Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#283】
「5時に夢中」 ロケショー岡本夏生/霧島・韓国岳登山

えびの高原2020年に東京五輪開催が決定して「教科書に載るべき将来は”第2体育の日”で祝日にしよう」と猪瀬直樹知事も吠えてたと言う2013年9月7日(土)・・・私めは宮崎県と鹿児島県にまたがるえびの高原に居ました。この高原はミヤマキリシマで有名な韓国岳と、”天孫降臨の地”として知られる高千穂峰、そして今なお火山活動が続く新燃岳。噴火の影響が無ければ、韓国岳から獅子戸岳~中岳~高千穂河原へと霧島連山を縦走出来たんですけどね・・・今回は宮崎県側から韓国岳を攻めてみました。聞きしに勝る勇壮な景色はさすが霧島。幾多の火山活動に負けず整備された登山道も健在。一部、崩れた階段とか木道もあったけど・・・を管理して下さる団体さんに感謝です!

えびのビジターセンター・韓国岳入口えびの高原は幼少の頃に車で通った記憶はあるんだけど登山で訪れるのは今回が初。「山登り」という面で見ると、ここは九州でも超人気スポットであり・・・中心部にえびのビジターセンターが鎮座して、周りには売店や食堂もあり(有料ですが)大駐車場もあって・・・登山基地にするにはもってこいの場所。本数は少ないですが、霧島周回バスもこの一帯を回ってくれますしね。ビジターセンターの脇に韓国岳へ入る登山道入口もありますからね、路頭に迷う必要もありません。九州では北部の九重、南部の霧島と登山者の人気を二分する山ですから・・・軽井沢と上高地みたいな?九重が”上高地”だとすると、どっちかっつうとえびの高原の方がおしゃれで”軽井沢”に近いかな?(笑)

9月はファンペルシーの独り舞台?W杯出場が決まったアンドラ戦(A)についてはブログ後半で書いてます。



「欧州一番乗り」: W杯予選突破決定するもOranje、ファン・ペルシー頼みを脱却出来るか

韓国岳登山口・硫黄山火山いえば、ベタにこういう硫黄臭が漂う「地獄」な風景がおなじみで・・・例に洩れず霧島にもありました。韓国岳と別に「硫黄山」という、と言うか”丘”もあるんですけども今回は緑溢れる韓国岳登山へ・・・そうそう、9/10(火)のアンドラ戦(A)勝利でオランダ代表ブラジルW杯行きを決めましたね。9/6(金)エストニア戦(A)で少々もたつきましたが、この試合もW杯出場を決める?プレッシャーがかかって固くなってたのかなぁ?試合内容も、消化不良とまでは言わないけども「不完全燃焼」な感はありましたね。慎重に入り過ぎたのか?アンドラは攻める気が無かった雰囲気だったし、もっとヴィレムスヤンマートの両SBもガンガン上がってきて良かったように思えるんだけどな・・・

団体も登る韓国岳韓国岳も1合目辺りは子供連れの団体客がゾロゾロ居て遠足みたいなテンポで登れましたね。山麓に止めた車も、出発地のえびのビジターセンターもどんどん小さくなって眺めも良くなってく・・・オランダ代表の攻撃面もやはりまだスナイデルがトップコンディションに戻って無いので今一つリズムが作れないというか。ロッベンを累積停止で欠いてサイド攻撃も迫力が無くてですね・・・代役のスハーケンがパススピードに追い付いていけてないのがね。こうなると中央に居るファン・ペルシーの個人技頼りで。ただ、この日は(息が合ってた)ファン・デル・ファールトも離脱してて縦の関係が寸断されてたのでなかなかパスが貰えず・・・前半は苦労しました。その割に「♪蛍の光」流れてたけど。

「アンドラの選手にユニを渡せ/アンドラが見せた胸を打つ戦い FIFAランク205位の挑戦」
スポーツナビ W杯欧州予選「アンドラ0-2オランダ」 2013年9月12日(水) by 中田徹さん


青く綺麗なうろこ雲アレを演奏していたという事は・・・現地のオランダサポは前半の出来に満足してたのかなあ?FIFAランキングが205位のアンドラ代表とFIFAランク「5位」のOranjeがスコアレスドローだったというのに。ロビンが調子良いから2ゴール入ったけど、前のエストニア戦といい・・・ペルシが居なかったら、この9月の2連戦はどうなってたか?ゾッとしますね。守備陣は若返って何とかなってるけど、今後は攻撃陣もファン・ハール監督・・・そろそろ、抜本的にメスを入れていかないとね。このままだと来年のW杯本大会でファン・ペルシーが封じられて機能停止したら、悪夢の?EURO2012の二の舞ですからねぇ。あんな無様な姿はもう見たくないからね。残り試合は”テスト要素”多めで・・・

「韓国岳登頂」: 荒々しい溶岩の跡を登り尽くせば、エメラルドグリーンの湖がお・も・て・な・し

岩場が出てくる韓国岳中腹とはいえ、W杯予選・グループD最終節のトルコ戦(A)は消化試合ですし、遥かトルコまで遠征しなきゃいけないし、もう予選1位も確定してるし「負けてもいいかな」なんて・・・テリム監督に代わったトルコ代表が良い感じで順位を上げ2位プレーオフも狙える位置にきてますからね。個人的にトルコ代表も勝ち上がってきて欲しい”願望”ですが。さて韓国岳は5合目辺りまで来ると岩や砂礫が目立ってきて足場も悪くなってきますね。階段が崩れかかってるのも、新燃岳噴火の影響か?この高さに来ると眼下に大浪池もくっきりと見えてきて、霧島最大の火口湖を一望出来るし韓国岳は2時間ちょいで頂上まで登頂出来ますので・・・気軽に登れるね!頂上付近はやたら虫が多かったけど。

韓国岳登頂・火口付近火口壁の荒々しい景色はまさにワイルドだ・・・残念ながら今回、韓国岳の火口は”水不足”で底面が見えてましたがここは梅雨時に雨水が溜まると、エメラルドグリーンに輝く神秘的なになるらしい。火口からは噴煙は無いものの断崖絶壁だし・・・覗き込むと高度感で足がすくみますね。登山道に転がる岩には「えびの」と矢印表示されたペンキ文字も。頂上部は、まるでハワイのキラウェア火山っぽいマグマ溜まりをよじ登って、ようやく最高地点の三角点を発見。雲が出てきてたので、さすがに韓国まで見る事は出来なかったけど・・・山頂はやっぱり気持ちが良いね~。そういや前回登った山も焼岳でしたし、その前は雲仙だしここんとこ”活火山”づいてるなぁ。立入規制にも慣れた!

韓国岳頂上この頂上地点が記念撮影場所・・・写真を撮るのに行列が出来てて、ラーメン屋が如く並んでました。気温もここまで来ると「涼しい」はずなんだけど体感温度はそうでも無くて登山で身体が火照ってたのか?汗ばむ陽気でしたね~!本来なら、ここから獅子戸岳、中岳と縦走して霧島連山を楽しみたかったんですが・・・今の状況ではそれも叶わず。帰りは大浪池を周って帰る事にしました。実はここからの道のりが長かったのよ・・・素直に韓国岳に登り、そのままピストン下山しておけば正午ぐらいでご飯食べられたけど大浪池に回り道したばっかりに・・・一周4kmの周回路で2時間は余分にロスしましたかね。でも、大浪池の絶景は間近に行かなきゃ味わえませんし、結果オーライかな(爆)

「岡本夏生乱入!」:五輪特番で1時間延長の「ROCKETMAN SHOW」に思わぬハプニング

韓国岳頂上に居たアゲハ蝶韓国岳頂上に居たのはウザい虫ばかりじゃなくて、羽根を休めるアゲハ蝶も居たので・・・思わずパチリ。例によって登山のお供に聴いていた、「ROCKETMAN SHOW」はIOC総会で特別編成の1時間拡大版。「帰り道の眠気がいつも以上に半端ないだろうね」とロケ兄もビビったけど、五輪開催都市発表の瞬間、あれだけアドレナリン出まくりテンション上がりまくりの様子だったんで眠気も吹っ飛んで乗り切れたのでは?奉仕活動?についてのふかわさんの発言が、マーク・トゥエインの名言とカブっていたみたいでその報告メールを、番組内でしつこく紹介するロケ兄・・・「あれ?デジャブ?」と苦笑する平松さん。アメ食い競争やグラウンドの線引きに使われる粉って「体育粉」なんだ。

みのもんたさんにはこの言葉を送ります。「李下に冠を正さず」だったかな・・・

韓国岳~大浪池大浪池へと下る登山道はどにかくクネクネしてて、しかもガレ場は足を取られ易いですね!焼岳ほど滑りやすくは無いけど・・・ふかわりょうさんが昨今のみのもんた報道について話した時に出た「李下に冠を正さず」という言葉・・・つまりは「紛らわしい事をするな」という意らしいですけど、みのセクハラ騒動はその後に「みのもんたさんの次男を窃盗未遂容疑で逮捕」という新展開を迎えましたからね。今週もまたロケ兄がみの問題を斬る事になるでしょう・・・やられた女子アナの人の手の払い方も気になったとか?しかしまあ、前回ゲストの山本太郎氏といいタイムリーなネタに困らないね。そして前回OA直後の午前5時1分にふかわさんに留守電メッセージを入れたアノ女が乱入!

大浪池周回路7月のコンフェデ杯の時は、スタジオ外にあるTVモニター見ながら、「ザックジャパン見たいんですけど・・・試合結果言わないで!録画してるから」と午前4時にソワソワしてた平松さんが、オリンピック発表の時は「眠いんですけど・・・仮眠していいっすかね?」とテンション激低過ぎて笑った。7年後には史上初?の「オリンピックDJ」を目指そうか!と意気上がるロケ兄を横目に・・・長丁場ラジオで睡魔と戦うシリトシ氏。その根性を叩き直した、意外な珍客が誰あろう「5時に夢中」火曜日レギュラーでふかわさんと共演する岡本夏生さん・・・六本木からは徒歩1時間という自宅からわずか30分程でヒルズのJ-WAVEスタジオに現れて・・・「家で1人で発表見てるのも何だし」とロケショーに乱入!

大浪池登山道いつもはふかわさん&平松さんの名コンビで、紙の音がガサガサするほど静かに進行する「ロケショー」の4時台ですが・・・この日は岡本夏生さんが2人を引っかき回して観覧のオダテマン&オダテウーマンも、終始ざわざわ・・・急遽やって来たのでノーギャラで出演だけど「タクシー代支給は勝ち取ったわよ」と押しが強い夏生さん。若い頃はグラドルやって「女」やってたんで・・・残りの人生は「男」をやった方が人生を倍楽しめるでしょ!という謎理論。要は岡本夏生さんはニュータイプの”オカマ”らしい。ときどき、「俺は」と口走る岡本おっさんにロケ兄達も困惑。そんな岡本さんも・・・開催都市発表が迫ると緊張してきたようで「まさに”5時に夢中”ね!」と運命の午前5時に大絶叫!



霧島市・県境標識大浪池から下山すると、そこは宮崎・鹿児島の県境でありえびの高原を貫く県道1号線は行楽の車やライダー達が引っ切り無しに通っている・・・「5時に夢中」と言いながら、その決定的瞬間を前にゲップをしてしまう岡本おじさん!ロケナーからの「好きなパンは何ですか」というメールに、何故かスイッチが入り「パンは太るから食わねえんだよ」「世の主婦どもは手抜きしてパンを買うだろ?あんなのは許せねえよ」と猛烈なパン食批判!「ロケショー」では常々パンの話題が出るのが恒例ですけど・・・思わぬところに反パン派が。この破天荒っぷりに「岡本夏生ナイトをまたやって下さい」とリクエストが殺到!ロケ兄の表情も曇る!「次はロケ兄の誕生日に」と言った時の刺すような目(笑)

マドリッドの市長って、えっと、あの・・・倍賞千恵子さんに似てるんですよね。

大浪池の眺望大浪池はやっぱ綺麗や・・・さてさて、9/7「ロケショー」は通常枠では無い午前5時台に・・・長い長いプロモーション映像が、ブエノスアイレスの会場で流された後「いよいよ発表!」と織田裕二さん並みに発表を引っ張って・・・あの岡本夏生氏も息を飲み、まさかの「無口」になってる時にこの日ローテンションだったシリトシさんが突然「そういやマドリッド市長って倍賞千恵子さんに似てるんですよね」とどうでもいい情報をブッ込み、「それ、要らないから」と・・・ふかわさんに突っ込まれる始末。茶々を入れたかった?直後、「TOKYO」開催都市発表にスタジオ内狂喜乱舞!去り際「メロリンQやみのにはもっと攻めろ!」と助言する夏生アニキ。なんだかんだでロケ兄を認めてんのね(笑)



2014年ブラジルワールドカップ予選 グループD

2013.09.10[Tue]
・アンドラ代表 0-2 オランダ代表
(得点)【オ】ファン・ペルシー(50', 54')

この試合、相手は引いて守ってたのでストロートマンスハールスとボランチは2枚も要らないはず。ゆえに、後半マヘルを投入。彼が前へと顔を出す事により相手DF陣を混乱に陥れる、ペルシ2ゴール・・・More...

テーマ:九州の旅 - ジャンル:旅行

  1. 2013.09.13(金) 06:33|
  2. 登山 + ROCKETMAN SHOW
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/284-b52065b2

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。