Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#178】
「日本戦」 20世紀少年・最終章/博水社/ビートルズ

日曜の夜が軒並み選挙特番になったので・・・映画20世紀少年-最終章- ぼくらの旗」を観に行ってました。感想については(ネタバレ防止で)追記に落として書きますが・・・(前2作に比べると)映像が派手でしたね。夏休み作品らしく全編「特撮祭り」で・・・最終章は日曜の朝に”目覚まし”に観るのが一番合うのかも?(笑)「もうひとつの結末。もうひとりのともだち」というのがキーワードだったんですけど、「ラスト10分」をどう解釈すればよいものか・・・原作既読者にはまた”新たなる違和感”を与えてしまう作品になってしまったのでは?なるほど、公開前日の金曜ロードショー20世紀少年~もう1つの第2章~」でなぜサダキヨユースケ・サンタマリアさん)の出演シーンが全カットになったのかは第3章を観ると解かると思います。原作部分を端折り過ぎなのが勿体無かったけど・・・(自分が個人的に好きな)「僕こそが”20世紀少年”なんだ」のセリフシーンは堤幸彦監督、じっくり「溜めて」撮って欲しかったかなぁ。展開がジェットコースターだったので、余計にね(爆)

イモトアヤコさんが(手越祐也さんの待つ)24時間テレビマラソンのゴールに辿り着かぬまま、映画館へ・・・8/29(土)公開映画「20世紀少年-最終章- ぼくらの旗」ネタバレ感想についてはブログ後半で書いてます。

スクロールで「20世紀少年[ネタバレ]せぬやう、9/5(土)親善試合日本戦(H)についてはブログ中盤で。

実際消化試合も、ファン・マルヴァイク監督「点を獲れ!」・・・残り20分でラフィエリアフンテラールと前線の選手3枚投入!9/9(水)の2010年W杯予選スコットランド戦(A)については、ブログ終盤に書いてます。




「博水社の宴会で乾杯」: タカ・井筒・眞鍋の焼酎割り3カード&「小木のビートルズBEST10」

9/5(土)と言えば親善試合「オランダvs日本」の日ですが、前日・9/4(金)のテレビ朝日タモリ倶楽部」は「地元応援シリーズ第1弾、焼酎を割り続けて30年 博水社宴会で乾杯!」と題し、「割るならハイサワー」でおなじみの博水社ガダルカナル・タカ親方・井筒和幸監督・眞鍋かをりさんの「タモリ倶楽部3酒豪が訪ねるという・・・OA前から危険な香りのする企画ですね。以前「酎ハイ専門酒場」の回でグデングデンになってた「BoBA田中要次さんは呼ばれず・・・しかし井筒監督は確か、何でもストレートで呑む派だったような?(笑)

【9/4(金)「タモリ倶楽部」地元活性化シリーズ第1弾 焼酎を割り続け30年博水社の宴会で一杯】
「え?割りモノなの!?」、「(ハイサワーで割るのは)ちょっとでもいいでしょ?」、「黒糖(焼酎)無いの!?」、「泡盛はガッと行けよ!駄目だよ、割ってたら・・・」と文句を言いながらチビチビ呑み続ける井筒監督に笑った。「社長には悪いけど、『(ハイサワーって)なんだそれは~!?』って言ってたんですよ・・・でもね、(ハイサワー割を呑んでみると)美味いっすねぇ」とか「俺、もういいよ。パスだ!んなもん」→「あっ、これイケるねぇ」って(「CM狙い」で色気を見せて?)”焼酎ツンデレ”な井筒監督。「空耳アワー」の「パンチラ、パンチラ・・・」(Bash it up, Bash it up...)もビデオが下らなくてソラミミカキ。知らないトコの会社の宴会への潜入を渋るも、タカさんに「我々は目黒区民でしょ?地元ですよ!」と押し切られ・・・(「割・る・な・ら・ハイサワー♪」でおなじみ)タモさんの地元・博水社にお邪魔するコトに。ハイサワーの正式名称って「輩サワー」なんですね。

「一口で南国気分、ハイサワーライム」 「リゾート感・・・どんな言葉、それ?」
「ビーチの横の”雑なバー”で飲みたいね。砂ちょっとケツに付ける感じのね」


「(”三流の中華料理屋”とか”人口5万のスナック”とか)変な修飾語はいいです!」って、タカさんは前の「五円玉アート」の回ではタモさんに注意してたけど、今回はスルーでしたね。最初はテンションも低く(余所のお家に来た感じで)遠慮がちだったのに、”高輪プリンスホテル”になると・・・(「我輩が考えちゃった”もん”」とヘンなテンションの)女社長に「ぶりっ子ですね」とか歯に衣着せぬ発言ぶりのタモさん居酒屋には(の付いた)プロ用のコップがあるんだね~。あの(一見、ちょっと派手めパートのおばちゃんに見える?)女社長が宴会芸で披露したジャズの曲って・・・浜ちゃんがやってるビールのCMでバックに流れる曲ですよね。

「お子様にもピッタリ、ハイサワー青りんご」 「野口五郎!」 「青いりんご?」
「(酔った井筒監督は)少し”フォロー”しないと、どうしようもないからね・・・」


タカさん曰く「酔ってるから、何でも思いついた事を口にする」状態の井筒監督浅草キッドのお二人といいガダルカナル・タカ親方といい・・・たけし軍団の人は井筒監督の操縦法を心得てますね。意外に社員は少なく「こじんまり」としてる?ハイサワーの会社には(タモさんが)「後にMステで会うかもしれない」ヴィジュアル系の卵も働いてるんだなぁ。最後の(自作の詩)「夏の終わりに」「19の挫折」を朗読してた”ポエマー”営業部の岩崎さん・・・(19までも挫折しまくりなのに)あんだけ心に響かないのも凄い。タモさんウイスキーの梅割り(ハイサワーうめ)をイチオシ、「ぼちぼち、何でも・・・どーでもエエようになってきた」井筒監督を納得させる、「俺もう””みたいに呑んでるんだけど」とお酒が進むハイサワー泡盛。「カルーア」+「ハイサワーレモン」=「明け方3時半の新宿三丁目の中毒味」って。それにしても美味そうだった・・・つまみ干物バナナが(笑)


9/11(金)「タモリ倶楽部」は「リマスターがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ 発覚!? ビートルズ47年目の真実」萩原健太近田春夫先生とおぎやはぎがゲスト・・・小木さんが、二大先生と共にビートルズを語るのか(笑)

【9/11(金)「タモリ倶楽部」リマスターがやって来るヤァヤァヤァ発覚・ビートルズ47年目の真実】
「カモナキイハンターって何だよ(笑)」、タモさんが暑さにまいってるオープニング。そこに「ポンジョールじゃないんですよ~」とノリノリで登場してくるおぎやはぎのコスプレビートルズコントに笑った。”専門家”の近田春夫先生や萩原健太氏、タモさんは旧盤とデジタルリマスター盤ハイエンドオーディオで真剣に聴き比べてるのに・・・矢作さんは「何となく違いは分かった」って。注目の小木さんも「俺は分かってたよ・・・」とあやふやで(違いを分かってる割には)全然ビートルズ話に入って来ず?そんなにリマスター盤臨場感が違うんだ・・・でも萩原健太さんは音を聴いただけで「ジョンが嫌そうにギター弾いてる」「リンゴはリムを叩いてる」とか分かるんですね。なんか歌謡曲の時の半田健人王子みたく「鬼気迫る」モノを感じる・・・そういや、最初から地味に手前に置いてあった「リンゴ」にも笑いました。そして、番組は「小木ビートルズBEST10」発表へ・・・(笑)

いいよ!聴こうよ!もったいないから時間が・・・時間が無いんだから!(笑)

しょ~もないコーナーで(ハイエンドオーディオを楽しむ)至高の時間が削られるコトを懸念するタモさんは、「小木ビートルズBEST10」中止を訴えます。が、「そちら3人に任せてられないんですよ」(@矢作さん)、「視聴者はコレぐらいが丁度いいんですよ」(@小木さん)と進行役おぎやはぎが2人揃ってこれを却下して「小木ビートルズBEST10」コーナーを強行。しかも、ちびちびと1曲ずつ発表。その上、このコーナーでは(ハイエンドオーディオからじゃ無く)小木さんの口ずさむメロディビートルズが再生されてしまうため・・・全然名曲に聴こえない事態も。「ずいぶん渋いところが・・・」と健太さんも唸る選曲のチョイス。ここで小木さんに影響を与えた”小木兄”の存在、一家でエアバンドを結成してた?”小木一族”の存在、カラオケで「シュッ、シュッ・・・」と彼の為に歌ってくれた”小木元カノ”の存在などが明らかに。「飛行機の音さえ聴ければいい・・・(ポールコンサートで)曲が始まると白けてた」(「♪バック・イン・ザ・USSR」)とか言いたい放題のビートルズマニア・小木博明。「曲は大したコト無いよ」と近田先生までカブせるもんだから、「そんな事無いですよォ!カッコいいですよ!」と健太さん焦りまくり。「ただの飛行機ファンじゃねぇか」とツッコむ矢作さん。確かに、自分はフランス国歌「♪ラ・マルセイエーズ」テンション上がるので・・・あのイントロが入ってる「♪オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ」がぶっちぎりの1位かな。「小木の6位は『裏1位』」のため・・・”実質1位”の曲も多数(笑)

1杯で粘る (We'd fight and never lose) 「1杯で粘るか。やられたなぁ」
終始無言 (She should move on) 「これ、大マケ・・・大マケだからね!」


「実はジョージギターを弾いてたんじゃなく、クラプトンが弾いてた」(「♪ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィーブス」)など、何気に小木さん結構ビートルズに詳しい・・・さすがに「元タワレコ社員」なだけありますな。おぎやはぎは2人で夜中にドライブして、車中で「ナンバーナ~イン、ナンバーナ~イン・・・」を聴いてるのか。しかし、選曲に凝り過ぎたのか・・・「小木ビートルズBEST10」1位の曲には、全く盛り上がらずに終了(笑)対して今回の「空耳アワー」は、2発目の「1杯で粘る」(We'd fight and never lose)にソラミミカキ!3発目「終始無言」(She should move on)で”大マケ”で空耳Tシャツと大盛況!安斎さんの「カラフル」のTシャツも気になって。1発目の「なんか あんた嫌いや イラッとするバンダナ」も悪くない感じでしたが、タモさん・・・マリバンド赤坂のはずれにライブに来ると聞きつけて、行ったら(マリ民族音楽じゃなくて)普通のロックを演奏しててガッカリしたエピソードをぽつりと発表。わざわざ「マリ音楽やらないんですか?」と直談判するほど・・・相当イラッとしてたんでしょうね、タモさん。しかも「やんない」と答えられるとは・・・(笑)


なんと!「藤波城」の見積もりまで取っていた藤波辰爾さん!9/18(金)「タモリ倶楽部お城企画「江戸城の痕跡を満喫!外堀をジョギング」については、次の【#179】「江戸城外堀ジョギング」の記事で書いてます。

タモリ新幹線で食べてる「ニュータイプ」登場!9/25(金)「タモリ倶楽部カニカマ企画「カニ漁解禁まで待てない!華麗なるカニカマ・カーニバル!!」」についても、次の【#179】「江戸城外堀ジョギング」の記事にて。


最後に「I want you」で締めるボブ・ディランと、
最後に「氷の世界」で締める井上陽水・・・似てるんですよ


そういやNHK教育で4夜連続「LIFE 井上陽水 40年を語る」という特集番組をやってましたね。陽水さんと(筑豊の後輩)リリー・フランキーさんとの対談がユルくて良かったなぁ。水谷豊さんやみうらじゅんさんからのVTRコメントも寄せられてましたね。水谷さんに執拗に「今夜泊まってかない?」と誘ってたらしい陽水兄貴。「ゲイの先輩じゃないですか!?」とリリーさんにツッコまれ嬉しそうな陽水さん。”出”が芸人の方ですから、「笑い」を産み出す人及びプログラムに対するリスペクトぶりがハンパない陽水氏。みうらさんと陽水さんとの共通項は「ボブ・ディラン」。みうら的分析によると(支離滅裂な歌詞から最後はシンプルな言葉で帰結する)ディラン陽水氏は似てるそうな。それで最近「タモリ 井上陽水」でのネット検索が多かったワケですが(笑)

「オランダ代表vs日本代表」: 国際Aマッチ史上初対決!9/9(水)はスコットランド戦(A)!

テレビ朝日系列で、地上波でオランダ代表親善試合が衛星生中継!この日はお昼にも「相棒season5最終回の(自分が「相棒」の中で最も好きな回!)「サザンカの咲く頃」の再放送があったり、高校野球の特番もあるみたいなんですが・・・しかと両者の「初対決」見届けたいと思います。VVVフェンロの本田圭佑選手が出てきたらエンスヘーデのスタジアムも両応援団とも盛り上がるだろうなぁ。インテルスナイデル、そしてバイエルンロッベンは共に移籍直後の試合でさっそく先発出場し活躍?特にロッベンはいきなり「2ゴール」デビューだそうで・・・コンディション良さそうで安心しました。と、安心ばかりもしてられませんな・・・ACミランフンテラールも居たんだった。このまま(”ラフィファン・デル・ファールトの”駆け込み移籍”も無いまま)移籍市場は閉じられるのか・・・ファン・ニステルローイベトナムへ移籍?とか噂があるみたいですがホント!?次の(連戦となる)W杯予選スコットランド戦(A)に向けてか、セルティックスコットランド)でプレーするDFローフェンスが初招集。この選手、まだ知らないんで見てみたい・・・スタムタイプの大型DFらしいですね。”フェイエ畑”からはフラールがなかなか伸びんなぁ・・・と思ってたら、ウェールズ経由でいい芽が出てたんだなぁ。

なお、今季欧州CLのグループリーグ組み合わせも決まって、初出場AZアルクマールグループHに決まりました。CLで強く、(アヤックスベンフィカPSVと)異なる3クラブを立て続けにベスト8に導いた”GL突破請負人R.クーマン監督の手腕やいかに。ロシア王者・ルビン・カザンの入ったグループFは厳しいね・・・CL初挑戦でインテルバルサ、(シェフチェンコ復帰の)ディナモ・キエフと同組とは(昨季のゼニトより)すぎる!



新型インフルエンザが蔓延して、ワクチン不足が叫ばれてる中(優先順位を巡り)”争奪戦”となると・・・現実でもリアル「20世紀少年」の流れで?「破滅」への序章ともとれそうな不穏な世の中にもなりそうですが。この新型インフルエンザ甲子園終了後も優勝校中京大中京ベスト4県岐阜商応援団の集団感染ニュースなど暗い影を落としてしまい残念ですね。報知高校野球の速報号もチェックしました。堂林君が春先にケガしてのは知ってましたが、加えて3番の河合完治くんもセンバツ後の練習試合で(1.5あった視力が「0.3」に)大幅に視力低下してしまったり、5番の磯村君も外野から慣れないキャッチャーへの「急造コンバート」で・・・あの中京大中京最強クリーンナップにも知られざる紆余曲折があったんですね。ところで柳沢慎吾さんはこの夏の熱闘を(毎年恒例)ベスト8以降は仕事をOFFにして、TVにかじり付いて観戦されてたのでせうか?日本文理の猛反撃とか「今宮vs庄司」対決とか、ぜひとも慎吾ちゃんに総括してもらいたいモノだけどなぁ・・・



2009.8.29(土)公開: 映画 「20世紀少年-第3章- ぼくらの旗」感想
”ともだち”の正体が明らかに・・・もうひとつの結末は、原作と似て非なるもの


原作部分を端折り過ぎ」と上に書きましたが、後で「浦沢直樹読本」を読むに・・・あれは「原作の持つスピード感グルーヴ感を大切にしたい」という堤監督の意図した撮り方だったんですね。万博ライブフェスの臨場感を撮るの上手いなぁ・・・確か「BECK」の映画版堤監督メガホンを取るんでしょ?(コユキじゃなくて)竜介が主役って「エーッ!?」と思ったけど、あっちの方もLIVEシーンは迫力ある撮り方してくれるのでは・・・でも、万博会場に集う群衆の中にダイアモンド・ユカイさんが居て笑いましたけどね。チョイ役といえば地球防衛軍の中に高嶋政伸さんやロンブーの淳さんも出てきて「豪華だな」と思ってしまいました。高橋幸宏さんはドラマー役じゃなくて「ベース役」なのね。あの関東軍のを守る「に憧れる男」が出なくて、映画では万丈目になってて・・・というコトは敷島教授の娘(片瀬那奈さん)も最後には出ず、途中で「粛清」されてしまった形に。第1章で(ナース姿のイメクラ嬢で)伏線張ってたから、原作通り最後に出るのか?と思ってたんですけどね。それにしても話の終盤、サダキヨユースケ・サンタマリアさん)より池上正人(藤井フミヤさん)の名前が多く出るとは意外。あのモテ男が(同窓会以外にも顔出して)映画版の解釈だと「キーパーソン」だったのね(笑)

「もう一回、何かやらなきゃダメかな」 「フクベエだったら、どうしただろう・・・」

そして「ラスト10分」・・・映画版ともだちの正体は「カツマタ君」。原作と同じ人物が正体であり、どこが「もうひとりのともだち」なのか?って事ですが、新解釈によると「フクベエだと思われていた人物」=「カツマタ君」。つまり今回の映画佐々木蔵之介さんは(第1章から最終章まで)ずっと「フクベエ」ではなく「カツマタ君」を演じ続けてたワケです。事の発端が地球防衛軍バッジの「万引き」なのは変わりませんが・・・「フクベエ」は既に小学5年の時点で死亡、ゆえに映画版で起こしたともだち殺戮行為は、最初のウイルステロから(途中で「フクベエ」→「カツマタ君」に入れ替わったのでは無く)全て「カツマタ君」の仕業という事になります。となると「フクベエだったら、どうしただろう?」という、原作万丈目が「ともだちを殺したい」きっかけになったセリフも出てこない。ともだちの中身が完璧主義者フクベエからカツマタ君に変わったために、あの「僕は予言者ではない」最後のネタばらしで人間の弱さが出たんだと思うし・・・行き詰ってともだちの「世界制服計画」が破綻したんだろうと思ってたんですが、映画じゃ全て「カツマタ君」の仕業ですもんね。だから、映画版オンリーだと「何でともだちは最後に自爆するような発言をしたんだろう」と唐突に感じるんじゃないかな・・・と思いました。

「よう、お前さ・・・カツマタ君だろ?」 「これから色々あるけどよ・・・頑張れよ」

この最終章脚本長崎尚志さんと浦沢直樹さんの2人であり・・・”本職”の脚本家である渡辺雄介さんは「脚本協力」という一歩引いた形での参加。原作のボリュームを消化するためか説明ゼリフが多い印象も受けました。ラストシーンが第1章オープニングと同じく中学校の屋上。校内放送で「♪20th Century Boy」をかけても何も変わらなかったとふて腐れるケンヂ。そんなケンヂの行動に命を救われたカツマタ君。あんな美少年だったのか、カツマタ君は・・・「グ~タララ~、ス~ダララ~♪」は作詞:カツマタ君&作曲:ケンヂの・・・言うならば「ケンヂ×ともだち」のコラボ曲だったんだ。そういやエンドロールに「遠藤賢児」とあったけど、”ケンヂ”本人も映画出演してたんですな。原作者コンビがケンヂカツマタ君とのいきさつを描写(説明)し直した感じ。ココは原作のモヤモヤして物議を醸した終わり方を経験した人は・・・「そういうことか」と思えるかも?

ねえ、神さま・・・来ないね? 「ボウリング・ブーム」!

原作では最後の一コマを飾った)小泉響子木南晴夏さん)はただただコンビーフを頬張る女子だったなぁ。「中山律子の再来」と言われるほど・・・真島マコトに負けないくらい?ボウリングの才能凄いのに。結局はフェイクでしたが、ヨシツネ香川照之さん)がともだちの正体だと・・・エンディングはどうなってたんでしょうねぇ?オッチョ豊川悦司さん)が「ヨシツネかもしれない」と匂わせていたので、最終章を観る前はてっきりそうかと。マルオ石塚英彦さん)は第1章第2章最終章になるごとにマンガの画に近づいていった稀有な例だな。ケロヨン宮迫博之さん)やコンチ山寺宏一さん)は最終章で出番が増えて良かったね。とはいえ、原作との最大の違いは・・・万博ステージ上でケンヂが”アノ曲”を演奏したコトでしょうか。うん、大きな違いだと思ふ。



2009.9.5[Sat]
親善試合 「オランダ代表 vs 日本代表」


・オランダ代表 3-0 日本代表
(得点)【オ】ファン・ペルシー(69')、スナイデル(73')、フンテラール(87')

いやぁ、前半・・・あそこまでイライラしたファン・マルヴァイク・Oranjeの姿を見たのは初めてでした。デ・ヨングスナイデルもプレイが荒いし、他のメンバーもプレイが粗くて。カイトロッベンも揃ってたのにああも持ち味を消されるとは。後半になると豪雨まで降ってきて「こりゃ踏んだり蹴ったりだな」と思った矢先・・・More...



2010年W杯予選 グループ9

・[Match 8]
スコットランド代表 0-1 オランダ代表
(得点)【オ】エリア(81')

ロッベンカイトファン・ペルシーと3人がイエローカードを受ける中薄氷W杯予選8連勝。いや~、それにしても日本戦(H)、そしてスコットランド戦(A)と(途中出場)エリアロッベンを”食って”ましたね・・・More...

テーマ:タモリ倶楽部 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2009.09.12(土) 07:24|
  2. オランダ代表
  3. | TB:2
  4. | コメント:6


コメント

タモさん陽水さん

お久しぶりです。
(ハンドネーム見失なってます、すみません(T_T)

今週のタモリ倶楽部情報ありがとうございます。楽しみです(^_^)
確か小木さん元タワレコ社員だったですよね。だから呼ばれたとかはなさそうですけれど(笑


陽水さん特集リリーさんの対談の回だけ見れました(^^;
水谷さんのお話には爆笑でしたw
リリーさんの遅刻話今回ばかりはハラハラしたりw


20世紀少年最終章まだ見ていませんがコンチの山ちゃんが結構出てんですね。
山ちゃんって浦沢漫画顔してるなと思っていたので密かに嬉しいですw
昔YAWARA!の声優オーディンに落ちて悲願?の浦沢作品出演だったとかのプチ因縁話も面白いなと思いました。


テレ朝どうなるのでしょうか本当(^^;
テレ東テレ朝深夜枠で1日を終えているような感じのでw

テレ東といえばこの前のゴットタン。ハリセンはるなちゃんが素晴らしかったですね、匠の技を見た気分でしたw女芸人の鏡ですね。
  1. 2009/09/09(水) 14:22:18 |
  2. URL |
  3. みぅ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

小木博明のオギーナイト・オギッポン

みぅさん、毎度どうもです。小木さんって元タワレコ社員なんですか?それで、TBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(JUNK ZERO)でマイコー・ジャクソン話とか(小倉さんよりも?)詳しかったんですね~。どうりで「俺は最強、電波のファラオ」とかリズム感がやけに良いし、音楽一家の森山家に住めるわけだ。今回は「タモリ倶楽部」のビートルズリマスター盤企画にお邪魔するらしいですが、小木さんの音楽知識はココでも炸裂するのでしょうか?そういや小木さん、同ラジオの「小木博明のおぎらない話」で西武の森監督の日本シリーズ采配とか熱く語ってましたね。「第1戦は球種の多い東尾を投げさせてわざと打たせる!そして第2戦から相手を丸裸にして抑える」とか・・・7戦のうち4戦を勝てばいいという割り切った思考ぶりを称賛。相方の矢作さんが「おまえ、西武そんなに好きだったのな」と呆れるくらい熱弁されて。「そんなクールな森監督が、1イニング6ホームランの日本記録を作った時はアツくなってたんだ!」とさらに森監督を暑苦しく語る小木さんがツボでした。毎週、小木さんの隣人の「礼儀正しいドイツ人の子供」の話をするのも地味に楽しみです。「ゴッドタン」先週見てなかったですけどストイック暗記王だったんですね。あれって”気をそらせ隊”が毎回出てくる企画だと思うんですが・・・女性芸人も出られるんですか?(笑)

>陽水さん特集リリーさんの対談の回だけ見れました(^^;
>水谷さんのお話には爆笑でしたw リリーさんの遅刻話今回ばかりはハラハラしたりw


「一応”仕事”なんだから・・・」と説教モードに入ると思いきや、「(遅刻をすると次呼ばれないという)リスクを顧みない?先輩を待たせるリリー・フランキーという男は相当、自分に自信がある奴だ」と筑豊の後輩を褒めごろし・・・さらにリリーさんの書いた小説「東京タワー」や、リリーさんが俳優として出てブルーリボン賞を受賞した「ぐるりのこと」も褒めてるくせに自分は全然見てないとか・・・気を許せるリリーさんですら掴みどころの無い陽水氏。小林聡美さんや水谷さんが語るエピソードからしても相当の”変人”ですね。それでいて、サラリと「♪少年時代」とか名曲を歌う歌手・・・今思うと「タモリ倶楽部」でタモさんと陽水氏が(スイッチの入らない)こたつで革ジャン・グラサン姿で語り合う「人望」対談回は超貴重映像だったなぁ・・・

>20世紀少年最終章まだ見ていませんがコンチの山ちゃんが結構出てんですね。
>山ちゃんって浦沢漫画顔してるなと思っていたので密かに嬉しいですw
>昔YAWARA!の声優オーディンに落ちて悲願?の浦沢作品出演だったとかの
>プチ因縁話も面白いなと思いました。


ちょうど第3章(最終章)の公開日の夜に、堤監督と浦沢先生がダブルでDJを務めた「20世紀少年のオールナイトニッポン ぼくらの旗スペシャル」がOAされたんですが、そこでもメインキャストの1人として山寺さんから寄せられたコメントがあって・・・浦沢作品に出られた嬉しさを嬉々として話されてましたよ。その後「今度飲みに行こうとか言って、堤さんや豊川さんとは連絡先を交換するんだろうけど、僕なんかとは・・・」とか急にスネたり「浦沢作品アニメ化の際は、ぜひとも山寺宏一にご用命を・・・いま声優界も若手の台頭で、競争が激しいですから」とか売り込みコメントも入って・・・他の唐沢さんや常盤さん以上に長い、熱のこもったコメントを寄せられてましたね。しかも、映画撮影中にマスターしたという「ケーンジくん、あそびましょ~」の”ともだち”の完コピ絶品モノマネも披露!さすが、芸達者の山ちゃんでございました。主演の唐沢寿明さんもいまだに「リンカーン」の芸能人ラーメン王に殴りこんで・・・ダウンタウンを向こうに回して番宣したり気合い入ってますね。第1章公開前に「ガキ使」の、村上ショージ先生の舞妓はん教室にまで殴りこんで、”唐やっこ”で奇跡の・・・すべり台で伝説を作った映像もインパクトありましたけど(笑)

>テレ朝どうなるのでしょうか本当(^^;
>テレ東テレ朝深夜枠で1日を終えているような感じのでw


浦沢先生は昨日も「爆笑問題のニッポンの教養」で太田さん&田中さんと対談されてましたね。「俺はサブに居るべき人間なのにメインに居てしまってる」という浦沢さんと「もっとメインの位置に行きたい」と言う太田さんの対比が良かったです。浦沢さんが「太田光はメインの位置に来てるのに、一番サブなのが困る・・・だって言ってる事が(メインじゃなく)サブなのに面白いんだから」と捉えてたり、太田さんはビートたけしさん、また浦沢さんは手塚治虫さんという・・・立ちはだかる壁があるなど赤裸々に語られてました。キース・リチャーズの「俺の墓碑には”過去の遺産を未来に語り継いだ男”と刻んでくれ」と言ったというロック秘話でしたっけ。含蓄のある言葉でしたね。しかし、テレビ朝日は偉大なる深夜番組の伝統をここで断ち切ってしまうのでしょうか・・・才能の宝庫が消えゆくのは厳しい状況ですね。池上解説員を起用した「学べるニュースショー」が終了するのも「なんだかなぁ」って感じですし・・・聖域なき構造改革?勢いの残る「ゴッドタン」のマジ歌選手権6とかを拝見するに・・・やはり最後に残る”聖域”はテレ東なのでしょうか。
  1. 2009/09/09(水) 21:53:12 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

メガネびいき

振り返れば奴がいるについて話していた回はたまたま聞き小木さんの熱弁で反省し改めたのですがw
(幼い頃見たウッチャンナンチャンの振り返ればのパロディとYa-Ya-yahの印象のみが鮮烈に記憶に刻まれておりw相原勇可愛いなーとか言いつつ再放見てしまい)
おぎらない話なんてあったんですね~聴きたかったです。
未だに西武=森監督のイメージなので。(かっとばせ!キヨハラくん内の知識のみですが(^^;

先週のゴッドタンは気をそらせる人がハルナちゃん好みの男性になってましたw花男の設定だったみたいです。
暗記王の〆は定番矢作&ひとりのコントでしたねw


20世紀少年のオールナイトニッポンやったんですか~(@_@)
山ちゃんもうベテラン声優なはずなのに必死w


唐沢さんガキ使の舞妓はんありましたね!
舞妓はんを見ていて三谷監督の罰ゲーム祭、鼻からわさび噴射を思い出し笑いが止まらずて大変だったのを思い出してしまいました(^^;

爆問学問興味深い対談でしたね。
太田さん暴走したり迷走してしまうことが結構ある気がしますが、浦沢さんのお話は真摯に受け止めつつ対話しているのが伝わってきました。


学べるニュースショー終わっちゃったんですよね(^^;
池上さんには子どもニュース的番組ずっとやっていって欲しいです。

テレ朝、とりあえずさまさまは枠移動で生き残りに少しだけホッとしました。
アドレな!検索ちゃんあたりとはお別れでしょうかねぇ(._.)
  1. 2009/09/10(木) 11:10:00 |
  2. URL |
  3. みぅ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

目が覚めたテレ東

みぅさん、「20世紀少年のANN」は一応メインDJが居るんですが・・・「唐沢寿明のANN」になると(秋の大型ドラマ)「不毛地帯」の番組PRが始まったり、「常盤貴子のANN」になると(常盤さんが大好きな)甲子園の話で越後勢として勝ち残った日本文理の決勝戦を絶賛したり、「香川照之のANN」になるとなぜか鶴光師匠や大滝秀治さんのモノマネが始まったり、「平愛梨のANN」になると”罰ゲーム”でオールナイト上映してる六本木に向かい観客出口インタビューをやらされたり・・・堤監督と浦沢先生は映画キャストに悉く”番組ジャック”されてました。さらに石塚英彦さんは「20世紀少年”第4章”は、マルオが築地に向かうなんて話はどうですか?世界に築地の良さを伝えないと・・・浦沢先生、描いてくださいよ」とねだったり、豊川悦司さんは「ひそかに『MONSTER』のテンマ役も狙ってたけど、オッチョ役を頂いたので満足」との衝撃告白も。ヤン坊・マー坊を演じた佐野史郎さんはマニアックな音楽話で「高橋ユキヒロさんが細野さんにベースを習いに行ってた」なんて秘話をはしゃぎながら話してたり・・・改めて映画「20世紀少年」は個性的なキャストが集結してたんだなぁと思いました。山ちゃん、(みぅさんがおっしゃってた)「YAWARA!」でオーディションに落ちて・・・しばらく浦沢先生を逆恨みされてたそうですねぇ。本人にも伝えたとか(笑)

>爆問学問興味深い対談でしたね。
>太田さん暴走したり迷走してしまうことが結構ある気がしますが、
>浦沢さんのお話は真摯に受け止めつつ対話しているのが伝わってきました。


この前の週の回が坂本龍一教授の「台本のない音楽会」(SP回)で・・・これをたまたま見てたんで今週のゲストが浦沢直樹さんだったのも知ったんですが、教授との対談でも”太田節”控え目でしたね。あまりに民族音楽にディープな教授”お好みの曲”に苦笑いしながら、逆に教授にサザンを勧めると「サザンのどこがいいの?」と聞き返されて・・・太田さんがサザンの魅力を語ったり、こちらも変な展開でした。「歌詞がある音楽はダメ」と話す教授、自分も長らく”それ”で洋楽ばかり聴いてた時期があったんで共感しました。洋楽の目覚めはむろん「空耳アワー」ですが、歌詞が日本語だとどうも拒否反応が出たり・・・そんな尖った教授でも、太田さんに(相対性理論というアーティストの)「♪テレ東」という曲を聴かせて喜んでましたけどね。浦沢対談の方は、太田さんが(心を許したのか?)だんだんタメ口になってってましたね(笑)

>振り返れば奴がいるについて話していた回はたまたま聞き小木さんの熱弁で反省し改めたのですがw
>おぎらない話なんてあったんですね~聴きたかったです。


「おぎらない話」企画の発端が、その小木さんが熱弁した「振り奴」きっかけだったような・・・自分はみぅさんと逆に、小木さんが「振り返れば奴がいる」について語ってる回を聴き逃してるんですよ。「振り奴」司馬先生好きだし、UNやるやらパロディも見てますし・・・そっち聴いてみたいです。自分もあの頃の西武打線は「1番石毛」からスラスラ言えるかなぁ・・・矢作さんは相方・小木さんの好みを把握してて、ときどき知らない(忘れてる?)ふりをして小木さんの好きなものの話を聞いてあげてますよね。「ゴッドタン」の暗記王女性ver.はなるほど、”気をそらせ隊”男性版(F4?)が襲いかかるワケですね。劇団ひとり氏は「学べるニュースショー」で池上さんの隣ですまして講義を聞いてる時と「ゴッドタン」での悪ふざけとのギャップが見どころ・・・「ゴッドタン」ファンは劇団氏の他番組とのギャップにほくそ笑むのが”醍醐味”でしょうかね。

>テレ朝、とりあえずさまさまは枠移動で生き残りに少しだけホッとしました。
>アドレな!検索ちゃんあたりとはお別れでしょうかねぇ(._.)


(「タモリ倶楽部」を除く)ネオバラ2部、3部はほぼ壊滅状態と最初ウワサを聞きましたが・・・そうですか、「さまぁ~ず×さまぁ~ず」は”移住先”見つけましたか。正直「タモリ倶楽部は削られずに良かった・・・」と(最悪の事態の回避に)胸を撫で下ろしたんですけど、あの辺の時間帯のテレ朝各深夜番組はそれぞれ濃いファンも多いでしょうし・・・終了の憂き目に遭う悲しさは他人事ではありませんね。そういや、各局こういった経費削減社会の中で「視聴者がウンザリしていることに気がついたテレ東」というニュース記事を読みました。「地上波は視聴率欲しさに金太郎アメのごとく画一的な企画ばかりになって、視聴者に飽きられている。」と・・・テレ東番組改編は今後も他局と違った斬り口で行くようで、最大の売り「独自路線」をこのご時世にも貫く態勢のようです。こっちは深夜番組の文化も”保護”してくれそうな気配・・・助かりますね。テレ朝も今の背に腹はかえられぬ危機を脱すればまた華やかな深夜が戻るはず・・・と信じたい所です。
  1. 2009/09/10(木) 22:34:36 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

お疲れ様です

歴史的一戦、真っ先にココに来たかったのですが、長期出張で一週間も遅れました(爆)
ホテルのPCって中々空かないものですね・・・

やっぱりせるさんにとっても「日本戦」になっちゃいますよね(笑)
出張先でも話をしていると「オランダ戦では?」と突っ込まれましたよ(汗)
もちろん日本にも頑張って欲しいですよ。だから歴史的一戦な訳で(汗)

長年待った試合でしたが、前半スナイデルの超低空ドロップキックは酷かったですね(汗)これからこの試合はどうなる事かと・・・

後半はスコットランド戦でも活躍したっぽいエリアが良かったですね。「日本ユース戦」でのクインシーのような(汗)

最後はスナイデルが(前半の報いか)怪我してしまいましたけど、今後も親善試合を組んでくれると良いのですが・・・

いやあ本当に楽しかったです。大満足です。
  1. 2009/09/13(日) 23:43:36 |
  2. URL |
  3. pasten #KOrjJJc.
  4. [ 編集]

アヤックス、6-0で爆勝!

pastenさん、長期出張お疲れ様です。自分も「日本戦」?「オランダ戦」?は、実を言うとどっちを使うか迷ってました。前半に日本代表のプレスに圧倒されて、スナイデルがあり得ないタックルをかましちゃいましたね。あのままスコアレスドローで終わってたらスナイデルへの風当たりも厳しくなってたかも・・・確かに後半”報い”か?本田選手から削られましたが、次のスコットランド戦(H)で先発出場してきて驚きました。スナイデル、あんなにタフだったっけ・・・無理せんでも、ラフィが控えに居るんだけど?とか思っちゃって。

>後半はスコットランド戦でも活躍したっぽいエリアが良かったですね。
>「日本ユース戦」でのクインシーのような(汗)


ユースの時のクインシ―、北京五輪の時はバベル(爆)、そして今回はエリアのインパクト・・・日本とオランダ代表の左サイドって何らかの縁があるのでしょうか。クインシ―はてっきり(オランダへの里帰りで)ガーナ代表に招集されてるものと思ってましたが、「日本代表 4-3 ガーナ代表」の試合で見られなくて残念でした。ギャンやムンタリ、エッシェンの動きは迫力ありましたが。しかしこの試合も後半、日本の怒涛の猛反撃で盛り上がりましたね~。岡ちゃん采配で後半フルスパートで見事な逆転勝利でした。良くも悪くも今回の「オランダ遠征」は色々あって、今後日本の人の心にも残りそうな・・・歴史的な親善試合2連戦でしたね。あと今日チビタニッチのハットトリック!「アヤックス 6-0 NACブレダ」圧勝劇にもホクホクですね♪
  1. 2009/09/14(月) 00:23:41 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/179-6ca37cc7

地球防衛軍3

地球防衛軍3の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「地球防衛軍3」へ!
  1. 2009/09/01(火) 02:11:16 |
  2. 地球防衛軍3

テレビ朝日 臨場 二人の食卓

オペラ|尾崎右宗オフィシャルブログ「右宗ブレンド」powered by Ameba ドラマ「万引きGメン・二階堂雪18」 「陽炎の辻3」NHK(第11回) 「臨場」テレ朝(第9話) 「ぼくの妹」TBS(第8・9回) 「つばさ」NHK総合(44・47・50回) 「家族」TBS 「伝える極意スペシャル
  1. 2009/09/04(金) 21:25:27 |
  2. 臨場

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。