Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#289】
「マナスル」 石鎚山/イッテQSP/日本・コロンビア戦

朝マック食べてる時に見た蛾この前、朝マックしてたら窓際でバタバタしてもがいていた「翔べない」を見ました。特に気持ち悪いとは思わずに「頑張れ、もう少し!」とつい応援してた自分がいてね・・・それはさておき、先週末は愛媛石鎚山に修行・・・いや登山して参りました。お目当ては紅葉だったんですけどもピークは過ぎててちょっと1週遅かったなぁ。3つの鎖場はスリルがあって楽しめたけどね。まず石鎚ロープウェイで標高1300mの山頂成就駅まで登り、成就社で安全祈願してから門をくぐり登山開始。せっかく高度を稼いだのに、八丁鞍部まで100mほど下って、ここからひたすら登って行きます。石鎚の木々も赤を通り越して黄色くなってるし、冬の訪れも近いね。しかしまあ、麓の街はレトロだな(笑)

「日本戦へオランダ代表発表 スナイデル外れる/ロッベンらを擁し日本戦(16日ゲンク)へ」
Goal.com(JP) 親善試合「日本代表 - オランダ代表」(ベルギー開催) 2013年11月8日


石鎚山成就登山口オランダ代表は今週末11/16(土)のゴールデンタイムに日本戦(A)を戦って・・・11/19(火)にコロンビア戦(H)と親善試合2連戦。いつものメンツで臨むのか、久しぶりに呼んだステケレンブルフナルシンシーム・デ・ヨングファン・デル・ヴィール辺りを試すのか?ロッベンがまたも「爆弾持ち」の様子なんで・・・すんなり起用するか否かも注目が集まりそうですね。ベストメンバーならGKシレセン(クルル)でDFが左からブリントマルティンス・インディデ・フライヤンマートでしょ。ここにヴィールは絡めるか。フェルトマンはピッチに立つの厳しいかな?N.デ・ヨングストロートマンラフィーも固いね。デ・グズマンはどうか。FWはレンスRvPロッベンナルシンもアリだけどね。

シームレンスペルシの穴は埋められず・・・親善試合・日本戦(A)については、ブログ後半で書いてます。
ロッベンも足を痛め、ファン・デル・ファールトも負傷・・・親善試合コロンビア戦(H)についてもブログ後半で。




「どぶ川だってせせらぐからな」: でしょ?でしょ?でしょ?は3回言ったんじゃなくスクラッチだ

石鎚山ロープウェイ春雨は小林製薬並みのネーミング力・・・甲子園のツタもジャガイモだったらいいよね・・・え、違うの?11/2(土)は人事異動選手権の「ROCKETMAN SHOW」でしたがオ~、ジンジ~♪・・・「あれ、この曲なんすか?」と平松君。空耳アワー?ベーカリー・貫地谷マン?菊地亜美さんは牛丼顔?おぎやはぎ・小木さんはが似合う郵便局員で「手紙配るの面倒くさい」と隠しそう?今年の顔と言ったらロケ兄以外で誰?ロケ兄は殿堂入り?プロ野球の応援がサッカー化してる・・・「どの彫刻刀が好き?」ってテーマで喋ってるのもロケショーぐらいだろうな。片平なぎささんは泌尿器科の先生?PTAの会長辺りもいいね。TSUTAYAじゃないビデオ屋の店員に宮藤官九郎さん・・・客でも可?

菊地亜美さんは”ビッグダディの嫁”って、そういう可能性も持ってるよね(笑)

成就社みうらじゅんさんは(何でも似合いそうだけども)とりあえず中古レコード屋の店員?骨董品は仏像に寄せてるっしょ。さまぁ~ず・大竹さんは元カリスマ美容師・・・分かるなぁ!「これ見た?」とかあれとかそれとか・・・「R100」のこと?内村さんをチェンと呼ぶ小泉今日子さんは、有り得んけどしっくりくる。「すげー!」と平松君。ジャパスタ・・・スマホで「チュッパチャップス」と打つのは難しい?そろそろ、「納豆かき混ぜちゃいました」が出てもいい・・・あの状態で、既にかき混ぜてるよね?プロフィールの愛車の欄に埼京線コールドストーンには「噂の!東京マガジン」メンバーで。六角精児さんは「餃子の王将」?六平直政さんでもOK?平松君は「コメダ珈琲の街」喫茶店の街で育ったからね!

「ガス欠した車の給油口にレッドブルを注ぐ中村玉緒」 「それは気付くでしょ」

八丁まで下ってまた上り4時起こ」は、友人からのメッセージで感極まった女性に「ロケ兄と会話出来ての感動とか」と声をかけるロケ兄が「ツー、ツー」と絶妙なタイミングで電話をガチャ切りされる笑いの神降臨!「余計な事言うから(笑)」と平松君爆笑!調子に乗って”悪ふざけ”が全開?極まっちゃっただよ・・・「命名お兄さん」は「アルミホイルを噛んだときに歯が痛くなること・・・ホイルショック」「夜中に食べてしまうポテト・・・悪魔のしっぽ」と秀逸な”折りましょう”ネタが続出!「歯の間に挟まったものをで取ろうとしている人・・・ひょっとこクリニカ」も上手かったな。ケンコバ氏はタクシー運転手?笹野高史さんは黒いアームカバー姿の町役場の職員か。スクイズのサイン出されても目泳ぐなよ!どぶ川いいね!

「ミニストップはサンクス」:セブンがドコモでファミマがau?ローソンはSB、ポプラがイーモバ

試しの鎖(上り)石鎚山最初の関門が前社森にある「試しの鎖」でして・・・「自信の無い者は去れ!」って”体育会系”なノリでは無くちゃんと迂回路もあります。この後に控える3つの鎖場が本番なんですが・・・登った感じはこの「試しの鎖」が一番怖かったかな。最初という事で緊張感も加味されてまして手袋で握った感じの滑り具合とか、探り探りだったからね。「試しの鎖は上りより下りの方が怖い」との評判ですけど下りは思った程スリルは無かったかな。岩場が思ったより易しかったからね。自分は高所恐怖症の気がありますがに居るとなぜか突き進んじゃうんだよね。マナスルでのイモトさん達もそうだったけど、高揚感がある種恐怖心を打ち消すんだろうね。これが過信に繋がるとヤバいけど。

「鍋パーティに必要なものは?」 「豚バラ肉です。何の鍋にでも合うから・・・」

石鎚山 頂上付近につらら石鎚山を登ってて、小さな発見をしたのは氷柱でした・・・ここまでの”氷の芸術”は雪まつりすすきの会場で見て以来だな。つまり、四国とは言え標高が高い場所はかなり冷え込んでいたという事です。これが雪山の恐ろしい所でいくらピーカンでも地面はがっつりアイスバーン。下からの照り返しは夏並みだし、それこそがスキー場を形成してるメカニズムでもあるけどね。日本百名山の中で、最南端の開聞岳でさえ・・・初日の出を見るにはアイゼンが必須だと言いますし「独立峰なめんな」って話?冬富士や冬大山も「白い魔境」と化しますからね・・・”ダイヤモンド富士”にはちょっと興味が有るんだけどね。家でおとなしくするならば鍋パーティか。鍋に合う1品・・・うどん?マロニーちゃん?

ココ(ロケショー)で会っても1mmも嬉しくないが、NHK駐車場で会うと嬉しい

試しの鎖(下り)11/9(土)の「ROCKETMAN SHOW」は”フニオチ鍋パーティー”直前回だったけど、無事開催されたのかな?中止?オダテとセットで富山から来た人が観覧してたけど泣きながら鱒寿司を食べる羽目になったのか?河川敷の足元がぐちゃぐちゃになる懸念もあったしねぇ。平松君はNHKの見学?ばったりNHK駐車場でロケ兄とニアミス?「海外で会うと嬉しいみたいなもんですかね?」と平松君いい例え。「でハイビームのままで走る人」ってあれ・・・どうにかなんないの?法律なんスか?わざと煽ってる?気付かずにやってるの?ふかわさんなら、から降りて「大丈夫ですか?」と・・・顔を2mmまで近付けるらしい?奉行、どうにかなんないの?8人に1人はアンチ?多い!

「CMの後まだまだ続きます!」は偽装なのかなぁ?笑い声を足すのも偽装?

夜明峠から石鎚山の眺望試しの鎖」を越えて夜明峠まで辿り着くいたら・・・ようやく石鎚山頂の眺望が許されます。あそこが西日本最高地点天狗岳か?「一の鎖」を登る人も遠目に見えるんだよね。「一の鎖」は気持ち短いので、すぐ登り終えた感じ。幸い、紅葉のシーズンが終わりかけていたのもあって”渋滞”はそう酷く無かったな。そういや子供連れのパーティが全然居なかったような・・・「はなまるマーケット」終了の理由は植松君曰く「シブがき隊の朝練」のせい?薬丸裕英さんは続けたかったけど、岡江さんはやめたかったという説も・・・偽装の線引きは難しいんだよね。最近は特にジャスティスハラスメントの横行で・・・すぐ目くじら立てるからね!でも風俗のパネマジにはノークレーム。キャバクラには甘い?

つぶあん(井村屋)と思ったのに、こしあんだったんですよ・・・間違えんなよ!

一の鎖食品業界には厳しいな・・・「お前が使ってるリップクリームグローブに塗るヤツじゃない?」の一言ネタはクスッときて「お前の弟、長縄界の小仏トンネルだな」は「渋滞するって事ね(笑)」というロケ兄解説で理解出来ました。お土産を買わなければならないという義務感・・・いわゆるひとつの「おみやげ地獄」は自己責任でございます。和を重んじる日本人ならでは?小学校に野良犬が迷い込んでいたのも今となってはの頻度?野良猫まで見なくなりゃますます怖い世の中だねえ・・・あみんは誰を待ってるんですか?「山口良一です」って植松君!「市長の息子がガンプラに輪島塗り」とか「砂漠の真ん中でラクダの交通量調査」・・・コンビニと携帯会社を組み合わせても何にも面白くない!

「石鎚山弥山登頂」:どんどん新幹線は悪人顔になっていき、突如ロケショーで東急談義勃発

二の鎖二の鎖」はさすがに途中で立ち止まりましたよ。鎖を持ちやや垂直に駆け上がる岩場があって若干緊張しました!最難関「三の鎖」は残念ながら工事中で口惜しいような?ホッとしたような・・・「三の鎖」の巻き道は非常階段ばりにガチガチの階段なのね。そんなこんなで今宵もフニオチ!鍋パーティ(@多摩川河川敷)あわや雨天中止の危機に「何のための高架下なのよ?」とロケ兄ご立腹!「どうして東急はここに鉄道を通したか知ってる?元が不動産屋で町を作ってその後電車を引っ張ったワケよ」とうろ覚えの知識。これが発端となって「ロケショー」に東急についてのメールが殺到!象徴は田園調布なワケですが・・・実際に五島が開発したのは二子玉川より先?渋沢栄一って誰?

「柿はいつから四角くなったんですか?」 「四角いのが甘柿で丸いのが渋柿」

三の鎖は工事中 巻き道に周る「アイスカフェラテにはが合う」のを発見したロケ兄に・・・についての素朴な疑問をぶつける平松君。尖ったが渋柿なのか・・・山形では逆なの?これも電通仕掛け!?「カラコンしたのにサングラス」、「白髪混じりで網タイツ」、「初日にぶつけたメルセデス」は歯切れの良い奉行です。「イメージ萎え萎え」では・・・「新陳代謝が凄い山本寛斎」「鼻の先からてんとう虫が飛び立つ高橋英樹」に納得して「海賊に簡単にさらわれて行く野々村真」というネタには、「早そうだね~」とロケ兄。先週辺りから火が付き始めた?「宅配便が来たので・・・杖の先に付いているハンコを使う内田裕也」の”杖ネタ”!「最近、転倒しましたよね?」と、敬愛する内田裕也さんの身を案じちゃうシリトシさん(笑)

「銭湯の籐の椅子に座れる?」 「直尻はキツい・・・洗ってるからいいのか?」

石鎚神社頂上社頂上に着くと、とりあえずお参り・・・だけど、本当の頂上はここでは無い。ここは弥山の頂上。石鎚山の真の頂上は隣の天狗岳である・・・ここはさしづめ昼食広場ですかな。ラジオネーム・ゆず彦っていい名前。「おい、ゆず彦」って呼んでみたいね!田園調布はスウェットで出ちゃいけない整い過ぎてる街?サザエさんの中島くんって、下の名前知らないよねぇ?「4文字じゃないですかね?」と平松君。正解は、「中島弘」でした!ジャパニーズスタンダード・・・「自動販売機で1円、5円は使えない」のはまだ未改良?「トイレットペーパー交換装置は何度読んでも操作方法が分からない」というネタに付随して「オシャレ過ぎるトイレは水の流し方が分からない」とトイレ談義。全部蛇口でいい。

「ロケ兄から62へ」:知られざる東急の歴史と「ZAPPA」の世界・・・芝エビとコンポタとこたつ

真の頂上は天狗岳弥山頂上から天狗岳を目指す・・・このナイフリッジを渡り西日本最高地点に立ちます。北壁のへりから下を見ると断崖絶壁!「雄弁は銀、沈黙は」という格言は・・・昔は「銀>」であり価値が”逆”だったロケ兄がこのラジオで話したそうですが、実はこれも逆?「早く言わなきゃ」と・・・ロケ兄は思ってたそうですが言いそびれてて。「ZAPPAで言うところだった!」と苦悩を明かしたロケ兄。と言うのも金ザッパ、銀ザッパ。「5時からはZAPPA」と次の番組の告知をする事がJ-WAVEナビゲーターの通例ですけどもロケ兄は1勝5敗?忘れぬ様に「メールで教えて欲しい」と懇願するロケ兄。「ROCKETMAN SHOW」には隙間が無い?放送時間は4時間だけど・・・紙の音は隙間でしょ。

紙の音?あれは”ペーパースクラッチ”だから・・・dj hondaもやってたから!

離合スレスレのナイフリッジを渡る「こちらはauです」、「こちらはNTTドコモです」の2連発で「4時起こ」はお流れ。東急の分社化と聞くと・・・どうしても羞恥心の”ブンシャカ”上地君を思い出すロケ兄。小田急・京王もかつては東急だったそうで、そこから暖簾分けして財閥解体、独禁法絡みだったんですね。松屋すき家吉野家から分社化したんだ・・・平松君は本当にこの辺のファーストフード業界に詳しいね。リスナーからはまたまた「東急の五島慶太は・・・」と東急談義が止まらず!すると渋沢栄一は不動産側?タモリさんはきっとこういう背景や知識を全部持ってるんだろうね・・・鍋パーティはみんな、二子新地に「東急の歴史」を噛みしめて来なさい。4時半(上述)ZAPPAから来たDJ AIKO62さんをおもてなし♪

「ロケ兄から62に代わるんですね」「加賀谷62はこの後家に帰らず行くの?」

天狗岳登頂(1982m)ここが標高1982mの天狗岳頂上・・・西日本最高地点もピークハントしました。この日の天気は晴れときどき曇りで登り始めはそんなに雲も無かったんだけどねぇ。登頂時はガスってきて下界の風景が撮れず。奇しくもマナスルでのイモトさんもそうみたいだったけども・・・悔しいんだよなぁ!いい画が撮れないとね!でも無事登れたんでま、いいか。あとは「命名お兄さん」をね・・・用水路の溝に100円玉を落としてしまうこと→「うっかりお賽銭」。お財布を片手に、焼きいも屋さんを追いかける事→「さつま陸上」ネタには「折りますか」とロケ兄。ポケットにティッシュ入れっ放しにしたまま洗濯機に入れてしまいグシャグシャにした状態→「ホワイトインベーダー」ネタには・・・「前にこの現象、名前付けなかったっけ?」とロケ兄。さて、運命の5時か近づき「このあと、5時からはZAPPA62!アイコ62!」と2回もリフレイン。大事な事なので2回言いました!ザッパ64?「ロケ兄からロクニー」というメールはお見事だったなぁ・・・「芝エビじゃ無くても、美味しかったら良しとしろよー」とか自分もそれでいいかなと思うけどね。「チャコペンのことをたまには思い出せよー」・・・あぁ、家庭科で使ったやつか。「そろそろ、ココアとコーンポタージュの季節だぞー」もね。コンポタは味は申し分無いけどカロリーが気になるよね。「立冬だから、もうこたつを出しても大丈夫だぞー!」・・・確かにここんとこ急にこたつを引っ張り出す時候ですね!

「”大”は別の瓶がある」: チョモランマ登頂16回の若者シェルパが途中脱落するも石崎覚醒

人混みの弥山頂上天狗岳から再び弥山山頂に戻ると、この大混雑!みんな昼ご飯をここで食べてます。天狗岳の頂上はスペースが無いからね。さて、石鎚山とは比べ物にならんスケールの11/10(日)「世界の果てまでイッテQ!」スペシャルは・・・世界第8位の高峰「マナスル」に登頂成功したイモトさんが超人過ぎる!同時に石崎Dのタフさにも驚き。「いつでも下りられる」ノンプレッシャーな身とはいえ、デスゾーンやC2は鼻歌交じりじゃ越えられませんよ。ましてマナスルは登頂成功率がエベレスト以下の20%なんでしょ?高地のエキスパートであるシェルパが早々と高山病にかかるとかはやっぱり想定外の出来事が目まぐるしい!5日後の天気を読んでアタックするとかね。素人ではとても無理!

今回は女性が3人いるっていうね。稀ですよ。恋愛禁止ですから!大城さん、貫田さんとすげぇ仲良いんすよ・・・イチャついてばっかだから!何かあったらすぐだから。クビだからね!下りてもらうからね。マナスル、てっぺん行きます

土小屋ルート分岐石鎚山二の鎖手前で成就社ルートと土小屋ルートとの分岐が有り、ここが運命の分かれ道・・・疲れに身を任せ道を間違っちゃうと後でとんでもない事になります。だから注意標識もハンパない!木段の端にも「これでもか!」と貼ってありますね~。でも「標高8163m」ってどんな世界なんだろ?マッターホルンが「1日頑張ればどうにかなる」レベルらしいし。忍び寄る高所衰退、体感温度-40℃・・・今回は(あわや車椅子生活から復活した)角谷道弘氏が同行してたのも精神的に大きかったんだろうね。あくまで「の楽しさを知って欲しい」とイモトさんに対し献身的な姿勢には頭が下がる。流石にお揃いの「森昌子ヘアー」はやめてたけど!神様・三浦雄一郎=最高の登山ヘア(笑)

もう泣きそうになってきて・・・横で「天国だ」って。何言ってんだ、このジジイは

石鎚山下山ゴール精霊の山”マナスルも主峰とピナクルがツインピーク状で由布岳の様な双耳峰なんですね。ベースキャンプ近くで雪崩が発生したり、おちおち高所順応でキャンプ地往復し赤血球を増やせないね。しかも石崎主任はメタボだし・・・氷河の横を歩くだけで息切れ?これが後にクライマーズ・ハイで覚醒するんだから分からないもんだ。暇な時間は石積み・・・イモト父は「じぇじぇじぇ」「倍返しだ!」とやっぱ普通のおっさんだなぁ。キャンプ1までは、3回目になると「近所のパチンコ屋に行く」感覚に!?イモトさんが極寒のテント内でポテチをかじる横で「天国だなぁ」と貫田顧問!そりゃ横でバカンス気分の人が居ちゃメンタル崩壊でしょ。これだから山男は・・・いや、”山ジジイ”は末恐ろしい(笑)

「(酸素ボンベは)これが肝心で、ここが氷で詰まっちゃう・・・」 「苦しいよ!」

下山後のカレーうどん石鎚山登山「お疲れさまでした」のお出迎え、実は入山前目ぼしいコンビニが無くて、昼飯を買わずに登ってたんで下山したら一目散にカフェカレーうどんを食べましたわ。まあ雪山はアイゼン付けてホントに過酷そうで、出来れば登りたくないね。クレバスにセラックに滑落の危険ばかり!歯の治療費に、カトマンズまでへりを飛ばして60万円・・・しぶしぶ「イッテQ」プロデューサーも承諾?前歯も抜いて捨ててるなぁ。行きはニヤニヤ、帰りは憂鬱・・・ベースキャンプにすぐとんぼ帰り。「えらい所に来てしまった」と、スリルと絶景が隣り合わせ。「いい映像をお届けしたい」と使命感を原動力に出来るんだ。行動は地味だけど迫力は伝わる。おいそれとカレーうどんを食えぬのがヒマラヤ



夜の道後温泉天気予報が急変!体力的にキツい”キャンプ2飛ばし”の決断・・・限りある酸素ボンベを担いでのデスゾーン突入。一バラエティ番組にあるまじき「生か死か」の世界だよね。登頂のアタックチャンスは1シーズンに2、3回。貫田氏も座ってるけど緊張してる?角谷さんも緊張の8000m級アタック。全員一丸となって「挑戦」の立場。クレバス渡りもパチンコ屋レベルに順応済み。天気は快晴だけど前日に降った雪がかなり深い・・・6000mのセラックエリア攻略。霧が出ると空気の通りが悪くなって、雪山でも真夏並みに暑くなるんだね。純粋にに取り憑かれてるわけではないイモト君・・・もう、そんな身じゃないっしょ。物好き・・・いや好きじゃなきゃ入れない領域に居ますよ。石崎君もね!

「角谷さんと一緒に頂上に立つ!」 「おめでとう・・・もうそれしか無いけども」

愛媛のB級グルメ 宇和島鯛めし自分は石鎚山に登った後、のほほんと道後温泉本館脇にある道後麦酒館愛媛のB級グルメ「宇和島風鯛めし」をかっ食らってました!のお刺身と卵をぐちゃ混ぜにするご飯ですね。地ビールともよく合って・・・あ、マナスルね。もう映像が飛行機で見る景色だなぁ。こんなトコに歩いて来れるんだ?キャンプ4から先も凄いナイフリッジだな・・・環境は過酷でも気持ちは明るい。頂上手前で引き返したアコンカグアの件もあるだけにあの無念は繰り返せない!夜明け前、マイナス15度の「比較的暖かい」中で最終日、遂に出発。酸素供給も減らし、雪深いルートに苦戦するも標高8000mのデスゾーンも突破し見事マナスル登頂!まさかの渋滞に「東京と変わんねぇよ!」は確かにね(笑)



2013.11.16[Sat]
国際親善試合 「日本代表 vs オランダ代表」


・日本代表 2-2 オランダ代表
(得点)【日】大迫勇也(44')、本田圭佑(60')【オ】ファン・デル・ファールト(13')、ロッベン(39')

W杯本大会でも想定されるランチタイムキックオフ、そして押し込まれる展開もW杯へのシミュレーション?前半、2-0で終われず(この日抜擢された)大迫選手に1点取られたので何か起きそうでしたが・・・More...


2013.11.19[Tue]
国際親善試合 「オランダ代表 vs コロンビア代表」


・オランダ代表 0-0 コロンビア代表
(得点)【オ】なし 【コ】なし

来年のブラジル本大会ではなるべくコロンビア代表と同じグループには入りたくないよねえ・・・球際に強い!つか、ガツガツくる。ついカッとなる。攻撃はワンパターン?なるほどベルギーも負けたわけだ・・・More...

テーマ:世界の果てまでイッテQ! - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2013.11.20(水) 07:24|
  2. 登山 + ROCKETMAN SHOW
  3. | TB:0
  4. | コメント:8


コメント

ははは・・・・(壊)
せるさん、ご無沙汰です。
昨夜の試合、腰を抜かしそうになりました。

今回選手されたメンバーに、ファン・ペルシー、フンテラール、リッキー、クラーシ、インディ、ワイナルドゥム、ファン・ヒンケル、スナイデルを怪我で欠いた上に、ナルシンフ、ドスト(選出外だが)も怪我上がりで、かなり苦しい事情があったとはいえ、それにしてもここまで酷いものかと、もう見ていて悲しくなってしまい、昨夜はほとんど寝れなかったです。
一番の原因は、ご指摘の通り、近年のオランダリーグのレベル低下にあると僕も思います。今のオランダリーグを見ていて、アヤックス、PSV、フェイエノールトですら突出したチームではありませんし、有能な若手が育ってもなかなか国内リーグだけでは経験が得られにくい状況にありますし・・・・。
例えばシームもそろそろアヤックスでもっとブレイクして欲しいんだけど、CLレベルになるとなかなか活躍できない。
暗いことばかり言っちゃいましたが、今は世代交代のために我慢の時期やと思ってます。オランダは、ドイツやイタリアのような決して常勝国ではありませんし、これから偉大な先輩方がきっと以前のような素晴らしいオランダサッカーに導いてくれるものと信じてます。
長くなりましたが、次のコロンビア戦も楽しみというか日本戦で期待を裏切った意地というものを見せて欲しいです。

HUP!HOLLAND!




  1. 2013/11/17(日) 14:59:14 |
  2. URL |
  3. アイアス #-
  4. [ 編集]

ヒヤヒヤ

アイアスさん、お久しぶりです。前が終わった時点でここまで肝を冷やす展開になるとは予想外でした!デヨングを前半でベンチに下げたのは戦術的な変更でも温存でも無く怪我だったんですね。それにしてもボランチにブリントを持ってきてたのはその場しのぎだったのか・・・無難にデ・グズマンと入れ替えた方が良かったですね。交代して入ったヴィレムスも負傷した様で、ゲンクのあのスタジアムはオランダにとって「呪いの地」だったのか・・・しかし日本人だからか?2点を追い付く展開に、胸が熱くなったりもしました!

シーム・デ・ヨングは去年のCLのマンチェスター・C戦みたいな活躍も出来るわけですし、周りに遠慮する必要は無いんですけどね。でも、彼が堂々と背番号9を付けてオランダA代表でスタメン出場するなんて(Oranjeにはファンペルシー、フンテラール、ファン・ウォルフスウィンケルと3人スピッツが居ますので)もう2度と見られないかもしれないないなぁ・・・と、この目に焼きつけながら見てました。ましてや弟ルークデ・ヨングを押しのけての「No.9」・・・でも、あの試合をビデオで振り返る事は無いな。結局、この試合で存在感を見せたのはラフィー、ロッベン、N.デヨングと”旧世代”のメンツで・・・いつまでもこれらの面々に頼れないので、新世代の台頭は本当に待たれますね。前半にキラーパスを連発してたストロートマンと、後半スーパーサブで荒削りなスピードを見せたデパイ辺りは大きく化けて欲しいです。日本戦のデパイを見てたら、出始めのアフェライを彷彿させたのですが・・・2014年以降、浮沈のカギを握るのは10代の選手。オランダ代表チームはどうしても年末、代表戦とリーグ戦の負荷でけが人が多く不振に陥るんで、コロンビア戦(H)はホームのアレナだし、大観衆と共に南米のダークホースを圧倒して欲しいですね!
  1. 2013/11/18(月) 16:15:29 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

お久し振りです

が、グチです 笑

代表も アヤックスも、良い所も
ありつつ…なんなん!? です 苦笑


正直、勿論 日本を応援ですが
途中から、逆転だけは 勘弁して
くれ~と…(日本相手に)
まぁ、チームとして 仕上がって
きたとは 思いますが
レギュラー以下 大丈夫なのかと…

伝統あるCFの系譜も
V・ペルシー以下、ケガを 抜きに
しても、皆 結果出せず…
中盤も、ストロートマン以下
ぎり、フェルと バクナくらいで…
DFラインも、期待のフェイエ組が
思いの外、あちこちで やられ…
GKも、確かに 同意だが
No.1が 身長の無いフォルム…

国内リーグのレベルの暴落が
激し過ぎて、国内で 活躍しても
海外だと サッパリ…
ここ1・2年の若手達、ほぼ全滅で
サッカー雑誌にも、ほとんど
出なくなった…

ベンチや 出戻りが、多過ぎ
プレミアユース組の 帰国なんて
もう…
しかも、チェルシーの3軍チームに
首位 奪われる有り様で…

希望が、6月に 無事か分からん
唯一無二のV・ペルシーと
ようやくプレイスタイルを
変えてくれたロッベンと
なんとか維持のV・デルファールト
だけでは…
(スナイデルは、機能しないし…)


アヤックスも、バルサ戦
やられるよ やられるよと、思って
いたら、バックパス やらかし
ほら~…と
後半は、蹂躙されると
数十分 スキップしたら、まだ
2-1で、だが 絶対やられると
諦めムードで 観ていたら
勝って、ッシャーて 興奮して
たら、絶不調ミランが
難航不落の地で、勝ち
結局、最終節は 勝たなくては
いけなくなり、なんやねんと…


W杯の組み合わせの件も
諸々、シード外に なり
さらに、フランスが
必殺のご好意にあずかり 優遇され
オランダは また、毎度の 死の組に
ぶち込まれるのかと…


久々なのに、こんな グチばかりで
ごめんなさい…
この国を、愛するが 故の苦悩かと
解っているのに…
救いは、せるさんが
V・デルファールトを よく書いて
くれてる位で…
(でも、ブログ内では 率直に
酷評も してやってください)
気が 滅入る書き込み
本当に、ごめんなさい
  1. 2013/12/05(木) 03:26:18 |
  2. URL |
  3. ラフィーファン #L8AeYI2M
  4. [ 編集]

フィイエノールトに喝!

ラフィーファンさん、例年11月のオランダ代表は低調なのが常だとしても、今回の2連戦は選手も揃わずファン・ペルシー、フンテラール、リッキー不在のCFの穴を一番埋めてたのがMFフェルだった?という程収穫の少ない試合結果になりましたね。日本戦で、期待のブリント「アンカー起用」がボロボロにやられてしまいましたが、その”糧”もあってか、CLのバルサ戦(H)ではそのブリントが見違えるような出来を見せいまだにバルサ戦勝利の余韻に浸り・・・日本戦の記憶はかすかに残っている位でして。「天国と地獄」な両極端ともいえるパフォーマンスを見せられると・・・ファン・ハールも今後ブリント息子をどのポジションで使うか?選択肢に迷うでしょうね。すぐ隣りに親父さんも座っているわけですし・・・倉敷さんは「ブリントはアンカーで使うべき」としきりに勧めてましたね。ここもいつまでもN.デヨング1枚に頼るのは(今回の様なケガでOUTのケースもあるし)ラフプレーも付き物でリスキーですし・・・デ・グズマンの6番起用は構想外みたいだし。クラーシの伸びしろもあるんで、W杯まで構想を固められるのか?微妙なトコですねぇ・・・。ブリントをあのポジションで使うとすれば、今伸び盛りのクラーセンをセットで招集した方が良いかなあ?

多分、ワールドカップは今回も「腕試し」な大会になると思うので・・・自分的にはオランダは過渡期ですし組み合わせ次第で上手いことベスト8ぐらいに入れれば万々歳かな?とも思ってますが。オランダ国民もこの前の日本戦やコロンビア戦を見ると、そこまで今のOranjeに高い目標設定も課さないと思いますし気楽に見られる大会になるでしょうね・・・まあ優勝戦線には絡めんでしょ。南米だし・・・やはり今の時期W杯の組み合わせよりも翌週のCLミラン戦(A)で頭がいっぱいになりますよね!フランク・デ・ブールがゴタゴタ真っ只中のバルバラミランにとどめを刺せるのか?ただ、スキャンダルまみれの時のセリエ勢は本当に怖い!というのも身にしみて分かってるから・・・どこまで”新ヤング・アヤックス”が食い下がれるかどうかでしょうね。最近、90分通して安心できる試合が無いので・・・欲を言えば安定した試合が見たい。それにしても今季は、序盤コクーPSVにフルボッコされた時点でとても優勝は無理だと思ってたんですがアヤックスというチームはどこできっかけ掴むかホント分かんない、ミステリアスなチームですよねぇ(笑)

ラフィーについては、全盛期を過ぎたとはいえ自分の中ではどうしても「ほっとけない」人なんですよね!前回の南アW杯でOranjeの10番と言えばスナイデルだ!というのが揺るぎ無いものにはなりましたが日本戦の2点目でしたか?ロッベンに渡したあのダイレクトボレーでのサイドチェンジとか、1点目決めたシュートの反応の速さもありましたけど・・・あの攻撃的・創造性センスは今でも錆ついてないし、ああいう「エンジェルさ」がいまだオランダ代表ファンを虜にしてくれるわけで。ただ、守勢に回った時にラフィーはどうしてもプラスにならないという、ラフィー起用の「功罪」が如実に出てしまった試合でもありましたけど。ロッベンはまさしく”ネクスト・ロッベン”として、また絶頂期を謳歌してましたが・・・ドイツ杯でまた大怪我をしてしまったようで心配ですね。ファン・ペルシーの回復も遅れているそうで、ここにきてOranje選手のバッドニュースが目立っている・・・ぶっちゃけ、W杯はどんな「超死の組」になってもいいんですけど(笑)

国内リーグの低迷っぷりについては、この前のアヤックスの大金星がエールディヴィジにひとすじの光をもたらしてくれればなぁ・・・と思いつつ。あと、前から言ってますが・・・PSVはともかく、フェイエノールトはもっとELなりCLなりで活躍してもらわないと困りますよね!オランダ代表選手を何人も抱え、また未来のA代表選手もどっぷり揃えているクラブなだけに・・・「デブールに負けるな!」とR.クーマン監督の奮起を促したい。アヤックスだけじゃ無くフェイエがVS欧州に対して自信を深めれば代表も一歩成長するはずと思ってますので。本当なら、今季はフェイエノールトがぶっちぎりで優勝してもらわないとダメ。と言いつつデ・クラシケルではやっぱりアヤックスを応援してしまいますけども・・・ここいらで黄×黒の”チェルシーの下部組織”に3強がひと泡吹かせる位のリーグにならんと盛り上がりませんから!って、目下フィテッセ戦3連敗中でアレナでもヘルレドームでも勝てず、一番歯が立たないのがアヤックスなんですけど・・・(爆)
  1. 2013/12/05(木) 14:01:23 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

煮えきれ無く…

バロテッリの あのPKさえ…
セルティックは、ホームで
負けないはず…
今のミランの 脆弱ぶりなのに…

と、何でだよ…と 思ってましたが
チャンスあげましたよね?
…て、言われてるみたいで

スナのゴールに、大興奮し
ナポリも 散った中、何故
このミランを 仕留められない…

言い訳 考えたけど、もう
実力不足だと…
弱いしぶつけるしの パス・シュート
のキック精度の低さ
退場後の サポのブーイングに
たじろぐ姿
少し前のロッベンの様な
独り善がりのフィッシャーはじめ
助っ人で無い 外国人達

また、E・Lで 強豪をぶつけられ
終わるのかな…と
バルサ戦の あの感動は、どこ?
て、感じで…

PSVの試合も 観たけど
どこぞのチームに、まさかの敗戦
期待の ヴィレムス・ズートも
全然駄目、マヘルのシュートは
不思議な位 いつも入らなく
個人的に 期待大のデパイと
ナルシング(ケガ明けだが)も
予想した程の伸びも 無く

この2試合で、アヤックスとPSVが
放ったシュート 計44本→得点0
という…
しかも、突破したのが
オランダ人ほとんどいない AZ…

やりましたねー
て、語り合いたし!


で、W杯の抽選も 終わり
スペインの所に「ネザ-ランド」
と コールされた時、ピキッと
凍りつきましたが
何気、いいんじゃないかと…

スロースタートのスペインに
必死のドローに 持ち込み
スペインと いい勝負するチリに
健闘を 期待し
後は、得失点勝負なら
オランダにも、分があるかな…と

グループリーグ もしやの1位!
と、シミュレーションした結果
前向きになったのだが
準々決勝で、まさかのDの1位と…

ま…まぁ、準々決勝は どこも強いよ
と 思いつつ…

よし、確かに 将来への布石の場だ
もう 欲はかきませんと、言い聞かせ
2016の ヒディングオライエに
期待だ!

しっかし、さんざ やり合った
ブリと バロのユニ交換には
思わず、二度見した~
  1. 2013/12/15(日) 18:49:08 |
  2. URL |
  3. ラフィーファン #L8AeYI2M
  4. [ 編集]

ELベスト32は「アヤックスvsザルツブルグ」

ラフィーファンさん、PSVのEL敗退には開いた口も塞がりませんが、アヤックスもねぇ・・・ミラン戦前半は予想以上に選手の動きがキレてたので「こりゃ値千金のアウェイゴール取れるな」とワクワクしたんですがモントリーヴォ主将の退場がかえってミランの守備を堅固なものにさせてしまいましたね~。ああなれば長い”文化”も”歴史”を併せ持つミランにアヤックスもお手上げ・・・しかし、欲を言えばあそこをこじ開けて欲しかったんですけどね。F.デ・ブール監督は「アンチサッカーの勝利だ」と負け惜しみを言ってましたがあれは論外で・・・アヤックスもバルサ戦の後半は10人でドン引きして「獅子のハートをもって戦った!」と褒めてたでしょと。そもそも、第2戦を1-0でフィックス出来なかったツケ、さらに第3戦のセルティック戦を取りこぼしたしわ寄せが第6戦にかかってしまった訳で、ミランに守り勝ちさせるようなシチュエーションを作ってしまった事を悔やむべきかと。アヤックスはここ3シーズン位連続してCLに出て、常にあと一歩でGL突破を逃してるんですが・・・結局6試合を通しての戦いぶりが未熟というか、不安定なんですよね。まあ今季も判定に泣かされた場面が少なくなかったけど。主審との駆け引きもいい加減覚えないと(爆)

>また、E・Lで 強豪をぶつけられ 終わるのかな…と
>バルサ戦の あの感動は、どこ? て、感じで…


審判にケチつけてると、また来年も嫌われますしね・・・もう1つ気になるのは「嗚呼、CL惜しかったな」と言いつつELになるといつもあっさり敗退してしまうアヤックス。ここでふて腐れずに上位進出しないと・・・エールディヴィジがいつまでも地位向上しないですよね。だから来年からのELはリーグ戦と同じ重みで臨んで欲しい・・・アトレティコやポルト、シャフタールもELのタイトルを獲った上で今が有るわけで。でも、リーグはフィテッセに完全に主導権を取られてしまってて難しいですが。条件は異なるものの「バルサを負かしたクラブ」としての自負は持って、せっかく挙げた大金星を年明けにも生かして欲しいものですが。それにしても、クラーセンは本当に自信を付けてきてて、中心選手としての自覚も出てきて(フィッシャーもうかうかしてられない程)頼もしくなりましたよね!A代表デビューも時間の問題なんじゃないですかね?

>スロースタートのスペインに 必死のドローに 持ち込み
>スペインと いい勝負するチリに 健闘を 期待し
>後は、得失点勝負なら オランダにも、分があるかな…と


W杯は、おっしゃる通りスロースターターの王者スペインと「初戦」でぶつかれるというのは多少なりとも好材料ですよね。シュートを20本以上撃たれて結局スコアレスドローなんて、あるかもしれないし。ただどう転んでもオランダ代表の方がポゼッション上回れるとは思えないし、不用意なバックパスでどんどん失点を積み重ねて・・・それが豪州戦、チリ戦でも悪影響が出る戦いぶりだけは勘弁して欲しいですけど。ファン・ハールもスペイン戦に全力を注ぐのか?残り2戦に突破の望みを賭けるのか?明確なビジョンが求められますね。死のグループDの勝者だと、盤石の王国ブラジルよりもグループリーグでの疲弊度を鑑みれば付け入るスキはありそうなんですが・・・Bグループの首位通過というのも3すくみになれば(笑)

>しっかし、さんざ やり合った ブリと バロのユニ交換には
>思わず、二度見した~


次期監督はヒディンクやってくれますかね?セードルフがこの後ミラン再建すればセードルフ代表監督の線も・・・カリスマ性を重要視するとベルカンプとかどうなんでしょうか?ファン・ペルシーが「大きな影響を受けた」と公言しているファン・バステンの「2期目」も有り得るかもしれませんけど・・・で、それ!それ!試合後のブリントとバロテッリのユニフォーム交換シーン!ラフィーファンさんも心を動かされましたか?自分もあのシーンが一番「胸熱」なシーンでした!自分は巻き戻して”五度見”くらいしましたね!あれで「色々あったけど、もうバロテッリは許した」とまで思っちゃってね・・・あの黒人選手は憎たらしいけど何か愛嬌あるのは”ツンデレ”な部分があるんでしょうかね。デブール監督が最後にファン・デル・ホールンをピッチに送りだしたのは、あの第2戦の「リヴェンジ」を果たして欲しい願いもあったとか?でも、残り10分まで自分たちのスタイルでクロス入れて愚直にやるんだったら、パワープレイに走らずに最後まで貫いて散ってほしかったんだけどなぁ。しかしバロテッリと本田選手って相性合うのかなぁ?ロビンと香川選手は微妙?と言われてますけど。願わくば、スナイデルと長友選手みたいな関係になれば嬉しいですよね・・・
  1. 2013/12/16(月) 16:23:38 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

確かに、ミラン始め "歴史"に
臆する所が、最近 目立つ様な…
少し前の PSVなんて、ガンガン
CLで 勝っていて
アヤックスも、歴史は 持っているし
オランダという 看板も、あるはず
なのに…

で、クラーセンいいですね
最近の若手連中の ハンパ無い
伸び悩みが あるので
油断出来ないですが、ここ何ヵ月の
彼は、こんないい選手なんだと
思ってました
フィジカルも アップした様な…


W杯は、上手い事 得失点差で
1位通過のベスト8で
個人的に ずっと嫌いなイタリア
を、キエッリーニを 粉砕して欲しい
それか、ほのぼの ペル・ルニ対決で
ウルグアイは 避けたく
ブラジルは、イロイロ無理だから…

監督に 関しては、ヒディングは
安心だけど、確かに 若手(?)監督も
出てきて欲しいですね…
オランダは、監督も
出てきて無いから…


実は、二度見と 書いたが
オレも もっと繰り返していて 笑
コマ送りで
"どっちが、言い出しっぺ"かを
探ってました 笑
バロは ねぇ、イジメをしていた子の
所に、乗り込みに 行ったり
いい所も あると
オレも、思うんですがね
この前、今度は ストロートマンと
やり合ってましたね…あいつ 笑

まぁ、本田とバロは 大丈夫と
踏んでます
本田は、結構 気ぃ遣いだから…
  1. 2013/12/20(金) 01:31:45 |
  2. URL |
  3. ラフィーファン #L8AeYI2M
  4. [ 編集]

スペイン「2位じゃダメなんですか?」

ラフィーファンさん、バロテッリは「男気ジャンケン」メンバーの中に居てもおかしくないキャラですねぇ(笑) そして本田選手も・・・どうやらオランダ代表N.デ・ヨングが「彼は左足が使えるいい選手だ」とミラン入りを大歓迎しているそうで・・・確かに本田選手加入で彼への負担も減るでしょうね。武闘派ストロートマンは血の気が多いですもんね・・・スパーズ次期監督の噂が引き金になって、ヒディンク氏がオランダ代表の次期監督候補筆頭に挙がっているとは存じ上げませんでした。そういやコロンビア戦(H)もアレナに見に来てた覚えが・・・やはりキャリアの最後にもうひと花咲かせようか?という意気込みなのでしょうか。彼の超攻撃的采配ならイタリア・スペインにもひと泡吹かせそうな感じですね。2バックとか平気でやるし(笑)

>で、クラーセンいいですね
>最近の若手連中のハンパ無い 伸び悩みがあるので油断出来ないですが、
>ここ何ヵ月の彼は、こんないい選手なんだと思ってました
>フィジカルも アップした様な…


で、クラーセンなんですけど・・・ひと回り大きくなったというか、大黒柱のエリクセンが海外に去って自分の「持ち場」がハッキリして才能を開花させてるんでしょうかね?ベルカンプが代表引退した後スナイデルが成長したメソッド的な・・・思えば(ラフィーファンさんも言及されてますが)マヘルにPSVへ逃げられたのも「もしマヘルがアヤックスに来てたら」と考えると、今ごろブリント、マヘル、クラーセンの欧州を席巻してく「黄金の中盤」が出来たのかもしれない・・・セレロでも役不足では無いんですけど。まずステップアップはELから・・・幸い、今回はザルツブルグ、バーゼル、マッカビテルアビブとベスト8進出も不可能では無い組み合わせになりましたしね。W杯は「1位じゃなきゃヤバい!」とプレッシャーがかかるスペイン代表の足元を掬いたいですね。それにしても、アヤックスの「10番」正統後継者・クラーセンにもうアーセナルが目を光らせていて・・・ベルカンプ→ベンゲルルートで獲得を狙ってるとか?エジルのバックアッパーに?ファン・ペルシーが歩んできたFWコースか・・・プレミアクラブは本当にツバを付けるのが早いもんだ(爆)
  1. 2013/12/20(金) 12:34:51 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/290-253ca94a

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。