Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#74】
「エカテリーナ」 サイボーグ的「香里奈」さん

サンクト・ペテルブルグの街を山口智子さんが旅していたのを見てビックリ!なぜに「世界最北の100万都市」”美都”サンクト・ペテルブルグの映像が?と思ったら、エルミタージュ展絡みのスペシャル番組「女帝エカテリーナ」の番組OA日だったんですね。「北のヴェニス」ピーテル、我が街(?)アムステルダムも”モデル”になったと言われる水の都・・・噂にたがわぬ壮麗な街とお見受けしました。いいなぁ、山口智子さん・・・ロシアに、しかもペテルブルグに行けて。どうせならペトロフスキー(スタジアム)も探訪して欲しかった・・・でも、エンディングで海辺か湖のほとりに辿りついて、「泳いじゃってもいい?」といきなり服を脱ぎ・・・ビキニ姿になって泳ぎだしたのにもビックリしましたね。相変わらず”自然体”だなぁ・・・いや、この方も「ネイチャー」だなぁ(笑)




「ベッケンバウアー」: ”一発ギャグ”を考えたグラビアアイドル、大沢あかねさん

だから、山口智子さんの”脱ぎっぷり”もかなりのインパクトだったんですけど、その1時間前もねぇ・・・10/25(火)の日本テレビは「衝撃」だらけの一日だったのかなぁ?「踊る!さんま御殿」は、”芸人さん”であるビビる大木さんやよゐこさんも「真っ青」の一発ギャグが飛び出しました。そのギャグは明石家さんまさんを撃沈させ、高橋秀樹さんの「ガハハ笑い」がスタジオに”こだま”しました。(既に「ぷっすま」でネタおろし済みらしい)

だったらココは?ベッケンバウアー、ベッケンバウア~

このグラビアアイドルながら捨て身の「ベッケンバウアー」一発ギャグに、「なんで(俺の憧れの)ベッケンバウアーやねん!」とツッコむさんまさん。「(ベッケンバウワーの部分は)ペレでもええやろ」とさらに”専門的”にツッコむと、大沢さんも”返す刀”で「それはさんまさんの自由で・・・」と、まるでギャグを”伝授”するかのような一言!実際にさんまさんも「これ、あげ~る」なギャグを”お持ち帰り”されていたような・・・このやりとりで大沢あかねさんは「踊る!ヒット賞」を獲得しました。でもその模様をもし、おじいちゃんの大沢親分が見ておられたならば・・・「そんなもんは””だ!(野球選手にしろ、野球に・・・)」と怒鳴りつぶやいたんでしょうね。もっとも、大沢親分はかなりの確率で”ウラ”の日本シリーズを見ておられたんでしょうけども・・・”古巣”日本ハムと”孫”大沢あかねさん、火曜の夜はどちらの「晴れ舞台」が気になったんでしょうね?大沢親分の場合(笑)

「バラエティ畑」: 畑を”荒らす”? 違うハタケからの”刺客”

その回の「さんま御殿」で、(「うっちー」じゃない方の)内山さんが「力士の引退後が気になる!」と半ば「デブ界」安泰の危機を訴えておられました。なんでも最近の元力士の方々はしゃべりも達者なやうで、「舞の海さんのグルメリポートなんて見事ですよ!”おばあちゃんいじり”も上手いし!」と、グルメリポーターなど自らの仕事を他の(デブの方に限らず)タレントさんに奪われかねない状況らしく、デブ界における昨今の”世代交代”の速さを嘆く内山信二さん。「それなら”お笑い”の方もなぁ!”から騒ぎ”なんて80才までやるとしたら、あと30年やねんで!」と、さんまさんも昨今の「お笑いブーム」で自らの地位が脅かされないか”戦々恐々”な心の内を、またお笑いに「貪欲」な姿をカミングアウトされておりました。イキのいい若手をチェックするために「オンエアバトル」まで見ておられるとか?また「『御殿』では背もたれに背中を付けちゃダメ!」と「勉強会」まで開くグラビア界からの進出にも「どんどん(バラエティ畑に)来よるよなぁ・・・」と身を案じるさんまさん(笑)

きょう、芸人が1人”死に”ました・・・

先週は「長渕ファン王」に尽きる1週間でしたが、その一方でバラエティ番組を”荒らす”(?)違う畑からの「刺客」な方々が活躍した1週間でもあったようです。もちろん長淵さんも「音楽畑」からの「刺客」と言ってもよい方で・・・先週の「さんま御殿」でも、現役JJモデルの土岐田麗子さんがインパルス・堤下さんに(番組中に)いきなり「好きです」とマジ告白しちゃって、その後堤下さんがメロメロで芸人として”制御不能”になった「事件」もありましたし、木曜の「ダウンタウンDX・15分拡大SP」でも、モデル&女優の佐田真由美さんが「松本人志さんの遺伝子が欲しい」と・・・積年の想いを激白!松本さん本人を「なんでキミはTVでそんなコトを言うの?」と”赤面”させ、スタジオを騒然とさせる「告白」もありました。グラビア界からバラエティ進出する方々は数多かれど、先週のトピックを考えると・・・こういう”流れ”は今後とも続いていくのかなぁ?”ぷぷるん”相沢紗世さんがまた別のお笑いの方に・・・とか?(根拠は無いけど)モデル界もバラエティ進出は”あり”ますね(笑)

「女優エカテリーナ」: サイボーグ性すら感じさせる・・・強い、そして暖かい「香里奈」さん

正直、モデル界→バラエティという流れは梨花さんの名を代表として従来からあるモノなのですが、彼女が(モーゼが如く)切り開いた”道”を追って色んな方々が「バラエティ畑」に・・・と思う出来事がしばしばあります。その中で、ホントに凄いなぁと思ったのが・・・先日のフジ「笑っていいとも!秋の祭典」での香里奈さんでした。驚いたのは、その笑顔の「スキの無さ」!生放送で、しかも2時間の長丁場で・・・あの番組にありがちな女優さん特有の「アタシ、番宣で来てるんだけど」的な”素”の部分が・・・香里奈さんからは全く見受けられなかったんですよね。毎度のこと、(タモさんやSMAPが司会なら?)女優さんにモノマネとかジェスチャーなどをやらせてもいいのか?と変に”空気”を心配して画面から緊張感が伝わるのもしばしばな内容なんですが、泉谷しげるさんや竹中直人さんの”暴れ”っぷりにも動じず、細かく表情で驚き、笑いなどの「リアクション」をコンプリートした香里奈さん。それでいてクールな雰囲気も崩れずに、たとえ画面の隅に映っていても”素”を殆ど見せないんですから・・・「天晴!」です。個人的に今回の「いいとも秋祭」ぶっちぎりのMVPでした(爆)

ふつうは「なんでアタシがバラエティ番組に出て番宣しなきゃいけないのよ」みたいな”空気”を醸し出すのがバラエティ番組での女優さんの「定位置」でもあると思っていたので、その日の香里奈さんの立ち振る舞いには一種の”サイボーグ性”すら感じてしまひました。感情をコントロールしつつ、表情は実に豊かであるという矛盾!それを画面に発信したパフォーマンス!お見事です。あの表情豊かな部分が”素”であるならばそれで、好感度が上がって女優界のトップに君臨するんでしょうし、またあの表情のウラに秘めたる”素の感情”があるとしても、それを奥目にも出さない香里奈さんのプロ意識の高さ。今回の”バラエティ仕様”が逆に女優としての演技力の高さを実証するモノにもなり得ます。このバラエティ番組での香里奈さんはヘンに特筆すべきモノがありました。実際、ドラマ「僕の歩く道」でしたっけ?(「いいとも!秋祭」見てたのに、草さん主演のドラマ名すらも覚えていない(爆))、クセのある主役を演じるのは草剛さんの方ですけども・・・むしろプライベートで「インドア派」なのは香里奈さんの方だったりするらしいですね。それでいてあのバラエティ番組への対応力・・・この方こそ、「女帝」ならぬ「女優エカテリーナ」になる素質があるように思えてなりませんでした(爆)

レギュラー放送の「いいとも!」でもタモさんが「それじゃ明日も見てくれるかな?」って言ったら、お客さんが「いいともー!」って返す”恒例”のエンディングシーンがあるじゃないですか。俳優さんなど「バラエティ畑」以外の方がゲストに来たときとか、あのエンディングで1つ”見る”ポイントがありまして。それは・・・ゲストの方が「エンディングに拳を上げるかどうか?」です。まず上げないのが中尾彬さん。俳優さんには「イメージ」もありますから、大多数の方は拍手的な感じで。でも”お笑い”の方でも、大竹まことさんも上げないですよね。確かドラマ「僕の歩く道」第1回OAの日(火曜日)にも、香里奈さんは草なぎさんと一緒に”番宣”のため「いいとも!」にゲスト出演されてましたが、注目のエンディングシーンでは・・・いいとも!レギュラー陣も顔負け?なほどに拳を上げていらっしゃいました。「ちょっと、ちょっとちょっと」・・・その境地に達するのはユースケ・サンタマリアさんとか筧利夫さんとか、番組の司会もこなす”バラエティ慣れ”した役者さんなんですけど(笑) それを見て改めて、香里奈さんという方は「ただものではない」方だなぁ・・・と再認識しちゃってました(爆)




結局、香里奈さんを称えつつも・・・実は日テレ「女帝エカテリーナ」で久々に地上波に居た山口智子さんを見ていたという”下げ”ですけど。自分の最近書く記事を振り返っても、お笑いを本職とする芸人さんのコトよりも、”違う畑”の方々を書く割合が非常に増えてきたのを実感しています。こっちの方もそうだし。まあ、プロの芸人さんがフォロー側に回って”拾って”くれるからこそ・・・番組中にいきなり「告白」した土岐田麗子さんや佐田真由美さんのように、また今夏の「内村プロデュースチョイ不良オヤジSP」に念願の”アシスタント”としてゲスト出演されて「内Pに出るのが芸能界の夢でした!」と言い切った(昭和のいる・こいる師匠ファンの)片瀬那奈さんのやうに、”違う畑”の方々ものびのび”泳ぐ”事が出来るんでしょうけど。「犬島くん」がROCKをアツく語ったり、市川海老蔵さんが「ドラゴンボール」話についてエキサイトするのも、「一樹先生沢村一樹さんが”エロス話”で(俳優としてのイメージをかえりみず?)バラエティ界を席巻するのも・・・同じ原理と言えるのかも。ただ、バラエティ番組にて前に出る俳優さん(今回の「いいとも!秋祭」で言う「Dr.コトー」チーム?)が居て、その”プレー”をフォローする芸人さん(同「いいともチーム」)が居て、それを「手のひらの孫悟空」かのように達観する香里奈さんの強く、そして暖かく・・・この「女優エカテリーナ」にただただ驚くばかりでした(爆)

テーマ:ファションモデル - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2006.10.25(水) 13:38|
  2. 深夜番組(バラエティ)
  3. | TB:1
  4. | コメント:10


コメント

ベッケンバウア~

「さんま御殿」見ましたよ。大沢あかねさんの「ベッケンバウアー」には、度肝を抜かれました。最近のグラビア・アイドルの方は、どこまで笑いに対して貪欲なんだろうと・・・(笑) よゐこの濱口さんに対するさんまさんの「コリン星」ツッコミもなかなかでしたけどね~。

>モデル&女優の佐田真由美さんが「松本人志さんの遺伝子が欲しい」
これは凄いですねぇ・・・。インパルス・堤下さんの方も、後で芸人仲間が真偽について尋ねたら、本当にマジなトーンの話だったのようでビックリです。

>「いいとも!」で・・・・ゲストの方が「エンディングに拳を上げるかどうか?」
また鋭いところを見てますね~(笑) 俳優さんはやはりあまりやられていないような気がしますが・・・でも中には、照れながらもこそっと拳を上げてる俳優さんもいたりなんかして、自分の中では高感度アップなんですけどね(笑)
  1. 2006/10/25(水) 20:16:18 |
  2. URL |
  3. bambi #9jgEo1Cg
  4. [ 編集]

明日も見てくれるかな?

bambiさん、今のレギュラー枠の「いいとも!」で大きな見どころは2つあります。本文に書いた「エンディングの拳」と、もう1つは金曜(現在)「いいとも!」オープニングの関根師匠の「駆け足登場」です。そして、カメラが来て関根師匠は草さんに、草さんは次の方に・・・「次の方どうぞ」と、(往年の「夜ヒット」が如く?)”バトン”を渡していくカメラワークです。おすぎさんが金曜レギュラーの頃はいつもそこで止まって、心の中で「おすぎ!」と(Gacktさんが「新司!」と谷村新司さんにキレたかの如く)憤ってしまってましたけどね(笑) そうそう、bambiさんのおっしゃる通り・・・エンディングで拳を上げなさそうな方が「いいとも~!」で拳を上げる場面にこそ「醍醐味」があるんですよ。そういう場面を見てしまうと、自分はコロッとダマされちゃいますね(爆)

先週はバラエティ界に吹き荒れた「マジ告白」ブーム。堤下さんの方は”ガチ”だったんですね。佐田さんの方も本人曰く「歴史的な告白」で、「普段じゃ・・・(番組中の)こういう場を借りて・・・」と話されてました。なんでも佐田さんの「細胞」が松本さんを欲しているとかで・・・。「さんま御殿」は高橋英樹さんが「ベッケンバウアー」と後で”テンドン”される位のインパクトでしたし・・・「だっちゅーの」じゃないですけど、もしグラビアアイドル産の一発ギャグが「流行語大賞」を獲るような世の中になったら・・・どうなるんでしょうか?さんまさんはよゐこ・濱口さんに話をふるのがやたら楽しそうでしたし、「濱口はどんな女の子がタイプやねん?やってみ!」って、トーク中で濱口さんに女の子役をやらせるやいなや・・・「U子!」でスタジオが”ドカーン”でしたもんね(笑)
  1. 2006/10/25(水) 22:12:26 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

大エルミタージュ美術展

こんばんは☆
山口智子氏の特番みましたよ~

本当に自然体な方ですよね。
パートさん曰く

旦那様の唐沢氏の喋り方がそっくりと!

うむ!
確かに!!

最後までみたかったのですが自分は10時からの「僕の生きる道」をみてしまいました。

しかしやっぱりエカテリーナが気になってCMになるたんびにチャンネルを変えてばっかいたので二つとも中途半端な感じになってしまいました・・・


ロシアか・・・

行ってみたいな~
若い女性は顔よしスタイルよしなかたが多くてうらやましいかぎりです。

おばさまになっていくと貫禄がでてくる方々が多いような・・・(笑)

上野のエルミタージュ美術展昨日の番組のおかげで物凄く混みそうな気がする・・・

でも行ってみたいな☆
  1. 2006/10/25(水) 22:44:46 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

エテカリーナ

猫娘さん、今回の記事は最初「エテカリーナ」というタイトルで書こうとしたんですけど、さすがにそれは「香里奈」さんに失礼だろうというコトで控えました。ドラマ「僕の歩く道」(ですよね?)って・・・自分は見てないけど、どんな感じですか?(爆) 「エカテリーナ」は本筋をじっくり観ていた方は「凄い愛の物語だ!」と評されてますね。自分はただただサンクト・ペテルブルグの美しさに見とれてた次第でして。ルーブル美術館に行ったときも絵画、彫刻だらけで”遭難”しそうになりましたが・・・本家エルミタージュ美術館も相当広そうでしたね!ロシアといふ国は・・・「謎の中の謎」、ナポレオンでさえも手中に収めきれなかったミステリアスな国みたいですね。

「女帝エカテリーナ」での山口智子さんのナビゲーター役も、サバサバしててテンポが良かったですね。彼女の地上波登場も物珍しくてつい見てしまったんですが、なまじ芸術に触れた気分にも浸れて良かったと思います(爆) 唐沢寿明さんの喋り方・・・どっちなんでしょうね?山口さんが唐沢さんに感化されたのか、その逆なのか・・・確かにパートさんのおっしゃる通りです。唐沢さん著のベストセラー本「ふたり」も読みましたが、自分はあれを読んでより唐沢さんが(「味ぽん」以上に?)好きになって。あと福山雅治さんの番組「福山エンヂニヤリング」に登場し、後輩の加藤晴彦さん、伊藤英明さん、そして福山さんを相手に”芸人顔負け”のハイテンションで無邪気に(ミニ模型の)スロットカーレースに興じていた唐沢さんの姿がやけに印象に残ってます。

http://sheva10.blog37.fc2.com/blog-entry-9.html

唐沢さんは「白い巨塔」撮影のときも”おちゃめ禁止令”が出て、さらに「いいともSP」などのPR出演も「生放送だと何を言い出すか分からない」と・・・”危機管理”のためバラエティ番組出演を(事務所側から)止められていたとか??「小早川伸木の恋」の時はそれは「解禁」になってたようで。そういや山口さんも、最近のどっかの深夜番組で「職人」についてアツく語ってましたけど・・・その語り口は(言われてみると)唐沢さんが乗り移っているかのようでした。同じ食べ物を食べていると”似てくる”というのは・・・リアルなのでしょうか?(笑)
  1. 2006/10/25(水) 23:11:51 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

マニアック

>金曜(現在)「いいとも!」オープニングの関根師匠の「駆け足登場」
またマニアックなところを突いてきますね~(笑) 「いいとも」において、関根さんと太田さんはボケの期待を裏切らないと、勝手に認識しています。ちなみに自分は、太田さんの手を広げながら軽やかに登場するシーンが好きです。前日(火曜)の夜に爆笑問題のラジオを聴いている流れがあるので、昼から生放送でテンションを上げてやっている姿に、なんか「頑張ってるなぁ」とジーンときてしまうというか。・・・っていっても深夜のラジオの方は、以前田中さんが体調不良になった時以来、収録での放送になっているんですけどね(笑)

佐田さんは、「下北サンデーズ」への出演で一気にイメージが変わった方ですが・・・元々、松本さんのファンだったのでしょうか。「さんま御殿」で大沢あかねさんが一発ギャグを披露した時、正直言うと自分は引いてしまったんですよ。しかし、あれ以来「ベッケンバウアー」が頭から離れないこの状況には、もう負けたと言わざる得ません・・・(笑) 「U子!」には思わず笑わされましたね。相手方サイドには良からぬスキャンダルだったようですが、ひそかにあの2人には上手くいってほしいなぁと思っています。(スキャンダルの真偽のほどは定かではありませんけどね~)
  1. 2006/10/27(金) 17:01:56 |
  2. URL |
  3. bambi #9jgEo1Cg
  4. [ 編集]

太田さん登場

bambiさん、「大物俳優みたいにのっしのっしと登場して、自分の登場シーンで時間を使われるのがもったいない」のが関根師匠のポリシーで、まだメインゲストが1人の時の「ダウンタウンDX」にゲストで呼ばれた時もそう話してたような・・・同じ月曜日のいいとも!レギュラーだったダウンタウンのお二人も、関根師匠の相変わらずの「駆け足登場」に”当時”を懐かしんでいたご様子でした。爆笑問題・太田さんの登場シーンもこだわり深いですよね。あの手を広げるシーンはホリさんが「太田さんが番組のスタジオに登場するところ」というモノマネのネタに使っているシーンではありませんでしたっけ?深夜ラジオ明けでの水曜日のお昼に生放送・・・考えてみればタフですね!現在は収録とはいえ、その前は生放送終わりでいいとも出勤されてたんですから・・・。そういや、さまぁ~ずのお二人も木曜日に深夜ラジオをされていた頃は、次の日の早朝から「内P」の収録スケジュールがあって、朝からハイテンションにならなきゃいけないので大変だったみたいですよね(笑)

「いいとも!」レギュラーじゃないですけど、テレフォン・ショッキングで柳沢慎吾さんが登場する時の一連の「パターン」も趣深いですね。柳沢さん登場→タモさんを無視して客席前に→手を伸ばす観客と握手→4,5人ほど握手した後で「コラッ!」的にお客さんを一喝!→すぐさまタモリさんの方を振り返り「どーもどーも!」とご挨拶・・・”ターさん”も「(そのパターン)毎回やってるだろ!」と注意されますから。その後に「山城新伍」さんとか「山さん」等モノマネを挟みつつメイントークへ・・・あそこは増刊号でも毎回カットされない部分です(笑)

「ブラウン管を通して見ている頃から好きで・・・」と、佐田さんは松本さんのファンだったんでしょうねぇ。思えば佐田さん、過去の「ダウンタウンDX」で確かプライベートは(時代劇の)ちょんまげのヅラをかぶって「殺陣」の練習をしているみたいなコトもカミングアウトしたり・・・ああいう”奇行”話も松本さんへの「アピール」だったのでしょうか?今夏の「ぷっすま」以来に復活した「ベッケンバウアー」・・・確かに強烈な印象を残しましたね。あのギャグを開発した「ぷっすま」の収録には光浦もご一緒で・・・その時も周りはあっけに取られていたみたいですね。佐田さんも思い切ってるし、その分濱口さんが「秘密主義」なのが何気に面白いですね。オフの日は「コリン星」に”日帰り”とか?まさか濱口さん、松尾伴内さんほどの秘密主義はお持ちでないでしょうけど(爆)
  1. 2006/10/27(金) 18:13:00 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

唐沢氏と山口氏

ありゃ?
私ドラマの題名がいまいちうるおぼえの為間違ってしまったみたいですね・・・
あのドラマは草剪君にぴったりな役どころな感じなんですよね~
結構楽しめますよ。



そういえば私のまわりには結構唐沢さんのファンが多いんですよね。
あのお茶目なところをみてしまうと母性本能がくすぐられてしまうのかしら?

やはりせるさんが言う通り同じご飯を食べるとキャラが似てくるんですよ。
仲がいい証拠です。


それにしても唐沢さんのあのテンション家でもそうなのかなぁ・・・(笑)
  1. 2006/10/27(金) 19:39:14 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

劇団ふたり

猫娘さん、唐沢さんと山口さんが今後(万が一)TVで共演するなんてコトになったら・・・唐沢さんに第一声で「こんにちは、”劇団ふたり”です」的な”ツカミ”をして欲しいんですけど(笑) あの「お茶目」の理由も、著書「ふたり」には事細かに書かれていたと思います。「さわやか唐沢」で売っていた時代も、本性として残る「鋭い眼光」はなかなか消えなかったとか・・・福山さんと唐沢さんが共演したTBSドラマ「ホームワーク」の頃は、まだ「さわやか唐沢」の時代だったみたいですけど。「古畑任三郎」第1シリーズで「クイズ王」の犯人を演じたときは・・・三谷幸喜イズム注入?でかなり「お茶目唐沢」に転換された時期だったんでしょうね。確かに唐沢さんの笑いに対する貪欲さは超人的ですよね!あのテンションを(ネスカフェと共に)家にも持ち帰っているとしたら、奥さんの山口智子さんの「度量」もかなりのモノと察しますし、それも「仲がいい証拠」になりますか(笑)

[それから1年後・・・2007年秋、福山雅治さんと唐沢寿明さんは月9「ガリレオ」第1回で共演します]
【#121】「ルーマニア戦」 http://sheva10.blog37.fc2.com/blog-entry-122.html


「僕の歩く道」、自分もあの三部作は(見てないうえに)タイトルを混同してしまい・・・「いいとも秋祭」では「ボクアル」と略されてましたか。草さん主演のドラマは、昨年の木10「恋におちたら」の方(島男)は見たんですけどね。草さんにぴったりの役どころ、ドラマでの香里奈さんもいい加減チェックせねば(彼女出演のドラマも「カバチタレ」以来見てないような(爆))、来週はこちらのドラマをチラリと見ようかな・・・と計画中です(爆)
  1. 2006/10/28(土) 08:22:23 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

三谷イズム

確かに三谷幸喜氏のドラマまたは映画でてからお茶目な唐沢さん爆発しているよ~な(笑)

「有頂天ホテル」では確かはげヅラかぶって演技していたような・・・

あのさわやか唐沢氏はどこに行っちゃったのかな?みたいな(笑)


  1. 2006/10/29(日) 01:05:17 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

THE有頂天ホテル

猫娘さん、結局まだ(予告しか見てなくて)本編をいまだ見ていない「THE有頂天ホテル」ですが(もうDVD化されてますよね?)・・・唐沢さんの役どころ、予告見ただけでもインパクトがあった記憶が。ヅラを被ってて、しかも刑事役だったら「ヅラ刑事」先取りじゃないですか(笑) 三谷作品の唐沢さんは、思いつくところで「ラヂオの時間」とか、ココリコ田中さん主演の「みんなのいえ」とか(映画「12人の優しい日本人」は、豊川悦司さんでしたか)・・・ネスカフェのCMでは画面上で”共演”もされて。一概に「さわやか唐沢」とは言えない、バリエーションのある役どころの数々。特に「ラヂオの時間」なんて、フジのドラマ「振り返れば奴がいる」でドラマの脚本が現場で勝手に書き換えられた経緯から・・・それを憂う三谷さんの(当時のドラマスタッフへの)思いを暗喩した作品とも言われてるそうで。唐沢さんも三谷さんとの出会いで「お茶目」爆発、逆に三谷さんも唐沢さんとの出会いで「お茶目」爆発?・・・お互いがお互いの心を「開放」させ合う存在だったりするのかも?(笑)

そういえば、”唐沢夫人”の山口智子さんも・・・「王様のレストラン」で三谷作品に出演されてますよね~!
  1. 2006/10/29(日) 01:36:17 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/75-7088babb

おバカタレント大沢あかねは●●●

 大沢あかねのおバカタレントぶりは、最近、あちこちのTVで目に付くようになってきました。あのおバカぶりは、そのへんのお笑いタレントより面白いね。
  1. 2006/11/02(木) 13:02:37 |
  2. 最近注目の●●●

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。