたのもこの要素が大きかったし)「ホタルノヒカリ」で一番こだわるのが・・・このドラマが「オフィスクレッシェンド制作(協力)」か否か?でも、こんな志向が強いと「ブランド物志向」みたいにあまりよろしく無く(爆) 物理的に考えて夏クールテレ朝スシ王子」(堤幸彦組)&テレ東去年ルノアールで」(大根組)の2番組で忙しそうですし・・・「ホタル」は”非オフィスクレッシェンド”でもいいや。「ハケンと同スタッフ」と聞くと、やっぱソコが気になっちゃうけど、そこは華麗にスルー。「スシ王子」は(前クールの)「帰ってきた時効警察」が始まる前には期待してたんですけど・・・(「すでに映画化」とか)あまりの”先走り感”について行け無さそう。”先走り”ついでに、この次の10月期(秋クール)の金曜ナイトドラマ枠は「クドカン」脚本で長瀬さん?という怪情報もあるみたいですが・・・この枠って、どうも”先”を眺めちゃい過ぎるかも。

あや?「ホタルノヒカリ」[制作協力:オフィスクレッシェンド]って、こっちのHP(DOGATCH)の[スタッフ]ページには載ってるんだよなぁ。でも公式HPの[スタッフ]ページに[制作協力:オフィスクレッシェンド]の記載は無し。ちなみに7/7(土)の番宣「水曜よる10時・あなたも”干物女”!?ホタルノヒカリ先取りSP」の制作協力は「AX-ON」(日テレ系)って制作会社(子会社?)でしたが・・・この事前番組を見た限り、”作り”が「オフィスクレッシェンド」ぽくない事も無い?「どっこいショウイチ」って口癖(オヤジギャグ「よっこい庄一」の”干物女”アレンジバージョン?)といい・・・セリフ回しもどことなく「オフィスクレッシェンド」っぽいけど、どうなんで「庄一」?

それにしても”ドレイク加藤和樹さん、氷帝の「跡部」様から・・・ちゃんと「手嶋マコト」化してる!それに一番ビックリした。上述「癒やしの王子マコト役」に関する不安要素発言については、早くも”前言撤回”かも(爆)


そうなると(個人的には)「オフィスクレッシェンド印」でこのの”裏本命”と成り得るのが「去年ルノアールで」なんですけど、こっちも(7/15(日)スタートながら)いまだ謎のベールに包まれてるっつか・・・放送時間が「10分」なのか「30分」なのか?すら解らない・・・そんな”ミステリアスさ”も魅力の一つ!?大根さん演出で音楽がシンコさん(スチャダラパー)でバナナマン・日村さんがレギュラーメンバーで・・・これでOPイラストが江口寿史先生なら「30minites」だしね(笑) 超深夜(日曜深夜2:30~)ながら温水洋一さんとか遠藤憲一さんとか北村一輝さんとか杉作J太郎and more・・・ありえない出演陣!さすがは「深夜ドラマ番長」大根仁さん、時間が時間なだけに(みうらじゅんさんの「シンボルず」にせよ・・・なんでテレビ東京はもっと早い時間帯に編成しなかったのやら?)視聴習慣がつくかどうか不安なんですが・・・ぜひガンバッテ下さい!(爆)

「昔の名前で出ています」: あの”街に詳しい”2人が共演!の「タモリ倶楽部」バス停企画

でもTBSの金10ドラマ「山田太郎ものがたり」第1話のラ・テ欄「麗しの王子様は・・・」って、「王子」と「麗し」で釣ってるんですかね?「麗し」って、「麗わしき鬼」のファンを意識してるんでしょ?(笑) って話は別として、あと”テレ東”繋がりで話すと「アド街ック天国」なんですけども。この番組に出てる新旧「街に詳しい」お二人の泉麻人さんと山田五郎さんが、7/6(金)の「タモリ倶楽部バス停企画「なぜかバス停に残る昔の名前、地図と推測で謎を究明!珍バス停名」で揃ってゲストなんですのよ!確かに「バス」と聞くと泉麻人さんの登板だよなぁ。最近「天国に一番近い男」(脚本:越智真人=おちまさとさん)のビデオを見たせいか、「麻人」と聞くと(「アッー!」な役回りだった)「中津川麻人」役・池内博之さんを「うほっ」と連想(笑) 同じくコレの「天童世死見」(陣内孝則さん)のキャラも笑えるね。「菊次郎」とはまた違った”破天荒”ぶりで・・・「大和田課長」役の渡辺いっけいさんも「小田切医局長」(@「救命病棟24時」)とは180度違った”ダメ上司”っぷりで。それにしても「天現寺るり」役だった松本孝美さんって、今はもうドラマに出てないのかな?気になってネットで調べたりしてたんですけど(「天国に一番近い男」を観てると)今のドラマにちょくちょく出ててもおかしくない人なのでは・・・

(「山田太郎」じゃなくて)山田五郎さんは以前のアルミニウムマニアの回で「金属関係の時しか呼ばれない」と自らの”鉱物マニア”ぶりをアピールされてましたが、今回は金属以外の回(バス企画って「新マイバス・マイヒーロー」の回以来?)にも出られて良かったですね!それに泉麻人山田五郎のタッグはまさしく「バス」+「アド街」=「バス街ック天国」!このお二人が繰り出す”バスうんちく”を(今回の「タモリ倶楽部」で共演する)板尾創路さんがどう(飄々と?)「あしらう」のかも見どころです。この前の「空耳アワー」で、長野・駒ヶ根市の「女体入口バス停が出たのも・・・このバス停企画の”伏線”だったのかな?あと泉麻人さんは、やっぱり今回も顔色悪いのかなぁ。「テレビ探偵団」で”朝井泉”(本名)で出演されてた時も・・・どこか内臓悪そうでしたし。

泉麻人の私だけが知っているバス停」、何をもじってるか「オリジナル」が解るって・・・続きはブログ後半で。



前クールは「特急田中3号」でアヤックスジャージを着てくれた田中くんに感謝し、「帰ってきた時効警察」の霧山三日月コンビ(麻生久美子さんこそ「ホタルノヒカリ」”干物女”にハマリ役?「(仕事も出来る)三日月しずか」でイメージぴったりだし(笑))に癒され、さらに「エリートヤンキー三郎」&「麗わしき鬼」で腹を抱えて笑わせて頂き、(ここまで「すごく・・・ドラマです」なクールは無いほど)ドラマにどっぷりなでした。だもんでクールも期待しちゃうんですよね。「エリヤン麗鬼」のせいでまともなドラマを直視できない”後遺症”が残ってるかもしれませんが・・・それはそれでまた「オッパッピー」な感性の持続で。そういや小島よしおさんが(7/6(金)の「ぐるナイ」に再び)また出演するんだった。「おもしろ荘」に再登場だそうで。ある意味”前回王者”だしね!

【「もう見たくないって?そんなの関係ねえ」 小島よしお、7/6(金)「ぐるナイ」2度目の登場!】
ははは。「ぐるナイ」HPに「面白い」の書き込みと「もう出すな」の書き込みで”賛否両論”だった!って~。むろん、自分は「」でしたが。「こっちの視力・・・」おっ?”新ネタ”を出す!と見せかけて「音とあってねぇ、でもそんなの関係ねぇ」と寸断しちゃうし、(「笑金」などでは「はい!オッパッピー」だけど)「ぐるナイ」では(番組ごとに”こだわり”があるのか?)「Say!オッパッピー」だし。今回の女性ゲストが(普段は「つまんないんです」と”暴露”された)”知り合い”の滝沢沙織さんだった為、小島よしおさんも「素」で照れてましたし。今回(恒例の)「オッパッピーってどんな意味なんですか?」のやりとりが無かったのも”知り合い”だったから?でも、何だ?あの「ナイス♪ナイス♪ナイス(タッタラ)ナイス♪」(小島よしおギャグ 其の一)って・・・「これ”飲み屋”やったらちょっと笑ってしまうかも?」という”岡村評”通りの「コンパ芸」。逆にあの「ナイス♪」の”小島ボイス”が耳に付いちゃった(笑) それにしても海パン王子、「おもしろ荘3回目の登場か・・・これで見納めか?(笑)

でも「決める」、このは「織田陸上」に甲子園大前勇人くん、最後の・・・甲子園に届くか?)もあるし、夏場になったらドラマの事を忘れちゃってるかもしれない・・・ごめんよ、舘ひろしタン。その頃になるとドラマホタルノヒカリ」も”称賛”か否かがはっきりしちゃってる頃かな。縁側でぐうたらしてて”拍手”というのも考えにくいけど・・・あの「ホタル」番宣CM見てると、「にゃらん」の方がよっぽどアクティブだよね。原作では「ホタル」も「にゃらん」に負けず劣らず”冒険”するんですけど・・・どうしよう?(原作がアレンジされて)ドラマが進むにつれ「ショータイム」があったり「階段落ち」があったり、(実年齢30代~40代の)学ラン高校生が出てきたり「占い師」にすがるシーンがあったり「お漏らし」シーンがあったりして収拾が付かない事態になったら・・・それはそれで「もうひとつのホタルノヒカリ」みたいな角度で、別方向に”吹っ切れて”見て楽しめるかも(笑)

大前勇人くんの”最後の”がこんなに早く終わるなんて。今夏の戦国千葉、ただただヘコみまくりです・・・

【7/11(水)「ホタルノヒカリ」第一夜 「恋愛するより家で寝てたい・・・干物女が恋をした!?」】
始まりましたでありんす。で、気になったのはオープニングでの「オレ様神宮司要武田真治さん)の「一人で食べんさい」ね。これって広島弁?原作の”殿”は(後述「天国に一番近い男」の”ジャイアン”鮫島(袴田吉彦さん)は「栃木弁」なまりが出てたけど)うっかり「広島弁」が出るキャラなんだよね、原作では。今回の主役・雨宮蛍綾瀬はるかさん)が広島の出身で、近い位置に広島弁の「エキスパート」が居るので・・・方言指導無しで、武田真治さんは”殿”の役作りが出来る?とも思ったんですけど、”殿”はあんまりセリフが無かったような。せっかく第一夜(第一話)から出るんなら、最初から”殿”の「オレ様」キャラ”炸裂”かな?と予想してたんですけど・・・ことのほか「おとなしめ」な出だしの”殿”でした。まぁ、いずれ”殿”中心の話もあるんだろうなぁ。

キミ・・・この家には「コップ」というものは無いのか?

「ありんす」って、や高野部長(藤木直人さん)のこの狙い気味に”昭和”なセリフ回し・・・やっぱりこのドラマも「制作協力:オフィスクレッシェンド」だったんだ♪「スシ王子」(組)や「去年ルノアールで」(大根組)に人を割かれるのでは?と思ってて、なんだかんだで、「オフィスクレッシェンド印」が確認出来てホッとしました。1話分だと時間が短くて、ラストの「恋に落ちたんですよ!」って逆ギレする所が(なんで手嶋マコト王子(”ドレイク加藤和樹さん)がホタルに惚れるのか?と)”イミフ”な話の構造で、人によっては”干物女”は「ずうずうしい」、「頭がおかしい」、「セコい」、「古臭い」と捉えられるかも?ですが・・・噛めば噛むほど味が出てくるのも”干物女”なんでしょ。の会社もイマイチ業務内容が分かりにくいんですけど・・・みんなちゃんと仕事してるんですよ、きっと。それにしても(前クールの「エリートヤンキー三郎」や「麗わしき鬼」の影響で)こういったまったりしたドラマは見れないかもなぁ・・・と”危惧”してたけど、まだ見れた♪ 刃物を振り回す登場人物が出てこないドラマでもまだ見れる。己のドラマ感覚もまだ”末期症状”で荒んで無いな。と「ほっこり」しました(爆)

こちらは「オフィスクレッシェンド」ノータッチかなぁ?スピンオフ「メンズホタルノヒカリ」第一夜「山田姐さんが怖い!!」も面白かったです。次回からは、あの脇役な「THE 3名様」にも注目しよう。しかし”鼻毛”って(笑)

お客様!申し訳ありませんが、ここは「運動場」では無いので・・・

オウヨ!でもね・・・三枝優華(”おきおき沖縄国仲涼子さん)からのTELでオッサレなBARに駆けつけるシーン、いくら”干物女”でも着替えて行くよねぇ。さすがに「シミ付き体操着」&「ヒザ破れジャージ」&「おっさんサンダル」の”運動会ファッション”は過剰演出だったんじゃないの?いくら、「オフィスクレッシェンド印」でも(笑)


「ホタルノヒカリ」第一夜OA後第二夜については、次の【#113】「干物女におじいさん先生」の記事にて。

【“【#112】
「バス街ック天国」 ホタルノヒカリ、ルノアール”の続きを読む】

テーマ:ホタルノヒカリ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.07.06(金) 23:51|
  2. タモリ倶楽部
  3. | TB:0
  4. | コメント:14



   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。