Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#210】
「不動心」 エース中川諒投手熱投!成田高校ベスト4

東海大相模(神奈川) 11-7 成田(千葉)」・・・準決勝第2試合の試合終了のサイレンを聞いた時、本当に「今大会は終わったな」と実感しました。今夏も熱戦が続く第92回全国高校野球選手権大会千葉県代表成田高校は実に58年ぶりの夏の甲子園ベスト4進出!この原動力となったのは背番号1を付けたエースの「吠えるドクターK中川諒投手。奇しくも(成田空港へ向かう新型特急)京成成田スカイアクセスが開通した2010年夏に・・・”スカイアクセス旋風”を巻き起こした成田高校。京成沿線の住民さんはさぞかし、今夏の成田の快進撃に沸いた事でしょう。しかも、例年の千葉代表と違うのは、このチーム・・・準決勝までの甲子園5試合で良く打った!千葉県予選のチーム打率は.325と決して高くなかったんですが・・・今大会の初戦で智弁和歌山を2-1と下すと投打に自信がみなぎったのか・・・2回戦「成田 10-2 八戸工大一」と二桁得点!好投手・中山投手を攻略しました。3回戦も序盤0-3とリードされながら「成田 6-5 北大津」と大逆転勝利!勢いに乗り準々決勝は「成田 6-3 関東一高」と・・・中川投手が破壊力抜群の関東一打線を抑え準決勝へ。千葉県勢としても(ダルビッシュ撃破の)2005年・第86回大会千葉経済大付以来、5年ぶりのベスト4進出。投攻守・・・「投」はともかく「打撃」「守備」は私的に今大会No.1と思う”東の横綱東海大相模に挑みました。

「夏の高校野球:甲子園『あきらめぬ』九学魂(その1) 最後まで、総力戦/熊本 九州学院」
毎日.jp(毎日新聞) 第92回全国高校野球選手権大会・準々決勝 2010年8月20日(金)


成田以外に今大会印象に残ったチームと言えば・・・前の【#209】の記事に書いた福井商業八戸工大一開星高校、南陽工土岐商西日本短大付・・・そして九州学院(熊本)ですね。1・2年生中心の若いチームながら積極的な打撃で松本工山形中央を滅多打ちに!3回戦も「九州学院8-7鹿児島実」(延長10回)と打撃戦を制し47年ぶりの甲子園ベスト8進出!準々決勝は10-3で東海大相模に打ち込まれましたが・・・一年生4番の萩原くんは一二三投手にひるまずヒットを放ち、試合途中に打球を直接受けた2年生エースの渡辺政孝投手も・・・アクシデントで無念のベンチ降板も、ベンチから身を乗り出して九学ナインを鼓舞し続け最後まで戦い抜きました。あと、3番の山下翼くんがありえない位に足が速かった。ロッベンより速いんじゃ?最後は下級生にレギュラーポジションを譲った3年生部員が代打でどんどん出てきて、次々と一二三くんに向かっていきましたね。ここは大垣日大と同様、多くの主力が残るので・・・来年以降も楽しみなチームです。しかし中川諒くん、「熱闘甲子園」で・・・試合後成田の宿舎でパフュームAKB48?踊ってなかった?(笑)

【8/20(金)「熱闘甲子園」:千葉と目と鼻の先の秋葉原にも通えない・・・球児2人がAKBを踊る】
手の動きがブラックビスケッツの「♪タイミング」にも似てる?なんて思ったけど、今の高校生が「ウリナリ」っておかしいよなぁ・・・と思って調べてみたら、「元気のもとはAKB48」(asahi.com 千葉舞虹の目」)という新人新聞記者・伊藤舞虹さんによる成田高校の記事が。彼女の取材によりますと中川諒投手をはじめ成田メンバーの半数がAKBファンに!?これからして、「熱闘甲子園」での(二塁手)大木涼太くん?と中川くんのダンスはどうやらAKB48の「♪言い訳Maybe」の様ですね。今夏「成田4強」の原動力はAKBだったのか・・・大木くんも1番打者として甲子園で5割近く打ってて、イチローばりに活躍してたもんね。成田ナインの中でも「ダイヤのA」が流行ってたんだね・・・4番の近藤捕手も”伊佐敷押し”なんだ。金子主将は実業家の成功談を読み漁ってたんだって・・・智弁撃破に酔う間もなく「受験が心配3年生」と宿舎で受験勉強。ご苦労様でした。



「流し撮り 完全マスター」: 憧れの「タモリ倶楽部」に出るゴッドタン・メンバー・・・小木博明!

QJ(クイック・ジャパン)vol.91 「永ゴッドタン」QJ(クイック・ジャパン)」の第91号がね・・・永久保存版「ゴッドタン」特集だったのでつい買ってしまいました。先日熱戦を繰り広げた「第7回芸人マジ歌選手権」の収録現場リポートを皮切りにして小木博明×矢作兼×劇団ひとり×松丸友紀4人の徹底討論「ゴッドタン・サミット」他、不動の準レギュラー・バナナマンインタビューなど「ゴッドタン」に関する記事が盛り沢山!その中でも目を引いたのが・・・

目指せ「タモリ倶楽部」ってことで

ゴッドタン・サミット」の結論が「理想は『タモリ倶楽部』」とやはり、深夜番組で何十年も面白いコトをやっていくには「ゴッドタン 神の舌」は「タモリ倶楽部」になりたいんだと。そんな、目標にされてる「タモリ倶楽部」・・・8/20(金)は「動くものなら何でもカッコよく 流し撮り 完全マスター」の回で、「ゴッドタン」を代表し小木博明さんがピンで登場。相方の矢作さんは「うぬぼれ刑事」収録で欠席ですか?あと、小木さんの他に堀部圭亮さんが登場。回転寿司を撮る前にまず電車を撮るんで、線路脇に向かおうとね・・・タモさん的にはこっち側に食い付いちゃうんだろうなぁ(笑)

3人粘ってる (Some we never tell) 「あの3人は、バカだなぁ~(笑)」

伊豆帰りの安斎肇さんが「野人」Tシャツを着てた「空耳アワー」、本編の方はひばりが丘のくら寿司でロケ。流し撮り職人の池之平昌信さんを引き連れ、「流し撮りの基本は電車」と言い張るタモさんたっての希望?で西武線路脇へ。シューマッハ・フェラーリのF1流し撮りがお手本。「.comって言うと大体カッコいいっすね」と小木名言。この後 淡々と撮影→作品チェックのターン。池之平氏は鹿児島人。小木さん口数少なかったな。

「アヤックス ~CLへの道~」: アムステルダム・アレナでディナモ・キエフを撃破!GLへ進出

への道」と言えば「速報!甲子園への道」・・・じゃ無く、ここはアヤックスが近年なかなか予選突破出来ない欧州CL(チャンピオンズリーグ)について。今回はCL予選3回戦PAOK(ギリシャ)に競り勝ち、現在はCL予選プレーオフに進出!相手はウクライナの強豪、ディナモ・キエフ。試合はすでに1st legが8/17(火)に行われまして、結果は「ディナモ・キエフ 1-1 アヤックス」とドロー・・・ヴェルトンゲンのゴールで、アウェイアヤックスが先制したんですけども、すぐに追いつかれてしまいました。でも、2nd legはキエフからアウェイゴールを手土産にね・・・アレナでのホーム戦に臨めます。マルティン・ヨル監督、たのみます・・・現実的には(攻撃の中心を担う)ルイス・スアレスエル・ハムダウィのコンビネーションが機能するかなあ。マドリーからファン・デル・ファールトが古巣アヤックスに戻ってこないかなあ。ラフィ、レンタルでもいいから・・・欲しい(爆)

【8/25(水)欧州CL国内リーグ上位予選プレーオフ 2nd Leg「アヤックス 2-1 ディナモ・キエフ」】
長~いトンネルを抜け、アヤックス悲願のCL予選突破! 2nd Legは「アヤックス 2-1 ディナモ・キエフ」と1点リードで逃げ切り・・・合計スコア「3-2」で5シーズンぶりの欧州CL本選グループリーグ進出!スアレスエル・ハムダウィがそれぞれ1ゴールずつ決めてくれました。実際、試合はスアレスが大車輪の活躍を見せステケレンブルク好セーブ連発!本当にこの2人は南アフリカW杯の疲れ知らずで頼りになりましたね~。ただ、そのL.スアレスとCBのヴェルトンゲンが累積警告でくグループリーグ第1戦出場停止なんですけども。それだけに、久々に辿り着いたCL本選・・・抽選会で厳しい”死のグループ”に放り込まれなければいいな(爆)

ミランマドリーアヤックスオセール・・・グループGは厳しいなあ。トゥウェンテはA組でルビンはD組です。



東海大相模の好投手・ 一二三慎太君に最後まで食らいついた成田高校打線!1番の大木君、2番の岡君の2人で何度もノーアウト1塁、2塁のチャンスを作ったんですがね・・・3番打者・金子主将の当たりがことごとく東海大相模の堅守の”網の目”にかかりダブルプレーになってしまう不運。でも、度重なる併殺打にもめげず金子君は1塁守備でファインプレーを連発!東海大相模打線の放つ1、2塁間の鋭い打球を何度も捕球して試合終盤、疲れ切ったエース中川投手の投球を盛り立てました。5試合全て投げ切った中川君の球をずっと受けた、4番キャッチャー近藤君は・・・7点目のタイムリーヒットを打ち、バッティング面でもいい”女房役”に。5番の2年生・高橋君は・・・ 一二三投手の球をバックスクリーン直撃!見事ホームランを打ち返してました。6番の渡辺君と7番の勝田君も2年生バッター、勝田君は(58年前に成田で同じ甲子園ベスト4に進出した)おじいさんアルプススタンド観戦してましたね。8番の安随君は3-3の同点となるスクイズを決めました!予選から千葉経済習志野望洋と次々と強敵と対戦、いかなる相手にも「不動心」!平常心で臨む成田・・・

「成田の選手達 『千葉の相手の方が、よっぽど怖いですよ』 全国4強 選手自ら考え急成長」
asahi.com(MY TOWN 千葉) 高校野球担当記者・舞虹(まいこ)の目 2010年8月23日


そして、9番の中川諒君・・・1回戦の智弁和歌山戦から計5試合、連投になっても成田マウンドを守りました。正直、準決勝・東海大相模戦中盤はボールの球威、キレを失い・・・相手打線の格好の餌食になってました。それでも(唐川投手も育てた)成田高校・尾島監督は中川君を代えませんでした。痛々しく映っておりました。中川君が既に限界点に達しているのはテレビの中からも伝わりました。相模打線は際どい球はファウルに、甘い球はセンター返しと・・・牙をもがれてた中川投手に容赦なく襲い掛かりました。長打、単打、また長打・・・でも、打たれても打たれても真っ向勝負で渾身のボールを投げ続ける中川くん。おそらくプロを志す未来ある若者にこの連投を課した事は”愚行”とも言えるかもしれません。ましてや、例年にも増した猛暑、炎天下・・・本音は画面から目をそむけ「もう代えてくれ」と思いました。しかしエース中川はずっとマウンドに立ち続けた。打撃面でもセンターオーバーの3塁打を打つ等、長打力もある非凡なセンス。今大会の主役の1人でしょう。「吠えるドクターK」は東海大相模戦「奪三振3」で甲子園を去りました。決勝戦は「興南vs東海大相模」です。

夏が終わり2010年甲子園名勝負を振り返ると・・・1番印象に残ったのは「仙台育英6-5開星」だったな(爆)
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010.08.27(金) 02:56|
  2. 高校サッカー&高校野球
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


【#209】
「北野監督・最後の夏」 マジ歌7完全版/ウクライナ戦

マジ歌7」の勢いが凄い・・・やっぱりみんな、「芸人マジ歌選手権」が好きなんですねぇ。今回は日村さんがガチ友達ホストと、東京03・角田さんは(あの有吉弘行さんをして「日本を代表する人なんじゃない!?」「凄すぎる」と手放しで絶賛された)大竹マネージャーと、ロバートの秋山さんはサンタモニカシスターズと・・・全員”食われ気味”なのも否めなかったんですが。場を引き締める有吉審査員が不在だったせいか、今回はわりかし和気あいあいな雰囲気でした。L.A.コブラと対立するラッパーMCシャーク」も出てこなかったしね。ピリピリした空気が不足してたかな・・・そんな中で、我が身一つで「」で勝負する劇団ひとり氏の職人芸が際立ってましたな。いまだ”ピン”で挑む姿!圧倒的な出オチ芸・・・ニワトリに「プロフェッショナル」を見ました。ここに全精力を注ぐテレビ東京の良さよ。今のフジテレビには出来ないね・・・テレ朝深夜でも難しいでしょう。

「『マジ歌』完全版でついに野性爆弾解禁!8/4(水)『ゴッドタン』通常放送で第7回完全版」
お笑いナタリー 8/4(水)「ゴッドタン」で第7回「マジ歌」完全版放送 2010年8月2日(月)


女は卑猥なチョモランマ」・・・そう言えば、8/1(日)の「世界の果てまでイッテQ!」で珍獣ハンターイモト新プロジェクトが発表されてましたね。イモトさんが、ついに「チョモランマ」を目指す・・・エベレスト登頂計画!しかし、のプロが「キリマンジャロはハイキング、エベレストはクライミング」と語るほど・・・世界最高峰への道は長く険しい!まずは”白い女王モンブランでトレーニング。さらに氷壁に慣れるには「剱岳」を登るべし!イモトさんはターザンに「女は卑猥なチョモランマ」してる場合じゃないな・・・ちょっと最近山の事故が多いし、「イッテQ」のロケは(内村光良さんのモットー)安全第一で、かつ慎重に・・・さて、8/4(水)の「ゴッドタン」は先日7/29(木)放送「第7回 芸人マジ歌選手権」の完全版!本放送でカットされた野性爆弾マジ歌が・・・それよりも「♪混沌」の続きや「♪楽園に選ばれし者」の完全版が見たいんだけど、聞かしてくんないかなぁ(爆)

【8/4(水)「ゴッドタン・神の舌」第7回芸人マジ歌選手権完全版: 野爆の衝撃のマジ歌「♪あくび」】
ミクスチャーです」・・・野性爆弾のトコは油断してましたわ。「奥歯、奥歯、奥歯、奥歯~!」の繰り返しから「奥歯、奥歯、前歯、銀歯~♪」への変化!そして「をみがかぬ子は以下じゃあ!」への転調・・・また1組恐ろしいマジ歌シンガーがデビューしてしまいましたね。”日村顔芸”を警戒する設楽さん。「ギターは?」「打楽器です」と長渕剛気取りの角ちゃんサンタモニカシスターズの端の人はやっぱ「サンドウィッチマン」「アルファルファ」の発音もいいスね。しかし劇団ひとりさんは何時間前から楽屋入りしてんだよ・・・ひたすら、ニワトリの完成度を追求するために。この人は「芸人マジ歌選手権」に対する意気込みが違い過ぎる・・・(笑)

シームリッキーA代表初ゴールはお預け。8/11(水)親善試合ウクライナ戦(A)についてはブログ後半



「日暮里にミャンマー人」: 8/13(金)の「タモリ倶楽部」は都内各地にある超合法建築を探索

成田空港への新型スカイライナー「スカイアクセス」発着駅としても注目される・・・茨城民の玄関口・日暮里。8/6(金)「タモリ倶楽部」は「今なぜか日暮里ミャンマー人が大集合!超人気セレクトショップミハマクロス日暮里にスポットを当てた回ですね。絶対タモさんオープニングで「成田スカイアクセス」を語るんだろうな。そこに”鉄ちゃん俳優”の六角精児さんがノリノリで入ってきて・・・「スカイアクセス」に乗った!乗らないの話?渡辺拓さんはいつも通りクールな進行役でしょうけど、問題はこの上記2人の”テツトーク”に片瀬那奈さんが割って入っていけるかどうか・・・まさか、この日暮里回の収録のために鉄道知識を頭に叩き込んでたりして!それとも「いや~、スペイン代表スゴかったですね!ワールドカップね」と片瀬さんらしく、強引にサッカー話に持ち込むか・・・おぎやはぎの小木さんがニヤニヤして見てそうだ。「ミハマクロス」って生地の店なんですね。

【8/13(金)「タモリ倶楽部」:建築家・吉村靖孝登場「なんでそー建つの!?超合法建築の世界」】
246がうるさくて何言ってるか解らないですけど」(@ふかわりょうさん)、「日本でも交通量が多いとこだぞ」(@タモさん)とロケ地について不満タラタラ。「天空率」(の見える割合)は別名ラピュタ法?「日影規制」によって、建物の上の方は規制が緩いんすね。ガッテンガッテン・・・「日英同盟」とタモさんオヤジギャグ品川では超合法建築ビルよりも(ドルフィンの絵の)回送列車が気になるタモさん電車に食いつき過ぎ(笑)

「あんまり屋外で見る絵じゃないけど」 「あの、ボクが作ったんですけど・・・」

「エッ!?は素晴らしいですけど」と慌ててフォローするふかわさん。最近テレ朝に行ってないから把握してなかったんですかね・・・昔テレ朝があった所は今もテレ朝ですよ、ふかわさん。「今日はキャスティングに・・・(”全褒め”の)渡辺篤史さんを入れておけば良かったですね」と笑いを取るふかわさんに、「あの人の本音を聞いてみたいね」と乗っかるタモさん。さて、「空耳アワー」は・・・1発目の「ソーダじゃ 嫌」、2発目の「あの売らない」、3発目の「わ~硬ぇ スゲ~」は3作連続手拭いって結果に。物足りないのはみなさんのせい(笑)


「ウンナンのラフな感じで。最終回」: 方向性が定まらぬまま・・・10月からの木9は「渡鬼」に

あと、8/13(金)から夏休みの「金曜ロードショー」は映画「20世紀少年」第3章まで一挙3週連続放送・・・堤幸彦作品としては、近々映画「BECK」も公開ですな。コユキ佐藤健さん)から竜介水嶋ヒロさん)へと、ハロルド作石先生の原作と違い主役を入れ替えてるので、この改変がどうなるのやら。話の本質からすると竜介が主役でもストーリーは成り立ちそうだけど、齋藤さんとかサクの存在が光らなくなるかもしれないなぁ。そう、只今ダイエット中のおぎやはぎ・小木博明さんはアメリカンビッグサイズなハンバーガー店に行った際も「太るから」とダイエット魂を忘れずシーザーサラダばかり食べていた・・・んですけども、飲み物は(カロリーがむっちゃ高そうな)「スムージーのLサイズ」を飲んでいた!「そりゃダメだよ~」と相方の矢作さんに笑われる小木さん・・・ゴールに向かってそうで向かってない?詰めの甘さというか、天然というか、無計画というか・・・「ウンナンのラフな感じで。」という番組も始まる前は楽しみだったんですが「上々」には程遠かったですね・・・

そういえば「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が復活するみたいですね。早ければ今年の秋かな・・・?

「北野尚文監督 最後の夏」: 在任42年・・・春17度、夏19度 福井商を甲子園に導いた名将

終わると言えば、今夏の第92回全国高校野球選手権大会で”炎のチーム福井商業のユニフォームを脱ぐ北野監督・・・宇部商山口)の玉国監督が勇退された時にも書きましたけど、寂しいですな。いよいよ今夏は北野監督が・・・「ついに、この時が来たか」という感じですね。一時期は夏の福井県大会20年連続ぐらいで決勝進出を果たされてたんですよね。県内で「夏の福商」と言えば「ああ、またか・・・」と、定年を過ぎてなお野球部をずっと指導してきた北野監督。自分も物心がついた時から、甲子園北野監督は付き物だったし、北野監督が居ない甲子園ってのは物悲しくもある・・・体の大きな強豪私学にも正面から立ち向かい、福井高校球界をリードしてきたお方です。有終の美と飾るとなると、木内監督のようには行かないだろうし・・・(汗)

「北野尚文・福井商監督 引退へ/今年度限り 1968年に監督就任。春夏35回甲子園出場」
読売新聞・地域版(福井) 第92回全国高校野球選手権・福井大会 2010年7月28日(水)


北野監督率いる福井商業と言えば、この夏も(今春センバツベスト8の)敦賀気比を直接対決で破るなど・・・公立校とは思えない?非常に勝負強い試合が印象的ですね。2006年夏2回戦の清峰戦(7-6で勝利!)も記憶に新しい所ですけど、特に思い出深いのが2003年夏2回戦でPL学園を4-2で倒した試合。そのあとの3回戦でエース稗田投手が大乱調で岩国(山口)に4-12と大敗しちゃった年でしたが・・・なぜかPL相手には崩れなかった不思議な投手でした。あと2002年春準々決勝明徳義塾戦!相手・明徳が(準決勝決勝に備えてか)前日の2回戦でデッドボールを受けた田辺投手を先発に使わず、そのスキを突いた福井商打線が電光石火の先制攻撃!初回に猛攻!一挙8点を奪って・・・終盤の明徳の追撃を振り切り、10-8で大金星。あの年の夏は明徳義塾優勝してた事を考えても素晴らしかった!96年春は開幕戦明徳に負けてたし。そこから猛練習を重ねて・・・甲子園に帰ってきた96年夏は松井光介投手が居た横浜や、宗政投手を擁した高陽東(広島)を連破するなど、逞しくなった鈴木投手/亀谷投手のWエースを柱にベスト4へ進出でしたね。さあ今年は(2年前に1年生で甲子園マウンドを経験している)長谷川陽投手を軸に北野監督、最後の夏・・・

「第92回夏の甲子園 組み合わせ」: 開幕日に成田は智弁和歌山と・・・八戸工大一も登場!

その福井商の小倉主将が今夏の選手宣誓を務めるそうでして・・・3回戦までの組み合わせも決まりました!九州学院(熊本)とエース柿田投手を擁する松本工(長野)の開幕戦で始まり、8/7(土)の第1日第2試合で「成田(千葉)vs智弁和歌山(和歌山)」!猪俣投手以来、20年ぶり7回目の出場となる成田にとって厳しい相手・・・”唐川2世”の中川投手が何とか踏ん張り、智弁和歌山の守りのミスを誘発する展開に持っていって欲しいです。しかし、”天敵”が相手だとなあ・・・千葉勢はとことん智弁和歌山と相性サイアクだからなぁ(泣)

「開幕試合は九州学院―松本工 夏の甲子園組み合わせ決定/3回戦までのトーナメント表」
asahi.com 第92回全国高校野球選手権大会(8/7(土)開幕) 2010年8月4日(水)抽選


開幕日の第3試合は、これまた久しぶり(12年ぶり)の登場・・・八戸工大一(青森)が初出場の英明(香川)と対戦。「ひであき」では無くて「えいめい」と読む校名なんですね。今年の八戸工大一は昨年の(同じ東北勢花巻東の「守備でバックアップを怠らない」「ベンチで笑顔を絶やさない」野球に大きく影響を受けているそうでさっそく”花巻流”を取り入れて結果を出した高校なんだそうです。光星学院を倒したのもフロックではない・・・エース中山投手と4番の田中君が投打の軸。6番を打ちながら6割近い打率を残したうえ、2試合連続の場外ホームランをかっ飛ばした中村君が絶好調。そして、このチームを作った長谷川菊雄監督!注目です。

【第92回夏の甲子園・第1日:成田が智弁和歌山に勝利!エース中川が力で押して14奪三振!】
やった~!!「成田 2-1 智弁和歌山」と・・・成田中川諒投手が智弁和歌山打線を6安打1失点に抑えて2回戦進出!7回の投球は圧巻!智弁の1番打者・城山君に「変化球に合ってなかったから」とスライダーで三振に取り、その様をネクストバッターズサークルで見てた智弁2番打者の岩佐戸君には(外角スライダーの決め球を意識させて)真逆の内角ストレートでズバッと三振!見てて気持ちがいい位の気迫がこもった快投でしたね。打つ方は4安打と課題を残しましたけども・・・成田の次の相手は、第3試合で英明を8-4と下した八戸工大一です。中山投手は本調子とまでは行かなかったけど、序盤満塁ピンチを切り抜け味方打線の援護を呼び込みましたね。やはり、決めたのは八戸工大一の「1番頼れる打者」6番の中村くんでしたね・・・8回裏1死満塁から走者一掃の3点タイムリースリーベース!「成田vs八戸工大一」も競った試合になりそうですな。しかし、開幕戦の「九州学院 14-1 松本工」は意外な大差でした!九学があんなに打てるとは・・・

【第92回夏の甲子園・第7日:成田が八戸工大一に快勝して2回戦突破!エース中川に暗雲・・・】
成田OBのロッテ唐川投手も目を細める・・・母校成田高校の快進撃!尾島監督は4番打者で2安打1打点、さらに(万全とは言えない)中川諒投手を好リードした近藤捕手を絶賛。あと、下位に居ながら長打力抜群の2年生・勝田くん。3回の走者一掃タイムリーで試合を決定付けました。八戸工大一はあそこで成田の勢いに飲まれましたね。「成田 10-2 八戸工大一」と思わぬ大差に・・・ただ、被安打11と中川投手は投球内容に不満。打つ方で3安打1打点と活躍したけど「右ひじに張り」という気になる発言も・・・2桁奪三振はお見事

成田高快進撃!第92回夏の甲子園ベスト4進出については、次の【#210】「不動心」の記事に書いてます。

「ストップ・ザ・興南」: 1回戦から中京大中京と南陽工が激突・・・福井商はいな総との対戦!

第2日第1試合には、昨夏から甲子園2年連続出場の常葉橘(静岡)が登場。くせ者リードオフマン小岱君と昨年、庄司隼人投手の球を受けていた牛場捕手ら5人残った甲子園経験組が主体。第2試合には、これまた久しぶりの宇和島東(愛媛)・・・上甲監督が退任して以降ようやく、牛鬼打線が甲子園に復活!対戦相手の前橋商(群馬)には、栗山英樹さんイチオシの”群馬イチロー”後藤駿太くんが居るんでしたっけ?第3日、第1試合は「中京大中京(愛知)vs南陽工(山口)」・・・嗚呼あぁ!いきなり昨夏優勝中京大中京(愛知)と、去年の春PL学園に見事投げ勝った南陽工の”津田2世”岩本輝投手が潰し合い・・・この2チームは個人的に両方とも応援しようと思ってただけに心が痛いカードです。そういえば去年の優勝監督でもある中京大中京大藤監督も今夏限りで勇退されるんでしたね。第2試合は倉敷商(岡山)早稲田実(西東京)に挑みます。3年連続出場の倉敷商、昨夏は岡投手が期待はずれに終わってしまいましたが・・・今年のチームはどうか。第3試合には「今大会No.1スラッガー」の呼び声も高い・・・北照(南北海道)のエース・又野投手が登場(笑)

「優勝候補は興南!? 東海大相模にも注目 第92回夏の甲子園見どころ/コラム:松倉雄太」
スポーツナビ 第92回全国高校野球選手権大会(8/7(土)開幕) 2010年8月4日(水)抽選


第4日第2試合で「いなべ総合学園(三重)vs福井商(福井)」、最後の夏に賭ける北野監督の初戦の相手は初出場のいなべ総合に決まりました。この「いなべ」という平仮名チームは(【#201】の記事で書いた)今春の東海大会初戦で8回まで「10-2」とリードしながら終盤「10-11」と県岐阜商に大逆転されたチームですね。監督は元四日市工の尾崎監督。この日の第4試合には春センバツ王者の興南(沖縄)が登場・・・指笛警報。エースの島袋投手、センバツ最多安打の我如古キャプテン、そして頼れる4番・眞榮平くん・・・おそらく今夏優勝候補筆頭でしょう。5月初めにレギュラーは調子に乗りすぎて?全員メンバーを外されてたそうですけどそれが返って慢心を捨て去る「磐石の状態」にしてしまったか・・・対抗できそうな有力校が軒並み地方予選で消えてしまってるもので、この夏は興南1強「独走状態」も否めない状況・・・逆に何処が興南を止めるか?というのが今大会の見どころでしょうね。今まで沖縄代表は夏の甲子園優勝していないだけに、どうなるか?

【第92回夏の甲子園・第4日: 福井商・長谷川陽亮投手がいなべ総合を完封!6-0で初戦突破】
序盤はいなべ総合に押され気味でしたが、5回に打者10人の猛攻で一挙6点を奪い・・・長谷川陽亮投手が完封!「福井商 6-0 いなべ総合」と予想外の大差で福井商初戦突破!先制シーンとなった1番・塩路君の走者一掃タイムリースリーベースの場面で、実は「エンドランのサインが出た」と思い切りバットを振り抜いた塩路君に対し、「あそこはスクイズのサインだった」と”サインの行き違い”に苦笑いの北野監督。結果的にはこの「選手主導」の強攻策が実を結び、ビッグイニングを産み出し一気に試合を決めてしまった・・・唯一とも言えるチャンスを生かした福井商が2回戦に進出!今年の福商は”持って”ますね~!2回戦の相手は春の近畿王者報徳学園(兵庫)ですけど、次も少ないチャンスを生かして、北野尚文監督に少しでも長い夏を・・・そういや福商スタンドには熱狂的福井商ファンの西村さん?が一緒に応援してましたね。福商レプリカユニに背番号は「10番」!北野監督の勇退と共に福商応援を”引退”する決意だとか。しかし、興南強過ぎだな・・・

【第92回夏の甲子園・第9日:福井商が2-4で報徳学園に敗退。夏の終り・・・北野監督、姿消す】
1アウトからでもバント、スクイズでコツコツ1点を返す・・・最後まで決して「豪打でガンガン」というチームではない、北野監督らしいチームで甲子園を去りました。つか「今年度」までは福井商を率いるんですね。即勇退だと思ってて、これで「甲子園での北野監督」も見納めかと思ってました・・・次のセンバツがラストなのね(爆)

「第92回夏の甲子園 2回戦以降」: 33年ぶりの夏・東海大相模・・・土岐商に西短も登場!

第5日第1試合は「延岡学園(宮崎)vs大分工(大分)」の九州勢対決。MAX148km/hの大工エース・田中太一投手は明豊・山野投手に投げ勝っての甲子園出場。第2試合は「21世紀枠に負けたのは末代の恥」で物議を巻き起こした開星高校が(ピンチに陥るほど笑顔になる)木村投手を擁する仙台育英(宮城)と対決!渦中の美術教師・野々村監督はもう居ないそうですけど、白根・出射・糸原の3人を中心にして開星のチームポテンシャルは高い・・・春の汚名返上、あると思います。名誉挽回と言えば、こちらもセンバツで初戦敗退を喫した東海大相模(神奈川)が第3試合(ここから二回戦)で初出場の水城(茨城)と対戦。春の屈辱から・・・サイドスローに変えた一二三投手に切れ目無い打線。ココも優勝を狙える力があると思います。横浜は出ず今年の夏の柳沢慎吾さんは「T・O・K・A・I 東海相模♪」・・・Tのマーチ連呼の夏になるのかな?門馬監督の塁上に出たらとにかくランナーを走らせる・・・あの(無謀にも映る)”暴走采配”が吉と出るか凶と出るか!?

【第92回夏の甲子園・第5日:センターフライで勝利が一転・・・開星、仙台育英に5-6と逆転負け】
第1試合「延岡学園5-4大分工」の、田中君のワイルドピッチでサヨナラ決着となった試合も悲運でしたが・・・第2試合の9回の攻防も凄かったですね。それまでは(仙台育英・木村投手を圧倒する程)開星白根くんが「打」で大暴れ!4回裏の右中間2点タイムリーツーベース、7回裏の弾丸ソロホームランと・・・与四死球が多過ぎる投球内容の鬱憤を晴らす独り舞台!試合はこのまま白根くんが押し切るかと思いきや・・・9回表、粘りを見せる仙台育英は「5-4」と1点差まで追い上げ、そして日野君が打ち上げた運命のセンターフライ。

「仙台育英、落球で命拾い!奇跡大逆転/開星、白根-出射バッテリー&強打者糸原散る」
SANSPO.COM(サンケイスポーツ) 第92回夏の甲子園・5日目 2010年8月12日(木)


勝利を確信する白根くん。開星センター本田くんもこのボールをグラブに収めて逃げ切り勝利!のはずが、まさかの落球・・・まさに勝利がこぼれ落ちた。どころか「5-6」と奇跡的な逆転!やはり、甲子園には魔物が棲んでいる・・・9回裏、1点のビハインドを追う開星は2死満塁で”最も頼りになる男”1番打者の糸原くん!仙台育英2番手の田中投手から左中間に大きな当たり!抜ければ逆転サヨナラだ・・・と、ここで開星の夢を打ち砕いたのが仙台育英レフトの三瓶くん!4月に左翼にコンバートされたばかりのこの選手が、一直線に打球を追いダイビングキャッチ!片や落球、片や大ファインプレイと・・・非常にも9回は両チームの外野手が明暗を分けました。思わず関西の熊代くんや下関商の竹野内くんが”フラッシュバック”する切ない幕切れに絶句してしまいました・・・本塁打を打った後の白根くんの無邪気な笑顔が忘れられない。寸前で奈落の底に突き落とされた開星ですが、白根くんはまだ2年生。甲子園でまた観たい選手です。相模は猛打で3回戦へ。


第6日第1試合には(意外にも)大垣日大県岐阜商を押しのけ岐阜県代表となった土岐商(岐阜)が登場!相手は八頭(鳥取)です。第4試合にこれまた久しぶりの西日本短大付(福岡)が・・・打てそうで打たれない?不思議なエース・森君が日川(山梨)に挑みます。「聖光学院(福島)vs広陵(広島)」は前も対戦してたよね。「履正社(大阪)vs天理(奈良)」は珍しい近畿勢同士のカード。第7日第1試合は、昨夏の甲子園を沸かした新潟勢新潟明訓が登場。能代商は「夏の甲子園12連敗中」という秋田勢の連敗を食い止められるのか・・・49校目に(春の21世紀枠校)山形中央が登場し全校が出揃います。ベスト8以降は、再抽選でございます。

【第92回夏の甲子園・第6日:聖光学院が広陵撃破!土岐商は圧勝!西短も終盤集中打炸裂!】
6日目の主役は、今春選抜ベスト4広陵撃破の立役者・・・聖光学院の2年生エース・歳内投手でしょうか!「聖光学院 1-0 広陵」と広陵打線を5安打完封!振り逃げで決勝点というのもミラクルでしたね。土岐商は15-2の大差で八頭を下し、嬉しい甲子園初勝利です!「岐阜県勢4年連続初戦突破」のプレッシャーからも解放されたところで、次の3回戦の相手は(2回戦で同じく2ケタ得点の)強豪・東海大相模が・・・思い切ってぶつかって欲しいです。神宮大垣日大のように打撃戦で食らいつけるかなぁ・・・西日本短大付優勝した1992年以来の初戦突破!エース・森君は終盤、日川打線に捕まりかけたけど・・・味方打線の援護で完投。女房役・4番金子捕手の先制ホームランも効いたね。今大会は九州勢絶好調!対照的に中国勢が全滅・・・



まずオランダ協会ロッベンの件でバイエルン・ミュンヘンに補償せねばならないでしょうね。すいません・・・アヤックスは早くもギリシャで追い詰められ・・・8/4(水)夜は欧州CL予選3回戦・PAOKテッサロニキ戦(A)新加入エル・ハムダウィはまだ出られず・・・スアレスデ・ヨング、リンドグレンで何とか3回戦突破しました。次の欧州CL予選プレーオフ・抽選会は8/6(金)に開催・・・そこでアヤックスの次の対戦相手が決まります。

ぐは!欧州CL予選プレーオフの相手がディナモ・キエフだとは・・・残りものに「」なんて無いじゃないか(爆)身を切り裂かれる思いですな・・・この8月、まさか1ヶ月に3度”Shevaシェフチェンコと争うことになるとは。

オランダ代表は8/11(水)にドネツク市のドンバス・アリーナで親善試合ウクライナ戦(A)です。特筆すべきはこの試合に臨む、物凄いテスト色濃いオランダ代表メンバー・・・最初見たときは「U-21代表のメンバー?」と思ったし。この前まで行われてた2010年南アフリカW杯メンバーからは、GKフォルムユトレヒト)1名だけ。チグリンスキーやティモシチュクヴォロニンミレフスキー、そしてアンドリーShevaシェフチェンコと・・・ガッツリA代表メンバーが名を連ねる(EURO2012ホスト国ホームウクライナ代表メンバーとは対照的。今回のヤングすぎるオランダA代表は低経験値で・・・誰がキャプテンマークを巻くのかも謎ですもんね(笑)

「ファンバステン、フェルナンデス、バルベルデ 岡ちゃん後任3人に絞られ15日までに決定」
nikkansports.com(日刊スポーツ) サッカー日本代表 ニュース 2010年8月3日(火)


何とシーム・デ・ヨングアヤックス)、R.ファン・ウォルフスウィンケルユトレヒト)、J.ブルーマ(チェルシー)、R.スタム(トゥウェンテ)の4人に加え、W杯メンバー最終選考まで残っていたJ.レンスPSV)とV.アニータアヤックス)の計6名がオランダA代表初招集!実にフレッシュな顔ぶれとなった、ファン・マルヴァイク監督率いる新生Oranje。来たるEURO2012予選に向けて新戦力探し?特に”ジオファン・ブロンクホルストが抜けて”空きポジション”になった左サイドバック!ここは今回招集されているアニータエマニュエルソンらと(W杯組ブラーフハイトで争って行くのかな・・・あとは(干されてる?)ドレンテがいつOranjeA代表に顔を見せるか。センターバックも、惜しくも怪我でW杯を棒に振ったフラールがそろそろ現体制を突き崩さないと!W杯で成長したハイティンハフラールのコンビは(GKステケレンブルクとの相性含め)フィットしそうな気がするんだけどね。前線は今の時点でもう人数が足りてるしなぁ・・・1ボランチに移行できるぐらいの守備力が見込めれば、レンスシームリッキー辺りが一気に台頭する可能性も・・・「オランダの未来」が見えるかも?ロッベン左もも負傷再発でしばらく抜けますけど・・・サイドプレーヤーはエリアを始め人員過剰だからなぁ。それにしても↑の「ファン・バステン日本代表新監督候補」って・・・飛ばし記事じゃなくてマジっすか!?(笑)

【“【#209】
「北野監督・最後の夏」 マジ歌7完全版/ウクライナ戦”の続きを読む】

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2010.08.15(日) 14:58|
  2. 高校サッカー&高校野球
  3. | TB:1
  4. | コメント:4



   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。