Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#30】
「隠れアフリカン」 Road to EURO2008!

ついにアフリカ・ネーションズ・カップエジプト大会が開幕しました。そして早速モロッコ、リビアに連勝して、決勝トーナメントへの「一番乗り」を果たしたのは・・・2006年W杯グループCでオランダと同居する”象”コートジボアールです!大会直前にFWディンダンが(身内のご不幸にて)代表を離脱する”アクシデント”があったもののアフリカ随一の「タレント軍団」の面目躍如!”エレファンツ”は噂にたがわぬ気合の入りようですね!

もちろん大黒柱のFWドログバも2試合連続ゴール!「2005年アフリカ最優秀選手」を争うカメルーンのFWエトー(初戦のアンゴラ戦でハットトリック!)、ブラジルから帰化したチュニジアのFWドス・サントス、そしてナイジェリアのDFタイウォ(初戦のガーナ戦で強烈な弾丸シュート!凡庸な異名ですが「アフリカのロベカル」襲名か!?)辺りと今大会の得点王を争う展開の予感。まあエジプトの”ミド”アーメド・ホッサムも地元の期待を後押しに・・・得点王争いに絡んでくるのでは?と思います。コートジボアールはグループA突破を決めて、グループリーグ最終戦で開催国エジプトと対戦します。おそらく開催国(墓場の妖怪「カー」の国、エジプト(笑))の顔に”泥”を塗らせない程度に・・・でも1位突破狙いでクルと思うので、アンリ・ミシェル監督は第2戦のリビア戦にFWアリュナ・コネ、MFヤヤ・トゥーレ(アーセナルのDFコロ・トゥーレの弟)、MFヤピ・ヤポ、DFメイテを起用した様に「試用的」に・・・大会の「空気」を読みつつエジプト戦はドローに持ち込む「公算」でしょうか。

オランダの”真価”が問われる?EURO2008予選の組み合わせが決定!その詳細はブログ後半↓にて!
また、コートジボアールのネーションズ・カップの”軌跡”(決勝T以後)は【#28】「トリックスター」(追記)にて。





♪大雪が降ったせいで、車は長い列さ・・・

毎日放送「痛快!明石家電視台」のコーナー「なにを聞くねん」に「THE 虎舞竜」の高橋ジョージさんがゲストに登場した際に、お得意の”永ちゃん”矢沢永吉さんのモノマネを披露されました。ロック歌手離れした”完コピ”モノマネ!「モノマネ番組のプロデューサーに『出ませんか?』と誘われたんですよ。それは違うだろ?って・・・特技なんだから」と”違った”方面から「熱視線」を浴びるほど完成度が高いネタでした。それに加え、高橋さんは永ちゃんのモノマネの”秘訣”とも言える・・・「永ちゃんが自分を語る時のクセ」を教えてくれました。

1. 最初は「”ボク”はね、・・・」
2. 次第に「”オレ”はさ、・・・」
3. 調子が出てくると「”自分”はね、・・・」
4. さらに進むと「”ヤザワ”はさ、・・・」
5. しまいには「”彼”、イイ事言うよね!・・・」


これが永ちゃんの”5段活用”?”YAZAWA”さんはアツく語るにつれ・・・「幽体離脱」が進むのか自分を「大俯瞰」で見るコトが出来るそうで。かつて自分の事を指す「1人称」に「彼」を使う方が他に居たでしょうか?高橋さんははるか昔、矢沢さんの”アンプ持ち”でツアーに帯同していたそうで、「永ちゃんにラーメンを食べに連れて行ってもらった話」というエピソードも語ってくれました。さらに「年末に大阪で矢沢に会ったんだ、アイツと5回腕相撲したんだけど、5回とも負けた!アイツ、強ぇえな~!」と内田裕也さんのモノマネで話す高橋さん、「ふつう同じ人と5回腕相撲しますか?」と冷静なツッコみで”オチ”をつけてスタジオのお客さんを笑わせます。勢いに乗った高橋さんは力也さんのモノマネで「オラオラオラ・・・何言ってるか分からねェんだよ!コラ」と畳み掛けます。モノマネ芸人さんよりもモノマネに”入る”高橋さんを横目に番組MCのさんまさんが一言。

「実はモノマネ番組狙ってるとちゃいますか?」

高橋さん、一瞬止まりました(笑) う~む、見事な「Skit」でございました!さて話をネーションズ・カップに戻しますと・・・初戦を見渡す限り、ギニアが南アフリカ(早くも2010年モードで?実験的な若手主体のチームらしいですが)に勝利したのを除けばほぼ予想通り。特に優勝候補の”双璧”と睨むカメルーン、チュニジアは初戦から爆発しました。FWアデバイヨールとケシ監督がモメているトーゴについてはある意味「予想外」でしたが・・・。しかしこのまま行くとカメルーン、チュニジア、コートジボアール、エジプト、ナイジェリア、セネガル・・・あとはDRコンゴ(旧ザイール)とギニア?決勝トーナメントはどんな組み合わせにせよ、とんでもない豪華カードが続々と?むろんW杯出場国ガーナ、アンゴラをはじめ・・・他のチームの奮起にも期待しております。

ネーションズ・カップのグループリーグについて、試合のハイライト動画をEUROSPORTSのオフィシャルHP等から見る事が出来ます。タイウォの弾丸シュートやコートジボアールの試合など、断片的ではありますが(遠く日本からでも)チェック出来ます。贅沢なモノで、出来ればフルで試合を見たくなるんですけど・・・(爆)
あとネーションズ・カップ@エジプト大会の現地レポートについてはとらさんのブログ記事が興味深いです。


とはいえ、世が世ならこのネーションズ・カップに出場しているだろう選手・・・欧州内外に「隠れアフリカン」がいっぱいいます。アメリカの”神童”フレディー・アドゥはガーナ出身で、先ごろ「アメリカA代表かガーナA代表か?」彼を獲り合う双国間の”綱引き”が話題となりました。注目された”行く末”ですが、アドゥーは本人の「希望通り」か、1/22(日)の親善試合「アメリカvsカナダ」でアメリカ代表としてデビュー。しかも「16歳と8ヶ月」というアメリカA代表最年少出場記録も打ち立ててます。あとフランスで「将来のジダン候補」とリーガアンを賑わすOL(オリンピック・リヨネ)の”新星”べナルファチュニジア出身の選手で、本家ジダン(アルジェリア系)と同じく北アフリカにルーツを持つ選手です。同じOL所属の”驚異の17歳”ベンゼマもアフリカ系だった・・・と思います。またFWシャバニ・ノンダ(今回のネーションズ・カップはケガで離脱(泣))を輩出したDRコンゴ(旧ザイール)の出身もマケレレをはじめ層々たる選手が居ます。かつてディンダンとアンデルレヒトで同僚だった”ベルギーの宝石”DFコンパニーもこのDRコンゴにルーツを持つ選手です。クラブレベルでかつて移籍市場を賑わした、また現在移籍市場を賑わす選手、そしてゆくゆくは移籍市場を賑わすであろう選手・・・フットボールはこういった「隠れアフリカン」を含めたアフリカの選手抜きには語れない時代に来ていると思います。

現にオランダ代表にも・・・この「隠れアフリカン」がたくさん居ます。オランダ代表において「黒人選手」というとライカールトクライフェルトセードルフダーヴィッツなどもそうであったように、旧植民地の「スリナム系」というのが大多数でしたが、最近はあらゆる年代において「隠れアフリカン」の存在感が際立ってきております。

【ガーナ】
昨年のワールドユース・オランダ大会にて日本を驚愕させたウィンガー・クインシー・オウス・アヴェイエはガーナにルーツを持っています。まだオランダA代表でのプレー経験は無し。上述のフレディ・アドゥーの件もあるし、ガーナ協会はこのクインシーにも目を付けているのではないか・・・と推測します。クインシーがオランダとガーナ、どちらを選ぶのかはむろん「本人の意志」が尊重されますがオランダ側がW杯に呼ばないとなると・・・クインシーは歴史的な「W杯初出場」となるガーナ代表入りを選ぶ可能性もありますよね。あとMFボーテングもこのガーナにルーツを持つ選手です。ガーナと言えばアヤックスに居たアンソニー・オボダイ。クラブでは出番が無くて移籍しましたが、ガーナ代表では祖国のW杯出場に大きく貢献しました。”スリナム系”ダーヴィッツの驚異的な運動量は周知の通りですが、ガーナ系選手の運動量や相手の攻撃的選手への”狩り”っぷりも注目に値します。それもそのはず、ココはエッシェンという「最高級品」を産み出したのですから・・・。

【コートジボアール】
コートジボアールについては【#28】「トリックスター」の記事でも書きましたが、ゲームメイカーのMFボナベントゥル・カルーの実弟・・・サロモン・カルーです。彼の国籍問題の行方によっては彼は母国コートジボアールの代表に入り・・・W杯グループCで、本大会のピッチでオランダと対峙するかも。いや、それが「当たり前」と言えば当たり前で・・・兄弟で違うユニフォームを着てW杯で”直接対決”だなんて「前代未聞」だろうし・・・。

【モロッコ】
現在、そして未来における「Oranje」の中で無視出来ぬ存在になりそうなのがモロッコ系選手です。DFブラールズはおそらくW杯本大会でもDFラインの一翼を担うでしょう。またオランダA代表入りの有力候補として挙げられる2人のPSVプレイヤー、アフェライアイサティも共にモロッコにルーツを持つ選手です。この2人がオランダとモロッコ、どちらを選ぶかはオランダ代表の2006年・・・いや2008年(EURO2008)にも影響を与えるはず。鍵を握るのはヒディング監督(オーストラリア代表をW杯に導いて本大会を戦って「次の仕事」はロシア代表監督?かと思いきや、狙うはエリクソンの後釜・・・”優勝候補筆頭”最強軍団の指揮を執るであろうEURO2008(2年後)のイングランド代表監督!?)だったりして?ブラールズ(デ・ヨングのハンブルガーSVが決定だそうで、彼はブラールズ、そしてファン・デル・ファールトと”同僚”に)、アフェレイ、アイサティ・・・彼らが既にすんなりモロッコ代表を選んでいたとしたらモロッコもコートジボアールに負けず劣らず「タレント軍団」として登場して・・・今回のネーションズ・カップでのモロッコもここまで苦しまなかったかも?(爆)

【DRコンゴ(コンゴ民主共和国)】(旧ザイール)
「超速ウィンガー」キキ・ムサンパがこのDRコンゴの出身です。DRコンゴは上述の通り他国に帰化した有望選手が多く、既にこのキキ・ムサンパもオランダA代表を選んだ経緯があります。元はベルギーの植民地だった事もあり、上述のコンパニーをはじめベルギー国内にも多くの「隠れアフリカン」が居るんだそうです。そうそう、DRコンゴ出身と言えばフランス代表FWリュインデュラを忘れておりました。「フランスかDRコンゴか?」で代表入りの際にはあれだけ話題になったのに・・・。しかしホントにイイ選手出してるわ、この国(爆)

【その他】
オランダU-21代表に選ばれた経験を持つヘルシはエチオピアの出身で、「隠れアフリカン」には珍しく東アフリカにルーツを持つ選手です。また昨年のワールドユースでオランダユース代表の背番号「9」を付けたコリンス・ヨンはリベリアにルーツを持つ選手。リベリア系と言えば・・・お正月の野洲高校優勝で幕を閉じた高校サッカー選手権でベスト4に進出し、初の「国立進出」を果たした多々良学園(山口)の「10番」ハウバート・ダンくんがリベリア人の父親を持ち話題になりました。彼は「剛」というよりも”しなやか”な印象がありました。あと元アヤックスで、もはやドイツU-21代表のエースとなったFWナンド・ラファエルアンゴラ出身ですね。こちらはナンド・ラファエル自身はドイツでのプレーを希望しており・・・開催国ドイツの「隠し玉」としてW杯デビューも有り得るかも!?クインシーと同じような状況で、ドイツが”ツバ”を付けなければ・・・今回のW杯でアンゴラ代表として(すでにデビュー済みって話も聞くんですが・・・)デビューする可能性もありますので。

ちなみにトーゴ代表の”エース”で現在ケシ監督とモメているアデバイヨールは、アフリカ域内でナイジェリアからトーゴに帰化した選手なんだそうです。アデバイヨール本人も「ナイジェリアがW杯で出られずに、まさかトーゴがW杯に出られる年があるとは!」と内心驚いているのではないでしょうか。でも激怒の余り「もう代表を引退する!」と口走ってて・・・騒ぎが収束するかどうか?とりあえずトーゴ代表には戻ったようで。あと同じ「Oranje」の有色選手の中でも”ジオ”ブロンクホルストはインドネシアにルーツを持つ選手、すなわち「アジア系」です。インドネシアの選手がフェイエノールト→レンジャース→アーセナル→バルセロナと各国の名門クラブを渡り歩く・・・アジアの常識で考えれば”意外”な感じもしますよね(爆) また”中国系オランダ人”で、かつてオランダ代表でプレーしたFWミカエル・モルスも国で言えばこのインドネシアの出身・・・らしいです。彼は顔立ちも「いかにもアジア系」からか、日本のファンにも親近感が持たれ”声援”の多い選手でしたね。




大会9試合にしてようやく引き分け試合、スコアレスドローの試合が生まれたネーションズ・カップ。普通はこういう国際大会では、「勝ち進む」ためにあまり点の入らない試合が多くなる、ゆえに引き分けやスコアレスの試合も多くなるのが「セオリー」だと思うんですが・・・そこはさすがに「アフリカ最大のサッカーの祭典」!驚異的な身体能力による個人技主体のチームスタイルから、”欧州仕込み”の組織を導入した洗練されたチームスタイルへ変貌を遂げる国が増えたとはいえ、やはり局面局面を見ると1vs1の対決など見応えがあります。

今回の記事を書くにあたり、かの有名なアフリカ情報満載の掲示板「アフロサッカー掲示板」さん内のスレッド「隠れアフリカ人を検証するスレ」を参考にさせて頂きました。あと、この記事をドロコさんのブログ記事にて紹介して頂きました。ますますアフリカから目が離せず・・・こちらからも「Special Thanx」でございます。

技術には技術、力には力で対峙するこんな魅力のある大会に・・・出来ればオランダも「招待チーム」として(南米選手権における「メキシコ」のようなスタンスで?)このネーションズ・カップに参加して欲しいなと思います。現実的にはこの時期にリーグ戦を”放置”して国際大会に・・・なんて物理的に「無理」な話なんですが。今大会を見るとカメルーンやナイジェリア、セネガルやチュニジア、モロッコ・・・オランダとの対戦が見たい国がいっぱい居るし。思えばW杯でコートジボアールとの対戦だけ・・・というのも「もったいない」気がします。まぁ当のオランダは1/27(金)にこちらは「EURO2008」スイス・オーストリア大会の予選グループ組み合わせ抽選会を控えていますので・・・ファン・バステン監督にしても気は”そちら側”に向かっているコトでしょう(爆)



P.S. EURO2008予選・組み合わせ決定![1/27]

そのEURO2008予選の組み合わせも決定しました。オランダと同居する国は2006年W杯予選グループ1に引き続いてルーマニア(チェコに変わる新たな”因縁の相手”?)、そしてブルガリアスロヴェニア、アルバニア、ベラルーシ(ココとは避けたかった!密かに”不気味な国”か?)と東欧勢がズラリ勢ぞろい!オランダに対する「東欧包囲網」!?ルーマニア代表を応援されるこんとらさん曰く、さらにベラルーシを除くと「バルカン包囲網」・・・たしかに。ちなみに今回グループGで同居するアルバニアとブルガリアの間に挟まれた国ってご存知ですか?「マケドニア」です。そう、オランダ代表が2006年W杯欧州予選グループ1で唯一”勝てなかった”国です。今回は「バルカン勢多数」!というコトは・・・「楽観」なんて吹き飛びません?「そういうコト」です。「ルーマニアに2勝」というのも正確には「本調子とは言えない”ルーマニアに2勝」と言い直せるでしょうし。ブルガリアも「琴欧州」の快進撃に負けぬよう「白鵬」並みに、鼻息荒くEURO2008予選に臨んでくるでしょうし。予選に際して「東欧(バルカン)遠征」の多さがデメリット(疲労度UP)に向く可能性もありますし。かといって東欧勢ばかりを意識して、神奈川県ほどの広さしかないルクセンブルクに足元を掬われそうだし(汗)

EURO2008予選の組み合わせについてはカコさんのブログ記事hiroさんのブログ記事もご覧下さい。また、早速「敵情視察」ならこんとらさんのHP(ルーマニア)アヤコさんのHP(スロヴェニア)へどうぞ!

今回はグループが7つしか無く(EURO2008開催国のスイス、オーストラリアの2ヶ国が予選免除のため)、他グループでも熾烈なEURO2008出場権争いが予想されます。強烈な顔ぶれはグループB(フランスウクライナが一緒に・・・)とグループE(”優勝候補筆頭”イングランドに”新生”ロシアが挑む!?)、「ギリシャvsトルコ」、「チェコvsスロヴァキア」と火花散る”ダービー対決”も見どころとなるでしょう。グループAもベルギー、フィンランドに至るまで「曲者揃い」で・・・グループFも最後までもつれそう?”予想”は改めてジックリ書こうと思います。とりあえずEURO2004本大会グループCであの”ちょい不良オヤジ国”をも葬り去った「スウェーデン&デンマーク」の強力「北欧タッグ」を向こうに回す・・・かつての”予選の横綱”スペイン危うし?(爆)

ザックリ予想[◎:本命(1位)、○:対抗(2位)、×大穴(ダークホース)、例によって独断&偏見アリ(爆)]
この予想の詳細は、組み合わせについて”雑感”を書き綴った次の記事【#31】「第1印象」をご覧下さい!

【グループA】
○ポルトガル、ポーランド、◎セルビア・モンテネグロ、
×ベルギー、フィンランド、アルメニア、アゼルバイジャン、カザフスタン(8チーム)

【グループB】
◎フランス、イタリア、○ウクライナ、
スコットランド、リトアニア、×グルジア、フェロー諸島

【グループC】
ギリシャ、◎トルコ、○ノルウェー、
×ボスニア・ヘルツェゴビナ、ハンガリー、モルドヴァ、マルタ

【グループD】
◎チェコ、ドイツ、×スロヴァキア、
○アイルランド、ウェールズ、キプロス、サンマリノ

【グループE】
◎イングランド、クロアチア、○ロシア、
×イスラエル、エストニア、マケドニア、アンドラ

【グループF】
◎スウェーデン、スペイン、○デンマーク、
ラトビア、×アイスランド、北アイルランド、リヒテンシュタイン

【グループG】
◎オランダ、○ルーマニア、ブルガリア、
スロヴェニア、アルバニア、×ベラルーシ、ルクセンブルク


「グループG」に対する各国代表監督の反応も、互いに「エール」を送り合うような内容で興味深いです。往年の名選手として現役時代に同じピッチで対戦した経験を持つファン・バステン監督とストイチコフ監督(ブルガリア)は、共に代表チームを率いてこの「グループG」の土俵に立つ事を楽しみにしているようです。また、ルーマニアのピトゥルカ監督はオランダが1位の「最有力候補」として認めたうえで、ルーマニア代表がここ数年”逃し続けている”大舞台への出場権を狙っているようです。スロヴェニアのオブラク監督はイングランドや北欧勢との対戦を避けられたのを喜び、vsバルカン勢、vs東欧勢に対しても自信(確かに過去にW杯予選プレーオフでウクライナ、ルーマニアを破った(EURO2004プレーオフではクロアチアに敗れているけど)経験アリ)を持っているようです。そして・・・このグループの「カギ」を握るかもしれない?ベラルーシのオメラチュク監督も「グループG各国との対戦は楽しみだ」とコメントを残しました。他の国々は「オランダは強い、難敵である」と口を揃えています。故にオランダが敗れた場合には各国の「EURO2008出場意気」が格段に高揚することでしょう。オランダにかかる「負けられない」プレッシャーはW杯予選の時以上のモノになりそうです。

・オランダ代表:ファン・バステン監督
「いい組み合わせだ。ルーマニアのような熟知した相手と同じ組になるのも悪くない。また、ストイチコフ監督とは現役時代に素晴らしい戦いをした。グループGでもそうした戦いを繰り広げたい。」


・ルーマニア代表:ピトゥルカ監督
「バランスの取れたグループだ。オランダがグループ突破の最有力候補になるのは間違いなく、
2位争いは自分たちとブルガリア、スロヴェニアの”三つ巴”になるだろう。2位でも十分満足だ。」


・ブルガリア代表:ストイチコフ監督
「予選突破の可能性も十分にある。我々は常に良いフットボールを目指しており、他国も同じ姿勢である事を願う。監督としてファン・バステンとの対戦は初めてだが、現役時代は楽しかった。」


上記の通りオランダはファン・バステン監督、ブルガリアはストイチコフ監督と「80年代後半~90年代始め」にかけて名声を得た選手が現在の代表チームを率いています。もしゲオルゲ・ハジ氏(元ルーマニア代表MF)がいまだルーマニア代表を率いているなら・・・そしてもし、カタネツ氏(元ユーゴスラヴィア代表DF)がいまだスロヴェニア代表を率いているならば・・・この「グループG」はファン・バステン、ストイチコフ、ハジ、カタネツと「80年代後半~90年代始め」に欧州蹴球界を沸かせた名選手が監督として集う”同窓会”、いや”ミュージアム”的なグループにも成り得たんですよね。「名選手、名監督にあらず」の言葉をも覆すようなこんなグループがもし実現したならば・・・選手時代も知る者にとっては感傷的な”涙モノ”のグループとなったでしょう。ファン・バステンとストイチコフが互いに代表監督として「再会」するだけでも”メモリアル”な事ですけど(笑)

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006.01.25(水) 08:16|
  2. アフリカ(フットボールetc.)
  3. | TB:3
  4. | コメント:10


コメント

こんにちわ。

”狩り”っぷり!
ピッタリな表現にヾ(>▽<)ゞ。
黒ヒョウがウヨウヨいて楽しそう♪

記事中にリンク貼らせていただきました。
ではでは~!
  1. 2006/01/26(木) 12:49:26 |
  2. URL |
  3. ドロコ #-
  4. [ 編集]

リンクありがとうございます。

有名無名を問わず、欧州各国リーグのクラブのスカウト陣はほぼ間違いなくこのネーションズカップの視察に来ていることでしょう。代表レベルでもフランス代表のドメネク監督やイタリア代表のリッピ監督がエジプトに視察に訪れているようですね。でもリッピ監督は「エッシェン、ムンタリら主力不在のガーナは別のチームだ」と視察が”空振り”になったコトをグチってるみたいですし、ドメネク監督もアデバイヨールあわや離脱?で揺れたトーゴを観てもあまり参考にならないかも・・・。逆にファン・バステン監督にとって今回のネーションズカップでのコートジボアールを視察しておくのは・・・彼らの「偵察」にはうってつけの大会だと思うんですけど。やはりW杯出場国は「本気モード」の国(コートジボアール、チュニジア)と「爪を隠す」国(ガーナ、アンゴラ、トーゴ)に分かれた感があります。でもアンゴラ、トーゴは意図的に隠している風にも見えないんですけど・・・(笑)

”狩り”っぷり、(DFラインの選手だとアブない面もありますが)特にディフェンシブハーフを務めるアフリカ人選手にはしっくり来ません?本文中の記事にも書いたエッシェン、マケレレ、それに【#28】の記事に書いたゾコラももちろんの事・・・フランス代表のヴィエラもセネガル系ですし、つい先日惜しまれつつも引退を表明した元ナイジェリア代表のオリセーも・・・アフリカの大地に映えそうな”黒ヒョウ”はまだまだウヨウヨしているはず。でも「日本→ちょんまげ」的にアフリカを「イメージ」で話してると・・・街に近代高層ビルが立ち並ぶナイロビやアビジャンのようなアフリカの大都市が”引き合い”に出されそうで。「街に動物は歩いてないよ~」なんて(汗)

私見ですがドロコさんの様な「主婦」の方こそフットボールを深い領域まで客観的に、かつアツくウォッチング出来る方では?とも思います。貴重なお言葉を頂ければこれまた幸いです。コメントありがとうございました。
  1. 2006/01/26(木) 20:15:09 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんばんは☆

せるさんはラジヲまでチェックして聞いているんですか?!
たぶん私もその矢沢のモノマネを聞いていたら爆笑しているに違いない!!
  1. 2006/01/26(木) 23:28:28 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

痛快!明石家電視台

関西のローカル番組で、スカパーでも(リアルタイムでは無いですが)見られるTV番組です。高橋ジョージさんの「永ちゃん」のモノマネはスミからスミまで「似てる!」と思いますよ。口のとがらせ方や顔の角度、首の振り方、そして口調・・・自分は矢沢永吉さんのコトは全く詳しくないんですけど、高橋さんのモノマネ越しに「永ちゃんならそんなコト言ってそう」と雰囲気で笑えます。しかも「ロックスターシリーズ」も出来る高橋さん!

「歌マネ」じゃなくて「しゃべり」のモノマネでしたし、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」のマニアックモノマネを観て笑ってしまうのと似た感覚で楽しむコトが出来ました。なので猫娘さんにも「ハマる」はず。「踊る!さんま御殿」あたりで高橋さんが出演されている時などは特に・・・ぜひ「永ちゃんネタ待ち」してみて下さい(笑)
  1. 2006/01/27(金) 00:35:57 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

そういえば昨日高橋ジョージがトリビアにでて糸電話ならぬバネ電話でロードを歌ってるのをみました。
嫁であるみふねみかとペアになっちゃってますね。
確かガキ使で高橋ジョージが出たときもかなりおもしろキャラで大笑いした記憶がある・・・
歌手よりもお笑いに向いてたりして・・・笑
  1. 2006/01/27(金) 01:04:05 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

ガキ使出演

そうなんですか!?ほぉ~、「笑ってはいけない罰ゲーム」で出演されたとか?だったらDVDで見れますもんね。日テレ「ガキの使い」はほぼ見逃した週は無いはずなんですけど・・・「♪ロード」と言えば、あのPVを見るたびに高橋さんのお口から「”おつゆ”がたくさん飛んでるなぁ・・・」と”ツユダク感”を感じていたモノです(爆)

自分はフジ「ごっつええ感じ」で「商店街ボウリング」の企画でしたか・・・ものすごく長い助走でボウリングしてた高橋さんを(なぜか)覚えています。あと最近では「虎の門・しりとり竜王戦」にもチャレンジされてましたね。そう考えればモノマネ番組進出も時間の問題?でも「バネ電話」で熱唱って仕事も貴重な「works」ですね!
  1. 2006/01/27(金) 02:16:54 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

また、当方からもTBさせていただきました。うちのブログにも遊びに来ていただき、TB、リンク&コメありがとうございます。ホントにコアな話題しか提供できない“箱庭ブログ”もこうやって皆さんに遊びに来ていただくと世界が広がる感じがして嬉しいです。また、グループDの予想でまた、チェコを一位指名していただきありがとうございます。私よりも“強気”なせるさんの予想に正直勇気づけられます。この秋からは、“打倒マンシャフト”を合言葉にブログ運営にいそしみたいと思います。
  1. 2006/01/29(日) 19:18:22 |
  2. URL |
  3. hiro #-
  4. [ 編集]

オランダvsチェコ

hiroさん、再びコメントとTBありがとうございます。こちらからはまたhiroさんのブログに寄らせて頂きます。スパルタ・プラハとアヤックス、AZ・・・クラブレベルでも今後また「関わり」があると思いますので。

これまでは色んなコンペティションの予選やグループリーグで同居してきましたが、「オランダvsチェコ」という国際大会の”終盤”での顔合わせは少ないですね。今回のW杯やEURO2008で、今度は決勝トーナメントでお互い勝ちあがって激突を繰り返せば、このカードも「ヨーロッパ・ダービー」と言われる程・・・”伝統のカード”になればいいなぁと思います。グループDは中欧勢はもちろん、ブリテン勢がどう絡むかも注目ですよね。
  1. 2006/01/30(月) 08:39:07 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

いよいよ準々決勝始まりますね♪

おはようございます。
先日はご丁寧なコメント頂きまして、ホントにありがとうございました。嬉しかったですぅ(=゚ω゚=)
エレファンツは2位通過になっちゃって…。”1番オイシイ”カードが、早々に見られるコトになっちまいましたねー。
ピッチ外も、狩りっぷりが凄まじいよーで…。
選手もいろんな面からプレッシャーが掛かってるみたいで、大変そう。そんなコトも加味して観るとますます面白そーです☆

>フットボールを深い領域まで客観的に~
ひ、ひゃー!身に余るお言葉でございますっ(滝汗)
が、お見立て違いですのよーヾ(^o^; )。
韓流を追っかける代わりに「サッカー観戦が好き」程度のヒマな主婦なんです…、ミーハー&ニワカですっ!
こちらやHPにおジャマしながら、沢山勉強したいです。
またお願いします(^-^)vではでは~!
  1. 2006/02/03(金) 09:30:06 |
  2. URL |
  3. ドロコ #-
  4. [ 編集]

「カメルーンvsコートジボアール」

ドロコさん、ネーションズ・カップも決勝トーナメントでいよいよ再開!ここからはノックダウン方式で”サバイバル”な展開になるでしょうね。しかも開催国エジプトと別ブロックにカメルーン、コートジボアール、チュニジア、ナイジェリアが集まったというのも・・・エジプトとしては地元優勝に向け”潰し合い”を横目に視界良好かもしれませんけど、この”激戦ブロック”を勝ち抜くチームはどこであれ、ファイナルでアフリカならびに世界を沸かせることになると思います。”1番オイシイ”「カメルーンvsコートジボアール」、このカードはW杯アフリカ最終予選グループ3でも見ましたが「また見たいカード」としても期待してたので、実現するのは楽しみですね。でもおっしゃる通り「早々」な段階での実現なのは”残念”なモノでもありますよね。自分は「美味しいモノは最後に食べる」タイプなのでなおさら・・・(爆) でも後述しますがベスト8の顔合わせは・・・どのカードも面白そうで!

ピッチ外でもいろいろあるみたいで。準々決勝をホスト国エジプトと戦うDRコンゴは、選手に対するボーナス未払い問題でボイコット騒ぎ(収束したのでしょうか?)を起こしてましたし、ガーナはガーナで・・・出場しなかったエッシェンにグループリーグ敗退の非難が集中しているとか。コートジボアールも本文中に書きましたけど、エジプト戦で”温存”した「Wディディエ」の効果が出るか否か・・・カメルーンの選手も「コートジボアールはドログバだけじゃない」と警戒しているみたいですし、”ガチンコ勝負再び”!で期待出来そうです。「ナイジェリアvsチュニジア」ももったいないなぁ。でも今後エジプトを惑わせるかもしれないギニアの存在とか・・・「ギニアvsセネガル」の”西アフリカダービー”や「エジプトvsDRコンゴ」も見逃せません。思えばEURO(欧州選手権)も準々決勝あたりがテンションもピークで、サプライズかつドラマティックな試合も多いんですよね~!

>韓流を追っかける代わりに「サッカー観戦が好き」
自分が言わんとしたいポイントはまさしく・・・ドロコさんがおっしゃるその部分だったので。俯瞰で見つつ核心に迫れる、あのエネルギーをフットボールに注ぎ込むとなるや・・・自分の持論により確信が持てそうです(笑) こちらこそドロコさんのブログで勉強させて下さい。ドログバ選手も好きなモノで、よろしくお願いします。
  1. 2006/02/03(金) 22:07:28 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/30-923adb51

EURO2008 予選組み合わせ

本日、スイスのモントルーにてサッカー欧州選手権2008の予選グループ組み合わせ抽選会が行われました~いやいや。おもしろい組み合わせになりましたね。グループAポルトガ
  1. 2006/01/28(土) 15:03:31 |
  2. Green Park(旧カコの変な日常)

EURO 2008 Qualifying competition draw

1月27日、スイスのモントルーでEURO 2008の予選組み合わせ抽選が行われました。まだ、WCを5ヵ月後に控えている中だけに何となくピンとは来ませんが、今年の9月から2008年の本大会
  1. 2006/01/29(日) 18:50:51 |
  2. Sparta Dotoho!!

もうユーロ2008

これからW杯に向かってって時に、もうユーロ2008の組分けが発表されています。まぁいつものことなのですが・・・W杯後にはいろんな国の監督も変わり、主力ベテランなどが代表引退するため、ハッキリ言って読めない組み合わせですがね。週末から書こう書こうと思いながら他の
  1. 2006/01/31(火) 09:25:16 |
  2. MY FAVOURITES CORINTHIAN

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。