Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#294】
「Step to the New World」 最南の雪峰・高千穂峰

天の逆鉾9 O'clock, 歩きだす straight to the top, 限りなくまっさらな、・・・宮崎・鹿児島の県境にまたがる霧島連峰・高千穂峰はおそらく、日本最南端の”雪峰”だ。まさか、2日前に行った英彦山よりも白いとは・・・この前も「ここが九州?」と半信半疑だったのに「え?高千穂峰ってスキー場だったっけ!?」だもんね。まさか、こんな雪山に仕上がってるとは思わずに、準備段階では「アイゼンとか要るのかな?一応持ってくか」ぐらいの気持ちだったんで度肝抜かれました!なんとこのせるは喜び駆け回り♪ですわ。本や写真で見る「アルプス」みたいになっているとは思わなんだ!ご存じの通り・・・高千穂峰大山富士山同様「独立峰」なんで、周りに雪を遮るが無い分”雪化粧”するとそりゃもう美しいのですよ。今回はそれを写真でおいおい紹介しますけども・・・まず、「これがとにかく見たかった」高千穂峰のシンボル”天の逆鉾”だ!私めが好きだった力士逆鉾(現・井筒親方)でしたが・・・の頂上にこういうモニュメントがあるのが格式高いよね。正直、登っている時には「もし天ノ逆鉾が雪で埋まってて見られなかったらどうしよう」と心配しましたが幸い稀有に終わりましたよ。かっけーな・・・雪に照らされる天逆鉾も。



「雪の高千穂河原」:スタッドレスで霧島・えびの高原縦断・・・AM9時高千穂河原は銀世界!

霧島・えびの高原の冠雪この日の霧島えびの高原は積雪25cmと南国らしからぬドカ雪で・・・えびの高原も小林方面からの道は封鎖されて全面通行止だったそうです。ことえびの高原周辺の道路もバッキバキに凍ってて・・・ホントにブリザック様々でした!全然お尻がブレないし吸い付きが違う!冬の行動範囲を広げてくれるスタッドレスタイヤは偉大。自分はスキースノボの類はやらないんでね・・・今度そっち方面にも手を染めようかな?まぁ手軽に行ける雪山も貴重だよね。先週「世界の果てまでイッテQ」で、今春イモトさんのエベレスト登頂日程が発表されてましたけど・・・1回登るのに2ケ月かかるんだね。選ばれし人しかこの挑戦権は掴めないしスケジュールも組めぬ・・・まさにハリウッドスター級だな!

昨年の9月に登った霧島連山の最高峰・韓国岳については・・・【#283】「5時に夢中」の記事に書いてます。

高千穂河原入口韓国岳に登った時もえびの高原にこの標識ありましたけどカッコいいね。高千穂河原ビジターセンターに着いたのが9時。そう、9 O'clock・・・駐車料金は410円也。夏場は登山客のみならずキャンプ客で大混雑する高千穂河原もこの日は駐車スペースに余裕アリ!高千穂峰へと向かう登山基地で冬山装備を備えて登山準備。こりゃアイゼンも(インナーに着る)フリースも用意しとかなきゃね・・・あとでピッケルやストック類を準備しなかった事に激しく後悔する事態になるのですが・・・それはまた、別の話英彦山では悪天候で雪の踏み跡を見失って冷や汗をかきましたけどこの高千穂峰でもまた一味違った”冬山レッスン”を受けてまた一回り成長しましたよ。これが独立峰の”洗礼”か・・・

登山道入口の鳥居大山とか富士山とか、北海道・東北のまで行かなくても高千穂で色々勉強出来たのは大きかっただろうね。今後大山富士山を目指す時に後ずさり?尻込みをしなくて済むからね。さて、この大鳥居が今回の”授業”開始。もうこの時点で新雪に足がズボズボ入っちゃうのです。先行くお子さん連れのファミリー登山客は大はしゃぎ。この天気めったに見られない?高千穂峰のこの雪景色を、オトナになっても忘れるんじゃないよ・・・というか、自分はこの積雪25cmの・・・白銀の高千穂河原しか知らないんですケド。高千穂峰って、ザレ場・ガレ場の砂礫がガンガン靴の中に入ると聞いたからスパッツ履いたんですケド。冷たい雪がこんなに靴に染み込んでくるって、聞いてないんすケド・・・

霧島の積雪25cmこんだけのパウダースノーは、北海道・東北とか長野とか山陰にしか無いと思ってましたがな。九州から修学旅行で蓼科にスキー旅行に行った時・・・転んでも痛くない長野のふっかふかのパウダースノーにいたく感動しましたけども九州のも捨てたモンじゃ無いっすよね。おそらく普段の高千穂河原だと、しょっぱなから砂場の上をジャリジャリと歩くんでしょ?そう思うとこの辺はまだ腰に優しいですな!とはいえ、ここはまだ”参道”であり登山道にも入ってない。登山道に入るとを抱えた木々がお出迎え。重くて枝が折れそう・・・こんなに両手にガッツリを持つなんて無いコトだろうしね。樹木は自分で雪かき出来ないしね。それを「樹氷」などと呼び、他人事の様に有難がる人間の姿よ!

「冬山は交響曲」: 自分は作曲出来ずただ恩恵を受けるのみ・・・我は”佐村河内守”なり(爆)

振りかえると雲の上・・・青空と雲海30分も登ればもう雲の上。霧島に浮かぶ雲海を真後ろに見る事が出来るようですよ。飛行機の窓から見るような、抜けるような青空も気持ちが良かったですね。中国からの例の”贈り物”も、前日の雪で地面に落とされたのかなぁ?しっかし、これから憂鬱な花粉の季節も幕開けなのに・・・その上PM2.5とやらが舞い散るとなりゃ我が目が限りなくシッパシパですわ。どうにかガード出来んかな?この日は雪焼けしないように高千穂河原でUV日焼け止めを塗ってカラーサングラスかけてたけど・・・これは準備しておいて良かった。この日出会った人の中で、全く冬山準備せずに登ってた人も居たしね。雪が深すぎて(自分とは反対側のルートからでしたが)腰上までズボッとハマったそうで(笑)

雨の日は滑りやすいので注意いや、「雨の日は登山道が滑りやすくなっています!」とかそういう次元じゃないんだって・・・こういう看板の下半分の文字が隠れる位ですから、2月11日(火・祝)の積雪量も相当でしたわ。「STEP TO THE NEW WORLD」ってこの日は自分にとっても新しい世界に踏み出す”祝日”となったワケですが。思えば去年・・・への目覚めとなったゴールデンウィークの尾瀬ハイク。夏山ルックで雪山へと放り出され全面スケート場のような鳩待峠の山肌斜面をツルツル滑りながら進み・・・半泣き状態で照り返しも強い白い平原を歩き「もうたくさんだ!まともなに登りたい」と心折れたあの頃も今や昔・・・年も変われば雪に埋もれたを見てテンション上がり、そこに進んで行くというね(笑)

登りは右斜面を利用しましょう「登りは右斜面を利用しましょう」って看板も・・・ここまでがハイキング感覚で、ここが地獄の1丁目。雪の高千穂峰、御鉢外輪の急斜面で一気に牙を剥きます。足を滑らせてすってんころりんしたら奈落の底。ここが一番キツかった。前の人が踏み固めてくれた道に感謝し、ラッセルしながらじわじわと登り”ステップ”を作り、次の人に託す・・・これが雪山のバトンリレー。冬の山に付いている踏み跡は決して最初っから付けてある訳じゃなく、幾度となく試行錯誤してこの道を切り開いてくれた先駆者の方々が居るわけです。いわば、登山が一つのメロディであるとしたら・・・この道を作った人は「作曲者」です。自分は身を削った新垣さんに感謝する、佐村河内守さんの立場に過ぎないのです(爆)

ラッセルしながら斜面歩きこの踏み跡のおかげで、道に迷う人も遭難事故に遭う人も減る・・・そういう見方をすると冬山も実に奥深い。九州じゃなかなか出来ない経験が出来る・・・この日に高千穂峰を目指したのも、ある種”運命”だったのかな?いや~、でも道しるべがあるとは言え・・・それを辿るだけでもすっごく難しいのよ。しかもピッケル、ストック無しで両手ぶらぶら。少なくとも次・・・冬の大山行く時はピッケル持参だ。だけど冬山たのしい!車のスタッドレスの効力とかも一緒だけどアイゼン着けるだけで安定が全然違うし。世間は(東京の大雪など)もう雪を見るのもウンザリでしょうが・・・自分はむしろ逆で、雪の季節が終わっちゃうのが凄く口惜しい!もっと雪と戯れたい。雪を学びたい。まるでだな・・・(笑)

「ネイチャージモンの教え」: 10km先の会話は聞こえないけど・・・自然と身体づくりの日々?

雪山の足跡これが九州の山なんですよ?九重じゃなくて南九州だよ。信じられますか・・・普段から高千穂に登ってる人の方が信じられないのかもしれないけど。でも、こういう足跡って「どこかで途切れてるんじゃないか?」と(先が見えない)上り道では不安が付きまとうんだよね。前の記事で書いた英彦山での苦い前例もあるし。でも高千穂河原~御鉢~霧島東神社(高千穂峰山頂)へと行くコースは一本道で、ほぼ迷う事はありません・・・夏場はね。冬は特にGPSを持ってた方が安心ですね。この日は雪が降った翌日で、天候も快晴で気温もほどほど低くて安定してましたが・・・これが降雪日とかなり間が空いて、気温が上がってくると雪崩の心配もあってクラック(亀裂)の恐怖が加わります。

斜度45度?そんな”地雷”の心配は無いけど・・・この傾斜はやっぱり足に堪える!「ぺっこり45度」に近いんじゃないかしら・・・無雪期でもこの斜面を、砂の地面で足を取られやすい中登らねばならない難所なんでしょう。標高1400mなんで息も切れやすいんですよ。酸素が薄くなって頭がボーッとなる・・・自分はこの状態が「高地トレーニング出来て良い環境だ」とポジティブに捉えてますね。スポーツジムでは付かない所に筋肉が付くんです。ジムでは主に見た目の良い所に肉が付きやすいけど、では生きる為の筋肉が付く!そして薄い空気の中でカロリーを消費するので・・・心肺機能が鍛えられて、平地ではスタミナが付く。ジムのマシンとのアスレチックジムを併用してる昨今です(笑)

お鉢にも雪無雪期の標準タイムとは倍の時間がかかりましたけど・・・無事、御鉢に登れました。そして高千穂峰の御鉢もこんな真っ白に・・・器の色が鮮やかに変わってます。御鉢周りは傾斜角度も無くホッと一息、ハイキング気分に戻れます!雪も無ければね、高千穂峰の登山で肝を冷やすシーンも少ないんだけどな。横目に中岳新燃岳韓国岳方面を仰ぎ見る”ゆとり”も出てくるしさ。だけど霧島連山の中でピカイチに雪化粧してるのは・・・やっぱ、この高千穂峰がダントツで”美人”ですね。御鉢を抜けると、艶やかなりし高千穂峰のおしろい姿の全容も目に入ってくるんですよ。「うわぁ、綺麗だな!」と感嘆するか?「ああ・・・もうひと山あるのか」と落胆するか?自分はむろん前者ですが(笑)

足を踏み外せば奈落の底うっかり隣のに目を奪われて足を踏み外すと滑落も・・・御鉢の”へり”もそんなに広く無いですから。今回は季節柄行動食にチョコレートを持って行ったんですけど、すっかりザックに入れてるのを忘れてて。あの登って来た急斜面で立ち止まって水を飲む余裕すら無かったからね。あるいは山のエキスパート・ネイチャージモンを見習って、バナナの1本でも持って行った方が良かったかなぁ。「バナナ1本で山をあとどれくらい歩けるか分かってくる!」と言い放った寺門ジモンさんの名言?も・・・今となっては身に沁みる!そうだったのか・・・山登りでは、限られた食料を最大限に生かさねばならぬ。レジャーであり、かつサバイバルだ!そういや、登山始めてに刺されなくなったような・・・(笑)

「私の青空」: プチ”白い魔境”と化した霊峰・高千穂峰も、山頂では穏やかな表情でお出迎え

高千穂峰頂上への道そういや(高千穂峰は鹿児島県側に属しますが)霧島山は宮崎と鹿児島との「県境」に跨っているな・・・ひょっとしてネイチャージモン御用達の、良質なオオクワガタの産地?夏場は霧島一帯の原生林が”穴場”かもしれんな・・・と、そっちはともかく遂に高千穂峰本峰へのスタートラインが見えました。小さな鳥居があって、そこからジグザグ状に上がって行きます。遠目から見てみるとまさに登山道が、スキー場で描かれるシュプールのように見えるのです!そして、そのてっぺんにはね・・・憧れの「天ノ逆鉾」がある高千穂峰の頂が。がぜん”ピークハント”達成にやる気が出てきました。標高差は100mちょい・・・こっちの傾斜はそれほどキツくない。けど雪はかなり深く崩れやすいぞ!

新雪もますます深くなる青森・八甲田の酸ケ湯温泉とかね、よく大雪のニュースで出ますよね。あの辺はこんな雪道を歩いているのかな・・・南九州高千穂峰の2月が豪雪地帯の雪景色にほど近い。麓の霧島温泉街なんて雪はほぼ積もって無いのですよ?天空の別世界でございますな。なお、この辺にてヘルメット作業着姿で登山道を保全してる観光協会?のパーティとすれ違いました。こういった方々が霧島連山の道しるべを守って下さる事により、われわれ登山者も安心して登山を楽しめるのであります。でも、この一帯は雪の踏み抜きも多くて、油断してると足を下に持ってかれますね。なのでラッセルもより慎重に・・・まじピッケル欲すぃ。本当ここが最後の踏ん張りどころ!雪のウイニングロードですよ・・・

大気汚染も無い、澄み渡るような青空ほら、もう頂上が見えた!そして大気汚染もどこへやら?澄み渡るような”戻らない青”が惜しみなく広がっていた!前日までの大雨?雪からすると・・・ここまで雲ひとつない青空は予想外でしたね。こと前日まで下界で吹き荒れた強風も全く止んでいる・・・天は我に味方したのだ。雪山の実地講習もホント勉強になりました。とはいえここは九州で気温も程ほどに暖かく、凍傷の心配とかも無いと。無事にここまでこれた事に感謝。しかも(先日の英彦山四王子滝山行もそうだったけど)普段の週末ならば山頂は大混雑で賑わってただろうけど・・・雪のおかげか祝日にも関わらずガラ空きで、この大パノラマをほぼ独り占め状態!今回、勉強になったのは「山は雪の日が”狙い目”だ」って事か?

「山ごはん」: 頂上に着いたらカップヌードル&食後のコーヒー・・・ゆくゆくは夢の山カレー?

高千穂峰頂上に到着朝4時に起き、はるばる4時間かけて高千穂河原入りして午前11時30分、日本最南端?の雪峰・高千穂峰登頂!大部分が雪に覆われてますけど、ここが「天孫降臨の地」石碑やアンテナみたいなポールも建ってますね。そして、頂点に鎮座するのが天逆鉾・・・これが見たかったのよ!思う存分別角度でも天逆鉾撮りまくりました!散策すると山小屋とか携帯トイレスペース(天空のトイレ?)も備えてあるんですね~。ちょうどここで反対側の宮崎県高原町・皇子原公園方面から登って来られた宮崎県の登山者の方と遭遇しました。高原町側から登ってくれば余計に雪が積もったらしい・・・御池(霧島東神社)側から登っていくと、ミヤマキリシマ群生地があり、春先はこっちコースもアリ?

天逆鉾は霧島のシンボル続いてご夫婦と娘さんの家族3人で登頂された方と、男性2人組のコンビが登って来られて・・・山頂で、思い思いにコーヒーとかカップうどんを堪能されておりました。自分も今月ジェットボイルを買ってからというもの、ミネラル水を持参でカップヌードル&食後のコーヒー1杯がお決まりでありんす。山頂とかでは余計にお湯が早く沸くんだよね!幸い(九重・中岳山頂のような)強風も無くて・・・安心して山ランチの下準備に取り掛かれましたよ。ジェットボイルは手軽で沸騰も早く便利だけど、沸かした後の後片付けがパズル感覚つか、ジェンガ感覚というか・・・バーナー類をちゃんと収納しないと蓋がうまく閉まりません。閉めないと帰りにザック内で中身が暴れてガチャガチャするしね(汗)

雲海とカレーヌードルで乾杯高千穂峰の山頂から都城市方面を望み、広がる雲海を眺めつつカップヌードル・カレー味にがっつく・・・これこそ「雲海 de カレーヌードル」。冷えた体にカップヌードルは相性抜群ですわね。前回はしょうゆ味、今回はカレー味にしたから・・・今度はカップヌードルの”何味”にしようかな?スタバのカップコーヒーも在庫が切れたから、また買っておかなくちゃ。本当は(蛭子さんじゃないですが)山の上でカレーライスが食べたいんだけども・・・キャンプみたいに飯盒を持って行くのも何だし、お湯で戻せるアルファ米は臭いがあるみたいだしね・・・「日清カップカレーライス」とかお湯だけで作れればいいんでしょうけども、電子レンジで作るんだよね?”山カレー”はまだまだ夢の段階だな(笑)

「メディアの暴力」:ネットの記事は消えず、でたらめも真実に・・・下りは緊張の上りと逆に順調

高千穂峰山頂小屋(閉鎖中?)山頂小屋は人もおらず、扉が閉まって「閉鎖中」でした・・・この天候じゃ当たり前?でも頂上が晴れてて良かったね。ここで大山弥山山頂みたく天候不順だったら、こういう小屋が無いとご飯もままならんし。家族連れの方を見ると登山で築かれる「」がうらやましくもありますな。将来は山登りが出来る旦那さんを見つけてこられるのかなぁ・・・しかし「富士山で挙式!」とかよく聞きますけど、事故とかどうなんだろうね?おっと、そろそろこの天ノ逆鉾の上空もガスってきたぞ・・・風雪に見舞われない内にズラかろう!およそ1時間の”空の旅”も終了し、あの延々登って来た急斜面を今度は下らねばならないのか・・・ヘリコプターを出してくれないかな?いいや。何百万も取られるから・・・

急にガスって・・・山の天気は変わりやすいあんな晴れてたのに、一転この曇りよう・・・月並みですが山の天気は変わりやすいのです。下りは思った程ツラくは無いですね。いざとなりゃお尻で(ソリみたく)滑っていけばいいんだから。やっぱり日中で気温が上がっているのか?そこかしこに地肌が見えてて雪道もズボズボ脆くなっててスムーズに下山出来ますわ。御鉢も天候は優れないけどサクサク進めてね・・・下りは標準タイムにほぼ近い1時間ちょっとだったもんね!2/12(水)の「相棒season12」第15話「見知らぬ共犯者」・・・かつて女優志望だった娘をメディアのバッシングによって失った大倉(中山仁さん)は同じく山路の叩き記事に苦しんだ経験を持つ俳優・有村(天野浩成さん)のゴースト殺人者になろうとしたんだね。

「HOT1は山路さんが所属していた釣り愛好家のグループ名です。これを鏡に写すと・・・”ITOH”と読めますね。そう、あなたは鏡の中のこの(トロフィーの台座の)文字を読んだんです・・・書斎から、鏡の中の殺人を目撃したんです」

下りの斜面は幾分ゆるい娘・大倉奈津(中山絵梨奈さん)は生前、有村との共演を熱望していた。その想いを知っていた父は真犯人となった見知らぬ有村をかばい”運命共同体”となった。右京さん水谷豊さん)が身代わりを見抜いたカギは「HOT1」・・・鏡越しに見るとITOHになる!釣りのトロフィーで実際に殴ったのなら「イトー」(幻の魚)とは読まないと・・・さてさてこの急斜面を降りるんだけども、一番キツかった”地獄”の斜面登りに比べりゃ何てこたぁ無いっすわ!ここで両手にストックを持った単独女性と抜きつ抜かれつになったんで結局、道をお譲りしました。とりあえず天気は持ったかな。帰りは霧島温泉郷方面の雲海もモヤッて残念だったね・・・最後まで天気がピーカンだったら言う事無かったのに(爆)



桜島にも冠雪斜面を一緒に下りた女性にも話を伺うことに。山の中ではネットの力など無力で、直接他の登山者さんに話しかけて情報交換するのも大切なツールなんだそうで!この方は(えびの高原から先が通行止めになっていた)小林市から来られてたそうで・・・御鉢に上がってちょうど曇りになって高千穂峰登頂はせずに、諦めて引き返したんだそうです。なら、あの青空も絶景もスルーでしたか。そりゃ勿体ない。街ですれ違えば声をかけにくいんだろうけどね、山道だと気軽に話せる不思議。「を好きな人に悪い人はいない」錯覚からでしょうか?「相棒」でもそろそろ登山殺人ネタが出る!?「容疑者Xの献身」の石神も、山登りしてたっけ?この日は珍しく鹿児島のシンボル桜島も冠雪してました!

「FA、Y・トゥーレに出場停止処分下さず 相手選手(ファン・ヴォルフスヴィンケル)も満足」
Goal.com(JP) プレミアリーグ第25節「ノリッジ 0-0 マンチェスターC」 2014年2月11日


やっぱり鹿児島のシメはとんかつ丸一実は「この近くに(登山後に汗を流せる)いい立ち寄り湯はないか?」という質問を彼女に聞きたかったワケですが・・・結局情報は得られず、車で霧島連神宮側に降りて自力で「神乃湯」を見付けました。1回360円と銭湯並みに安くて良かったけど・・・スチームサウナで身体がベッショベショになっちゃいましたね!で、やっぱ鹿児島での旅行のシメは「味のとんかつ 丸一」の上ロースカツ定食(1800円)に限るっしょ!ココは絶対外せないので、霧島からわざわざ鹿児島市内まで足を伸ばしました。前回は自重しヒレカツ定食に甘んじたけど今回はガッツリ上ロースカツに挑戦!胸やけせず完食。食後カラオケで発散ね。リッキー記事も久々。迷いを捨てたら Step to the New worldすよ。

テーマ:相棒 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2014.02.13(木) 07:29|
  2. 登山 + ROCKETMAN SHOW
  3. | TB:0
  4. | コメント:0


コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/295-698a4c3f

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。