Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#90】
「大徹浪漫」 好奇心旺盛・関東竜兵会参上!

前の記事で書いた閣下の大相撲解説、やはり自分は閣下の登場に伴う「大徹」の登場も期待していました。会ったことがありません。大徹、福井県出身・・・現在の湊川親方です。現役時代は高田純次さんに似ていました。大関・琴欧洲関の大関昇進時には伝達の「使者」として、自らの面影を”継承”する(当時は「琴欧州」しこ名時代の)琴欧洲関とご対面してました。先場所でも姿を見かけなかった湊川親方(元小結・大徹)。このブログの前身「Oranje徒然草」の【第44段】「大徹」でも書きましたがそれでも全然語り尽くせない・・・自分が大相撲を語る際には欠かせない「大徹」。”たわわ”なもみあげ金のまわしが見られずとも、スラムダンクの安西先生的に「白髪鬼」になろうが「会いたい、いま会いたい」力士、それが「大徹」(現・湊川親方)なんです。




「なに配信してんだよ!」: さすがの内村さんもあきれる、「内村さまぁ~ず」#6

【#89】「ダチョ・リブレ」の記事で書いたCSテレ朝「ダチョ・リブレ」と同じく、自分の生活に欠かせないプログラムになってきたミランカの「内村さまぁ~ず」・・・今回は第6回、ゲストMCはカンニング・竹山さんでした。持ち込み企画は「好奇心旺盛に何でも挑戦!」、内村光良さまぁ~ずの「内村さまぁ~ず」メンバーをいろんなスポットに連れ回すという(個人的に)「内P」に「気分は上々」テイストを”ブレンド”した感じの回でした。しかしカンニング竹山さんはMCが実にうまいし、(もはや方言無しでも違和感消えてるほど)しゃべりも流暢で・・・キャイ~ン・天野さん並みの安定感を感じました。配信は1月下旬なんですが今回の収録は(竹山さんがキレてバラしちゃった)「昨年末」だったとか・・・短い期間で本当に気持ちの切り替えがなされている、これから一生「カンニング」の看板を守っていかれるのであろうカンニング・竹山さんの”芯の強さ”も改めて感じました。

「じゃ、オレが・・・」、「どうぞどうぞ」

そんな竹山さんに”プチ感動”しつつも、内容は相変わらずユル~くグダグダ。今回はこのダチョウ倶楽部のギャグを内村三村大竹ヴァージョンで聞けたというのが”収穫”でしょうか。しかも竜ちゃん役が内村さんというコトで。あと中盤辺りであまりの企画のくだらなさに「何配信してんだよ!馬鹿じゃねえの?ミランカって!」とあきれる内村さんも良かったです。極めつけは「シガーバー」のくだりでの「キューバ産のいいモノが入っております」というウェイターさんのオススメに「日向産?」と”天然”な聞き間違えをした内村さん。宮崎県日向産の葉巻って・・・それは故・ジャイアント馬場さんですら吸ったことのない”コア”な一品なのでは?(笑)

「関東竜兵会参上!」: 「太陽様」と祀り上げられるはずが、”スヌーピー”にダメ出しの嵐!

「聞き間違え」と言えば”本家”の?他の追随を許さない男・上島竜兵さん。前の記事で書いた「ダチョ・リブレ」#2は竜ちゃん率いる「竜兵会」ヴァージョンの初回放送となります。竜ちゃんサイドの売り物はやはり実録!上島竜兵「言い間違い」[聞き間違い]伝説となるでしょうね~。太田プロの後輩芸人さんがこぞってネタにしているあの「言い間違い伝説」を・・・「言い間違い」の”総本山”?居酒屋(たぶん野武士?スタジオ収録?)を舞台に聞けるというのも(実録・ネイチャージモン同様に)何とも魅力的なプログラムです。この番組における”猫男爵”有吉弘行さんの”ポジション取り”にも注目したいデス。他の芸人さんがメモを取るのに必死になる?「竹山!お前の出てたドラマ・・・『所沢キャンディーズ』か?」系の「言い間違い」名言も連発必至?(笑)

お前等、でも・・・(話を)”膨らます”事も出来なくなったら「終わり」だぞ!

前の記事に書いた「ダチョ・リブレ」#2、いよいよ竜兵会ヴァージョン「ダチョ・リブレ ばっかス」のスタート!番組の舞台は予想通り・・・「言い間違い」の”総本山”?居酒屋・野武士!竜兵会ダチョウ倶楽部)の冠番組というプレッシャーからか、ヒザがプルプル震えてる「スヌーピー」上島竜兵さん・・・オープニングから異常に固い太陽様の”ご挨拶”にメンバーから非難轟々!今回は「竜兵会」というファミリーの結成までの道のり、歴史、メンバー紹介といった「紹介」に終始したワケですけど、なぜか進行するのは竜兵会一の”売れっ子”土田晃之さん。やはりアルコールが入るからか、いきなり「ピー音」飛び交う放送になってるし・・・”太陽様”竜ちゃんvs”最年少”有吉弘行さんとの”一触即発”「犬猿の仲」的な関係も良かったです。あと、なぜ名前が(「アメトーク」初登場時にはこの名前で出ていた)「竜神会」から「竜兵会」に変わったのか?という変遷の真相、「太陽様」の名の由来とか・・・「竜兵会」についていろいろと勉強になりました。しかしリアルに居酒屋話のオンパレードだなぁ、「ばっかス」は(笑) さて、次の#3はネイチャージモンver.の「へらクレス」ヴァージョンです♪ネイチャートーク3のLIVE映像とかCSでも流してくれないかなぁ・・・とひそかに期待してるんですけど(爆)

動物園の檻の前で、並み居る猛獣と”妄想”シミュレーション・・・1/27(土)深夜「やりすぎコージー」の「ネイチャージモン再来!(前)」でジモンさんが話されてましたけど・・・奇しくも翌日、1/28(日)のCSテレ朝「ダチョ・リブレ」#3のOA内容こそが「多摩動物公園でエアファイト!」と動物園ロケでした。もしやこの回の「ダチョ・リブレ」収録明けで・・・”ネイチャー軍団”は「やりすぎ」収録に入ったのかなぁ?ちなみにネイチャーの対戦成績は「1勝3敗2分」で、「ライオン最強説」を挙げるまでも無く・・・詳細は【#92】「クマイリー」の記事にて。

「大徹ロマン」: マニアックモノマネにすら期待する、コアな力士「大徹」のリバイバル(爆)

竜ちゃんと長年に渡り親交があるはずだけど「竜兵会」には所属していない?松村邦洋さん。「小泉元首相」ネタで「賛否両論」フレーズが聞けなかったのは惜しかったけど・・・「アメトーークモノマネ6人衆の回でも「貴乃花親方」ネタを惜し気も無く披露してくれました!あの常人離れした表情を見て”癒し”を感じるのもどうかと思いますけど・・・ものの30cmほど離れていない所であの顔を目の当たりにした米倉涼子さんはどんな気持ちだったのでしょうか?しかし、いつ見ても飽きないなぁ・・・「貴乃花親方」ネタ!だいたいあのパーマ系のヅラにスーツ姿で・・・神奈月さんのキワモノキャラ「葉加瀬太郎さん」ネタをも凌駕しちゃってるんだもん(笑)

哀川翔トコント!」・・・「勝俣ぁ!」/「柳葉ぁ!」

注目していた花香芳秋さんが「あれ?ネタ3つでもう終わり?」ってほど出番があっという間で少なかったんですけど、末吉くんの「平泉成」さんネタの完成度に改めて脱帽!年末に「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の開催が無かっただけに、”平泉成刑事”に会えて感慨もひとしお(笑) そんなモノマネ6人衆を見ながら思ったんですが・・・どなたか「大徹」の(細かすぎて伝わらない系でも)モノマネをやってくれませんかね?美川憲一さんがコロッケさんのモノマネで”再ブレイク”したのは有名な話ですし、本人の露出が無くとも「大徹」モノマネネタですら見てみたいと思ふ・・・実際には昔に高田純次さんが「こんばんは。大徹です!」と実際にネタに使っておられたそうですし、またルー大柴さんも「よく大徹に似てるって言われたんだけどさァ」と”自慢”?されてましたけど。「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で故・ジャイアント馬場さんの”形態模写”をされる山田カントリー・浅井優さん(余談ですが、山田優さんの名前を聞くとこの「山田カントリー・浅井優」さんを連想してしまふ(爆))が居るじゃないですか。ああいう感じで「大徹」っぽいのっぺりとした方が、出来ればマニアックモノマネ界から骨太な”素材”が出てこないかなぁ・・・と期待は持ち続けていますけど(笑)

「ロマン」を感じる力士、元小結・大徹忠晃さんについてはブログ「スリングショット」さんの記事も参照下さい




あえて言おう、「徹オタ」であると!

ってなワケで、「大徹」に会うにはどうしたものか・・・やはりデーモン小暮閣下を今場所中にもう一度「解説」に呼ぶしかないじゃないですか!大徹(現・湊川親方)といまだに野太いパイプを持つ閣下こそ、大徹との”コネクション”作りに最も適した偉人(偉”悪魔”?)デスよ!そうなると一番の近道は閣下の「ミサ」かなぁ・・・。まぁ今後の大相撲ウォッチングの課題は、現役力士からこの「大徹」に匹敵する魅力的な力士を探すコトとも言えますけど。ともかくモノマネ経由でも閣下経由でも、無性に(周期的に来るんですけど(爆))「大徹」に逢いたい衝動に駆られています。なのでこの心理状態をこれからは「大徹ロマン」と勝手に名付けるてしまひました!嗚呼、今場所は「両国参り」にも行けそうに無いし、余計に「大徹浪漫」に暮れる大相撲初場所ですよ。でも先場所で「逆鉾」(現・井筒親方)に遭遇した時に、あの”もち肌”にちゃっかり「感激」してたんですけどね(笑)

大徹の取組を見るために早く家に帰った!既に大徹の取組は過ぎてて、しかも負けていた時の失望感たるや立ち直れなかったあの頃。憧れの湊川親方との初対面については【#218】「ヒディンク・トルコ」の記事にて。

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007.01.21(日) 22:06|
  2. 大相撲(元小結・大徹 現・湊川親方)
  3. | TB:0
  4. | コメント:12


コメント

「ミサ・・・じゃなくて」

昨日は天覧相撲でしたね。
これまでの 天覧相撲は日曜 という印象があったのですが、
日曜は・・・ 閣下がいらっしゃったから日程をずらした?
まさかね(笑)

というわけで、「ミサ」は聖飢魔IIのLIVEのことなので、
ミサに焦点をあわせるとしたら、予定は未定になってしまいます。
ですので、他のイベントもリストに入れていただけると
閣下絡みで大徹さんに接近遭遇する確率がアップすると思います。
ん~ 今度の邦楽維新collaborationにいらっしゃるかなぁ?
  1. 2007/01/20(土) 11:34:08 |
  2. URL |
  3. めぐ #MNuQYD7c
  4. [ 編集]

ダダダダ大徹

めぐさん、天覧相撲については確かに・・・千秋楽に閣下”再降臨”の予兆かも!?皇室と悪魔が国技館で”ニアミス”なんてしちゃったら一大事ですもんね。「ミサ」についてご教授ありがとうございます。聖飢魔II時代の言葉に当たるのなら訂正せねば・・・ですね。なるほど、閣下が単独で参加されるイベントに湊川親方(大徹)も出没する可能性が高いということかぁ。でも大徹さんがもし”お忍び”で来られても、あのロマンスグレーな頭髪とうっすらとした長身の体躯でLIVE会場で目立ったりとかしてないですか?(笑)

めぐさんのブログにお邪魔しても書いたんですけど・・・自分は「ダダダダ大徹」ネタをリアルタイムで知らなくて、閣下のANNを聴けなかったことを今後一生「悔い」を背負って生きていくワケで。なので「大徹の鼻水」話etc閣下経由の大徹エピソードをお持ちなめぐさんがうらやましくもあり。閣下イズムを引き継いで、今の時代に正面きって「大徹」ネタを繰り広げてくれるパーソナリティは居ませんかね?もちろん閣下御自らが立ち上がってくれるのも(むしろ)「アリ」で・・・あっ、それも今後の”大相撲ライフ”への課題にします。
  1. 2007/01/20(土) 12:31:47 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

大徹に対する思いの深さに感動します。大徹さんはうらやましい力士ですね。
  1. 2007/01/20(土) 12:49:47 |
  2. URL |
  3. スリングショット #-
  4. [ 編集]

大徹愛≒内村愛

スリングショットさん、コメントありがとうございます。大徹へのファン心理を例えるならば、内村光良さんに忠誠を誓うさまぁ~ずのお二人・・・あの”図式”になんとなく近いと思います。力士を広義の「格闘家」とカテゴライズすれば、派手な金色のまわしとうらはらに大徹関は格闘家にあるまじき”草食系”で・・・「もっとずるく(小ずるく)生きてもいいのになぁ」とハタ目から思えるほど、とても「いい人」過ぎるんですよね(笑)
  1. 2007/01/20(土) 13:00:20 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

心の叫び

閣下のイベントに大徹さん・・・
個人的にはとても目立っていると思います。お忍びなのでしょうけど(笑)
だって、テレビでしか観たことがない大徹さんを初めて生で見かけたとき、
(場所は、埼玉のとある会場のロビーでした。)
「ん? あれ? あれ!? もしかして!
 だよね!? だよね!! あれは絶対そうだよね!!」(心の叫び)
という感じでしたもん。
ただ席に着いてしまうと、そんなに周りをみている人がいないのか、
単にわたしが察知していないだけなのか、
探さなきゃわからないような状態でした。
(探してみたら、すぐにわかりましたけど(笑))

大徹ネタを繰り広げられる方は・・・わたしは閣下しか知らないです。
きっと他にもいらっしゃるのでしょうけど。

あぁぁぁーーー 豊ノ島関、負けてしまいました。残念。
安馬関、よく頑張りました。
決まり手は、小褄取りだそうです。初めて聞きました。
http://sumo.goo.ne.jp/kimarite/87.html
  1. 2007/01/20(土) 17:05:32 |
  2. URL |
  3. めぐ #MNuQYD7c
  4. [ 編集]

チョー大徹!

めぐさん、閣下のイベントでの「大徹」遭遇記・・・うらやましいですね。よく考えると(現役当時ですら)「大徹」という力士が世間にどれだけ浸透していたのかどうか・・・席にお着きになった後に客席?に溶け込んだ大徹関の姿を想像するに、その反応も納得ですね。でも、いいなぁ。自分だったらお金を払ってでも大徹関の両隣りの方に「すいません、コレで席を交代してくれませんか?」と直訴しちゃうかも。またとない特権を享受出来るんですよ、「大徹」の隣の席なんて・・・自分だったら「一生の思い出」になりますよ(爆)

もしも、いまの時代に「生大徹」に遭遇した時のリアクションは
「チョー大徹!超ウケる!」って言葉が「正解」になるんでしょうか?(笑)


いまさら「大徹」ネタのハガキを書いて、それを汲み上げて下さる方は・・・デーモン小暮閣下がその辺の「第一人者」なんでしょうね。おそらく現在でも生き残る「大徹」ファンの大多数の方は「ダダダダ大徹」閣下のANN経由だと思うんですけど、本割の中継で「大徹」の勝敗がしきりに気になっていた自分のようなヤツとは、また種類が違うんだろうなぁ。豊ノ島関負けちゃったんですか~。でも先場所の豊真将関といい、日替わりならぬ”場所替わり”でヒーローが生まれるのは今の角界の活性化に繋がると思うんですけど。安馬関の「小褄取り」ですか?きょうって解説は舞の海秀平さんじゃ無かったです?その決まり手は相撲の「四十八手」に入っているのかなぁ?舞の海さんに聞いてみないと分からないような決まり手ですね!

・一人暮らし.NET 「バナナマンの一人暮らし」/第二回:「趣味について」
http://www.1-kurashi.net/bananaman/banana02.html

以前は「うっちゃり」といえば「大徹」みたいな、(「がぶり寄り」の琴ヶ梅、「もろ差し」の逆鉾みたいなのもありましたけど)相撲用語とか「決まり手」を通して力士の「個性」が付いていた感がありましたけど、今は「相撲+ブログ」の普天王とか・・・本業の相撲以外の活動でも注目される力士が増えたように思います。「個性」から「多様化」へ・・・角界のその”流れ”についていければ、魅力的な力士探しも光明が見えるかも?力士のしこ名と顔が一致すれば相撲の世界はより楽しめますし、さらに性格とか掘り下げちゃうとキリが無いですよね。そこまで把握出来る人こそが、相撲に含蓄のある”パーソナリティ候補”に挙がるんでしょうね。そういやバナナマンの日村さんはどうだろう?あの方も無類の「相撲好き」と聞きますけど・・・(笑)
  1. 2007/01/20(土) 18:20:20 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

技のデパート

直訴、すぐになさいそうですね。
その場面を見てみたい気がします。

「チョー大徹! 超ウケル!」  って。
正解になって欲しくないですよ~(笑)
閣下のANN経由の大徹ファンと、何も経由しない大徹ファンに、
何か違いを感じていらっしゃるのですか?

このところ、場所を盛り上げてくれる ヒーロー が出てきているのが、
見ていて楽しいし嬉しいですね。
豊真将関のまっすぐな感じは特に好感が持てます。
この 場所替わりヒーロー が、
固定ヒーローになってくれるといいな~と思います。
昨日の正面解説は、武蔵川親方でした。
小褄取りは、技のデパートの舞の海さんあたりが仕掛けそうですね(笑)

>四股名と顔が一致すれば

まったくそう思います。
ここ何場所かは相撲を観ていますが、
その前はチャンネルを変えるのを忘れ、
いつの間にか中継が終わっていた・・・ということがよくあり、
その頃は四股名が読めない(読み方を間違える)かたが
幕内の中にもたくさんいらっしゃいました。
でも、最近は読める四股名が増えましたし、
覚えた力士の顔も少し増えてきました。
そうなると、やっぱり面白いですね。
水戸泉さんのように豪快な塩撒きの北桜関とか、
礼がとてもきれいな豊真将関とか。
まだまだ性格まではわからないのですが、
そこまでいくと、もうマニアの域ではないでしょうか?(笑)
バナナマンの日村さんもお好きなのですね。ほ~。
芸能界には、お相撲好きの方が結構いらっしゃるようですね。
大村さんは何度も見かけますし、
林家ペーさんとか、昨日は安馬戦の時に
五月みどりさんが東方に滑り込んでいらっしゃいました。
  1. 2007/01/21(日) 15:15:11 |
  2. URL |
  3. めぐ #MNuQYD7c
  4. [ 編集]

勝昭&秀平

めぐさん、「超ウケル!」は言い過ぎですけど・・・毎日アルタに出勤するタモリさんは渋谷で女子高生に目撃された時に「超タモリ!」って言われたみたいですね。「いいとも!増刊号」の後説でタモさん本人は「”超タモリ”って何だ?」って困惑されてて、周りに「TVで見るタモさんは”タモリ”で、街で実際に見かけると”超タモリ”になるんじゃないですかね?」って教えられていました。そう、子供のおもちゃに「超合金」ってあったじゃないですか。あれに倣って「チョー大徹」って称号もあるには「アリ」なのかな?って思ったり(笑)

小結、大徹、福井県出身、二所ノ関部屋

そもそも「大徹」という力士を振り返ると・・・193cmという長身、ダンディーな風貌に壮観なもみあげ、そして金色のまわし、しかも四股名も「大徹」って勇ましい名前で!相撲前の仕切りなどを眺めると「大徹って、どれだけポテンシャルの高い力士なんだ?」ってワクワクさせる人だったように憶えます。しかし見合って見合って「はっけよい!」、軍配が返った瞬間にあっさり押し出されたりして「なんだ、見かけ倒しだな」なんて感じさせる力士って第一印象がありました。ただ変な表現ですけど、仕切り時と取組時との”ギャップ”が「母性本能をくすぐる」というか・・・妙に「見守りたい」関取なイメージもあったんですよね。それが所以か多くの相撲ファンの脳内に「大徹」という名前をインプットさせていたんだと思います。そしてデーモン小暮閣下がANN「ダダダダ大徹」コーナーでそういった方々の潜在的な「大徹愛」に火をつけて・・・なのでよく考えると、どういった経由であれ大徹関に魅了された「大徹ファン」に県境も国境も無いんですね(笑)

千秋楽は北の富士勝昭&舞の海秀平という、現在の角界が誇る強力タッグの解説ですね。このタッグに閣下が加われば・・・。1日遅れですが舞の海秀平さんが昨日の安馬関の「小褄取り」について言及してくれればいいんですけど。自分はまだまだ番付と画面を見ながら勉強中の身ですが、最近は「場所替わりヒーロー」の出現で色んな力士にスポットライトが当たるので・・・逆に顔も認識しやすくなりましたね。北桜関の塩撒きは、かつて水戸泉関の塩撒きを心待ちにされてたファンの方からすれば・・・豪快な塩撒きを継承されて嬉しいでしょうし。今も第二の「大徹」に成り得る(?)キャラクターの強い力士が多いですね。

http://sheva10.blog37.fc2.com/blog-entry-43.html

芸能界にも相撲ファンは居ますよね。日村さんはあの千代の富士全盛時代で好きな力士に「旭富士」の名を挙げる辺りタダモノでは無いかと(笑) ↑の【#43】の記事では上方落語協会会長・桂三枝師匠の事を書きましたが・・・「東の大村昆、西の西川のりお」とこのお二人は”ご熱心”です。林家ペーさん、五月みどりさんも国技館入りされてたんですか。「大相撲ダイジェスト」の山崎正アナも通われてるのかなぁ?芸能人じゃないですが、(千秋楽も居ますけど)金色の(ウルトラクイズでかぶってるような)シルクハットで派手なジャケットの・・・東京場所では何度も見切れる、あの「日の丸おじさん」(?)も気になりますね(笑)
  1. 2007/01/21(日) 15:53:10 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

超チャチャチャ♪

あー! 超合金の 超 でしたか(爆)
せるさんの解説(「タモリ」と「超タモリ」の違い)で納得いたしました(笑)
(その時の放送、そういえば見ておりました。)
タモさん、時々若者言葉に突っ込み入れていますね。
わたしも同じことを思っていることだったりするので、
「もっと言って~!」と思います。
そっかー 「超大徹」 は、生大徹を見たときの
せるさんのお気持ちでもあるのですね。深く納得です。

193cm・・・わたしより50cm近く大きいです。
やっぱりなぁ、見上げる感じでしたので。
(離れたところから見ただけですが。)
あの大きな体でうっちゃった時は、豪快でしたよね。
一度だけだったかな、見たことがあります。(もちろんテレビで)

北の富士さん+舞の海さん +閣下 の図、
昨年の座談会で実現したので、嬉しかったです。
さらに本場所中の解説でも見てみたいですよね。
この場合、向正面に座るのは・・・やっぱり舞の海さん?

大相撲ダイジェストの山崎アナ、お顔を忘れてしまいました。
(顔を覚えるのと覚え続けるのが、とても苦手なのです。)
検索してみたのですが、調べ方が浅いようで見つけられませんでした。
またあとで試みてみます。

金のシルクハットのおじさん、わたしは個人的に
「ニッポン・チャチャチャおじさん」と呼んでいます。
オリンピックの時によく出没なさっているようですので、
「オリンピックおじさん」という呼び名もあるようです。
今場所、殆ど(毎日?)いらっしゃっていましたね。
日の丸の扇子を思いっきりあおいで、
応援する気持ちを力士に飛ばしていらっしゃいました(笑)
大体あのあたりの席にいらっしゃるようで、
画面上で見かけると「ああ、今日もお元気そうだ。」と嬉しくなります。
(ちょっと笑っちゃいます。)
  1. 2007/01/21(日) 18:47:17 |
  2. URL |
  3. めぐ #MNuQYD7c
  4. [ 編集]

角界の七不思議

めぐさん、そうなんですよ。「超大徹」に会わずして死ねないトコなんですけど・・・湊川親方もいつしか関取を育てて、「お前に”大徹”のしこ名を継がそう」と後進に「大徹」の”のれん分け”をする時期も来るんでしょうね。いつの日か「二代目・大徹」を見られる日が来るのかと思うと、これからの角界がより楽しみになります。でも、「初代・大徹とのイメージが違う」とか、二代目にも「うっちゃり」を必要以上に求めたり・・・初代ファンの反発など「賛否両論」になっちゃうのかも?いまだ人気が衰えない?不思議極まりない「大徹」人気、これは十分「角界の七不思議」の1つと数えられるでしょう。あとの6つは知りませんけど(爆)

勝昭&秀平コンビに閣下と解説「揃い踏み」になれば・・・まさか北の富士さんを向正面に座らせるワケにもいきませんし、でも去年は閣下が向正面に回ったシーンもありませんでしたっけ?国技館の客席の中で、あの閣下の”素顔”が異様に目立っていた覚えもありますけど・・・あれは幻覚だったのかな?山崎正アナウンサーも、いかにも穏やかな顔の方でしたよ。「ニッポン・チャチャチャおじさん」、他の競技のサポーターでもあるんですね。しかし毎日のようにあのマス席(タマリ席)に、まるでシーズンシートを”確保”してるが如く居座ってたようで。あの位置はチケットを獲るのも大変なはずだし、しかも価格もハンパなく高いのに・・・あんな身なりだけど実は「セレブ」な方なんでしょうかね?サッカーのオランダ代表の応援席にも”オレンジ・インディアン”と称した名物おじさんが居まして、大相撲における似た存在なんでしょうね。

そうだ。めぐさん、閣下のファンクラブには琴富士関も(今もかな?)在籍していたって話は本当ですか?
  1. 2007/01/21(日) 21:12:07 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

地方巡業

大徹さん、お相撲関係以外ですと、
たぶん都内の閣下出演(参加)のイベントだったら
いらっしゃる可能性が高いのではないかと思います。
せるさんも大徹さんに接近遭遇する機会があるといいですね。

閣下が向正面、おっしゃるように、昨年の閣下の解説はその席でした。
まるっきり客席の中ですね。
マネージャーさんとかどのあたりにいらっしゃったのでしょう。
どこか離れたところにでもいらっしゃったのかもしれませんね。

琴富士関 お懐かしゅうございます(笑)
結構前のことなのですが、在籍していらっしゃったという話を
閣下がしていらっしゃいました。
いつだったか、美唄でのイベントに、
地方巡業にいらっしゃっていた琴富士関が駆けつけてくださり、
場内の信者&ファンが大歓声で(ン百人でしたけど)お迎えした
という記憶があります。
(美唄のイベント:「VIVA 愛 フェスタ NEXT ONE」
 1998年で一区切り。(次回未定))
この年は屋内(体育館)で行なわれて、
観客は皆、体育座りで観ていました。(わたしの記憶が確かならば)
  1. 2007/01/22(月) 10:53:45 |
  2. URL |
  3. めぐ #MNuQYD7c
  4. [ 編集]

十文字ウォッチャー

めぐさん、琴富士関もそうだったんですか。思えば平幕優勝の経験もお有りの琴富士関、そして大徹関が(大徹ファンならば一生忘れられないメモリアル)「世紀の金星」横綱・千代の富士をうっちゃった場所も同じ名古屋場所でしたしね。名古屋場所というのは、昔から「何かが起こる場所」と言われ続けていますけど・・・。めぐさんの記憶が確かならば(←「美食アカデミー」?)美唄のイベント、体育館で体育座りだなんて”ますだまつり”みたいですね。しかし閣下(聖飢魔Ⅱ)のファン(信者)の方々って・・・話を聞くに力士のVIPでさえ手厚い歓迎をなさるんですか!やさしいなぁ。閣下は大徹関といい琴富士関といい・・・相撲的な視点が改めてたまらないです。昨年はやはり向正面からの画もありましたよね。客席の中に悪魔がぽつんと・・・昨年も確か「十文字ウォッチャー」であることを公言されていて、「大徹」、「琴富士」と来て現在ならば・・・「印象は無いけど」十文字関に惹かれる?閣下の”お好み”も理解出来るような気がします。

出来れば(ベタ)ドラマチックな設定で会いたいですよね~。ある朝に遅刻しそうになって、トーストを口に挟んだまま家の玄関を出て角を曲がったら・・・通勤中の湊川親方とぶつかってしまうという出会い方もいいですよね。その後「なんか今日から新入りが来るみたいだよ」って、職場が妙にザワついている中でうっすら長身の人が入ってきて、それが湊川親方だった!・・・というのはあまりにも妄想し過ぎですけど(笑)
  1. 2007/01/22(月) 12:34:20 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/91-e9ea4f7d

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。