Orange Garden Extra

「オランダ代表」、「アヤックス」、「相棒」、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」、「タモリ倶楽部」、「芸人マジ歌選手権」をマッシュアップして書くブログ。
最近は不定期に放送される「蛭子能収・太川陽介 ローカル路線バス乗り継ぎ 人情ふれあい旅」と「ROCKETMAN SHOW」と・・・山登り記録が中心です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --.--.--(--) --:--|
  2. スポンサー広告


【#93】
「ロシア戦」 AZ&アヤックスにアルシャヴィン

2月になりました。さあロシア戦です!つか、もう直前です。オランダ代表メンバーも発表されました。しかもファン・デル・サールハイティンハエマニュエルソンの離脱もありました。ロッベンファン・ペルシーと両サイドを欠く「飛車角落ち」は否めません。一方、敵地オランダに乗り込む「ヒディング・ロシアロシア代表も・・・アレナに乗り込むのは「ケルジ・アルシ」(旧ゼニト・サンクトペテルブルグコンビ)の”アルシ”アルシャヴィンのみで、”ケルジ”ケルジャコフが不在です。オランダ代表ファンとすれば・・・ヒディング監督と言って頭によぎるのは2006年W杯直前の親善試合オーストラリア戦(H)でしょうか?すでにコクーは代表引退しているものの、その点ではスナイデル”ジオ”ファン・ブロンクホルストは特に相手の「当たり」には”ナーバス”かな?(爆)

身の回りが騒がしくなってきたヒディング監督・・・今夜のゲーム指揮は執れるの?って話なんだけど(爆)Oranjeも”バタバタ”してるんだって!明日は代表戦だから・・・と「携帯OFF」で友人と遊びに出掛けてて「代表入り」の連絡が付かなかったお騒がせな若手DFスプロッケル(フィテッセ)が緊急追加招集だって(笑)

「まさかの代表入り」スプロッケルの出番は?代表戦「オランダ代表 vs ロシア代表」結果はブログ後半で。
なおNHK-BS1が「オランダvsロシア」の試合中継を2/26(月)0:10~2:00に録画放送するようです。





「PSV 2-3 AZ」: AZの今季アウェイ戦での「異常な強さ」を改めて感じた一戦!

先週末のエールディヴィジ(オランダリーグ)はまさに「豪華二本立て」でございまして、その「第1夜」は2/3(土)に行われた”トッパー”「PSV vs AZ」、この試合がまたヒリヒリするような総力戦だったんですよ。まさに「死闘」。国内リーグ戦ではや2年以上・・・ホームスタジアムのフィリップ・スタディオンで「無敗」街道を謳歌していた”王者”PSV。対するは今シーズン、(リーグ戦&カップ戦を含め)公式戦のうちアウェイ戦15試合中なんと「11勝」!欧州フットボールの常識をも覆すほどの「アウェイに強い」AZアルクマール。エールディヴィジ首位を「朝青龍状態」で独走するPSVなだけに、今シーズンは特にアウェイに滅法強いAZには・・・「オランダリーグの灯を消すな!」と小都市アルクマールのファンのみならずオランダ全土の注目を集めた事でしょう。

「AZがPSVに殊勲の勝利」
スポーツナビ 2007年2月3日


実はこの試合の前節にアウェイながらローダJCに0-2と敗れたPSV。そしてホームの「不敗城」フィリップ・スタディオンに戻って、しかも相手は(2003年以来負けていない)相性のいいAZ。まさか連敗は無いだろう・・・現に前半の主導権は完全にPSVが握っていました。いくらアウェイに強い、(今季のUEFAカップで)あのセヴィージャをもアウェイで下したAZですら・・・PSVを前にすると「ヘビに睨まれた蛙」、自慢のボール回しもブツブツと断ち切られてました。その経過はファン・ハール監督の「紅潮」していく表情で見て取れました(苦笑)

そんなイヤ~な「流れ」を変えたのが後半、(たしか上述のセヴィージャ戦(A)でも同じ策を執ったような?)ファン・ハール監督は後半にイェネルを(元アヤックスのブカリと同時に)投入してきました。一気に2人を変えた後半戦。するとイェネルはまるで試合開始から出ていたかのようにピッチに馴染んじゃって、しかもFWデンベレとの「息」も抜群!途中出場ながらデンベレの同点ゴールをアシストします。もっと驚いたのが62分。このイェネルが左コーナーポストからコーナーキックを蹴るんですけど・・・どうしたコクー!?ニアポストにフラフラと入ってきたボールをお腹でクリアしようとしたら、それが「空振り」!名手コクーらしからぬこの”凡ミス”にGKゴメスも呆然。CKがそのままゴールに吸い込まれてAZが逆転!もっとも、信じられない「失態」を犯したコクーはその3分後に自ら同点ゴールを押し込んで即”チャラ”にするんですけど・・・ただPSVもこの後の時間帯でPKを再三?取ってもらえなかったり・・・まるで主審が「AZに買収されてるんじゃ?」と思えるほどツイてなかったのも事実。そう思うと終盤の(途中出場のAZ”チーム内得点王”)クーフェルマンスの「決勝ゴール」となったノートラップ反転ボレーシュート(さすがは格闘王国のキック術!)も生まれるべくして生まれたのかなぁ?

いや~、今シーズンのAZアウェイに強い!新スタジアム・DSBスタディオンの居心地が悪いとか?ともかく尋常じゃない勝負強さ!ファン・バステン監督も(天敵ですが(笑))この日のファン・ハール采配極まれりAZアルクマールの(今年の高校サッカー覇者・盛岡商をも彷彿とさせる)「執念」に見るべき部分も多かったのでは!?少なくともイェネルやクーフェルマンスをA代表でも使いたがってるだろうなぁ。敵地で(しかもホームで絶対的な強さを誇った)セヴィージャに続きPSVも食っちゃって・・・この後のAZもかなり自信を付けるんでしょうね~。そしてファン・ハール監督の顔も「どや顔」が増えていきそうな予感の・・・今シーズンのAZデス(笑)

「アヤックス 4-1 フェイエノールト」: 宿敵フェイエに快勝!ダーヴィッツも古巣復帰!

”第2夜”はオランダ伝統の「デ・クラシケル」。そして、おかえり!ダーヴィッツ先輩!中盤で相変わらず芽を摘む姿、頼もしい”兄貴”です!この日のテン・カーテ采配も実に思い切ったもので・・・ここ数試合ゴールが生まれないエースストライカーのフンテラールをベンチスタートに!対照的に「放出目前」と言われながら移籍期限ギリギリで契約更新したバベルをCFに据える3トップが大成功!まあ意外。レオナルドに(来シーズン以降を見据えて)CFのポジションを奪われるのならまだしも、常にスタメンを座を譲らなかったバベルに・・・しかもレオナルドにバベルにデ・ムルという3トップの布陣は、ウィンターブレイク中の「南アフリカ遠征」でテン・カーテ監督が”温めてた”フォーメーションって言うんだから!ダーヴィッツ獲得でガブリもスネイデルも(「ドレッド+ポニーテール兄弟エマニュエルソンも?)ハツラツとプレーしてましたし・・・まったくお見それ致しました。

「新3トップが機能したアヤックス」
スポーツナビ 2007年2月4日


【#47】「ヒディング・ロシア」の記事でもClimaniaさんにコメントを頂きましたが・・・この日のアヤックスは個々に輝きを見せた選手が「適材適所」に多くて。スコアだけを見ると「スナイデルがハットトリック!」というトピックが目立ちますけど、このハットトリックはまさしくアヤックスというチーム自体が生んだゴールラッシュですよ。現に相手フェイエノールトも全然コンディションが悪くなかったんだし。特に右サイドのフィンケンなんて、この日(同じワールドユースメンバーの)エマニュエルソンをケチョンケチョンに切り裂いたんだから、全然胸を張って良いと思います。ただサイドアタッカーとしてはアヤックスデ・ムルも・・・(彼がベルギー国籍じゃなく、もしオランダ国籍なら?)もうファン・バステン監督が「よだれ」を垂らして欲しがりそうなキレッキレのサイド突破なワケですよ。(上記スポナビの記事タイトルにもありますが)前線の出来があまりに良すぎて、スタムグリゲラが居ないDFラインの「心許無さ」までは隠し切れなかったんですけど、「アヤックス 4-1 フェイエノールト」のスコアなんて・・・(今年の高校サッカーでも「八千代 4-1 野洲」というスコアが生まれたように)共に”セクシー”だからこそ生まれるスコア、これぞオランダが欧州に誇る「デ・クラシケル」のスコアですよ(爆)

2/25(日)「AZ vs アヤックス」の直接対決も凄かった・・・詳細は【#96】「ヒディング・ギルティ」の記事にて




以上、エールディヴィジ好きにとっては「極上の2日間」実に濃密な2日間を過ごさせて頂きました。こんなアツい試合を連夜に見れて、世は満足ぢゃ・・・というワケにもいかんですよ。今週2/7(水)こそ、今度は代表戦の”メインディッシュ”「オランダ代表 vs ロシア代表」という”たまらない”一戦じゃないですか!この親善試合ロシア戦(H)を首を長くして待ち構えてたハズなのに・・・いかんいかん。(冒頭にも書きましたが)まあこの2月の時期になかなかベストメンバーも揃わず、「内紛」もいまだくすぶり続け”順風満帆”ともいかないファン・バステン・Oranjeなんですけど・・・国内リーグが既に終了してオフシーズンの「冬眠中」ロシア代表もどんなモンでしょ?まさかこの親善試合にトップコンディションに持ってきそうな「ヒディング・ロシア」じゃなさそうだし・・・ヒディング監督が吼えても「笛吹けど、踊らず」なロシア代表って展開も予想出来るかも?ただ、昨年のこの時期・・・思い出すとUEFAカップセヴィージャ、”OMオリンピック・マルセイユ連破と波に乗る「ゼニト旋風」の真っ只中じゃ無かったかなぁ?となると・・・シーズンオフの2月でもアルシャヴィンなら「トップギア」かも?”スパルタク勢”のティトフブィストロフ、そして”後輩”の秘密兵器ポグレブニャクを引き連れて・・・ヒディング・ロシアがやって来る!いやいや、ココは「どんと来いヒディング・ロシア」ぐらいの心意気デスよ(笑)

”弟分”Jong OranjeオランダU-21代表)は一足早くロシアU-21代表に3-0と圧勝。U-21の試合についてはブログ「ユトレヒトの昼下がり」様のブログ記事「ヤング・オランイエvsヤング・ロシア」をご参照下さい。



2007.2.7[WED]
親善試合 「オランダ代表 vs ロシア代表」


・オランダ代表 4-1 ロシア代表
【オ】バベル(68')、スネイデル(71')、J.マタイセン(80')、ファン・デル・ファールト(89' PK)
【ロ】ブィストロフ(76')

バベル!そしてスネイデル・・・やはりクラシケルの勢いをこっちの氏代表戦にも持ってきましたね~。「アヤックス 4-1 フェイエノールト」に続き、この試合もアレナでゴールラッシュですよ。スコアが全てじゃないけれど、このところのヒディング監督も・・・公私ともに「踏んだり蹴ったり」?いまだ”冬眠中”のロシア代表選手をオランダに引っ張り込んできて言うのも何だけど、こんな散々な状態のヒディング監督も珍しいなぁ・・・More...

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

  1. 2007.02.08(木) 07:02|
  2. ロシア代表・トルコ代表
  3. | TB:0
  4. | コメント:8


コメント

こんばんわ

いやぁ、本当に熱い1週間でした。PSVvsAZにクラシケルにロシア戦。
代表の試合は放送が無くて残念でした。せるさんお勧めのアルシャヴィンをじっくり見れる良い機会だったんですけどね~。
クラシケルの方は見ましたが、デカイプの時とは違い、スコアよりも緊迫した試合でしたね。
私も一番印象に残っているのはフィンケンだったりします。
  1. 2007/02/10(土) 00:00:03 |
  2. URL |
  3. pasten #KOrjJJc.
  4. [ 編集]

オランダまるかじり

pastenさん、おっしゃる通りです。この1週間はオランダ好きにとっては魅力「まるかじり」な一週間だったと思います。ロシア戦(H)は自分も映像が見たいですね。特にヒディング監督が「チャンスを与えなかった」と胸を張った前半、そこでアルシャヴィンがどこまでボールに絡んでたのか・・・後半のゴールラッシュはハイライト映像で見られますし。スネイデルの2点目の後に映ったテン・カーテ監督の「満面の笑顔」に凝縮されていた、先週末のクラシケルを見た者にとっては楽しさ倍増のロシア戦(H)だったのかも?

>デカイプの時とは違い、スコアよりも緊迫した試合でしたね。

pastenさんの「クラシケル」評、同意します。「4-1」のスコアの試合って”見栄え”はいいですけど、意外に結構な時間帯で拮抗してたりもするんですよね。代表戦しかり、「八千代vs野洲」しかり。試合序盤のハリステアスでしたか?現に最初に決定機を掴んだのはフェイエノールトでした。だから(古巣に帰って来た)ハリステアスが余計「悲劇のヒーロー」に映ってしまい・・・ゴールバーに2度も嫌われてましたし。しかしフィンケンのあのドリブルは刺激的でした。(デ・ムルもそう思わせますけど)ファン・デル・メイデの絶好調時を彷彿とさせる選手ですね。あの試合を見た後に代表招集メンバーを発表したなら、ファン・バステン監督はフィンケンをA代表に入れてたかも?それに(マドゥロ、フラール、アイサティ、デ・リッデルら共に”王者”U-21代表の方で活躍していた)AZのイェネルも呼び寄せたかな?オランダ代表監督でさえも色んな選手に”目移り”したであろう?この「オランダまるかじり」な一週間、私めも十分堪能出来ました。
  1. 2007/02/10(土) 00:43:39 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

オガラル

こんばんわ~。

ロシア相手に凄い大勝ですねぇ!
こちらは、右サイドバックに爆弾を抱えたままオランダ入りです。
今や、アヤックスの一員として立派な仕事をしているオガラルが原因で、代表はちと揉めてます(笑)
世論はオガラル一押しなんですが、監督の理想と合わないようで、これにサポーターの不満なんかも重なってちょっとした騒動に。

私のHNにも使用している"コントラ"ですが、時代は移り変わるもの。やはり、現時点での力量から言えばオガラル。相手がオランダということだけでも、オガラルを召集する意義はかなりあります。ノリにノッてるアヤックス勢を封じるためにも。

というワケで、現在のルーマニアは危ういです・・・。
  1. 2007/02/10(土) 01:02:42 |
  2. URL |
  3. こんとら #-
  4. [ 編集]

モメゴト

こんとらさん、ルーマニア代表は直前に試合相手が変更になったり大変でしたね。もっとも、あの国の暴動を”反面教師”にしたのか?先週末の「デ・クラシケル」はアヤックス、フェイエノールト両サポーターの目立った騒ぎも無さそうでホッとしました。あとクラシケル関連でオガラル。ルーマニア代表にも揉め事ですか!?HNが”コントラ”なこんとらさんにこう言うのも何なんですけど、クラシケルはオガラルのおかげでDF陣の体裁を保ったのも事実というか・・・ハイティンハ、ヴェルメーレン、エマニュエルソンの他の3人が(若さがゆえ)スタム&グリゲラの不在もあって危なっかしい所もありまして。オガラルの安定したプレーが引き立つ一幕もありました。3月の”直接対決”EURO2008予選ルーマニア戦(H)はオランダ代表にとっても屈指の「大一番」。敵に回ったオガラルがルーマニア代表に名を連ねるのは脅威ですねぇ(汗)

ブルガリア代表がS.ペトロフ前主将の一件で揉めて、オランダ代表もファン・ニステルローイやファン・ボメルの件で揉めて、そしてルーマニア代表も揉め事・・・グループGもこう見ると”足並み”揃ってるし(笑) でも「内紛」はそうネガティヴな影響だけでなく、むしろ選手側の「言論の自由」が保障された”裏付け”というか・・・代表に呼ばれない選手の代わりに「代表入り」した選手が「『○○が呼ばれなかったから負けた』とは言われたくない」みたいな(ある種)モチヴェーションも生まれるのかな?とつくづく思いますし。2006年W杯中とその後のOranjeを見てもお分かりかと(爆) 「揉め事」も時と場合によってはポジティヴな出来事かも?チームもまかり間違えば「成熟」の域に近づける場合もあると思いますよ。しかし「内紛」が日常茶飯事化しちゃってるオランダ代表はどうなのよ?って事になれば・・・マヒしてるだけって話も(笑)
  1. 2007/02/10(土) 01:31:26 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

セレソン VS ポルトガル

ロシア戦 観たかったですね 代わりに

セレソン VS ポルトガル 観ましたよ。
エミレーツスタジアムには、ベンゲル&モゥリーニョも観戦しておりこちらも注目のカードです。

フェリポンしてやったりの快勝です。
見せ場は、ブラジリアン曰く
ドゥンガのシャツだそうです。


ルーマニア戦を見る為にみんなで
FUJIに ベッカムのいなくなったイングランドより
SEXY Footballの魅力を理解して頂きましょう。
  1. 2007/02/10(土) 18:57:43 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

ベッカムブランド

「ウチの娘がポルトガル人と付き合っててねぇ・・・」、ポルトガルと聞いてこの”名ゼリフ”を思い浮かべてしまうのも・・・ったく。Climaniaさん、「ブラジル vs ポルトガル」でしたか。「ドゥンガのシャツ」が見せ場とはこれ如何に?モウリーニョ監督が観に来てたんですか?しかしポルトガル代表は「ブラジル撃破」とか「大会ベスト4」とか、そういうトピックが大っぴらにならずに「普段のプレーをしてだけですけど、何か?」的な余裕を感じるトコロもニクいですね。「オランダ vs ロシア」は・・・アヤックスでの自分の「方向論」が代表戦でも証明されて嬉しかったのか?観客席にいたテン・カーテ監督の笑顔がやたら印象的だったんですけど・・・モウリーニョ監督も観客席で”わが子”達を眺めて”ほくそ笑んで”おられたんでしょうかね(笑)

いまだベッカムブランドにベッタリのFUJIさんは・・・ベッカム選手(ベッカム一家?)が完全に”渡米”しちゃうまではまだまだイングランド戦を中継し続けるのでしょうか。個人的にそうしてもらって、EURO2008予選の「イングランド vs ロシア」の試合を中継してくれるぐらいまではベッカムブランドにしがみついてもらわないと困るんですが(爆) そうなると、かつて「オランダ vsアンドラ」でさえ録画中継してくれたNHK-BS辺り・・・そちらの方が”芽”はあるかもしれないですね。代表戦でも「テン・カーテ・システム」の有効性を(バベル&スネイデルを通じて)ファン・バステン監督が実証してくれた今のOranje・・・ゆくゆくオランダ代表がアヤックスとともに「SEXY Football」の称号をほしいままにする時代も来るかも?ですね♪
  1. 2007/02/10(土) 19:58:07 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

プー様!!

さすがせるさん
「ウチの娘がポルトガル人と付き合っててねぇ・・・」
このフレーズは… 琴線揺さ振らされた記憶が...このあとのネタはまったくおぼえてませんがね。

先の親善試合の展開はこちらのungoalさんのブログへ
http://ameblo.jp/uengoal/
モゥリーニョは教え子より、自分の未来をさらに開かしてくれる人材を探しているようでしたよ。
あまりにも攻め手が単調のブラジルを翻弄するC.ロナウドのキレキレドリブルに、ユニフォームを逆に着替えたらどちらがセレソンか分からないくらいでしたよ。
ベンゲル監督に至っては後半退屈すぎて、電話はするし、大あくびはすっぱ抜かれるしそんな状況です。
なんせ「ドゥンガのシャツ」が見せ場ですからね。

NHK-BSは、デジタル移行で受信料不払い問題がそこそこ落ち着くまでは、EURO予選の放映権は獲れないと思うんですよ。
やはり、ブランド志向の高い FUJIに振り返ってもらうには、ベッカム様、ヨン様に続くのは、

それこそが、プー様です。
プー様(PSV)、白プー弟(FEY)、黒プー(AJAX)、赤プー(AZ)
人形なんか馬鹿売れ間違いなしでしょ。





  1. 2007/02/11(日) 20:19:46 |
  2. URL |
  3. Climania #z4VZuMD6
  4. [ 編集]

まいていこう

Climaniaさん、このあとは「太秦ではねぇ・・・」とか「まいていこう!」に繋がって行くと思います(笑)

C.ロナウドはあのドリブルに加えて超絶フリーキックも持ってますから・・・ある意味”反則”ですよね。ベンゲル監督は「エミレーツ・スタジアム」絡みで招待されたんですか?でもセレソンやポルトガルの面々っていまのアーセナルの陣容を考えるとなじみの薄いチーム同士ですよね。真剣モードのモウリーニョと対照的に「大あくび」が全世界に配信されたとなると・・・でも、一部では「よくやった!ベンゲル」なのかも(笑)

昨夜に某所で話していたんですが、かつて「ダイヤモンドサッカー」なる欧州蹴球番組を放送したテレビ東京、いまだに当時のスタッフが残っているとの話で・・・現在は力を発揮する場所が無いとの事。その気になりゃ「復活」でまた立ち上げる下地もあるそうです。幕開けは「オランダ代表 vs ルーマニア代表」でいかがでしょうか?(爆) 一方、「見たかカペッロ」でベッカムブランドも一気に「復活」の狼煙ですねぇ・・・。

NHK-BS1が2/7(水)「オランダvsロシア」を2/26(月)0:10~2:00に録画放送するそうです。

>プー様(PSV)、白プー弟(FEY)、黒プー(AJAX)、赤プー(AZ)

うわぁ、4体すべて集めたいですよ。白プー弟のチームの試合は昨夜のトゥヴェンテ戦(A)、クラシケルの敗戦に続きこの試合も不甲斐ないプレーの連続に解説の本並氏が説教連発。実況の方がチームに変わって「すいません」と謝る、GAORA・エールディヴィジ実況のスタンダードなパターンになってました(笑)
  1. 2007/02/12(月) 09:41:36 |
  2. URL |
  3. せる@管理人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sheva10.blog37.fc2.com/tb.php/94-f65141dd

   


カレンダー

「Orange Garden Extra」内の全ての記事を表示する

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

プロフィール

せる

Author:せる
My Favorite 相棒は”櫻井脚本”「サザンカの咲く頃

[私的ベストイレブン] (アフリカ・ネーションズ杯)
[私的ベストイレブン] (2010年南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (南アフリカW杯)
[フォーメーション(4-2-3-1)] (EURO2012予選)

[My Best 10] (2010年は「甲子園名勝負」ベスト10)


文字のサイズは「最小」を推奨します。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。