Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#250】
「藤原エイブラハム美佐男」 つきすぎている女・杏樹

ハローワーク王子に現れたのは・・・あの「ついてない女月本幸子鈴木杏樹さん)だった。これまでは何処に居たんですか?「刑務所に服役しておりました」・・・服役中に調理師免許を取った幸子さん。模範囚で異例の出所だったのね。そういや春麗さん(MEGUMIさん)は今いずこ・・・どんな職種でも「承知しました」。彼女について説明は省きます・・・「誰なんだ!?」と神戸尊君(及川光博さん)。月本幸子はまた「狙われた女」に?

「美味い」 「こりゃ、出せるな」 「商品開発担当にもなってくれないかな?」

闇夜の中、杉下右京警部(水谷豊さん)にSOS。清掃業者から外食チェーン「間宮フーズ」会長の御宅に・・・そこから凄く良いお給料の”家政婦幸子”へステップアップ。贅沢な社員寮へ引越し、作る料理は褒められ若社長からのプロポーズで玉の輿・・・「ねっ?」、おかしいですよね?つき過ぎてます!私、幸子がこんなにツイてる筈無いんです!何かの陰謀では・・・一方的とも言える幸子さんのネガティブな思い込みに困惑する特命係。尾行されている「気配」もある!地味な服装を命じられる「異様な注文」も・・・”開かずの部屋”まで。息子の瑞貴君(小山颯さん)も幸子さんになつかないし・・・人見知りするお年頃?幸子さん、それは「能力に対する正当な見返り」なのではないか・・・突き放す杉下さんに「がっかりです」と失望。何か変わりましたね?



「杉下右京の憂鬱」: いつもの右京さんなら、食いつきそうな気がしますが・・・そうですか~

右京さんの”異変”には神戸君もうすうす気付いていた・・・「僕の異変に、気が付いていませんでしたか?」と逆に質問する右京さん神戸君角田課長山西惇さん)は、ハトが豆鉄砲を食らった顔に。幸子さんの話で事件性を見落としているのか?なんかピンと来る事がない・・・そんな中、幸子さんは前の家政婦だった女の写真を発見。ミズキ君に見せると泣き出すし・・・何か秘密が?さらに現在住んでいるマンションを物色する幸子さんは、絵画の裏に「たすけて」と書かれてた落書きを発見。写真に写ってたのは串田ユキさん。現在は失踪中で身寄りの無かった女性だそうで・・・私・幸子も身寄りがない女よ。杉下さん!これでも怪しくないって言うんですか!?「分かりませんねえ」と絶賛スランプ中の冴えない右京さん。とりあえず調べてみましょう。隣に住むのは毎度毎度千住信用金庫から送られてくる「紀州梅干し」が苦手な大崎智美さん。同じく梅干が苦手な右京さんと意気投合。下らない駄弁り話を遮る神戸くん・・・間宮邸を訪れてもピンと来ない右京さん

「君、田ッキーっていうんですか?変わった名前ですねぇ」 「いえ・・・あの、ロッキーです。ミズキ君が、いたずらで(『ロ』を『田』と)書き足してしまって」

おもむろに和室の畳をひっくり返して・・・まさか、床下に死体が?神戸君はいまだに死体に慣れてないんだ?後ろずさりしながらも、死体が無いのが分かると「そうですか」と強がる神戸君。飼い犬の田ッキーとじゃれる右京さんを見て「ダメかもしれませんね・・・」と溜め息をつく神戸君。あの杉下右京が・・・本名がロッキーだという事にも気付けない程スランプに陥っている!まあ、頭の回転が緩い位が右京さんには丁度いいのかも?新米の間宮社長も(前の家政婦)ユキさんの失踪理由が全く解らないし、警察も当てにならない。幸子さんに服装を指定した件については、ユキさんの影響で星が好きになったほど前の家政婦になついてた瑞貴君が同じ雰囲気にすれば幸子さんにもなつくのではないかと思って・・・やはり、幸子さんは誰かに尾行られてる。

「更年期障害?だとすれば若年性の・・・」 「それも無いと思いますよ(怒)」

このままじゃ分相応な暮らしも出来ないと、「退職届」を手に家政婦を辞める決心をする幸子さん。そんな時田ッキー、いやロッキーが・・・庭から怪しげな木箱を掘り起こします。中には、ユキさんの写真や所有物が。「僕がイタズラばかりするから、ユキちゃんは怒って居なくなっちゃったんだ」と瑞貴君、自分を責めないで・・・「私がユキちゃんを見つける。私が助ける」と退職届を破り捨て・・・月本幸子さんの誓い。一方、右京さんは何でも知ってる鑑識の米沢さん六角精児さん)に相談だ。「更年期障害ではないでしょうか?」それは無いと思いますがね。「だとすれば、若年性の・・・」アルツハイマー!?「それも無いと思いますよ」と右京さん(笑)

「天体構造学研究会」: 最新の宇宙学をベースに、キリスト教仏教ヒンドゥー密教をミックス

幸子さん、ロッキーが掘り起こした箱から「天体構造学研究会」なる怪しい名刺を発見。毎週日曜10時から行われているという定期勉強会に向かうと・・・わらわらと沸いてくる黒ずくめの信者たち。表札には「藤原」と中には長谷川博己さんの様な眼鏡の男が鈴を鳴らし、目つきがアブない変なオヤジ登場。はい目を瞑って。「今日はダークマターだいぶ降り注いでますから心のバリア解いちゃいましょー!」・・・吸って~、吐いて~、「開いてきた開いてきた、チャクラ開いてきたよ~!」・・・はい、目を開けて。授業を始めましょう。えっ?これ「相棒」?「TRICK」じゃないの?と思わせる世界観!胡散臭い雰囲気の「天体構造学研究会」主宰の名は藤原エイブラハム美佐男(古井榮一さん)。彼曰く、月本さんもいい波動してるらしい・・・幸運のスパイラルを手に入れましょう!「来週もまた、来なさい」と言われ戸惑う幸子さん。聞けば、ご主人様の間宮きよ彦さんも「うちの優秀なる生徒」らしい。これは警察に通報だ・・・でも、依然スランプ中の杉下さんでは頼りにならない。ならば・・・と幸子さん、今度は捜査一課の”イタミン”こと伊丹刑事川原和久さん)に連絡です。「捜査一課私立探偵ではありません。仲良しの特命係にお願いしたらいかがです?」と一蹴されるも「杉下さんはもはやバスの中で私を追い詰めた杉下さんではありません」と食い下がる幸子さん!右京さんも老け込んだか・・・

「実は、ぼくも現在・・・同じ症状なんです」 「自分と対話してみることです!答えはきっと、目の前にある!気付かないだけなんじゃないかなぁ・・・(笑)」

かつての輝きを失いつつある・・・右京さん率いる特命係は間宮会長(お爺さん)の方に聞き込み。「何となく気分が晴れないんだな」とすっきりしない、頭の中にモヤがかかっている話で共感。燃え尽き症候群かね・・・確かに答えはこの時杉下右京警部の”目の前”にありましたねえ。一見すると「人生相談」になってましたが。さて、芹沢君山中崇史さん)が「ウチの仕事じゃないでしょ?」と匙を投げかけたエイブラハムとかって奴の正体・・・さすが三浦さん大谷亮介さん)は年の功で「こいつ太陽のしもべの生き残りだ」とご存知でしたね。20年前に勢力を伸ばした新宗教「太陽のしもべ教団」というカルト教団、身寄りの無い者を幻覚剤を用いて洗脳し生け贄にしていたという、異常な修行で死者続出の「太陽のしもべ」・・・今回の「天体構造学研究会」もこれの後継団体だという可能性が。もしや、ユキさんも生贄になった可能性がある。このままでは幸子さんの身も危ないと、捜一へ直へ繋がる(万が一の為の)ホットライン非常ベルを渡す芹沢君。あ、アンタは下手に動くな。慎重にな・・・と去り際に忠告するイタミン。「これでこそ”ついてない女”よ」と気合いが入る幸子さん!

「エイブラハム信者」: 足立区に住むもう1人の大崎智美とは・・・月本幸子は危機一髪!?

まだまだ本調子じゃない?物思いにふけって、目的地の千住信用金庫を通り過ぎる右京さん。「あっ」って・・・今回はすっかり介護役な神戸君。港区じゃないのに、なぜ(隣の住人である)大崎智美さんに高額顧客用の「紀州梅干し」が毎回贈られるのか?それが引っ掛かっていた様子の右京さん。さて、ついに「パンドラの箱」開かずの部屋の秘密まで知ってしまった幸子さん・・・部屋の中はエイブラハムだらけ!若い女性が失踪した新聞記事のスクラップまで・・・いずれ私も狙われる。いよいよ間宮2代目社長と全面対決?一方右京さんに足立区の住所が書かれたメモを渡すヒマ課長。足立区にやはりあった・・・大崎智美名義の物件。「たまには飯でも奢れ」と言うものの、最近は角田課長まで調子が出なくて凹み気味?朝から女房に罵倒されないと・・・暇課長も調子が出ないんだって。それだ!右京さんにもジョギング的な、長年の習慣が有ったはず!それが崩れたから今の杉下さんスランプなんですよ!と神戸君の名推理。”心当たり”ありませんか!?ほら・・・

「教えてあげるわ!!教祖さまの教えを守ろうと・・・”生け贄”を捧げようと、救われたりしない!私はね・・・ユキさんとは違う。洗脳なんかされないし・・・幸運なんて信じない」 「落ち着け、落ち着けって。君らしくないぞ」「私はね、暴力団の情婦だった女よ。そしてそいつを殺そうとして銃で撃った。そいつの一派を壊滅させた・・・あんたなんかの言いなりになると思ったら大間違いよ」

「何の事でしょう?」・・・角田課長でも気付いたのに、ダメージの原因になぜか気付かない右京さん。「本当に分からないんですか?」と神戸君が聞き質しても「へぇ」と力の無い返事。「へぇ」って・・・どうもピリッとしない右京さんのまま話は終盤へ。瑞貴君と爺ちゃんが星を見に行った為、今夜は旦那様幸子さんの2人のみ。「話があります」と旦那様。大事な話なんだ・・・手を掴まれる幸子さん。「いいわ。話しましょう」と覚悟を決め最後の晩餐。ここで非常用のアラームをスイッチオン。すぐさま反応するトリオ・ザ・捜一。注がれるワインにも「何が入ってるの?」と激しく警戒。私はユキさんの様に生け贄にはならない・・・果物ナイフで脅す幸子さん。「私を甘く見ない方がいいわよ」・・・かつて刑務所を脱獄した月本幸子が復活?啖呵を切る彼女の後ろからでっかい暴漢が現れる・・・危うし、幸子!駆けつける捜一・・・しかし、殴られたのは間宮社長の方だった!?

「太陽のしもべの陰謀」: 家政婦のユキちゃんも発見!大金を持ち逃げ、脱税の隠ぺい工作

「あーっ、もう。ちょっと、その辺で止めてあげて」・・・なぜか、幸子さんには従順な暴漢。そこに捜一が登場で暴漢を取り押さえた!顔面フルボッコなご主人様。気まずそうな幸子さん、「タバコない?」と反省の色無しの暴漢。そこに、星を見に行った瑞貴君と会長が帰ってきて・・・一体何があったのか!?実は間宮きよ彦さんも警察がアテにならないから、あえて「天体構造学研究会」に入った”エセ信者”だったようで、むろん幸子さんを生け贄にするつもりもサラサラ無かったとのこと。「大事な話」っていうのは、改めてもう1度プロポーズをするつもりだったそうで・・・「何が太陽のしもべの陰謀だよ?」と呆れるイタミン右京さんも裏をかかれた・・・ってそれは捜1への嫌味ですか?ドタバタ劇に「後は警部殿にお任せします」と退散ムードの三浦さん芹沢君

「しかし、清彦さんはユキさんの捜索願を出してしまった。見つかれば脱税も明るみになる!間宮政ニ郎さんは、気が気でなかったことでしょうねえ・・・」

ユキさんも見つかりましたよ・・・・足立区で。ごく簡単なことで・・・彼女は和室の下にあった5000万円近くの大金を持ち逃げしました。先代の社長が公に出来なかったお金=脱税だった。ユキさんが見つかると脱税も見つかる。それでお爺ちゃんは手掛かりになりそうな物を埋めて隠した。で、そそくさと社長を退任して息子に譲った。ユキさんの逃亡生活も、銀行の口座ひとつも作れず”楽”ではない・・・そこで隣人の大崎智美さんを頼った。港区には支店が無いはずの千住信用金庫の、高額の顧客・・・名義貸しを疑いました。そして部屋を調べると・・・足立区に大崎さん名義の部屋がありユキさんに辿り着いたってワケ。どうして・・・十分な給料を与えてたのに。智美さんに「変なセミナーなんか止めなって」と言われ続けたユキさん、幸運は床の下に・・・

「俺が捜査一課に入って、今日ほどくだらない1日はねえ!」 「いえいえ・・・脱税が発覚し、失踪事件が解決しましたよ。すべて、幸子さんのおかげです」

「たすけて」と書いてたのは・・・いたずら好きな瑞貴君の落書きだったようで。結局、これまで月本幸子さんの身に起きていた出来事は、右京さんが最初から言っていた様に「貴女の能力に対する正当な見返り」だった。「なんか本当に、どうもすいませんでした・・・!」と平謝りする家政婦幸子さん。何も悪いコトをしてないのに疑われ、殴られ・・・「放っておいて下さい」と百年の恋も冷めた間宮社長。捜査一課には何のメリットも無い・・・イタミンの生涯最悪の日?そして、暴漢の正体は・・・月本幸子さんを影で守る強面のボディーガードだった。「頼まれたんだよ。あんたを見張っとけって」「誰に?」・・・依頼主は塀の中の、あの城代金融の田村だった?

「俺が出るまで・・・待っててくれますか?オレ・・・ここ出たら、まともになって姐さん、迎えに行きます!こんな不器用な俺だけど・・・よかったら、俺と!」 「それは無いわ!」 「はいっ!・・・もういいです!」 「元気でね!」 「・・・」

「誰だってやり直せる」という姐さんの言葉を信じて・・・姐さん、待っててくれますか?まさかの刑務所内での田村からのプロポーズ?こんな不器用な俺でも・・・「それは無いわ」「もういいです」と月本幸子さんお断り!玉の輿も獄中愛も蹴って、結局・・・「ついてない女」改め「おっちょこちょいな女」は何と・・・2代目「花の里」の女将さんに!先代の”持ち主”たまきさんも喜んでるのかな?ええっと、ご注文は「梅茶漬け」を右京さんに。「鮭茶漬けのワサビ多め」を神戸君に・・・でしたよね?「いただきます!」「召し上がれ♪」・・・いや、逆!逆!「先ほどの君の意見に賛同します」と月本幸子「おっちょこちょいな女」にこっそり賛同する右京さん。まだまだ板についてないけど、今後は(先代のように)右京さんとただならぬ関係の女になるのでしょうか?幸子さん。



次回の「相棒ten」第13話「藍よりも青し」(ゲスト:梶芽衣子さん)からは・・・鈴木杏樹さんが毎週レギュラー出演するって事なんでしょうかね?まあ、でも最後の”衝撃の展開”は世間をアッと驚かせましたな。またも「相棒」にやられたって感じ。古沢良太さんの脚本にも唸りました。この方の脚本は、「バベルの塔」を筆頭に斬新で恐れ知らずで・・・既存枠をブッ壊しかねない作風という印象ですが、今回もある意味古沢さんでなきゃ書けないのではないかと・・・「花の里」という「相棒」の”聖域”にかつての犯人をブッ込んじゃいましたからね。

「”ついてない女”こと月本幸子がレギュラーに/鈴木杏樹が『相棒』2代目・花の里の女将に」
ORICON STYLE(オリコン)相棒ten」第12話「つきすぎている女」 2012年1月18日(水)


ストーリー的にもきっちり伏線回収がされてて、冒頭の「服役中に調理師免許を取った」が「花の里」の2代目女将就任に繋がってるし、「田ッキー」と書いた瑞貴君のいたずら心も後の「たすけて」に繋がってますし・・・「天体構造学研究会」ユキさんの影響で星が好きとか、間宮政二郎会長の「答えは目の前にある」もそうだし「紀州梅干し」の大崎智美さんとの会話も、右京さんが小包の配送票をじっくり観察する為の時間稼ぎでね、神戸君が「一体どこが不調だったのが僕には分かりませんが?」という言葉の通り・・・わざとスランプキャラを演じていたのかもしれない。そういや、前作の古沢脚本で「右京、風邪をひく」(シーズン8・18話)という話がありましたが、あの時も本当に風邪をひいてたかどうか怪しかった右京さん。そして、あの話でも神戸君は・・・エンディングお茶漬けをワサビ少なめで食べてたね。流行りの家政婦ネタを入れるのも巧い。それにしても「天体構造学研究会」主宰・藤原エイブラハム美佐男の今後も気になるな・・・太陽のしもべの生き残りもまだ居そうだし、花の里城代金融からの報復も・・・古沢良太先生が次、どう仕掛けてくるか?読めないなぁ(笑)

たまきさんが抜け、月本幸子さんが入り、次は神戸君に大きな動きが・・・及川光博さんが卒業!2/8(水)の「相棒ten」第15話”櫻井脚本”「アンテナ」については次の【#251】「及川光博卒業」の記事で書いてます。

テーマ:相棒 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2012.01.20(金) 19:13|
  2. 相棒 Season 12
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/251-278b559a

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。