Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#276】
「ゴルゴと恵」 九重登山にもROCKETMAN SHOW

長者原入り口今年のメインイベントであったU-21欧州選手権2013イタリアU-21代表相手に攻めあぐね、ボリーニの1発に沈みベスト4で姿を消すという・・・またも「不完全燃焼」に終わったオランダU-21代表。2連勝したのにグループB・第3戦のスペイン戦を完全消化試合にしてしまって、あれスペインを相手に偵察メンバー送って、「決勝で会う時は」なんて余裕ブッこいて目前のイタリア戦で負けるという・・・最悪のオチでした!惜しむらくは全勝狙ってスペイン戦もガチメンバーで臨んでいれば・・・。今となっては後の祭り。初戦のドイツ戦、あの「3-2」の激闘が今大会のピークになろうとはね。フェルの劇的決勝ヘッドは忘れられない・・・

大船山方面大会後はワイナルドゥムマヘル達の話題で移籍市場も持ち切りかな・・・と思い描いてたんですけども、準決勝で不甲斐ない出来だったO.ヨンとか・・・尻つぼみな印象に終わってしまったJong Oranjeらに買い手は付かず?このU-21 EUROが近年停滞してるオランダサッカーの「起爆剤」になれば良いなぁと期待してたんですけどね・・・なかなか上手くいかんモンですね。さて、この結果を受け今後ファン・ハールがどれだけ今回のチームからA代表に引き上げるか?準決勝ねぇ・・・デ・フライがアクシデントで退場して交代出場したDFファン・デル・ホールンが試合に馴染む前に振り切られてたし、ありゃ可哀相だったねぇ・・・



「九重登山」:豪華ディナーと長者原~雨ヶ池~坊ガツルまで、ハードな行軍 90分/4.7km

登山道やはり、まだ守備に難を抱えてたのではないかな?と・・・それと両サイドを封じられるとオランダの攻撃力は落ちるウィークポイントを改めて晒してしまったな。と・・・この辺巧みに突いたヤングアズーリの守備は老獪だったなぁと。最後の最後でGKズートまで上がって総攻撃に出た時は鳥肌立ったけどねぇ。詰めてたのはデ・パイだったかな?あそこ決め切れなかったねぇ。というコトで、思ってたより長い”夏休み”が訪れまして・・・私めは5月の尾瀬に続き、またに向かいました。次に向かったのは九州ですよ・・・九州の中央にそびえる九州を代表する名峰・九重連山に行きました!牧ノ戸の九重観光ホテルに前泊しましたよ。

森林浴直前の宿泊予約だったにも関わらず、このホテルさんには良くして頂きまして・・・思わぬ豪華な夕食に驚きましたね。豊後牛のすき焼きにお刺身に、シャレオツなオードブルにデザートのメロン・・・もう満腹ごちそう様でした!お風呂も片っぽは古びた大浴場でしたけども、もう一方は現代風で清潔な浴室だったし使いやすかったです。泊まった部屋にLANコネクタが付いてたんだけど、なぜかインターネットが繋がらずに・・・そこだけが残念だったんですけどね。他は十分満足で、ここを九重登山・登山宿にして申し分無いと思います。牧ノ戸峠と長者原、両方に送迎が付いてるのも見逃せないですね。おかず付きのおにぎり弁当付きも◎!

雨ヶ池木道私めは今回長者原ビジターセンターから坊ガツルに抜け法華院を通って久住山に登るコースを選択。早朝は雨が降ってたけど、小雨になったので九重登山を決行!に入ると雨粒が気にならない程度で、レインコートのせいで汗ばむほど。長者原も中に入れば入るほど、歩きにく~い足場になってくのね。石がゴロゴロと・・・ここには、九州を代表する大河「筑後川」の源流もあり、でも水の無い沢を横目で見るに「今年は水不足来るんじゃないかなぁ・・・」と実感。戦時中の日本兵もこんな所を歩いたんだろう・・・と思うぬかるみを突っ切って雨ヶ池到着!ミヤマキリシマのシーズンじゃないと雨ヶ池も地味な物ですね。雨は存分に降ったけど池にはなってなかった・・・”雨ヶ原”ですわ(笑)

「山にはロケショー」: 後輩ふかわも感心した2人の先輩・・・ゴルゴ松本、ホンジャマカ恵俊彰

坊ガツル九州尾瀬と評される、坊ガツルの大湿原・・・5月GWに訪れた尾瀬では水芭蕉も緑もあまり見られなかったけど、こちらもなかなかどうして・・・”ラムサール臭”半端ねぇ!このエリアでは雨も上がってピクニック気分で歩けました。今回も旅のお供は、録音しておいたDJふかわりょうさんの長時間ラジオ「ROCKETMAN SHOW」。尺が4時間もあるので登山など・・・電波の無い区域でのトレーニングに適しているんですわ。前回、兄貴分のゴルゴ松本さんが登場した時の漢字話が大反響なようで、「紙」「髪」「神」の話から・・・子宮を持つ「女」が全ての土台で「始」って字に表れる!鳥居に門がまえで「開」になるとか、「こんなのを話せりゃキャバ嬢を落とせる」と豪語するゴルゴさん(笑)

今年の後半は(キンタロー。や林修先生を抜いて)ゴルゴさんが来るでしょ?

法華院温泉九州で最も標高が高い場所にある法華院温泉・・・ここは登山者のオアシス。なんたって泊まれますからね。さて、漢字界の池上彰ばりに豊富な漢字うんちくを披露していたゴルゴ松本先輩に対し「今年の後半はゴルゴさんだな」と確信するふかわさん。先週のロケショーも確かにパンの話が多めでしたね。スマホで画面更新する時、画面端を引っ張って「ビヨ~ン」とするって話で「ボクなんかゴムが切れない様にやさしく引くからね」と自慢げに語るロケ兄外付けハードディスクのUSB取り外しにも細心の注意を払い、HDDの持ち歩きもタオルで包んで携帯するという地球に優しいロケ兄さんに対し、平松くんはガサツ人間?ド深夜の「サンセット・カフェ」には・・・恵俊彰さんが登場!

鉾立峠”ちょっとネガティブなマスター”のふかわさんが「日本を代表するコント師だ」と尊敬してやまない先輩。いまや「ひるおび」など司会者としてのイメージが強いさんも、少年時代は鹿児島で「THE MANZAI」のLPレコードを買ってツービートとかやすきよ、紳助・竜助辺りの漫才を書き起こし分析していたそうです。文にしてみると「そんな面白くもないな」という(話し方とかでカバーしてる)漫才がある一方、やすきよの漫才はやはり台本も凄いとか。逆に「アドリブが天才的」なのは紳竜の漫才。相方をいぢって追い詰める紳助さんが「紳竜の真骨頂」であり、今見るとそれがいじめに見えるかもしれない程鬼気迫っていたと。コント師として名高いさんがこんなに漫才に熱いとは!

ロケショーで最近引きずってる話題の中に「サッカーの試合中、選手が抱え込んで観客席に放り投げられた犬がかわいそうだ」という・・・海外ニュースの映像が発端となった件があって、これに対してふかわ司会者は「犬、猫はこういう時に『かわいそう』なのに・・・一方で牛や豚を殺生して食べるのには目をつむるのか?」とダブルスタンダードに対して問題提起。直後にリスナーから同意メールもあって、その次の回にまた「ノンベジ(ベジタリアンじゃない人)からこういう意見が出て嬉しい」という”ヴィーガン”(動物・魚介類だけじゃ無くや乳製品、蜂蜜も摂取しない人)からのメールが紹介され・・・「犬を放り投げて解雇されたサッカー選手」というニュースから「命あるものの殺生を考える」という概念に発展するという形に。ふかわ司会者の見解としては「僕はベジでも無いけど、自分の生き方を他人には強制しない」という・・・論点が移ってる感もありますけど。自分の価値観を他人に押し付けない・・・というのは、ふかわりょうという一人の男の信念を表していますね。

「幻の久住山登頂」: 九重は天国、久住は地獄・・・迷ったら上に登れ!じゃなくて潔く下りろ!

湿地の道に水お昼になると雨が強くなって、頂上はガスってるし山道は水浸しだし・・・「こりゃあ、久住山に登っても祖母も阿蘇も見えねえな」と諦めて、早めの下山。なワケじゃなくて・・・実は「久住分かれ」と「くたみ(朽網)わかれ」を勘違いしてコースを間違えたんです。だから、沢水キャンプ場(久住本山登山口)の方に間違えて降りてきちゃったんです・・・時すでに遅し。また久住山長者原)に軌道修正するには岩場が立ちはだかる本山登山道の急坂を登るしかない。午後を回り大雨の中、このコースに入るのは自殺行為・・・案の定、途中でコースを外れ「水の無い沢」に迷い込んでしまい断念。意地になってこのガレ場をよじ登ったけども、行けども行けども岩だらけ&悪天候でまさに「無理ゲー」。

ペンキ表示の中では赤いテープやこういう黄色いペンキの矢印を見落としちゃダメなんですよ・・・大雨のロッククライミング(沢登り)で握力も脚力も擦り減り、もうラジオの音も入らず写真を撮る気力も失せて・・・引き返す勇気も大事ですよ。一目散に下山。久住に下りたけど”アシ”が無いぞ・・・車は止まってるけど人が居る気配も無いし、タクシー呼ぶにもこんな山奥じゃなぁ。と、目立つ建物までさらに歩く事に。土砂降りの雨の中・・・工事中だらけのくじゅう周遊道路をトボトボと歩き久住ワイナリーへ。ここで命綱のタクシーを呼んでもらって、長者原まで帰りました。気付けばおにぎり弁当を食う余裕も無く、この昼食が夕食になりましたよ・・・



弁当の海老フライを眺め・・・「ROCKETMAN SHOW」で話題になったベジ問題について上述しましたけどそこで自分が聴いて思うのは・・・こういう九重の山々を歩いてるとね、無数のスギ林の中を歩くわけですよ。建築業界の中では「我々は杉、檜を殺生して家を造っている」という教えに基づく会社もあって。ふと、そこで「ベジタリアンと称される人々はヒノキを伐採して家を造り住む事に対してどう思うのだろう?」という話で・・・そもそも菜食主義だから植物方面は関係ないのか。でもヴィーガン以上に突き詰めた人だと「家」への居住も拒否する人がいるのでは・・・と。無益では無く「無駄な殺生」を極力無くすという方向性なら、どうでしょうね?人は命を失う時に、果たして何を思うのか・・・他の動物のために役立ちたいと思う動物が居るだろうか?と。

下山後、九重観光ホテルの温泉に入り「生きてる」のを実感!大いなる自然の前に自分は「生きてる」のでは無く、周りによって「生かされてる」のではないのかな?とも・・・いやぁ、「山は歩くんじゃない。泳ぐもんだ!」とネイチャージモンもよく言ったもんだ。あの名言の真意が今、分かりましたよ。普通に暮らしてればこの季節、蚊が一匹出てきただけでパニクるけど・・・に入れば確かに虫だらけ。目とか口にもガンガン入ってくるし・・・に順応すると蚊に刺されなくなる身体が出来るんでしょうね。自分はまだに入り大クワガタを捕るまでの余裕は無いな。ネイチャージモンレベルともなると、同行する自衛隊員が裸足で逃げ出すらしいですからね。そういえば7月に「武井壮 vs ネイチャージモン」の番組がフジ系で放送されると(今、話題の)水道橋博士が実しやかに話してましたけど・・・ガチなのかなぁ?本物は本物を知る・・・か。恵俊彰さんもゴルフに行く際に「ROCKETMAN SHOW」のふかわさんの喋りを聴いて、「ひるおび」コメンテーターに推薦したらしいしね。

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

  1. 2013.06.26(水) 21:56|
  2. 登山 + ROCKETMAN SHOW
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/277-6718ada1

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

プロフィール

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。