Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#47】
「ヒディング・ロシア」 魅力溢れるストーリーへ

今月15日にもヒディンク監督のロシア代表監督就任が決定するというコトで、オランダ代表にもロシア代表にも”魅力”を感じる自分からすれば「願ったり叶ったり」な展開でございます(爆) このウワサはすでに今年始めに聞いてはいましたが、ヒディンク監督が引く手数多で、まるでフットボール界の「ヒアルロン酸」になったが如くこぞって欲しがり「オファー殺到」でイングランド代表監督になるやらチェルシーの監督になるやらと・・・途中にいろいろな憶測も舞い込んできて、「ホントにロシア代表監督のポストに就いてくれるのだろうか」と気を揉んでおりました。思えば98年W杯でオランダ代表をベスト4に導いた直後、”鳴り物入り”でレアル・マドリードの監督に就任したヒディング監督。成績不振やらゴシップやら・・・過去に悩まされた「トラウマ」を察すれば(EURO2008優勝を宿命付けられる?)イングランド代表監督(エリクソン(前)監督の”末期”も厳しいモノが・・・)のポストに見向きもせず、ロシア代表の「再建」に従事しようとするヒディンク監督の「チョイス」も分かるような気がします。もっとも、彼ならきっとロシア代表監督の座を選んでくれるはず・・・と信じてました(爆)




「Happy!、その後」: 続編?連ドラ化?春のSPドラマは”合格ライン”?

前の記事【#46】「Happy!」で書いた4/7(金)OAのTBSドラマSP「Happy!」、平均視聴率が14.4%というコトで・・・数字的に見ると15%に迫る「健闘ぶり」を見せたのではないでしょうか?(※) 「浦沢作品のドラマ化」というのも興味を惹きましたが、あのエンディングを見ると今後に「続編」もしくは「連ドラ化」にも踏み切れる?”実績”も残せたのではないかと思います。もし”続き”があるならば、(ゼータクを言えば)今度はきっちりと女王「サブリナ・ニコリッチ」を描いて・・・主人公の海野幸との「対比」を描くような脚本を期待したいですね。個人的な思い入れですけど、「Happy!」の”オープニング”は海野幸とサブリナ・ニコリッチが「カーディガン」を奪い合うシーンでなければ・・・壮大な”エンディング”へと繋がっていかないのでは?と思います。「セロリ」も「大豆」も食べられるようになりますので、その辺りはぜひご一考を・・・よろしくお願いします(笑)

(※)なお、ドラマ内の瞬間最高視聴率は(4/15(土)TBS「王様のブランチ」より)テニスの試合終了後・・・、蝶子(小林麻央さん)からの「握手」を海野幸(相武紗季さん)が”拒否る”シーンで20.1%だったようです。

Happy!」の続編もOAされました!第2弾については【#85】「プリごろ太NEWS」の記事で書いてます。

「長~い”冬”の時代」: 若手芸人を相手にムキになる、タモさんの「意地」

最近のテレ朝「タモリ倶楽部」は特にヤバい!先々週は「Nゲージ(電車模型)」の鉄道ネタ、先週は「コンビナートに恋して」の工場ネタ、そして今週は「田畑最前線」とテーマが行き着くトコに突き進んじゃってマス。「Nゲージ(電車模型)」は番組内で結成された「タモリ電車クラブ」の続編企画?で、このクラブの会員証[ゴールド]に輝く「会員No.5」サンズ・マネージャーの東出有輝さんの持ち込み企画でした。Nゲージ(鉄道模型)の博物館のような所に行って、模型を使って鉄道に関するクイズやゲームを楽しむという企画にタモさんも気合十分!以前の放送で晴れて「タモリ電車クラブ」会員入りを果たした”若手芸人”の「会員No.9」ダーリンハニー・吉川さんに対してムキになってました。そこにはお笑い界の頂点「ビッグ3」の一角の”見る影も無し”で。

あの東出有輝さんが「タモリ倶楽部」に復活!?翌年11/30(金)地下鉄企画「祝!地下鉄開通80周年 メトロに乗って綾瀬車両工場に行こう!」については【#126】「綾瀬検車区に行こう!」の記事に書いてます。

「オレにたてつくと、長~い”冬”の時代を迎えるぞ!」

ゲームに勝ちたいが余りに、かなり”後輩”な若手芸人の方に対しても「威嚇」を講じるタモさん。しかし、このテのタモさん発言はふかわりょうさん、雨上がり決死隊・蛍原さん、DonDokoDon・平畠さんなど・・・タモさん好みな”草食系”ガツガツしてない芸人さんに対してかける「愛ある言葉」と捉えるコトも出来ると見ます。この発言がタモさんから飛び出す辺り、ダーリンハニー・吉川さんもタモさんに「ハマる」予感がしますが(笑)

通気口の上で自我を開放するダーリンハニー・吉川氏・・・翌年8/10(金)「タモリ倶楽部地下鉄企画「地上で地下鉄の音を聴く!?東京聴き鉄MAP」については、【#115】「東京聴き鉄MAP」の記事に書いてます。

さすがは”深夜番組の王者”・・・「タモリ倶楽部」!!

そして先週の「コンビナートに恋して」、わざわざクルーザーをチャーターして、東京湾の京浜工場地帯(鶴見~川崎地区)を船上より観賞するという・・・これも「タモリ倶楽部」ならではの企画!しかも”工場フェチ”な一般の方々「萌え萌え工ちゃん's」3名を交えてのクルーズでした。工場写真を撮るために高級ホテルに宿泊したり、工場写真を撮るのに明け方まで車で周辺を巡ったり・・・「萌え萌え工ちゃん's」3名(うち1人は主婦(女性)の方)もかなりの”筋金入り”。しかもこの週のゲストが、建物(ビル)に何かと「うるさい」半田健人さん!エンディングでは「萌え萌え工ちゃん's」の方々と一緒に立ち並ぶ工場にカメラを向けまくり、テンションが上がる半田さんにさすがのタモさんもタジタジでした。もう1人の出演者、松尾貴史さんが終始「クール」に番組を進行していて、かろうじて番組の「体裁」は守られていた感じでしたが・・・でも、今週の「タモリ倶楽部」の「田畑最前線」って?「珍菜園」とか「珍野菜」とかって?今週のゲストは次長課長さんらしいですが・・・このお二人もかなりのディープ企画に巻き込まれるような、すでにそんな「予感」がします。なので「楽しみ」ですね(笑)

くるり・岸田繁さん(ゴールド)、松尾貴史さん(シルバー)を加えてさらにパワーアップした”鉄道紳士の社交場”「タモリ電車クラブ」!タモリさん&原田芳雄さんも”大はしゃぎ”の2007年1月の続編企画「赤い電車で久里浜工場へ」については【#91】「フィクサー」 井上陽水&原田芳雄の”大物感”の記事をご覧下さい。

「ヒディング・ロシア」: 大国ロシアをわが手中に・・・外国人監督・ヒディングの”挑戦”!

PSVを国内リーグ2連覇に、そしてオーストラリア代表を32年ぶりのW杯出場に導いたヒディンク監督。いまや世界に名だたる「名監督」として君臨する彼が次に選んだ「Works」は・・・大国・ロシアの「復建」でした。前に「トルコ代表をオランダ人指揮官に任せてみては?」とは書きましたけど、まさかロシアからオランダ人指揮官に「白羽の矢」が立つとは・・・上述しましたけどこれは”光栄”な限りですね。それにしても、よくオーストラリア代表はヒディンクさんを手放したモノだなぁ・・・大会前に次の「仕事先」を決めてしまうと、EURO2004でのサンティニ・フランス代表監督(EURO2004大会前に、大会後のトットナム監督就任を発表済み)のようにチームの志気に微妙な影響を与えてしまうのでは?という「危惧」もありますけど、どうなんでしょう?(爆)

困難な仕事に挑むヒディンク監督
uefa.com 2006年4月11日


「欧州の半分を征服したナポレオンでさえ、モスクワ遠征の途中で挫折を味わった」という、この記事の出だしを読むだけで・・・ヒディング監督が挑む「チャレンジ」の”大きさ”を感じます。さらに歴史を見ると、”第三帝国”ヒトラー総統でさえ、手中に収める事が出来なかったエリア。チャーチル元イングランド首相の「謎に包まれた謎のなかの謎」という”ロシア評”もこの記事にありますが的を得ている言葉ですね。広大な国土面積がゆえか?数多くのタレントを揃えながらチームとしてまとまりに欠け、なかなか機能しなかった・・・かの今春センバツ制覇を果たした横浜高校のような意思疎通面での「ジレンマ」を抱え続けるロシア代表ヒディンク監督がそのジレンマに「ピリオド」を打つ事が出来るか・・・ロシア代表ファンが望むポイントも”そこ”だと思うし、ヒディンク監督も”そこ”にオランダ本国に共通した?「性格」をも見抜いていたのではないでしょうか?(爆)

ヒディンク・ロシア」の次は「ヒディンク・トルコ」に・・・これについては【#194】「生前地獄予習」の記事にて。




ヒディンク監督がロシア代表監督に就任して、「ケルジ・アルシ」を中心としたロシア魅惑の攻撃陣の指揮を執る・・・上述のuefa.comの記事にもありますがDF陣にも有望な若手が多いし、チーム的には底知れぬ「ポテンシャル」を感じ取れます。ある意味(EURO2008の優勝候補筆頭?)イングランド代表よりも「欧州制覇」に近いチームかも?それゆえイングランド代表監督以上に「重責」なポジションなのかもしれません。

そんなヒディング監督が「進退問題」後にエライことに・・・続報は【#96】「ヒディング・ギルティ」の記事にて。

My brand-new eden 出かけよう
It's my own eden my butturfly life!

[山田タマル「♪My Brand New Eden」(マキアージュCM曲)]

ロシアのメディアが、(分かりませんが)イングランドやスペインのメディア以上に”ゴシップ稼ぎ”にしつこいかもしれませんし・・・ヒディンク監督にとってロシアという地が働きやすい「環境」であるかどうかも即答出来ないトコロでしょう。ただ、そういう地だからこそ、ヒディング監督独特の「冒険心」がウズきにウズいたのかもしれません。ヒディンク監督を迎え入れるロシア代表にとっても、今後における「魅力あふれるストーリー」を存分に思い描けるのではないでしょうか?すでに自分は2年後となるEURO2008のファイナル・決勝戦のカードを「ファン・バステンvsヒディンク」=「オランダvsロシア」と勝手に思い描いてしまってをりますけど・・・(爆)

EURO2008予選でも発動、これも俗に言うヒディング・マジック」か?ロシア代表EURO2008本大会出場」については【#125】「夢想る裸婦は語る」の記事で書いてます。さらになんと・・・「オランダvsロシア」がEURO2008クォーターファイナルで実現。その模様は【#143】「超オランダ」の記事にて。ロシア代表EURO2008ベスト4に導いたヒディンク監督については【#144】「公共物マニア」の記事にも書いてます。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006.04.13(木) 00:17|
  2. ロシア代表・トルコ代表
  3. | TB:0
  4. | コメント:31


コメント

ナイスネイチャー

いつも楽しく読ませていただいてます。オランダ代表を応援したく、ブログを始めました。オランダ代表のDeepなネタと、ミドリの松阪牛は、何じゃと思ってましたが、少しずつ理解(はまってきてます)可能になってきました。こちらは関西ですので、肉ネイチャー始めて見ましたが。これもはまりそうです。
よく読むと、セルさんとジモンさんがダブって見えるのは、僕だけですか。話を戻しますが、オランダ元代表 監督の活躍目覚しいですね。ヒディン監督には、僕的にはアンチェロッティの代わりに席を置いて欲しかったですが、ロシアの改革をやりつつCL06-07を見たいとうのが本音です。クーマン(クマちゃんのような)監督も目が離せません。
これからも遊びに来ますので宜しくお願いします。
  1. 2006/04/14(金) 00:56:05 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

濃いな

流浪の番組タモリ倶楽部。

あいかわらず濃い企画やってますね。

俺もアフリカの航空会社評論家あたりで出られるかな。

こういう濃い企画は日本のテレビならではですね。
  1. 2006/04/14(金) 04:46:57 |
  2. URL |
  3. airafrique101 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。

Climaniaさん、自分は「こだわり深い」ネイチャージモンにとても近づける器では無いです。でも、そのようなお言葉をかけて頂き光栄です。ヒディンク監督がもしアンチェロッティ監督の後釜になったとしても・・・この2人は似ているので、顔を見るだけでは「監督が変わった」と気付かない人が出てくるかも?(笑) ともかくACミランの監督って、(CLベスト4に進んだくせに(爆))後任候補にファン・バステンの名が挙がっているだけに他人事に片付けられないトコもありますが。前に↓のコメントにも書きましたが・・・クーマン監督は見るたびにコケティッシュになっていってますね。赤いマフラーで”実写版”「くまのプーさん」みたいな。ただ、アヤックスのみならず就任1年目で異国のクラブ、ベンフィカをもCLベスト8へと導いた手腕には自分もお見それしました。あの世代はライカールトやブリントも居て・・・今後もオランダ人指揮官の辣腕ぶりに目を奪われそうですね。

http://sheva10.blog37.fc2.com/blog-entry-40.html#comment355

airafrique101さん、番組のオープニングで足を肩幅ほどに開いて正対し「毎度おなじみ流浪の番組・・・」と切り出すタモリさん、これはいまだに不滅です。こんな番組が地上波で流れている日本という国も、いやはやなんとも・・・しかも企画の”濃さ”は最近ますます磨きがかかってます。タモさんは鉄道、船と”陸”、”海”にご自身の趣味範囲をお持ちの方で、幸い”空”については現在「空席」かも?「アフリカの航空会社評論家」で準レギュラーは”狙い目”かもしれませんし。前に同番組で世界の民族楽器に挑戦する企画を見ましたけど、その辺を絡めればタモさんの目をも爛々とさせて・・・アフリカ方面の企画も十分に「アリ」だと思いますね(笑)
  1. 2006/04/14(金) 10:11:40 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ぷっつ!!

こちらこそ、僕のブログへのコメントありがとうございます。
「実写版クマのプーさん」これはかなりいけてます。それぞれの監督の試合前日のコメンントと試合の表情だけを映し、それぞれの監督の歓喜の表情を前面に捉える。出演監督は、主役クーマン、と愉快な仲間たちということで、ライカー、ヒディング、アンチェロッティなど、狐役には、モーリニョ、ヒッポなどが適役かと、どうですか?
  1. 2006/04/15(土) 20:01:29 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

モウリーニョ

ヒディング絡みで本文に書こうと思って忘れてたんですが、なにやらモウリーニョも代表チームに”肩入れ”しそうな気配だというのを聞きました。それがポルトガル代表でもイングランド代表でも無く・・・「アンゴラ代表のチームスタッフに」というのがなんとも”ミソ”なトコロで。モウリーニョ監督の奥さんがアンゴラ出身という事と、W杯開催時期とプレミアリーグの開催時期がカブらないという事で浮上したネタですが、信憑性はイマイチ?

「私はポルトガル人だ。ベンフィカに優勝して欲しい」

チェルシーのCL敗退後にこのコメントを残した監督が、グループDでポルトガル代表と同組になるアンゴラ代表のスタッフに入るなんて・・・考えにくいような気が。でも、↑のコメントで確かに”プーさん”R.クーマン監督とモウリーニョ監督との「キズナ」は深いかもしれません。Climaniaさん”プロデュース”でのそのキャスティングに加え・・・「ライオン・キング」(もしくは「ナルニア国物語」)のライオン役にグーリット氏を差し込んでみるというのはどうでしょうか?それはともかく、(ディズニーに限らず)空想上のキャラクターと名指揮官との組み合わせは面白いですね。モウリーニョ監督は同じ狐でも・・・毛皮にすると高そうな銀ギツネでしょうか?(笑)
  1. 2006/04/15(土) 22:51:09 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

CSKAモスクワ

こちらも書くの忘れてたことですが、ヒディングのロシア代表監督ということは、いつも兼任するのは、CSKAモスクワもしくは、スパルタモスクワと兼任の可能性も十分ありということですね。今のロシアリーグの状況はよく知りませんが、チェルスキーのオーナー(アブラ君)絡みということも考えれますね。これからは、Ligaより、ロシアリーグが熱くなる可能性大ですね。

モゥリーニョならこちらも可能性大ですね。今のモゥリーニョはモチベーション下がってますので、アブラ君も文句は言わんとですよ。モゥリーニョがお膳立てしたのを、最後にチョイ役で、なぜか、ヒッポ君が漁夫の利を得ていくいう形にしようかな。

我侭なライオンキングや眠れる獅子(昨日は目が覚めたようです)も必要ですね。となると、神の存在がやはり一番重要となってきますね。そこからキャストがいろいろ決まってくるということになりますね。
  1. 2006/04/16(日) 11:33:53 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

兼任

Climaniaさん、そこは自分も関心があるポイントです。オーストラリアはともかく、韓国やオランダと違ってロシアは国土がだだっ広い!とにかく広大なワケで、選手を視察して回るだけでも一苦労なのでは?と思ってます。現在のロシア代表はほぼ国内組中心で、海外組中心に切り替えて西欧地域を飛び回る方が、ロシア代表監督としてはロシア国内を飛び回るよりも移動距離が少なく済むかもしれませんしね。これまでロシアがクラブ、代表の監督を「兼任」するケースが多かったのは、(あくまで自分の私見ですが)有能な選手を中央に集めて、特定のクラブで常日頃から指導した方が代表チームの強化にも効率がいいからなのでは?と思います。かつてはロマンツェフ政権下で栄華を誇ったスパルタク・モスクワ、そしてスパルタクの失脚後に力をつけたCSKAモスクワのチーム体制は、その典型的なパターンだったのでは?と思うんですよね。

しかし、ショミン・ロシア前代表監督の就任時には(↑のURLの記事でも書きましたが)ムトゥコ会長がショミン監督に「兼任か?専任か?」と選択させて、ショミン監督自身が長年指揮してきたロコモティフ・モスクワの監督を辞めてロシア代表監督に「専任」するという「決断」を得て・・・監督になった経緯があります。「代表監督」の座についてはショミン監督の就任時に、ロシア代表の「伝統」からかなり”方向転換”した印象があるんですよね。たぶんヒディング監督にも同様の選択を求めているはず・・・それがヒディング監督が言っていた「細かな契約の詰め」の1つの項目になっていたかもしれませんね。PSVにクリーナをはじめオーストラリア代表を呼び寄せて、かつオーストラリア代表監督を務めるヒディング監督のスタイルからすれば、自分もヒディング監督がロシアクラブの監督も「兼任」してロシア代表監督を務める可能性が十分にあると思います。あるとしたらモスクワのクラブですよね。その場合は来シーズンのCL出場権を獲得して軌道に乗っている?CSKA、スパルタクよりも・・・ショミン監督の再招聘に失敗したロコモティフかなぁ?と勝手に予想までしますけど(爆)

モウリーニョはオイシイ部分をかっさらわれる側でしょうね。現在のメディアの露出の仕方からすると損目な役回りになってしまうかも。グーリットは今の髪型では頭頂部が寂しいかな・・・と後になって思いました。東急ハンズで”プジョール風”な髪型の「ウィッグ」を購入してもらって演じて頂ければ(笑) 神様だとベタに「ジーザス」クライフ御大かな・・・でもあまりにベタで工夫が無いので、来週のCLで「神」がかって欲しいエトーに・・・願望を込めて「神様」役をオファーしてみるのはいかがでしょうか。変なプレッシャーがかかりますかね?(爆)
  1. 2006/04/16(日) 13:23:42 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ベタで申し訳ありません

この面子で神といえるのはやはり、「ジーザス」クライフ御大でないと、ほかの面子が許してくれません。クライフの影響力なくして、Oranjeいや世界のFootballは存在しませんから、ドッピエッタ決めれたら天使。トリプレッタ決めたら神。の称号を授けましょう。といいながら、チェンコが決める可能性も無きにしも非ず。

グーリットの件は、実は以前懸賞で手に入れた、グーリット・ドレット帽子(おそらく)本人のサイン入り、本物かどうかは未確認(いずれブログでUpします)があるので、プジョール風”なおばちゃん「ウィッグ」は、微妙にうすくなりかけのDennis にプレゼント(爆)。
  1. 2006/04/16(日) 18:18:07 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

Sheva

OLとのCLクォーターファイナルでもつくづく「相手に回すとイヤなFW」だなぁと思ってしまいました。現在、Shevaが今シーズンのCL得点王最有力候補ですよね。ライカールト監督がCLベスト16・2nd Legのチェルシー戦(H)のような采配を執れれば・・・いくらシェフチェンコやF.インザーギのようなFWでもバルサのチーム全体で封じ込めると思うんですが。でも、ここからは「持久戦」的要素も絡んできますし、正念場かもしれないですね。セミファイナルもVIP殺到?カンプ・ノウは”神様”クライフ御大の「天覧試合」となるのでしょうか?

「グーリット・ドレット帽子(サイン入り)」って、Climaniaさん・・・すごいOranjeグッズをお持ちですね!?いいなぁ、そういう帽子を被って、さまぁ~ず大竹さんばりに(居酒屋ののれんをくぐるパフォーマンス)「やってる?」をやってみたいです。ベルカンプに(”プジョール風”でも”DJ OZMA風”でも・・・ブレイズ系でもアフロ系でも?)「ウィッグ」進呈はいいアイデアですね。でも、まかり間違って「レイザーラモンRG」さんのようにならないか一抹の不安があるかも。「ウィッグ」に特殊仕様で四輪タイヤ+原動機が付いていれば、陸送をこよなく愛するDennisにはもってこいのアイテムですが、この時代においてはまだムリな”望み”でしょうか?(笑)
  1. 2006/04/16(日) 19:33:30 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

やばっ!

なんか、すべてを見透かされてますね。実はね。又帽子のデザインは古臭いし、ドレッドの部分の安モンっぽいといところが、RG臭いんですよ。まだ被った事ないけど、一生被りそうにないです。
  1. 2006/04/17(月) 19:36:39 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

Yo!Yo!Yo!

だったら忘年会等で使えそうですけど、RGさんが果たして2006年度末まで芸能界にフォールされないで生き続けるかどうか・・・おっと、それこそ「セイ!セイ!セイ!」もしくは「Yo!Yo!Yo!」って話ですね(笑)

ベルカンプを見ていると、(ご本人はの意に反するかもしれませんが)田○俊彦さんを連想しちゃうんですよね。別に頭頂部とか体の一部をシンクロさせているワケでもなく・・・。しかし、今シーズンがベルカンプにとってのラストシーズンになるかもしれませんし、アーセナルが彼の花道を見事にビッグイヤーで飾ってくれるのかどうか?Oranjeとしても多くの功績を残してくれたプレイヤーですし、(代表では縁が無かったんですが)最後は華々しい「ステージ」を踏み、「スポットライト」を浴びて欲しい・・・と、日に日に思いも増しますね(爆)
  1. 2006/04/17(月) 21:56:51 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

Ajax 復帰説!!

こちらも十分可能性あるんじゃないかな。オランダからのオファーは好むと好まざるを別にして、ふんだんにあると思いますので、コクーやジーザスのように、地元で錦を飾って欲しいところです。
「代表で縁がなかった」とはせるさんともあろう方がなにをおっしゃいます。94WCでのブラジル戦のデニスの活躍に胸躍らせた僕としては、ガナーズでのアンリの活躍はデニスのサポートのお陰と思ってますので、(ということは、2006もアンリ不発ってこと(爆)) もう少しチャンスがあればと思わずにはいられない(クリス レアのBGMに哀愁を感じてます)
『デニスの屍を超えるのはアンリである。』(爆×3)
  1. 2006/04/18(火) 19:08:01 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

失敬しました

94年W杯準々決勝ブラジル戦、98年W杯準々決勝アルゼンチン戦・・・思えばデニスは南米勢相手に伝説に残る、実に頼もしい活躍をしていましたよね。惜しむらくは代表レベルで彼にファイナルの舞台を踏ませる事が出来なかったことかも・・・代表監督の方々としてもその部分は心残りなのではないかなぁと思います。

http://sheva10.blog37.fc2.com/blog-entry-49.html

バルサは貴重な貴重なアウェイゴールをサンシーロで奪い取り、カンプ・ノウへ良い「土産」になりましたね。さてアーセナルもファイナルの地パリ(サンドゥニ)まであと一歩。コクーの例もあるし、デニスにも古巣を想う「里心」が生まれれば・・・(↑の新庄君の様にお立ち台でいきなり「引退宣言」ってワケでは無かったですが)残りシーズンで現役続行への「未練」が生まれるかどうかにかかるんでしょうねぇ。生まれますかねぇ?(爆)
  1. 2006/04/19(水) 12:53:19 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

あくまで仮説ですので

CLへの未練はあるはずです。WCへの未練を一番感じてるだけに。あと3(2)戦に出場すれば、悔いはないんじゃないかな。
Ajax復帰説はないな。僕の願望でした(爆)
Ajax は、育てるまでは、うまいけど、そのあとのマネジメントができないというか、その選手が育てたままやと思ってマネジメントしようとするから、選手が怒るのも当たり前でしょうね。ヒディングのように全権を任される監督が現れないと無理ですね。
※僕には94WC直前のVTRでAjaxユニ着たデニスが目に焼きついてまして...どう転んでもフェイエに行くことがあってもAjaxに行くことはないのは分ってるんだよ~。
こちらこそ取乱しまして失礼しました。
  1. 2006/04/19(水) 18:08:01 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

お返事

かなり遅くなりましたが・・・。この間にブリント監督の更迭問題も持ち上がっているようで・・・アヤックス生え抜きで選手からの信頼も厚い指揮官なだけに、もったいない気もしますが。でも今シーズンを通してみるとシーズン前半戦の印象があまりにも悪すぎただけに監督交代話が浮上するのも仕方ない気がしますね。それにしてもライカールト監督の”右腕”テン・カーテ氏はエールディヴィジのクラブから引っ張りダコのようで。てっきりヒディング監督の”後釜”でPSV監督に・・・と思いきや、アヤックスの次期監督「最有力候補」にも挙がっているとか?マルティン・ヨルもトットナム(CLファイナルはクラブを挙げてバルサ応援?)に「ドップリ」だし(爆)

でも、もしバルサが今シーズンのCLを制覇してしまったら・・・そうやすやすとテン・カーテ氏をオランダ国内に手放さないかもしれないなぁとも思いますが(爆) PSVも「コクー残留」の切り札として「テン・カーテ招聘」という”譲れない手段”があるでしょうし。そういえばW杯、もし最高のシナリオを描く自由が許されるのならば・・・今回が「W杯ラストステージ」となるコクー、彼が大会MVPとなるような大会になれば嬉しいです。スポットライトを避けるかのように”裏方”に徹してプレイしてきた彼のフットボール人生の「花道」が、各国メディアを彩る他のどんなスター選手よりも華やかなものになってくれれば・・・都合のいい願いかもしれませんがi-229
  1. 2006/05/05(金) 16:21:14 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

テン・カーテの存在

バルサの躍進の原動力はテン・カーテの存在なくして語れませんもんね。先日のLigaを決めた試合では、ライカーより目だってましたもんね。テン・カーテの戦術論はまさしくトータルFBの最終進化の形態と思ってましたので、昨年の修正を守備面の強化で補ってきたことは、誰の目にも明らかですから、5/17以降ならバルサを離れる良い時期かなとも思ってます。テン・カーテが指揮をとるなら、まずはEredivisieが理想的ですし、バルサの戦術自体も完成の域に近づいてますので、テン・カーテ自身がバルサを飛び出して、同じ戦術を行えるクラブを見つけることができるかどうか(それが難しいことを判っているのがテンカーテ本人でしょうから)と思ってます。

巷では2006WCはメッシの大会になると言われるのもうなずけますが、トッティがいなければItaly(カテナチオの脱却)でリッピが再びスポットライトを浴びる予感がします。(先日のCL SemiFinal 2ndネスタがいなくて良かったと思いましたから)
WCでのコクーの活躍はセードルフを外したこととによって問題ないと思ってますが、ファンホーイドンクほどのFKが外れたことが気になります。
  1. 2006/05/08(月) 20:00:15 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

バルセロナ・アムステルダム

かつては「アヤックス・カタルーニャ」という異名もあったバルサ。時を経てテン・カーテという存在を介して”逆輸入”で↑のように呼ばれることになったり・・・でも、「バルセロナ・アイントホーフェン」の方がより現実的かも?理想論ですが、テン・カーテがいまのOL(オリンピック・リヨネ)を率いるコトになれば、どうなるのかなぁ?とも思ったり。むろん、現ウリエ体制が磐石そのものであのクラブは政権交代の予感も無いですが(爆)

今回のW杯、オランダの中盤のカギを握るのはコクーになりそうですね。ファン・ホーイドンクとベルカンプって”タメ年”ですよね。たしか・・・。「チームの和」というポイントで見れば、セードルフとファン・ホーイドンクはほぼ正反対の作用を生み出すだけに、「裏方」としてチームを鼓舞するホーイドンクの存在も貴重だと思います。彼のFKもまだ貴重な「飛び道具」ですけど。今回のオランダ代表は例年にない「チームワーク」があるチームとして脚光を浴びるかもしれないですね。まずは5/15(月)を過ぎてチーム陣容を見ないことには(笑)

今回のW杯は「ミニギリシャ」的なチームが激増しそうな気がしてならないんですけどね。EURO2004は世界中のW杯未優勝国に「強豪国に一泡吹かせる」方向論と計り知れない希望を与えたと思います。優勝候補といわれる国は、開催国を除いて総じて1勝するのに苦労すると思います。ブラジルも例外ではなく・・・。世界をアッと言わせるアップセットも連発かも?トリニタード・トバゴがイングランド、スウェーデンを連破したりとか・・・結局は激戦区という前評判のあるグループCも、他のどこのグループも大差なく厳しいグループになるんでしょうね。グループEもアメリカのぶっちぎり首位通過とか・・・「有り得ない」とも言い切れませんし(笑)
  1. 2006/05/11(木) 01:52:58 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

正式発表は、5/15ですか

それならベルカンプドンク君は入ってるかもしれませんね。実はこの二人と同じくタメ年なんですよ。だからということは無いのですが、この二人にはタップリ思い入れを注ぎ込んでます。小野が入って UEFA Cupとった頃のフェイエノールトの勢いは凄かったんですがね。あの時にバルサへの選択肢があれば、間違いなく代表でスタメンはれてたのでしょうね。ユーロ2004も違う結果になっていたことでしょう。スーパーサブでもいいので名を連ねて下さい。

まあBarcelonaには、ジーザスからのフレンチOranjeコネクションが脈々と流れてますので、GIOだけになった時には、ライカー自身が切り捨てるのかと思いましたが。アンリは好きですが、ロッペンという選択肢(モゥリーニョとの抱合わせ)の方が、ジーザスとの不仲を考えると(展開が)面白いんじゃないかな。
いやいや、それとも、チェルシー自体を、超攻撃型チームへと変貌させる可能性も考えてるなら、テンカーテを欲しているのは、モゥリーニョではないですか。

Lyonについては、ウリエであろうと、なかろうと、ルグエンを降板さしたことにより、少し狂ってしまったのかと思ってます。
というか、ミランとのセカンドレグにティアゴがいなかったから、バルサVSリヨンが実現しなかったとおもってますので。

WCについては、若手主体のまとまりのあるチームになるとは思うのですが、FWのチョイスの選択を間違うと、ファンバステンの手腕が問われることとなるでしょう。

  1. 2006/05/13(土) 21:31:28 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

ワールドカップ

ル・グエンの退任はビックリしましたね。リーグ4連覇を決めた直後だっただけになおさら・・・。自分も後任にウリエ監督が決まった時には「たぶんOLもコケるんだろうな・・・」とタカをくくってました。しかし今季のOLときたら・・・完全に(いい意味で)裏切られましたね。アドリアーンセからファン・ハールに監督交代したAZとともに、監督のスイッチとしては成功した例だと思います。ただ、勝負どころでやや運が無かった点は残念でしたが。

OranjeのFWはカイト、ファン・ニステルローイ、ロッベンで不動だと思うんですけど、怖いのはケガだと思うんですよね。特にロッベン不在時のバックアッパーが居なかったのは、W杯予選からずっとファン・バステンOranjeの”課題”になってました。それゆえサロモン・カルーの帰化を望み続けたファン・バステン監督・・・ココをどう「やりくり」するか、グループCでも1つの”見どころ”だと見ます。それにしてもセルビア・モンテネグロのジキッチ、ケジュマンのFWコンビは不気味だなぁ・・・。オランダ代表がここ数年苦しみ続けたチェコ代表FWの「コラー&バロシュ」コンビを彷彿とさせる様な・・・高さとスピードの組み合わせなだけになおさら(爆)
  1. 2006/05/14(日) 07:34:04 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

モンテネグロ独立?

セルビア・モンテネグロって、モンテネグロが住民投票により、独立する模様です。今回は、セルビア・モンテネグロとして初参加にして、最後の参加になる模様。昨年のスペインとの親善試合さらっと観ましたが、グループC見れば見るほど恐ろしいグループです。せめて、初戦が、セルビア・モンテネグロvsアルゼンチンなら、アルゼンチン国民の『以前見た悪夢』として笑えるのですがね。

ドンク君もダービッツ君も代表から漏れましたね。コクーの役割が一層肩に圧し掛からなければいいのですがね。ファンデルサールと、レーマンの区別がつきにくくなってきた、今日この頃です(爆)
※先日のCL Final でBergkamp 出番なしについてはイタ仕方なし(勝利のエスプリはどこへ行った~)。
  1. 2006/05/23(火) 23:38:48 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

セルビア代表&モンテネグロ代表

自分もそのニュース、興味深くメディアで読みました。国家規模で言えば人口1000万人のセルビアに対し、その1/10以下の人口62万人というモンテネグロ。今回のセルビア・モンテネグロ代表を見ても、モンテネグロ人選手はレッチェ(イタリア)所属のFWブキニッチ選手のみで、あとの22人はセルビア人選手・・・セルビア人選手比率95%以上で現実的にはほぼ「セルビア代表」といって過言では無い感じですが、でも「セルビア・モンテネグロ代表」という希少価値の”高い”代表チームとオランダ代表は戦える。貴重な経験ですね。アルゼンチンのみならず、オランダもコートジボワールも・・・この「セルビア・モンテネグロ代表」の存在を嫌がっているとも思いますけど(笑) 欧州予選グループ1でマケドニアを苦手としていたのがどう影響するか?かな。

ファン・デル・サールとレーマン、自分ははっきり区別つきますよ。相手FWを倒してしまうGKがレーマンで、相手FWに頭突きを食らうGKがファン・デル・サール・・・ネタが古くて恐縮デス(爆) CLファイナルのあの試合展開では・・・前線のコマであるベルカンプのカードは切りづらかったでしょうね。自分は逆に感傷的な采配を講じぬベンゲル監督を改めて「勝負師」だと認識しました。アンリもベンゲル監督も・・・ハイバリー無き後もアーセナルというクラブに愛着を持ち続けそうで。しかし、ココにまさかロシツキーが入団するとわ・・・(汗)
  1. 2006/05/26(金) 00:44:51 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ベンゲルノート

テン・カーテ(用心棒type)Ajaxに決定ですね。モゥリーニョ以上に期待されてるので、一年目で結果を求めるのは酷でしょうね。Bergkamp様は、構想に入らないのですかね。そんなことになれば、指揮官への道も開けてくるのかと思いますし。飛行機以外にも、苦手を克服しないと周りがつらいだろうな。きゅうりや山椒食べれるのかな。好き嫌いが多い人なのかな。CL Finalでの残り10分にワクワクしたのですが、レジェス投入とは、今までの起用を崩して欲しかったのですが、ベンゲルノートには、94.98のような一瞬の煌めきよりも、信頼という、オーソドックスなプレイしか記されて無いなら仕方の無いことですが、あそこで、追加点を獲られても、掛けに出てくれるんじゃないかと期待したのは間違いですかね。
感傷的にならざるを得ない今日この頃でつ。

ファンデルサールとレーマンの違いは、自滅するのが前者で、自爆するのが後者と思ってました。その違いは、あまりないと思ってましたけど、意外と違うのですね。

2006WC大穴は、セルビア・モンテネグロではなく、トリニーダ・トバコ?で、穴馬は、ポルトガルです。DECOは、バルサでのプレッシャーに嫌気を感じてるようで、代表での試合の方が楽しめるという記事を目にしましたので、マルケスと同じく、攻撃での活躍を一層期待しております。

  1. 2006/05/30(火) 06:19:45 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

就任1年目

アドリアーンセ、R.クーマン、ブリントと・・・アヤックスのフロント側の「こらえ性」が足りないのか、ここ最近のアヤックス指揮官の就任期間は短く生え変わっています。確かにフロントもいい選手を引っ張ってきたりしてるんだけど・・・。テン・カーテ監督は長い目で、いずれ辞める時も「解任」、「更迭」という言葉とは無縁の・・・「勇退」的な言葉に包まれる”花道”であって欲しいです。まだ就任直後なのにこんな話(爆) CLは自分は後半戦を見なかったので、スタジアム(サン・ドゥニ)に流れる空気もいまだによく知らないのですが・・・試合終盤には「ベルカンプを出せ」的な空気も流れてた感じでしたか?逆転されてもベルカンプを投入すれば流れは変わる・・・ベンゲルが最後の一手を打てなかった感があったのなら、↑の言葉は多少訂正の必要があります。

>自滅するのが前者で、自爆するのが後者
GKも波に乗ると「神」になりますし・・・意外とこのファン・デル・サールとレーマンがW杯でも「無失点記録」を継続して・・・ファイナルでぶつかるシナリオも「アリ」かもしれませんね。PK合戦で11-11とか・・・(笑)

トリニダード・トバゴは歴代W杯出場国で最も国家規模が小さいみたいですね。モンテネグロとどっちが小さいのやら?ポルトガルはデコが自由に動き回るような展開なら、フェリペ監督が思い描く試合も出来そうかも。あとC.ロナウド、ロッベンとどちらがサイドプレイヤーとして世界の頂点を極めるか・・・ココも楽しみですね。
  1. 2006/05/30(火) 19:17:38 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

トリニタード・トバゴでしたか 

トリニタード・トバゴがイングランドを破って予選突破したら、
何人ちゃんと言えるかな?

せるさん、CL05-06 Fianl 後半観てないのですか、それは残念です。DECOは、いつものように、UPショット撮ってくれませんし、控えメンバーのBergkampのショットも、表彰式の時しか写りませんでしたので、僕の中では気になって仕方がなかったのですが、カメラアングルからでは、それほど期待はされていなかったようです。レーマン退場により、Bergkampの登場はほぼないと思ってましたが、雨が本降りですべる状態を考えれば、勢いのある若手より、Bergkampを起用して欲しかったです。Final出場できなかったことにより、Ajaxへの途は残されました・・・(苦笑)

ガナーズの最近の動きを見れば、ベンゲルは、既に06-07シーズンのことで頭が一杯やったってことでしょうね。そのことを考えた上での起用やったら、あんまりです。ベンゲルノートには審判への抗議は記されてなかったはずなのすが...
来期も『Realプーさん』が熱くなります(爆)
  1. 2006/05/30(火) 20:53:04 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

プーさん

ベンフィカ経由でアヤックス→PSVへの移籍というのもしたたかですね。PSVの監督でも「赤いマフラー」は健在なのでしょうか?クーマン監督(笑) アヤックス監督時には練習でGK(当時はロボントやステケレンブルグ辺りに)現役さながらのCKを浴びせてましたけど、PSVでも練習でGK(ゴメス?)に自らの「キャノン砲」CKを浴びせまくるのかな?おかげでステケレンブルグは代表でも好セーブを披露するまでになりました(爆)

トリニダード・トバゴ代表はビルチャールという、バーレーンとのプレーオフ?で凄いロングシュートを決めた7番の選手が居ますよね。英国籍でたしか祖父にルーツがあるとかでトリニダード・トバゴ代表を選んだ白人選手で。イングランド戦とかでこのビルチャールが決勝ゴールなんて決めた日にゃ、何ともドラマチックですが。

ベンゲル監督としては新スタジアム移転のコトも確かに少なからず構想にあったんでしょうね。CLファイナル、結局はベルカンプの「ラストステージ」という形でのクローズアップは少なかったようで。余談ですが6/1(木)「オランダvsメキシコ」の試合展開(後半戦5分間の逆転劇)に、CLファイナル「バルセロナvsアーセナル」を彷彿とさせてしまったのは自分だけでしょうか。試合のユルさ加減は「雲泥の差」なのは別として(爆)
  1. 2006/06/02(金) 22:46:48 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ヒディング飛び級

いまごろですが、あけおめです。

モゥリーニョ自身が、求める攻撃型布陣に限界を感じ始めたのでしょうか。モゥリーニョが動けば、CLの勢力図が変わりますよね。今のミランとレアルなら救世主まちですので、ここがチャンスと見て、上層部との対立をちらつせながら、オファーまちといったところでしょうか、

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20070113-00000001-kyodo_sp-spo.html

↑これまでの状況じゃ兼任はないので、CSKA超えてチェルスキー説は有力じゃないかと勝手に思ってます。
2007/2/7 Oranje VS Russia これからの両者を占うにも非常に楽しみにしております。

本年もちょいちょい遊びに来ますのでよろしくお願いします。
  1. 2007/01/13(土) 12:56:47 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

モウリーニョ代表監督

Climaniaさん、お久しぶりです。あけましておめでとうございます。エールディヴィジがウィンターブレイクに入って、すっかり高校サッカーに夢中になってたら・・・モウリーニョ監督とチェルシーはただならぬ関係になってたんですか!もっとも、自分はチェルシーがいまプレミア何位なのかも把握してない惨状ですけども・・・このモウリーニョ騒動が発端なのかどうか、ロッベンの周りまでも騒がしくなってるみたいですね。「いま、最もアツい男」リベリーとかロッベンとか・・・最近やたらと大物獲得に躍起になってる某(冬休み中?の)クラブも居ますが、強硬手段に出ると「北のサムライ」的な移籍劇になりそうな感もあるとか(爆)

ヒディング「代表監督」にはロシア代表での”お仕事”を全うしてもらいたいんですけど・・・上層部の意向で「飛び級」的な監督就任になったらえらいコトですね。とりあえず今年2月の親善試合「オランダ代表vsロシア代表」だけは何としても実現して欲しい次第で・・・個人的に(爆) PSVとオーストラリア代表で”二足のワラジ”を履いた方ですから、「兼任」もアリかもしれませんけど・・・オランダとロシアはせっかくヒディング監督が結んだ縁ですから。あとモウリーニョさんには(フェリポンがどかない限り、ポストは空かないだろうけど)母国ポルトガルとか、かねがねウワサの”史上最強”イングランドとか・・・次の仕事を「代表監督」にした方が敵を作るのが少なくて済みそうな気も。プレミアを出て行って欧州大陸側のビッグクラブの監督になると・・・まず、古巣のチェルシーを”骨抜き”にする「一手」で来ますよね。リーグは違っても「CL」という括りで考えればチェルシ-から”ライバルクラブ”への監督就任になるはずで。そうなるとチェルシーでも”サンクチュアリ”聖域化されているランパードをイングランド外に連行するとか・・・代表監督になれば(帰化云々は例外として)選手を引っこ抜く策も規則的にほぼ封じられますし。なんか漂いますよね、その辺が。ラウールを放出しかねない監督さんも居るこのご時勢ですから・・・。本年もよろしくお願いします。
  1. 2007/01/13(土) 17:18:51 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

黒クマ VS 白クマ弟

ほんまに面白い試合になりましたね。
なんせあの元バルサの鬼軍曹のかわいいこと。
点を取るまで我慢しまくってましたよね。

僕のブログでやっても誰もついてきれくれませんのでこちらに足跡を、ダビちゃんいきなり先発やないですか、これだけでも相当テンション上がりましたよ、フンテラールは後半から投入してくれると思ってましたが、バベルがキレキレで出番なしは致しかたなし。それとダビちゃんの強引FKを観たかったのにスナイデルが全部蹴るとは、ダビちゃんここでの挑戦をじっくり考えているようなのでよかったです。一点目取った後のFKは譲るかなと思ったんですがね。

 セルさんがMHPで書いていたように、03-04シーズンのバルサの後半戦の再来ですね。あのときもロナウジーニョがとりだたされはいたが、冬の移籍でダビちゃんがはいってから快進撃が始まったのですからね。テンカーテとの衝突も考えてましたがそういやあの時に忠実にテンカーテ戦略の普及活動に貢献してたのこそダビ君やないですか。

 それとちゃんとファンバステン監督 この試合アレナで観戦してましたよ。(よだれたらしながら、)テンカーテをコーチにもってこれたら、ダビ君との仲もテンカーテ システムも使えるはずなんですがね。

どちらも期待されている監督だけに、2/7の親善試合には
テンカーテシステムに頼らずとも、交代 オレを見せて欲しいですね。

  
  1. 2007/02/05(月) 19:08:50 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

ドレッド+ポニーテール兄弟

Climaniaさん、ホントに今週末はトッパー「PSV vs AZ」&デ・クラシケル「アヤックス vs フェイエノールト」と豪華二本立てで楽しませてもらいましたよ。昨年最後の親善試合イングランド戦(H)で代表復帰したセードルフもそうだったんですけど、ダーヴィッツも”年輪”重ねてるんですねぇ。彼らがFKをスネイデルらに譲るシーンは、心なしか大御所「北島三郎」的な余裕を感じさせるトコロで・・・若い「アレナの園」に舞い降りると、一際そういった印象が強いです。しかし並んで見るとやっぱりダーヴィッツとエマニュエルソンは「ドレッド+ポニーテール兄弟」でしたね。2人立て続けにイエローカードもらっちゃった場面は思わず吹き出してしまいました。相手フェイエにもグリーン(フレーネ)が居たので「三兄弟」状態だったかも?(笑)

テン・カーテ監督にダーヴィッツという”駒”は「マスターピース」なんでしょうね。スナイデルのハット、スポナビ中田徹さんはMFガブリを絶賛されてましたし、バベルのあの働きぶりも目からウロコでした。クラシケルでのあの3トップは南アフリカ遠征ですでにテストされた布陣だったそうで、個人的にはサイドを幾度と無くブチ抜いたデ・ムルが素晴らしくて、あとフェイエですけどフィンケンの動きも良かったです。ロシアとの親善試合に向けて、この日のアヤックスの「戦術」、そして(”バトル相手”ファン・ハール監督率いる)AZの(今年の高校サッカー覇者・盛岡商並みの)「泥臭さ」・・・ファン・バステン監督にとっても見る所の多い週末だったのではないでしょうか。確かに「交代、オレ」はいまだ”最強のカード”かもしれませんね(笑)
  1. 2007/02/06(火) 08:00:57 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ヒディング確変

ご無沙汰してます。
実は、EURO2008開催に合わしてオランダに行ってきまして、
そのArenAにもレンタル自転車借りて寄ったのですが、Longツアーの予約しようと思ったら、今日はショートツアーしかないと言われてなんでかと思ったら、ピッチを見てびっくりです。芝生が全面的にはがされて、工事してるじゃありませんか、オランダ語の解説によると、聞き取れたのはBonJovi!...

まさかのフェリポン解任に続き
ヒディング兼任監督とはこれいかに、まさかの飛び級起っちゃいましたね。確変がどこまで続きますかね。

08-09CLはフェリポンでどこまでいけるのか楽しみにしてましたが。特にInterモゥリーニョとの対決を期待してたので残念でなりません。

UEFA Cupは、Ajaxパンケーキ野郎が強敵フィオレンティーナにどこまでできるのかも楽しみですね。フンテラールの確変使えなくなったので厳しいですね。


それと話は飛んじゃいますが、9月5日、史上初めてオランダ代表と日本代表の対戦が確変中のようですね。それもフロルシュ・フェステ・スタディオンとはね。




  1. 2009/02/12(木) 23:39:22 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

パンケーキ野郎(笑)

Climaniaさんお久しぶりです。EURO2008開催中に来蘭されてたんですか。ベルンは大変な祭りになってましたが、オランダ本国もあの熱狂のグループCでは凄かったんでしょうね。ArenAツアーは自分もショートver.を見に行ったのかな・・・クライフ翁の肖像画か何かがあったのを覚えてます。芝の張替え中だったんですか・・・そういやEURO開催中ということはシーズンオフですもんね。BonJoviは自分がフィリップスタディオンに試合観に言った時もかかってたような・・・あれはQueen?ヒディンク監督、いよいよというかチェルシー監督就任ですね。ロシア代表監督と兼任という事で・・・とりあえず胸を撫で下ろしました。これでモウリーニョ監督との激突もCLで見られるかも?って所ですもんね。アーセナル戦だとアルシャヴィンと対決かぁ。でも、個人的にチェルシーの”スタイル”とヒディンク監督の”野武士スピリッツ”とは合うのかな・・・とも思ってます。つか、フェリポン解任こそまさに「青天の霹靂」ってヤツですよねぇ~。

>UEFAcupは、Ajaxパンケーキ野郎が強敵フィオレンティーナにどこまでできるのかも楽しみですね。
>フンテラールの確変使えなくなったので厳しいですね。

>それと話は飛んじゃいますが、9月5日、史上初めてオランダ代表と日本代表の対戦が
>確変中のようですね。それもフロルシュ・フェステ・スタディオンとはね。


これ、両方ともスポナビの記事で読みました。名選手つかまえて「パンケーキ野郎」とはF-SIDEサポですか?過激だなぁ・・・マルコもかなり心労きてるみたいですね。ズラタンを持ってかれた時よりはダメージ少ないかな?とも思ってたんですけど、スアレスの確変もそろそろ・・・フンテラールの穴がジリジリと。親善試合チュニジア戦(A)でミスしたGKステケレンブルクも気になるんですけどね。現在”元”オランダ代表GKのファン・デル・サールがマンUで神がかり的に当たりまくってるのを見ると余計に・・・焦ったりイラついたりしないか心配です。「オランダvs日本」史上初のAマッチ、実現するんでしょうかね?して欲しいですねぇ・・・ワールドユースのメイン会場で、今乗りに乗ってるトゥウェンテのホームグラウンド、ここが代表戦の会場になるというのもサプライズ。9月の親善試合って、ファン・マルヴァイクOranjeがホームでオーストラリア代表に不覚を取ったのも2008年9月、なんだかオランダのバイオリズム的には”底値”な周期の予感もしますから、守備も整備しきれないだろうし(爆)日本代表はいい”頃合い”絶好のマッチメイクだと思います。というか、(日本側もそうですが)オランダもW杯「当確」決めてないとヤバいんですよね。
  1. 2009/02/13(金) 00:34:49 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #jdItOO7Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/47-e3dc2e96

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

プロフィール

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。