Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#89】
「ダチョ・リブレ」 進化していくネイチャージモン

最近のネイチャージモンは「」から「」へ・・・”パワーダウン”したとお嘆きの諸兄はいらっしゃいます?(爆) そんな方はCSテレ朝チャンネルをPAYされる事をオススメします。2007年1月14日(日)、ついに産声をあげた竜兵会ネイチャージモンの新番組「ダチョ・リブレ」・・・#1(初回放送)はネイチャージモンVer.(おそらくネイチャーメインの時は番組名が「ダチョ・リブレ へらクレス」になるのかな?)まるまる30分の内容でした!テレビ朝日の一室でジモンさんと待ち合わせをした、ネイチャー軍団”構成員”のスマイリーキクチさん。おそるおそる控室の扉を開けると・・・バカでかいバッグがポツンと机の上にあるだけで、そこにネイチャージモンの姿は無し?「やりすぎコージー」でやってた「テスト・ザ・ネイチャー」の回デジャヴ?を感じる今回のオープニングシーン、すると殺風景なスタジオ控え室のTV台の狭いボックスの中からアノ男が登場しました!

【Attention!!】
今回の記事はところどころにネイチャー用語が飛び交いますが、何卒ご容赦下さい。なお#1の番組中には1/24(水)に開催される「寺門ジモンのネイチャートーク3 ~冬の熊対策編~」(@新宿ロフトプラスワン)の告知テロップも流れてました。なおCSテレ朝チャンネル(ch.717)で絶賛放送中(爆)の「ダチョ・リブレ」の#1(初回放送)は1/15(月)22:30~23:00にもリピート放送されるみたいです。実は細かいトコで、TV台からネイチャー登場を見逃してたりしてて・・・何かのはずみでCSテレ朝が見られる環境にあればぜひご賞味を・・・放送時間帯は「笑点」と「スマスマ」のウラで「ダチョウ真っ向勝負!」と唱えれば覚えやすいかも?(爆)


何やら「ネイチャー軍団」がナイナイANNに殴り込み!?ナイナイ×ネイチャージモン、そして「浦沢直樹」と「ネイチャージモン」を対比してみるムチャ・・・ともかく「心のままに行け」って流れで、詳細はブログ後半で。




「ウルトラクイズvsお笑いウルトラクイズ」: ”本家”司会者・福留さんに苦労を語るお三方

1/14(日)の「波瀾万丈」のゲストはダチョウ倶楽部のお三人で・・・「なんでダチョウが波瀾万丈に?」と思ったら、この番組のPが「ガキの使い」でおなじみの”ガースー”菅プロデューサーだったんですね。エンドロールで気付きました。ダチョウ倶楽部結成時の写真で初代リーダー・南部虎弾さん(現・電撃ネットワーク)の顔の部分に”ボカシ”が入ってたり、「最近はソロでも活躍」のくだりで寺門ジモンさんの「ネイチャージモン」的な活躍の紹介が無かったり・・・「カットしないでね」のギャグも空しくカットされてましたけど。でも決死の覚悟の「傷害保険」の話はまさにダチョウ倶楽部の「これがオレの芸風だ!」の言葉そのもののエピソードでしたね。

「聞いてないよ~!」、「殺す気か!?」、「訴えてやる!」

これらのギャグは「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」で世に出たダチョウ倶楽部を代表するギャグ群ですが、彼らはこれらのギャグと引き換えに・・・生放送でバンジージャンプをやったり、バスに乗ったまま水中に沈められたり、火薬入りのリュックサックを背負って海に飛び込んだり、リスクの大きい様々な仕事をこなされていました。そのためメンバー3人はそれぞれ仕事に向かうごとに家の中をきっちり掃除して、身の回りを「整理」して出掛けていたそうです。特に妻と子供がいたリーダー・肥後さんは「行ってきます」と仕事に向かうたびに「これが永遠の別れかもしれない」と覚悟されてたとか。また「聞いてないよ~!」な仕事のたびに傷害保険の契約書にサインしていたそうで、「保険の受取人はいつも太田プロの副社長になってるんだよ!」とメンバーのみなさんは今でこそ笑って話されてましたけど・・・壮絶なエピソードでしたね。個人的には「お笑いウルトラクイズ」で名を上げたダチョウ倶楽部のみなさんが、当時のエピソードを”本家”「ウルトラクイズ」の司会者だった福留功男さんに話していたのが興味深かったんですけど。ただ福留さんも「僕のときもそうだったなぁ、保険の受取人が”日本テレビ”でしたから」と同意されてて、一つの番組に”戦地”に赴く覚悟で臨む姿勢・・・意外なトコロでダチョウ倶楽部さんとの”共通点”が生まれてましたね!妙な共感で結ばれた二組でした(笑)

「解説:デーモン小暮閣下」: 1年ぶりの国技館、安馬関と「大相撲この一年」の件

そして大相撲初場所の第8日、事前から各メディアで報道されていた通り・・・中日のゲスト解説にデーモン小暮閣下が登場!「悪魔来たりて」なんとやら、一年ぶりの”降臨”でした。閣下ご本人は「またとは言わず、今場所また呼んで下さいよ」と大相撲的なモチヴェーションも衰え知らず、しかし話を聞けば「(前回の大相撲解説以降)音楽の仕事より相撲の仕事の方が増えてしまって!前はそんな事無かったんだけど、ついには相撲の仕事も断る事になってしまってね・・・」と一年前の解説での反響ぶりを高らかに語るデーモン閣下!今回もやる気十分で臨まれていたようで・・・部屋の親方から代々引き継がれる「雲竜型」or「不知火型」といった「横綱土俵入り」の系譜についてとか、取組後に土俵を去る際に「振り返って一礼する」力士の礼儀についてなどを熱く語ったデーモン閣下。「負けてついついカッとなって礼を忘れて・・・勝負審判に注意される力士も居るよね」と話された上でのこのお言葉。今場所は怪我で惜しくも途中休場を余儀なくされた把瑠都関について。

把瑠都は(足をケガしても)ちゃんと振り返って”一礼”してたよ。
日本人力士とか外国人力士とか、どうこう言う人もいるけど・・・
”そういう所”も見といた方がいいんじゃないかな?


奇しくも先場所の「けたぐり」で物議を醸した「朝青龍vs稀勢の里」という取組が結びの一番となった8日目。自分も九州場所(先場所)の千秋楽を観に行って、結び後の座布団乱舞を経て思ったことですが・・・むしろ日本以外の力士の方が相撲に対して”愛着”を持っているというか(”執着”とまで言ってもいいような?)そういう空気も感じたんですよね。そんな点でいくと名前が挙がる?安馬関。この中日は「安馬vs琴欧洲」の一番が「デーモン解説」の”ハイライト”では無かったかと。取組時間はあっという間で、安馬関が立ち合いの(一瞬の)変化で勝ったんですけど・・・ここでクローズアップされるのが年末の「大相撲この一年」でゲスト力士で登場した安馬関の言葉なんですよ。「初代・貴ノ花さんが立ち合いに変化してファンに『ガッカリした』と言われた話を聞いて、自分も引かずに真っ向から向かうコトにしてるんス」と自らの取り口を話していたのに、同じく「大相撲この一年」に出演されていたデーモン小暮閣下の見ているそばで「変化」した取り組みが出てしまい・・・

あれは横にくっつこうと思ってて・・・変わったワケじゃ無いス

おそらく勝利インタビューでゲスト解説:デーモン小暮閣下からの”ツッコミ”がくるだろうと予測していた安馬関?咄嗟の場面に↑のコメントで対応されてました。「このところ連敗だったからねぇ」とフォローに回る解説の高砂親方(元大関・朝潮)の言葉もあって「まぁ、よかったね・・・」と(困惑しながらも?)安馬関に言葉をかける閣下。前回も岩佐アナでしたか?やたらと「ダダダダ大徹」方面に”脱線”しかねないフランクな解説が中心だった印象のデーモン解説・・・それと比較すると今回はより大相撲の「本質」に迫った解説に思えました。今回は湊川親方元小結・大徹)の影すら無いのが口惜しかったんですけど・・・ともかく相撲が好きで好きでたまらないんですねぇ、閣下!”本家”横綱審議委員会入りも(まだNGでしたっけ?)おめでとうございます!

今年も閣下の解説が聞けた♪ 大相撲初場所中日(8日目)についてはまろさんのブログ記事も参照下さい。
そして、どうしても抑えられない大徹への想いを・・・次の【#90】「大徹浪漫」の記事で書いてみました(爆)

そして閣下3度目の国技館降臨・・・今度は憧れの第54代横綱ワジー輪島大士さんとのコラボ解説だ!09年大相撲初場所8日目中日)「輪島×デーモン×岩佐アナ」については【#161】「逃亡者」の記事にて。


「自称最強の男!」: ついにベールを脱いだ「ダチョ・リブレ」、番組冒頭からグッズ自慢♪

朝方に見た「波瀾万丈」でのネイチャージモン成分の少なさに「空腹感」を感じた矢先始まっちまったのが・・・冒頭に書いた「ダチョ・リブレ」という番組でした。今回の番組名に「へらクレス」を冠したヴァージョン(ネイチャージモンVer.(?))では・・・オープニングからあの「ケチャ」(インドネシア民謡)を彷彿とさせる「ネイチャートークオリジナル・オープニング映像」が流れるんですよ・・・ネイチャージモン公式HPでもおなじみのアノ曲なんですけど、TVから流れるとまた不思議な感じですね!まさに「ボクのテンションは急上昇♪」ですよ。しかもジモン先生はTV台の、通常ビデオデッキなどが入るスペースに隠れてるんだから、(「ダチョ・リブレ」第1回に向けた)ネイチャーさん自身のテンションの上がり具合も察するコトが出来ます。殺風景に並んだ会議机とパイプ椅子、その中でもさすがに出口に一番近いはじっこの席に座るジモンさんはパイプ椅子にふんぞり返って、さっそくネイチャーグッズの自慢大会デスよ。ああ、ネイチャートークLIVEを思い出すノリだなぁ(笑)

タオルを生放送中に持ってない奴は、俺は認めない!

しょっぱなから”ネイチャー名言”いただきました!「タオルを持ってたら(もしもの時も即座に腕に巻いて)止血できる!」と・・・なぜか番組収録中にマムシに襲われるケースを想定しているジモンさん、もう「番組中にマムシに噛まれるなんて・・・」と(弱く)否定しようとする、スマイリーキクチさんの意見も聞く耳持たずですよ(笑) この番組の「第1回」というコトで、すでに「やりすぎコージー」や「草野★キッド」で紹介済みのグッズもありつつ・・・まぁ、真顔でオークリーのファクトリーグローブ(戦闘用手袋)とかイスラエル製のガスマスクの良さを熱弁するジモンさんのイッちゃい具合の凄さ!この辺りはやはり「地上波で出来ない」”濃い”分野ですね(爆)

”パサパサ系”はやめとけって!!

ネイチャートークでおなじみのネイチャーバッグ、その中からジモンさんが取り出したのはさらに(左胸にたすきがけに掛ける)小太りのバッグ。英和辞典も忍ばせるあのバッグは、どうやら選りすぐりのネイチャーグッズ「一軍」クラスが顔を揃えているそうで。まず取り出したるは(非常食として常時携帯の)栄養価の高い「四川飯店の月餅」!これを誇らしげに食べさせるジモンさんですが、いかんせんドリンクの「ネイチャー青汁」が残りわずかで・・・「終わっちゃったよ、オイ!」空のペットボトルに失敗を見るジモンさん!かつて「山籠り」前のコンビニのやりとりで、山に入る際にパンを買ってしまったくまだまさしさんに「”パサパサ系”はやめとけって!」とアドバイスされてたジモンさんなのに・・・自らが「月餅」に口の中の水分を奪われて悶絶されてました(笑)

「進化したネイチャージモン」: ”左胸”バッグの中身が・・・英和辞典から「黒ハンカチ」に!

”おっちょこちょい”な面を見せつつオープニングが進むその一方で、ネイチャージモンの「進化」を見た一幕もありました!上述の「一軍」バッグの中から取り出したるは黒い布のようなモノ・・・手のひらサイズのハンカチ状の黒い布。ジモンさん、今年は「黒ハンカチ王子」みたいなポジションを狙っているのか?と思いきや、聞けば「防弾チョッキの生地」を折り重ねたモノだそうで。「英和辞典を持っていくと山の中でかさばるだろ?だから山に行くときにはこれを左胸に入れてたんだよ!」と、ネイチャーな”知恵”を披露するジモンさん。「しかもタバコで火も付かないんだよ!耐熱度が高い」とこの”黒ハンカチ”の性能を誇らしげに語るジモンさん。それを受けてさらなる「知恵」を授けてたのが部下(?)の「ネイチャー軍団」構成員のスマイリーキクチさんでした!

ネイチャーが「いつも山籠り用にはこっちを使う」って言ってたんで・・・
じゃ、「普段もこっち使えばいいんじゃないですか?」って言ったら・・・
「あ、そうだ!」って気付いて・・・(笑)


「(気付くのに)5年かかった!」とこのスマイリーさんのアドバイスにあっさり”降伏”したジモンさん!このとき画面隅に「遅っ」って字幕テロップが出て・・・思わずこの絶妙のタイミングに「内Pの制作スタッフ(ケイマックス)の方々がこの『ダチョ・リブレ』の制作も?」とさえ思ったくらいで。というコトで、現在は「左胸に英和辞書」というネイチャー伝説は”削除”されたみたいです、浅草キッドのお二人(笑) その後(番組の「場面転換」合い間に入る)「DAISUKI」的に「ダチョ・リブレ」と言う、無意味にお色気シーンな水着の女の子のカットがあるんですけど・・・これはおそらく「竜兵会」側の強い意向があったのでしょう。だって、”流行発信基地”原宿の取材拒否なカフェ「ロータス」で”男同志”(夏場は2人してタンクトップ姿で来店?筋肉ムキムキの男2人がタンクトップ姿でスイーツを・・・確かにヤバい(笑))アツアツな雰囲気でフォークをクロスしてデザートを食べるジモンさん&スマイリーキクチさんが・・・水着の女の子の「DAISUKI」チックな画を求めるハズが無いんだもん(笑)

ダチョ・リブレ」詳細についてはポップンポールさんのブログ記事落花生さんのブログ記事も参照下さい。
また「ダチョ・リブレ」#2の「ばっかス」関東竜兵会参上!については、次の【#90】「大徹浪漫」の記事にて。





今回の「ダチョ・リブレ」後半部分の「ネイチャージモン 原宿の歩き方」は・・・「デイトナTV」系とか「男3人ブラ珍クイズ旅」系のテイストがお好きな方なら見入る確率「高し」だと思います。「ミリタリーはそのまま着てもセンスが無い!カスタマイズしてこそオシャレだから!」と原宿(”裏原”?)のミリタリーショップ「カミカゼ」を訪れる辺りは(終了しましたが)「所萬遊記」を彷彿とさせるモノ。実際に同番組で所ジョージさん、そしてさまぁ~ずさんも”御用達”のショップだそうで、まさに「ネイチャー萬遊記」の風情でした。「カミカゼ」の店員さんに「バッドネイチャー」を”強制”するネイチャーならではの「強引さ」も久々に見たような気が・・・リキ入ってますよね!

ミリタリーカスタムショップ「カミカゼ」のお店情報その他は、お店「カミカゼ」様の”武露愚”記事を参照下さい。

[今日の格言]
常に危機管理をもって行動すべし!

番組1回ごとに「格言付き」らしく。ただ、原宿(表参道)の道路の斜めな部分(ネイチャー・トレーニング・ライン)を好んで歩く「勝手に街でトレーニング」や、ネイチャー曰く「世の中には、後ろ(の視界)が見える人間が居るんだ!」と突如(二人して)”後ろ向き”で歩いて原宿の人ごみを警戒する「ネイチャー後ろ歩き」と・・・”流行発信地”原宿を舞台にして、ネイチャーテイスト溢れる”散策記”に仕上がっておりまして。「ネイチャー、外国人観光客の方が怪しそうな目で我々を・・・」と恥ずかしがるスマイリーさんに目もくれず、「カメラ!逆光だろ?(オレたちの)前に回っていいよ」と指示するネイチャー・・・というこの問答も可笑しくて!ショップに入っても(根底に流れる関西の”血”からか?)ミリタリーグッズをことごとく値切るネイチャージモンに(所さんの「太っ腹」とは対極の)「細っ腹」ぶりを垣間見ました。さんざん値切った上に「領収書は”ダチョ・リブレ”で、(名目は)”ネイチャージモン・衣装”で」と小声でボソボソと・・・衣装代を「経費」で落とそうとするシーンにも、「世界が滅びてもオレは生き残る」ネイチャージモンの「逞しさ」を見た気がします!ホントにこの番組、末永く続いて欲しいわ。「内村さまぁ~ず」に続き・・・またチェックすべき、見逃せない「コンテンツ」が一つ増えました(爆)

動物園の檻の前で、並み居る猛獣と”妄想”シミュレーション・・・1/27(土)深夜「やりすぎコージー」の「ネイチャージモン再来!(前)」でジモンさんが話されてましたけど・・・奇しくも翌日、1/28(日)のCSテレ朝「ダチョ・リブレ」#3のOA内容こそが「多摩動物公園でエアファイト!」と動物園ロケでした。もしやこの回の「ダチョ・リブレ」収録明けで・・・”ネイチャー軍団”は「やりすぎ」収録に入ったのかなぁ?ちなみにネイチャーの対戦成績は「1勝3敗2分」で、「ライオン最強説」を挙げるまでも無く・・・詳細は【#92】「クマイリー」の記事にて。そして「肉」の”聖地”・松阪に上陸!「ダチョ・リブレ」#5については【#94】「アウェイに強いAZ」の記事にて。

2008年3月「ダチョ・リブレ第2シーズン開始!2008/03/09(日)の#2「ネイチャートーク7」&第2回・妄想芸能人最強トーナメント(優勝はあのダンサー!?)の模様は【#136】「黙示録」の記事で書いてます。




2007.1.18(Thu) ナイナイANN 「1時間ネイチャリングSP」
ゲストにネイチャー軍団(ネイチャージモン & スマイリーキクチ)が登場!


「戦う相手は自分」、1/18(木)22時の「プロフェッショナル・仕事の流儀」のゲストだった”まむが家浦沢直樹先生はこう言い切りました。「YAWARA!」の大ヒットで「次もスポーツ漫画を」というファン側の要望と、「ドロドロした人間味溢れる作品を作りたい」浦沢先生本人との間には長年「溝」が出来ていたそうです。確かに【#46】の記事で書いた「Happy!」という漫画を読めば、↑の軋轢が伝わってきます。竜ヶ崎蝶子のあのねじ曲がった性格、そして”孤高”を極めた「女王」サブリナ・ニコリッチの存在・・・スポーツ漫画の中で浦沢先生が描きたかった”真意”がこの番組でも伝わってきました。また「MONSTER」の”ヨハン・リーベルト”、「20世紀少年」の”ともだち”と・・・なぜ浦沢作品は敵役があまりに魅力的なのか?も理解出来た気がします。なお、長年に渡り人気連載を抱えた浦沢先生・・・その代償か、40代にして身体はボロボロ。机に座って漫画を描き続けた”弊害”で肩を脱臼(状態)と体は悲鳴を上げ、「20世紀少年」連載途中でペンを置かざるを得ない事態に陥り・・・休載の真相を知らないファンからは「浦沢に裏切られた」と非難されたそうです。同日のテレ朝「アメトーーク」モノマネ6人衆を見ながらも思いましたけど・・・クリエイティブな人は周りから「次はなに?」ととてつもないプレッシャーを受け続けているんでしょうね。そしてそれは、「寺門」というパブリックイメージと「ネイチャー」という本性の狭間で生きる、「戦う相手は自分」と言い切れるジモンさんにも共通するのでしょう(爆)

”クオリティ”が高ければ、周りもきっとついて来る。心のままに荒野を行け。

1/24(水)の「寺門ジモンのネイチャートーク3 ~冬の熊対策編~」(@新宿ロフトプラスワン)を間近に控えて、ネイチャーさんもかなり精力的に各メディアを”制圧”している模様!今週のナイナイさんのANNは、何てこと無いフツーの「平場」の週で、”レーティング”でも無いのに・・・勢い余ってゲリラ的に、(ラジオなのに)「迷彩服姿」でご登場!他人の計算の範疇に入りきらない男・・・ジモンさんは闇夜を照らし、嵐のような”しゃべくり”で、スタジオを草木も生えぬ状態にして帰った模様?そして「申し訳なさそうな」スマイリーキクチさん(笑)

「ナインティナインのオールナイトニッポン [急遽本日はネーチャースペシャル]
ナインティナインのオールナイトニッポン・公式HP 2007年1月18日


深夜の王者・ネイチャージモンが深夜の名門「ナインティナインのオールナイトニッポン」に挑む!しかもほぼ1時間に渡り・・・ネイチャー軍団構成員の”側近”スマイリーキクチさんを従えて、LFニッポン放送を占拠!「ラジオって、なんで座ってやるのかなぁ?」、ネイチャージモンによると・・・ラジオは立ってするのが”常識”らしく。ネイチャー軍団、ネイチャージモン本人のリアルな”上陸”にナイナイさんも困惑気味。以前に岡村さんがジモンさんの楽屋話(【#43】「ジモる」の記事で書いた話)を披露された事はありますけど、公の場では・・・このお二組は”久しぶり”のご対面?さてこの顔合わせ、全国ネットで「横隔膜を震わす声」を連発、ガスマスク必携を誇示し、マダニの恐ろしさを切々と語るネイチャージモンに・・・ナイナイさんも終始”圧倒”されていた模様。しかしながら「(ネイチャーが送った)受験生へのアドバイスは普通なんや」、「(ネイチャー的に)アレでええの?」というささやかな反抗?のナイナイさん、老舗のパーソナリティを務め貫く腕もお見事でしたね(笑)

つか・・・ジモンさん、今回のナイナイANN「ゲリラ出演」の反響が恐ろしくならないスか?全国ネットの露出って、かなり”ヤバめ”だと思いますよ・・・。ネイチャートークLIVE当日は「当日券」を巡ってリスナー諸氏の奪い合いなど、くれぐれも「暴動」等の起きない”W杯開催クラス”のセキュリティをば(爆) 警備的な問題で今後のイベント開催に支障が出るなんて避けたいでしょうし。リスナーの方々も、もし行く覚悟がお有りならば「なるだけ早く」”聖地ロフトプラスワンに駆け込まれるコトをオススメします。「整理券」に命を賭けるご覚悟を(笑)

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2007.01.19(金) 01:12|
  2. ネイチャージモン
  3. | TB:1
  4. | コメント:15


コメント

おぉ~~ おひさしぶりです

mixiの『ネイチャージモン』管理人のちゃけ衛門です。
久々にブログ書き込みさせていただきました。

私の知らぬ間にこんな番組が始まっていたのですねぇ~
うちでは見れないのが残念ですが・・・
どうやらこの番組の方がネイチャー度、高いみたいですね!
詳細の説明,ありがとうございます!
  1. 2007/01/15(月) 03:50:09 |
  2. URL |
  3. ちゃけ衛門 #-
  4. [ 編集]

書き忘れました・・

コミュにて、また紹介させてもらってもよろしいでしょうか?
  1. 2007/01/15(月) 03:57:33 |
  2. URL |
  3. ちゃけ衛門 #-
  4. [ 編集]

ネイチャー度「過去最高」?

ちゃけ衛門さん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。今回書いた「ダチョ・リブレ」という番組は「ネイチャージモン」(ジモン)→「竜兵会」(上島&肥後)→「ネイチャージモン」→「竜兵会」と1週ごとに”テレコ”で企画が変わるCS放送の30分番組なんですが・・・ネイチャーの、ネイチャーによる、ネイチャーのための番組というコトで(50%は「竜兵会」ですが)#1を見た印象ではジモンさんとスマイリーさんが原宿でかなり”浮いて”ましたし・・・「ネイチャー度」もかなり高いです。例のごとく「ネイチャージモン」の番組は映像から発する情報量が濃すぎて文章に起こし切れない始末。今後の展開次第で「やりすぎコージー」衝撃の初登場時を超える出来栄えを期待し得る程、末恐ろしいポテンシャルを持つ番組とも思います。

地球がオレに追いついた!

(#2はおそらく「竜兵会」企画、こっちも見てみたいんですけど)早くも2週先の#3の回が楽しみで。この記事でよければ紹介は大丈夫です。おそらくコミュの方でも「寺門ジモンのネイチャートーク3 ~冬の熊対策編~」(@新宿ロフトプラスワン)を”巡礼”される方がいらっしゃるでしょうし、この「ダチョ・リブレ」という番組は・・・「ネイチャートーク」LIVEの、あの新宿ロフトワンに近い雰囲気も醸し出していて、そういった意味でもオススメです。「ネイチャー入門編」として見ると・・・若干”敷居が高い”かもしれませんけど(笑)
  1. 2007/01/15(月) 07:52:20 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

閣下と相撲

はじめまして。
先ほどはコメントをいただきまして、ありがとうございました。
閣下ネタや相撲ネタには滅多にコメントがつかないので、
とても嬉しかったです。
レポートではなくて感想なので、
書く側も書きにくいのかもしれませんけど(笑)

レポートを書くのってどうも苦手なんです。
せるさんのように書ければ、もっと面白さを伝えられたり
興味を持ってもらえたりするんだろうな~と思うのですが。

次回から、もうちょっと自分なりに印象に残った言葉などを
ピックアップしていってみようかな~と思いました。

※把瑠都関の一礼の件、わたしも感動したうちのひとりです。
  足、痛かっただろうにね。
  1. 2007/01/15(月) 15:25:04 |
  2. URL |
  3. めぐ #MNuQYD7c
  4. [ 編集]

デーモン小暮閣下

めぐさん、「閣下」と来て「相撲」と来れば・・・自分としては黙ってられない状況で、思わずめぐさんのブログにペンをとりました。自分も「レポート」とか「レビュー」と言われる事に憧れはありますけど、いかんせん(前身の「徒然草」の影響で)思いつくままに書いているので・・・まとまりが無くお目汚しになってしまうと思われますが、コメントを頂きどうもです。デーモン小暮閣下の解説では他にも色々とキャッチーな金言があったんですが、個人的に強く心に残った「把瑠都関の一礼」の件と、あと安馬関の件を今回は取り上げてみました。閣下が十文字関の大ファンだというアピールも感じましたし、師匠の高砂親方(元大関・朝潮)を前にあえて「朝青龍関に”死角”はありますか?」と探ってみたり・・・北の富士勝昭さんや安治川親方(元横綱・旭富士)ともまた一味違う、筋金入りの”好角家”な閣下ならではの”切り口”で楽しめました。

ちなみに・・・かつて部屋から”破門”された元横綱・双羽黒の北尾光司さん。その後は武輝道場塾頭などを経て、立浪親方(元旭豊)が居る立浪部屋への”アドバイザー”として角界復帰。「ナイフ評論家」という謎の肩書きも持つお方ですが・・・この方が格闘家時代に格闘技バラエティ「リングの魂」で相撲の解説をされてました。その解説が「立ち合いは45度の角度がベスト。相撲は計算された力学に基づく格闘技です。」と”立て板に水”の実に理論的な解説で・・・「大相撲ダイジェスト」解説陣でもここまで理路整然と解説出来るのかな?とビックリした記憶があります。とかく「品格」を疑問視された横綱だったんですが、相撲センスは疑いの余地の無い・・・北尾さんこそ天性の「すもうとり」なのでは?とも思っちゃいましたね。

そんなワケで、とどのつまりは閣下の解説をまた近いうちに見たいですね!出来れば今場所中に(笑)
  1. 2007/01/15(月) 17:44:39 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

THUNDER STORM

再びご訪問頂き、お礼参りに参りました(笑)
双羽黒さん、というか北尾さん、
復帰なさっていたのですね。知らなかった~。
相撲引退の時、
「私が考える相撲道と、親方が考える相撲道が違う(のが引退の理由です)」
というようなことを言っていたように記憶しています。
(記憶違いな部分があるかもしれませんが。)
当時は、「相撲は仕事(ビジネスと言ったかな?)」という北尾さんの考えが
親方に受け入れられなかったのかな~と思っていました。
(これまた違うところがあったらごめんなさい。)

北尾さんの格闘家時代に、
聖飢魔IIが入場曲を作ったことがあるのはご存知でしたか?
「有害」というアルバムに収められている「THUNDER STORM」が、それです。
(あ~、なんか知っていそう。)

閣下の解説、もっと観たいですね。
中入り後からというのは短い!
というわけで、また!
  1. 2007/01/15(月) 20:14:05 |
  2. URL |
  3. めぐ #MNuQYD7c
  4. [ 編集]

夢破れ死に場所も見い出せぬ・・・

めぐさん、興味深いお話です。閣下の「♪THUNDER STORM」という曲は知らなかったです。増して北尾選手の入場曲というエピソードまでも・・・そういう知識を得て、(検索して)その曲の歌詞を読んでみたんですけど・・・↑の「夢破れ、死に場所も見い出せぬ戦士たち」って歌詞の部分は・・・なんか横綱:双羽黒の”引退劇”に関するニュアンスを感じますね。「雷電」というのは・・・「かんぬき」「張り手」が禁じ手とされるほど強すぎた、第7代横綱の雷電為右衛門?「♪Raiden」にすると、先にYMOが「♪Rydeen(雷電)」って曲を出してるしなぁ・・・考え過ぎですか?(笑) あの引退劇は自分にとっては「青天の霹靂」というか、突然ドドーっと出来事が流れていって・・・当時はどういう「いきさつ」かも把握出来なかったですよ。そういった意味で曲名の「♪THUNDER STORM」の通り・・・まさに「嵐」のような引退劇でしたね!

去年の初場所は幕下の下の方の取組から・・・衛星放送の中継開始の段階から閣下はお付き合いされてましたよね?今回もそういった長いスパンで解説される・・・と思いきや、大相撲中継が始まっても(十両の取組の時間帯などは)閣下の姿が無くて・・・今回は不安さえ覚えました。幕内になって閣下の身姿(”素顔”での出演)を見てホッとしましたね。でも、この中日は(現在十両の)「永遠の24歳」北桜関が中入り後の取組でしたし・・・そこも閣下の解説にギリギリセーフで北桜関の相撲が見られて「ラッキー」でしたね♪
  1. 2007/01/15(月) 20:51:28 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ナチョナチョ

おぉ

せるさん好みの番組がはじまりましたね(笑)
自分民放しかみれないもんで・・・

見れません

ネイチャー見たいです!

相撲キャラデーモン小暮閣下定着しちゃいましたね~

今回は相撲見にいかれないんですか?
  1. 2007/01/16(火) 21:19:25 |
  2. URL |
  3. 猫娘 #-
  4. [ 編集]

始まったぞ!

猫娘さん、「始まったぞ!俺の本性をバラす番組が!」ってジモンさんの出だしの一言から・・・おっしゃる通り「ダチョ・リブレ」は自分にとって”どストライク”の番組でした!それでこの番組名も「どっかで聞いたような?」と思って、そういえば猫娘さんのブログで映画「ナチョ・リブレ」の事を書いてたなぁって気付きました。そうそう、スイーツの美味しいカフェ好きなネイチャー・・・原宿・表参道~青山界隈は意外にネイチャー出現スポットかもしれないですよ♪この番組のスタッフさんはCSから番組を立ち上げて実績を作って、いずれ”超激戦区”のテレ朝深夜(ネオバラ枠)に押し上げようと・・・野望も垣間見えますね。そういや「構成作家:タムケン」ってエンドロールがあったけど・・・たむらけんじさんも裏方で参加してるのかなぁ?(謎)

この店は取材拒否だけど、アポ無しで来てもOKなんだよ・・・(なぜなら)ネイチャーだから!

ただ、この「ダチョ・リブレ」は放送内容が地上波では堪え難い・・・ディープなネイチャーワールド全開で、おそらく竜兵会ver.もそんな流れでしょう。たとえネイチャーが地上波で滅びようとも・・・このCS朝日の番組だけ生き残ればそれでいいとさえ思えるほど、オンリーワンな「ネイチャー度」の濃い番組です。来週の「ダチョ・リブレ」#2は竜兵会(@居酒屋「野武士」?)の回ですけどね。もし猫娘さんもこの番組をご覧になれば・・・初めてネイチャージモンに遭遇したときのあの「感動」、あの「衝撃」が甦ると思いますよ(笑)

大相撲中継でもおっしゃってましたが、デーモン小暮閣下はゲスト解説で登場して以来、本業の「音楽」よりも「相撲」関連の仕事が激増して・・・泣く泣く相撲の仕事を断る事態に陥ったそうです。前回の国技館解説から1年、ようやく反響がおさまった頃にまた今回の解説でしたから、また「相撲」のお仕事が激増するコトでしょう。それでいて「またとは言わず、今場所のうちにもう1度呼んで下さいよ!」とアピールされる辺りは・・・国技に魂を奪われた?デーモン小暮閣下らしいワンシーンでしたね。相撲の首都「両国参り」、国技館での”焼き鳥観戦”も魅力なんですけどね・・・今場所は「TV桟敷」で終わっちゃうでしょうね(笑)
  1. 2007/01/16(火) 21:46:49 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

確かにやりすぎ以来かも!

ご無沙汰してます。たまたまチャンネルがCS朝日に合ったところで、リハ室で荷物を広げてるネイチャー&スマイリーに遭遇しました。ネイチャーの神が降臨した気分でしたよ!
やりすぎ以来、いろんなとこでネイチャーを見ましたが、いまいちはじけてませんでしたよね。そんな思いを知ってか知らずか、ナチョ・リブレはMC・ザ・ネイチャーな番組で、ボクとしても期待大です!テレビでは5分の1程度しか見せないネイチャーの奥義...。CSではせめて5分の3くらい見せて欲しいところですね(笑)。
  1. 2007/01/17(水) 05:49:29 |
  2. URL |
  3. ポップンポール #oClLaHTE
  4. [ 編集]

MC・ザ・ネイチャー

ポップンポールさん、お久しぶりです。ネイチャージモンを「やりすぎコージー」初登場時から見届けられているポップンポールさんも「やりすぎ以来」の評ですか!確かにジモンさんの本性がTV界に露出し出して・・・スタッフ側もネイチャー本人も「地上波」の枠で”TVタレント”としてネイチャージモンをどう見せるのか?というのに葛藤されてた感が見受けられましたよね。「やりすぎ」にしても「草野★キッド」にしても、ネイチャーを「お茶の間」に持っていくには”山”よりも「食」(グルメ)だろうと・・・料理の画だけ映してても数字を獲れるのが地上波バラエティの一つの定理でもあり、そうなるのも”自然”の摂理であると思います。

ただ、「地上波」という枠を取り払うと・・・より自由奔放な番組を作れるんだなぁと見て感じたのも、今回の「ダチョ・リブレ」を通して思いました。アシスタント的にスマイリーキクチさんを配しながら、常にスマイリーさんを振り回していく”強引”極まりないネイチャージモン・・・ネイチャーが視聴者側に”合わせる”事も無く、見る側もネイチャーに”ついていこう”というスタンスで見ますよね。(ネット配信の「内村さまぁ~ず」もそうですけど)昨今の高野連にまでいちゃもんを付けられる「地上波の規律」にも縛られない・・・そういうのは自然ならぬ「ネイチャー」の摂理?企画段階から練りに練った結果?「やりすぎ」初登場で今田・東野両氏をあっという間に”凌駕”した、まさしく「ネイチャーの神が降臨した」感覚の再現?そう考えると「やりすぎコージー」のネイチャージモン初登場の回は・・・「地上波」の垣根を超えた奇跡の回だったのかも(笑)

http://sheva10.blog37.fc2.com/blog-entry-67.html

自分はこれまでの番組が10%程で、ネイチャートークLIVEが「ネイチャー奥義」の50%と見てました。このCS「ダチョ・リブレ」という「フリー」なプライベート番組が今後も続けば(笑)60%[5分の3]以上もありそうな。ともかく、以前は3ヶ月に1度見られるかどうかのネイチャージモンが、今となっては「2週間に1回」の頻度で定期的に見られる様になったんですから・・・これほど喜ばしい、”飽食”な?時代もないですね。

http://sheva10.blog37.fc2.com/blog-entry-85.html
  1. 2007/01/17(水) 08:02:05 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

上島さんにお願い!

せるさんトラバにコメントありがとうございました。まさに、やりすぎ以来の好感触です!ネイチャーのやる気度が異様に高かったですもんね。原宿カミカゼで「テレビ連れて来た」って言ったときの眼光は芸人じゃなかったもの(笑)。

「竜平会」と週変わりなんですね。交通事故的に巻き込まれて打ち切りってのは笑えるけど残念だから、上島さんには大人になってもらいたい(笑)。
  1. 2007/01/17(水) 23:16:47 |
  2. URL |
  3. ポップンポール #oClLaHTE
  4. [ 編集]

飲酒放送?

ポップンポールさん、「ネイチャージモン」の回は全くもってノンアルコールでしょうけど、「竜兵会」ver.は居酒屋が舞台になるみたいでアルコールが入っちゃうと・・・高野連、国営放送といった所が目を光らせる昨今、おそらくCSテレ朝まで監視の目は向かないと思いますけど、「ネイチャージモン」も「竜兵会」もギリギリのラインで攻めて欲しいですね。そういった意味では各々の”側近”な後輩さんの役割も大きいかも?

ふつうお店探訪で「値切るシーン」なんて見せたら、「TVじゃ値下げしてたじゃないか!」って視聴者が真に受けて来ちゃいますよね。そこを(最初は「TVじゃないから」とフリながら)「TVカメラ」の存在をアピールして・・・「カミカゼ」のシーンではネイチャー流のリアルな?”ショッピング術”も見られて「お得」でしたね♪

しかし、完全にノーマークだったナイナイANNにネイチャージモンが・・・ジモンさん、よく働きますねぇ(笑)
  1. 2007/01/17(水) 23:58:23 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ネイチャー・スペシャル。

こんばんは。ネイチャージモンと竜兵会の番組、ついに始まったんですね!!記事、楽しく読ませて頂きましたよ~。

それから昨日のナイナイのラジオ、思いがけずネイチャー出現でビックリしましたね!(笑) 毎回トークライブの告知を岡村さんに電話して頼んでいたジモンさんですが、ついに自らラジオに出演して告知ということで・・・冬眠中でも春に向けて大切らしい「冬の熊対策編」、気になるところです。今回もトークライブ行かれるんですか?自分はやっぱり行く勇気が出ませんで・・・(笑)
  1. 2007/01/19(金) 20:55:35 |
  2. URL |
  3. bambi #9jgEo1Cg
  4. [ 編集]

冬の熊対策・リハーサル

bambiさん、「ネイチャージモン」名義で全国ネットの生放送にガッツリ出演って・・・おそらく初のケースだと思いますが、「いい空気だ!」ナイナイANNに対する第1印象から「ナイスネイチャー」だったみたいですね。何かと全てを語りたがらない”秘密主義”なネイチャーながら、テンションの昂ぶりによるものなのか?今回のオールナイトで「ネイチャートーク3」の予行演習(リハーサル)をしているようにすら聴こえました。

コイン!(災害時には)「10円玉」ですね!

「乾パンは口の水分を奪います」と、ネイチャージモンによって(お得意の)「水、乾パン、ラジオ」フレーズを”否定”された岡村さん。その後、リスナーからの(災害時には公衆電話は無料開放されるという指摘の)ハガキでネイチャージモン持論の「10円玉」常備を否定し返したナイナイ陣営。しかし「もっといい方法を教えます!」とさらに上に立とうとするネイチャーさん・・・あの辺のパンチの応酬も聴き応え十分でしたね♪まさしくLIVEはこんな雰囲気が続いて、さらにスマイリーさんがコメントした通り「この4倍以上」の内容とも予想されます。「聴覚」で伝えた今回のラジオに加えて、LIVEでは「視覚」、「触覚」、「嗅覚」、「味覚」が加わりますから。昨夜の調子じゃ、新宿ロフトワンが興奮のるつぼと化すのも目に浮かぶなぁ。

オレ、ボク、ネイチャー・・・3人ぐらい居るんですよ。ネイチャーは!

今度の「冬の熊対策」は・・・前回では時間的な制約で見られなかった「ネイチャー・トレーニング映像」(公開トレーニング?)も見られるようで・・・また突撃したいなぁ。でも、1回LIVEに行った身としては、まだ生ネイチャーを堪能されてない方に席を譲るべきだとも思うし。要はチケット獲得合戦に敗れた「負け犬」なんですが。「生ネイチャー」死ぬまでに一度はイイですよ(笑) 先週から付けたウチの記事別ランキングでもネイチャー関連の「F4」記事が上位を占め、昨夜のANNの影響を受けているモノと思われます(爆)
  1. 2007/01/19(金) 22:10:06 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/90-4da7af06

ダチョリブレ1/14

『ダチョ・リブレ#1』(CS朝日)1月14日(日)17:30-18:00 再放送15日(月)22:30-24:00はい。スタートいたしました『ダチョ・リブレ』とは、ダチョウ倶楽部上島竜兵を“太陽さま”と仰ぎ、その勢力は関東最大!?といわれる「竜兵会」。毎夜居酒屋で繰り広げられるその集
  1. 2007/01/17(水) 17:57:33 |
  2. フェアリーフライ

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。