Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#177】
「今宮健太×庄司隼人」 県岐阜商/中京/切手/車窓

熱闘甲子園」では連日花巻東・菊池雄星投手を重点的に取り上げてますが、第11日の第1試合「明豊(大分) 8-6 常葉橘(静岡)(延長12回)」での9回表の「今宮健太vs庄司隼人」両好投手の激突も流れてましたね!今大会、ここまででも一番震えた勝負でした!試合終盤ながら(ここまで2安打の打者に迎え)全球ストレート真っ向勝負」する庄司投手!それを打ち返し、同点打を放つ3番・今宮くん。ノーアウト3塁で「なぜ大会屈指のスラッガーと勝負するのか?」という声もあると思います。でも、もうあの”対峙”は・・・もう2人しか入り込めない”聖域”が。ほとんど野球マンガの世界でした。結果、(庄司君「211球」の熱投と共に)常葉橘は延長で力尽きました。試合終了後、笑顔で健闘をたたえ合う今宮くんと庄司くん甲子園の真髄を見ました。

「甲子園の風: 明豊・今宮と常葉橘・庄司が決闘!ライバル物語の続きはプロで。」
高校野球 Number Web 第90回夏の甲子園  2009年8月21日 by 氏原英明さん


「前から今宮選手と対戦したかった」「直球勝負でありがとう。楽しい勝負だった」対戦後言葉を交わす両雄。いわゆる「グッドルーザー」ってやつですね・・・こういう見る者を魅了する創造者こそ、夏の主役であるべき。これ、常葉橘が09年国体新潟国体)に選ばれたら、また「今宮vs庄司」が見られる可能性も出るのかな?つか、今宮君を見る度に敦賀気比高校時代の東出選手を思い出す・・・加えて内籐剛志投手の気の強さも。勝った明豊は、次の準々決勝(第12日)で(春センバツで敗れた)花巻東との”リベンジマッチ”に臨みます!

「手彫切手 6銭 だいだい」の「ヨ」のカナ入りは切手は3000万円の価値が有り!8/21(金)「タモリ倶楽部切手企画「死蔵切手がプレミア化!?大変動!切手相場最前線!」については、ブログ後半で書いてます。

727」に「とんかつ・ぽん吉」、「テファニー」に「トトロ」、そして「恐竜」・・・8/28(金)「タモリ倶楽部東海道新幹線企画「日本の大動脈は謎だらけ!東海道新幹線の車窓から」についても、ブログ終盤で書いてます。




「覚醒・県岐阜商」: 積極走塁、PL帝京撃破・・・常葉菊川再来を思わせる、豪快な古豪復活

(上述)常葉橘庄司投手の直球勝負を見て胸が熱くなったのはもう1つ”理由”がありまして。(【#99】「常葉菊川優勝」の記事に書いた)常葉橘の兄弟校・常葉菊川(静岡)センバツ優勝した、2年前の春の甲子園。その年の準々決勝・大阪桐蔭戦で同じく”大会屈指のスラッガー中田翔選手と対決するシーンがあって・・・「1-1」の同点で迎えた8回裏2死2塁、あの時も当時の「田中-石岡」のバッテリーは(「敬遠」など頭に無く)「真っ向勝負」で中田君に挑み、レフトへの大飛球(レフトフライ)で見事打ち取ったあの試合。その後、勢いに乗り優勝候補大阪桐蔭を倒した常葉菊川・・・今回の庄司投手にも”常葉イズム”(?)を感じたんですよね。庄司君、負けたけど完投お疲れ様でした。「今宮健太vs庄司隼人」の名勝負、しかと脳内に焼きつけました。

「県岐阜商、31年ぶり8強の原動力 ---タジケンの甲子園リポート2009 Vol.10」
スポーツナビ 第91回夏の全国高校野球選手権大会・コラム  2009年8月20日


そして今大会、昨年の常葉菊川の再来を思わせるチームがもう1校・・・それは意外にも夏の甲子園27回出場の名門・県岐阜商。このチームは今年4月に・・・(【#45】「Bad Day」の記事に書いた)尾藤投手を擁してベスト4進出した時の岐阜城北の名将・藤田監督を招聘。すると、藤田監督は上に挙げたコラムにもあるように「意識改革」を施して名門復活に導いてます。今大会、甲子園でも初戦の山梨学院大付に圧勝し、3回戦ではPL学園(大阪)にも完勝!投げて良し、打っては2試合連続ホームランエース・山田投手はこれで一躍”最強モンスター”のスターダムに?初戦で「この選手は調子が悪い」と見るや・・・良い選手とクリーンアップを組み替えて結果を出すなど、今回の藤田采配もキレ味十分。まさに「藤田マジック」・・・って言い過ぎると(我がブログは”デスノート”ですから)準々決勝(第13日)の帝京戦で良からぬ事が起こるし、この位で(爆)

【第91回夏の甲子園:準々決勝「県岐阜商 6-3 帝京」 小技に機動力、走攻守に県岐商圧倒!】
がっちりと胸を合わせた正攻法で帝京を撃破し、ベスト4進出を決めた県岐阜商・・・力強さを増してますね!3回裏の一挙4得点が試合を決定付けました。エース・山田智弘投手も12安打を浴びながら要所を締めるピッチングで2試合連続完投勝利。次の相手は新潟県勢初のベスト4を決め・・・1番・切手くんを先頭に「2人の高橋」2番・高橋隼之介くんと5番・高橋義人くん(スラッガー)を中心とした”強力打線”を誇る日本文理!それにしても今大会は郷土色豊かな地方のチームが都市部のチームを倒すケースが多くて凄いですね~。特に岩手新潟甲子園通算勝利数が最下位を争うような県なのですが・・・これは(80年代から90年代、平成初頭に名を馳せた有名私学が新世代のチームと「世代交代」する)「地殻変動」の兆し?おそらく駒大苫小牧の優勝が「地方の時代」?これらムーブメントの起源かと思われますが・・・関東近畿の”地盤沈下”が今年顕著に見られた事もあり、今大会「4強」の面々は(例年に増して)フレッシュな顔ぶれと見受けられます。

「県岐阜商・山田は2戦連続完投、帝京を降す/ファースト横井の先発起用もズバリ的中!」
毎日jp (毎日新聞) 夏の高校野球 第91回全国高校野球選手権大会 2009年8月22日


とはいえ県岐商中京大中京は「名門復活」の分類ですがね。しかし、ますます冴え渡る「藤田マジック」!帝京戦「殊勲打」の横山一塁手は控え選手、「右投手が得意なため」との理由で横山君を先発起用に決めた藤田采配がまたしてもピタリと当たりました。途中で送球をに当てて退場しましたが、代わったレギュラーの泉田君も意地のヒットを放ち・・・うまい具合に競争を生んで、勝ち進むごとにチームが活性化する好循環。中軸も井貝君を3番に、江崎君を4番に入れ替えて・・・それがまた初回の先制点に繋がるんだな、これが!やることなす事がここまでズバズバ当たりまくる藤田采配、次の準決勝はどんな策でくるのか見ものです!


【第91回夏の甲子園:準決勝「日本文理 2-1 県岐阜商」 追撃及ばず・・・エース山田力尽きる!】
9回表、最後の代打・古川君のタイムリー2ベースで「藤田マジック」まだまだ発動かと思ったんですが、この試合は終始(相手の)日本文理の方が一枚上でした。チーム打率4割の強力打線はもとより、ピンチにおける好守に(日本文理・大井監督が「200点満点」を付けるほどの)エース・伊藤君の巧みな投球術に翻弄されてしまいましたね。ことごとくチャンスで県岐阜商の鋭い打球が日本文理の内野守備に捌かれたのを観ながら2年前の常葉菊川が(この日の県岐阜商と同じく)9回2死から3連打で猛追撃するも・・・広陵に惜しくもあと一歩及ばなかった、「広陵 4-3 常葉菊川」のあの準決勝を思い出してました。「あと1本」が遠かったなぁ・・・そういや去年もオランダ代表EURO2008フランス代表イタリア代表を連破した後にロシア代表に屈してたっけ・・・と回想にふける自分でございました。やっぱり、どんなチームにも「落とし穴」はあるもんだわ(爆)

「第91回全国高校野球:日本文理2-1県岐阜商 日本文理、巧み4戦完投」
毎日jp (毎日新聞) 夏の高校野球 第91回全国高校野球選手権大会 2009年8月23日


藤田監督が「運が無かった」と憂いてたのも”巡り合わせ”だったんだろうなぁ・・・相手の方が打順の巡りもチャンスポイントゲッターの2番・高橋隼之介くんや「甲子園打率7割バッター」9番・中村主将に回ってきてたもんね。対して県岐商の方はちょっとバッティングの方でエース山田君が”ブレーキ”になってたかなぁ・・・しかし日本文理打線はまだまだ1番の切手くんや5番の高橋義人くんがチャンスメイクするなど打線の厚みも凄い!投げる方ではよく山田投手がこの日本文理打線を2点に抑えたと思いますよ。ともあれ、このもっとも自分の心をアツくしてくれたチーム、県立岐阜商業・・・ベスト4進出おめでとう。そして・・・お疲れさまでした!


ああ、早まったな・・・準決勝智弁和歌山 7-8X 県岐阜商」も春選抜&夏の甲子園名勝負ベスト10にランクインしてたな(爆) 決勝戦のカードが「都城商(宮崎)vs県岐阜商(岐阜)」の公立決戦になった新潟トキめき国体(高校野球/硬式の部)については・・・【#180】「Episode 15 - ファイナル -」の記事に書いてます。

「圧巻・中京大中京」: 長野日大都城商を圧倒、日本文理の猛反撃を抑え43年ぶり全国制覇

あと、今大会での発見は東農大二ブラスバンド演奏。春の習志野に続く胸躍る応援スタンドでしたね。特に(やけにについて)自分がお気に入りなのは「東農大二二高サンバ」(YouTube動画)だったようです♪ 惜しくも3回戦敗退ですが、又農大二甲子園アルプスが待ち遠しい・・・つか拓大紅陵も待ってるけど(爆)さて、今大会は”信州のイチロー長野日大・新村くんや俊足で「155cmの2番」花巻東・佐藤涼平くんといった個性的なバッターが目立ちます。新村くんは初戦の作新学院戦や2回戦・天理戦でもリードオフマンとして活躍、3回戦では反撃のホームランも放ちましたが・・・新村くんの長野日大を「15-5」の大差で下したのが、全国No.1勝利数の名門・中京大中京。ここまでの勝ち上がりは今大会出場校の中でも屈指の安定感。特にネクストバッターズサークルで腕立て伏せをする”腕立て王子(?)”3番の河合完治くんは、2回戦・関西学院(兵庫)戦9回にサヨナラホームランなど大車輪の活躍。準々決勝(第13日)の相手は都城商(宮崎)です。

「16強に進出した都城商の転機 ---タジケンの甲子園リポート2009 Vol.9」
スポーツナビ 第91回夏の全国高校野球選手権大会・コラム  2009年8月19日


都城商も新西くんの好投で「平成最強」智弁和歌山に快勝!公立校ながら佐賀北清峰に匹敵するポテンシャルがあるようで・・・投打のバランスが取れた好チーム。都城商・河野監督もおぎやはぎ・小木博明さん似で試合中もぬぼーっと立ってて”ミステリアス”な存在ですけど、いまだ”全て”を見せてない感のある中京大中京との激突は見もの。一見地味ながら「日本文理(新潟)vs立正大淞南(島根)」の準々決勝(第12日)も・・・チャンスに強い日本文理打線は(清峰・今村投手に完封されて初戦敗退した)からの大きな進化を見せてますし、立正大淞南も初戦(2回戦)の華陵(山口)戦での(華陵・安達投手との)息詰まる投手戦を制したり(3回戦の)東農大二戦も終盤に加藤投手を攻略したり「初出場」とは思えない試合巧者。というか、エースの崎田聖羅(みら)投手は・・・顔も名前もタレントみたいだし。残念なのは(応援しようと思ってた)敦賀気比倉敷商の初戦敗退・・・大型チーム・九州国際大付(福岡)も3回戦で勝てる試合を自滅するし、なんだかなあ。ありえない守備崩壊は目を疑い、左腕・納富君「マウンドでの号泣」はウルウル・・・ホント、もったいなかった。

【第91回夏の甲子園:準々決勝「中京大中京 6-2 都城商」 磯村先制3ラン&堂林投打に活躍!】
初回の攻撃が試合の流れを決めました・・・中京大中京の”横綱相撲”。1回裏の2アウトランナー無しから3番・河合くんが目の覚めるようなヒットで出塁し、4番・堂林くんが連打で続いて5番・磯村くん(2年生)の先制3ランホームラン。これが都城商エースの新西投手に対して余りにも効きすぎたボディーブローとなりました。今日の中京は中押し、ダメ押しと試合運びも手堅く、しかもサード河合くん&センター岩月くんら勝負どころでのファインプレイも続出。ここまで名門パワーを見せつけられれば、都城商も(心が折れて)成す術無いスよ。試合後半は堂林投手の低めへの制球も冴えて・・・6回以降は都城商打線もノーヒットと沈黙。中京はスコア以上の快勝でベスト4に進出。準決勝の相手はいよいよ「大会No.1」の”最強モンスター”左腕・菊池雄星投手を擁する花巻東(岩手)。(登板できるか分かりませんけど)「菊池雄星vs中京大中京打線」の頂上対決!凄みを増した河合堂林磯村中京大中京クリーンアップが花巻東にどう襲いかかるのか?見ものです!

【第91回夏の甲子園:準々決勝「中京大中京 11-1 花巻東」 止まらない・・・史上最強の中軸!】
腕立て伏せをする中京大中京3番・河合完治選手(手負いながら)あの菊池雄星君でも止める事が出来なかった中京大中京クリーンナップ・・・本当に河合完治選手はサークル内で「腕立て伏せ」(←写真左)の”ルーティン”をやってるんですね!準々決勝は3打数3安打&完投劇の「堂林タイム」、そして準決勝は(ほぼ)サイクルヒットの「河合タイム」・・・この2人が突出している上に5番・(2年生)磯村君も2試合連続ホームラン!これを含め花巻東戦はチーム「1試合4HR」の離れ業!そして(日本文理同様)強力打線にあぐらをかかない堅実な守備。ここにきて超重量級打線の全貌も見せて来た中京大中京、「全国制覇」に向けて視界良好かと思われます。昨年のEURO2008におけるスペイン代表になってきたな、こりゃ・・・とはいえ、不安は(もし先発で行くなら)堂林投手の3連投。失投を逃さない日本文理打線の格好の餌食となり得ます。共に攻撃力が素晴らしいですからねぇ・・・「河合完治中京)vs高橋義人(文理)」のバットマン頂上対決”も見逃せない!史上最多か新潟県勢「初」か?泣いても笑っても、あとは甲子園大決勝戦」を残すのみです。

【第91回夏の甲子園:決勝戦「中京大中京 10-9 日本文理」 9回2死から日本文理打線猛反撃】
中京大中京43年ぶり7度目の全国制覇震えた。これも甲子園の真髄。つか野球マンガ超えてる。水島新司先生でもよう描かんでしょ。最大の”見せ場”が「4-10」の9回表2アウトから訪れるなんて想像できんし、ただただ日本文理打線の精神の強さを褒め称えるのみ。あの場面で切手くんも高橋隼之介くんもよく粘り勝った!負けたら即中京大中京優勝の瞬間だったんですが、9回2死から打者8人の猛攻で一挙5点をもぎ取って・・・「10-9」まで追い上げた日本文理!その中にはクリーンナップが落ち着いてボールを見極め四死球で次の打者に繋いだり、名手のサード河合君がファールフライを見失ったり、6番(この試合完投し力投ぶりを見せた)伊藤投手に場内から割れんばかりの「伊藤コール」が沸き起こったり、ともかく9回表の1イニング、ワンアウツを取るまでに色々なドラマがあってねぇ・・・(この日「打のヒーロー」だった)堂林投手に優勝の瞬間マウンドに居る事を許さなかった、日本文理打線の意地&底力にただただ驚くばかりでした。試合終了後は正直、どちらの高校が優勝したのかも分からなくなったぐらいの・・・大井道夫監督率いる日本文理高校の怒涛の追い上げは見事でしたね。もう十分ドラマティックなんですけど、あれでもし試合をひっくり返したら「世紀の大逆転劇」で、新潟県勢には永遠に忘れ難き初優勝となっていたのでしょう・・・

「【熱球甲子園】 日本文理 九回二死から5得点…驚異的な粘り見せる!!」
「【熱球甲子園】 地元主体の『県民チーム』躍進 準V日本文理、花巻東…」
産経新聞 スポーツ:夏の高校野球 第91回全国高校野球選手権大会 2009年8月24日


「守りから畳み掛ける」中京大中京本来の野球は(長野日大戦の後半から)出来てましたけどね。創部以来「夏の甲子園決勝戦負け無し」の”不敗神話”を持つ中京大中京。その”不敗神話”があわや崩壊しかけた?あの9回表が無ければ、中京大中京43年ぶり7度目の全国制覇に貢献した「投打のヒーロー」は(先制2ランHRを含む3安打4打点で)文句無く堂林くんだったでしょう。でも衝撃の9回表で甲子園球場の雰囲気は一変し・・・またしても「グッドルーザー日本文理エース・伊藤直輝投手の誕生に場内は沸き返りました。試合後、(上記「今宮健太×庄司隼人」に続く)「堂林翔太×伊藤直輝」笑顔で健闘を称えあう両エースの姿をまた見られる事になろうとは!このシーンが象徴的ですが、この夏の甲子園は本当に新鮮な顔ぶれで野球を楽しそうにやってるチームが目立って・・・何より(一瞬たりとも目を離せない)「面白い大会」でしたね。デッドボール守備崩壊が多く痛々しい場面も多かったんですけど・・・個人的にはここ近年で一番の「当たり」でした!何せ今大会を締めくくる”クライマックス甲子園”がこの試合ですからね。今思えば(今春センバツ優勝投手)清峰高校・今村くんは・・・この日本文理打線をどうやって完封したんだ!?しかし、(終盤の驚異的な粘りにより)ここまで堂々と胸を張れる準優勝も珍しい。負けはしましたが、新潟の人々にこの「大決勝戦」は(愛知県民以上に?)”語り草”となって行くんだろうなぁ・・・正直、スゴい打撃を見た!いまだに9回表の日本文理の「オレッ、オレッ、オレッ、オレッ、オレ~」って応援歌が耳にこびり付き離れないんだから・・・よっぽどでしょう。


倉敷工南陽工から清峰vs花巻東県岐阜商中京大中京日本文理まで・・・今年の「My Best 10」はいい勝負が多かったので(私せるが独断で選ぶ(爆))春選抜&夏の甲子園名勝負ベスト10をUpしました。

長島三奈×栗山英樹」の、今年の「熱闘甲子園2009」コラボがなんと・・・「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の舞台で実現!さらに帝京有賀ナビルくんまで登場!?10/1(木)の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権Episode15」については・・・【#180】「帝京高校3年生・有賀ナビル君」の記事で書いてます。



という事で、高校野球以外は何がありましたっけ。世界陸上?今年の織田裕二さんもホント、なんだかなぁ。随分”静か”だそうですね・・・唐沢寿明さん主演の「20世紀少年」は8/21(金)&8/28(金)と金曜ロードショー2週連続ですが、高校野球終わったら「20世紀少年最終章」モードに入らないと。そして8/21(金)には「タモリ倶楽部」もあって、「大変動!切手相場最前線」の回でみうらじゅん氏、なぎら健壱さん、鴻上尚史さんという濃い3人がゲストに登場。前の記事にも書きましたが日本文理(新潟)の1番打者も「切手孝太」選手!奇しくも「タモリ倶楽部切手の回がある金曜の甲子園にも切手くんが登場って”運命のいたずら”っスね(笑)

8/28(金)の「タモリ倶楽部」は「日本の大動脈は謎だらけ!東海道新幹線の車窓から」でゲストは竹山隆範さんとフットボールアワーのお2人。出演者の「栗原景」という方をググッたら「新幹線の車窓から」って、今回のタイトルそのままのがヒット。おそらく、電車企画というよりこの絡みの”ナニコレ珍車窓”企画でしょう。

【“【#177】
「今宮健太×庄司隼人」 県岐阜商/中京/切手/車窓”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009.08.29(土) 06:55|
  2. 高校サッカー&高校野球
  3. | TB:1
  4. | コメント:12


【#176】
「大橋JCT完全踏破」イングランド戦/夏の甲子園開幕

8/6(木)「科捜研の女」を見ようとしてTVを付けたら、なんと!裏のNHK教育テレビ50周年記念「YOU・YMOの音楽講座」の回をアンコール放送してました。思わず若き日の細野御大、ユキヒロさん、そして坂本教授に見入ってしまった・・・「YOU」の映像は(【#95】「RYDEEN」の記事にも書いた)YMO”直系”の弟子・高野寛さんと緒川たまきさんが(同じNHK教育で)MCを務められた「土曜ソリトン SIDE-B」で取り上げられてましたが、自分「YOU」の映像を見るのは初めてで。この番組のMCは”C級コピーライター”でおなじみ糸井重里さん、(前述)高野さんは「師匠格」としてやや恐縮されていたのに対して、糸井氏は”友だち目線”でYMOの3人に問いかけていたのが印象的でした。しかし細野さんが大筋を作り「あと作っといて」と書き置きして教授に渡すとか、メロディでメッセージを伝えるので(さらに補う場合に)歌詞は仕方なく付けてるとか・・・YMO音作りというのは面白かったですね。ウワサ通り、やっぱあの当時の教授はちょっとトンガってたんですね。あの時代にあの音楽を確立したのは改めて凄いなぁ。でも、最後に観客が(個々に持ち寄った)お手製の楽器を一斉に弾き鳴らし、一緒に演奏してたYMOとのセッションは・・・騒音にしか聞こえなかったけど(笑)

「すごいじゃないですか!」オープニングから声が裏返っていた江川達也さん!8/7(金)「タモリ倶楽部土木ファン垂涎の「只今絶好調工事中!大橋ジャンクション完全踏破!」については、ブログ後半で書いてます。

(喧騒を忘れて)ラフィ笑顔のゴール!8/12(水)の親善試合イングランド戦(H)についてはブログ終盤で。




「夏の甲子園開幕」: 戦国模様の第91回全国高校野球選手権大会、フレッシュな顔ぶれ続々

2年ぶりに織田裕二キャスターの熱い夏・・・世界陸上ベルリンは8/15(土)に開幕しますが、それより1週間早く8/8(土)に開幕するのが第91回夏の全国高校野球選手権大会。実はもう8月アタマに(アヤックス開幕戦勝利&本田圭佑選手もPSV戦(A)で1ゴール1アシスト+スーパードリブルで活躍した)エールディヴィジが開幕したしてまして・・・8月は完全にスポーツ漬けの月になりそうですね。千葉大会拓大紅陵決勝進出して、久々に全国で紅陵の応援が聞ける!と思ったんですが「八千代東 5-4 拓大紅陵」と敗れて惜しくも準優勝。もし千葉代表が拓大紅陵だったならば、このブログもだいぶテンションが違ってたんでしょうけど(爆)

そんな中、今度の大会は(上述)八千代東高校など初出場校が13校でフレッシュな顔ぶれ。特に個性的なのが”ハマタイガース”横浜隼人(神奈川)でしょう。ユニフォーム阪神そっくりなのは有名ですが・・・(全国No.1スラッガー・筒香君を擁する)横浜桐光学園桐蔭学園と連破し全国一のマンモス大会・神奈川予選を制した、しかも(宇部商常葉菊川を彷彿とさせる)「ノーバント真っ向勝負で勝ち抜いた”勢い”は本物?おそらく(神奈川代表ながら)今大会中で甲子園が一番似合う代表校になるはず。全国大会では新顔だけど柳沢慎吾さんは(横浜同様)横浜隼人もプッシュでしょうか。しかし、まさか(大会規模が大きい)千葉神奈川が揃ってオール地元の子出身の初出場校になるとはね・・・こういったチームでも優勝出来るんですねぇ。

「夏の甲子園・見どころ」: 好投手兼スラッガーも続々!九州のモンスターチームも出現!?

で、今大会を占いますれば・・・まずチェックするは「エーススラッガー」と投打の大黒柱を担う選手の存在。倉敷商業(岡山)の岡大海(岡ひろみ)投手に西条愛媛)の秋山拓巳投手、常葉橘静岡)の庄司隼人投手、明豊大分)の今宮健太投手辺りは・・・投げては140km/h超、打っては大ホームラン連発というプロ注目の逸材。他に注目の左腕と言えば(夏は「今村vs菊池」の豪腕対決が実現しなかった(泣))花巻東高校(岩手)菊池雄星投手、そして敦賀気比福井)の山田修義投手が居ますよね。山田投手は福井大会で(同校の先輩・内海投手が持ってた記録を更新する)大会記録の「49奪三振」をマーク。敦賀気比と言えば個人的にも伝説の内藤剛志投手に快足・東出選手に三上投手など・・・思い入れの強い名選手が多いのでアツくなってしまいます。ただ、今年の気比は打線がなぁ、1年生コンビの中軸が山田投手をどうサポート出来るか・・・

全部ストレートの「直球勝負」をしたかった。「直球勝負」をありがとう・・・夏の甲子園3回戦「明豊8-6常葉橘」(延長12回)で「庄司vs今宮」での名勝負!次の【#177】「今宮健太×庄司隼人」の記事に書いております。

投打のバランスが揃った優勝候補と言えば、今大会は九州国際大付(福岡)の評判が非常に高いですねぇ。センバツ王者・清峰にコールド勝ちして春の九州王者に君臨!左腕エース・納富投手の頭脳的な投球に「國枝・榎本・河野」破壊力満点のクリーンナップは全国屈指の総合力だとか。このチームを率いるのは、かつてダルビッシュ投手を育てた元東北高校監督の若生監督。「ダルビッシュが居た東北と遜色無い」と、九国大付就任4年目でモンスターチームを作り上げた若生監督は、古巣の東北(宮城)との対戦を熱望されてるとか。昨年冬の(大前元紀選手を擁し)全国サッカー選手権を沸かした流通経済大柏並の完成度かと。あと九州には(長崎大会で王者・清峰を倒した)長崎日大の大瀬良投手、また春夏連続出場の興南(沖縄)・島袋投手に(上述)明豊の野口・今宮・山野の「3本柱」と好投手が並びますね。東日本では帝京日大三東京2校が九国を捕らえる存在?帝京は140km/h台を投げるピッチャー5人の投手陣って聞きますし、日大三高はチーム打率が.482と5割に迫る強力打線!名門・中京大中京(愛知)の堂林君も投打に注目の選手です。

「夏の甲子園・組み合わせ」: 開幕戦から「九州国際大付vs常総学院」!「岩手vs長崎」再び

で、夏の甲子園の組み合わせも決まったワケですが・・・いきなり第1日第1試合(開幕戦)で「九州国際大付vs常総学院」ってナニコレ!?若生監督と木内監督の対戦はダルビッシュ投手2年時の03年決勝と同じですね。木内マジックが全国屈指のタレント軍団を手玉に取れるのか・・・また、このブロックには(第7日第2試合で)「帝京vs敦賀気比」というカードも。”血染めのカーブ内藤投手が95年夏準決勝で屈した相手が帝京だったんですよね・・・山田投手、内藤さんの仇が取れるか?八千代東は大会初日で秋山投手を擁する強豪・西条と・・・厳しすぎる1回戦。「横浜隼人vs伊万里農林」の初出場校校同士のカードがうらやましい(爆)

「第91回 夏の全国高校野球選手権大会 組み合わせ (準々決勝以降は再抽選)」
nikkansports.com(日刊スポーツ) 第91回全国高校野球選手権大会 2009年8月5日


今大会の目玉・菊池雄星投手を擁する花巻東は・・・何の因縁か、またしても「岩手vs長崎」!清峰今村投手を下して勝ち上がってきた)大瀬良投手の長崎日大との初戦。大型選手、岡投手を擁する倉敷商業(岡山)は試合巧者の東北(宮城)と第4日第1試合で対戦します。庄司投手を擁する常葉橘(静岡)は旭川大高(北北海道)との1回戦(第2日第2試合)ですね。「明豊vs興南」、「立正大淞南(島根)vs華陵(山口)」辺りはそれぞれ九州中国と同地区同士の組み合わせ。「龍谷大平安vs中京大中京」の名門対決もありますし、個人的には「長野日大vs作新学院」もね・・・また長野日大の”スピード・ベースボール”を見るのが楽しみ!今大会の行方は果たしてどうなりますでせうか。う~ん・・・やっぱり八千代東はどう考えても分が悪いな(汗)

「大橋ジャンクション完全踏破」: 工事中の大橋JCTに”道路好き”な「タモリ倶楽部」が潜入!

今やタモさん江川達也さんが「タモリ倶楽部」に揃うと「タモ江地形クラブ」ですが、今回もそれ絡みかな?かつてはエロ企画、そしてジャンクション企画の常連でもあった江川さん、そんな江川氏が泣いて喜びそうな「只今絶好調工事中!大橋ジャンクション完全踏破!!」・・・今回も江川先生の持ち込み企画臭いですね。しかも8/7(金)が前編、8/14(金)が後編の2週連続企画。ゲストは江川さんの他に”無趣味マギーさん、(「水門銀座」ツアーにも参加された)なだぎ武さんが出演。大橋ジャンクションって道路上(ループ部)に覆蓋を設けられた(国立競技場と同じ位の広さの)密閉型ジャンクションなんですよね。中がどうなってるのか?常々興味があったんですよ、ココ。都心に現れた巨大要塞みたいで・・・早く通ってみたい!「タモリ倶楽部」で潜入してくれるとは楽しみですよ・・・また江川さんがジャンクションうんちく語りでテンション高そうだけど(笑)

事あるごとにJCTにうるさい(笑)江川さんの、でも「タモ江地形クラブ」とは関係なし?8/7(金)&8/14(金)2週連続企画「只今絶好調工事中!大橋ジャンクション完全踏破!」については、ブログ後半で書いてます。



梅雨明けしたと思えば、既に8月は後半の兆しあり。世間は押尾学酒井法子容疑者で「やまとなでしこ」&「ひとつ屋根の下」再放送にWパンチ状態(泣) この夏場は甲子園世界陸上に加えて・・・8/21(金)の金曜ロードショーが「20世紀少年・第1章」(20:00からの)3時間特別版&8/28(金)の金ローが「20世紀少年 もう一つの第2章」と、8/29(土)の映画「20世紀少年最終章 ぼくらの旗」公開に向けて日テレ全開。さらに「皇帝ミハエル・シューマッハF1に復活など・・・夏の終わりの残暑の候までトピックがぎっしり満載。

そんな中、オランダ代表は8/12(水)に親善試合イングランド戦(H)を戦います。つか、フンテラールACミラン移籍決定!とか、スナイデルも一緒に?とか、ロッベントットナム移籍を拒否?とか、”ラフィファン・デル・ファールトは「もうクラブを出る」とか、ドレンテは「オレは残る」とか・・・レアル・マドリード組は移籍騒動の渦中で親善試合どころじゃないっすよね。ファン・マルヴァイク監督も悩み所だろうなぁ・・・南アフリカW杯本大会のコンディションにもかかってくる問題だし。今回の代表メンバーを見ても、4月のW杯予選ノルウェー戦)メンバーからほぼ入れ替わりが少ない印象。そういや、ライカールトが新監督に就任したガラタサライ(トルコ)からのオファーはどうなったんだろ?トゥウェンテCL予選で(オランダクラブの天敵?)スポルティング・リスボンにまたしても悲劇的な負け方を喫したし・・・ヌクフォが本当に悔しそうでしたね。9/5(土)には念願のマッチメイク親善試合・日本戦(H)も開催されますが・・・Oranje代表戦に集中出来る状態なのかなぁ?(爆)

【“【#176】
「大橋JCT完全踏破」イングランド戦/夏の甲子園開幕”の続きを読む】

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009.08.17(月) 22:19|
  2. タモリ倶楽部
  3. | TB:0
  4. | コメント:6


【#175】
「マジ歌ライブ」 コクー引退試合/車内放送/半田健人

相棒 Season8」が今秋10月放送決定!亀山薫寺脇康文さん)旅立ちし後、杉下右京水谷豊さん)&神戸尊及川光博さん)のコンビが水曜9時に帰ってくる!「相棒7」が春に終わって以来、「レッドシアター」の杉下ウッ京内村光良さん)でしか見る事が出来なかったしね。嬉しいニュースです。シーズン7の最終回で、特命係に”スパイ”として乗り込んできた神戸君。劇場で見た「相棒Season7.5」ではクールにお尻に付箋を付けてた彼ですが・・・警視庁一のクセ者右京さんを前にして、どこまで己の素性を隠し続けられるのか!?来たる「相棒8」の焦点でしょう。個人的には、小野田官房長岸部一徳兄さん)の新たなる暗躍に期待(笑)

早くもDVD化決定!?「ゴッドタン」緊急特別企画「まさかのマジ歌マジライブ」については、ブログ後半にて。
一番人気」な?大竹マネージャー登場後の「MAJIUTA THE LIVE」についてもブログ後半に書いてます。




「コクー引退試合」: 7月下旬はアムステルダム・トーナメントとプレシーズンマッチ”連チャン”

【#169】「音楽寅さん」の記事に書いた「フィリップ・コクー引退試合」が7/25(土)に(PSVアイントホーフェンの本拠地)フィリップ・スタディオンで開催されます。例のごとくこの試合に出場予定のスター選手の顔ぶれが凄くてね・・・発表されてる分でフィーゴファン・ボメルファルファン、ニリス、ヨンク、ヌーマン、ベルカンプF.デ・ブール、ファバー、クライフェルトオーフェルマルスライツィハースタムフェネホール・オフ・ヘッセリンク、ファン・デル・ヴェールデン、ボウタース(敬称略)と豪華絢爛!さらにPSVの現所属選手にヒディンク監督ファン・マルヴァイク監督も駆け付けるとあっては大変ですな。そりゃ、アヤックスがサンダーランド、アトレティコ・マドリードベンフィカを招いて7/24(金)&7/26(日)に隔日開催される恒例プレシーズンマッチアムステルダム・トーナメント2009」(@アムステルダム・アレナ)も、土曜日を空けざるを得ませんですよ。

そんな中、デ・ゼーウアヤックス電撃入団発表!これにはビックリしましたね。来季CLに出場するAZアルクマールを飛び出してですよ、国内ライバルクラブ・アヤックスに移籍なんて、ある意味狂気の沙汰っすよ・・・マルティン・ヨル新監督やってくれますね!これで守備陣もようやく、ストッパー加入で安定するのかなぁ(爆)

「車内放送装置のパイオニア 八幡電気産業」: タモリ電車クラブに南田マネージャー復活?

休止明けとなる7/24(金)の「タモリ倶楽部」は「速報!甲子園への道」放送のために、通常より20分遅れの0:35開始となりますのでご注意を・・・そういえば、今春センバツ優勝校清峰高校が長崎県予選で敗退しちゃったんですよね。今夏は甲子園での「今村猛vs菊池雄星」再会ならずかぁ。これは(念願の皆既日食観測が暴風雨に見舞われた)奄美トカラ列島・悪石島ツアー客の人達並みにシンジラレナイ事態かも。で、「タモリ倶楽部」の方は「車内放送装置のパイオニア 八幡電気産業」で半田健人さんが登場!2009年の半田くんはテツ企画”フル出場”じゃないですか?共演者もお友達の”筆まんじゅう山田五郎教授が居ますしね。あと乾貴美子さん、そしてホリプロ・南田裕介マネージャーが久々に「タモリ倶楽部」に復活と・・・豊岡真澄さんが引退して以来「タモリ電車クラブ」ご無沙汰の南田さん、ある意味”出場停止明け”ってコトになるのかなぁ(笑)

【7/24(金)「タモリ倶楽部」やっぱアナログ「車内放送装置のパイオニア八幡電気産業BEST10」】
デジタル機器になるとテンションがた落ち、「やっぱ103系(実際は9位)が第1位」(@半田くん)、「草野球チーム(2位)に至っては、思い出がない」(@タモさん)と・・・最後は、八幡電気産業への”ダメ出し”で終了(笑)南田マネージャーは終始車掌コント(しかも関西線)に興じるわ、途中で向谷実さんまでノコノコ出てくるわ・・・乾貴美子女史は(Nゲージ社員と対峙した時など)さすが「女性目線」での仕切りっぷり。知らなかったけども今の車内放送装置ってPHS携帯型で持ち歩けるんですね~。それにしても「国鉄103系 車内放送装置」の受話器(マイクロフォン)を手にした南田さんは変質者状態?序盤にしてこの回の”ピーク”を迎え?乗り換え案内「途中で切る派」「切らない派」を実演してたりテンション異常だったなぁ。山田五郎教授も「ボツ音」板ハネ調整に異常な食いつき!相変わらずタモさんは「三河安城名古屋到着のシグナル」話がお好きですな。「空耳アワー」は高橋力作品「上越!(Do it)」にソラミミカキ進呈・・・こちらも、流石の空耳職人技でした!

鉄道マニア知らないぜ、こりゃあ」・・・建設現場にはバッテリー型機関車まで出現!8/7(金)&8/14(金)「タモリ倶楽部バラエティ番組初潜入!新宿渋谷を繋ぐ土木ファン垂涎の高速道路企画「只今絶好調工事中!大橋ジャンクション完全踏破」については、次の【#176】「大橋JCT完全踏破」の記事に書いてます。



先日大反響マジ歌・・・7/29(水)および8/5(水)の「ゴッドタン」で、7/16(木)に日本青年館大ホールで開催された「まさかのマジ歌マジライブ」の模様が2週連続でOAされるそうじゃないですか。これ、チケット即完でまったく入手の術が無かった物凄いライブですよね・・・次回予告を見たらステージがパネエ盛り上がり!角ちゃんが(「マジ歌4」で歌ってた)「♪USA」を歌ってるね!噂によると、またもや(東京03・角田晃広さんのマネージャーとして有名な)あの大竹マネージャーがステージ上で「覚醒」だとか!?こりゃ見逃せませんな。

【“【#175】
「マジ歌ライブ」 コクー引退試合/車内放送/半田健人”の続きを読む】

テーマ:ゴッドタン - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009.08.06(木) 07:29|
  2. 芸人マジ歌選手権(ゴッドタン)
  3. | TB:1
  4. | コメント:6



   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。