Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#8】
「琴の結束」 1つになった佐渡ヶ嶽&ロシア勢

「ゆうたろう」さんというそっくりタレントが居ます。なぜかツボなんです。みうらじゅん師匠も「ゆうたろうのプロマイドが欲しいんだよ!」とFMで”ゆうたろうファン”をカミングアウトされてました。ものまねネタがガッツリ”昭和”なのが「一周」回って笑えるし、鋭い目つきがたまらないし。”ハンディタイプ”の「Myサンシェード」や、妙にデカいブランデーグラス!あの「ゆうたろうグッズ」・・・欲しいなぁ。でもこの人って、前は「石浜ゆうたろう」って芸名だったような記憶が・・・。「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」だけど、オリジナルが分からなくても笑わせるモノマネは「ヤバい」です。とは言っても、関根勤師匠の「ペリー」のモノマネは”反則”ですけど(笑)

この方の登場が”恒例”なテレ朝「くりぃむナントカ」の「ビンカン王選手権」も密かに楽しみなんですよね~。あと日曜お昼の日テレ「テレつく」という番組かな?”ねるとん”のパロディでピン芸人の人が「ボケ」と「ツッコミ」に分かれて相方探しをするというバナナマンさんのご両人の企画があったんですが、そこで猫ひろしさんがゆうたろうさんに猛烈なアプローチ!結局はゆうたろうさんが「ごめんなさい」と猫さんを「振る」形になったんですが、確かその理由が「ツッコミどころが分からない」とかで。「猫ひろし&ゆうたろう」という奇跡のデュオが誕生する寸前だったんですが、このコンビは「幻」になりました。せめて一夜限りでも・・・惜しかったなぁ(笑)




大相撲九州場所13日目。佐渡ヶ嶽部屋ならびに幕内力士を引っ張ってきた現役最年長の「琴ノ若」関が引退を発表しました。最高位は関脇。そして現佐渡ヶ嶽親方(元横綱・琴桜)が定年を迎えられるために、年寄「佐渡ヶ嶽」を継承する運びとなりました。「激震」が走った佐渡ヶ嶽部屋、この琴ノ若や師匠の佐渡ヶ嶽親方に対する積年の「感謝」が土俵上に表れたのか、一堂に「佐渡ヶ嶽魂」を見せました。後輩たちの”恩返し”に万感の思いを馳せつつ・・・この日は琴ノ若、佐渡ヶ嶽親方にとっても「一生忘れられない日」になったはず!

○駿傑  (送り出し) ×琴ノ若
○琴奨菊 (寄り切り) ×垣添
×普天王 (突き出し) ○琴光喜
×朝青龍 (寄り倒し) ○琴欧州


上記で赤で示した力士が勝った力士です。この日の黒星で引退を発表した琴ノ若を除けば、他の「琴」を冠する佐渡ヶ嶽部屋の幕内力士が全て白星の快挙です。4連敗中だった関脇・琴光喜は待望の「勝ち越し」決定、また結びの一番は関脇・琴欧州が全勝の横綱・朝青龍を撃破、しかも10勝目で場所後の大関昇進へ一気に近づく大金星を挙げました!この日の「中入り後」幕内の取組はまさに「同じ釜の飯を食った」佐渡ヶ嶽勢の一致団結、弟子たち全てに「琴」の字を分けた師匠も感無量・・・「琴の結束」ここに在りと言えるでしょう。

「今さら『ジモンさんか・・・』って話ですよ!」

そうですよ。今こそ山籠り!今こそサバイバル!今こそネイチャージモンなんですよ、だいたひかるさん。ジモンさんもダテに芸能生活20周年を迎えたワケじゃないんですから(笑) 大相撲九州場所13日目も”老舗”佐渡ヶ嶽部屋がここぞとばかりに「存在感」を見せた日となりました。こうも”意地”を見せ付けられれば「琴錦」、「琴ヶ梅」、「琴富士」・・・かつての名力士が次々と頭を巡り、もう「琴稲妻」すら”羨望の対象”ですね(笑)

「佐渡ヶ嶽部屋の、佐渡ヶ嶽部屋による、佐渡ヶ嶽部屋の為の13日目」

間違いなく”主役”の1日です。また、昨夜はもう1つの”アツい戦い”・・・UEFAカップ・グループリーグ第3節が欧州各地で開催されました。ここでも上述の「佐渡ヶ嶽部屋」ばりに「存在感」を見せた勢力がありました。W杯出場を逃して、今シーズンのCLに1チームも送り出すことが出来なかったロシア勢です。

【グループB】 ロコモティフ・モスクワ(ロシア) 4-2 ブロンビー(デンマーク)
【グループF】 CSKAモスクワ(ロシア) 2-1 レフスキ・ソフィア(ブルガリア)
【グループH】 ゼニト・サンクトペテルブルグ(ロシア) 2-1 セヴィージャ(スペイン)


このグループリーグも第3節、中盤を迎えてやっとロシア勢が復調。昨シーズンのUEFAカップ覇者・CSKAモスクワを含め、すでにロシア勢3チームは「黒星」を喫してしまっており、すなわち各グループリーグでこの3チームは苦戦を強いられる状況となっていたワケですが、第3節を迎えて彼らが揃って「白星」揃い踏み!!

上述のCSKAモスクワのUEFAカップ優勝で、ようやく欧州カップ戦の「初タイトル」を獲得したロシア勢。チェルシーの”CHELSKI”大富豪・アブラモビッチ会長はあまりにも有名ですが、その本国ロシアでも潤沢な資金力を擁するクラブが軒を連ねており、海外の有名選手を自国に”召喚”出来るほどの「リーグ・ポテンシャル」を有しています。かつて大物選手の”登竜門”的な存在であったリーガアン(フランスリーグ)やエールディヴィジでありましたが、いまや”未来の大物選手”はロシアやウクライナ方面で「キャリアアップ」を果たすのがトレンド?1人の有望選手に20億円~30億円が動くのだから、フランスやオランダにとっては「額」が違います。

「その辺は俺も厳しいよ。おかずも俺だけ”一品”多いからね!」

前の記事にも微妙に書きましたが、こうなってくると旧宗主国の「コネクション」を使ってフランスはアフリカと、オランダはスリナムと・・・そこに選手の供給地の”最後の砦”を求めるより手段が望めません。さらにギリシャ、トルコといった勢力(今シーズンはCL、UEFAカップで不調な両者?)が絡んでくると「太刀打ち」出来なくなり、もう「お手上げ」状態。ロシア、ウクライナ、ギリシャ、トルコがさらに勢力を増すのでは・・・という”危機感”をフランスやオランダはひしひしと感じているはずです。口ではこんなことを言いつつも・・・。

「東欧のチームは知らない。自分たちのフットボールが出来れば勝てる。」

そう言えるのはOLやPSVぐらい?(爆) そういう意味では上述のロシア勢の「復調」はオランダ的には喜んでばかりも居られないかも。UEFAランクの変動は「CL出場枠」にも響きますから。でも、ロシアもひょっとすると「ショミン監督のロシア代表監督辞任」で一致団結したのかもしれない・・・ショミンの指揮を受けたロシア代表の面々がそれぞれのクラブに散って、ロスコフケルジャコフイグナシェビッチも・・・そんな「神様のルール」も「アリ」でしょ。まぁ、単にモチヴェーションが上がった理由はロシア本国がすでにシーズンオフに入ってて、今冬に向けての欧州メルカート(移籍市場)への「アピール」?というのがより”短絡的”だったりして(笑)




ともかく、「佐渡ヶ嶽部屋」と「ロシア勢」の活躍をゴリッゴリに結び付けたかったのですが・・・まだまだかな。それにしてもショミンがロコモティフの監督を、そして琴の若が幕内現役を・・・”長期間”務めてきた座を降りる時って、なんかポカーンと「穴」が開くかの如く。ロイ・キーンがマンチェスター・ユナイテッドを「電撃退団」したのも同様の事が言えるかもしれません。明石家さんまさんは「笑っていいとも!」のレギュラーを辞めた直後「(金曜日に)もう『いいとも!』無いんや!?」って実感したそうですし、別所哲也さんが「ハムの人」を、そして「豚也」じゃなかった・・・藤岡琢也さんが「サッポロ一番」のCMを”引退”したらどうするんだ!?なんて「想定外」な事すらも恐れたり。「いらっしゃ~い」、「アタックチャ~ンス!」が無い日曜日なんて想像つかないし(謎)

でも、いままで”当たり前”と思っていたモノがいざ無くなってしまう時・・・そこには悲しみもあれど、”副産物”として時に思いがけない好結果を生む事もあるのでしょう。「琴の結束」においては、そのきっかけははっきりしていると思ってます。でもロシア勢は・・・昨夜のように好成績は残せども、「きっかけ」はいまだ「謎」だし調子の波も激しいし。この辺りがホントにロシアのロシアたる、掴めそうで”掴みきれない”所なんでしょうねぇ(笑)

P.S.
マンチェスター・U往年の名ドリブラー、ジョージ・ベスト氏のご冥福をお祈りします。
英国史上最高の選手であり、かつ北アイルランドの英雄。R.I.P. ⑦George Best

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  1. 2005.11.25(金) 21:52|
  2. ロシア代表・トルコ代表
  3. | TB:2
  4. | コメント:5


コメント

"フランスはアフリカと、オランダはスリナム"
スリナムちっちぇー。
昔の植民地というより、現在は今受け入れている移民、難民の子息頼りになるのでは。
まー暴動になるくらい低扱いされてますけど。
アメリカと違い、宗教的な問題っていうのもあって、なかなか馴染めないんですよね(愛国心植え付けられない。)
特にオランダはオランダ人だけで飯食って行ける程人口多くないので旧ユーゴ、トルコ、イラン、イラク、モロッコ、ナイジェリア、イスラム大天国になっております。
  1. 2005/11/25(金) 20:38:09 |
  2. URL |
  3. blpoep #-
  4. [ 編集]

オランダの街を歩けば

例えば10人とすれ違って、10人とも同じ肌の色の人とすれ違う確率は限りなく低いとよく感じていました。日本だと10人が10人とも同じ日本人であるのは珍しい事ではないと思います。オランダの人口構成は「10人に1人は外国人」らしいですから、代表チームが23人だと少なくとも2,3人は外国にルーツを持つ選手が居ても不思議では無いはずなんですよね。実際はそれよりも多いのが常ですが。

そういった意味で従来のスリナム系のみならず、最近はモロッコ系のプレイヤーにもよく”助けられている”現在のオランダだったりもします。アフェレイやアイサティがもしモロッコ代表を選ぶなら、トルシエ監督もモロッコ国民も早くは来年のアフリカ・ネーションズカップ優勝、ひいては2010年W杯出場まで視野に入れる事が出来るでしょう。ユース世代の選手争奪戦はますます激化の様相で、それほどの人材を交渉次第で「助っ人」として獲れる時代も、その権利を行使するオランダもある意味アコギなんですけど(笑)

以前はロマーリオ、ロナウドクラスの選手がオランダリーグを「経由」して行きましたが、今だとロシアリーグやウクライナリーグにほぼ間違いなく流れますよね。単に「お金」で買い漁るだけでなく、保障面とかもしっかりしてるんだろうなぁ。こういう選手を獲る競争力はフランスはともかく、オランダにはもはや残ってないと思うんです。ゆくゆくはロシアリーグ、ウクライナリーグで活躍する現役オランダ代表選手・・・みたいな時代が来ても不思議は無いでしょう。現にフランス代表レベルの選手(リベリーとか)はトルコ辺りまで”接近”してますし・・・。
  1. 2005/11/25(金) 21:23:28 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ゆうたろう…

ビンカン王に出てくるゆうたろう、好きです。
虎ノ門の力自慢王?みたいなのに出ていて、
かなりイイ線行ってましたし。

なんか必要以上にエライ人に見えるところがツボですね。

そして、やはり時代はジモンですよ。
来年はジモン来ると思いますけどね。
きんに君がバラエティにたくさん出るようになってますから
全然芽はありますよ

新生佐渡ヶ嶽には期待です
  1. 2005/11/25(金) 22:44:47 |
  2. URL |
  3. mimurastep #-
  4. [ 編集]

え、ジョージ・ベストが亡くなったんですか。
確かにこないだ集中治療室に入ってたとか聞いたっけ…。
  1. 2005/11/26(土) 00:18:58 |
  2. URL |
  3. Tomoko #XCF/xwGU
  4. [ 編集]

ジモンが「クル」

mimurastepさんもそう感じていらっしゃいましたか。自分の中ではすでに2005年は「ジモンの年」で・・・ネイチャージモンは今年最高のMVPですよ(爆) 今回の記事で書いた”相方探し版”「ねるとん」で唯一、カップル成立したコンビがパッション屋良さんとダンディ坂野さんだったんですよね。ここでも”筋肉系”強し。

「力自慢王」は安田大サーカスのHIROさんが元力士っぷりで優勝まで行ったんでしたっけ?ゆうたろうさんは普段からあのブランデーグラスを持って”トレーニング”しているだけあって、跳び箱を持ち上げるのとか頑張ってましたね。「ビンカン王」はゲーム自体よりも「ゆうたろうさん探し」に夢中になりますね。米粒みたいな大きさで画面に映ってても、ゆうたろうさんは”キャラ”を通してますし。「ガキの使い」に登場の時は主に「タメ語キャラ」になりますが、それもハマりますね。哀川翔さんに「お~、翔!元気か!」っていきなり挨拶したかと思えば・・・その直後に船から湖に落ちそうになって一瞬”素”になるゆうたろうさん。このギャップも笑えました(笑) 差し入れや炊き出しをして「奉仕」する立場になろうとも、「上から目線」の発言なのはさすがですね。ゆうたろうさんにはぜひ「お~、欧州!元気か!」って、新生・佐渡ヶ嶽部屋にも激励に来て欲しいものです。

>Tomokoさん
速報で聞いた訃報で、衝撃的なニュースでした。一旦は回復したとかニュースも錯綜してたようですが・・・惜しい人です。フットボール界での偉業のみならず、破天荒なライフスタイルでの「豪傑ぶり」もまたジョージ・ベストがジョージ・ベストたる所以でしたからね。ロイ・キーンが抜けて、さらに追い討ちをかける様なこの訃報。果たしてマンUの選手はこれらのニュースをどう受け止めるのでしょうか。
  1. 2005/11/26(土) 07:07:09 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/8-6078407c

イギリスの悲しみ

家で晩ご飯の支度をして居ると、相方が元気の無く涙を浮かべてキッチンへ来た。相方の大好きなサッカー・プレイヤー、ジョージ・ベストが亡くなったというのだ。相方程サッカーの知識が無い私には、??のプレイヤーだった。しかし当時まだ日本では、マイナー・ス
  1. 2005/12/04(日) 14:14:23 |
  2.    ニ ュ ー ヨ ー ク ・ ブ ロ ウ                       -NYでもタコ焼きを

金星 (相撲)金星(きんぼし)とは、大相撲で、前頭|平幕の力士が横綱と取組をして勝利することである。金星を獲得すると力士褒賞金の支給標準額が10円 (通貨)|円の増加となる。これは、勝ち越し20点分に相当し、獲得場所に負け越しても本場所ごとの褒賞金の支給額が、10円を
  1. 2007/10/12(金) 12:40:01 |
  2. 大相撲情報局

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。