Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#256】
「舞子」 高松~伊勢 ローカル路線バス乗り継ぎの旅

ローカル路線バス乗り継ぎの旅も第11弾、今回は(前回リヴェンジの地)高松(香川)から伊勢神宮(三重)の内宮まで・・・高松から鳴門、そして淡路島を渡って本州へ。マドンナゲストはいとうまい子さん(47歳)。歴代マドンナ達から「あんな大変な旅はやめた方がいいよ」と忠告されながらも、今回のこのオファーを引き受けたまい子さん。前回(四国一周)では”本当に”16kmも歩いて・・・いまだに太川陽介さんの右足には血マメが。

この番組観て、16km歩いてないだろうとか思ってる人がいるんですけど・・・冗談じゃない!こんな思いまでしてんですよ!! 「いつだって真剣勝負!」

冒頭から(ネット等で「実際に16km歩いたのか!?」という疑惑の声が出たことに対し)怒りの”訴え”に出るルイルイ。「そうなんです!」といつになくナレーション・キートン山田さんまで熱いこと。そんなこんなで出発。高松には太川陽介さんの叔母が見送りに駆けつけ、今回はやけに太川さんの親族が出演してましたなぁ・・・ルイルイ一族は関西一円に住んでるのか。叔母さん情報で引田行きバスへ。女性に対し「歳は取ってるけどホント見た目はめちゃくちゃ若いよ」とお世辞がヘッタクソな蛭子神。「こんな47歳いないよね!」と太川さんも乗っかり、困るまい子さん。こんな歳だけあって、歴代でも一番トイレが近いマドンナですなぁ。喫茶店にて・・・2人は軽~くコーヒーなのに1人がっつり「モーニング」を頼む蛭子神鳴門から淡路島へは高速バスでしか渡れない・・・このピンチの中で、蛭子さんはモーニングを食べるのに夢中!?「コーヒーに関心してた」などとイミフな言い訳を発しており・・・烏骨鶏のだからね!実はコーヒーモーニングも400円で同じ値段(笑)



「すろっぴー」: 鳴門名物の黄色い乗り物・・・でも、実際に乗ってみれば、1度乗れば十分?

大鳴門橋と明石海峡大橋は「最短の高速バス利用」ということで、ルールを再確認。最寄りのバス停の名前「鳴門競艇場前」にココロオドル蛭子神。「俺のためにちょっとそこで降りて競艇していけってことじゃん」と・・・都合のいい脳内の蛭子さん。まずは1つ目の県境を越えて徳島県へ。こんなに喜んでくれるマドンナゲストもまい子さんが初めて?「もうテンションMAX!」と、早くもエクスタシーに達しているまい子さんに「これは4日もたない」と冷や水ぶっかける太川リーダー。鳴門駅からは循環バスに乗って・・・例の「競艇場前」へ。でも、競艇レースをやるのは明日から?蛭子さん、残念!「あ~、よか・・・残念だったねえ」とまい子さん、笑いが止まらず。「あてはない」と彷徨う鳴門の老婆を尻目に、一行は高速鳴門バス停前へ。まず目に飛び込んだ謎の黄色い乗り物。「すろっぴー」は無料で乗れるスロープカーで、京阪神方面直通の高速バス乗り場まで行く乗り物だとか。平均年齢50歳以上の一行がはしゃいでますな・・・まい子さん、「すろっぴー」の感想は?

「でも、まあ多少海も見えるし・・・」 「これは乗るより外から見る方が面白い乗り物」 「でも、ちょっとした観光気分は味わえたじゃないでしょうか・・・?」

つまり「微妙」だったってコトね。あまりにガチコメント過ぎてキートン山田さんがフォロー。競艇場前からは1日4本?さすが、高速バスは立派な乗り物だなぁ。「うず潮やってる」って蛭子神・・・うず潮は自然現象ですからこれは「やってる」訳じゃない!お店の営業時間じゃないんだから。蛭子さんの相変わらずのおとぼけの間に2つ目の県境越え。兵庫県に入った!1日目の午前中に県境を2つクリアするハイペースぶり。これだと海も綺麗に見えますわな。淡路島の南からはまた路線バスに乗り換え。展望レストランで蛭子神はハンバーグ。淡路島で500年も伝わる伝統の人形浄瑠璃ですが・・・ちょっと蛭子さん。居眠りしないでちゃんと見ようよ!一行は南あわじ市コミュニティバスで陸の港・西淡へ。淡路島のファームパークにはコアラが居る!?「じゃ、行こう」と太川氏。「抱っこできるかな」と喜ぶまい子さんの隣で「コアラ大丈夫かな、でも?死んでないかな」とデリカシーの無い蛭子神!自分はウォンバットに似てるくせに・・・歯に衣着せぬ蛭子氏にまい子さん苦笑い。淡路島も昔より寂れたそうで・・・パチンコ屋すら潰れてるぐらい。洲本行も最終になるのか・・・コアラの事しか頭にないまい子嬢!スタート時はあれ程「大阪に行きたい」とアピっておきながら、女は目先のコアラに夢中。

「竹食ってるよ・・・」 「竹!?」 「竹じゃないなあ・・・」 「ユーカリでしょ!」

パンダじゃないんだから蛭子神・・・コアラと言えばユーカリでしょ。「よくこの体勢で寝られるね」と関心するも「蛭子さん、自分だってそうだよ。いつも」とすかさず太川氏に突っ込まれ「今度からコアラって言ってやろう」と笑われる始末。まい子嬢はまい子嬢で「プリクラ撮りたい」と、バスの時間も迫ってるのにギャル全開。後ろのコアラと思いっきりカブっている蛭子神。「コアラ全然写ってないよ」と天然発言して大爆笑を誘う始末。急いで洲本行きの最終バスに飛び乗らないと!予習をしていた太川リーダー、「岩屋」が淡路島の北端の地名だというのもインプット済み。1日目のうちに本州(舞子)まで行けそうだね。三宮まではダメか。正直者は最短で。

「”舞子”っていう名前はいいんだけどねえ」 「うふふ、ありがと。響きは・・・」

自分で言って”まい子”さんをイジっていた事に気付かなかった蛭子神!でも舞子から先のルートは不透明?高速舞子はなんか不思議な所・・・三宮行きは「たまに」しか無い!?名谷に回り道。これ以上は行けないってコトで1日目は神戸のベッドタウン・名谷泊。住宅街ゆえ周辺にホテルが無く・・・タクシーで舞子に逆戻りして宿探し。蛭子神、やっと見つけたと思ったらラブホテルだった!?「あれラブホに見える?」と同意を求めるも「見える」とまい子さんに即答される蛭子神。結局、明石駅前のビジネスホテルに一泊!マッサージ機付きに感激する太川さん。ビール半額セールの居酒屋で夕食。1日目はだいぶ進んだねぇ・・・2日目は奈良まで!

「道頓堀」:慌ただしい大都市・大阪通過・・・そんな中、焼きそばやタコ焼き等大阪の味を堪能

2日目は名谷駅から。ドトールコーヒーを4分前に開店させる芸能人パワー。「今日の出勤時間は4分多めにしといて大丈夫」とルイルイ店長代理。しあわせの村(宿泊施設有)行きのバスも、バス停に行列が出来てて立つ事に。例により大都市は素通り。三宮を通り過ぎて尼崎へ。ソーキそば店の隣の喫茶「ちえ」でお食事。店のおばちゃんにあまり話しかけちゃ駄目。焼きそば3人前早くして。チェックポイントは「四条畷」。兵庫から大阪への府県境はあっさりと通り過ぎ、たこ焼きを食べる間もなく大阪市内を乗り継ぎ?でも買っちゃうのが人情。タコじゃなくこんにゃくが入ってるたこ焼き?道頓堀や大阪城観光よりも、奈良行きの近鉄バス情報・・・住道へ行くべし。蛭子さんも歩くのに覚悟を決めなさいよ・・・聞き込むリーダーに居眠りする2人。奈良へは意外と近い?循環バスで住道駅へ。ここから四条畷に行くため産業大学行きへ・・・鼻歌交じりのまい子さん、余裕のおトイレタイム・・・しかし、これが命取り!2分後にバスが。これに乗れたのに・・・蛭子には責任なし!

「それで今回ダメだったらすいません」 「いや、私の方こそすいませんでした」 「じゃあ、俺には一切関係ないね!」 「蛭子さん、そんな言い方ないでしょう」

イライラが募る15分のロス・・・さらに遅れる事態に。お互い責任を感じるまい子さんと太川リーダー。でも・・・1人関係ない蛭子さんはあくびしてて、しかも「伝説のトイレ行き!」とまい子さんに追い打ちをかける一言で相変わらずのへっちゃら蛭子節。ああ、「四条畷」で太川さんも痛恨のミス。なんと住道から生駒登山口行のバスが出ていた?仕方なく折り返すもタッチの差で登山口行きバスを逃す・・・太川さんらしからぬミス連発!登山口から奈良へのバスは無い?推定だと思いたい・・・「私は知ら”ない”」、生駒山から見る夕日が綺麗だ。徒歩1.5kmで奈良交通バスがあると聞くも、また情報があやふや。歩いて行くとまた四条畷市の標識が・・・今回は「四条畷の呪縛」に悩まされる一行。バス停も見つからない・・・「天然温泉で聞いてみましょうか?」とまい子さんが積極的な姿勢を見せるも、その天然温泉も実はラブホ!?それでもバス停があるかどうか位は教えてくれるはず。蛭子老紳士と人妻まい子さん・・・不思議なカップルが寄り添ってラブホに消えて行く!?リーダーはそんな2人をほっといてバス停探し。携帯で2人に連絡。ラブホテルに行った2人は間に合うのか。あれ出発?乗ります乗ります・・・何だ、方向転換しただけか。ようやく、生駒駅行きのバスに乗り奈良県へ!2日目の夕方には大阪奈良府県境を突破。まだ夜の内に、近鉄奈良駅まではたどり着けるんですね・・・

「奈良の大仏」: 反対していたルイルイも感動・・・東大寺で一目だけでも大仏を見せてくれ!

奈良大仏ぐらいは見たいねぇ・・・でも「大仏ってどこにあるの?」と大声で話し、周りのバス乗客に笑われる蛭子神。駅から徒歩10分、朝から大仏は見られるそうな。しかし、太川リーダーの気がかりは奈良から先のルート。天理から伊賀上野~と回るコースか。23時にまだ天理行きのバスがあるけど・・・「もう頼むからねちょっと病気がちなんだよ」「いとうさんなんか病気がちだしさぁ、太川さん、もう頼むから今日はやめとこう」と泣きを入れる蛭子神。相当ヘタってるね。「1秒でいいから大仏を見させてください」と懇願するまい子さん・・・「バスありすぎだよ~」と蛭子神の断末魔が・・・2日目は名谷から奈良まで。今夜は博多ラーメン屋で締め!蛭子さんって熊本生まれで長崎育ちだったんだ?3日目の目標は松阪でお肉を食べる・・・朝から東大寺へ。午前8時に開門も、この開門時間を待っていたのではバスの時間に間に合わない!またしても芸能人パワー炸裂で・・・今度は東大寺も開けてしまう?「つまづいたんだよ、今」とヘッタクソな演技の蛭子神大仏参拝。視聴者には資料映像を・・・見とれない内にバス停へ走れ!一路天理行きへ。次は天理がキーポイントか?

こんな”肉の塊”食うなんて・・・うわ~!スゴい柔らかくて、スゴい美味しい!

蛭子さんじゃなく太川リーダーが悩んでる・・・伊賀(北ルート)で県境を越えるか?伊勢本街道(南ルート)で県境を越えるか?方針が決まらないまま天理に到着。プロの運転手に聞き込み。たまらず(まだ開いてない)バス案内所に駆け込む運転手さん。南ルートは結局宇陀市から先のバスが繋がってないようですね。でも、上野行きのバスも1日3本だし・・・ゆっくり大仏見てたらヤバかった。最後の(奈良三重の)県境は山の中。いよいよ最後の県だ・・・まさか史上初?3日目で目的地に着いちゃうなんて事も!?だけども三重もそんなに甘くない・・・伊賀から名張市、奥津を経ないと市までは行けないらしい。くの一に促され隠し戸に挑戦する蛭子さん。ケガをしますから忍者は諦めましょう。なんと伊賀上野には太川さんの兄嫁の実家があるらしい。親戚の計らいで、松坂牛より一足お先に伊賀牛を食べる一行。蛭子さんが素直にヒレステーキ御膳なんて食べるのも珍しいね。あの蛭子神に「一生、頭から離れないです」と言わしめた伊賀牛の店「もりつぢ」の味。余韻もそこそこに、慌ただしくバスで名張へ。ガガーン!奥津駅前行きのバスが17時15分しかない・・・何と1日1本の超レアバスだったのだ。まさかの3時間30分待ちに思わず立ちつくす3人。じゃ、赤目四十八滝へ観光だ。名物はサツマイモ生地の「へこきまんじゅう」・・・オオサンショウウオも生息?蛭子さんみたいなただボーッとしてるだけのウーパールーパーも。滝を見るためには階段を上らねば・・・マイナスイオンを感じて。

「美杉リゾート」: 山の上に灯りが・・・伊勢八知バス停で生き延びた太川・蛭子・まい子の3人

「僕もう、ここでいいかな」と太川リーダーは観光地退出宣言?リフレッシュして奥津駅行のバスへ。どんどん山の中を突き進んでいく・・・周りは暗闇。こんな鬱蒼とした所に駅が?ここで「終点になります」と言われても泊まる所も無いし。JR代行バスも走ってるのか?「19:05 家城 伊勢市行に接続」とあり、ぬか喜びするも列車か・・・「じゃ、トイレ行く?」と、まい子さんはまたトイレが近いらしい。家城(いえき)には動く旅館?いや、魚九(うおく)旅館がありますけどね。でも宴会が入ってるため3部屋は空いてない・・・芸能人パワー発動で?また姿を見せて宿と交渉するのか?「鹿が左に見えます」・・・家城に到着したのは午後7時半。途中に通った美杉リゾートホテルなら空いてる?逆戻りして美杉リゾートへ。まだやっている食堂も発見。部屋も空いてた!「近く見えても歩けば遠いって。もう本当にの恐ろしさを知らんなぁ」・・・歩くのが嫌いな蛭子さんのお言葉。「それはの恐ろしさとは言わないでしょ」と冷静な太川リーダー。とりあえずお食事は鹿の刺身に舌づつみ。

「どうしよう?言葉に甘える?」 「ハハッ!僕、もう手を叩いちゃった。ごめん」 「リーダーがそう言うんで・・・すいませんけど、いいですか?」 「アハハッ!」

歩いて10分(ばかりやけど)のホテルまでの道のりを、食堂のご主人の御好意で送ってもらえるらしい・・・気を良くした蛭子神は玉子とじうどんにかつ丼まで平らげる始末。「山里」の御主人・山本一(はずむ)さん、ありがとう!一行は火の谷温泉・美杉リゾートホテルANNEXへ。ベッドの上が和風だ・・・さて、ついに4日目。あいにくの雨が降る天候の中・・・朝の6時30分。家城から久居駅行きのバスへ。ここから駅行きのバスで北上するか?南の香良洲(からす)公園行きに乗るか?でも香良洲公園行きは廃線?いや、乗り場が移って向こう側に移動か・・・国道23号線をできるだけ南下したいんだけど、地図でも途中で途絶えてるようだしね。久居前からは雲出(くもず)・天白まで行けば松阪方面に行くバスがあると・・・まい子さんが情報を確認済み。黄色い家の黒ニンニク?いや、手作りケーキのスイーツ喫茶「しとろにえ」で一休み。の中これは助かる!

「漫才の人たちですか?」 「漫才!?」 「漫才だって(笑)」 「漫才じゃない」

もはや佇まいがトリオ漫才の3人組なのか。ここは板前が寿司も握ってくれる喫茶店。さて雲出から天白へ。振興局から松阪行きのコミュニティバスや!ここも1日3本で・・・10時18分を逃したら16時までバス無し!鳥肌が立ってきた太川リーダー。喫茶店でゆっくりしてたら、あわや6時間待ちだった!という綱渡り。そして松阪からゴールの伊勢市へ・・・ここもまだ途切れそうな箇所がある?栃原から次のバス停まで3kmちょっとクライマックスに来て最後の歩き区間。いとうさんも蛭子氏の為に食い下がりますが・・・徒歩3kmの行程は避けられないと。「3kmだったら歩けるでしょ。もう16km歩いたことあるから!」と蛭子さん、アンタさえ首を縦に振って歩く覚悟ができれば話はすぐに終わるんですよ。「3km歩きます」と蛭子さん、やっと歩きます!



松阪商人の城下町も顔だけ”覗き見”するだけ・・・憧れの牛肉も食べずに一路伊勢へ。正午過ぎに栃原着。清流日本一のまちで蛭子神、「水墨画ですね」と川を眺める余裕も?ありゃあ?バス停が見当たらない!?いや、見つかった。さて、時刻表チェックですよ。見に行きますか?無事、伊勢神宮行きのバスがあるのか?それとも、1日数本しかバスが来ない”地獄表”か・・・最後はまい子ちゃんが見なよ!でも、勇気が無いので太川リーダーが・・・「ピッタリじゃ~ん!あと9分後だよ!」と大喜び。13時22分の・・・ラストの伊勢市行きの幸せを運ぶバスが14時過ぎに到着。本当のラストは内宮前行きのバス。あと一息で夢にまで見たゴール・・・

「達成感?」 「味わってます!味わってます(笑)」 「よ~し!これで仲間だ」

バスの中は参拝客で満員。ゴール目前で、いま3人は何を思う。高松から出発した今回の近畿旅・・・前回のリヴェンジはきっちりと達成。内宮前でバスを降り、3人は歓喜のハイタッチ!改めて「もう1回」とやり直しのハイタッチ。「イエーイ!」最後まで元気だった今回のマドンナ・いとうまい子さん。41本ものバスを乗り継ぎ、総走行距離は550km。合計運賃は18150円なり。達成感にメロメロのまい子さん。「これで仲間だ!」と太川リーダー。2回連続の失敗はするまいとプレッシャーを感じてたんですね~。「今夜はゆっくり寝よう」と堂々の勝利宣言!第12弾伊勢神宮からどこまでのコースになるのかな?最後は3人で伊勢神宮に何を祈願したんだろう?蛭子神、今回は素直に土地の名物を食ってカレーライスオムライスも無かったね(笑)

ここまで太川蛭子の間に入って対応し切った女性がいただろうか・・・完全無欠のマドンナゲスト加藤紀子お笑いの面でも乗り継ぎの面でも申し分の無い活躍ぶり!9/1(土)の土曜スペシャル2時間半SP「松阪~松本城 ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅」(第12弾)については【#263】「金メダル」の記事にて。
スポンサーサイト

テーマ:蛭子・太川 ローカル路線バスの旅 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012.04.29(日) 03:07|
  2. 路線バスの旅 (蛭子能収×太川陽介)
  3. | TB:10
  4. | コメント:2


【#255】
「へーレンフェーン0-5アヤックス」 3代目相棒に成宮

AQUOS PHONE SH-12Cこの春ようやくスマホデビューしました。docomoの旧型AQUOS PHONE「SH-12C」でございまして・・・今の、NOTTV対応の最新機種じゃない、2011年夏モデルのやつですけど。型落ち品だったので(既に15000pほど貯まってた)ドコモポイントだけで機種変更も足りちゃって。払った金は0円携帯!これまで持ってたのが905世代のガラケーだったので携帯電話の進化っぷりに驚いてます。iモードとは何だったのか・・・?3G回線は劇的ですな(爆)

ほんと、スマホでネットもサクサクとまあ・・・パソコンでしか見られなかったサイトもほぼ見られるワケでしょ?動画もwi-fiで行けば何処でも見られる様で・・・素晴らしい事で。これだと外出先でもブログ書けちゃいますねえ・・・いや、めんどくさいんで書かないですけど。つか、このブログスマホでも無理。だったら、これを機にtwitterでも初めてみようかな・・・せっかく機能も付いてますし。でも嫌だな。EURO2012の大会期間中とかだったら色々熱くなってつぶやけるけど、年中あるわけじゃないしねえ。多分・・・定期的に物事についてつぶやくなんてネタもありませんし続かないから。宿題に追われる子供に戻るのはヤだ(爆)



「アヤックス 2連覇へ!」:どん底から奇跡の8連勝・・・へーレンフェーン戦(A)5ゴール圧勝

というコトで、懲りもせず我が”愛スマホ”にオレンジ色のシリコンカバーを被せてOranje仕様にしてしまった自分ですが・・・いや~、アヤックスですよ。2月のアムステルダム・アレナでのユトレヒト戦(H)を落として・・・フェイエノールト戦(A)に続き連敗してしまってねぇ。あそこで今シーズンは「絶対ダメだ」と思ったんですけどそれ以降・・・ELマンチェスター・U戦(H)を除いて全勝!エールディヴィジでも負け知らず。8連勝ですよ。ELでも敵地オールド・トラフォードルーニーがいるマンUに勝ちましたしね~。あの勝利が若いチームには自信になったのかな?自分は(結局トータルスコアでELは勝ち進めず、ベスト32で敗退してしまいましたが)ファーガソン監督に土を付けたあの試合が今季アヤックスの(3、4月攻勢への)ターニングポイントだったと思ってます。とは言え、一度リーグ優勝をも諦めてしまったファンが言う様な図々しさも無いですけどね(爆)

ここしばらく、サッカーの話はとんとご無沙汰しておりましたが・・・フェイエノールト戦(A)、ユトレヒト戦(H)と連敗を喫したアヤックスは、早くもこの2月上旬でエールディヴィジ優勝(2連覇)を諦める状況に立たされてもはや「白旗」というボロボロ状態。テオ・ヤンセントゥウェンテから、シグソールソンをAZから、ブリキンをデンハーグから批判覚悟で引き抜いておいてこの体たらくですしね。フロントはクライフ翁が内紛を起こすし、CLではリヨンに抜かれ衝撃的なグループリーグ敗退の憂き目に遭って、もう立ち直れぬ程ドツボにハマったアヤックス。おそらくフランク・デ・ブール監督の首も危ないでしょう。昨シーズン大逆転でリーグ優勝を決めた歓喜の瞬間では、しばらくデ・ブール政権が続くだろうと薔薇色の未来を予想してたんですが・・・クラブ崩壊。
【#251】「及川光博卒業」 相棒ten15話・櫻井脚本「アンテナ」 本ブログの記事 2ヶ月程前の投稿より)

流氷を見る前のあの頃はほんとネガティブでヘタレだったな・・・代表も暗黒期で身も心も荒んでましたわ(笑)それはそれとて・・・4/11(水)のオランダリーグ・エールディヴィジ第29節”難敵”へーレンフェーン戦(A)!自分は(上位対決でアウェイ戦となる)この試合がかな?と踏んでただけに、今回の大勝は予想外でした。何とか引き分けに終わればAZトゥウェンテを振り切れるんじゃないか・・・と試合前は弱気になってたんで。目下エールディヴィジ得点王のドストに、先ごろオランダ代表にも選ばれていたナルシン、そしてアサイディと好調へーレンフェーンを引っ張る攻撃陣を相手に何点取られるかが不安だったんですよね。それがまさかのアウェイで「0-5」!5ゴールも誇らしいですがクリーンシート(0失点)で終わったのも良かった。途中で諦めてへーレンフェーンのファンが続々と客席を立ち帰ってましたしね。来季からはファンバステン監督体制になるムービング・フットボールのへーレンフェーンですけど・・・その”パンケーキ野郎”さんがかつて指揮していたアヤックスに痛いしっぺ返し。これでアヤックスは5試合連続でクリーンシート継続と、攻守ともに充実の春!

「フルメンバーの春」:かつての輝きを取り戻しつつあるアイサティ、怪我人も戻り戦力充実!

混戦のエールディヴィジ上位陣をごぼう抜きし、頭一つ出た状態で・・・このところ5試合で16得点、0失点と無双状態のアヤックス。このへーレンフェーン戦(A)も相手GKヴァンデンブッシェの一発レッド退場で一気に大荒れに。(ロッベンとは違い(爆))テオ・ヤンセンが確実にPKを決めアヤックスが開始6分で先制。すると、19分には(この所”自信”を取り戻したプレーが目立つ)アイサティのゴールで追加点!かつてアヤックスの「10番」を背負った早熟の天才アイサティ・・・彼が復活すればね、エリクセンと共にチームにニつの”核”が出来ますから、アヤックスの攻撃の幅も広がります。なおも1人少ないガタガタなへーレンフェーン守備陣をバルセロナのようなパス回しで粉砕するアヤックス・・・現「10番」シーム・デ・ヨンクが波に乗りハットトリックを達成!後半もゴールバーを叩く惜しいシュートもあって、決まってればあわや「1試合4ゴール」だったんで、敵地で想定外のゴールラッシュにアヤックスサポ裸になってお祭り騒ぎ!対照的にドストは失意の途中交代。

アイサティシーム・デ・ヨングルコキ
(→46' ブリフテル)
エリクセンテオ・ヤンセン
(→70' シグソールソン)
アニータ
ブリントヴェルトンゲンアルデルワイレルト
(→64' ファン・デル・ヴィール)
ファン・ライン
フェルメール

「昨年九月のCLミラン戦以来・・・バルセロナのアフェライ、長期離脱から約6カ月ぶりに復帰」
スポーツナビ 欧州サッカーニュース/スペイン 2012年4月12日(木) (C)MARCA.COM


沈黙するへーレンフェーン攻撃陣を尻目に、磐石のフランク・デブール采配。後半は怪我明けのブリフテルシグソールソン、(レアル・マドリーに狙われてる?)ファン・デル・ヴィールを次々とリハビリ投入!交代枠を余裕ある使い方にすれば、後のリーグ戦の戦い方も上手く調整出来るってもんですよ。しかも、この3人ともチャンスに絡んでましたし・・・本来はレギュラークラスの3人ですからね。待望の戦列復帰も近いでしょうし、ベストメンバーを組める日もそう遠くない・・・ますます戦力が充実し、明るい材料を揃えてリーグ優勝争いに臨めるアヤックス。惜しむらくは、今の状態だったらCL決勝トーナメントにも余裕で進出したのでは・・・と!まあ・・・リヨンに抜かれたあの悔しさは来シーズンのCLで晴らせばいいってトコですかね。とりあえず、5月は「リーグ連覇」プラス3シーズン連続の「CL出場権獲得」というダブル吉報が聞けそうで、すんごく楽しみです♪デ・ブール監督も前々節、「親友対決」となった”トッパーPSV戦(H)で・・・コクー新米監督に采配面で完勝しその後の前節(第28節)ヘラクレス戦(H)は6-0で圧勝、そして今節も5-0と・・・より自信を深めてますね!オランダでは”小バルサ”状態のアヤックス、そして本家バルサで半年ぶりアフェライが復帰!これも嬉しい!



関サバ関アジ定食相棒」シーズン11からの”新相棒”が、成宮寛貴さんに決まったそうで・・・(2代目相棒の)及川光博さんより更に若い相棒になりましたね。ますますもって杉下右京警部(水谷豊さん)との世代間ギャップが広がりそうだ・・・もう、どんどん相棒が若くなって行って、最後には鈴木福くんになるんじゃないか!?と。その頃には、とっくに右京さんは刑事定年でしょうけど。寺脇さん以上に年の近い相棒にはならないのかな・・・。年の近い相棒といえば、もうそろそろ太川陽介さん&蛭子能収さんの名コンビが送る・・・あの「ローカル路線バス乗り継ぎふれあい旅春の新作SPが放送されるはず。今回のマドンナはいとうまい子さん?でスタートは(前回たどり着けなかった)高松から、ゴールは三重伊勢神宮のようですね。四国を抜けるのは淡路島から明石海峡大橋経由でしょうか?瀬戸大橋だとまた岡山~姫路間をジグザグ乗り継いで1日ムダに費やすからなぁ。でも、鳴門から後は(高速バスじゃなく)普通の路線バスとかあるのかなぁ?鳴門と言えば・・・春のセンバツ甲子園作新学院鳴門に負けるとは思わなかったな。九州学院も2回戦で(選抜優勝した)大阪桐蔭と当たったのがもったいなかったなぁ。残念!

テーマ:相棒 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012.04.12(木) 21:05|
  2. アヤックス
  3. | TB:0
  4. | コメント:0



   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。