Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#53】
「4TEEN」 W杯、「14」と「21」と「23」と

W杯開幕ってもう明日なんですか?てっきり6/11(日)が開幕だと本気で思ってをりました(爆) そんな切羽詰った時期、オランダ代表は最後の最後に・・・デ・ヨングが土壇場になって予備メンバーに名前を連ねるという朗報も!!昨今のOranjeにはコクー、スネイデル、”ジオ”ファン・ブロンクホルストと親善試合オーストラリア戦(H)でケガ人が続出し、さらにはケガからの回復が懸念されるファン・デル・ファールト(ここ数試合の親善試合ではベンチで談笑するばかり(爆))の件もありますモノで。ファン・バステン監督の「決断」次第かな?

(幸い、ケガ人選手は大事に至らず・・・代表メンバーに変更”無し”でした。でも、デ・ヨングも捨て難い(爆))

これらの中から「代表OUT」の判断が下された時の”代役”という条件での招集になりますが・・・もしデ・ヨングが招集されようものなら涙モノです。いまだ試合勘が戻らないクロムカンプのバックアッパーとして右SBの不安も解消出来るでしょうし、さらに中盤も出来て得点力もあり・・・「オランダのランパード」と言っては大げさかもしれませんが、スーパーサブとして置くとしても”うってつけ”の人材!いつかはオランダ代表がデ・ヨングによって救われる日も来る・・・とさえ信じております。ケガ人による代表離脱は痛いですが、しかしデ・ヨングの代表繰上げ招集にも期待せずには居られず・・・直前まで「サプライズ」が起こるかどうか注目であります。



周りの選手の動きが固いなか・・・ロッベンがいきなり大暴れ!セルビア・モンテネグロ戦はブログ後半




以前に【#15】「死のグループ」ですでにW杯グループリーグは予想済み、さらにはフランコ将軍さんのHP「Maas & Schelde」さま内のW杯特別企画トトカルチョにも予想(駄想)を送りました。3割当たれば・・・イチロー選手の打率よりは当たるかな?(笑) なので、ことさら「どこまで勝ち上がるか」というコトを書き加える余地はありません。むしろ、「どれだけ点を獲れるか」ってポイントについて今回は書いてみようと思います。

◎「21」
今回のオランダ代表のワールドカップ総ゴール数予想です。最大7試合(ファイナル進出の場合)出場で3ゴール/1試合という割合での計算です。1試合平均3ゴールってのも常識ハズレの数字ですが・・・大会前にこんな数字を期待させるのもそれがオランダ代表がゆえ・・・とりあえず”皮算用”で笑ってやって下さい(爆)

◎「14」
フォンテーヌの持つ個人最多ゴール記録「13」、半世紀余りこの記録は破られてないワケですが・・・それを記録更新して欲しいストライカーが今回のW杯では2人登場します。1人は”Sheva”シェフチェンコ、そしてもう1人は・・・ファン・ニステルローイ!7試合で14ゴールという得点ペースだと、最低1試合ぐらいはハットトリックが必要かも?それが初戦のセルビア・モンテネグロ戦か、はたまた2戦目コートジボワール戦か(爆)

なぜファン・ニステルローイがそこまでゴールを量産すべきか?それは、下の世代からフンテラールという「黄金の卵」が彼の座を脅かす存在になるであろうから。長らくオランダ代表センターフォワードの位置を「指定席」として確保していたファン・ニステルローイにも・・・今後における”危機感”(もしくは心地よい緊張感?)を感じてくれているコトでしょう。フンテラールは”上”を見据えてエールディヴィジ得点王、そしてU-21欧州選手権得点王を獲得しました。そしてファン・ニステルローイもタイトルを・・・いずれはOranjeのCFポジション争いを行う両雄、彼らの「切磋琢磨」は直接A代表で同居する前にすでに「始まっている」のかもしれません。

”皮算用”の続きですが・・・オランダ代表の総ゴール数が「21」で、うちファン・ニステルローイが14ゴール。残り7ゴール中ロッベンが2ゴールでカイトが2ゴール、ファン・ペルシーが1ゴールでファン・デル・ファールト(もしくはスナイデル、はたまたデ・ヨング?)が1ゴール、そして最後の1ゴールはコクー(↓にもありますが、花道ゴールで最後の勇姿!)という”内訳”です。それだけにスネイデルのフリーキックやファン・ペルシーの左足の威力に目を細めたのですが・・・さて本番ではOranje、どこまでゴールを積み重ねますでせうか?


◎「23」
「バスケットの神様」マイケル・ジョーダンの背番号は、フットボール選手にも憧れの番号として存在するようで・・・現にファン・デル・ファールトは前に所属していたアヤックスで「23」番を付けていました。その頃のアヤックスユニのレプリカは現在も”宝物”として所持してをりますが・・・ハンブルガーSVに移籍して、また心機一転「23」の番号を付けているようで、ラファエルにとっては「10」よりも「23」に愛着を持っている風な感じですね。たしかデイビッド・ベッカムが所属のレアル・マドリッドで「23」を付けているのも同じ理由だったような?

ちなみに今回のW杯オランダ代表メンバーで「23」を付けているのはGKステケレンブルグ。しかし、もし(↑にも書いた)デ・ヨングが追加招集されるコトがあるのなら・・・背番号はどうなるのでしょうか?「24」?それとも代わりに離脱した選手の番号をそのまま引き継ぐのやら?オランダ代表「23」番目の選手がもしデ・ヨングになって、「23」に愛着を持つラファエルがW杯を目前に代表を抜けてしまうような事態があるとすれば・・・「23」、この数字が「14」、「21」とともにオランダ代表に”ドラマ”を生み出す数字になるのかもしれません。


(※)「23」について、ラファエルは「たまたま空いていた番号だから23番を選んだ」との事で、ハンブルグに移籍したときもデビュー時の「縁起」を担いで「23」を付けた。むしろマイケル・ジョーダンのファンはデ・ヨングの方だ。というご指摘も頂きました。必ずしも「MJのファンだから23番を選んだ」というエピソードが正当では無いという事で。てっきりマイケル・ジョーダン信者からの「23」番だと信じきっておりました。失礼致しました。




Shevaとファン・ニステルローイが顔を合わせるかもしれないW杯得点王争い、最後まで目が離せない展開を期待せずには居られません。決勝戦までに両者とも12ゴールずつ挙げて・・・決勝戦で「どちらが新記録樹立か!?」というシチュエーションで、そして試合でともに1ゴールずつ挙げて「13」ゴールでタイ記録に並んで・・・後半にファン・ニステルローイが14ゴール目となるゴールを挙げて新記録達成!「オランダ代表vsウクライナ代表」の(U-21欧州選手権では無い)もう一つのファイナルは終盤まで2-2ぐらいでもつれて・・・

(しかしShevaにカルーに、さらにはジョン・オビ・ミケルまで・・・どんだけお金があるんだ!?>チェルシー

そして後半ロスタイムにコクーが決勝ゴールを決めて、これまで影武者に徹してきた彼が最高のスポットライトを浴びる・・・コクーの周りに「歓喜の輪」が出来て、試合後には胴上げも・・・なんか、高校野球の決勝戦みたいですけど。「予言」と言ってはムシが良すぎるであろう、「皮算用」という言葉では始末がつかないような?大会前だからこそ脳内で(自由奔放に)思い描けるシナリオを大会前に”すべり込み”で書いてみました(爆)



World Cup 2006 Group C

・[Match 1]
セルビア・モンテネグロ代表 0-1 オランダ代表
(得点)【オ】ロッベン(18')

先制ゴールはファン・ペルシーのセンターライン付近からのアシスト→前線に飛び出したロッベンが相手GKと1vs1、この場面を冷静に決めるゴール!でした。日中の暑さと初のW杯で動きにやや固さが見られるこの日のOranje代表の面々、その中でロッベンの「一挙手一投足」は一際”異彩”を放ちました。More...

テーマ:2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2006.06.09(金) 12:23|
  2. 2014年ブラジルW杯
  3. | TB:0
  4. | コメント:14


コメント

U-21の再現?

ご無沙汰してます。
U-21欧州選手権は結果しか見られませんでしたが、オランダvウクライナということで、両国ともこれからの若手に期待が持てそうですね。

是非ともW杯でオランダvウクライナの決勝を再現してほしいものです。

願わくば、ファンニステルローイとシェバの得点王争いも見られると最高です。

最後にせるさんのHPにもリンクを貼っていただいた「アンケート」の最終結果をdalik.netにて公開中です。

他サイトさんでもリンクを貼って頂いているので、リンク画像ごと変更してしまいました。
アンケート結果は、http://www.dalik.net/enq/から見られるようになっています。

かなりのアクセスを頂いたようなのでありがとうございました。
  1. 2006/06/10(土) 21:02:43 |
  2. URL |
  3. Dalik #-
  4. [ 編集]

オランダ代表のグループリーグ突破確率:93%

GLを突破する確率は93%ですか・・・すっごい高いですね。dalikさんのアンケート結果を拝見して心強くなりました。アンケートの意見も人それぞれ、さまざまな思い入れがあって興味深いですね。その意見の中にあった「守りが機能すればセルビアが抜けると思う」というコメントに目が釘付けになってしまいましたが・・・(汗)

U-21欧州選手権はまずグループリーグ初戦でオランダがウクライナに敗れたんですよね。それを最後の最後に決勝戦で「リヴェンジ」してオランダが優勝して・・・大本命と見ていたイタリアや開催国ポルトガルが敗れたのも、決勝戦のスコア「0-3」というのも意外でした。フンテラールはA代表に呼ばれず、この「偉業達成」のオランダU-21代表メンバーは今回のW杯では居ないのですが、ウクライナはこのU-21メンバーからA代表にも選出されている選手が居ますよね。特にミレフスキーは・・・もし今回のW杯でもシンデレラストーリーを駆け上がろうモノなら、Shevaとファン・ニステルローイの熾烈な「得点王争い」に割って入ったりして?(笑)

昨日は「始まったみたいだ」という第1日、ろくに試合を見られませんでした。しかし第2日の3試合はいずれもガッツリ見てみたいカードが続きますね。イングランド代表のMF⑧ランパードと、スウェーデン代表のMF⑯シェルストレム、そしてコートジボワール代表のDF⑬ゾロ(出場するかどうか分かりませんが)をそれぞれ軸に見てみたいと思います。レンヌからOLへと・・・フランスリーグ・リーガアンで”出世コース”を歩むMFシェルストレム、そしてアフリカ・ネーションズ・カップでもサイドバックから”突貫小僧”でガンガン上がってた・・・太ももが石油タンクみたいにパンパンに張っていたDFゾロには初戦から”MAX”で大暴れして欲しいモノです。そしてランパードも初戦からミドルシュートを炸裂させて欲しいですね。チラベルト無しのパラグアイも新鮮だなぁ。

あとトリニダード・トバゴ代表のMF⑦ビルチャールも気になる・・・でも、トリニダード・トバゴのGL突破確率は、dalikさんのアンケート結果によると1%なんですね。世界をひっくり返せるか・・・ベーンハッカー監督!?
  1. 2006/06/10(土) 21:51:46 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

こんばんは☆

いや~
ワールドカップ始まりましたね!
昨日ドイツの国家斉唱の場面のみみているのですがみんなホリが深くて目のクボミの部分が影ができていてちと怖かったです。


今イングランド対パラグライを見ています。
やっぱりベッカムはかっこいいですね!

  1. 2006/06/10(土) 22:36:08 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

見るつもりが・・・

「イングランド代表vsパラグアイ代表」の後半開始までは記憶にあるんですが・・・ウトウトしちゃって。目が覚めたらトリニダード・トバゴがスウェーデン相手に大騒ぎしてました。ホントに世界をひっくり返した?ベーンハッカー監督!?ハイライトを見る限り、この前の親善試合「オランダ代表vsオーストラリア代表」を彷彿とさせますね。11人vs10人になりながら、ゴールをもぎ取れず・・・スウェーデン代表の気持ちもお察しします(爆)

ホリの深さ、そうなんですよね。むこうの人たちって受験生みたいに目の下にクマが出来てるように見えて。ベッカム選手はメディアが「チャラ男」みたいに報道してますが、試合を見ると実は泥臭いプレイもするし汗もかくしタフだし・・・キックの精度も相変わらず見事でしたね。かっこいいし、自分は「うまい」と改めて思いました。
  1. 2006/06/11(日) 03:10:42 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

今日はオランダ!

今日はせるさんが大好きなオランダ戦ですね。

私は一応(?)応援しますよ!
オランダを!

そして・・・私のお好みの選手がいるかチェックもしなきゃ!

( ̄ー ̄)

  1. 2006/06/11(日) 19:44:16 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

いよいよです。

ゴツい選手が多いですけど、1つのパスやドリブル、シュートに見どころのある個性的な選手が多いので、ぜひオレンジ軍団の「選手あさり」をして下さい(笑) あと、オランダ代表の試合は応援スタンドにも注目して頂ければ。“華やか”というか“悪趣味”というか・・・オレンジ色に身を包んだオランダ代表のサポーターで、ひょっとすると、スタジアム全体をオレンジ色に染めてしまうくらいの「ノリ」でくるかもしれません。おまけにインディアンも居ますし・・・(爆) 試合中には絶えずトランペットの音色が鳴り響き、耳も楽しませてくれるはずです。
  1. 2006/06/11(日) 20:45:01 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

なんとか勝ちましたが…

ちょいと自分の中ではフラストレーションの溜まる試合でした…
ぶっちゃけ俺の大好きなスナイデル今日は全然ダメだった気がするのは俺だけですか?

最低でもあと1~2点欲しかったですね

あとは足がつったファン・デル・サール見ながらもしかしたらGKフィリップ・コクーあるんじゃないかな?て変な期待したのは俺だけでしょうか
  1. 2006/06/12(月) 00:02:39 |
  2. URL |
  3. ばびる #-
  4. [ 編集]

試合終了。

ばびるさん、オランダ代表の面々はコクーとファン・デル・サールを除けばほとんどがW杯デビュー戦で・・・自分は全体的に動きが固かったかな?という印象でしたね。特にファン・ニステルローイは意気込みすぎてたのかな?という感じでした。スネイデルはコクー、ジオもそうでしたが開幕直前の親善試合オーストラリア戦(H)での負傷が影響していたのではないでしょうか?いずれ、これらの選手もW杯の雰囲気に慣れて調子を上げてくれるのではないか・・・期待も出来る試合だったと思います。ラファエルもいつ出番が来るのやら・・・。

>最低でもあと1~2点欲しかったですね
確かに!DFラインが不安定でセットプレイで1、2失点は喫するだろうと覚悟していただけに、1-0というスコアが続く試合展開はヒヤヒヤの連続でした。ただ、足がつりながらもゴールマウスを守り続けたファン・デル・サールを中心にきょうは守備陣がよく頑張りましたね。やや相手セルビア・モンテネグロ代表のフィニッシュの精度の甘さにも助けられた部分がありましたが、(相手のお株を奪う)中盤のプレッシングもよく効いてました。

そして、「大物だなぁ」とつくづく思ったのがロッベンとファン・ペルシー。初のW杯の舞台にも臆することなく先制ゴール&アシスト。この試合は右ウィングにファン・ペルシーをスタメン起用したファン・バステン監督の采配にも光が当たりましたね。酷暑のデイゲームの中、(かつてのPSVのチームメイト、ケジュマンの目の前で)ロッベンのあの終盤まで勢いの止まらないドリブルも驚異的でした。「マン・オブ・ザ・マッチ」もこの日は世界最高のウィンガー・ロッベンで文句無しでしょう。試合中に鼻血を出す彼の姿ですら・・・画になってましたし(笑)

>GK:フィリップ・コクー
交代枠3人目に、もしかしたらファン・デル・サール交代?と自分は肝を冷やしていましたが・・・ばびるさん、そのテがありましたね。思いつかなかったです。あのシーンはコクーがグローブをはめてゴールマウスを守る場面が見られるチャンスだったのか・・・そう思うとGKコクーが見られる「惜しい」場面だったんですね(笑)
  1. 2006/06/12(月) 00:26:36 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

祝!勝ち点3!!

お久しぶりです。Sparta Dotohoのhiroです。

まずは、勝ち点3、おめでとうございます。
堅守を誇るセルビア・モンテネグロ相手に
序盤で先制できたオランダ攻撃陣の勝利ですね。

ロッベン、切れてますねぇ~。
もう、独り舞台の感がありました。

個人的に心配なのは、簡単に攣っちゃうファン・デルサルの脚。
さては、野菜嫌いだな…ちゃんとビタミン取らなきゃ!

兎に角、初戦は試合内容云々より勝つこと第1ですから、
今日の勝ち点3は何よりです。

さあ、明日はこちらの開幕戦。対アメリカ戦。
ワクワクよりも緊張感が高まってきて口の中が乾きます…。

P.S.ちなみに私が少年野球やってた時の
背番号は、23番です。関係ないか…。
  1. 2006/06/12(月) 00:45:51 |
  2. URL |
  3. hiro #-
  4. [ 編集]

勝ち点3

hiroさん、お久しぶりです。祝福のお言葉ありがとうございます。なんか、いまだに試合が続いているような感覚で「勝ち点3」の実感がいまひとつ沸かないんですよね。自分やばびるさんの↑のカキコにもあるように、勝敗よりも試合内容に食いついてしまうのがオランダ代表好きの悲しい性かもしれませんが・・・「勝ち点3」よりもEURO2004のグループD、チェコ戦後のような戦いきった「爽快感」を欲しているとすれば贅沢ですけども。ファン・デル・サールには「お中元」として野菜ジュースの詰め合わせなどはどうでしょうか?(爆)

この日はガチガチだった周りの選手の中で、その分ロッベンが他の選手の分まで動き回っていたイメージですよね。明日はグループD「チェコvsアメリカ」、チェコもW杯の舞台に登場!分離独立後は初出場ですか。激戦区だったW杯欧州予選グループ1をオランダ代表とともに勝ち抜いたチェコ、ケガ人情報が多いみたいですが普段の力を出せれば・・・この2チームはルーマニア、フィンランド、マケドニア、アルバニア、アンドラという国を下してこの舞台に勝ち上がってきたのですから、それは誇りに出来ますよね。ほぅ、hiroさんも「23」を背に付けた経験がお有りなんですね。野球の世界で「23」番と言えば・・・何か意味のある番号でしたっけ?
  1. 2006/06/12(月) 01:01:22 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

遅いコメントではありますが。

せるさん、こんにちは。以前1度コメントを
させていただいたaquaと言います。

セルビアのカウンターや、オランダ守備陣の一瞬の隙をついた
攻撃にはハラハラさせられましたが
最終的にはオランダの勝利で終わって良かったですね。

1点での勝利は、守備陣(今回は特にファン・デル・サール)の
活躍によるものといえるでしょうが、

暑さにやられてしまった攻撃陣の若干の不調が
追加点を奪えなかった原因なのか?
セルビアの守備陣の堅守が1点で終わらせて
しまったのでしょうか?(セルビアは本当に守備が堅かった。)

私はその答えが前者であって欲しいと願うばかりです。
次の相手、コートジボワールできっと答えは出ると思います。
今回はロッベン・ファンペルシー・ファン・デル・サールが特に
目立っていた試合でした。
(ロッベンにボールが集まったので、疲れが残らないか
多少、気になってます。)

スナイデルは次にはもっと自分を出して良いと思うのです。
イングランドみたいなミドルシュートを
彼も打ち込んで欲しかった。

ファン・ニステルローイはやはり暑さが堪えたのか
マークが厳しかったのか、動きがあまり
良くなかったように思えました。

コートジボワール戦は点取り合戦になった場合
彼の得点の量産を本当に期待しています。
きっとゴール・マシンと言われる彼の体が暑さによって
油が切れてしまっていたのかもしれなかったですね。

長々と書いてしまいましたが、
とにかく次は「オレンジ」 vs [オレンジ]戦。
どちらが真の【オレンジ】なのか?注目です。
  1. 2006/06/12(月) 09:04:10 |
  2. URL |
  3. aqua #-
  4. [ 編集]

オレンジ対決

aquaさん、試合評ありがとうございます。「マン・オブ・ザ・マッチ」は文句無くロッベンでしたが、影の“功労者”はおっしゃる通りGKファン・デル・サールだと自分も思います。試合後に・・・もう足は治ったのかな?

前の記事のレスにも書きましたが、最近のオランダ代表は初戦の成績が芳しくなく、対照的に「2戦目」には好試合を演じる傾向があって・・・次の「オレンジ対決」(私的最注目カード)ではファン・ニステルローイも“ガソリン満タン”で臨んでくれるのでは?と期待です。オランダもコートジボワールもW杯への緊張感が抜けて、お互い「ガチンコ」でぶつかって欲しいですね!双方ともゴールラッシュが一番見込める試合だと思いますし。
  1. 2006/06/12(月) 11:55:57 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

デンジャラスゾーンの可能性

オーストラリア戦でアピール全開のファンペルシースタメン起用が効きましたね、あのロビングのパスをファンペルシーが出せるとは、(それでも05-06CL Finalには出場できませんでしたが)、ある意味稲本ですね(いや影の眠ってる獅子のお陰)。
ここで安心すると、今回の勝者が第2戦では、お互い負けてしまって、直接対決で決着なのはかなり危険です。 
どうも、いつもベタのタイトルになります チャンチャン
  1. 2006/06/12(月) 12:22:56 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

4チームが勝ち点3で並ぶグループC

第2戦の動向で、十分有り得る展開ですね。セルビア・モンテネグロ代表もあの守備に、しかも第2戦はDFの中心ヴィティッチも戻ってきますし、「本命」アルゼンチンを大いに苦しめてくれるはず(爆) あと2試合で勝ち点を2積み上げれば、このグループを抜ける“道”がおのずと見えると個人的にはにらんでおりますが・・・

ロッベンのゴールが決まった時、てっきりアシストしたのはファン・ニステルローイだと思ってました。リプレイを見てファン・ペルシーだったのでビックリでしたね。あんな洗練されたプレイを自身のW杯デビュー戦でやってのけるとは!「セルビアのお株を奪うカウンター攻撃」と紙面を躍らせたゴールでしたが、ファン・ニステルローイの”お株”を奪ったファン・ペルシーのポストプレイとも言えたのでは?後半途中からはCFのポジションに入り中央で、ファン・ニステルローイの「仕事場」まで奪い取った感すらあったファン・ペルシーでした(笑)
  1. 2006/06/12(月) 16:52:41 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/53-22ee8ef0

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。