Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#14】
「さらば、チェコ」 W杯組み合わせ・シード分け

オーストラリア代表監督でもあるヒディングが率いるクラブのPSVですが、CL最終節のフェネルバチェ戦(H)を2-0で制して「グループE・2位突破」を決めました。実にオランダ勢らしからぬ”ワキの固さ”で、「オランダ版カテナチオ」も納得。つい2シーズン前まではグループリーグの壁に跳ね返され続けていたPSVですが、ここ2シーズンはその面影も払拭しつつあるようです。こういうクラブが”一発勝負”の決勝トーナメントでも強いんでしょうね。一方、オランダ勢らしく”ワキの甘い”アヤックスはすでに「グループB・2位突破」が確定して・・・CL最終節は大勢に影響が無いアーセナル戦(A)です。ロンドン入りするアヤックスにこの試合にかけるモチベーションは低いと思いますが、プレミアリーグ移籍を目指している(であろう)ピーナールデ・ヨングトラベルシといったところは「ベンゲル監督、ひいてはイングランドのメディアの目に止まれば・・・移籍の道がより開ける!」的な、(アヤックスサポとしては複雑ですが)ある種”違った”モチベーションに”燃える”のかも(爆)

あと、OLはやはりCLローゼンボリ戦(H)に2-1で勝利(後半ロスタイムに、FWフレッジのゴール!)で・・・、前の記事【#13】に書いたように「無敗記録」の行方は週末のリーガ・アン「ローヌ・ダービー」サンテティエンヌ戦(A)が”カギ”を握りそうです。それとは対照的に、CLで「連敗記録」を更新していたアンデルレヒト(ベルギー)がようやくCLベティス戦(A)で0-1で勝って・・・ようやく連敗「12」で不名誉な記録に終止符を打ちました。この記録も”逆に”前人未到の記録になったワケですが、「CL現在7連敗中」を更新しつつ来シーズンのCLに臨むスパルタク・モスクワ(ロシア)がこの記録に迫る事になるかもしれません。でも、この記録はアンデルレヒトに”タイトルホルダー”を継続してもらいたいものです。”持ち続ける”のもウザったそうだけど(爆)




12/9(金)の「W杯組み合わせ抽選会」に向けた「シード分け発表」がFIFAより発表されました。オランダは第3ポッド・・・「えっ、第3シード!?これがブラッター会長の言う『サプライズ』なの!?」と一瞬思ってしまいました。でも、第3ポッドの顔ぶれを見るとみんな欧州のチームだし、チェコも居るし♪今回は出場32ヶ国が第1ポッド(シード枠)、第2ポッド(オセアニア・南米・アフリカ枠)、第3ポッド(いわゆる「欧州枠」)、第4ポッド(アジア、北中米枠)、特別ポッド(セルビア・モンテネグロ)に振り分けられたようで、上述の「サプライズ」に当たるのはどうやら「特別ポッド」に入ったセルビア・モンテネグロの事を指していたのかな?よって、本大会のグループリーグ組み合わせでは同じグループに欧州勢は1ないし2ヶ国が必ず入る事になります。

オランダ(ファン・バステン監督[2006年・オランダ代表監督])、オーストラリア(ヒディング監督[1998年・オランダ代表監督])、韓国(アドフォカート監督[1994年・オランダ代表監督])、トリニダード・トバゴ(ベーンハッカー監督[1990年・オランダ代表監督])という過去オランダが出場したW杯本大会の歴代監督が並ぶ「オランダファミリー」の4ヶ国がすべて同グループで一緒になる可能性というのは無くなりました。ただ、この中でオランダ、オーストラリア、韓国(もしくはトリニダード・トバゴ)の最大3ヶ国は”同居”する可能性があります。

2006年W杯本大会に向けて、”鬼が笑っても”構わないので来年の話をしますと・・・「組み合わせ抽選会」というのは重要な意味を持つイベントであります。このグループリーグ組み合わせの結果如何によってW杯本大会への「シナリオ」が、ピッチ上に立つ前にすでに「6割」以上は決まるモノと思います。どこの国と一緒のグループになるかで・・・来年の本大会開催までの6ヶ月は、他の3ヶ国の動向に「縛られる」ワケで。個人的には今回のW杯は2年後(オランダ”熟成の時期”)の「EURO2008本大会」に向けての”力試し”として・・・世界の強豪国相手にオランダは「どこまで通じるか?」、それを見る絶好の「試金石」になると思います。

かと言ってあっさり”玉砕”してしまうようでは、これまで激闘を繰り広げてきたW杯欧州予選グループ1のルーマニア、フィンランド、マケドニア、アルメニア、アンドラという国々に合わせる”顔”がありません。これらの国々を差し置いてオランダは本大会への出場権を獲得したのですから、少なくともこれらの国々に恥じない戦いをしなければならない・・・それが今回の本大会に課せられたオランダの「ミッション」の1つと思うのです。グループリーグ分けでどこのシード国と一緒になろうとも・・・オランダはこれらの国々の期待に応えるパフォーマンスを求められるでしょう。「こんなオランダに予選で負けたのか・・・」と思わせるのもしのびないもので。

EURO2004本大会の組み合わせ決定時には、アムステルダム・アレナのスタジアム内・”クラシケル”「アヤックスvsフェイエノールト」観戦中でその顔ぶれを知りました。「またチェコと一緒かよ!」からか、「ドイツと一緒になった!」からか・・・スタジアムのオーロラビジョンにその顔ぶれが表示された時に、アレナのスタンドはハーフタイムながら「ドッ!」と沸くリアクションでした。組み合わせが決定するというのも時には「世紀の一瞬」を迎える機会でしょう。それは祝うべきものでしょうか?互いに手をクロスしてジョッキで「乾杯!」とか・・・。

「欧米か!!」

あるいは「組み合わせ決定」に関して、意気込みを語るべく何らかの「口上」でも考えて・・・
このニュースは新大関が誕生したかのような大きな「トピック」にもなりますもんね。

「欧米か!!」

「テキにカツ」じゃないけど、縁起を担いで「願掛け」をする方法もありますよね。
ドロー決定後むこう6ヶ月の「主食」は、”ソーセージ”と”ビール”に変更しようかな?と・・・。

「欧米か!!」

胃が炭酸に征服されそうかな?それなら”チーズ”と”ワイン”で食前酒程度にたしなんで・・・

「欧米か!!」

アルコールに依存するのも良くないかも。いっその事、”ピザ”や”パスタ”を食べまくって・・・

「欧米か!!」

カロリーが高そうかも。だったら”イベリコ豚”と”パエリア”で方向を変えて・・・

「欧米か!!」

お腹を壊しては元も子も無いですし。優雅に午後の”ティータイム”に”スコーン”でも・・・

「欧米か!!」

まあ、オランダは第3ポッドでチェコと同じポッドに入ったという事で・・・すなわち「チェコとはグループリーグで同居しない」という事が”確定”済み♪W杯本大会のグループでさえ、EURO2000本大会、EURO2004予選&本大会のグループリーグで同居した前例があり「またチェコと一緒になるかも・・・」という心配もあっただけに、この「シード分け」の時点である種「ホッ」とした気持ちもあります。これでオランダも、そして素直にチェコも応援出来る・・・ホントに”久しぶり”のシチュエーションです!それだけオランダとチェコの縁は切っても切れない”関係”だったワケで(爆) 自分はこんな感じですが、おそらく人それぞれに好きな国が絡むW杯本大会の組み合わせ・・・人それぞれの「組み合わせシミュレーション」もこの数日が”花盛り”となる事でしょう。

チェコと当たらないんだし、それに「W杯欧州予選グループ1」という激戦区をすでに戦っているんだから・・・W杯本大会でどんな「死のグループ」に放り込まれても「楽しみ」は増すはずです。なんなら、組み合わせが決まったら”喜び”のあまり踊っちゃいましょうか。どんなステップでも、たとえ”サンバ”でも”タンゴ”でも・・・

「南米か!!」

要は「シード国、どこでもござれ!」的な覚悟で、半ば”破れかぶれ”な心境も否めない感じです。それでも、このシード分けの時点で組み合わせの「大胆予想」をしておくのも、後で「的中」したらそれはそれで「凄い」と思うので・・・この状況でシミュレーションしないのも後になって損しそうなので、一応挙げておきます(笑)

メキシコ、エクアドル、オランダ、韓国

「グループ何」になるかは分かりませんが、どさくさにまぎれて”希望”も入れて”テキーラ”に”タコス”で・・・

「北中米か!!」

メキシコがシード国というのを見たときに、直感的に「ココにオランダがクル」予感がしたんですよね。あとエクアドルは監督がやたらオランダとの対戦を”熱望”していると聞きますので。でももし”実現”すると、来年3/1(水)の親善試合予定が「対戦相手変更」を余儀無くされてしまうでしょう。韓国とは(ヒディング無しですが)「オランダ人監督対決」とかW杯本大会の”話題作り”にも貢献したりも。アドフォカートと対戦したいし(爆)




「欧米か!」「南米か!」このツッコミ好きなんですよね。漫才コンビ「タカ&トシ」さんのこの鉄板ネタ、1度使ってみたかったんです。使い方を若干間違ってるし、なかなか使いこなせてないけど(爆) 組み合わせに関しても、シード国に欧州や南米のチームが入っても楽しみなんですけど、出来れば「アフリカ勢との同居は避けたい」というのが本音なんですよね。チェコやコートジボアール、ガーナ辺りとは、出来ればグループリーグ後で激突したい!ひそかに「第3ポッド」の国々が全部、決勝トーナメントに出てくれると嬉しかったりして(爆)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2005.12.07(水) 01:05|
  2. 2014年ブラジルW杯
  3. | TB:1
  4. | コメント:2


コメント

アメリカが不気味な存在になりそうな気がするのは私だけでしょうか?
  1. 2005/12/07(水) 18:53:48 |
  2. URL |
  3. blpoep #-
  4. [ 編集]

オランダを軸に見ると

アメリカとの相性はかなり良いんですよね。国民性からか、アメリカは”正攻法”で来るチームですのでオランダとしても組しやすい相手のようです。過去にもアメリカとの対戦ではファン・デル・メイデが代表初ゴールを挙げましたし、親善試合での過去3度の対戦(1998年2月・親善試合「アメリカ 0-2 オランダ」、2002年5月・親善試合「アメリカ 0-2 オランダ」、2004年2月・親善試合「オランダ 1-0 アメリカ」)ではすべてオランダが勝利しています。オランダに限定して言えばアメリカに対して「苦手意識」は無いかと思います。

でも、アメリカは「非欧州」のアジアでの開催とはいえ、前回の2002年W杯ではグループリーグでポルトガルを破り、決勝トーナメントでも「北中米の盟主」メキシコとの直接対決を制するなど・・・ブルース・アリーナ監督の下で活躍を見せました。アメリカが「非サッカーの国」と思って対戦するとなると今回も”痛い目”に遭いそうですよね。2002年の出場チームの中でも、アメリカはけっこう”器用”なイメージがありました。第4ポッドの中でアメリカというクジを引いてしまったら、確かに「ハズレクジ」の感は否めないかもしれません。むしろ上述のようにアメリカと相性が良いオランダよりも、開催国のドイツや優勝候補筆頭のブラジルの方が・・・アメリカと同居するのを「嫌がって」いるのかもしれませんね。全体的にはアメリカも”不気味”に見えるのでしょう(笑)
  1. 2005/12/07(水) 21:28:50 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/14-0f29d3a6

シード国決定!

ドイツW杯のシード国は予想されてた通り・・・ ブラジル(前回王者)、ドイツ(開催
  1. 2005/12/07(水) 02:26:41 |
  2. 横浜すたいる

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。