Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#280】
「山形旋風」 超タモリ/飛騨牛+北アルプス・上高地

荘川そば・高山市街酷暑のお盆休みは色々あり混乱して・・・復帰しました(爆)まず8/14(水)の親善試合ポルトガル戦(A)は・・・結局、ドローだったみたいですね。う~ん、どうもポルトガルには勝てる気がしねぇ。ミドルシュート決めたストロートマンも、ローマに移籍早々怪我してしまった様で。フンテラールも長期離脱らしいじゃないですか・・・9月からはW杯予選が再開するのに、痛いな。そんな中、われらがアヤックスはエールディヴィジの4連覇を狙う上での「最大のライバル」フェイエノールトに”デ・クラシケル”先勝!というか、むしろフェイエ開幕3連敗は読めなんだなぁ・・・と、欧州リーグも続々と開幕する中、私めは何処にいたかと申しますと・・・飛騨高山なんですわ。まずは荘川ICで降りて白川郷へ。

「この5連水車はどこかで見たな」と思い出せば・・・「ローカル路線乗り継ぎバスの旅」第14弾で放送された名古屋~能登編で、太川陽介さんと蛭子能収さんが天ざるそばを食べていた「そばの里・心打亭」でした!「ああ、ここだったのか!」と・・・偶然ながらロケ地巡り出来て至福の喜び。自分は品数限定のにしんそばを食べました。そして世界遺産の白川郷へ・・・しかし白川郷ICからは未曽有の大渋滞!「ダメだ、こりゃ」と・・・進路を高山市街へ取り、翌日の北アルプス登山に備えましょうかと。ただ、なぜ沢渡(松本方面)からでは無く平湯(岐阜・高山方面)なのかと言えば・・・飛騨牛という”グルメの誘惑”に負けたってシンプルな理由で(笑)



「超タモリ」: 実物のタモさんにカンコンキンシアターで遭遇・・・8・4”東京グローブ座の奇跡”

飛騨牛陶板焼き定食だって、飛騨にはこんな肉厚の「飛騨牛陶板焼き定食」がディナーで食べられるわけですよ。長野側なら、せいぜい信州そばでしょう・・・と、話はこの1週間前に戻りますけど8/4(日)に毎年恒例「カンコンキンシアター27 クドい!」東京グローブ座に出向きましてね・・・今年は例年以上にグローブ座までの道のりが暑かったなぁ。対照的に館内がキンキンに冷えてるので・・・開場して席に着くなり「わしゃ生ビールか!」と1人ツッコミしたくなる程。開演ブザーで「安藤美姫の父親の名前発表会」には笑ったなぁ。今年はアメリカンダンスがもう抱腹絶倒でね。あと藤原○香さんやダレ○ガレ明美さんらに対する風当たりが厳しい!日曜で通常以上に長い舞台でしたが・・・ラビーは相変わらずで。

飛騨牛の焼きあがりこのシズル感、伝わりますかね・・・飛騨牛は焼き上がりが実に神々しくて、しかも肉汁ブシャーでジューシーでした。で、カンコンキンの話に戻りますが・・・ここで思わぬ人を発見。な、なんと・・・タモさん!ちょうど今年(2013年)がカンコンキンシアター25周年、オフィシャル誌「軍人魂」のスペシャル対談が関根座長とタモリさんだったんですけど開演前にその記事を読んでたら、青いスーツの老紳士が通路を通り過ぎて行き、何気にオーラが半端なかったので振り返ってみたら・・・初めて”生タモリ”、いや「超タモリ」を見てしまいました。ちょうどこの日がフジ27時間テレビをやってたんで・・・「笑っていいとも」パート終わりで来られたようですね。「あぁ、普通の席に座るんだぁ」と無駄な驚き。

「関根くんの舞台は何のメッセージ性も無いから良いんだよね」と、芸能界一のカンコンキンファンと自負するタモリさんを・・・開演中もチラチラ見てて「どうリアクションするか?」を確かめてたんですが、舞台が始まるとほとんど微動だにせず。さすが、ワイプの表情でも起伏が無いタモさんだなぁ。と・・・ただ、かつてタモさんの付き人だったイワイガワ・岩井ジョニ男さんがメインとなるコーナー(「ホンマでっか!?TV」のパロディ)になると父親のような目線で見てましたね・・・暗闇でグラサン越しなんで分かんないけど。舞台が終わっても、一般の観客にまぎれて・・・普通に会場を出て行かれましたね。正直「サインを頼もうか」とミーハー心が疼いたけどもタモさんも貴重なプライベートだしここは自重。写真なんてもっての他。”観劇”で”感激”した!なんつってね。

「一球先は闇」: 議論を呼ぶ花巻東の小兵・千葉くん・・・熱い甲子園を涼しい?上高地で聴く

上高地バスセンター今回のタモさんとの生遭遇は、三年前九州場所で会った湊川親方(元小結・大徹)以来の衝撃だったなぁ・・・さて、今回の登山上高地が”ベース”となりましてね・・・ここはマイカー規制で平湯・あかんだな駐車場からシャトルバス入山します。朝5時なんですけど、もう登山者たちが続々スタンバってるのよ。ここは北アルプス登山のメッカで・・・大半は穂高岳や槍ヶ岳に向かうんですが。自分にはまだこれらの山々はには経験値が低すぎるので(しかも泊まりなので)・・・手軽にハイク出来る「焼岳」に山行する予定!焼岳登山については別の記事で書きますが・・・下山後のお昼の上高地が混雑してて人出の多さにビックリ。ここはかなりアクセスが困難なんですが・・・下界が酷暑だしね。

上高地の夏上高地はもっと静寂に包まれた、和製ツインレークス的な所だと思ってたけども”観光地化”がけたたましいですな!これじゃ軽井沢と何ら変わらないね・・・シンボルの梓川はそのまま飲めるんじゃないか?って程の清流っぷりで・・・「白線流し」の舞台なんだっけ?ここで、景色そっちのけでradikoを聞きながら高校野球「木更津総合vs西脇工」で木更津総合を応援してたのは秘密だ・・・あの大アウェイと化した甲子園で勝ててよかった。それにしても今年の夏は接戦が多いね。8/19(月)の準々決勝4試合なんてさ・・・いずれも劇的な1点差ゲームだったもんね。前橋育英の方を応援してたけど常総学院の飯田投手のアクシデント降板は残念だったな。高校野球はホント「1球先は闇」だ。

「山形旋風」:県勢初の4強で7年前を何もかも超えるチームvs九死に一生を得た高橋光成君

北アルプスを望む北アルプスを眼前にすると、アルピニスト(岳人)憧れの地だってのは実感出来ますね。生で見ると登りたくなるし・・・まぁ、この山の向こうの甲子園では「サイン盗み騒動」やら「ゲッツーやり直し?」とか珍しいシーンのオンパレードで残った4校はいずれも”決勝童貞”だし・・・甲子園初優勝とフレッシュな顔ぶれ!残った監督もみんな若い人だし・・・「世代交代」ってヤツ?個人的に目を引くのは日大山形の強力打線と堅い守備ですね。大舞台でのびのびプレーで日大三高・作新学院・明徳義塾と・・・続々と立ちはだかる優勝経験校に真っ向勝負で打ち勝ってきた”山形旋風”は痛快そのもの。荒木監督はよくこんなチーム作ってきたなと感心します。山形の歴史はいつ作るの?・・・今でしょ!

河童橋入口芋を洗う様な河童橋の入口・・・足の踏み場も無い吊り橋。結局は上高地ですら30℃近くで暑くて汗ダラダラでしたがとにかく天気が良くてよかったな。諏訪湖に豪雨が降って花火大会が中止になった登山の前日、平湯温泉側も結構土砂降りだったから・・・「明日は雨止むかな」と気が気じゃ無かったんで、翌朝に雨が上がっててホッとしたもんね!でも平湯トンネルは、山の中に突然高規格化道路が出て異様な光景だよね。旧道をクネクネ通って行きゃ中の湯の焼岳登山道に行けるワケだけど。実際はバスで上高地を経由するより車で安房峠を越えて登るハイカーが多いと。嗚呼、日大山形と前橋育英どっち応援するか?迷うなぁ。2年生高橋光成投手と山形打線の対決は興味あるけど。



いざ焼岳登山花巻東だって延岡学園だって、ここまで勢いがある勝ち方してるしね・・・負けたとはいえ富山第一のエース宮本君と打って繋ぐスタイルにも好感が持てましたよ。富山第一は木更津総合に勝ったチームですから虫が好かない時期もあったんですが・・・ま、あの試合はそもそも完敗だったし。ベスト8は気付けば「富一頑張れ」と手に汗握ってたし・・・まったく前橋育英・富山第一は言わずと知れたサッカーの強豪校ですがいつの間にか高校野球も強化されちゃって甲子園でも名を轟かせてるね。今夏の準々決勝4試合は全て「2013年甲子園名勝負ベスト10」にランクインだな。ちょっと花巻東の2番は「やりすぎ千葉君」な面もあるけどまさに'13夏は例年以上に暑いよ・・・上高地も甲子園も。

今年の日大山形の勝ち上がり方には山形県民の方々もたまらん”カタルシス”を感じてるだろうね・・・'09夏、PL学園、帝京を次々と連破した県岐阜商を彷彿とさせる・・・あのパワーでなぎ倒す感じがね。それはそうと8/18(日)の”ロケフェス”は無事に終わったのかな?最後に、登山と言えば「ROCKETMAN SHOW」のまとめを・・・最近のロケショーはじわじわ「アマタツ」がブーム?天達のルーツはポパイ?ロケ兄の代表曲は「♪ロンリーウルフ」?「ヘパリーゼ」のCMは確かに気になるね~!シリトシさんはタクシー運転手役の女性と川平慈英さんの両隣りに座る舞台役者さん?に注目しているとか。連携というのか、”合いの手”というか・・・「0から100になる」スイッチの切替が見事?濃い川平慈英さんの存在感に負けないあの人達(劇団員?)は何者?その後、リスナーから「ヘパリーゼのCMの女性は、元・日テレジェニックの伊藤れいこさんです」との情報が・・・あの存在感で女優じゃなくグラドルだったという事実にふかわりょう・平松両氏も驚愕。しかも、この伊藤れいこさんってば、「有吉反省会」で爆弾発言する程の”崖っぷちアイドル”じゃないですか・・・この人は「ヘパリーゼ」を機に演劇界でブレイクするんじゃないの?あと、8/18(日)OA分で流れてたGiovancaの「♪On My Way」は夏に染み入る曲だね。自分は【#201】「TiK ToK/DROP IT」の記事にも書いてた「♪Drop It」の方にハマったけど、ロケ兄もジョバンカ好きなんだ。あの子は良い声してるしなぁ。「ラピュタはバルス、寺尾はパルムだぞ」にはクスッときた。「PARM」もCM多いしね・・・以上!次は焼岳登山本編です。

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

  1. 2013.08.20(火) 19:07|
  2. 高校サッカー&高校野球
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/281-562ac5d3

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。