Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#272】
「アヤックス優勝へ」 エールディヴィジで黒猫のタンゴ

銀山茶屋みのもんたの朝ズバッ!」で久しぶりにエールディビジの映像が流れてきて「おやっ」と思ったら、何やら「珍入者」というニュースで・・・4/13(土)に開催されたオランダリーグ第30節「ヘラクレス0-2フローニンヘン」の最中に起きた黒ネコ乱入のハプニング映像でした。日本代表・長友佑都選手をしのぐ「突破力」とゴール前での鋭い「切り返し」!一目散に猫まっしぐらでゴールネットに吸い込まれるか?と思いきや、ゴールポスト直前で急失速し・・・ゴール横の花道を優雅に闊歩。トボトボとゴール裏に向かい、ヒョイと壁を越え帰ってく”珍入者”に沸くスタジアム。約1分間のハーフタイムショー?にみのさんも感心。それにしても・・・TBSは「サンデーモーニング」といい、よく見つけるよね!



↑のハイライト動画2:00頃(前半32分頃)ぐらいに問題の黒ネコが現れるんですが・・・日本のメディアに「長友をしのぐ速さ、香川を超える鋭い動き」と報じられるとは、まさか本人も・・・いや”本猫”も思わなかったでしょうね。果たしてこの黒猫は誰かサポーターの飼い猫だったのか?首輪は無いようだけど、野良猫か?仮に野良猫だったら、こんな”珍入者”の侵入を許すスタジアムの警備問題は?そしてこの・・・ベイル並みのインパクトを残した黒ネコ選手は「登録外」という事で次節「出場停止」なのか?まあ、このハプニング映像はもう1回・・・(無類のエールディヴィジ「バックパス映像好き」な)TBSサンモニ」でも今週末にコスるんでしょ。「おやおや、の方がサッカー上手い」とか関口宏さんがいぢり張本勲さんが「あっぱれ!」の展開か?(笑)



「3連覇目前!」:アウェイでも勝ち、アヤックスがPSV相手に久々のシーズンダブルを達成!

龍源寺間歩さて、黒猫乱入というほのぼのニュースがある一方で・・・先週オランダリーグ30節と言えば何といってもトッパー!「PSV×AJAX」直接対決の話題一色!12-13シーズン欧州主要リーグの中で唯一?混戦となっているオランダエールディヴィジ優勝を占う一戦とあって、舞台となるフィリップ・スタディオンもただならぬ””を発してました!ただ、この試合・・・その””でフィーバーして感情任せに動いたPSVと、殊のほか局面局面で冷静に対応していたアヤックスというか・・・両者に戦力差はそこまで無いのでかつての「クレバー」で勝負強いPSVなら、この大一番も難なく制したと思うんだけどね。今回はアヤックスの方が精神的に大人だったっつーか、それが意外な結果で(爆)


さざれ石国歌「君が代」の歌詞に出てくる「さざれ石」って、こんな形してたんですね・・・初めて見た。それはそうと、先週末はJ-SPORTSエールディヴィジ中継カードも、いつもの日本人選手絡み(フィテッセVVVフェンロが主)の試合を放送するんじゃなくて、ましてや黒猫乱入の試合でも無くさすがに(上述の)”トッパー”を生中継してくれたので・・・久しぶりにアヤックスイレブンを生観戦出来ました。するとここ5シーズンは優勝から遠ざかっているPSVと、目下2連覇中でCLにもコンスタントに出場してるアヤックスとの「経験の差」というか・・・数年前、アヤックスが7シーズン優勝から遠ざかってた時は、立場が逆だったんだけどね。

「トイヴォネン封じ」:エールディヴィジの盟主に返り咲くアヤックスが・・・鮮やかにPSVを攻略

出雲大社・裏口ヒディンク監督が指揮を執ってた頃のPSVは国内無双で憎らしいほど強くて・・・そんなチームに経験も技術も到底敵わないのに未熟なアヤックスは自分たちの「スタイル」にこだわり玉砕を繰り返す・・・それが一昔前の”トッパー”でアヤックスはよく泣かされました。一昔前は「エイトマン」のファン・ニステルローイの顔を見るのも嫌だった・・・そんな歴史も今や昔。オランダリーグの盟主の座はアヤックスに戻り・・・PSVは長らくの過渡期状態。今回は病み上がりのトイヴォネンがスタメンに名を連ねましたけど、その金髪のキーマンに前半から激しく当たるポウルセンがいい仕事をしてましたね。彼を自由にさせない事でPSVは思うようにボールを繋げぬ状態・・・ホームなのに居心地は悪そう?

出雲大社・御仮殿トイヴォネンをゲームから消す事で、オランダ代表で新旧キャプテンマークを巻くストロートマンファンボメル達も右往左往。アヤックスはイメージと真逆な「組織的守備」で今シーズン驚異の爆発力を誇るPSVの攻撃を分断するフランク・デ・ブール采配。たまらずにサイドへと散らそうとしても・・・現オランダ代表SBに名を連ている、経験豊富なブリントファンラインの網に引っ掛かる悪循環。ボールを奪ってからの攻守の切り替えの速さも、”オランダ水準”のPSVと欧州基準のアヤックスでは差は歴然。敵地ながら悠然とプレーする蛍光緑色のアヤックスに・・・毎度ながらシーズン後半のアヤックスは熟成されて強いなと再認識。CL出場権取れればと思ってたのに・・・さっぱり分らない

「スタイルへのこだわり」:代表のポジションも失ったピーテルスの憂鬱・・・フェイエの伸びしろ

2度追いつかれるもブリフテルが決勝ゴール・・・リーグ制覇を決定的にして歓喜の輪が出来たアヤックスの選手達。その裏に元オランダ代表DFピーテルスの姿が。ジオが代表引退した後、オランダ代表左SBの座に定着しながら怪我でEURO2012出場を棒に振り・・・その空席にヴィレムスブリントといった若手の台頭。もともと「攻撃参加に乏しい」との指摘もあり、オランダ代表とはすっかりご無沙汰に・・・その課題の攻撃性を「ピーテルス、退場後にガラス窓を殴り負傷」という間抜けなニュースで今シーズン、世間を騒がせてしまった守備の職人でしたが・・・今試合も途中出場で試合勘に疑問符が付く中ブリフテルに振り切られ、味方GKとの連携ミスで僅か出場時間3、4分で致命的なゴールを許してしまう最悪の結果に。ピーテルスにしてみれば、今度はガラス窓じゃなくビルでも爆破したい位の深いトラウマになりそうな日になりましたね。批判も集中するだろうな・・・代表に呼ばれない事で焦りも生じてたのかな。本当はこんなミスが多い選手じゃないけどねぇ・・・



根拠の無い自信と、闇雲に自分たちの型を貫き通すプライド・・・バルサの成功でより上ばかりを見る一方のアヤックスは悲しいかな、これまではより現実的志向なPSVに持ち味を消されてフラストレーションも溜まる一方の”トッパー”でした。しかし、今は違う・・・アヤックスが逆に相手の持ち味を消してパスコースを見出す一歩進んだ形になってる・・・毎年のように主力を引き抜かれながら覇権を守れたのは、”大人になった”って事なのかな?アヤックス・・・この調子で、かつ、ひと夏を越しても戦力を維持出来ればね・・・CLでも「殻」を破れるんだろうけど。それもステアウアに屈するような、ELで満足に上位に顔を出せていない様では絵空事に過ぎない・・・ただ、”トッパー”のような大きな試合でこういったパフォーマンスが出来れば先は見えますね。奇しくも、今季CLクォーターファイナルでバイエルンユヴェントスを退けたのと同じ方向性かな?ピルロを試合から消し、混乱した敵の選手に素早く体を寄せてパスコースを限定し・・・そこからワイドに広げて攻撃の起点を作る!と、”教科書”は既に存在してるから。そこが(後述しますけど)フェイエノールトにも共通すると思うんですよ。紆余曲折を経て・・・今後一皮むけると「全方位攻撃」なチームで怖い存在に成り得ますよね。



ただやっぱり守備もパーフェクトな訳じゃなくて・・・ゴール前に詰めたレンスに2ゴール返された訳だけどね!それ以上にアヤックスが誇るエースエリクセンの動きがキレてましたね。昨シーズン最終節のトゥウェンテ戦(H)もだったけど、勝負所をモノにするここ近年のアヤックスの原動力はやはりエリクセンだったのではないかと・・・去年はシーム・デ・ヨングの2ゴールもあったけど、今年はエリクセンが直接決めましたな。プレミアへと行っちゃうんだろうなぁ・・・これを置き土産に。ヴェルトンゲンを追ってスパーズなのか、噂通りリヴァプールか知りませんが。後輩のフィッシャーにもバルサが調査に乗り出してるって言うし、なんだかなぁ。でもあそこはバルセロナへ旅行に行っただけのGKフォルムにも「ヴィクトール・バルデスの後釜か!?」と噂が立つぐらい信憑性が無いからね。もっとも今のOranjeにはフォルムの上にクルルフェルメールステケレンブルフと優れたキーパーが居るわけだし。さらにアンダー世代にはズートも伸びてますからね・・・すっかりオランダはGK王国になったなぁ。バルセロナと言えばアフェライは来季無事に戦列復帰出来るんだろうか・・・って話で。

稲佐の浜の夕暮れ何はともあれ、今季もアヤックスの覇権は揺るがなかった結果となりそうですが・・・と、まだ優勝は決まってないか。いい加減来季はCLグループリーグの壁を越えないと・・・でも、来季の覇権はいよいよフェイエノールトへ移りそうでこればかりは止むを得ないかな。現在のOranje若手の台頭、そしてファン・ハールも目を細める若手の伸び率を見ても判る通り・・・PSVアヤックスとくれば、順番的にも次はフェイエだもんなぁ。悔しいかな、オランダ代表強化をスムーズに行うにもフェイエ黄金時代到来が手っ取り早い手段だしね。今季は良くも悪くもペッレに依存してたけども来季、さらに一歩進めばとんでもないチームに化けそうな予感。もうアヤックスも太刀打ちできないレベルの域まで達するかもしれない・・・いや、達してもいいよ。オランダリーグ発展の為にも。「朝ズバッ!」とか「サンモニ」で「黒ネコが出ました!」じゃ無く、ちゃんとしたチャンピオンズリーグのニュースでオランダのクラブを見たいし。ただ、アヤックスも決して”歩み”を止めるんじゃ無く共存共栄って話でね。どっかのユヴェントスに「かつての強かったアヤックスはもういない。育成のクラブに成り下がった。わがユーベは同じ轍を踏んではならない」と皮肉を言われたままじゃね。腐っても名門だから。でも、来年はフェイエ完全復活の年だと断言しますよ(爆)
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013.04.17(水) 12:40|
  2. アヤックス
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


【#271】
「県岐阜商vs花咲徳栄」 エストニア戦/ルーマニア戦

天河大弁財天社の五十鈴先月に速水もこみちさん版・浅見光彦シリーズ「天河伝説殺人事件」が放送されたというコトで・・・およそ4年ぶりに天河神社へ行って参りました。前回はレンタカーにて直行したんだけど・・・今回は近鉄電車とバスに揺られ難波から片道4時間、往復すると半日はかかる関西地方の秘境!ちょうど渓流釣りの解禁日だったようで、沿道にはお魚を釣りに来た釣り師の車がズラリ。天の川ってのは、本当に清流ですね。きれいな水が流れる小川にしか居ないというアマゴですか?あれがココで釣れるんだね。そういうコトで帰りがけに・・・天川川合の食堂で、「あまご塩焼き定食」を食べて帰りました。これが美味かった!・・・ヤマメっぽくて塩味の効き具合が自分好みで。そういや白鵬がなんばのボディメーカーコロシアムに会場入りしてる所に出くわし、急いでカメラを取り出そうとしたけど間に合わなかったな。

まあ、でも春場所よりもね・・・春の大阪の風物詩と言えば選抜甲子園大会ですよ!3月15日(金)に組み合わせも決定しましてね。開幕に向けそわそわモードが高まる・・・昨年も初戦から「大阪桐蔭vs花巻東」、藤浪vs大谷というビッグカードが実現しましたが、今年もきましたねコレ・・・どちらかがこの時点で落っこちてしまうかと思うと胸が痛むなぁ。せっかく天河神社に行ったんだから、こんなもったいないカードが生まれぬよう、ちゃんと神頼みしとけば良かった。一方で21世紀枠同士もあるしね・・・

遅すぎる先制点にファン・ハール笑顔なし。W杯予選エストニア戦(H)についてはブログ後半で書いてます。
計3ゴールに絡んで、レンス”汚名返上”?W杯予選ルーマニア戦(H)についてもブログ後半で書いてます。




「県岐阜商vs花咲徳栄」: 敦賀気比と京都翔英、仙台育英と関西高校・・・激しく潰し合う春?

天の川の清流レアル・マドリードvsガラタサライ」?スナイデルハミト・アルティントップが”意地”を見せてほしいけど・・・違うね。「バルセロナvsパリ・サンジェルマン」?もうアヤックスから遠く離れて行ってしまったイブラフモビッチも古巣のバルサ相手に捲土重来って所でしょうけど・・・これも違いますね。もう「県岐阜商vs花咲徳栄」でしょ!「いきなりかよ~!」と頭を抱えましたよ。しかも勝った方が十中八九で(春・夏・春の3連覇を目指す)大阪桐蔭とぶつかるじゃないスか?そりゃないっスよ・・・県岐・藤田投手と若月君を中心とした花咲徳栄重量打線の対決は楽しみなんだけど、さらに・・・このブロックには安楽君の済美や不気味な広陵もいるし最激戦区だね。打倒桐蔭に燃える済々・大竹君も居るし。

「開幕戦は敦賀気比vs沖縄尚学!第85回春選抜甲子園は3月22日(金)から13日間開催」
MBS毎日放送 第85回センバツ高校野球大会・大会組み合わせ決定 2013年3月15日(金)


天河大弁財天社の五十鈴スギ花粉なんてアルガードって目薬のCMだけの世界だと思ってたけど・・・実際にある光景なのね。この飛散ぶりを見てゾッとしたよ。にしても敦賀気比沖縄尚学の勝者が近畿王者の京都翔英ってのも凄いねぇ・・・履正社はまた春に山口県の商業高校と対決か。前に下関商とやってた試合があって・・・下関商のセンターの子がエラーしたのが決勝点だったという悲しい結末でした。1日目第3試合は「常葉菊川vs春江工」と・・・共に”魔物”を呼ぶミラクル校同士の対決。北照と菰野は結構ポテンシャル高いチーム同士と見ますが、どうでしょう?浦和学院神宮大会では高知と当たり、選抜では土佐と当たるんだね。その高知関西と当たるんだ。前もこの両校は初戦で当たったよね。関西仙台育英も順当に行きゃ準々決勝で当たっちゃうのね?去年の光星学院と愛工大名電みたいだなぁ。冬場は走り込みに重点を置かず、守備練に時間を費やした関西・・・”アーリーワーク”をした成果は出るか?

【第85回春の選抜高校野球3回戦「県岐阜商 5-4 大阪桐蔭」: 県岐阜商が”絶対王者”撃破!】
やった~!花咲徳栄戦での鮮やかなバッティングも見事だったけど・・・藤田親子の快進撃はまだまだ続く!春・夏・春と甲子園3連覇を狙っていた”絶対王者”の大阪桐蔭を食っちゃいましたね!ゲームセットの瞬間、飛び跳ねて喜んでしまいました。いや~、藤田投手はよくマウンドを守りました。(踏ん張り足になる)右足のふくらはぎに死球を受けてもマウンドを譲らない、これぞエースの意地!初回から大阪桐蔭打線に捕まって、早々と2点を先制され「こりゃ何点取られるやら」と背筋が凍ったんだけど・・・その後県岐打線が4点取って、すぐにひっくり返しましたよね。その後は藤田投手も1イニング「最少失点」の1点ずつに抑えて、足の痛みをこらえながら大阪桐蔭の猛追をかわし、最後は女房役の神山捕手が桐蔭の”猪突猛進”を体を張って止めて歓喜の瞬間を迎えました。藤田投手もかえってデッドボールを受けた後の方が変化球がキレてたような(笑)

「痛ミニモマケズ 県岐阜商 大阪桐蔭倒す 36年ぶり8強 劇的バックホーム『見たことない』」
スポニチアネックス 第85回選抜高校野球3回戦・県岐阜商ベスト8進出 2013年3月29日


昨夏の甲子園にも出てたんだけど、初戦で新潟明訓にいい所無く敗れ去り・・・悔し気な表情で甲子園を去る藤田投手はまだ「藤田監督の息子」でした。一方、大阪桐蔭はやりたい放題で甲子園春夏連覇を達成し・・・高校球界の盟主として、名声を欲しいままにしてました。そして一冬を越えて・・・藤田投手は夏(半年前)のひ弱なイメージから一変!「東海王者県岐阜商の”大黒柱”として甲子園に帰ってきました。この春は2試合連続の完投・・・そして、高校球界に名を残しました!県岐打線も初回で腐らず、よく援護しましたね!乾杯


大阪桐蔭撃破の代償は大きく・・・藤田投手は準々決勝で力尽きました。浦和学院、選抜初優勝おめでとう!

「シーム・デ・ヨングようやく招集」: エストニア戦(H)、ルーマニア戦(H)に臨むオランダ代表

あまご塩焼き定食並行して3月末はW杯予選もありますね!昨年途中からファン・ハール監督になり続々と”つくし”が生えまくってる今のOranjeですが・・・なんと!2月のイタリア戦(H)でMOM的な働きを見せたMFマヘルを押しのけ・・・、3月はトリンダーデ・デ・ヴィリェナがA代表初招集!マヘルより更に若い18歳で、ボエチウスと共にめきめき頭角を現すフェイエノールダーです。しかしフェイエの勢いは凄いね!エールディビジ首位ながら押されっぱなしのアヤックスも中盤で何とかシーム・デ・ヨングが引っ掛かって、ようやくA代表復帰。いつも代表に予備招集はされるんだけど・・・ことごとく本招集で落とされてたしね。試合出られるか?



でも、レンスマタイセンは代表に帯同中、またケンカ再勃発しないか心配でもあるな・・・溢れるパッションは通路とかじゃなく試合のピッチ上で発散して下さいよ。さあ、春は出会いと別れの季節・・・東急東横線の渋谷(地上)駅がいよいよ姿を消すという事で、「タモリ倶楽部」で”ラストラン”やってましたね。東急渋谷駅名物のくし型ホームに4本の電車が4本並んで南田裕介マネージャーがやたらと興奮してました。当然のように2週連続ぶち抜きで・・・次週3/22(金)も「85年の歴史についに幕!さよなら東急渋谷駅 私、地下に潜ります。(後編)」なんですね。そういや、そろそろ「空耳アワード2013」の季節ですか・・・早いな。東急渋谷駅ねぇ・・・東急沿線じゃないので正直馴染みは無いんですけど、宮益坂口にビアードパパがあるでしょ?あそこの店で初めて(皮がカリッカリの)パイシューを食った時の衝撃は凄かったな。あの匂いを嗅ぐ度に思い出が甦る・・・

「レンスら追加招集/オランダ代表が正式メンバーを発表、怪我のフンテラールらが外れる」
ゲキサカ 2014年W杯欧州予選・グループD エストニア戦/ルーマニア戦 3月15日(金)


う~ん、それにしても今春の心残りは「県岐阜商vs花咲徳栄」ですねぇ。この好カード、勝った方はそのまま選抜優勝してもおかしくない・・・いや、選抜予想はやめておきましょう。うっかり予想してしまうと、某週刊誌の「いつやるか?今でしょ!」林修先生(東進ハイスクール)みたく・・・WBC優勝予想を「ベネズエラでしょう」とドヤ顔予想して豪快に外す”面目丸潰れ”に成りかねませんからね。それでなくても今年の選抜は混戦模様だから。去年は春夏絶対王者だった大阪桐蔭も冬場に投手力を上げられたのか?不安が残るし、現時点で優勝候補最右翼の仙台育英も”神宮王者の呪い”を撥ね退けられるか!?関西高校とのリヴェンジマッチの行方は?やっぱり春はセンバツから!ですな・・・しかし、リッキーにはまだ春は来ず。フンテラールドストが外れたのにファン・ウォルフスウィンケルは呼ばんか。でもシームには春が来た。フェイエ勢に押されるなっ!つかオランダ代表は野球も強くて世界のベスト4に残ってるんだ・・・。人口1500万の小国なのに、ったく(笑)

【“【#271】
「県岐阜商vs花咲徳栄」 エストニア戦/ルーマニア戦”の続きを読む】

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013.04.04(木) 07:23|
  2. 高校サッカー&高校野球
  3. | TB:0
  4. | コメント:0



   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。